文学賞の世界
岸田國士戯曲賞
第1回~第61回
昭和30年/1955年~(継続中)
12345.
678910.
1112131415.
1617181920.
2122232425.
2627282930.
3132333435.
3637383940.
4142434445.
4647484950.
5152535455.
5657585960.
61.

岸田國士戯曲賞一覧 トップページ
一覧〔小説全般〕
一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕
一覧〔ノンフィクション〕
一覧〔詩〕
一覧〔ライトノベル〕
一覧〔種々〕
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/3/10

主催 白水社
対象 戯曲作品。原則として1年間に雑誌発表または単行本にて活字化されたもの。ただし、生原稿や上演台本でも、選考委員等の推薦を受けて選考対象となり得る。
名称 昭和30年/1955年度に「新劇戯曲賞」として創設(『新劇』昭和29年/1954年11月号で規定要旨発表)。
第7回(昭和36年/1961年)、新潮社主催の「岸田演劇賞」を吸収するかたちで「「新劇」岸田戯曲賞」と改称。
第23回(昭和54年/1979年)、「岸田國士戯曲賞」と改称。

1 - 新劇戯曲賞
昭和30年/1955年度
└[ 対象期間 ]─昭和29年/1954年7月1日~昭和30年/1955年6月30日
=[ 決定 ] 昭和30年/1955年7月16日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和30年/1955年9月号選評掲載
  受賞作なし
 
佳作 矢代静一 「壁画」 『群像』昭和30年/1955年3月号  昭和30年/1955年6月・書肆ユリイカ刊『壁画』所収  【上演台本】昭和30年/1955年6月・東京:俳優座劇場〔劇団新人会〕
 
奨励賞
安芸礼太郎 「加州の人々」 『新劇』昭和29年/1954年11月号  【上演台本】昭和30年/1955年3月・東京:俳優座劇場〔俳優座演劇研究所〕
 
奨励賞
安芸礼太郎 「象牙の塔の下で」 投稿・未発表
 
奨励賞
古島一雄 「日本の幽霊」 投稿・未発表  『新劇』昭和30年/1955年12月号
 
奨励賞
長野精一 「激流」 投稿・未発表
 
奨励賞
村田修子 「埋火」 投稿・未発表  『悲劇喜劇』昭和31年/1956年4月号
 
奨励賞
八木柊一郎 「三人の盗賊」 『新劇』昭和30年/1955年6月号
 
投稿原稿(上記の安芸礼太郎「加州の人々」「象牙の塔の下で」、古島一雄「日本の幽霊」、長野精一「激流」、村田修子「埋火」、八木柊一郎「三人の盗賊」含む)
予選候補 糸屋正雄 「喪服」 投稿・未発表
 
神田昌彦 「黄色な現実」 投稿・未発表
 
林 幸彦 「涸れた泉」 投稿・未発表
 
山本啓作 「戦」 投稿・未発表
 
平沢是曠 「スト・五十日」 投稿・未発表
 
水野あい子 「無題名」 投稿・未発表
 
アンケートによる推薦作(上記の矢代静一「壁画」、八木柊一郎「三人の盗賊」含む)
予選候補 安部公房 「制服」 『群像』昭和29年/1954年12月号  昭和30年/1955年3月・白水社刊『戯曲代表選集3 1955』所収  【上演台本】昭和30年/1955年3月・東京:飛行館ホール〔劇団青俳〕
 
安部公房 「どれい狩り」 【上演台本】昭和30年/1955年6月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕  『新日本文学』昭和30年/1955年7月号
 
鈴木政男 『サークルものがたり』 【上演台本】昭和30年/1955年6月・東京:飛行館ホール〔新演劇研究所〕  『新劇』昭和30年/1955年9月号
 
飯沢 匡 「二号」 【上演台本】昭和29年/1954年11月~12月・東京:一ツ橋講堂〔文学座〕  『新劇』昭和30年/1955年1月号  昭和30年/1955年2月・新潮社/一時間文庫  昭和30年/1955年3月・白水社刊『戯曲代表選集3 1955』所収
 
矢代静一 「絵姿女房」ほか諸作 『新劇』昭和30年/1955年4月号  昭和30年/1955年6月・書肆ユリイカ刊『壁画』所収
 
椎名麟三 「自由の彼方で」 『新劇』昭和30年/1955年5月号  【上演台本】昭和30年/1955年4月・東京:俳優座劇場〔劇団同人会〕
 
田中千禾夫 「教育」 『新劇』昭和29年/1954年7月号  【上演台本】昭和29年/1954年12月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕  昭和30年/1955年3月・河出書房/河出新書『教育・笛』所収
 
真山美保 『市川馬五郎一座顛末記』 【上演台本】昭和29年/1954年11月~12月・東京:飛行館ホール〔新制作座〕
 
矢代静一 「雅歌」 『三田文学』昭和29年/1954年10月号  【上演台本】昭和29年/1954年10月~11月・東京:文学座アトリエ〔文学座〕  昭和30年/1955年6月・書肆ユリイカ刊『壁画』所収
 
椎名麟三 「第三の証言」 【上演台本】昭和29年/1954年12月・東京:俳優座劇場〔劇団青年座〕  昭和30年/1955年3月・白水社刊『戯曲代表選集3 1955』所収
 
田中千禾夫 「幸運の葉書」 『新潮』昭和30年/1955年3月号  【上演台本】昭和30年/1955年4月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕  昭和30年/1955年5月・未来社/未来一幕劇シリーズ『田中千禾夫一幕劇集』所収
 
三島由紀夫 「若人よ蘇れ」 『群像』昭和29年/1954年6月号  【上演台本】昭和29年/1954年11月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕  昭和29年/1954年11月・新潮社/一時間文庫
 
堀田清美 「島」 『テアトロ』昭和30年/1955年1月号
 
押川昌一 『雨宮ちよの処分』 【上演台本】昭和30年/1955年3月・国鉄労働会館〔戯曲座〕
 
早坂久子 『孤噲 【上演台本】昭和30年/1955年9月・千手院稽古場〔炎座〕
 
福田恆存 「崖のうへ」 『文學界』昭和30年/1955年1月号
 
新藤兼人 『女の声』 【上演台本】昭和30年/1955年6月・東京:一ツ橋講堂〔劇団民藝〕
 
阿木翁助 「青い林檎」 【上演台本】昭和30年/1955年5月・東京:飛行館ホール〔東芸〕  『現代劇』昭和30年/1955年7月号
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
佳作:記念品+副賞3万円
奨励賞:各4千円
選考委員
(所用欠席/電話連絡)
(外国旅行中欠席)
選考委員会昭和30年/1955年7月16日 [会場]虎ノ門「晩翠軒」

2 - 新劇戯曲賞
昭和31年/1956年度
└[ 対象期間 ]─昭和30年/1955年7月1日~昭和31年/1956年6月30日
=[ 決定 ] 昭和31年/1956年7月23日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和31年/1956年9月号選評掲載
受賞 大橋喜一 「楠三吉の青春」 『新劇』昭和31年/1956年7月号  【上演台本】昭和31年/1956年6月・東京:日本青年館〔劇団青俳〕
 
受賞 小幡欣治 「畸型児」 『悲劇喜劇』昭和31年/1956年1月号
 
候補 松岡力雄 「凍土帯」 『新劇』昭和31年/1956年3月号
 
西村 惇 『欲望の城館』 【上演台本】昭和31年/1956年6月・国鉄ホール〔劇団葦〕
 
岩場一夫 「大門」 昭和31年/1956年3月・日本国有鉄道厚生局刊『第七回国鉄文芸年度賞作品集』所収
 
中井安治 「灰色の金盃」 『国鉄文化別冊』昭和31年/1956年4月〔第三回文芸年度賞作品集〕
 
加藤 蕙 「白鳳の人々」 投稿・未発表
 
藤田 正 「田舎教師」 投稿・未発表
 
金子鉄麿 「墓石の街」 投稿・未発表
 
最終候補作9篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞各2万5千円
選考委員
(所用欠席/電話連絡)
第一回委員会昭和31年/1956年7月2日
第二回委員会7月23日 [会場]白水社

3 - 新劇戯曲賞
昭和32年/1957年度
└[ 対象期間 ]─昭和31年/1956年7月1日~昭和32年/1957年6月30日
=[ 決定 ] 昭和32年/1957年7月17日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和32年/1957年9月号選評掲載
  受賞作なし
 
佳作 生活を記録する会・
劇団三期会
(執筆責任:広渡常敏)
「明日を紡ぐ娘たち」 『新劇』昭和32年/1957年4月号  【上演台本】昭和32年/1957年4月~5月・東京:俳優座劇場〔劇団三期会〕
 
候補 山崎正和 「凍蝶」 『悲劇喜劇』昭和31年/1956年11月号
 
広田雅之 「カクテル・パーティー」 『新劇』昭和32年/1957年5月号
 
鈴木元一(作)
堀田清美(改修)
「御料車物語」 【上演台本】昭和32年/1957年2月・東京:一ツ橋講堂〔劇団民藝〕  『新劇』昭和32年/1957年4月号
 
仲 武司 「西陣のうた」 【上演台本】昭和31年/1956年12月・京都:先斗町歌舞練場〔劇団京芸〕  『テアトロ』昭和32年/1957年5月号、6月号
 
押川昌一 「ケルナー先生の胸像」 『悲劇喜劇』昭和32年/1957年7月号  【上演台本】昭和32年/1957年7月・東京:一ツ橋講堂〔文化座〕
 
下川隆輝 「快き闖入者」 投稿・未発表
 
最終候補作7篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
佳作:記念品+副賞3万円
選考委員
第一回委員会昭和32年/1957年6月29日
第二回委員会7月17日

4 - 新劇戯曲賞
昭和33年/1958年度
└[ 対象期間 ]─昭和32年/1957年7月1日~昭和33年/1958年6月30日
=[ 決定 ] 昭和33年/1958年7月26日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和33年/1958年9月号選評掲載
受賞 堀田清美 「島」 『新劇』昭和32年/1957年10月号  【上演台本】昭和32年/1957年9月・大阪:産経ホール、9月~10月・東京:砂防会館〔劇団民藝〕  昭和33年/1958年6月・白水社刊『戯曲代表選集 昭和33年版』所収
 
候補 福田善之 「長い墓標の列」 『新日本文学』昭和32年/1957年7月号、8月号  【上演台本】昭和32年/1957年12月・東京:大隈講堂〔早稲田大学演劇研究会〕
 
最終候補作2篇
アンケートによる推薦作
予選候補 安部公房 「幽霊はここにいる」 『新劇』昭和33年/1958年7月号  【上演台本】昭和33年/1958年6月~7月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕
 
北代 淳 『るつぼの中のガラス』 『テアトロ』昭和30年/1955年11月号  【上演台本】昭和33年/1958年4月・東京:千代田公会堂〔劇団舞芸座〕
 
藤本義一 『虫』 【上演台本】昭和32年/1957年10月・大阪:朝日会館〔関西芸術座〕
 
松木ひろし 『娑婆に脱帽』 【上演台本】昭和33年/1958年4月・ヴィデオ・ホール〔現代劇場〕
 
青江舜二郎 「法隆寺」 『悲劇喜劇』昭和33年/1958年4月号  【上演台本】昭和33年/1958年5月・東京:産経ホール〔劇団民藝〕
 
中村光夫 「人と狼」 『中央公論』昭和32年/1957年12月号  昭和33年/1958年2月・中央公論社刊  【上演台本】昭和33年/1958年3月・東京:砂防会館ホール〔文学座〕  昭和33年/1958年6月・白水社刊『戯曲代表選集 昭和33年版』所収
 
八木柊一郎 「堂々たる娼婦」 『新劇』昭和33年/1958年4月号  【上演台本】昭和33年/1958年3月・東京:砂防会館〔劇団青年座〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞5万円
選考委員
(欠席)
(欠席)
(欠席)
アンケート80通発送→20通回答
第一回委員会昭和33年/1958年7月19日
第二回委員会7月26日
授賞式8月15日夜 [会場]東横ホール

5 - 新劇戯曲賞
昭和34年/1959年度
└[ 対象期間 ]─昭和33年/1958年7月1日~昭和34年/1959年6月30日
=[ 決定 ] 昭和34年/1959年7月20日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和34年/1959年9月号選評掲載
  受賞作なし
 
佳作 福田善之 「長い墓標の列」 『新劇』昭和33年/1958年12月号  【上演台本】昭和33年/1958年11月・東京:東横ホール〔ぶどうの会〕
 
佳作 原 源一 「漁港」 『新劇』昭和34年/1959年2月号  【上演台本】昭和34年/1959年5月~7月・東京:新宿第一劇場〔劇団民藝〕
 
佳作 広田雅之 「友情舞踏会」 『新劇』昭和34年/1959年5月号
 
候補 村上兵衛 「冬に蒔かれた種子」 『悲劇喜劇』昭和33年/1958年8月号  【上演台本】昭和33年/1958年7月・東京:一ツ橋講堂〔炎座〕
 
宮本 研 「反応工程」 【上演台本】昭和33年/1958年10月・東京:千代田公会堂〔麦の会〕  『悲劇喜劇』昭和34年/1959年2月号
 
花田清輝 「泥棒論語」 『新劇』昭和33年/1958年11月号  【上演台本】昭和33年/1958年10月~11月・東京:俳優座劇場〔劇団舞芸座〕  昭和34年/1959年2月・未来社刊『泥棒論語・七』所収
 
最終候補作6篇
第一次予選通過
予選候補 寺島アキ子 「失われし青春」 『テアトロ』昭和34年/1959年4月号、5月号
 
黒川敏郎 「動物の時間」 投稿・未発表?
 
