直木賞のすべて
第125回
大衆選考会-推薦候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
マップ

大衆選考会のトップへ
前の回へ後の回へ
Last Update[H25]2013/10/30

二宮隆雄 Ninomiya Takao
生没年月日 昭和21年/1946年~平成19年/2007年
経歴 愛知県半田市生まれ。立教大学経済学部卒。
高校時代よりヨット競技を始め、全日本選手権15回優勝、世界選手権に10回出場したヨット選手。
一方、平成2年/1990年に「疾風伝」で小説現代新人賞を受賞。海をテーマにした執筆活動をつづける。
平成19年/2007年逝去。享年61。
受賞歴・候補歴



うみ
海を 奪る』(平成13年/2001年1月・集英社刊)
大衆選考会 125回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
今津 浩平 平成13年/2001年6月21日  著者の二宮隆雄氏は、当年55歳になるが、未だヨットの世界において頂点を狙うことのできる現役選手だ。
そのように、海に常に接してきた経験からだろう。海戦、航海、凪、嵐等、海上での出来事を描かせると、右にでるものはない。
今回の「海を奪る」は、中国の万里の長城に始まり、中国の混乱と倭寇の活躍の歴史が、海上を舞台にしつつ交錯していく。
史的事実と作り話の境界線の引き方が実に見事で、読了後は、鮮やかに騙された快感に包まれてしまう。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要小研究マップ || 大衆選考会のトップへ前の回へ次の回へ