直木賞のすべて
第25回
吉川英治文学新人賞
吉川英治文学新人賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

ページの最後へ
Last Update[H20]2008/1/5

25   一覧へ 24前の回へ 後の回へ26
平成15年/2003年度
(平成16年/2004年3月4日決定発表)
選考委員  浅田次郎
男52歳
阿刀田高
男69歳
伊集院静
男54歳
北方謙三
男56歳
高橋克彦
男56歳
林真理子
女49歳
選評総行数  32 34 31 30 30 31
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
伊坂幸太郎 『アヒルと鴨のコインロッカー』
男32歳
6 11 20 6 8 10
垣根涼介 『ワイルド・ソウル』
男37歳
4 10 12 4 8 14
荒山徹 『十兵衛両断』
男(43歳)
4 6 0 3 0 3
川端裕人 『せちやん』
男(40歳)
3 4 0 5 0 3
瀬尾まいこ 『図書館の神様』
女(30歳)
3 2 0 5 0 3
日明恩 『鎮火報』
女(37歳)
9 3 0 1 15 2
本多孝好 『FINE DAYS』
男32歳
6 3 0 4 0 3
           
年齢の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『群像』平成16年/2004年5月号
1行当たりの文字数:20字


選考委員
浅田次郎男52歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
七者七様 総行数32 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
伊坂幸太郎
男32歳
6 「受賞には異議なし。私が推し切れなかった理由は、単調な物語展開とあまりにも世界を限定した閉塞感である。」
垣根涼介
男37歳
4 「敢闘賞にふさわしい力作であり、ほめるより先に敬意を抱いた。しかしシナリオ的な作風はいただけない。」
荒山徹
男(43歳)
4 「個人的には好きな小説で、私は買ってでも読む。推さぬ理由は一にかかって普遍性の欠如。」
川端裕人
男(40歳)
3 「理科系ロマンという感じで、私とはベクトルが一致しなかった。」
瀬尾まいこ
女(30歳)
3 「情熱を感じない。書くことの面白さを知ってほしいと思った。」
日明恩
女(37歳)
9 「さぞかし反対意見は多かろうと覚悟しつつ、まず(引用者中略)推した。一見して放埓なようでありながら、この小説は読者を感動させる力を持っている。」
本多孝好
男32歳
6 「(引用者注:日明恩の)次に推した」「才能を感じさせる短篇集である。ただし未だ磨かれざる玉であることに作者は気付いていない。満なれば損、謙なれば得という聡明さを持ってほしい。」
  「高水準とはいいがたいが、いずれの作品も個性に富んでおり、読書の嬉しみを味わうことができた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
高橋克彦
林真理子
  ページの先頭へ

選考委員
阿刀田高男69歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
〈ワイルド・ソウル〉を推す 総行数34 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
伊坂幸太郎
男32歳
11 「のびのびとした筆致に好感を持った。」「巧みさとはべつにブータンの人と風俗の扱いはこれでよいのだろうか。」「ミステリーとしても弱い。才能のある作家だから、むしろ今後を見守りたいと思った。」
垣根涼介
男37歳
10 「前半の記述に溢れるすさまじさは高く評価されてよいものだろう。登場人物もそれぞれおもしろい。後半、ストーリーの展開が少しバタバタするけれど、人を殺さない復讐にこの作家のヒューマニズムを感じて、これもよしとした。」
荒山徹
男(43歳)
6 「ありえない超現実を、ほとんど稗史伝説と言ってよい史料によりリアリティのあるものとする、という方法は、この作家の技であり、日朝関係史の入念さとともに一定の評価をえてよい作品だと思った。」
川端裕人
男(40歳)
4 「私には情報が充分に小説化されていない憾みが感じられてならなかった。」
瀬尾まいこ
女(30歳)
2 「快い。これからが楽しみだ。」
日明恩
女(37歳)
3 「私には情報が充分に小説化されていない憾みが感じられてならなかった。」
本多孝好
男32歳
3 「才気は充分に感じたが、ストーリーの展開はむしろ月並ではないのか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
伊集院静
北方謙三
高橋克彦
林真理子
  ページの先頭へ