大橋喜一 「禿山の夜」 【上演台本】昭和33年/1958年11月・東京:一ツ橋講堂〔生活劇場〕  『新劇』昭和34年/1959年1月号
 
堀田善衛 「運命」 『文學界』昭和34年/1959年2月号  【上演台本】昭和34年/1959年3月・大阪毎日ホール、4月・東京:東横ホール〔劇団民藝〕
 
野間 宏 「黄金の夜明ける」 『季刊現代芸術』1号[昭和33年/1958年10月]  昭和34年/1959年2月・未来社刊  【上演台本】昭和34年/1959年2月・東京:俳優座劇場〔劇団青年座〕
 
遠藤周作 『親和力』 【上演台本】昭和34年/1959年2月・東京:銀座ガスホール〔劇団同人会〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
佳作:記念品+副賞2万円
選考委員
(所用欠席/書面推薦)
(旅行中欠席/書面推薦)
第一回委員会昭和34年/1959年7月4日
第二回委員会7月15日
第三回委員会7月20日

6 - 新劇戯曲賞
昭和35年/1960年度
└[ 対象期間 ]─昭和34年/1959年7月1日~昭和35年/1960年6月30日
=[ 決定 ] 昭和35年/1960年
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和35年/1960年9月号選評掲載
受賞 小林 勝 「檻」 『新日本文学』昭和35年/1960年6月号  【上演台本】昭和35年/1960年7月・栃木会館、東京:砂防会館ホール〔劇団民藝〕
 
受賞 早坂久子 「相聞」 『悲劇喜劇』昭和35年/1960年3月号
 
候補 寺山修司 「血は立ったまま眠っている」 『文學界』昭和35年/1960年7月号  【上演台本】昭和35年/1960年7月・東京:都市センターホール〔劇団四季〕
 
小堀鉄男 「渦」 『テアトロ』昭和35年/1960年4月号、5月号  【上演台本】昭和35年/1960年4月・大阪:朝日会館〔関西芸術座〕
 
石原慎太郎 「狼生きろ豚は死ね」 『中央公論』昭和35年/1960年5月号  【上演台本】昭和35年/1960年5月・東京:都市センターホール〔劇団四季〕
 
最終候補作5篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞各2万5千円
選考委員

7 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和36年/1961年度
└[ 対象期間 ]─昭和35年/1960年7月1日~昭和36年/1961年6月30日
=[ 決定 ] 昭和36年/1961年7月18日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和36年/1961年9月号選評掲載
  受賞作なし
 
候補 山崎正和 「呉王夫差」 【上演台本】昭和36年/1961年1月・京都会館〔くるみ座〕、大阪:朝日会館〔関西芸術座〕  『新劇』昭和36年/1961年4月号
 
広末 保 「悪七兵衛景清」 『新劇』昭和36年/1961年5月号  【上演台本】昭和36年/1961年4月・東京:俳優座劇場〔劇団舞芸座〕
 
西島 大 『昭和の子供』 【上演台本】昭和36年/1961年6月・東京:俳優座劇場〔劇団青年座〕  『新劇』昭和36年/1961年8月号
 
福田善之 「遠くまで行くんだ」 【上演台本】昭和36年/1961年5月・東京:俳優座劇場〔青年芸術劇場〕  『新日本文学』昭和36年/1961年7月号
 
東京芸術座
(湯山浩二、
渡辺護

岡崎柾男、
相沢喜久治)
「紺の制服」 【上演台本】昭和35年/1960年9月・東京:砂防会館ホール〔東京芸術座〕  『テアトロ』昭和36年/1961年2月号
 
東川宗彦 『牛』 【上演台本】昭和35年/1960年11月・大阪:朝日会館〔関西芸術座+くるみ座+道化座〕
 
最終候補作
第一次予選通過
予選候補 伊藤共治 「暗い夜のしるし」 『新劇』昭和35年/1960年8月号
 
劇団三期会 「長い夜の記憶」 『テアトロ』昭和36年/1961年7月号  【上演台本】昭和36年/1961年6月~7月・東京:俳優座劇場〔劇団三期会〕
 
夏堀正元 「視線クラブ」 【上演台本】昭和36年/1961年2月・東京:イイノホール〔劇団七曜会〕  『テアトロ』昭和36年/1961年4月号
 
黒川欣映 「愚者の死」 『テアトロ』昭和35年/1960年7月号  【上演台本】昭和35年/1960年7月・東京:俳優座劇場〔現代座〕
 
古島一雄 「ゴォストタウンの日曜日」 『悲劇喜劇』昭和35年/1960年11月号
 
幾野 宏 「死んだ女の部屋」 『聲』10号[昭和36年/1961年1月]
 
武山 博 「神話発掘」 『断絶』23号[昭和36年/1961年4月]
 
大野哲哉 「脱出」 『悲劇喜劇』昭和36年/1961年4月号
 
谷川俊太郎 「お芝居はおしまい」 『三田文学』昭和35年/1960年11月号  【上演台本】昭和35年/1960年10月・東京:草月会館ホール〔劇団四季〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
アンケート
第一回委員会昭和36年/1961年7月7日
第二回委員会7月18日

8 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和37年/1962年度
└[ 対象期間 ]─昭和36年/1961年7月1日~昭和37年/1962年6月30日
=[ 決定 ] 昭和37年/1962年7月16日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和37年/1962年9月号選評掲載
受賞 宮本 研 「日本人民共和国」 『テアトロ』昭和36年/1961年11月号  【上演台本】昭和36年/1961年12月・東京:一ツ橋講堂〔職場演劇合同〕
 
「メカニズム作戦」 『新日本文学』昭和37年/1962年7月号  【上演台本】昭和37年/1962年7月・東京:俳優座劇場〔劇団青芸〕
 
受賞 八木柊一郎 「波止場乞食と
六人の息子たち」
【上演台本】昭和37年/1962年2月・東京:俳優座劇場〔劇団青年座〕  『新劇』昭和37年/1962年5月号
 
「コンベヤーは止まらない」 【上演台本】昭和37年/1962年4月・東京:砂防会館ホール、俳優座劇場〔劇団七曜会〕  『テアトロ』昭和37年/1962年8月号
 
候補 石崎一正 「草むす屍」 『新劇』昭和36年/1961年12月号
 
福田善之 「真田風雲録」 『新劇』昭和37年/1962年4月号  【上演台本】昭和37年/1962年4月・東京:都市センターホール〔劇団三期会+劇団新人会+劇団青年座+劇団仲間+俳優小劇場〕
 
東川宗彦 「はたらき蜂」 『テアトロ』昭和36年/1961年9・10月合併号  【上演台本】昭和37年/1962年4月・東京:砂防会館ホール、5月・大阪:朝日会館〔関西芸術座〕
 
最終候補作
第一次予選通過
予選候補 川俣晃自 「孔雀」 『新劇』昭和36年/1961年9月号
 
大沢駿一 「比古と遠呂智」 『新劇』昭和36年/1961年9月号
 
東京芸術座
(神谷量平、
黒沢参吉)
「地底から」 【上演台本】昭和36年/1961年11月・東京:砂防会館ホール〔東京芸術座〕  『テアトロ』昭和37年/1962年1月号
 
渡辺譲、
笹川和吉、
藪内六郎、
相沢嘉久治
「'60・日本の若者たち」 『テアトロ』昭和37年/1962年4月号
 
井上光晴 「スクラップ」 『新日本文学』昭和37年/1962年5月号  【上演台本】昭和37年/1962年5月・東京:俳優座劇場〔演劇座〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞3万円
選考委員
第一回委員会昭和37年/1962年6月27日
第二回委員会7月16日

9 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和38年/1963年度
└[ 対象期間 ]─昭和37年/1962年7月1日~昭和38年/1963年6月30日
=[ 決定 ] 昭和38年/1963年8月14日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和38年/1963年9月号選評掲載
受賞 山崎正和 「世阿彌」 投稿・未発表  【上演台本】昭和38年/1963年9月~11月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕  『文芸』昭和38年/1963年10月号
 
候補 神谷量平 「野中一族」 『テアトロ』昭和38年/1963年3月号
 
ふじた・あさや 「ニコライ堂裏」 【上演台本】昭和37年/1962年7月・東京:砂防会館ホール〔ぶどうの会〕  『テアトロ』昭和37年/1962年9月号
 
乾 一雄 「人間裁判」 【上演台本】昭和37年/1962年5月・岡山:いせん会館〔劇団岡山新劇場〕  『テアトロ』昭和37年/1962年10月号
 
細江 豊 「天も地も白い」 『新劇』昭和37年/1962年8月号
 
人見嘉久彦 「髪」 『新劇』昭和37年/1962年8月号
 
徳丸勝博 「老人と十姉妹」 『新劇』昭和37年/1962年10月号
 
山崎正和 「カルタの城」 『新劇』昭和37年/1962年11月号  【上演台本】昭和37年/1962年10月・京都会館〔京都新劇合同〕
 
清水邦夫 『逆光線ゲーム』 【上演台本】昭和38年/1963年5月・東京:俳優座劇場〔劇団青俳〕
 
今村昌平
長谷部慶次
「パラジ
―神々と豚々」
【上演台本】昭和37年/1962年11月~12月・東京:俳優座劇場、東京:都市センターホール〔俳優小劇場〕  『新日本文学』昭和38年/1963年2月号
 
最終候補作10作
第一次予選通過
予選候補 石原慎太郎 「名前を刻まぬ墓場」 『文學界』昭和37年/1962年11月号  【上演台本】昭和38年/1963年7月・東京:砂防会館〔劇団四季、劇団青年座〕
 
野口達二 「富樫」 昭和37年/1962年12月・未来社/未来一幕劇シリーズ『青年演劇一幕劇集 第三集』所収  【上演台本】昭和38年/1963年4月・東京:東横ホール〔板東鶴之助・花柳武治他〕
 
原 源一 「台風」 【上演台本】昭和38年/1963年2月~3月・東京:砂防会館〔劇団民藝〕  『新劇』昭和38年/1963年4月号
 
小林ひろし 「湿地帯」 【上演台本】昭和37年/1962年10月・大阪:産経ホール〔関西芸術座〕  『テアトロ』昭和38年/1963年1月号
 
岩淵達治 「夢現玄武門先馳」 【上演台本】昭和38年/1963年4月・東京:俳優座劇場〔劇団新人会〕  『テアトロ』昭和38年/1963年6月号
 
青木範夫 「青磁の船」 『ばおっく』5号[昭和38年/1963年6月]
 
『赤穂の人々』 昭和35年/1960年6月・ばおっく文学サークル刊  【上演台本】昭和37年/1962年11月・東京:産経国際ホール〔ばおっく〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞5万円
選考委員
(風邪欠席/電話連絡)
(旅行中欠席/電話連絡)
第一回委員会昭和38年/1963年7月29日
第二回委員会8月14日

10 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和39年/1964年度
└[ 対象期間 ]─昭和38年/1963年7月1日~昭和39年/1964年6月30日
=[ 決定 ] 昭和39年/1964年7月23日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和39年/1964年9月号選評掲載
受賞 人見嘉久彦 「友絵の鼓」 投稿・未発表  『新劇』昭和39年/1964年8月号
 
受賞 菅 竜一 「女の勤行」 『テアトロ』昭和39年/1964年4月号
 
受賞辞退 福田善之 「袴垂れはどこだ」 【上演台本】昭和39年/1964年5月・東京:俳優座劇場〔劇団青芸〕  『新劇』昭和39年/1964年7月号
 
戯曲推奨 大沢駿一 「栄日子と大国主」 『新劇』昭和39年/1964年6月号
 
候補 福田善之 「オッペケペ」 【上演台本】昭和38年/1963年11月・東京:俳優座劇場〔劇団新人会〕  『新劇』昭和39年/1964年1月号
 
檀 真夫 「鶍の嘴」 『新劇』昭和39年/1964年6月号
 
相沢嘉久治 「北方の記録」 『テアトロ』昭和38年/1963年11月号「第一部」  「第一部―弾道下の村」【上演台本】昭和38年/1963年11月・川崎市立労働会館ホール〔京浜協同劇団〕
 
田中 茂 『海の季節』 【上演台本】昭和39年/1964年7月・東京:俳優座劇場〔劇団仲間〕
 
高見沢文江 「若ものたちは幻をみる」 『新劇』昭和38年/1963年12月号
 
押川昌一 『幾春別』 【上演台本】昭和38年/1963年9月・東京:新宿厚生年金会館小ホール〔劇団世代〕
 
吉川 良 「暗闇坂」 投稿・未発表?
 
最終候補作10作家・11作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞5万円(2万5千円ずつ)
選考委員
(不参加)
第一回委員会昭和39年/1964年7月15日
第二回委員会7月23日 [会場]白水社

11 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和40年/1965年度
└[ 対象期間 ]─昭和39年/1964年7月1日~昭和40年/1965年6月30日
=[ 決定 ] 昭和40年/1965年7月20日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和40年/1965年9月号選評掲載
  受賞作なし
 
候補 川俣晃自 「ル・コスタリカ」 『新劇』昭和40年/1965年1月号
 
吉川 良 「殺される星」 『新劇』昭和40年/1965年3月号
 
徳丸勝博 「ピエロの墓」 【上演台本】昭和40年/1965年4月~5月・東京:俳優座劇場〔劇団青年座〕  『新劇』昭和40年/1965年7月号
 
別役 実 「象」 『劇場評論』昭和38年/1963年2号  【上演台本】昭和38年/1963年4月・東京:俳優座劇場〔自由劇場〕  『新劇』昭和40年/1965年8月号  【上演台本】昭和40年/1965年7月・東京:俳優座劇場〔劇団青芸〕
 
長谷川伸二 「零余子」 『テアトロ』昭和39年/1964年11月号
 
最終候補作5作品
第一次予選通過11作品
予選候補 黒沢参吉 「俺たちの夜」 【上演台本】昭和39年/1964年6月・川崎市立労働会館ホール〔京浜協同劇団〕  『テアトロ』昭和39年/1964年8月号
 
こばやしひろし 「郡上の立百姓」 【上演台本】昭和39年/1964年11月・岐阜市公会堂〔劇団はぐるま〕、昭和40年/1965年5月・北京:首都劇場〔訪中新劇団〕  『テアトロ』昭和40年/1965年3月号
 
近石綏子 「生けるひびき」 『テアトロ』昭和40年/1965年8月号
 
井上光晴 「八月の狩」 『新日本文学』昭和40年/1965年7月号  昭和40年/1965年6月・勁草書房刊『井上光晴作品集 第3巻』所収  【上演台本】昭和40年/1965年6月・東京:俳優座劇場〔劇団青芸〕
 
堂本正樹 「菊と刀」 投稿・未発表
 
阿坂卯一郎 「出獄記」 投稿・未発表
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
第一次委員会昭和40年/1965年7月8日
第二次・最終委員会7月20日

