直木賞のすべて
第71回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

71   一覧へ 70前の回へ 後の回へ72
昭和49年/1974年上半期
(昭和49年/1974年7月17日決定発表/『オール讀物』昭和49年/1974年10月号選評掲載)
選考委員  柴田錬三郎
男57歳
源氏鶏太
男62歳
今日出海
男70歳
石坂洋次郎
男74歳
村上元三
男64歳
川口松太郎
男74歳
松本清張
男64歳
水上勉
男55歳
司馬遼太郎
男50歳
選評総行数  52 56 55 57 56 46 54 48 54
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
藤本義一 「鬼の詩」
86
男41歳
13 19 20 12 24 39 19 22 35
白石一郎 『火炎城』
819
男42歳
9 6 18 7 4 0 15 0 3
河野典生 『ペインティング・ナイフの群像』
522
男39歳
0 3 0 4 5 0 0 0 8
阿部牧郎 「失われた球譜」
127
男40歳
8 9 0 7 5 14 4 10 5
素九鬼子 『パーマネントブルー』
322
女37歳
9 5 0 5 3 0 0 5 8
榊原直人 「仏の城」
81
男55歳
0 5 0 6 4 0 3 0 3
半村良 「不可触領域」
285
男40歳
13 10 10 6 11 13 14 10 3
          欠席
書面回答
     
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』昭和49年/1974年10月号
1行当たりの文字数:14字


選考委員
柴田錬三郎男57歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
独特な鉱脈 総行数52 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
13 「努力すれば努力するほど、生きることの惨めさを露呈する人間の哀しさが、まことに巧妙に、描かれている。作者は、ようやく器用貧乏を脱して、自分独特の鉱脈を掘りあてたようである。」
白石一郎
男42歳
9 「力作だが、いかんせん、大友宗麟の人物像が、歴史学者の書いたものを抜け出ていなかった。」「読後の印象は、ただ、せい一杯書いたのだな、という平凡な評価しかできなかった。」
河野典生
男39歳
0  
阿部牧郎
男40歳
8 「材料そのものが小さすぎる。」「思いきって、大きな材料と取組むことができないものか、といつも考えさせられる。」
素九鬼子
女37歳
9 「平がなばかり使う読みにくさを、教えられた。」「平がなばかり使わなければならぬ必然性を、全く感じなかった。」
榊原直人
男55歳
0  
半村良
男40歳
13 「当選作にしてもいい、見事なSF小説だ、と考えて、選考会にのぞんだが、意外に、票が集まらなかった。」「候補作品中、面白さに於て、随一であった。この作家は、こん後、異常に巧くなる人のような気がする。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
今日出海
石坂洋次郎
村上元三
川口松太郎
松本清張
水上勉
司馬遼太郎
  ページの先頭へ

選考委員
源氏鶏太男62歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
読み返す毎に高点に 総行数56 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
19 「ちょっと達者過ぎないかと思われるほど、世にも凄じい落語家の話が次から次へと描かれていて、強いての欲をいえば、多少の余裕がほしかった。」「明治の末頃の大阪での「芸」の意味について司馬遼太郎氏からの詳しい説明があって、私は、更に「鬼の詩」を高く評価する気になった。」
白石一郎
男42歳
6 「私には面白かった。大友宗麟について、よくここまでまとめて描いたと思ったのだが、それについての反対意見がすくなくなかった。」
河野典生
男39歳
3 「うまいだけに終っている」
阿部牧郎
男40歳
9 「実にキメこまかく書いてあるのだが、蓋をあけてみたら、なんだこんなことであったかとの印象が残る。阿部氏は、テーマの選び方で、いつも、損をしている。」
素九鬼子
女37歳
5 「私の好きな作品であった。このままで忘れ去られるには惜しい作品と、今でも思っている。」
榊原直人
男55歳
5 「一応、書けているが、まだどこか調子の低いところがある。」
半村良
男40歳
10 「一時は授賞の対象になったのだが、結局、見送られたのは、前の部分の凄さに比較して、SFの世界に入ってからはどうもついていけないとの説が出たからである。しかし、大変な才能の持主であることは間違いなかろう。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
柴田錬三郎
今日出海
石坂洋次郎
村上元三
川口松太郎
松本清張
水上勉
司馬遼太郎
  ページの先頭へ

