直木賞のすべて
第8回
吉川英治文学新人賞
吉川英治文学新人賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
マップ

ページの最後へ
Last Update[H20]2008/1/5

8   一覧へ 7前の回へ 後の回へ9
昭和61年/1986年度
(昭和62年/1987年3月5日決定発表)
選考委員  半村良
男53歳
尾崎秀樹
男58歳
野坂昭如
男56歳
井上ひさし
男52歳
佐野洋
男58歳
選評総行数  15 20 30 35 31
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
景山民夫 『虎口からの脱出』
男39歳
13 19 30 21 28
清水義範 『蕎麦ときしめん』
男39歳
0 0 0 0 0
         
年齢の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『群像』昭和62年/1987年5月号
1行当たりの文字数:20字


選考委員
半村良男53歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
選評 総行数15 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
景山民夫
男39歳
13 「景山氏はその地力を屈託なく発揮したが、冒頭の時代背景説明にはやはり多少低速運転を強いられたようだ。しかしこれは読者層の交代という問題もあって、やむをえなかったことと理解している。」「この新星は賑やかに輝く予感がしている。」
清水義範
男39歳
0  
  「結論は比較的簡単に出た。候補にあがった作品群が多彩な分野にまたがり、読む段階でも楽しかった」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
尾崎秀樹
野坂昭如
井上ひさし
佐野洋
  ページの先頭へ

選考委員
尾崎秀樹男58歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
「虎口からの脱出」のおもしろさ 総行数20 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
景山民夫
男39歳
19 「実名で描くのは、よほどの自信がないとやれないものだが、克明に調べ、その裏づけに立って書いているのであぶなげがない。」「昭和史をあつかったエンターテインメントとして抜群におもしろかった。」
清水義範
男39歳
0  
  「候補作の六篇は、素材も多様で表現もそれぞれに一応の水準をしめすものだった」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
半村良
野坂昭如
井上ひさし
佐野洋
  ページの先頭へ

選考委員
野坂昭如男56歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
選評 総行数30 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
景山民夫
男39歳
30 「欧米で、百花繚乱の賑わいをみせる、スパイ冒険活劇小説が、わが風土には花を咲かせにくい。といううらみをかねて抱いていたのだが、景山民夫の作品は、鮮やかに、この負い目をのりこえ、つまり満州事変当時の、中国大陸をえらび、陸軍軍人を主人公にすることで、たいへん迫力のある、痛快な作品を、創り出した。」「なにより文章の筋が良い、放送界では夙に令名を馳せているが、活字にさらに素質がある。」
清水義範
男39歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
半村良
尾崎秀樹
井上ひさし
佐野洋
  ページの先頭へ

選考委員
井上ひさし男52歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
感想 総行数35 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
景山民夫
男39歳
21 「若い才能たちの中でも抜きん出て景気がいい。馬力がある。なによりも文章に、情況を、景色を喚起させる力がある。」「この方はおそらく作家になるべき星の下に生まれられたにちがいない。」「いくつか苦言を呈しておくと、作者自前の「物語」が発進するのがずいぶんおそすぎる。」「小説というより映画脚本に近いといった印象をうける個所がむやみにある。」
清水義範
男39歳
0  
  「「三作同時受賞」というのが私の理想だった。」「今回は例年にもまして豊作だったということに他ならず、選者としての立場を忘れて候補作品に読み耽けるという至福の時をすごさせていただいた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
半村良
尾崎秀樹
野坂昭如
佐野洋
  ページの先頭へ

選考委員
佐野洋男58歳×各候補作  年齢の説明
見方・注意点
将来を予測させない魅力 総行数31 (1行=20字)
候補 評価 行数 評言
景山民夫
男39歳
28 「エッセイストが小説を書いた場合、エッセイの延長という形になることが多い。」「これまでの景山氏の世界(私が知る限りの)とは、全く異質な作品になっていた。」「大変な才能である。」「この作品自体には、少なからず不満があったが、前述の魅力は、吉川英治文学新人賞にはぴったりだと思った。」
清水義範
男39歳
0  
  「候補作数編に首をかしげ続け、」「今回の候補作に、ミステリーが一編もなかったのが残念だった。昨年は、かなり優秀な作品が書かれていたのだが……。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
半村良
尾崎秀樹
野坂昭如
井上ひさし
  ページの先頭へ


受賞者・作品
景山民夫男39歳×各選考委員 
『虎口からの脱出』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
半村良
男53歳
13 「景山氏はその地力を屈託なく発揮したが、冒頭の時代背景説明にはやはり多少低速運転を強いられたようだ。しかしこれは読者層の交代という問題もあって、やむをえなかったことと理解している。」「この新星は賑やかに輝く予感がしている。」
尾崎秀樹
男58歳
19 「実名で描くのは、よほどの自信がないとやれないものだが、克明に調べ、その裏づけに立って書いているのであぶなげがない。」「昭和史をあつかったエンターテインメントとして抜群におもしろかった。」
野坂昭如
男56歳
30 「欧米で、百花繚乱の賑わいをみせる、スパイ冒険活劇小説が、わが風土には花を咲かせにくい。といううらみをかねて抱いていたのだが、景山民夫の作品は、鮮やかに、この負い目をのりこえ、つまり満州事変当時の、中国大陸をえらび、陸軍軍人を主人公にすることで、たいへん迫力のある、痛快な作品を、創り出した。」「なにより文章の筋が良い、放送界では夙に令名を馳せているが、活字にさらに素質がある。」
井上ひさし
男52歳
21 「若い才能たちの中でも抜きん出て景気がいい。馬力がある。なによりも文章に、情況を、景色を喚起させる力がある。」「この方はおそらく作家になるべき星の下に生まれられたにちがいない。」「いくつか苦言を呈しておくと、作者自前の「物語」が発進するのがずいぶんおそすぎる。」「小説というより映画脚本に近いといった印象をうける個所がむやみにある。」
佐野洋
男58歳
28 「エッセイストが小説を書いた場合、エッセイの延長という形になることが多い。」「これまでの景山氏の世界(私が知る限りの)とは、全く異質な作品になっていた。」「大変な才能である。」「この作品自体には、少なからず不満があったが、前述の魅力は、吉川英治文学新人賞にはぴったりだと思った。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清水義範
『蕎麦ときしめん』
  ページの先頭へ

候補者・作品
清水義範男39歳×各選考委員 
『蕎麦ときしめん』
年齢の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
半村良
男53歳
0  
尾崎秀樹
男58歳
0  
野坂昭如
男56歳
0  
井上ひさし
男52歳
0  
佐野洋
男58歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
景山民夫
『虎口からの脱出』
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会マップ