12 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和41年/1966年度
└[ 対象期間 ]─昭和40年/1965年7月1日~昭和41年/1966年6月30日
=[ 決定 ] 昭和41年/1966年7月15日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和41年/1966年9月号選評掲載
受賞 川俣晃自 「関東平野」 投稿・未発表  『新劇』昭和41年/1966年9月号
 
受賞 広田雅之 「砂と城」 投稿・未発表  『新劇』昭和41年/1966年10月号
 
候補 秋浜悟史 「冬眠まんざい」 『新劇』昭和40年/1965年10月号  【上演台本】昭和41年/1966年1月・東京:代々木小劇場〔演劇集団変身〕
 
別役 実 「門」 『新劇』昭和41年/1966年5月号  【上演台本】昭和41年/1966年5月・東京:アートシアター新宿〔早稲田小劇場〕
 
広野広、
小田健也
「豚の飼い方」 『テアトロ』昭和40年/1965年10月号  【上演台本】昭和40年/1965年10月・東京:俳優座劇場〔劇団三期会〕
 
最終候補作5作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞6万円(3万円ずつ)
選考委員
第一回委員会昭和41年/1966年6月27日
第二回委員会7月15日

13 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和43年/1968年度
└[ 対象期間 ]─昭和41年/1966年7月1日~昭和42年/1967年12月31日
=[ 決定 ] 昭和43年/1968年1月22日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和43年/1968年3月号選評掲載
受賞 別役 実 「マッチ売りの少女」 【上演台本】昭和41年/1966年11月・東京:早稲田小劇場〔早稲田小劇場〕  『新劇』昭和42年/1967年4月号
 
『赤い鳥の居る風景』 【上演台本】昭和42年/1967年9月~10月・東京:俳優座劇場〔演劇企画集団66〕  『新劇』昭和43年/1968年3月号
 
候補 秋浜悟史 「しらけおばけ」 『新劇』昭和42年/1967年5月号  【上演台本】昭和42年/1967年10月・東京:アートシアター新宿文化〔劇団三十人会〕
 
寺山修司 「アダムとイブ」 『新劇』昭和42年/1967年4月号
 
定村忠士 「まぐたらの女」 『新劇』昭和42年/1967年3月号
 
佐藤 信 「あたしのビートルズ」 【上演台本】昭和42年/1967年4月・東京:早稲田小劇場〔早稲田小劇場〕、昭和42年/1967年8月~9月・東京:アンダーグラウンドシアター自由劇場〔自由劇場〕  『テアトロ』昭和42年/1967年12月号
 
最終候補作6作品
第一次予選通過16作品
予選候補 佐藤 信 「イスメネ」「地下鉄」 『テアトロ』昭和41年/1966年12月号  【上演台本】昭和41年/1966年11月・東京:アンダーグラウンドシアター自由劇場〔自由劇場〕
 
清水邦夫 「あの日たち」 『テアトロ』昭和41年/1966年1月号  【上演台本】昭和41年/1966年6月・東京:俳優座劇場〔劇団青俳〕
 
長田 弘 「魂へキックオフ」 【上演台本】昭和42年/1967年6月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団六月劇場〕  『テアトロ』昭和42年/1967年12月号
 
小沢信男 「当世記者気質」 『新日本文学』昭和42年/1967年10月号
 
唐 十郎 「アリババ」 【上演台本】昭和41年/1966年6月・東京:新宿日立レディスクラブホール〔状況劇場〕  『三田文学』昭和42年/1967年5月号
 
「月笛お仙」 【上演台本】昭和42年/1967年8月~10月・東京:新宿花園神社領地内テント劇場〔状況劇場〕  『映画評論』昭和42年/1967年12月号
 
高橋睦郎 「美しかりしわれらがヘレン」 『南北』昭和41年/1966年3月号
 
浜田善弥 「原子爆弾」 昭和42年/1967年10月・思潮社刊『原子爆弾・ある母親の死』所収
 
「ある母親の死」
 
内田栄一 「ゴキブリの作りかた」 【上演台本】昭和41年/1966年7月+11月+昭和42年/1967年9月・東京:千日谷会堂〔発見の会シアター25〕  『映画評論』昭和42年/1967年11月号
 
今野勉
佐々木守
『千日島のハムレット』 【上演台本】昭和42年/1967年12月・東京:千日谷会堂〔発見の会+人形劇団ひとみ座〕
 
椎名輝雄 『柩の中の彼』 【上演台本】昭和42年/1967年4月~5月・東京:代々木小劇場〔演劇集団変身〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員
(滞米中欠席)
第一次委員会
第二次・最終委員会昭和43年/1968年1月22日 [会場]東京本郷「松好」

14 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和44年/1969年度
└[ 対象期間 ]─昭和43年/1968年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和44年/1969年
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和44年/1969年3月号選評掲載
受賞 秋浜悟史 「幼児たちの後の祭り」
に至るまでの諸作品の成果
【上演台本】昭和43年/1968年9月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団三十人会〕  『新劇』昭和43年/1968年11月号
 
候補 堂本正樹 「日本への白い道」 『新劇』昭和43年/1968年6月号
 
徳丸勝博 「傀儡師」 『新劇』昭和43年/1968年3月号
 
滝 嘉秋 「奇妙な三角形」 『新劇』昭和43年/1968年5月号、6月号
 
唐 十郎 「由比正雪」 【上演台本】昭和43年/1968年3月~6月・東京:新宿花園神社領地内テント劇場〔状況劇場〕  『映画評論』昭和43年/1968年5月号
 
ふじたあさや 「ヒロシマについての
涙について」
『テアトロ』昭和43年/1968年6月号  【上演台本】昭和43年/1968年5月・東京:紀伊國屋ホール、都市センターホール〔劇団三十人会〕
 
斎藤 憐 『赤目』 【上演台本】昭和42年/1967年12月~昭和43年/1968年1月・東京:アンダーグラウンドシアター自由劇場〔自由劇場〕
 
最終候補作7作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

15 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和45年/1970年度
└[ 対象期間 ]─昭和44年/1969年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和45年/1970年
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和45年/1970年3月号選評掲載
受賞 唐 十郎 「少女仮面」 『新劇』昭和44年/1969年11月号  【上演台本】昭和44年/1969年10月+11月・東京:早稲田小劇場〔早稲田小劇場〕
 
候補 大岡 信 「あだしの」 『新劇』昭和44年/1969年8月号  【上演台本】昭和44年/1969年7月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団雲〕
 
山元清多 「バーディー・バーディー」 『新劇』昭和44年/1969年11月号  【上演台本】昭和44年/1969年10月・東京:自由劇場〔劇団六月劇場〕
 
『海賊』 【上演台本】昭和44年/1969年6月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団六月劇場〕
 
菅 孝行 「ヴァカンス」 『情況』昭和44年/1969年5月号  【上演台本】昭和44年/1969年6月・東京:紀伊國屋ホール〔ヴァカンス上演準備委員会〕  昭和44年/1969年8月・三一書房刊『ヴァカンス/ブルースをうたえ』所収
 
清水邦夫 「狂人なおもて往生をとぐ」 『テアトロ』昭和44年/1969年3月号  【上演台本】昭和44年/1969年3月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕
 
佐藤 信 「おんなごろしあぶらの地獄」 【上演台本】昭和44年/1969年5月~6月・東京:アンダーグラウンドシアター自由劇場〔自由劇場〕  『テアトロ』昭和44年/1969年8月号
 
高橋 治 『告発
―水俣病事件
【上演台本】昭和44年/1969年8月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団泉座〕
 
最終候補作8作品
第一次予選通過
予選候補 唐 十郎 「続ジョン・シルバー」 【上演台本】昭和43年/1968年9月~11月・東京:新宿ピットイン〔状況劇場〕  昭和44年/1969年1月・天声出版刊『ジョン・シルバー』所収
 
清水邦夫 『真情あふるる軽薄さ』 『テアトロ』昭和43年/1968年8月号  【上演台本】昭和44年/1969年9月・アートシアター新宿文化〔現代人劇場〕
 
井上ひさし 「日本人のへそ」 【上演台本】昭和44年/1969年2月・東京:エコー屋根裏劇場〔テアトル・エコー〕  『悲劇喜劇』昭和44年/1969年7月号
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員
第一次委員会昭和44年/1969年12月28日

16 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和46年/1971年度
└[ 対象期間 ]─昭和45年/1970年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和46年/1971年
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和46年/1971年3月号選評掲載
受賞 佐藤 信 「鼠小僧次郎吉」 【上演台本】昭和44年/1969年10月~11月・東京:アンダーグラウンドシアター自由劇場〔自由劇場〕  『同時代新劇』1号、2号[昭和45年/1970年2月、6月]  昭和45年/1970年9月・晶文社刊『あたしのビートルズ』所収
 
候補 井上ひさし 「表裏源内蛙合戦」 『新劇』昭和45年/1970年6月号  【上演台本】昭和45年/1970年7月~8月・東京:テアトル・エコー〔テアトル・エコー〕
 
徳丸勝博 「束の間は薔薇色の煙」 【上演台本】昭和45年/1970年11月・農協ホール〔劇団現代〕  『新劇』昭和46年/1971年1月号
 
長田 弘 「箱舟時代」 【上演台本】昭和45年/1970年10月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団三十人会〕  『新劇』昭和45年/1970年12月号
 
岩間芳樹 「浮世人情落花新演劇」 『テアトロ』昭和45年/1970年8月号  【上演台本】昭和45年/1970年11月・東京:一ツ橋講堂〔民衆舞台〕
 
清水邦夫 「あなた自身のためのレッスン」 『海』昭和45年/1970年6月号  【上演台本】昭和45年/1970年5月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕
 
小島信夫 「どちらでも」 『文芸』昭和45年/1970年11月号  昭和45年/1970年11月・河出書房新社刊  【上演台本】昭和45年/1970年11月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕
 
最終候補作7作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

17 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和47年/1972年度
└[ 対象期間 ]─昭和46年/1971年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和47年/1972年
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和47年/1972年3月号選評掲載
受賞 井上ひさし 「道元の冒険」 『新劇』昭和46年/1971年6月号  昭和46年/1971年8月・新潮社刊『道元の冒険』所収  【上演台本】昭和46年/1971年9月・東京:テアトル・エコー〔テアトル・エコー〕
 
候補 菅 孝行 「はんらん狂騒曲」 『新劇』昭和46年/1971年8月号  【上演台本】昭和46年/1971年7月~8月・東京:俳優座劇場、日本青年館〔「はんらん狂騒曲」上演委員会〕
 
榎本滋民 「鬼の首」 『舞台劇』2号[昭和41年/1966年1月]  『東宝』昭和47年/1972年1月号
 
内田栄一 「吠え王オホーツク」 【上演台本】昭和46年/1971年4月~5月・東京:池袋アートシアター〔劇団日本〕  『映画評論』昭和46年/1971年6月号  昭和46年/1971年6月・三一書房刊『吠え王オホーツク』所収
 
清水邦夫 「鴉よ、おれたちは弾丸をこめる」 『テアトロ』昭和46年/1971年11月号  【上演台本】昭和46年/1971年10月・東京:アートシアター新宿文化〔現代人劇場〕
 
最終候補作5作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

18 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和49年/1974年度
└[ 対象期間 ]─昭和47年/1972年1月1日~昭和48年/1973年12月31日
=[ 決定 ] 昭和49年/1974年1月18日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和49年/1974年3月号選評掲載
受賞 清水邦夫 「ぼくらが非情の大河をくだる時」 『テアトロ』昭和47年/1972年11月号  【上演台本】昭和47年/1972年10月・東京:アートシアター新宿文化〔櫻社〕
 
受賞 つかこうへい 「熱海殺人事件」 『新劇』昭和48年/1973年12月号  【上演台本】昭和48年/1973年11月~12月・東京:文学座アトリエ〔文学座〕
 
候補 清水邦夫 『泣かないのか?
泣かないのか一九七三年のために?
―にぶき光の残酷ショー
【上演台本】昭和48年/1973年10月・東京:アートシアター新宿文化〔櫻社〕
 
つかこうへい 「初級革命講座・飛龍伝」 『新劇』昭和48年/1973年8月号
 
西島 大 『神々の死』 【上演台本】昭和48年/1973年6月~7月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団青年座〕
 
富岡多恵子 『結婚記念日』 昭和48年/1973年2月・新潮社/書下ろし新潮劇場  【上演台本】昭和48年/1973年3月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕
 
最終候補作4作家・6作品
最終選考対象7作家・9作品(上記4作家・6作品を含む)
候補 大庭みな子 『死海のりんご』 昭和48年/1973年5月・新潮社/書下ろし新潮劇場  【上演台本】昭和48年/1973年12月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団雲〕
 
山田民雄 「にっぽんKK幻想曲」 『テアトロ』昭和48年/1973年6月号  【上演台本】昭和48年/1973年5月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕
 
山元清多 「さよならマックス」 『新劇』昭和48年/1973年7月号
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円(10万円ずつ)
選考委員
上半期委員会昭和48年/1973年6月25日
下半期委員会12月28日
最終委員会昭和49年/1974年1月18日

19 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和50年/1975年度
└[ 対象期間 ]─昭和49年/1974年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和50年/1975年1月16日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和50年/1975年3月号選評掲載
  受賞作なし
 
佳作 石澤富子 「木蓮沼」 『三田文学』昭和49年/1974年11月号
 
候補 江連 卓 「化病男」 『新劇』昭和50年/1975年1月号
 
三枝和子 「喪服を着た九官鳥」 『テアトロ』昭和49年/1974年7月号
 
最終候補作3作品
最終選考対象4作品(上記3作品を含む)
候補 マリエ・シマーチコヴァ、
井村愛
(訳)
「プラハ68821」 『テアトロ』昭和49年/1974年11月号
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
佳作:記念品
選考委員
(欠席)
上半期委員会昭和49年/1974年7月15日
下半期委員会12月26日
最終委員会昭和50年/1975年1月16日

20 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和51年/1976年度
└[ 対象期間 ]─昭和50年/1975年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和51年/1976年1月16日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和51年/1976年3月号選評掲載
受賞 石澤富子 「琵琶伝」 投稿・未発表  『新劇』昭和51年/1976年3月号
 
