直木賞のすべて
選評の概要
12345.
678910.
1112131415.
16.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H26]2014/6/20

菊池寛
Kikuchi Kan
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「選考委員の群像 菊池寛」と同じものです。
生没年月日【注】 明治21年/1888年12月26日~昭和23年/1948年3月6日
在任期間 第1回~第16回(通算8年・16回)
在任年齢 46歳6ヶ月~54歳0ヶ月
経歴 本名=菊池寛(キクチ・ヒロシ)。
香川県生まれ。京都帝大文科大学英文科卒。
一高在学中に芥川龍之介らに接し、大正3年第3次『新思潮』、大正5年第4次『新思潮』に参加。
同誌に戯曲「屋上の狂人」「父帰る」などを発表した。
大学卒業後に、時事新報社入社。「無名作家の日記」「忠直卿行状記」「恩讐の彼方に」などの小説で、作家として認められる。
大正12年/1923年、文藝春秋社を創立し『文藝春秋』創刊。
大正15年/1926年、劇作家協会と小説家協会を合併するかたちで日本文芸家協会を組織し、昭和11年/1936年に初代会長に就任した。
戦時中、日本文学報国会や大東亜文学者大会の役員を務め、戦後、公職追放をうけたまま逝去。
また、言うまでもないが、昭和10年/1935年の芥川龍之介賞・直木三十五賞両賞の創設者でもある。
受賞歴・候補歴
個人全集 『菊池寛文学全集』全10巻(文藝春秋新社)
備考 菊池寛は、『文藝春秋』誌のなかに「話の屑籠」という
自分の考えを発表する欄を持っていたためか、
選評はほとんど書かず、受賞作品についての感想などを「話の屑籠」に書いている。
そこで、当サイトの「選評の概要」では、菊池寛に限って、
「話の屑籠」も参照にして引用している。
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 1 昭和10年/1935年上半期   一覧へ
選評の概要 (話の屑籠より)
選考委員 菊池寛 男46歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
  「外に人がないので止むを得なかったのである。川口君は少し有名になり過ぎている。去年なれば、丁度よかったので、一年位期を失している。しかし、川口君にやらないとすれば、授賞を取り止める外はなかったのだ。(川口君にやるか、でなかったらよすか)と、なると、第一回だけに、やった方がよいと思ったので、川口君に定めたのである。審査員と懇意すぎることも、一寸難点であったが、これは我々の良心を信じて貰いたい。」
「話の屑籠」出典:昭和35年/1960年4月・文藝春秋新社刊『菊池寛文學全集 第七巻』(初出:『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 2 昭和10年/1935年下半期   一覧へ
選評の概要 (話の屑籠より)
選考委員 菊池寛 男47歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
  「何と云っても力作で、売れる当もないのにあゝした長篇を書き上げた努力は、充分認められてもよいと思う。鷲尾君は、直木の旧友で、後不和になっていた人である。直木が生きていたら、直木賞を(引用者注:第一回の)川口君にやることも、鷲尾君に贈ることも、反対したかも知れない。」
「話の屑籠」出典:昭和35年/1960年4月・文藝春秋新社刊『菊池寛文學全集 第七巻』(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 3 昭和11年/1936年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数5 (1行=15字)
選考委員 菊池寛 男47歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
4 「一作一作ジリジリと力量を上げている海音寺君に、贈ることが適当だと思った。」
  「好適の人がいない。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 6 昭和12年/1937年下半期   一覧へ
選評の概要 (話の屑籠より)
選考委員 菊池寛 男49歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
  「直木賞も、井伏君を得て、新生命を開き得たと思う。井伏君を大衆文学だと認めたのではなく、井伏君の文学に、我々は好ましき大衆性を見出したのである。」
「話の屑籠」出典:昭和35年/1960年4月・文藝春秋新社刊『菊池寛文學全集 第七巻』(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 7 昭和13年/1938年上半期   一覧へ
選評の概要 (話の屑籠より)
選考委員 菊池寛 男49歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
  「「ナリン殿下」が発表された時、今度の直木賞は、この人にやるべきだと自分は思っていたが、先月号の本誌に出た作品が、あまりダラダラ(原文踊り字)しているので、嫌になっていたが、しかしあのダラダラ(原文踊り字)した饒舌をも、欣んで読んでいる人が多いので、やはり橘君にやっていゝと思い返したのである。」
「話の屑籠」出典:昭和35年/1960年4月・文藝春秋新社刊『菊池寛文學全集 第七巻』(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 8 昭和13年/1938年下半期   一覧へ
選評の概要 (話の屑籠より)
選考委員 菊池寛 男50歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
  「手腕は相当だが、題目に鋭いものがなく、自分としては、甚だ不満であったが、最後の銓衡にやっと間に合ったので、今更他の候補者を物色するわけにも行かず、たゞ今年からもっと無名新進の人を採ろうと云う建前に賛成する意味で、不満ながら、黙認したのである。あの程度の人なら「サンデー毎日」や「週刊朝日」の懸賞小説の作家の中にも、いくらもいるのじゃないかと思う。」
「話の屑籠」出典:昭和35年/1960年4月・文藝春秋新社刊『菊池寛文學全集 第七巻』(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 9 昭和14年/1939年上半期   一覧へ
選評の概要 (話の屑籠より)
選考委員 菊池寛 男50歳
候補 評価 行数 評言
  「直木賞の候補作品も一通り目を通したが、皆もの足りないものばかりだった。たゞ、大衆文学が、純文学の手法を、ますます(原文踊り字)取り入れていると云う傾向を感じたが、大衆文学の新人は、この所、容易に出そうにないと云うことを感じた。」
「話の屑籠」出典:昭和35年/1960年4月・文藝春秋新社刊『菊池寛文學全集 第七巻』(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 14 昭和16年/1941年下半期   一覧へ
選評の概要 (話の屑籠より)
選考委員 菊池寛 男53歳
候補 評価 行数 評言
「話の屑籠」出典:昭和35年/1960年4月・文藝春秋新社刊『菊池寛文學全集 第七巻』(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 16 昭和17年/1942年下半期   一覧へ
選評の概要 (話の屑籠より)
選考委員 菊池寛 男54歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
  「好学の努力家だから将来必ず大成するだろう。」
男36歳
  「可なり難しい大衆文芸の現代物の創作に努力している点を認めたのである。」
「話の屑籠」出典:昭和35年/1960年4月・文藝春秋新社刊『菊池寛文學全集 第七巻』(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 選考委員の一覧へ