直木賞のすべて
第26回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

26   一覧へ 25前の回へ 後の回へ27
昭和26年/1951年下半期
(昭和27年/1952年1月30日決定発表/『オール讀物』昭和27年/1952年4月号選評掲載)
選考委員  川口松太郎
男52歳
大佛次郎
男54歳
小島政二郎
男57歳
井伏鱒二
男53歳
木々高太郎
男54歳
獅子文六
男58歳
久米正雄
男60歳
選評総行数  18 36 51 54 64    
選評なし 選評なし
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
久生十蘭 「鈴木主水」等
38
男49歳
8 29 7 31 30        
柴田錬三郎 「イエスの裔」
120
男34歳
11 7 15 26 29        
藤原審爾 「藤十郎狸武勇伝」他
106
男30歳
0 0 0 0 11        
梅崎春生 「零子」
49
男36歳
0 0 0 0 0        
長谷川幸延 「桂春団治」
59
男47歳
0 0 20 0 0        
摂津茂和 『困った門』
403
男52歳
0 0 0 0 0        
中山正男 『馬喰一代』
288
男41歳
0 0 8 0 0        
          欠席 欠席
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和27年/1952年4月号)
1行当たりの文字数:15字


選考委員
川口松太郎男52歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
将来に期待を 総行数18 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
久生十蘭
男49歳
8 「既に大家で、今更直木賞でもないように思う。然しこの受賞がもし久生君の創作活動を刺戟すれば文壇のために有意義である。」
柴田錬三郎
男34歳
11 「新人発見の直木賞が、評価の定まった人の与えられる傾向はよくないと思っていた。その意味で柴田君を推した。」「新人は誰にしてもカンペキというわけにはいかない。幾分の欠点は仕方がないので、将来に期待が持てればよいのである。」
藤原審爾
男30歳
0  
梅崎春生
男36歳
0  
長谷川幸延
男47歳
0  
摂津茂和
男52歳
0  
中山正男
男41歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
大佛次郎
小島政二郎
井伏鱒二
木々高太郎
  ページの先頭へ

選考委員
大佛次郎男54歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
新旧の新人 総行数36 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
久生十蘭
男49歳
29 「人気の確立したひとでありながら、その人気を平気で振払って、いつも新らしい顔を見せている。」「読者に目移りさせて了って、完成を感じさせないのだ。その実久生君の過去のどの作品を取上げても直木賞に値していたのである。」
柴田錬三郎
男34歳
7 「新人らしい野心が好感を以て迎えられた。概念が露呈する気配を上手に処理すると、もっと優れた作品を見せてくれるひとに違いない。」
藤原審爾
男30歳
0  
梅崎春生
男36歳
0  
長谷川幸延
男47歳
0  
摂津茂和
男52歳
0  
中山正男
男41歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
川口松太郎
小島政二郎
井伏鱒二
木々高太郎
  ページの先頭へ

選考委員
小島政二郎男57歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
柴田君一本槍 総行数51 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
久生十蘭
男49歳
7 「直木賞二人説が出た時、私は柴田君一人説を持して容易に下らなかった。」「久生君に反対したのは唯候補者としては大家過ぎると云うこと以外にはなかったのだから、文学的には異を立てる所存はなかったのである。」
柴田錬三郎
男34歳
15 「私は新人と云う一本槍で、柴田君の作に期待を掛けて読んだ。力作であり、優れた作品であったので喜び勇んで出席した。」
藤原審爾
男30歳
0  
梅崎春生
男36歳
0  
長谷川幸延
男47歳
20 「今更(引用者中略)また候補に上げられるのは、作者にとっては名誉であるかも知れないが、同時に、大変な損だと思う。しかし、作者よ、もう一度若返って、直木賞を取って見る謀反気を起して見ませんか。」
摂津茂和
男52歳
0  
中山正男
男41歳
8 「後半のまずさ加減、古さ加減は、何としたことだろう。前半が素晴らしいだけに、奇異な感じさえした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
川口松太郎
大佛次郎
井伏鱒二
木々高太郎
  ページの先頭へ

