直木賞のすべて
直木賞のすべて

平成29年/2017年
上半期
誰が直木賞を
受賞すると
思いますか?

大衆選考会
トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
小研究
リンク集
マップ
平成28年/2016年12月1日~平成29年/2017年5月31日の期間中に発表された、
新人・中堅作家の大衆小説を独自にラインナップし、
どの作家のどの作品が、今期の直木賞を受賞すると思うか
みなさんに投票していただきました。
Last Update[H29]2017/6/4

投票結果は以下のとおりです。

2017年07月19日 16時49分58秒
推薦人御座候太郎
推薦作品月の満ち欠け
直木賞発表を報道で知る前から受賞の行方が気になるのは、50年以上生きてるけど生まれて初めて。「永遠の1/2」を読んだのが自分も20歳代。駄作も結構有るけど、約30年間ずっと気になる作家さん。作品も新聞の書評で存在を知り、勿論読んだ。直木賞にふさわしい傑作だと思う。正直言って、万が一、他の候補作品が受賞しても受賞作の本を一切、手に取らないだろう。

2017年07月19日 13時46分22秒
推薦人hitomin
推薦作品柚木麻子『BUTTER』
前回は音楽を料理しきった女性作家が受賞しました。今回は、料理を味わい尽くした女性作家に獲得してほしい!

2017年07月19日 10時32分47秒
推薦人はづき
推薦作品佐藤正午/月の満ち欠け
初読みの作家さんでした。
直木賞発表の前日、車の運転中に何気なく聞いたFMで「賞を受賞してメディアで始まるであろう本の内容の紹介を聞く前に、先入観無く読むべき一冊」と。
その言葉に押されるようにそのまま本屋へ行き、衝動買い。
ですので、あえて内容には触れません。
一気に読んでしまいました。
ちょっとゾッとしつつ、じわっと心に沁みました。不思議ですが、とっても読後感の良い一冊です。

2017年07月19日 04時57分03秒
推薦人みみぷう
推薦作品月の満ち欠け
生まれ変わっても愛し続ける…そんなの絵空事だと思っていました。でも、この本を読んだら、信じられる。私の日常にもあるかもしれないと思わせる初めての小説。一気に読んで、後味ほろり、です。

2017年07月18日 15時42分46秒
推薦人kよーこ
推薦作品月の満ち欠け
なんといっても一気に読ませる、この物語には文句のつけようがないです。佐藤正午さんの他の作品も、独特な面白味がありますよね。

2017年07月17日 23時17分45秒
推薦人ヲム
推薦作品月の満ち欠け
あまり期待してなかったのに、候補作の中で一番心に残りました。

2017年07月16日 12時48分47秒
推薦人kanami
推薦作品佐藤正午「月の満ち欠け」
生まれ変わりなんて、まさか、そんなことがあるわけがない。と思いながらも、読み進んでいくにつれ、真実のような気がして、不思議な気持ちになります。いくつもの人生と人びとの思いが交錯し、信じられないではなく、信じたいと思いたくなりました。

2017年06月25日 20時47分39秒
推薦人トミー
推薦作品月の満ち欠け
本を開いたのは確かに自分なんですが、あとは寝食忘れさせられ自動的に読まされました。
すべての登場人物の、それぞれのドラマがいとおしい。
現実を直視できない人、道ならぬ恋に落ちる人、男のクズ、母のなかの母…とにかく色んな人がでてきますが、どの人も普通の人です。
その普通の人々の間で突拍子もない「生まれ変わり」が完璧に成立しているのが!しかもそのすべてが東京駅の喫茶店のたった2時間で紐解かれ…。
読後、かたわらにいる猫に思わず「お前は誰だい?」と語りかけ「私はだあれ?」と独り言をいいました。

2017年06月24日 19時08分30秒
推薦人桜田てるこ
推薦作品月の満ち欠け
じわじわゾクゾク感が、たまらなくてストーリーに吸い込まれました。

2017年06月23日 10時24分15秒
推薦人じゅんの
推薦作品月の満ち欠け
あり得ないものをあり得るのではないかと錯覚させてしまう。
見事としか言いようのない物語。読書の喜びを味わえます!