選考委員
今日出海男70歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
手練の作品 総行数55 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
20 「東京では芸と趣向を殊更に区別する。こんな風習の相違は一般読者にはわかってみればまた興味もあるが、説明が必要であろう。しかし手練の作品として推すことにやぶさかではない。」
白石一郎
男42歳
18 「書き出しの宗麟の若き時代、その天衣無縫な性格の芽生えはなかなか人を惹きつけるが、(引用者中略)大名になると、あとはその事績、歴史を追うことに忠実であり、つまり歴史を語ることに急で、小説家の眼が鈍くなるのは惜しい。」
河野典生
男39歳
0  
阿部牧郎
男40歳
0  
素九鬼子
女37歳
0  
榊原直人
男55歳
0  
半村良
男40歳
10 「書き出しは、選者の意識が消え、一読者として面白く読んだ。」「描写力もあり、筆力もある作者が、科学を道具に使い、結局、科学自体を扱いかねた形なのはこれ亦惜しい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
柴田錬三郎
源氏鶏太
石坂洋次郎
村上元三
川口松太郎
松本清張
水上勉
司馬遼太郎
  ページの先頭へ

選考委員
石坂洋次郎男74歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
直木賞所感 総行数57 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
12 「芸能人であれ、作家であれ、私は破滅型の生活には共感がもてない。」「藤本氏よ、作品には破滅型の人物を描いても、貴方自身の私生活を崩すことがないように……。」
白石一郎
男42歳
7 「惨虐、淫乱のかぎりをつくした宗麟がキリスト教に開眼する過程に合理性、必然性が感じられない。一番大切なものが描けてないと思う。」
河野典生
男39歳
4 「感覚の閃きがあり、才筆だが、何が主題なのかよく分らない。」
阿部牧郎
男40歳
7 「野球好きな人には面白い話だが、女性の読者にはどんなものだろう。」
素九鬼子
女37歳
5 「ある程度面白かったが、レアリテーに乏しいのが残念だった。」
榊原直人
男55歳
6 「話は一応うまく出来てるが、どうしても元気に乏しい。」
半村良
男40歳
6 「よく勉強しており、達筆でもあるが、テレパシーで人間の心を統一するという着想は、超能力少年の話のようにもう一つ真実性に欠けているような気がした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
柴田錬三郎
源氏鶏太
今日出海
村上元三
川口松太郎
松本清張
水上勉
司馬遼太郎
  ページの先頭へ

選考委員
村上元三男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
藤本氏に望む 総行数56 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
24 「こんどは藤本義一氏以外にはない、と思って銓衡会場へ行った。」「人間をつきつめて行って、えげつない、きたなさを描く最近のこの作者の傾向に反対はしないが、「ちりめんじゃこ」のような大阪特有の明るさ、のんきさを描くことも忘れないでほしい。わたしの入れた点は、「鬼の詩」プラス従来の実績、ということであった。」
白石一郎
男42歳
4 「時代小説としては平均点を入れられるが、直木賞となると、やはりこの線を乗り越えてほしい。」
河野典生
男39歳
5 「メルヘンの世界を描いて面白い小品は数篇あったが、あとは習作にすぎない。」
阿部牧郎
男40歳
5 「もう七回も候補になっているのに、どうも決定打がない。こんどの作品は、ことにおとる。」
素九鬼子
女37歳
3 「候補になったのが不幸であった。」
榊原直人
男55歳
4 「大そう達者だが、ここで小ぢんまりとまとまりそうな危懼を感じさせる。」
半村良
男40歳
11 「SFファンの一人としても、わたしには不満であった。フィクションがあって、サイエンスがない、といつも言ってることを、また書かせてもらう。参考作品の「新宿の男」は、(引用者中略)芝居の一幕物に似て、よくまとまっていた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
柴田錬三郎
源氏鶏太
今日出海
石坂洋次郎
川口松太郎
松本清張
水上勉
司馬遼太郎
  ページの先頭へ

