直木賞のすべて
第17回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

17   一覧へ 16前の回へ 後の回へ18
昭和18年/1943年上半期
(昭和18年/1943年8月2日決定発表/『文藝春秋』昭和18年/1943年9月号選評掲載)
選考委員  井伏鱒二
男45歳
濱本浩
男52歳
岩田豊雄
男50歳
吉川英治
男50歳
中野実
男41歳
獅子文六
男50歳
大佛次郎
男45歳
選評総行数  18 35 24 81      
選評なし 選評なし 選評なし
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
山本周五郎 「日本婦道記」
262
男40歳
9 15 10 21            
大林清 「華僑伝」
69
男35歳
0 5 0 33            
岩下俊作 「西域記」
713
男36歳
0 7 14 3            
久生十蘭 「真福寺事件」
56
男41歳
0 6 0 10            
渡辺啓助 「西北撮影隊」
109
男42歳
0 8 0 3            
立川賢 「幻の翼」
45
男(36歳)
10 0 0 3            
辻勝三郎 「雪よりも白く」
47
男27歳
10 4 0 19            
    欠席
文書回答
欠席
文書回答
  欠席
文書回答
欠席
電話回答
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年9月号)
1行当たりの文字数:15字


選考委員
井伏鱒二男45歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
総行数18 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
山本周五郎
男40歳
9 「練達の技によって書かれた作品である。厳然たる婦道を鼓吹する意欲が現われている。」
大林清
男35歳
0  
岩下俊作
男36歳
0  
久生十蘭
男41歳
0  
渡辺啓助
男42歳
0  
立川賢
男(36歳)
10 「佳作として選んだ。」「作者自身の身をもって生み出した素材を取扱っていて、その素材にはずみを持たしているところを頼もしく思ったわけである。」
辻勝三郎
男27歳
10 「佳作として選んだ。」「作者自身の身をもって生み出した素材を取扱っていて、その素材にはずみを持たしているところを頼もしく思ったわけである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
濱本浩
岩田豊雄
吉川英治
  ページの先頭へ

選考委員
濱本浩男52歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
総行数35 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
山本周五郎
男40歳
15 「この作者が、謙恭に、真摯に、今日の国家理念に確りと立脚して、至難の仕事に対した態度を尊く感じた。」
大林清
男35歳
5 「構成の誤謬が気になり、氏が練達の作家だけに見過すことができなかった。」
岩下俊作
男36歳
7 「長篇の最初の二三回で問題にするのは早計である。然しながら、氏の如き特質ある作家が酬いられない筈はない。」
久生十蘭
男41歳
6 「今日の直木賞としては何となく物足りない気がしたのである。」
渡辺啓助
男42歳
8 「山本周五郎氏の「名婦伝」と、渡辺啓助氏の「西北撮影隊」と何れを選ぶべきか思い惑った」
立川賢
男(36歳)
0  
辻勝三郎
男27歳
4 「優美な作品であったが、その半面に戦場を表示する逞しさが欠けているのを遺憾に思った。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
井伏鱒二
岩田豊雄
吉川英治
  ページの先頭へ

選考委員
岩田豊雄男50歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
総行数24 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
山本周五郎
男40歳
10 「作者が日本婦道というものに堅固な把握をもち、そのために、いやらしい昂奮をせず、説得力をともなった情熱で書いている。」
大林清
男35歳
0  
岩下俊作
男36歳
14 「作品の素地に流るゝものは、よき意味の大衆文学精神なり、しかも、この作者の「富島松五郎伝」は画期的にして、その後あれだけの作品を書いたものはない、」
久生十蘭
男41歳
0  
渡辺啓助
男42歳
0  
立川賢
男(36歳)
0  
辻勝三郎
男27歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
井伏鱒二
濱本浩
吉川英治
  ページの先頭へ

選考委員
吉川英治男50歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
総行数81 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
山本周五郎
男40歳
21 「「名婦伝」の真面目な勉強を私は認めたい。決して新鮮なる描破や感激の盛り上るようなものを持っている作品ではないが、手がたいと云えるものである。」
大林清
男35歳
33 「華僑のユダヤ的徑路につぶさで、時局の変革に当ると押流されるまゝになって、それに作家としての精神的解決が与えられていないのは、何といっても欠点である。ただしこの作の筆触はどれよりも優れている。」
岩下俊作
男36歳
3 「しばらくあずかる。これを直木賞でとりあげていゝか何うかも考えさせられる。」
久生十蘭
男41歳
10 「現下の緊迫した読者層から見たとき何かしらつかみどころのない頼りなさを覚えるのではあるまいか。」
渡辺啓助
男42歳
3 「掲載誌が締切までに届いて来ないので読めなかった。」
立川賢
男(36歳)
3 「掲載誌が締切までに届いて来ないので読めなかった。」
辻勝三郎
男27歳
19 「問題はやはり皇軍の一斑を書いているので、この人の真情としてはゆるし得るものとしても皇軍の兵をつらぬいてよいものかどうかという点に問題がありはしまいかと思う。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
井伏鱒二
濱本浩
岩田豊雄
  ページの先頭へ