候補 高桑徳三郎 「七つの岡のクリスマス」 『新劇』昭和50年/1975年11月号
 
最終候補作2作品
最終選考対象4作品(上記2作品を含む)
候補 稲垣真美 「花粉になった女」 【上演台本】昭和49年/1974年11月・東京:俳優座劇場〔劇団芸協〕  『悲劇喜劇』昭和50年/1975年5月号
 
山田民雄 「虫たちのゴールデンウィーク」 『テアトロ』昭和50年/1975年6月号  【上演台本】昭和50年/1975年5月~6月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
上半期委員会昭和50年/1975年8月28日
下半期委員会12月22日
最終委員会昭和51年/1976年1月16日

21 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和52年/1977年度
└[ 対象期間 ]─昭和51年/1976年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和52年/1977年1月9日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和52年/1977年3月号選評掲載
  受賞作なし
 
候補 太田省吾 「硝子のサーカス」 『新劇』昭和51年/1976年5月号  【上演台本】昭和51年/1976年5月・東京:転形劇場工房〔劇団転形劇場〕
 
上総英郎 「光の翳」 『悲劇喜劇』昭和51年/1976年3月号
 
木谷茂生 「日々好日」 『悲劇喜劇』昭和51年/1976年11月号
 
小松幹生 「雨のワンマンカー」 『テアトロ』昭和51年/1976年2月号  【上演台本】昭和51年/1976年9月・東京:東中野倉庫、赤坂国際芸術家センター〔劇団レクラム舎〕  【上演台本】昭和51年/1976年12月・東京:青年座劇場〔劇団青年座〕
 
深瀬サキ 「則天武后」 『文藝』昭和51年/1976年9月号
 
最終候補作5作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
上半期委員会昭和51年/1976年9月20日
下半期委員会12月19日
最終委員会昭和52年/1977年1月9日

22 - 「新劇」岸田戯曲賞
昭和53年/1978年度
└[ 対象期間 ]─昭和52年/1977年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和53年/1978年1月13日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和53年/1978年3月号選評掲載
受賞 太田省吾 「小町風伝」 【上演台本】昭和52年/1977年1月+4月・東京:矢来能楽堂、8月・札幌:道新ホール、釧路市民会館、10月・京都:川村能舞台〔劇団転形劇場〕  『新劇』昭和52年/1977年10月号
 
受賞 ちねんせいしん
【知念正真】
「人類館」 【上演台本】昭和51年/1976年7月~8月・沖縄:中頭教育会館〔演劇集団「創造」〕  『新沖縄文学』33号[昭和51年/1976年10月]  『テアトロ』昭和52年/1977年2月号
 
候補 上総英郎 「闇のなかの虹」 『悲劇喜劇』昭和52年/1977年11月号
 
最終候補作3作品
最終選考対象5作品(上記3作品を含む)
候補 東 陽一 「イカロスの空」 『テアトロ』昭和52年/1977年4月号  【上演台本】昭和52年/1977年3月・東京:三百人劇場〔ススキダ記念演映スタジオ〕
 
小松幹生 「八人の腕時計」 『テアトロ』昭和52年/1977年10月号
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和53年/1978年1月13日 [会場]山の上ホテル

23
昭和54年/1979年度
└[ 対象期間 ]─昭和53年/1978年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和54年/1979年
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和54年/1979年3月号選評掲載
受賞 岡部耕大 「肥前松浦兄妹心中」 『テアトロ』昭和53年/1978年6月号  【上演台本】昭和53年/1978年7月~8月・東京:青年座劇場〔劇団青年座〕
 
候補 西島 大 「謀殺」 『テアトロ』昭和53年/1978年11月号  【上演台本】昭和53年/1978年11月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団青年座〕
 
竹内純一郎
竹内銃一郎
「檸檬」 【上演台本】昭和53年/1978年2月・娯楽センター〔劇団斜光社〕  『新劇』昭和53年/1978年9月号
 
加藤 直 「カリガリ博士の異常な愛情」 『新劇』昭和53年/1978年6月号
 
最終候補作4作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員

24
昭和55年/1980年度
└[ 対象期間 ]─昭和54年/1979年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和55年/1980年1月14日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和55年/1980年3月号選評掲載
受賞 斎藤 憐 『上海バンスキング』 【上演台本】昭和54年/1979年1月~2月・東京:六本木自由劇場〔オンシアター自由劇場〕  『新劇』昭和55年/1980年3月号
 
候補 竹内純一郎
竹内銃一郎
「悲惨な戦争」 『新劇』昭和54年/1979年5月号
 
山元清多 「与太浜パラダイス」 『新劇』昭和54年/1979年12月号
 
謝名元慶福 「島口説」 『テアトロ』昭和54年/1979年10月号
 
最終候補作4作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和55年/1980年1月14日夜 [会場]山の上ホテル

25
昭和56年/1981年度
└[ 対象期間 ]─昭和55年/1980年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和56年/1981年1月19日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和56年/1981年3月号選評掲載
受賞 竹内銃一郎 「あの大鴉、さえも」 『新劇』昭和55年/1980年12月号
 
候補 北村 想 「寿歌」 昭和55年/1980年3月・プレイガイドジャーナル刊『不・思・議・想・時・記』所収
 
堀越 真 「耳飾り」 『新劇』昭和55年/1980年7月号
 
小松幹生 「どこへゆこうか南風」 【上演台本】昭和54年/1979年11月~昭和55年/1980年2月・東京:新宿サブナードACホール〔新宿サブナードACホール〕  『テアトロ』昭和55年/1980年6月号  昭和55年/1980年9月・レクラム社刊『心猿のごとく騒ぎ』所収
 
最終候補作4作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和56年/1981年1月19日夜 [会場]山の上ホテル

26
昭和57年/1982年度
└[ 対象期間 ]─昭和56年/1981年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和57年/1982年1月7日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和57年/1982年3月号選評掲載
受賞 山崎 哲 「漂流家族
―〈イエスの方舟〉事件
『新劇』昭和56年/1981年4月号
 
『うお傳説
―立教大助教授教え子殺人事件
【上演台本】昭和55年/1980年7月・東京:旧真空鑑劇場、昭和56年/1981年6月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔転位・21〕  『新劇』昭和57年/1982年3月号
 
候補 野田秀樹 「走れメルス」 【上演台本】昭和56年/1981年6月~7月・東京:新宿もりえーる〔劇団夢の遊眠社〕  昭和56年/1981年10月・白水社刊『ゼンダ城の虜―苔むす僕らが嬰児の夜』所収
 
「ゼンダ城の虜」 【上演台本】昭和56年/1981年10月・東京:駒場小劇場〔劇団夢の遊眠社〕  昭和56年/1981年10月・白水社刊『ゼンダ城の虜―苔むす僕らが嬰児の夜』所収
 
小松幹生 「スラブ・ディフェンス」 『テアトロ』昭和56年/1981年7月号  【上演台本】昭和56年/1981年9月・東京:文芸坐ル・ピリエ〔劇団演奏舞台〕
 
如月小春 「ロミオとフリージアのある食卓」 【上演台本】昭和56年/1981年10月~11月・東京:駒場小劇場〔劇団綺畸〕  『新劇』昭和57年/1982年1月号
 
最終候補作6作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和57年/1982年1月7日夜 [会場]山の上ホテル
授賞式2月22日 [会場]山の上ホテル

27
昭和58年/1983年度
└[ 対象期間 ]─昭和57年/1982年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和58年/1983年1月13日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和58年/1983年3月号選評掲載
受賞 野田秀樹 「野獣降臨(のけものきたりて) 昭和57年/1982年9月・新潮社刊『野獣降臨』所収  【上演台本】昭和57年/1982年10月・東京:駒場小劇場〔劇団夢の遊眠社〕
 
受賞 山元清多 「比置野(ピノッキオ)ジャンバラヤ」 『新日本文学』昭和57年/1982年11月号
 
受賞 渡辺えり子 「ゲゲゲのげ
―逢魔が時に揺れるブランコ
『新劇』昭和57年/1982年10月号  【上演台本】昭和57年/1982年9月~10月・東京:池袋シアターグリーン〔劇団3○○〕
 
候補 北村 想 「虎★ハリマオ」 昭和57年/1982年12月・白水社刊『虎★ハリマオ』所収
 
小松幹生 「朝きみは汽車にのる」 『テアトロ』昭和57年/1982年8月号  【上演台本】昭和57年/1982年7月・東京:下北沢ザ・スズナリホール〔演劇集団ACT〕
 
最終候補作5作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞各10万円
選考委員
選考会昭和58年/1983年1月13日夜 [会場]山の上ホテル
授賞式2月17日 [会場]山の上ホテル

28
昭和59年/1984年度
└[ 対象期間 ]─昭和58年/1983年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和59年/1984年1月9日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和59年/1984年3月号選評掲載
受賞 北村 想 『十一人の少年』 昭和58年/1983年8月・白水社刊  【上演台本】昭和58年/1983年7月・名古屋:大曽根鈴蘭座、8月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔劇団彗星'86〕
 
候補 尾辻克彦 『シルバー・ロード』 昭和58年/1983年8月・創樹社美術出版刊  【上演台本】昭和58年/1983年8月~9月・東京:紀伊國屋ホール〔Vegetable Actors Theater(VAT)〕
 
加藤 直 「アメリカ」 『新劇』昭和58年/1983年8月号  昭和58年/1983年11月・而立書房刊
 
小松幹生 「タランチュラ」 昭和58年/1983年10月・深夜叢書社刊『タランチュラ』所収
 
最終候補作4作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和59年/1984年1月9日夜 [会場]山の上ホテル
授賞式2月17日 [会場]山の上ホテル

29
昭和60年/1985年度
└[ 対象期間 ]─昭和59年/1984年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和60年/1985年1月18日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和60年/1985年3月号選評掲載
受賞 岸田理生 『糸地獄』 【上演台本】昭和59年/1984年5月・東京:六本木アトリエ・フォンテーヌ、中野スタジオ・あとくれ〔岸田事務所+楽天団〕  昭和59年/1984年9月・出帆新社刊
 
候補 川村 毅 「ニッポン・ウォーズ」 【上演台本】昭和59年/1984年3月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔第三エロチカ〕  昭和59年/1984年10月・未来社刊『ジェノサイド/ニッポン・ウォーズ』所収
 
如月小春 「リア王の青い城」 【上演台本】昭和58年/1983年4月・東京:俳優座劇場〔シェイクスピア・シアター〕  昭和59年/1984年6月・而立書房刊『如月小春のしばい』所収
 
小松幹生 「ビィ・サイレンツ」 【上演台本】昭和59年/1984年7月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔劇団レクラム舎〕  『テアトロ』昭和59年/1984年9月号
 
森泉博行 「きらめきの時は流れ 
あやめの闇に惑う風たちは散った」
『悲劇喜劇』昭和59年/1984年7月号  【上演台本】昭和59年/1984年6月・東京:劇団アトリエ、11月・東京:カフェテアトロ新宿モリエール〔劇団若草〕
 
最終候補作5作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和60年/1985年1月18日夜 [会場]山の上ホテル
授賞式2月15日 [会場]山の上ホテル

30
昭和61年/1986年度
└[ 対象期間 ]─昭和60年/1985年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和61年/1986年1月18日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和61年/1986年3月号選評掲載
受賞 川村 毅 「新宿八犬伝 
第一巻―犬の誕生」
【上演台本】昭和60年/1985年6月・東京:アシベホール〔第三エロチカ〕  昭和60年/1985年11月・未来社刊『新宿八犬伝』所収
 
候補 生田 萬 「最後から2番目の
ナンシー・トマト」
【上演台本】昭和59年/1984年12月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔ブリキの自発団〕  『新劇』昭和60年/1985年2月号
 
市堂 令 「シンデレラ」 【上演台本】昭和57年/1982年11月~12月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔劇団青い鳥〕  【上演台本】昭和60年/1985年6月・東京:パルコスペースパート3、7月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、札幌:駅裏8号倉庫ほか〔劇団青い鳥〕  『新劇』昭和60年/1985年8月号
 
加藤 直 『美女と野獣』 【上演台本】昭和60年/1985年9月~10月・東京:武蔵野芸能劇場〔劇団結城座〕
 
川村 毅 「新宿八犬伝 
第二巻―ベルリンの秋」
【上演台本】昭和60年/1985年11月・東京:アシベホール〔第三エロチカ〕  昭和60年/1985年11月・未来社刊『新宿八犬伝』所収
 
最終候補作5作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和61年/1986年1月18日夜 [会場]山の上ホテル
授賞式2月15日 [会場]山の上ホテル

31
昭和62年/1987年度
└[ 対象期間 ]─昭和61年/1986年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和62年/1987年1月17日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和62年/1987年3月号選評掲載
  受賞作なし
 
候補 生田 萬 「かくも長き快楽」 『新劇』昭和61年/1986年11月号  【上演台本】昭和61年/1986年10月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、10月~11月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔ブリキの自発団〕
 
市堂 令 「いつかみた夏の思い出」 【上演台本】昭和61年/1986年4月~5月・東京:THEATER/TOPS〔劇団青い鳥〕  『新劇』昭和61年/1986年9月号
 
鴻上尚史 『ハッシャ・バイ』 【上演台本】昭和61年/1986年12月・東京:池袋サンシャイン劇場〔第三舞台〕
 
和田 周 『上演台本』 【上演台本】昭和61年/1986年11月・東京:文芸坐ル・ピリエ〔演劇組織 夜の樹〕
 
最終候補作4作品
最終選考対象8作品(上記4作品を含む)
候補 市堂 令 「青い実をたべた」 昭和61年/1986年10月・白水社刊『なかよし読本―劇団青い鳥の世界』所収  【上演台本】昭和61年/1986年10月~11月・東京:青山円形劇場、12月・大阪:近鉄小劇場〔劇団青い鳥〕
 
生田 萬 「小さな王國」 【上演台本】昭和60年/1985年12月・東京:T2スタジオ〔ブリキの自発団〕  『新劇』昭和61年/1986年2月号  昭和61年/1986年12月・而立書房刊『夜の子供』所収
 
岡安伸治 「かちかち山のプルートーン」 『テアトロ』昭和61年/1986年9月号  【上演台本】昭和61年/1986年11月~12月・東京:THEATER/TOPS〔世仁下乃一座〕
 
鄭 義信 「愛しのメディア」 【上演台本】昭和61年/1986年3月・68/71作業場〔68/71黒色テント〕  『新劇』昭和61年/1986年5月号
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和62年/1987年1月17日18:00~ [会場]山の上ホテル