選考委員
伊集院静男54歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
浅そうで深い 総行数31 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
伊坂幸太郎
男32歳
20 「推した。」「氏の作品の底流にあるものを私は現代社会の“孤独と連帯”と感じている。」「連帯は、許容、享受のつながりだが、描いていくと甘いものになりがちだ。それを独自の心理描写で世界に誘い込み、爽やかな読後感を与える。これは鍛えられた人間観察だけでは導けない力だ。小説を書くべき人なのだろう。浅そうで深い、小説の運び。」
垣根涼介
男37歳
12 「前半部の描写が抜きん出ていた。」「テーマも新人の目と憤怒があり、受賞は当然だった。私は最終章の捉え方に前半部にあった人間の愚行への憤怒が洗い流され過ぎている感想を抱いた。」「ただ厳しかったであろう取材の後に作品を誕生させた氏の力量は称えられるべきだろう。」
荒山徹
男(43歳)
0  
川端裕人
男(40歳)
0  
瀬尾まいこ
女(30歳)
0  
日明恩
女(37歳)
0  
本多孝好
男32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
北方謙三
高橋克彦
林真理子
  ページの先頭へ

選考委員
北方謙三男56歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
二作受賞に賛成 総行数30 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
伊坂幸太郎
男32歳
6 「ミステリーというより、青春小説として読んだ。巧みな構成で、暗さに落ちる一歩手前で踏み留まっているのにも感心した。」「(引用者注:二作受賞は)優劣をつけ難かったというのが、本音である。」
垣根涼介
男37歳
4 「前半のブラジルの描写が傑出していて、それで充分だった。」「(引用者注:二作受賞は)優劣をつけ難かったというのが、本音である。」
荒山徹
男(43歳)
3 「説明という夾雑物が多すぎて感興を削いだ。」
川端裕人
男(40歳)
5 「面白い視点だったが、主人公の経済的な成功と落魄のあたりに無理があった。この作家には、もっとさりげない、だからこそ深い、人を見つめる視線があったと思う。」
瀬尾まいこ
女(30歳)
5 「主人公の喪失感とトラウマ、相手の高校生のありようが、しっくり馴染んでこなかった。」
日明恩
女(37歳)
1 「ベタ塗りで刈りこみが不足」
本多孝好
男32歳
4 「うまさに溺れるという、危険な領域に入っている、という気がした。才筆である。わざわざうまさを狙う必要はない。」
  「候補作の質に、似たような傾向がいくつか揃った。それを癒し系の小説と呼んでいいのかどうかわからないが、いまのところほかに呼びようがないという気もする。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
高橋克彦
林真理子
  ページの先頭へ

選考委員
高橋克彦男56歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
高いレベル 総行数30 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
伊坂幸太郎
男32歳
8 「まれに見る激戦を勝ち抜いたということで受賞したお二人は大いに自信を持つべきだ」
垣根涼介
男37歳
8 「まれに見る激戦を勝ち抜いたということで受賞したお二人は大いに自信を持つべきだ」
荒山徹
男(43歳)
0  
川端裕人
男(40歳)
0  
瀬尾まいこ
女(30歳)
0  
日明恩
女(37歳)
15 「力作の林立した不運としか言い様がない。強く推した一人として私も残念に思っている。けれど日明さんの筋立ての上手さは輝いていた。」「キャラクターを実在のタレントの個性から引っ張ってきているという印象がなければ文句なしだったと思う。」
本多孝好
男32歳
0  
  「今回は本当の意味での激戦だったと思う。なにしろ候補作七篇のうちの五作品に選考委員の一人以上が受賞に相応しいとの高い評価を与えたのである。」「激論の果てに今回受賞となった二作品の他に「鎮火報」を加えた三本が最終議論の対象となった」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
林真理子
  ページの先頭へ

選考委員
林真理子女49歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
二つの新しい才能 総行数31 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
伊坂幸太郎
男32歳
10 「新しい作家の活躍ぶりをまのあたりにした。「町内」という舞台を得て、淡々と続く前衛劇といった印象だ。この不思議な空間に、作者は「過去」と「現代」の交差という手法をとった。なみなみならぬ才能といえるだろう。」
垣根涼介
男37歳
14 「迫力に圧倒された。」「こういう種類の小説の女性像にかねがね不満を持っていたのであるが、主人公のひとり、テレビディレクターの魅力的なことといったらどうだろう。キャリアを積む女性の野心にやるせなさ、強欲さといったものもきちんと表現されているのである。」
荒山徹
男(43歳)
3 「ただただ荒っぽさが目立った。資料の使い方に根本的な欠陥がある。」
川端裕人
男(40歳)
3 「まだ小説として昇華されきっていない」
瀬尾まいこ
女(30歳)
3 「好感は持ったものの、物足りなさが残る。」
日明恩
女(37歳)
2 「まだ小説として昇華されきっていない」
本多孝好
男32歳
3 「好感は持ったものの、物足りなさが残る。」
  「今回は「ニュー私小説」ともいうべき作品が目についた。「傷つきやすくちょっと風変わりなワタシ」を、センチメンタルな筆致で書き込む小説だ。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
高橋克彦
  ページの先頭へ