選考委員
川口松太郎男74歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
ほっとした思い 総行数46 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
39 「藤本義一君は既に作家として名を成していて直木賞に入らなくともさほどの失望はあるまいと思い、阿部、半村の二作を推薦して決定は委員諸氏の判断に任せた。」「人気作家になってからも生活を変えず、社会との接触面を大事にして頂きたいと思う。」
白石一郎
男42歳
0  
河野典生
男39歳
0  
阿部牧郎
男40歳
14 「(引用者注:「失われた球譜」「鬼の詩」「不可触領域」は)どれも一流作品と称してさしつかえないほどの筆力を持ち、どれも面白く読める。」「十分筆力を持っているのだから力を落す事なく、次回の作品に努力して欲しい。」
素九鬼子
女37歳
0  
榊原直人
男55歳
0  
半村良
男40歳
13 「(引用者注:「失われた球譜」「鬼の詩」「不可触領域」は)どれも一流作品と称してさしつかえないほどの筆力を持ち、どれも面白く読める。」「十分筆力を持っているのだから力を落す事なく、次回の作品に努力して欲しい。」
  「私は入院加療中で委員会へ出席出来なかった」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
柴田錬三郎
源氏鶏太
今日出海
石坂洋次郎
村上元三
松本清張
水上勉
司馬遼太郎
  ページの先頭へ

選考委員
松本清張男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
積極的に推す 総行数54 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
19 「曾つては長谷川幸延氏の世界でもあったが、藤本氏のは芸人の怨念といったものがこもっている。」「藤本氏はようやく腰がきまり、しかもこれに脂が乗った感じである。積極的に推すことができた。」
白石一郎
男42歳
15 「前半と後半の構成のバランスが崩れている。」「宗麟の視点からはなれたところで手をひろげすぎ、説明に堕して魅力を欠くことになった。」
河野典生
男39歳
0  
阿部牧郎
男40歳
4 「小さな主題を一応きれいにふくらました感じだが、フクラマシ粉が利きすぎて内容空疎。」
素九鬼子
女37歳
0  
榊原直人
男55歳
3 「「仏の城」に注目。次作を見たい。」
半村良
男40歳
14 「半村良氏の進捗に接することができた。「黄金伝説」にみるようなドタバタがとれ、文章も練れたものになった。」「かんじんのテレパシイの細部道具立てが粗雑なので、フィクションとしてのリアリティ(E・A・ポーや上田秋成などの小説構成を言う)に欠く。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
柴田錬三郎
源氏鶏太
今日出海
石坂洋次郎
村上元三
川口松太郎
水上勉
司馬遼太郎
  ページの先頭へ

選考委員
水上勉男55歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「鬼の詩」讃 総行数48 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
22 「候補作品のどれよりもぬきん出て個性的な光りがあった。」「藤本さんの世界が腰をすえて、確りと打ち出された感じで、しかもその出来に妙があった。妙は藤本さんの心田の所産である。」
白石一郎
男42歳
0  
河野典生
男39歳
0  
阿部牧郎
男40歳
10 「如何せんこの材料にこれだけの枚数は長すぎた。惜しい。」「器用さがいけないのか。そこのところが、阿部さんの今日の壁のように思う。」
素九鬼子
女37歳
5 「素九鬼子さんの世界も楽しいが、しかし、これはこれだけのことといった感じがしたのは私だけであるか。」
榊原直人
男55歳
0  
半村良
男40歳
10 「私は参考作品の「新宿の男」の方に作家の力量をみている。といっても、授賞作とするには弱かった。「不可触領域」については、現世の神秘も感じられず、私は何も云えなかった。しかし、この人の領域には注目している。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
柴田錬三郎
源氏鶏太
今日出海
石坂洋次郎
村上元三
川口松太郎
松本清張
司馬遼太郎
  ページの先頭へ

選考委員
司馬遼太郎男50歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「鬼の詩」を 総行数54 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
藤本義一
男41歳
35 「候補七編のうち、(引用者中略)ぬきん出た作品だった。」「初代春団治もまかりまちがえばこの作品の主人公のようなバケモノになりかねない所があったが、春団治の天才性がそれを救った。この主人公には十分な才能がなかったために、春団治にはなれずにバケモノになってしまった。その人間の問題のきわどさが、この作品によってよくわかるような気がした。」
白石一郎
男42歳
3 「平凡でありすぎて感想をのべにくい。」
河野典生
男39歳
8 「(引用者注:小説)とは別の分野のもののように思われた。」
阿部牧郎
男40歳
5 「相変らず達者な作品だが、小説の主題としては人間の問題が小さすぎないだろうか。」
素九鬼子
女37歳
8 「(引用者注:小説)とは別の分野のもののように思われた。」
榊原直人
男55歳
3 「平凡でありすぎて感想をのべにくい。」
半村良
男40歳
3 「おもしろかったし、作者の才能の豊かさを感じさせた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
柴田錬三郎
源氏鶏太
今日出海
石坂洋次郎
村上元三
川口松太郎
松本清張
水上勉
  ページの先頭へ