32
昭和63年/1988年度
└[ 対象期間 ]─昭和62年/1987年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 昭和63年/1988年1月19日
=[ 媒体 ] 『新劇』昭和63年/1988年3月号選評掲載
受賞 大橋泰彦 「ゴジラ」 【上演台本】昭和62年/1987年5月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔劇団離風霊船〕  『新劇』昭和62年/1987年10月号
 
候補 生田 萬 「眠りの王たち」 【上演台本】昭和62年/1987年11月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔ブリキの自発団〕  『新劇』昭和63年/1988年1月号
 
市堂 令 『ゆでたまご』 【上演台本】昭和62年/1987年11月・東京:東宝スタジオ第一ステージ〔劇団青い鳥〕
 
宇野イサム 「虹のバクテリア」 【上演台本】昭和62年/1987年5月・東京:ベニサン・ピット〔GEKISHA NINAGAWA STUDIO〕  『新劇』昭和62年/1987年7月号
 
岡安伸治 「洞道のヒカリ虫」 『テアトロ』昭和62年/1987年12月号  【上演台本】昭和62年/1987年11月~12月・東京:文芸坐ル・ピリエ〔世仁下乃一座〕
 
如月小春 「砂漠のように、やさしく」 【上演台本】昭和62年/1987年5月・東京:転形劇場T2スタジオ、6月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔NOISE〕  『新劇』昭和62年/1987年7月号
 
鴻上尚史 『朝日のような夕日をつれて'87』 【上演台本】昭和62年/1987年7月~8月・東京:紀伊國屋ホール〔第三舞台〕
 
小松幹生 「時間よ朝に還れ」 『テアトロ』昭和62年/1987年3月号  昭和62年/1987年12月・深夜叢書社刊『ブラック・ドッグ』所収
 
高橋いさを 『アメリカの夜』 【上演台本】昭和62年/1987年11月・東京:THEATER/TOPS〔劇団ショーマ〕
 
内藤裕敬 「唇に聴いてみる」 【上演台本】昭和59年/1984年11月・大阪:オレンジルーム、昭和61年/1986年9月・東京:タイニイアリス〔南河内万歳一座〕  【上演台本】昭和61年/1986年11月・大阪:オレンジルーム、名古屋:七ツ寺共同スタジオ〔南河内万歳一座〕  『新劇』昭和62年/1987年2月号
 
横内謙介 「まほうつかいのでし」 【上演台本】昭和61年/1986年10月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔善人会議〕  『テアトロ』昭和62年/1987年1月号
 
「鸚鵡とカナリア」 【上演台本】昭和62年/1987年6月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔善人会議〕  『テアトロ』昭和62年/1987年7月号
 
最終候補作12作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会昭和63年/1988年1月19日夜 [会場]山の上ホテル

33
平成1年/1989年度
└[ 対象期間 ]─昭和63年/1988年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成1年/1989年1月18日
=[ 媒体 ] 『新劇』平成1年/1989年3月号選評掲載
受賞 岩松 了 「蒲団と達磨」 『新劇』昭和63年/1988年12月号  【上演台本】昭和63年/1988年11月・東京:下北沢本多劇場、12月・大阪:近鉄小劇場〔劇団東京乾電池〕
 
候補 生田 萬 「好奇心のつよい女」 『新劇』平成1年/1989年1月号  【上演台本】昭和63年/1988年12月+平成1年/1989年1月・東京:青山円形劇場〔ブリキの自発団〕
 
岡安伸治 「ドリームエクスプレスAT」 【上演台本】昭和63年/1988年6月・東京:俳優座劇場〔世仁下乃一座〕  『悲劇喜劇』昭和63年/1988年11月号  昭和63年/1988年12月・晩成書房刊『岡安伸治戯曲集2』所収
 
如月小春 『NIPPON CHA!CHA!CHA!』 【上演台本】昭和63年/1988年5月・東京:世田谷美術館野外、大阪:扇町ミュージアムスクエア、名古屋:電気文化会館イベントホール〔NOISE〕  昭和63年/1988年11月・新宿書房刊
 
鴻上尚史 『天使は瞳を閉じて』 【上演台本】昭和63年/1988年7月~8月・東京:紀伊國屋ホール、9月・大阪:近鉄小劇場〔第三舞台〕  昭和63年/1988年12月・白水社刊
 
横内謙介 「新羅生門」 『テアトロ』昭和63年/1988年6月号  【上演台本】昭和63年/1988年5月・東京:下北沢ザ・スズナリ、6月・横浜:神奈川県立青少年センター、東京:多摩市公民館〔善人会議〕
 
最終候補作6作品
最終選考対象11作品(上記6作品を含む)
候補 遠藤啄郎 『王サルヨの誓約』 【上演台本】昭和63年/1988年11月・横浜ボートシアター〔横浜ボートシアター〕
 
加藤 直 『ドン・ジョヴァンニ
―超人のつくり方
【上演台本】昭和63年/1988年12月・東京:銀座セゾン劇場〔銀座セゾン劇場〕
 
小松幹生 「神前会議」 『テアトロ』昭和63年/1988年12月号
 
坂手洋二 「トーキョー裁判」 【上演台本】昭和63年/1988年4月・東京:タイニイアリス、7月・東京:こまばアゴラ劇場〔燐光群〕  『新劇』昭和63年/1988年9月号
 
和田 周 『紙の上のピクニック』 【上演台本】昭和63年/1988年11月・東京:文芸坐ル・ピリエ〔演劇組織 夜の樹〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会平成1年/1989年1月18日夜 [会場]山の上ホテル
授賞式2月22日 [会場]山の上ホテル

34
平成2年/1990年度
└[ 対象期間 ]─平成1年/1989年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成2年/1990年1月18日
=[ 媒体 ] 『新劇』平成2年/1990年3月号選評掲載
  受賞作なし
 
候補 佐久間 崇 『イエスタデイ』 【上演台本】平成1年/1989年6月・東京:ステージ円〔演劇集団円〕
 
鈴江俊郎 「区切られた四角い直球」 『新劇』平成1年/1989年8月号
 
鄭 義信 「千年の孤独」 【上演台本】昭和63年/1988年6月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔新宿梁山泊〕  【上演台本】平成1年/1989年4月・神奈川:江ノ島天文館、大阪:扇町ミュージアムスクエア、京都:京大西部講堂、5月・愛知:田原文化会館、岐阜:国府町町民会館、東京:吉祥寺ロマン劇場ほか〔新宿梁山泊〕  『新劇』平成1年/1989年6月号
 
最終候補作3作品
最終選考対象9作品(上記3作品を含む)
候補 生田 萬 「椅子の下に眠れるひとは」 『新劇』平成1年/1989年10月号  【上演台本】平成1年/1989年11月・東京:日暮里サニーホール〔ブリキの自発団〕
 
鴻上尚史 『ピルグリム』 【上演台本】平成1年/1989年9月~10月・東京:スペース・ゼロ、10月・大阪:近鉄アート館〔第三舞台〕  平成1年/1989年12月・白水社刊
 
鈴木 聰 「ショウは終った」 【上演台本】平成1年/1989年4月~5月・東京:THEATER/TOPS、6月・横浜:相鉄本多劇場〔サラリーマン新劇喇叭屋〕  『新劇』平成1年/1989年10月号
 
横内謙介 「ジプシー・
千の輪の切り株の上の物語
『テアトロ』平成1年/1989年7月号  【上演台本】平成1年/1989年6月~7月・東京:下北沢本多劇場、7月・横浜:神奈川県立青少年センター、大阪:近鉄小劇場〔善人会議〕
 
「ヨークシャーたちの
空飛ぶ会議」
『新劇』平成1年/1989年2月号  【上演台本】平成1年/1989年1月・横浜:相鉄本多劇場、1月~2月・東京:下北沢ザ・スズナリ、2月・名古屋:名演小劇場、大阪:扇町ミュージアムスクエア、3月・厚木市文化会館〔善人会議〕
 
吉田秀穂 「改訂版大漫才」 『新劇』平成1年/1989年4月号  【上演台本】平成1年/1989年2月~3月・東京:下北沢本多劇場、3月・大阪:近鉄小劇場、横浜:相鉄本多劇場〔東京壱組〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会平成2年/1990年1月18日18:30~ [会場]山の上ホテル

35
平成3年/1991年度
└[ 対象期間 ]─平成2年/1990年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成3年/1991年1月10日
=[ 媒体 ] 『しんげき』平成3年/1991年3月号選評掲載
受賞 坂手洋二 「ブレスレス
―ゴミ袋を呼吸する夜の物語
【上演台本】平成2年/1990年4月・横浜:相鉄本多劇場〔燐光群〕  『テアトロ』平成2年/1990年5月号
 
候補 生田 萬 「夜の子供2/やさしいおじさん」 【上演台本】平成2年/1990年7月・東京:タイニイアリス、池袋西武デパート屋上〔ブリキの自発団〕  『しんげき』平成2年/1990年9月号
 
鴻上尚史 『ビー・ヒア・ナウ』 【上演台本】平成2年/1990年8月・大阪:近鉄劇場、8月~9月・東京:シアターコクーン〔第三舞台〕  平成2年/1990年12月・白水社刊
 
鄭 義信 「人魚伝説」 『しんげき』平成2年/1990年6月号  【上演台本】平成2年/1990年5月・神奈川:江ノ島片瀬海岸境川河口広場特設テント、6月・大阪中之島公園野外音楽堂横特設テント、京都:京大西部講堂前特設テント、愛知渥美半島伊良湖岬特設テント、横浜そごうデパート裏、7月~8月・東京:上野不忍池特設テント、8月・岐阜:飛騨国府桜野公園特設テント〔新宿梁山泊〕
 
内藤裕敬 『百物語』 【上演台本】平成2年/1990年11月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、名古屋:七ツ寺共同スタジオ、11月~12月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔南河内万歳一座〕
 
最終候補作5作品
最終選考対象10作品(上記5作品を含む)
候補 岡安伸治 「笑うトーキョー・ベイ」 『テアトロ』平成2年/1990年6月号  【上演台本】平成2年/1990年5月・東京:下北沢ザ・スズナリ、横浜:相鉄本多劇場〔世仁下乃一座〕
 
成井 豊 「広くてすてきな宇宙じゃないか」 【上演台本】平成2年/1990年4月・東京:新宿シアターモリエール〔演劇集団キャラメルボックス〕  『しんげき』平成2年/1990年6月号
 
松原敏春 「月満ちて、朝遠く」 【上演台本】平成2年/1990年2月~3月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団ヴォードヴィルショー〕  『しんげき』平成2年/1990年5月号
 
横内謙介 「フォーティンブラス」 『テアトロ』平成2年/1990年4月号  【上演台本】平成2年/1990年3月・相模原南市民ホール、東京:紀伊國屋ホール、名古屋:東別院NBNホール、3月~4月・大阪:近鉄小劇場、4月・福山市民会館小ホール、青森市民文化ホール、札幌:道新ホール〔善人会議〕
 
和田 周 「蠅取り紙」 『テアトロ』平成2年/1990年11月号  【上演台本】平成2年/1990年11月~12月・東京:文芸坐ル・ピリエ〔演劇組織 夜の樹〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会平成3年/1991年1月10日18:00~ [会場]山の上ホテル

36
平成4年/1992年度
└[ 対象期間 ]─平成3年/1991年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成4年/1992年1月12日
=[ 媒体 ] 『しんげき』平成4年/1992年3月号選評掲載
受賞 横内謙介 「愚者には見えない
ラ・マンチャの王様の裸」
『テアトロ』平成3年/1991年4月号  【上演台本】平成3年/1991年3月・東京:下北沢ザ・スズナリ、12月・東京:紀伊國屋ホール〔善人会議〕
 
候補 鄭 義信 『映像都市(チネチッタ)』 【上演台本】平成2年/1990年11月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔新宿梁山泊〕
 
東京サンシャイン
ボーイズ
(三谷幸喜)
「12人の優しい日本人」 【上演台本】平成2年/1990年7月~8月・東京:シアターサンモール、平成3年/1991年3月・東京:THEATER/TOPS〔東京サンシャインボーイズ〕  『しんげき』平成3年/1991年7月号
 
最終候補作3作品
最終選考対象6作品(上記3作品を含む)
候補 内藤裕敬 「二十世紀の退屈男」 【上演台本】昭和62年/1987年7月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、東京:タイニイアリス、7月~8月・名古屋:七ツ寺共同スタジオ〔南河内万歳一座〕  平成4年/1992年1月・ビレッジプレス刊『内藤裕敬劇風録 其之壱』所収
 
中島らも 『人体模型の夜』 【上演台本】平成3年/1991年6月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔笑殺軍団リリパット・アーミー〕
 
成井 豊 『ナツヤスミ語辞典』 【上演台本】平成1年/1989年8月~9月・東京:青山円形劇場、平成3年/1991年8月・東京:シアターサンモール、大阪:近鉄アート館、神戸:新神戸オリエンタル劇場、8月~9月・東京:青山円形劇場〔演劇集団キャラメルボックス〕  平成3年/1991年7月・白水社刊
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会平成4年/1992年1月12日16:00~ [会場]山の上ホテル

37
平成5年/1993年度
└[ 対象期間 ]─平成4年/1992年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成5年/1993年1月12日
=[ 媒体 ] 平成5年/1993年2月・白水社刊『岸田戯曲賞ライブラリー ヒネミ/魚の祭』選評掲載
受賞 宮沢章夫 『ヒネミ』 【上演台本】平成4年/1992年11月~12月・東京:シードホール〔遊園地再生事業団〕
 
受賞 柳 美里 「魚の祭」 『テアトロ』平成4年/1992年11月号  【上演台本】平成4年/1992年10月・東京:青山円形劇場、札幌:道新ホール、10月~11月・名古屋:愛知県芸術劇場小ホール〔MODE+青春五月党〕
 
候補 鈴江俊郎 「はたらく、風」 【上演台本】平成3年/1991年12月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔HI-HO2〕  『しんげき』平成4年/1992年2月号
 
平田オリザ 『北限の猿』 【上演台本】平成4年/1992年11月・東京:こまばアゴラ劇場〔青年団〕
 
最終候補作4作品
最終選考対象12作品(上記4作品を含む)
候補 飯島早苗 『ソープオペラ』 【上演台本】平成4年/1992年7月・東京:紀伊國屋ホール、7月~8月・大阪:近鉄小劇場〔自転車キンクリート〕
 
