直木賞のすべて
第127回
大衆選考会-推薦候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
マップ

大衆選考会のトップへ
前の回へ後の回へ
Last Update[H23]2011/1/5

山田真美 Yamada Mami
生没年月日 昭和35年/1960年~
経歴 長野県長野市生まれ。明治学院大学卒。濠ニュー・サウス・ウェールズ大学に留学。
米ヒューストン・インターナショナル・フェスティバル委員会広報官、インド政府観光局アドバイザーなどを歴任。
(財)日印芸術研究所言語センター長を務める。



よあ ばん
夜明けの 晩に』(上)(下)(平成14年/2002年2月・幻冬舎刊)
大衆選考会 127回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
飛鳥 平成14年/2002年3月10日 1行目からいきなり吸い込まれ、最後の1行を読み終えるのが惜しくなるような作品だった。読み進めるうちに、これまでに信じていた既成の価値観を完全に覆され、読みながら発狂するのではないかと思ったほどだ。予知夢という切り口から、古代史の世界に読者を誘ってゆく筆力が凄い。まるで全編がクライマックスのような強力な作品だ。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



『ブラック・アンブレラ』(平成14年/2002年8月・幻冬舎刊)
大衆選考会 128回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
飛鳥 平成14年/2002年10月3日 古今東西を問わず人間の心の奥に潜む「深い闇」の部分を、残酷なまでに見事に描ききっている。場面は現在インドと思われるが、舞台を世界の何処に置き換えても―もちろんここ日本でも―十分に通じる普遍的な説得力を感じた。物語としてのエンターテインメント性があり、また≪華がある≫という意味でも文句無くイチオシの、大型作品。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要小研究マップ || 大衆選考会のトップへ前の回へ次の回へ