受賞者・作品
藤本義一男41歳×各選考委員 
「鬼の詩」
短篇 86
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男57歳
13 「努力すれば努力するほど、生きることの惨めさを露呈する人間の哀しさが、まことに巧妙に、描かれている。作者は、ようやく器用貧乏を脱して、自分独特の鉱脈を掘りあてたようである。」
源氏鶏太
男62歳
19 「ちょっと達者過ぎないかと思われるほど、世にも凄じい落語家の話が次から次へと描かれていて、強いての欲をいえば、多少の余裕がほしかった。」「明治の末頃の大阪での「芸」の意味について司馬遼太郎氏からの詳しい説明があって、私は、更に「鬼の詩」を高く評価する気になった。」
今日出海
男70歳
20 「東京では芸と趣向を殊更に区別する。こんな風習の相違は一般読者にはわかってみればまた興味もあるが、説明が必要であろう。しかし手練の作品として推すことにやぶさかではない。」
石坂洋次郎
男74歳
12 「芸能人であれ、作家であれ、私は破滅型の生活には共感がもてない。」「藤本氏よ、作品には破滅型の人物を描いても、貴方自身の私生活を崩すことがないように……。」
村上元三
男64歳
24 「こんどは藤本義一氏以外にはない、と思って銓衡会場へ行った。」「人間をつきつめて行って、えげつない、きたなさを描く最近のこの作者の傾向に反対はしないが、「ちりめんじゃこ」のような大阪特有の明るさ、のんきさを描くことも忘れないでほしい。わたしの入れた点は、「鬼の詩」プラス従来の実績、ということであった。」
川口松太郎
男74歳
39 「藤本義一君は既に作家として名を成していて直木賞に入らなくともさほどの失望はあるまいと思い、阿部、半村の二作を推薦して決定は委員諸氏の判断に任せた。」「人気作家になってからも生活を変えず、社会との接触面を大事にして頂きたいと思う。」
松本清張
男64歳
19 「曾つては長谷川幸延氏の世界でもあったが、藤本氏のは芸人の怨念といったものがこもっている。」「藤本氏はようやく腰がきまり、しかもこれに脂が乗った感じである。積極的に推すことができた。」
水上勉
男55歳
22 「候補作品のどれよりもぬきん出て個性的な光りがあった。」「藤本さんの世界が腰をすえて、確りと打ち出された感じで、しかもその出来に妙があった。妙は藤本さんの心田の所産である。」
司馬遼太郎
男50歳
35 「候補七編のうち、(引用者中略)ぬきん出た作品だった。」「初代春団治もまかりまちがえばこの作品の主人公のようなバケモノになりかねない所があったが、春団治の天才性がそれを救った。この主人公には十分な才能がなかったために、春団治にはなれずにバケモノになってしまった。その人間の問題のきわどさが、この作品によってよくわかるような気がした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
白石一郎
『火炎城』
河野典生
『ペインティング・ナイフの群像』
阿部牧郎
「失われた球譜」
素九鬼子
『パーマネントブルー』
榊原直人
「仏の城」
半村良
「不可触領域」
  ページの先頭へ