鐘下辰男 「POPCORN NAVY
―鹿屋の四人
『テアトロ』平成4年/1992年9月号  【上演台本】平成4年/1992年8月・東京:THEATER/TOPS〔演劇企画集団THE・ガジラ〕
 
如月小春 「夜の学校」 【上演台本】平成4年/1992年5月~6月・東京:下北沢ザ・スズナリ、6月・名古屋:東別院NBNホール、大阪:近鉄アート館、盛岡劇場、函館:金森ホール、7月・横浜:相鉄本多劇場〔NOISE〕  『Les Specs』平成4年/1992年8月号
 
高泉淳子
+伊沢磨紀
「モンタージュ」 【上演台本】平成3年/1991年6月・東京:青山円形劇場、7月・大阪:近鉄アート館〔遊◎機械/全自動シアター〕  『しんげき』平成3年/1991年8月号  【上演台本】平成4年/1992年3月・東京:スペース・ゼロ、4月・大阪:近鉄アート館、名古屋:テレピアホール、エル・パーク仙台ギャラリーホール〔遊◎機械/全自動シアター〕
 
鄭 義信 『それからの夏
―それからの愛しのメディア
【上演台本】平成4年/1992年12月・名古屋:愛知県芸術劇場小ホール〔新宿梁山泊〕
 
内藤裕敬 「秘密探偵」 【上演台本】平成4年/1992年6月・大阪:オレンジルーム、7月・名古屋:七ツ寺共同スタジオ、東京:THEATER/TOPS〔南河内万歳一座〕  『Les Specs』平成4年/1992年9月号
 
成井 豊 「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」 【上演台本】平成4年/1992年7月・神戸:新神戸オリエンタル劇場、7月~8月・東京:紀伊國屋ホール〔演劇集団キャラメルボックス〕  『Les Specs』平成4年/1992年10月号
 
候補辞退 三谷幸喜 『その場しのぎの男たち』 【上演台本】平成4年/1992年10月~11月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団ヴォードヴィルショー〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
(欠席)
(欠席)
(欠席)
選考会平成5年/1993年1月12日16:30~ [会場]山の上ホテル

38
平成6年/1994年度
└[ 対象期間 ]─平成5年/1993年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成6年/1994年1月17日
=[ 媒体 ] 平成6年/1994年3月・白水社刊『ザ・寺山』選評掲載
受賞 鄭 義信 『ザ・寺山』 【上演台本】平成5年/1993年5月~6月・東京:下北沢本多劇場〔流山児★事務所〕
 
候補 飯島早苗 『ピロートーク』 【上演台本】平成5年/1993年6月・東京:紀伊國屋ホール、大阪:近鉄小劇場、7月・札幌:道新ホール〔自転車キンクリート〕
 
鴻上尚史 『トランス』 【上演台本】平成5年/1993年11月~12月・東京:青山円形劇場〔サードステージ〕
 
じんのひろあき 『メイドイン香港』 【上演台本】平成5年/1993年3月・東京:こまばアゴラ劇場〔マントル・プリン・シアター〕
 
最終候補作4作品
最終選考対象8作品(上記4作品を含む)
候補 楠本幸男 「幻想列車」 **  平成8年/1996年2月・西日本劇作家の会事務局刊『ドラマの森1995 西日本戯曲選集第2集』所収  『演劇会議』132号[平成22年/2010年3月]
 
鈴江俊郎 『桜井』 【上演台本】平成5年/1993年2月・京都府立文化芸術会館〔劇団八時半+創造集団アノニム〕
 
内藤裕敬 『賞金稼ぎ』 【上演台本】平成5年/1993年11月・伊丹:アイホール、東京:THEATER/TOPS〔南河内万歳一座〕
 
成井 豊 『グッドナイト将軍』 【上演台本】平成5年/1993年7月・東京:シアターアプル、7月~8月・神戸:新神戸オリエンタル劇場、8月・東京:紀伊國屋ホール〔演劇集団キャラメルボックス〕
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
(欠席)
(欠席)
選考会平成6年/1994年1月17日18:00~ [会場]山の上ホテル

39
平成7年/1995年度
└[ 対象期間 ]─平成6年/1994年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成7年/1995年2月1日
=[ 媒体 ] 平成7年/1995年3月・白水社刊『スナフキンの手紙』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 鴻上尚史 『スナフキンの手紙』 【上演台本】平成6年/1994年7月・大阪:近鉄劇場、7月~8月・東京:アートスフィア〔第三舞台〕
 
受賞 平田オリザ 『東京ノート』 【上演台本】平成6年/1994年5月・東京:こまばアゴラ劇場〔青年団〕
 
候補 生田 萬 『安吾とタンゴ』 【上演台本】平成6年/1994年1月・横浜:相鉄本多劇場〔ブリキの自発団〕
 
じんのひろあき 『俺なら職安にいるぜ』 【上演台本】平成6年/1994年6月・東京:こまばアゴラ劇場〔マントル・プリン・シアター〕
 
鈴木 聰 『阿呆浪士』 【上演台本】平成6年/1994年7月・東京:青山円形劇場〔ラッパ屋〕
 
中島かずき 『武流転生―スサノオ』 【上演台本】平成6年/1994年3月+5月・東京:青山円形劇場、4月~5月・大阪:近鉄アート館〔劇団☆新感線〕
 
最終候補作6作品
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
(欠席)
(欠席)
選考会平成7年/1995年2月1日18:00~ [会場]山の上ホテル

40
平成8年/1996年度
└[ 対象期間 ]─平成7年/1995年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成8年/1996年1月18日
=[ 媒体 ] 平成8年/1996年4月・白水社刊『髪をかきあげる』『海と日傘』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 鈴江俊郎 『髪をかきあげる』 【上演台本】平成7年/1995年8月・奈良史跡文化センター〔劇団八時半〕
 
受賞 松田正隆 『海と日傘』 【上演台本】平成6年/1994年1月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔時空劇場〕
 
候補 飯島早苗 『法王庁の避妊法』 【上演台本】平成6年/1994年12月・東京:スペース・ゼロ〔自転車キンクリート〕
 
内藤裕敬 『横顔』 【上演台本】平成7年/1995年9月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、12月・東京:三鷹市芸術文化センター〔劇団結城座〕
 
最終候補作4作品
最終選考対象9作品(上記4作品を含む)
候補 高泉淳子 『独りの国のアリス
―むかし、むかし、
私はアリスだった…
【上演台本】平成7年/1995年10月・東京:青山円形劇場、大阪:近鉄アート館、11月・岐阜文化センター、静岡:メディアシティホール、名古屋:テレピアホール、三重:津リージョンプラザお城ホール〔遊◎機械/全自動シアター〕
 
永井 愛 『パパのデモクラシー』 【上演台本】平成7年/1995年10月~11月・東京:ベニサン・ピット〔二兎社〕
 
長谷川裕久 『赤穂浪士』 【上演台本】平成7年/1995年1月・水戸芸術館ACM劇場〔水戸芸術館ACM劇場〕
 
矢萩健太郎 「名古屋の愛人」 平成7年/1995年11月・メディアファクトリー刊『劇戦'96』所収  【上演台本】平成7年/1995年11月・東京:シアターX〔北区つかこうへい劇団〕
 
吉崎宏人 「にせサザ江さん
―早苗と政夫
【上演台本】平成7年/1995年8月・東京:シアターX〔北区つかこうへい劇団〕  平成7年/1995年11月・メディアファクトリー刊『劇戦'96』所収
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
(欠席)
(欠席)
選考会平成8年/1996年1月18日18:00~ [会場]山の上ホテル

41
平成9年/1997年度
└[ 対象期間 ]─平成8年/1996年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成9年/1997年4月16日
=[ 媒体 ] 平成9年/1997年6月・白水社刊『ファンキー!』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 松尾スズキ 『ファンキー!
―宇宙は見える所までしかない
【上演台本】平成8年/1996年7月・東京:下北沢本多劇場〔大人計画〕
 
候補 岩崎正裕 『ここからは遠い国』 【上演台本】平成8年/1996年2月・伊丹:アイホール、12月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔199Q太陽族〕
 
鐘下辰男 『ベクター』 【上演台本】平成8年/1996年10月・東京:下北沢本多劇場〔劇団青年座〕
 
杉浦久幸 『水面鏡』 【上演台本】平成8年/1996年5月・東京:文学座アトリエ〔文学座〕
 
永井 愛 『僕の東京日記』 【上演台本】平成8年/1996年12月・東京:ベニサン・ピット〔二兎社〕  『テアトロ』平成9年/1997年1月号
 
中島かずき 『月の輝く夜に
―MOON STRUCK―
【上演台本】平成8年/1996年5月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、6月・東京:THEATER/TOPS〔R・U・P〕
 
長谷川孝治 『茜色の空』 【上演台本】平成8年/1996年9月・東京:下北沢ザ・スズナリ、青森:スタジオ・デネガ〔劇団弘前劇場〕
 
最終候補作7作品
最終選考対象25作品(上記7作品を含む)
候補 一尾直樹 『デス・オブ・
ア・ポリティカル・ボーイ』
【上演台本】平成8年/1996年6月・名古屋:愛知県芸術劇場小ホール、12月・名古屋:港文化小劇場〔宝満雄大ひとり芝居〕
 
鐘下辰男 『さらば北辺のカモメ』 【上演台本】平成8年/1996年3月・東京:THEATER/TOPS〔演劇企画集団THE・ガジラ〕  『テアトロ』平成8年/1996年6月号
 
金野むつ江 『ホール』 【上演台本】平成8年/1996年11月~12月・仙台市青年文化センター、12月・東京:プレイスMK〔芝居小屋六面座〕
 
川部一郎 『'Let it' Bleed』 【上演台本】平成8年/1996年11月~12月・東京:こまばアゴラ劇場〔F.A.Network〕
 
後藤ひろひと 『ダブリンの鐘突きカビ人間』 【上演台本】平成8年/1996年4月・伊丹:アイホール、5月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔遊気舎〕
 
小檜山洋一 『梁山泊版
四谷怪談十六夜の月』
【上演台本】平成8年/1996年10月・東京ドーム前広場特設テント〔新宿梁山泊〕
 
小松純也 『おまえを殺しちゃうかもしれない』 【上演台本】平成8年/1996年4月・東京:スペース・ゼロ、大阪:近鉄小劇場〔劇団そとばこまち〕
 
高橋いさを 『ゲームの名前』 【上演台本】平成8年/1996年3月・東京:シアターアプル〔劇団ショーマ〕
 
TALOH 『バディズ』 【上演台本】平成8年/1996年2月・**〔LABO/1〕
 
内藤裕敬 『熱血仮面』 【上演台本】平成8年/1996年10月・東京:シアタートップス、11月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔南河内万歳一座〕
 
『夏休み』 【上演台本】平成8年/1996年1月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔南河内万歳一座〕
 
長谷基弘 『鍵のある部屋』 【上演台本】平成8年/1996年5月・東京:下北沢駅前劇場〔劇団桃唄309〕
 
『この藍、侵すべからず』 【上演台本】平成8年/1996年10月・東京:下北沢駅前劇場〔劇団桃唄309〕
 
半澤寧子
【野宮安寿】
『白桃布団』 **  【上演台本】平成10年/1998年7月・東京:こまばアゴラ劇場〔北区つかこうへい劇団+制作集団★缶詰〕
 
平石耕一 『月下』 【上演台本】平成8年/1996年11月・東京:シアターX〔演劇集団円〕
 
平田俊子 『ガム兄さん』 【上演台本】平成8年/1996年11月・東京:プロト・シアター〔龍昇企画〕
 
松尾スズキ 『マシーン日記』 【上演台本】平成8年/1996年9月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔トム・プロジェクト〕
 
ロジャー・
パルバース
「ジャパニーズ・エンジェル」 『海燕』平成8年/1996年3月号
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞20万円
選考委員
選考会平成9年/1997年4月16日17:00~ [会場]山の上ホテル

42
平成10年/1998年度
└[ 対象期間 ]─平成9年/1997年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成10年/1998年5月3日
=[ 媒体 ] 平成10年/1998年7月・白水社刊『うちやまつり』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 深津篤史 『うちやまつり』 【上演台本】平成9年/1997年12月・伊丹:アイホール〔桃園会〕
 
候補 大森寿美男 『男的女式』 【上演台本】平成9年/1997年2月・東京:下北沢駅前劇場〔扉座〕
 
鐘下辰男 『寒花』 【上演台本】平成9年/1997年7月・東京:文学座アトリエ〔文学座〕
 
高泉淳子 『こわれた玩具』 【上演台本】平成9年/1997年8月・東京:かめありリリオホール、9月・東京:世田谷パブリックシアター、大阪:近鉄アート館、10月・京都府立府民ホール・アルティ、大分:コンパルホール〔遊◎機械/全自動シアター〕
 
永井 愛 『見よ、飛行機の高く飛べるを』 【上演台本】平成9年/1997年10月・東京:下北沢本多劇場〔劇団青年座〕
 
長谷川裕久 『美貌の流星』 【上演台本】平成9年/1997年1月・水戸芸術館ACM劇場〔水戸芸術館ACM劇場〕
 
マキノノゾミ 『東京原子核クラブ』 【上演台本】平成9年/1997年1月・東京国際フォーラム〔東京ときめきフェスタ実行委員会〕
 
最終候補作7篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会平成10年/1998年5月3日16:00~ [会場]山の上ホテル

43
平成11年/1999年度
└[ 対象期間 ]─平成10年/1998年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成11年/1999年1月28日
=[ 媒体 ] 平成11年/1999年4月・白水社刊『フローズン・ビーチ』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 ケラリーノ・
サンドロヴィッチ
「フローズン・ビーチ」 【上演台本】平成10年/1998年8月・東京:紀伊國屋ホール〔NYLON100℃〕  『せりふの時代』9号[平成10年/1998年秋号・11月]
 
候補 岩崎正裕 『それを夢と知らない』 【上演台本】平成10年/1998年9月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、東京:下北沢駅前劇場〔199Q太陽族〕  『せりふの時代』10号[平成11年/1999年冬号・2月]
 