選考委員
井伏鱒二男53歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
感想 総行数54 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
久生十蘭
男49歳
31 「私は、もうこの作家は直木賞を受けたい気持はないのではないかと発言した。すると大佛次郎氏が、いや、久生十蘭君は決してそんなつもりはないだろう、いつも試作々々と一作ごとに冒険のつもりで新境地を拓こうとつとめている、努力家だ、と参考意見を述べて私を啓蒙させた。」
柴田錬三郎
男34歳
26 「この前の同氏の候補作品「デスマスク」と同じような形式である。私は不図それが気になったが、これも偶然のことであって今は問題にすべきではないと反省することができた。」
藤原審爾
男30歳
0  
梅崎春生
男36歳
0  
長谷川幸延
男47歳
0  
摂津茂和
男52歳
0  
中山正男
男41歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
川口松太郎
大佛次郎
小島政二郎
木々高太郎
  ページの先頭へ

選考委員
木々高太郎男54歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
いずれも若々しさ 総行数64 (1行=15字)
候補 評価 行数 評言
久生十蘭
男49歳
30 「まだ若々しく、いろいろの試みをそれからそれへとやっているのに気付く。僕はそれが好きだし、若し文学振興会の方で二人でもよいというならと、僕は積極的に主張した。」
柴田錬三郎
男34歳
29 「圧倒的に柴田錬三郎をおした。」「若々しい、試みに試みを重ねてゆくところがある。そこは大いに買う可きで、将来の活躍が予期出来るところを推した。」
藤原審爾
男30歳
11 「いつも何か物足らぬのは、僕の見るところでは、作品に野放図もないところが「ない」からである。」「もっと別に言えば、どこかふざけた感じが抜けない。」
梅崎春生
男36歳
0  
長谷川幸延
男47歳
0  
摂津茂和
男52歳
0  
中山正男
男41歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
川口松太郎
大佛次郎
小島政二郎
井伏鱒二
  ページの先頭へ


受賞者・作品
久生十蘭男49歳×各選考委員 
「鈴木主水」等
短篇 38
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男52歳
8 「既に大家で、今更直木賞でもないように思う。然しこの受賞がもし久生君の創作活動を刺戟すれば文壇のために有意義である。」
大佛次郎
男54歳
29 「人気の確立したひとでありながら、その人気を平気で振払って、いつも新らしい顔を見せている。」「読者に目移りさせて了って、完成を感じさせないのだ。その実久生君の過去のどの作品を取上げても直木賞に値していたのである。」
小島政二郎
男57歳
7 「直木賞二人説が出た時、私は柴田君一人説を持して容易に下らなかった。」「久生君に反対したのは唯候補者としては大家過ぎると云うこと以外にはなかったのだから、文学的には異を立てる所存はなかったのである。」
井伏鱒二
男53歳
31 「私は、もうこの作家は直木賞を受けたい気持はないのではないかと発言した。すると大佛次郎氏が、いや、久生十蘭君は決してそんなつもりはないだろう、いつも試作々々と一作ごとに冒険のつもりで新境地を拓こうとつとめている、努力家だ、と参考意見を述べて私を啓蒙させた。」
木々高太郎
男54歳
30 「まだ若々しく、いろいろの試みをそれからそれへとやっているのに気付く。僕はそれが好きだし、若し文学振興会の方で二人でもよいというならと、僕は積極的に主張した。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
柴田錬三郎
「イエスの裔」
藤原審爾
「藤十郎狸武勇伝」他
梅崎春生
「零子」
長谷川幸延
「桂春団治」
摂津茂和
『困った門』
中山正男
『馬喰一代』
  ページの先頭へ