候補者・作品
白石一郎男42歳×各選考委員 
『火炎城』
長篇 819
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男57歳
9 「力作だが、いかんせん、大友宗麟の人物像が、歴史学者の書いたものを抜け出ていなかった。」「読後の印象は、ただ、せい一杯書いたのだな、という平凡な評価しかできなかった。」
源氏鶏太
男62歳
6 「私には面白かった。大友宗麟について、よくここまでまとめて描いたと思ったのだが、それについての反対意見がすくなくなかった。」
今日出海
男70歳
18 「書き出しの宗麟の若き時代、その天衣無縫な性格の芽生えはなかなか人を惹きつけるが、(引用者中略)大名になると、あとはその事績、歴史を追うことに忠実であり、つまり歴史を語ることに急で、小説家の眼が鈍くなるのは惜しい。」
石坂洋次郎
男74歳
7 「惨虐、淫乱のかぎりをつくした宗麟がキリスト教に開眼する過程に合理性、必然性が感じられない。一番大切なものが描けてないと思う。」
村上元三
男64歳
4 「時代小説としては平均点を入れられるが、直木賞となると、やはりこの線を乗り越えてほしい。」
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
15 「前半と後半の構成のバランスが崩れている。」「宗麟の視点からはなれたところで手をひろげすぎ、説明に堕して魅力を欠くことになった。」
水上勉
男55歳
0  
司馬遼太郎
男50歳
3 「平凡でありすぎて感想をのべにくい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
藤本義一
「鬼の詩」
河野典生
『ペインティング・ナイフの群像』
阿部牧郎
「失われた球譜」
素九鬼子
『パーマネントブルー』
榊原直人
「仏の城」
半村良
「不可触領域」
  ページの先頭へ

候補者・作品
河野典生男39歳×各選考委員 
『ペインティング・ナイフの群像』
短篇集62篇 522
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男57歳
0  
源氏鶏太
男62歳
3 「うまいだけに終っている」
今日出海
男70歳
0  
石坂洋次郎
男74歳
4 「感覚の閃きがあり、才筆だが、何が主題なのかよく分らない。」
村上元三
男64歳
5 「メルヘンの世界を描いて面白い小品は数篇あったが、あとは習作にすぎない。」
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
0  
水上勉
男55歳
0  
司馬遼太郎
男50歳
8 「(引用者注:小説)とは別の分野のもののように思われた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
藤本義一
「鬼の詩」
白石一郎
『火炎城』
阿部牧郎
「失われた球譜」
素九鬼子
『パーマネントブルー』
榊原直人
「仏の城」
半村良
「不可触領域」
  ページの先頭へ

候補者・作品
阿部牧郎男40歳×各選考委員 
「失われた球譜」
短篇 127
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男57歳
8 「材料そのものが小さすぎる。」「思いきって、大きな材料と取組むことができないものか、といつも考えさせられる。」
源氏鶏太
男62歳
9 「実にキメこまかく書いてあるのだが、蓋をあけてみたら、なんだこんなことであったかとの印象が残る。阿部氏は、テーマの選び方で、いつも、損をしている。」
今日出海
男70歳
0  
石坂洋次郎
男74歳
7 「野球好きな人には面白い話だが、女性の読者にはどんなものだろう。」
村上元三
男64歳
5 「もう七回も候補になっているのに、どうも決定打がない。こんどの作品は、ことにおとる。」
川口松太郎
男74歳
14 「(引用者注:「失われた球譜」「鬼の詩」「不可触領域」は)どれも一流作品と称してさしつかえないほどの筆力を持ち、どれも面白く読める。」「十分筆力を持っているのだから力を落す事なく、次回の作品に努力して欲しい。」
松本清張
男64歳
4 「小さな主題を一応きれいにふくらました感じだが、フクラマシ粉が利きすぎて内容空疎。」
水上勉
男55歳
10 「如何せんこの材料にこれだけの枚数は長すぎた。惜しい。」「器用さがいけないのか。そこのところが、阿部さんの今日の壁のように思う。」
司馬遼太郎
男50歳
5 「相変らず達者な作品だが、小説の主題としては人間の問題が小さすぎないだろうか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
藤本義一
「鬼の詩」
白石一郎
『火炎城』
河野典生
『ペインティング・ナイフの群像』
素九鬼子
『パーマネントブルー』
榊原直人
「仏の城」
半村良
「不可触領域」
  ページの先頭へ