鐘下辰男 『貪りと瞋りと愚かさと』 【上演台本】平成10年/1998年4月・東京:世田谷パブリックシアター〔演劇企画集団THE・ガジラ〕
 
土田英生 『きゅうりの花』 【上演台本】平成10年/1998年6月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔MONO〕
 
内藤裕敬 『手の中の林檎』 【上演台本】平成10年/1998年6月~7月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、7月・東京:THEATER/TOPS〔南河内万歳一座〕
 
長谷川裕久 『花冠の大陸』 【上演台本】平成10年/1998年1月~2月・水戸芸術館ACM劇場〔水戸芸術館ACM劇場〕
 
最終候補作6篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会平成11年/1999年1月28日17:00~ [会場]山の上ホテル

44
平成12年/2000年度
└[ 対象期間 ]─平成11年/1999年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成12年/2000年1月29日
受賞 永井 愛 『兄帰る』 【上演台本】平成11年/1999年6月~7月・東京:シアタートラム〔二兎社〕
 
候補 天野天街 『劇終/OSHIMAI
~くだんの件』
【上演台本】平成11年/1999年10月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、名古屋:七ツ寺共同スタジオ、10月~11月・中国:北京中国青年芸術劇院〔少年王者舘〕
 
土田英生 『その鉄塔に男たちはいるという』 【上演台本】平成10年/1998年12月・伊丹:アイホール〔MONO〕
 
泊 篤志 『IRON』 【上演台本】平成11年/1999年10月・北九州:スミックスホールESTA、東京芸術劇場小ホール〔飛ぶ劇場〕
 
はせひろいち 『ダブルフェイク』 【上演台本】平成11年/1999年11月・名古屋:アートピア・ホール〔ジャブジャブサーキット〕
 
長谷川裕久 『堕天の媚薬』 【上演台本】平成11年/1999年1月~2月・水戸芸術館ACM劇場〔水戸芸術館ACM劇場〕
 
最終候補作6篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会平成12年/2000年1月29日17:00~ [会場]山の上ホテル

45
平成13年/2001年度
└[ 対象期間 ]─平成12年/2000年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成13年/2001年1月26日
=[ 媒体 ] 平成13年/2001年4月・白水社刊『オケピ!』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 三谷幸喜 『オケピ!』 【上演台本】平成12年/2000年6月~7月・東京:青山劇場、7月・大阪厚生年金会館芸術ホール〔パルコ〕
 
候補 土田英生 『錦鯉』 【上演台本】平成12年/2000年6月・東京:中野ザ・ポケットほか〔MONO〕
 
蟷螂 襲 『舟唄。霧の中を行くための』 【上演台本】平成12年/2000年6月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔PM/飛ぶ教室〕
 
内藤裕敬 『なつざんしょ』 【上演台本】平成12年/2000年7月・東京:下北沢ザ・スズナリほか〔南河内万歳一座〕
 
平田俊子 『甘い傷』 【上演台本】平成12年/2000年2月・東京:こまばアゴラ劇場〔龍昇企画〕
 
マキノノゾミ 「高き彼物」 【上演台本】平成12年/2000年9月・東京:俳優座劇場〔劇団俳優座〕  『せりふの時代』17号[平成12年/2000年秋号・11月]
 
松本大洋 『メザスヒカリノサキニ
アルモノ若しくはパラダイス』
【上演台本】平成12年/2000年5月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔黒テント〕
 
わかぎえふ
【わかぎゑふ】
『お祝い』 【上演台本】平成12年/2000年6月・大阪:扇町ミュージアムスクエア、6月~7月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔ラックシステム〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成13年/2001年1月26日 [会場]東京「山の上ホテル」

46
平成14年/2002年度
└[ 対象期間 ]─平成13年/2001年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成14年/2002年2月14日
  受賞作なし
 
候補 品川能正 『火計り
―四百年の肖像
【上演台本】平成13年/2001年3月・東京:三百人劇場〔昴+美醜(韓国)〕
 
中谷まゆみ 『ペーパーマリッジ』 【上演台本】平成13年/2001年7月・東京:紀伊國屋ホール〔サードステージ〕
 
長谷川孝治 『アザミ』 【上演台本】平成13年/2001年3月・東京:こまばアゴラ劇場〔劇団弘前劇場〕
 
マキノノゾミ 『赤シャツ』 【上演台本】平成13年/2001年5月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団青年座〕
 
和田憲明 『東亜悲恋』 【上演台本】平成13年/2001年10月・東京:青山劇場、11月・大阪:シアタードラマシティ〔R・U・P〕
 
最終候補作5篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
(欠席)
(欠席)
選考会平成14年/2002年2月14日 [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

47
平成15年/2003年度
└[ 対象期間 ]─平成14年/2002年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成15年/2003年2月18日
受賞 中島かずき 『アテルイ』 平成14年/2002年8月・論創社刊  【上演台本】平成14年/2002年8月・東京:新橋演舞場〔松竹〕
 
候補 鐘下辰男 『ルート64』 【上演台本】平成14年/2002年11月~12月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔演劇企画集団THE・ガジラ〕  『せりふの時代』26号[平成15年/2003年冬号・2月]
 
土田英生 『南半球の渦』 【上演台本】平成14年/2002年11月~12月・東京:シアタートラム〔アートネットワーク・ジャパン〕
 
蟷螂 襲 『前髪に虹がかかった』 【上演台本】平成14年/2002年4月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔PM/飛ぶ教室〕
 
長塚圭史 『マイ・ロックンロール・スター』 【上演台本】平成14年/2002年11月・東京:パルコ劇場ほか〔パルコ〕
 
長谷基弘 「ダウザーの娘」 【上演台本】平成14年/2002年1月・東京:中野ザ・ポケット〔劇団桃唄309〕  『せりふの時代』23号[平成14年/2002年春号・5月]
 
最終候補作6篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成15年/2003年2月18日 [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

48
平成16年/2004年度
└[ 対象期間 ]─平成15年/2003年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成16年/2004年1月29日
=[ 媒体 ] 平成16年/2004年4月・白水社刊『ワンマン・ショー』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 倉持 裕 『ワンマン・ショー』 【上演台本】平成15年/2003年8月・東京:THEATER/TOPS〔ペンギンプルペイルパイルズ〕
 
候補 大竹野正典 『夜、ナク、鳥』 【上演台本】平成15年/2003年4月・大阪:ふれあい港館特設野外円形劇場「ラフレシア」〔くじら企画〕
 
小川未玲 「ちゃんとした道」 【上演台本】平成15年/2003年2月~3月・東京:恵比寿エコー劇場〔テアトル・エコー〕  『せりふの時代』27号[平成15年/2003年春号・5月]
 
小里 清 『BRIDGE』 【上演台本】平成15年/2003年12月・東京:こまばアゴラ劇場〔フラジャイル〕
 
鐘下辰男 『アンコントロール』 【上演台本】平成15年/2003年7月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔演劇企画集団THE・ガジラ〕
 
内藤裕敬 『さらバイ』 【上演台本】平成15年/2003年1月・東京:THEATER/TOPS、3月・大阪:扇町ミュージアムスクエア〔南河内万歳一座〕
 
本谷有希子 『石川県伍参市』 【上演台本】平成15年/2003年10月・東京:しもきた空間リバティ〔劇団、本谷有希子〕
 
最終候補作7篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会平成16年/2004年1月29日 [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」
授賞式4月5日

49
平成17年/2005年度
└[ 対象期間 ]─平成16年/2004年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成17年/2005年2月7日
=[ 媒体 ] 平成17年/2005年4月・白水社刊『三月の5日間』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 岡田利規 『三月の5日間』 【上演台本】平成16年/2004年2月・東京:品川スフィアメックスほか〔チェルフィッチュ〕
 
受賞 宮藤官九郎 『鈍獣』 【上演台本】平成16年/2004年7月・東京:パルコ劇場〔パルコ〕
 
候補 小川未玲 「もやしの唄」 【上演台本】平成16年/2004年5月・東京:恵比寿エコー劇場〔テアトル・エコー〕  『せりふの時代』32号[平成16年/2004年夏号・8月]
 
長塚圭史 『はたらくおとこ』 【上演台本】平成16年/2004年4月~5月・東京:下北沢本多劇場ほか〔阿佐ヶ谷スパイダース〕
 
はせひろいち 『サイコの晩餐』 【上演台本】平成16年/2004年5月・東京:劇場MOMO〔モンキーロード〕
 
東 憲司 『しゃんしゃん影法師』 【上演台本】平成16年/2004年10月~11月・東京:中野光座〔劇団桟敷童子〕
 
平田俊子 『れもん』 【上演台本】平成16年/2004年12月・東京:下北沢ザ・スズナリ、京都芸術センター〔京都芸術センター〕  『せりふの時代』34号[平成17年/2005年冬号・2月]
 
前田司郎 『いやむしろわすれて草』 【上演台本】平成16年/2004年10月・東京:こまばアゴラ劇場〔五反田団〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成17年/2005年2月7日17:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」
授賞式4月11日 [会場]東京神楽坂「日本出版クラブ会館」

50
平成18年/2006年度
└[ 対象期間 ]─平成17年/2005年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成18年/2006年1月23日
=[ 媒体 ] 平成18年/2006年4月・白水社刊『ぬけがら』『愛の渦』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 佃 典彦 『ぬけがら』 【上演台本】平成17年/2005年5月・東京:文学座アトリエ〔文学座〕  『せりふの時代』36号[平成17年/2005年夏号・8月]
 
受賞 三浦大輔 『愛の渦』 【上演台本】平成17年/2005年4月・東京:THEATER/TOPS〔ポツドール〕
 
候補 岩崎正裕 『音楽劇 
JAPANESE IDIOT』
【上演台本】平成17年/2005年6月・大阪現代演劇祭仮設劇場WA〔劇団太陽族〕
 
小里 清 『アルバートを探せ』 【上演台本】平成17年/2005年12月・東京:文学座アトリエ〔文学座〕
 
長塚圭史 『LAST SHOW
―ラストショウ』
【上演台本】平成17年/2005年7月・東京:パルコ劇場〔パルコ〕
 
東 憲司 『風来坊雷神屋敷』 【上演台本】平成17年/2005年10月・東京:飛鳥山公園〔劇団桟敷童子〕
 
前田司郎 『キャベツの類』 【上演台本】平成17年/2005年3月・東京:こまばアゴラ劇場〔五反田団〕
 
本谷有希子 『乱暴と待機』 【上演台本】平成17年/2005年4月・東京:新宿シアターモリエール〔劇団、本谷有希子〕  『せりふの時代』38号[平成18年/2006年冬号・2月]
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成18年/2006年1月23日16:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」
授賞式4月4日18:00~ [会場]東京神楽坂「日本出版クラブ会館」

51
平成19年/2007年度
└[ 対象期間 ]─平成18年/2006年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成19年/2007年1月22日
  受賞作なし
 
候補 青木 豪 「獏のゆりかご」 【上演台本】平成18年/2006年9月・東京:紀伊國屋ホール〔シス・カンパニー〕  『せりふの時代』41号[平成18年/2006年秋号・11月]
 
赤堀雅秋 『津田沼』 【上演台本】平成18年/2006年10月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔THE SHAMPOO HAT〕
 
中島淳彦 『ゆれる車の音』 【上演台本】平成18年/2006年9月・東京:紀伊國屋サザンシアター〔文学座〕
 
はせひろいち 『歪みたがる隊列』 【上演台本】平成18年/2006年10月・名古屋:七ツ寺共同スタジオ、北九州芸術劇場小劇場、11月・大阪:精華小劇場、東京:こまばアゴラ劇場〔ジャブジャブサーキット〕
 
東 憲司 『海猫街』 【上演台本】平成18年/2006年10月~11月・東京:ベニサン・ピット〔劇団桟敷童子〕
 
蓬莱竜太 『ユタカの月』 【上演台本】平成18年/2006年5月・厚木市文化会館、東京:THEATER/TOPS〔扉座〕
 
前田司郎 『さようなら僕の小さな名声』 【上演台本】平成18年/2006年10月~11月・東京:こまばアゴラ劇場〔五反田団〕
 
本谷有希子 『遭難、』 【上演台本】平成18年/2006年10月・東京:青山円形劇場〔劇団、本谷有希子〕  『せりふの時代』42号[平成19年/2007年冬号・2月]
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
(欠席/書面参加)
選考会平成19年/2007年1月22日16:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

52
平成20年/2008年度
└[ 対象期間 ]─平成19年/2007年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成20年/2008年1月28日
=[ 媒体 ] 平成20年/2008年4月・白水社刊『生きてるものはいないのか』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 前田司郎 『生きてるものはいないのか』 【上演台本】平成19年/2007年10月・京都芸術センター、11月・東京:こまばアゴラ劇場〔五反田団〕
 
候補 青木 豪 『Get Back!』 【上演台本】平成19年/2007年11月~12月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔グリング〕
 
赤堀雅秋 『その夜の侍』 【上演台本】平成19年/2007年9月~10月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔THE SHAMPOO HAT〕
 
桑原裕子 『甘い丘』 【上演台本】平成19年/2007年1月・東京:シアタートラム〔KAKUTA〕
 
タニノクロウ 『笑顔の砦』 【上演台本】平成19年/2007年2月・東京:下北沢駅前劇場、7月・大阪:精華小劇場〔庭劇団ペニノ〕
 
本谷有希子 『偏路』 【上演台本】平成19年/2007年12月・東京:紀伊國屋ホール〔劇団、本谷有希子〕
 
矢内原美邦 『青ノ鳥』 【上演台本】平成19年/2007年9月・東京:吉祥寺シアター〔ミクニヤナイハラプロジェクト〕
 
山岡徳貴子 『静物たちの遊泳』 【上演台本】平成19年/2007年3月・東京芸術劇場小ホール、5月:京都芸術センター〔魚灯〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成20年/2008年1月28日 [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」
授賞式4月7日18:00~ [会場]東京神楽坂「日本出版クラブ会館」

53
平成21年/2009年度
└[ 対象期間 ]─平成20年/2008年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成21年/2009年1月26日
=[ 媒体 ] 平成21年/2009年4月・白水社刊『まほろば』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 蓬莱竜太 『まほろば』 【上演台本】平成20年/2008年7月・東京:新国立劇場小劇場〔新国立劇場〕
 