候補者・作品
山本周五郎男40歳×各選考委員 
「日本婦道記」
連作10篇 262
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男45歳
9 「練達の技によって書かれた作品である。厳然たる婦道を鼓吹する意欲が現われている。」
濱本浩
男52歳
15 「この作者が、謙恭に、真摯に、今日の国家理念に確りと立脚して、至難の仕事に対した態度を尊く感じた。」
岩田豊雄
男50歳
10 「作者が日本婦道というものに堅固な把握をもち、そのために、いやらしい昂奮をせず、説得力をともなった情熱で書いている。」
吉川英治
男50歳
21 「「名婦伝」の真面目な勉強を私は認めたい。決して新鮮なる描破や感激の盛り上るようなものを持っている作品ではないが、手がたいと云えるものである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
大林清
「華僑伝」
岩下俊作
「西域記」
久生十蘭
「真福寺事件」
渡辺啓助
「西北撮影隊」
立川賢
「幻の翼」
辻勝三郎
「雪よりも白く」
  ページの先頭へ

候補者・作品
大林清男35歳×各選考委員 
「華僑伝」
短篇 69
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男45歳
0  
濱本浩
男52歳
5 「構成の誤謬が気になり、氏が練達の作家だけに見過すことができなかった。」
岩田豊雄
男50歳
0  
吉川英治
男50歳
33 「華僑のユダヤ的徑路につぶさで、時局の変革に当ると押流されるまゝになって、それに作家としての精神的解決が与えられていないのは、何といっても欠点である。ただしこの作の筆触はどれよりも優れている。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
山本周五郎
「日本婦道記」
岩下俊作
「西域記」
久生十蘭
「真福寺事件」
渡辺啓助
「西北撮影隊」
立川賢
「幻の翼」
辻勝三郎
「雪よりも白く」
  ページの先頭へ

候補者・作品
岩下俊作男36歳×各選考委員 
「西域記」
長篇(一部) 713
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男45歳
0  
濱本浩
男52歳
7 「長篇の最初の二三回で問題にするのは早計である。然しながら、氏の如き特質ある作家が酬いられない筈はない。」
岩田豊雄
男50歳
14 「作品の素地に流るゝものは、よき意味の大衆文学精神なり、しかも、この作者の「富島松五郎伝」は画期的にして、その後あれだけの作品を書いたものはない、」
吉川英治
男50歳
3 「しばらくあずかる。これを直木賞でとりあげていゝか何うかも考えさせられる。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
山本周五郎
「日本婦道記」
大林清
「華僑伝」
久生十蘭
「真福寺事件」
渡辺啓助
「西北撮影隊」
立川賢
「幻の翼」
辻勝三郎
「雪よりも白く」
  ページの先頭へ

候補者・作品
久生十蘭男41歳×各選考委員 
「真福寺事件」
短篇 56
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男45歳
0  
濱本浩
男52歳
6 「今日の直木賞としては何となく物足りない気がしたのである。」
岩田豊雄
男50歳
0  
吉川英治
男50歳
10 「現下の緊迫した読者層から見たとき何かしらつかみどころのない頼りなさを覚えるのではあるまいか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
山本周五郎
「日本婦道記」
大林清
「華僑伝」
岩下俊作
「西域記」
渡辺啓助
「西北撮影隊」
立川賢
「幻の翼」
辻勝三郎
「雪よりも白く」
  ページの先頭へ

候補者・作品
渡辺啓助男42歳×各選考委員 
「西北撮影隊」
短篇 109
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男45歳
0  
濱本浩
男52歳
8 「山本周五郎氏の「名婦伝」と、渡辺啓助氏の「西北撮影隊」と何れを選ぶべきか思い惑った」
岩田豊雄
男50歳
0  
吉川英治
男50歳
3 「掲載誌が締切までに届いて来ないので読めなかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
山本周五郎
「日本婦道記」
大林清
「華僑伝」
岩下俊作
「西域記」
久生十蘭
「真福寺事件」
立川賢
「幻の翼」
辻勝三郎
「雪よりも白く」
  ページの先頭へ

候補者・作品
立川賢男(36歳)×各選考委員 
「幻の翼」
短篇 45
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男45歳
10 「佳作として選んだ。」「作者自身の身をもって生み出した素材を取扱っていて、その素材にはずみを持たしているところを頼もしく思ったわけである。」
濱本浩
男52歳
0  
岩田豊雄
男50歳
0  
吉川英治
男50歳
3 「掲載誌が締切までに届いて来ないので読めなかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
山本周五郎
「日本婦道記」
大林清
「華僑伝」
岩下俊作
「西域記」
久生十蘭
「真福寺事件」
渡辺啓助
「西北撮影隊」
辻勝三郎
「雪よりも白く」
  ページの先頭へ

候補者・作品
辻勝三郎男27歳×各選考委員 
「雪よりも白く」
短篇 47
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男45歳
10 「佳作として選んだ。」「作者自身の身をもって生み出した素材を取扱っていて、その素材にはずみを持たしているところを頼もしく思ったわけである。」
濱本浩
男52歳
4 「優美な作品であったが、その半面に戦場を表示する逞しさが欠けているのを遺憾に思った。」
岩田豊雄
男50歳
0  
吉川英治
男50歳
19 「問題はやはり皇軍の一斑を書いているので、この人の真情としてはゆるし得るものとしても皇軍の兵をつらぬいてよいものかどうかという点に問題がありはしまいかと思う。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
山本周五郎
「日本婦道記」
大林清
「華僑伝」
岩下俊作
「西域記」
久生十蘭
「真福寺事件」
渡辺啓助
「西北撮影隊」
立川賢
「幻の翼」
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会マップ