候補者・作品
素九鬼子女37歳×各選考委員 
『パーマネントブルー』
長篇 322
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男57歳
9 「平がなばかり使う読みにくさを、教えられた。」「平がなばかり使わなければならぬ必然性を、全く感じなかった。」
源氏鶏太
男62歳
5 「私の好きな作品であった。このままで忘れ去られるには惜しい作品と、今でも思っている。」
今日出海
男70歳
0  
石坂洋次郎
男74歳
5 「ある程度面白かったが、レアリテーに乏しいのが残念だった。」
村上元三
男64歳
3 「候補になったのが不幸であった。」
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
0  
水上勉
男55歳
5 「素九鬼子さんの世界も楽しいが、しかし、これはこれだけのことといった感じがしたのは私だけであるか。」
司馬遼太郎
男50歳
8 「(引用者注:小説)とは別の分野のもののように思われた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
藤本義一
「鬼の詩」
白石一郎
『火炎城』
河野典生
『ペインティング・ナイフの群像』
阿部牧郎
「失われた球譜」
榊原直人
「仏の城」
半村良
「不可触領域」
  ページの先頭へ

候補者・作品
榊原直人男55歳×各選考委員 
「仏の城」
短篇 81
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男57歳
0  
源氏鶏太
男62歳
5 「一応、書けているが、まだどこか調子の低いところがある。」
今日出海
男70歳
0  
石坂洋次郎
男74歳
6 「話は一応うまく出来てるが、どうしても元気に乏しい。」
村上元三
男64歳
4 「大そう達者だが、ここで小ぢんまりとまとまりそうな危懼を感じさせる。」
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
3 「「仏の城」に注目。次作を見たい。」
水上勉
男55歳
0  
司馬遼太郎
男50歳
3 「平凡でありすぎて感想をのべにくい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
藤本義一
「鬼の詩」
白石一郎
『火炎城』
河野典生
『ペインティング・ナイフの群像』
阿部牧郎
「失われた球譜」
素九鬼子
『パーマネントブルー』
半村良
「不可触領域」
  ページの先頭へ

候補者・作品
半村良男40歳×各選考委員 
「不可触領域」
長篇 285
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男57歳
13 「当選作にしてもいい、見事なSF小説だ、と考えて、選考会にのぞんだが、意外に、票が集まらなかった。」「候補作品中、面白さに於て、随一であった。この作家は、こん後、異常に巧くなる人のような気がする。」
源氏鶏太
男62歳
10 「一時は授賞の対象になったのだが、結局、見送られたのは、前の部分の凄さに比較して、SFの世界に入ってからはどうもついていけないとの説が出たからである。しかし、大変な才能の持主であることは間違いなかろう。」
今日出海
男70歳
10 「書き出しは、選者の意識が消え、一読者として面白く読んだ。」「描写力もあり、筆力もある作者が、科学を道具に使い、結局、科学自体を扱いかねた形なのはこれ亦惜しい。」
石坂洋次郎
男74歳
6 「よく勉強しており、達筆でもあるが、テレパシーで人間の心を統一するという着想は、超能力少年の話のようにもう一つ真実性に欠けているような気がした。」
村上元三
男64歳
11 「SFファンの一人としても、わたしには不満であった。フィクションがあって、サイエンスがない、といつも言ってることを、また書かせてもらう。参考作品の「新宿の男」は、(引用者中略)芝居の一幕物に似て、よくまとまっていた。」
川口松太郎
男74歳
13 「(引用者注:「失われた球譜」「鬼の詩」「不可触領域」は)どれも一流作品と称してさしつかえないほどの筆力を持ち、どれも面白く読める。」「十分筆力を持っているのだから力を落す事なく、次回の作品に努力して欲しい。」
松本清張
男64歳
14 「半村良氏の進捗に接することができた。「黄金伝説」にみるようなドタバタがとれ、文章も練れたものになった。」「かんじんのテレパシイの細部道具立てが粗雑なので、フィクションとしてのリアリティ(E・A・ポーや上田秋成などの小説構成を言う)に欠く。」
水上勉
男55歳
10 「私は参考作品の「新宿の男」の方に作家の力量をみている。といっても、授賞作とするには弱かった。「不可触領域」については、現世の神秘も感じられず、私は何も云えなかった。しかし、この人の領域には注目している。」
司馬遼太郎
男50歳
3 「おもしろかったし、作者の才能の豊かさを感じさせた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
藤本義一
「鬼の詩」
白石一郎
『火炎城』
河野典生
『ペインティング・ナイフの群像』
阿部牧郎
「失われた球譜」
素九鬼子
『パーマネントブルー』
榊原直人
「仏の城」
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会リンク集マップ