2017年06月23日 08時36分35秒
推薦人不死哲
推薦作品月の満ち欠け
練りに練られた構成と文章。読み始めたらやめられない、スリリングな展開。これこそが、大人を満足させる醍醐味に溢れた小説です。是非、多くの方に読んでいただきたい、と強く思います。

2017年06月23日 06時50分25秒
推薦人shimikyou
推薦作品月の満ち欠け
佐藤正午氏の作品はほとんどみな読んでいる。真面目な顔して人の可笑しみを切り取っている印象。なぜまだ受賞していないのかわからないぐらい洒脱な文章は、いつも私の期待を裏切りません。きっとこの作品も映像化オファーがおしよせていそう。佐藤正午氏に熱い一票を投じます。

2017年06月23日 00時57分19秒
推薦人リンデン
推薦作品月の満ち欠け
久しぶりの読書で一気に読み上げました。人生の不可思議な出来事、あると思っています。ぜひ映像化してほしいです。

2017年06月22日 23時58分33秒
推薦人米田 一
推薦作品敵の名は、宮本武蔵
読みながらワクワク出来た。
宮本武蔵というよく知った題材を扱いつつ、
親近感と新規感を感じられる作品だった。

2017年06月22日 23時20分24秒
推薦人ミカリン
推薦作品月の満ち欠け
産まれ変わっても、一人を愛し続ける、究極のラブストーリー。
それが様々な人々を巻き込んで、重厚な物語に発展していきます。
そして、何度も読み返したくなる。佐藤正午ワールドに引き込まれていく・・・・待ちに待った大作です。

2017年06月22日 22時38分29秒
推薦人のゆき
推薦作品月の満ち欠け
緻密でいて、ありえない「生まれ変り」の物語にぐいぐい引き込まれます。
おもしろい。
そして、じんと温かいものが心に残ります。
ラストの展開も呆然。
たくさんの思いを読者の心に届けてくれる、大傑作です。

2017年06月22日 21時36分50秒
推薦人長沼ふじ子
推薦作品月の満ち欠け 佐藤正午さん
月の満ち欠けを推薦させてください。

毎日繰り返される日常生活。
その暮らしの中で関わる人々の一人が、
かけがえのない人の生まれ変わりだったら、
もっと大切に暮らしていけるはずと、
強く思いました。
大勢の方に読んでもらいたいと思います。

そして

ながきにわたる、
編集者と男の約束を、果たし「月の満ち欠け」を刊行した佐藤正午さん
直木賞を受賞して頂きたいです。

2017年06月22日 19時35分32秒
推薦人木村 茂
推薦作品敵の名は、宮本武蔵
今まで抱いていた宮本武蔵とは、違ったイメージでとらえることができ、中々読み応えのある作品であった。

2017年06月22日 18時50分14秒
推薦人サスペンス大好きおばあさん
推薦作品敵の名は、宮本武蔵
大変面白かった!宮本武蔵は有名だけど、なかなかここまでの深い読みはなかったのでは!こんな風に歴史上の人が描かれていてほんと??と興味津々になった!

2017年06月22日 18時38分04秒
推薦人亀山 章
推薦作品敵の名は、宮本武蔵
宮本武蔵を今までとは異なる視点から描いたものでユニークで面白い作品であった。

2017年06月18日 07時10分15秒
推薦人zoom
推薦作品相場英雄『不発弾』
現役政財界人の名前がここまでモデル化した作者の勇気に感心した。 山崎豊子の「沈まぬ太陽」以来、久々の政治と経済、金融の癒着を見せてもらった。不正会計の根源がバブル崩壊後の姑息なデリバティブ手法にあり、それが発展してM&Aになったという発想が斬新。未だに電機メーカーや地銀の経営問題が取りざたされている現状をみる限り、この小説が絵解きしてくれた内容は過去の出来事ではなく、今起きていること、そして将来なお「不発弾」として抱えている問題への警鐘として広く読んでもらいたい。

2017年06月17日 11時52分57秒
推薦人初志貫徹
推薦作品貫井徳郎『宿命と真実の炎』
校正・「後悔と真実の色」も感動したが、今回の「宿命と真実の炎」も力の入った著者の思いが伝わってきた、今まで4度直木賞候補になっているが、今回こそ直木賞作家に、なってもらいたい。

2017年06月13日 13時50分41秒
推薦人RYO
推薦作品梶よう子『北斎まんだら』 梶よう子『花しぐれ 御薬園同心 水上草介』 門井慶喜『屋根をかける人』 柴田よしき『さまよえる古道具屋の物語』 貫井徳郎『宿命と真実の炎』 原田マハ『サロメ』
梶よう子さん『北斎まんだら』
原田マハさん『サロメ』
門井慶喜さん『屋根をかける人』
この3作品を特に推します!!
このお三方、皆さま受賞してほしい。