受賞者・作品
柴田錬三郎男34歳×各選考委員 
「イエスの裔」
短篇 120
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男52歳
11 「新人発見の直木賞が、評価の定まった人の与えられる傾向はよくないと思っていた。その意味で柴田君を推した。」「新人は誰にしてもカンペキというわけにはいかない。幾分の欠点は仕方がないので、将来に期待が持てればよいのである。」
大佛次郎
男54歳
7 「新人らしい野心が好感を以て迎えられた。概念が露呈する気配を上手に処理すると、もっと優れた作品を見せてくれるひとに違いない。」
小島政二郎
男57歳
15 「私は新人と云う一本槍で、柴田君の作に期待を掛けて読んだ。力作であり、優れた作品であったので喜び勇んで出席した。」
井伏鱒二
男53歳
26 「この前の同氏の候補作品「デスマスク」と同じような形式である。私は不図それが気になったが、これも偶然のことであって今は問題にすべきではないと反省することができた。」
木々高太郎
男54歳
29 「圧倒的に柴田錬三郎をおした。」「若々しい、試みに試みを重ねてゆくところがある。そこは大いに買う可きで、将来の活躍が予期出来るところを推した。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
久生十蘭
「鈴木主水」等
藤原審爾
「藤十郎狸武勇伝」他
梅崎春生
「零子」
長谷川幸延
「桂春団治」
摂津茂和
『困った門』
中山正男
『馬喰一代』
  ページの先頭へ

候補者・作品
藤原審爾男30歳×各選考委員 
「藤十郎狸武勇伝」他
短篇 106
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男52歳
0  
大佛次郎
男54歳
0  
小島政二郎
男57歳
0  
井伏鱒二
男53歳
0  
木々高太郎
男54歳
11 「いつも何か物足らぬのは、僕の見るところでは、作品に野放図もないところが「ない」からである。」「もっと別に言えば、どこかふざけた感じが抜けない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
久生十蘭
「鈴木主水」等
柴田錬三郎
「イエスの裔」
梅崎春生
「零子」
長谷川幸延
「桂春団治」
摂津茂和
『困った門』
中山正男
『馬喰一代』
  ページの先頭へ

候補者・作品
梅崎春生男36歳×各選考委員 
「零子」
短篇 49
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男52歳
0  
大佛次郎
男54歳
0  
小島政二郎
男57歳
0  
井伏鱒二
男53歳
0  
木々高太郎
男54歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
久生十蘭
「鈴木主水」等
柴田錬三郎
「イエスの裔」
藤原審爾
「藤十郎狸武勇伝」他
長谷川幸延
「桂春団治」
摂津茂和
『困った門』
中山正男
『馬喰一代』
  ページの先頭へ

候補者・作品
長谷川幸延男47歳×各選考委員 
「桂春団治」
短篇 59
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男52歳
0  
大佛次郎
男54歳
0  
小島政二郎
男57歳
20 「今更(引用者中略)また候補に上げられるのは、作者にとっては名誉であるかも知れないが、同時に、大変な損だと思う。しかし、作者よ、もう一度若返って、直木賞を取って見る謀反気を起して見ませんか。」
井伏鱒二
男53歳
0  
木々高太郎
男54歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
久生十蘭
「鈴木主水」等
柴田錬三郎
「イエスの裔」
藤原審爾
「藤十郎狸武勇伝」他
梅崎春生
「零子」
摂津茂和
『困った門』
中山正男
『馬喰一代』
  ページの先頭へ

候補者・作品
摂津茂和男52歳×各選考委員 
『困った門』
長篇 403
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男52歳
0  
大佛次郎
男54歳
0  
小島政二郎
男57歳
0  
井伏鱒二
男53歳
0  
木々高太郎
男54歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
久生十蘭
「鈴木主水」等
柴田錬三郎
「イエスの裔」
藤原審爾
「藤十郎狸武勇伝」他
梅崎春生
「零子」
長谷川幸延
「桂春団治」
中山正男
『馬喰一代』
  ページの先頭へ

候補者・作品
中山正男男41歳×各選考委員 
『馬喰一代』
長篇・等3篇 288
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男52歳
0  
大佛次郎
男54歳
0  
小島政二郎
男57歳
8 「後半のまずさ加減、古さ加減は、何としたことだろう。前半が素晴らしいだけに、奇異な感じさえした。」
井伏鱒二
男53歳
0  
木々高太郎
男54歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
久生十蘭
「鈴木主水」等
柴田錬三郎
「イエスの裔」
藤原審爾
「藤十郎狸武勇伝」他
梅崎春生
「零子」
長谷川幸延
「桂春団治」
摂津茂和
『困った門』
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会マップ