受賞者・作品
伊坂幸太郎男32歳×各選考委員 
『アヒルと鴨のコインロッカー』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男52歳
6 「受賞には異議なし。私が推し切れなかった理由は、単調な物語展開とあまりにも世界を限定した閉塞感である。」
阿刀田高
男69歳
11 「のびのびとした筆致に好感を持った。」「巧みさとはべつにブータンの人と風俗の扱いはこれでよいのだろうか。」「ミステリーとしても弱い。才能のある作家だから、むしろ今後を見守りたいと思った。」
伊集院静
男54歳
20 「推した。」「氏の作品の底流にあるものを私は現代社会の“孤独と連帯”と感じている。」「連帯は、許容、享受のつながりだが、描いていくと甘いものになりがちだ。それを独自の心理描写で世界に誘い込み、爽やかな読後感を与える。これは鍛えられた人間観察だけでは導けない力だ。小説を書くべき人なのだろう。浅そうで深い、小説の運び。」
北方謙三
男56歳
6 「ミステリーというより、青春小説として読んだ。巧みな構成で、暗さに落ちる一歩手前で踏み留まっているのにも感心した。」「(引用者注:二作受賞は)優劣をつけ難かったというのが、本音である。」
高橋克彦
男56歳
8 「まれに見る激戦を勝ち抜いたということで受賞したお二人は大いに自信を持つべきだ」
林真理子
女49歳
10 「新しい作家の活躍ぶりをまのあたりにした。「町内」という舞台を得て、淡々と続く前衛劇といった印象だ。この不思議な空間に、作者は「過去」と「現代」の交差という手法をとった。なみなみならぬ才能といえるだろう。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
垣根涼介
『ワイルド・ソウル』
荒山徹
『十兵衛両断』
川端裕人
『せちやん』
瀬尾まいこ
『図書館の神様』
日明恩
『鎮火報』
本多孝好
『FINE DAYS』
  ページの先頭へ

受賞者・作品
垣根涼介男37歳×各選考委員 
『ワイルド・ソウル』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男52歳
4 「敢闘賞にふさわしい力作であり、ほめるより先に敬意を抱いた。しかしシナリオ的な作風はいただけない。」
阿刀田高
男69歳
10 「前半の記述に溢れるすさまじさは高く評価されてよいものだろう。登場人物もそれぞれおもしろい。後半、ストーリーの展開が少しバタバタするけれど、人を殺さない復讐にこの作家のヒューマニズムを感じて、これもよしとした。」
伊集院静
男54歳
12 「前半部の描写が抜きん出ていた。」「テーマも新人の目と憤怒があり、受賞は当然だった。私は最終章の捉え方に前半部にあった人間の愚行への憤怒が洗い流され過ぎている感想を抱いた。」「ただ厳しかったであろう取材の後に作品を誕生させた氏の力量は称えられるべきだろう。」
北方謙三
男56歳
4 「前半のブラジルの描写が傑出していて、それで充分だった。」「(引用者注:二作受賞は)優劣をつけ難かったというのが、本音である。」
高橋克彦
男56歳
8 「まれに見る激戦を勝ち抜いたということで受賞したお二人は大いに自信を持つべきだ」
林真理子
女49歳
14 「迫力に圧倒された。」「こういう種類の小説の女性像にかねがね不満を持っていたのであるが、主人公のひとり、テレビディレクターの魅力的なことといったらどうだろう。キャリアを積む女性の野心にやるせなさ、強欲さといったものもきちんと表現されているのである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊坂幸太郎
『アヒルと鴨のコインロッカー』
荒山徹
『十兵衛両断』
川端裕人
『せちやん』
瀬尾まいこ
『図書館の神様』
日明恩
『鎮火報』
本多孝好
『FINE DAYS』
  ページの先頭へ

候補者・作品
荒山徹男(43歳)×各選考委員 
『十兵衛両断』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男52歳
4 「個人的には好きな小説で、私は買ってでも読む。推さぬ理由は一にかかって普遍性の欠如。」
阿刀田高
男69歳
6 「ありえない超現実を、ほとんど稗史伝説と言ってよい史料によりリアリティのあるものとする、という方法は、この作家の技であり、日朝関係史の入念さとともに一定の評価をえてよい作品だと思った。」
伊集院静
男54歳
0  
北方謙三
男56歳
3 「説明という夾雑物が多すぎて感興を削いだ。」
高橋克彦
男56歳
0  
林真理子
女49歳
3 「ただただ荒っぽさが目立った。資料の使い方に根本的な欠陥がある。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊坂幸太郎
『アヒルと鴨のコインロッカー』
垣根涼介
『ワイルド・ソウル』
川端裕人
『せちやん』
瀬尾まいこ
『図書館の神様』
日明恩
『鎮火報』
本多孝好
『FINE DAYS』
  ページの先頭へ

候補者・作品
川端裕人男(40歳)×各選考委員 
『せちやん』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男52歳
3 「理科系ロマンという感じで、私とはベクトルが一致しなかった。」
阿刀田高
男69歳
4 「私には情報が充分に小説化されていない憾みが感じられてならなかった。」
伊集院静
男54歳
0  
北方謙三
男56歳
5 「面白い視点だったが、主人公の経済的な成功と落魄のあたりに無理があった。この作家には、もっとさりげない、だからこそ深い、人を見つめる視線があったと思う。」
高橋克彦
男56歳
0  
林真理子
女49歳
3 「まだ小説として昇華されきっていない」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊坂幸太郎
『アヒルと鴨のコインロッカー』
垣根涼介
『ワイルド・ソウル』
荒山徹
『十兵衛両断』
瀬尾まいこ
『図書館の神様』
日明恩
『鎮火報』
本多孝好
『FINE DAYS』
  ページの先頭へ

候補者・作品
瀬尾まいこ女(30歳)×各選考委員 
『図書館の神様』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男52歳
3 「情熱を感じない。書くことの面白さを知ってほしいと思った。」
阿刀田高
男69歳
2 「快い。これからが楽しみだ。」
伊集院静
男54歳
0  
北方謙三
男56歳
5 「主人公の喪失感とトラウマ、相手の高校生のありようが、しっくり馴染んでこなかった。」
高橋克彦
男56歳
0  
林真理子
女49歳
3 「好感は持ったものの、物足りなさが残る。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊坂幸太郎
『アヒルと鴨のコインロッカー』
垣根涼介
『ワイルド・ソウル』
荒山徹
『十兵衛両断』
川端裕人
『せちやん』
日明恩
『鎮火報』
本多孝好
『FINE DAYS』
  ページの先頭へ

候補者・作品
日明恩女(37歳)×各選考委員 
『鎮火報』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男52歳
9 「さぞかし反対意見は多かろうと覚悟しつつ、まず(引用者中略)推した。一見して放埓なようでありながら、この小説は読者を感動させる力を持っている。」
阿刀田高
男69歳
3 「私には情報が充分に小説化されていない憾みが感じられてならなかった。」
伊集院静
男54歳
0  
北方謙三
男56歳
1 「ベタ塗りで刈りこみが不足」
高橋克彦
男56歳
15 「力作の林立した不運としか言い様がない。強く推した一人として私も残念に思っている。けれど日明さんの筋立ての上手さは輝いていた。」「キャラクターを実在のタレントの個性から引っ張ってきているという印象がなければ文句なしだったと思う。」
林真理子
女49歳
2 「まだ小説として昇華されきっていない」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊坂幸太郎
『アヒルと鴨のコインロッカー』
垣根涼介
『ワイルド・ソウル』
荒山徹
『十兵衛両断』
川端裕人
『せちやん』
瀬尾まいこ
『図書館の神様』
本多孝好
『FINE DAYS』
  ページの先頭へ

候補者・作品
本多孝好男32歳×各選考委員 
『FINE DAYS』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男52歳
6 「(引用者注:日明恩の)次に推した」「才能を感じさせる短篇集である。ただし未だ磨かれざる玉であることに作者は気付いていない。満なれば損、謙なれば得という聡明さを持ってほしい。」
阿刀田高
男69歳
3 「才気は充分に感じたが、ストーリーの展開はむしろ月並ではないのか。」
伊集院静
男54歳
0  
北方謙三
男56歳
4 「うまさに溺れるという、危険な領域に入っている、という気がした。才筆である。わざわざうまさを狙う必要はない。」
高橋克彦
男56歳
0  
林真理子
女49歳
3 「好感は持ったものの、物足りなさが残る。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊坂幸太郎
『アヒルと鴨のコインロッカー』
垣根涼介
『ワイルド・ソウル』
荒山徹
『十兵衛両断』
川端裕人
『せちやん』
瀬尾まいこ
『図書館の神様』
日明恩
『鎮火報』
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会リンク集マップ