受賞 本谷有希子 『幸せ最高ありがとうマジで!』 【上演台本】平成20年/2008年10月~11月・東京:パルコ劇場〔パルコ〕
 
候補 加藤一浩 「黙読」 【上演台本】平成20年/2008年7月・東京:シアターイワト〔劇団東京乾電池〕  『せりふの時代』49号[平成20年/2008年秋号・11月]
 
タニノクロウ 『星影のジュニア』 【上演台本】平成20年/2008年8月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔庭劇団ペニノ〕
 
長塚圭史 『SISTERS』 【上演台本】平成20年/2008年7月~8月・東京:パルコ劇場〔パルコ〕
 
蓮見正幸 『ステロイド』 【上演台本】平成20年/2008年3月・東京:田端文士村記念館〔北区つかこうへい劇団〕
 
前川知大 『表と裏と、その向こう』 【上演台本】平成20年/2008年7月・東京:紀伊國屋ホール、福岡:西鉄ホール、大阪:HEP HALL〔イキウメ〕
 
松井 周 『家族の肖像』 【上演台本】平成20年/2008年8月・東京:アトリエヘリコプター〔サンプル〕
 
山岡徳貴子 『着座するコブ』 【上演台本】平成20年/2008年2月・東京芸術劇場小ホール、4月・京都芸術センター〔アートネットワーク・ジャパン〕
 
最終候補作9篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成21年/2009年1月26日 [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」
授賞式3月30日18:00~ [会場]東京神楽坂「日本出版クラブ会館」

54
平成22年/2010年度
└[ 対象期間 ]─平成21年/2009年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成22年/2010年2月8日
=[ 媒体 ] 平成22年/2010年4月・白水社刊『わが星』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 柴 幸男 『わが星』 【上演台本】平成21年/2009年10月・東京:三鷹市芸術文化センター〔ままごと〕
 
候補 江本純子 『セクシードライバー』 【上演台本】平成21年/2009年6月・東京:ギャラリー LE DECO〔劇団、江本純子〕
 
神里雄大 『ヘアカットさん』 【上演台本】平成21年/2009年10月・東京:こまばアゴラ劇場〔岡崎藝術座〕
 
野木萌葱 『五人の執事』 【上演台本】平成21年/2009年7月~8月・東京:三鷹市芸術文化センター〔パラドックス定数〕
 
福原充則 『その夜明け、嘘。』 【上演台本】平成21年/2009年2月・東京:青山円形劇場、横浜BLITZ、3月・兵庫県立芸術文化センター〔TBS〕
 
前川知大 『見えざるモノの生き残り』 【上演台本】平成21年/2009年12月・東京:紀伊國屋ホール〔イキウメ〕
 
松井 周 『あの人の世界』 【上演台本】平成21年/2009年11月・東京芸術劇場小ホール〔サンプル〕
 
最終候補作7篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成22年/2010年2月8日 [会場]東京神楽坂「日本出版クラブ会館」
授賞式4月12日18:00~ [会場]東京神楽坂「日本出版クラブ会館」

55
平成23年/2011年度
└[ 対象期間 ]─平成22年/2010年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成23年/2011年2月28日
=[ 媒体 ] 平成23年/2011年4月・白水社刊『自慢の息子』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 松井 周 『自慢の息子』 【上演台本】平成22年/2010年9月・東京:アトリエヘリコプター、大阪:精華小劇場〔サンプル〕
 
候補 赤堀雅秋 『砂町の王』 【上演台本】平成22年/2010年12月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔THE SHAMPOO HAT〕
 
江本純子 『小さな恋のエロジー』 【上演台本】平成22年/2010年12月・東京:下北沢駅前劇場〔毛皮族〕
 
竹内 佑 『空洞メディアクリエイター』 【上演台本】平成22年/2010年11月・大阪:HEP HALL、12月・東京:中野BONBON〔デス電所〕
 
田村孝裕 『絶滅のトリ』 【上演台本】平成22年/2010年9月~10月・東京:シアタートラム〔ONEOR8〕
 
中津留章仁 『convention hazard
奇行遊戯』
【上演台本】平成22年/2010年5月~6月・東京:下北沢駅前劇場〔TRASHMASTERS〕
 
ノゾエ征爾 『春々』 【上演台本】平成22年/2010年1月~2月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔はえぎわ〕
 
前川知大 『プランクトンの踊り場』 【上演台本】平成22年/2010年5月・東京:赤坂RED/THEATER、大阪:HEP HALL〔イキウメ〕
 
丸尾丸一郎 『スーパースター』 【上演台本】平成22年/2010年1月・東京:青山円形劇場、2月・伊丹:アイホール〔劇団鹿殺し〕
 
最終候補作9篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成23年/2011年2月28日 [会場]神田錦町「學士會館」
授賞式4月18日18:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

56
平成24年/2012年度
└[ 対象期間 ]─平成23年/2011年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成24年/2012年3月5日
=[ 媒体 ] 平成24年/2012年5月・白水社刊『○○トアル風景』『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』『前向き!タイモン』〔挟み込み〕選評掲載
受賞 ノゾエ征爾 『○○トアル風景』 【上演台本】平成23年/2011年7月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔はえぎわ〕
 
受賞 藤田貴大 『かえりの合図、まってた食卓、
そこ、きっと、しおふる世界。』
【上演台本】平成23年/2011年6月・東京:水天宮ピット、7月・北海道:だて歴史の杜カルチャーセンター、8月・横浜:STスポット〔マームとジプシー〕
 
受賞 矢内原美邦 『前向き!タイモン』 【上演台本】平成23年/2011年9月・東京:こまばアゴラ劇場、京都府立文化会館〔ミクニヤナイハラプロジェクト〕
 
候補 桑原裕子 『往転―オウテン―』 【上演台本】平成23年/2011年11月・東京:シアタートラム〔世田谷パブリックシアター〕
 
田村孝裕 『連結の子』 【上演台本】平成23年/2011年9月・東京:吉祥寺シアター〔文学座〕
 
中津留章仁 『背水の孤島』 【上演台本】平成23年/2011年8月~9月・東京:下北沢本多劇場〔TRASHMASTERS〕
 
前川知大 『太陽』 【上演台本】平成23年/2011年11月・東京:青山円形劇場、12月・大阪:ABCホール〔イキウメ〕
 
山崎 彬 『駄々の塊です』 【上演台本】平成23年/2011年11月・京都:ART COMPLEX 1928、東京:王子小劇場〔悪い芝居〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成24年/2012年3月5日 [会場]神田神保町「學士會館」
授賞式4月26日18:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

57
平成25年/2013年度
└[ 対象期間 ]─平成24年/2012年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成25年/2013年2月15日
受賞 赤堀雅秋 『一丁目ぞめき』 【上演台本】平成24年/2012年3月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔THE SHAMPOO HAT〕
 
受賞 岩井秀人 『ある女』 【上演台本】平成24年/2012年1月~2月・東京:こまばアゴラ劇場、2月・名古屋:七ツ寺共同スタジオ、3月・福岡:西鉄ホール〔ハイバイ〕
 
候補 北川陽子 『りんご』 【上演台本】平成24年/2012年9月・横浜:KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ〔快快(FAIFAI)〕
 
サリngROCK 『漏れて100年』 【上演台本】平成24年/2012年5月・大阪:インディペンデントシアター1st〔裏ワザ〕
 
中屋敷法仁 『無差別』 【上演台本】平成24年/2012年9月・東京芸術劇場シアターイースト小ホール1、福岡:イムズホール、10月・大阪:HEP HALL〔柿喰う客〕
 
畑澤聖悟 『翔べ!原子力ロボむつ』 【上演台本】平成24年/2012年4月・青森:アトリエ・グリーンパーク、5月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔渡辺源四郎商店〕
 
早船 聡 『エレノア』 【上演台本】平成24年/2012年4月・尼崎:ピッコロシアター中ホール〔ピッコロ劇団〕
 
水沼 健 『ニューヘアスタイルイズグッド』 【上演台本】平成24年/2012年9月・京都:元・立誠小学校講堂〔壁ノ花団〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成25年/2013年2月15日 [会場]神田神保町「學士會館」
授賞式4月8日18:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

58
平成26年/2014年度
└[ 対象期間 ]─平成25年/2013年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成26年/2014年2月19日
受賞 飴屋法水 『ブルーシート』 【上演台本】平成25年/2013年1月・福島:いわき総合高等学校〔福島県立いわき総合高等学校総合学科第10期生〕
 
候補 長田育恵 『地を渡る舟』 【上演台本】平成25年/2013年11月・東京芸術劇場シアターウエスト〔てがみ座〕
 
小里 清 『国語の時間』 【上演台本】平成25年/2013年2月・東京:座・高円寺1〔風琴工房〕
 
神里雄大 『(飲めない人のための)
ブラックコーヒー』
【創作戯曲】平成25年/2013年6月・東京:北品川フリースペース楽間、7月・京都:KAIKA、熊本:早川倉庫、鹿児島:e-terrace〔岡崎藝術座〕
 
瀬戸山美咲 『彼らの敵』 【上演台本】平成25年/2013年7月~8月・東京:こまばアゴラ劇場、8月・京都:元・立誠小学校〔ミナモザ〕
 
土橋淳志 『或いは魂の止まり木』 【上演台本】平成25年/2013年3月・兵庫:AI・HALL〔A級MissingLink〕
 
西尾佳織 『カンロ』 【上演台本】平成25年/2013年10月~11月・東京:三鷹市芸術文化センター星のホール〔鳥公園〕
 
山内ケンジ 『効率の優先』 【上演台本】平成25年/2013年6月・東京芸術劇場シアターイースト〔城山羊の会〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成26年/2014年2月19日17:00~ [会場]神田神保町「學士會館」
授賞式4月14日18:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

59
平成27年/2015年度
└[ 対象期間 ]─平成26年/2014年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成27年/2015年2月16日
受賞 山内ケンジ 『トロワグロ』 【上演台本】平成26年/2014年11月~12月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔城山羊の会〕
 
候補 桑原裕子 『痕跡《あとあと》』 【上演台本】平成26年/2014年8月・東京:青山円形劇場、北九州芸術劇場小劇場〔KAKUTA〕
 
角ひろみ 『囁谷シルバー男声合唱団』 【上演台本】平成26年/2014年11月・東京:ステージ円〔演劇集団円〕
 
田村孝裕 『世界は嘘で出来ている』 【上演台本】平成26年/2014年10月・豊橋:とよはし演劇工房、東京:下北沢ザ・スズナリ〔ONEOR8〕
 
福原充則 『つんざき行路、されるがまま』 【上演台本】平成26年/2014年11月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔月影番外地〕
 
古川日出男 『冬眠する熊に添い寝してごらん』 平成26年/2014年1月・新潮社刊
 
ペヤンヌマキ 『男たらし』 【上演台本】平成26年/2014年1月~12月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔ブス会*〕
 
山本卓卓 『うまれてないからまだしねない』 【上演台本】平成26年/2014年4月・東京芸術劇場シアターイースト〔範宙遊泳〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成27年/2015年2月16日17:00~ [会場]神田神保町「學士會館」
授賞式4月27日18:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

60
平成28年/2016年度
└[ 対象期間 ]─平成27年/2015年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成28年/2016年2月29日
受賞 タニノクロウ 『地獄谷温泉 無明ノ宿』 【上演台本】平成27年/2015年8月・東京:森下スタジオ〔庭劇団ペニノ〕
 
候補 神里雄大 「+51 アビアシオン, サンボルハ」 『新潮』平成27年/2015年6月号
 
根本宗子 『夏果て幸せの果て』 【上演台本】平成27年/2015年6月・東京芸術劇場シアターイースト〔大森靖子×根本宗子〕
 
古川 健 『ライン(国境)の向こう』 【上演台本】平成27年/2015年12月・東京芸術劇場シアターウエスト〔劇団チョコレートケーキ with バンダ・ラ・コンチャン〕
 
ペヤンヌマキ 『お母さんが一緒』 【上演台本】平成27年/2015年11月・東京:下北沢ザ・スズナリ〔ブス会*〕
 
三浦直之 『ハンサムな大悟』 【上演台本】平成27年/2015年6月・東京:こまばアゴラ劇場〔ロロ〕
 
柳沼昭徳 『新・内山』 【上演台本】平成27年/2015年10月・京都芸術センター〔京都芸術センター〕
 
山本健介 『30光年先のガールズエンド』 【上演台本】平成27年/2015年4月・東京:早稲田小劇場どらま館〔ジエン社〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成28年/2016年2月29日18:30~ [会場]神田神保町「學士會館」
授賞式5月9日18:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」

61
平成29年/2017年度
└[ 対象期間 ]─平成28年/2016年1月1日~12月31日
=[ 決定 ] 平成29年/2017年2月27日
受賞 上田 誠 『来てけつかるべき新世界』 【上演台本】平成28年/2016年9月・滋賀:栗東芸術文化会館さきら、京都府立文化芸術会館、東京:本多劇場、広島:JMSアステールプラザ、10月・福岡:西鉄ホール、大阪:ABCホール、四日市市文化会館、高知県立県民文化ホール、横浜:KAAT神奈川芸術劇場、11月・名古屋市東文化小劇場〔ヨーロッパ企画〕
 
候補 市原佐都子 『毛美子不毛話』 【上演台本】平成28年/2016年12月・東京:新宿眼科画廊 スペース地下〔Q(キュー)〕
 
長田育恵 『SOETSU
―韓くにの白き太陽―』
【上演台本】平成28年/2016年12月・東京:三越劇場〔劇団民藝〕
 
オノマリコ 『THE GAME OF
POLYAMORY LIFE』
【上演台本】平成28年/2016年1月・横浜:KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ〔趣向〕
 
瀬戸山美咲 『埒もなく汚れなく』 【上演台本】平成28年/2016年6月・東京:シアター711〔オフィス コットーネ〕
 
林慎一郎 『PORTAL』 【上演台本】平成28年/2016年3月・ロームシアター京都サウスホール〔京都国際舞台芸術祭〕
 
平塚直隆 『ここはカナダじゃない』 【上演台本】平成28年/2016年10月・東京:三鷹市芸術文化センター星のホール〔オイスターズ〕
 
山縣太一 『ドッグマンノーライフ』 【上演台本】平成28年/2016年6月・神奈川:STスポット〔オフィスマウンテン〕
 
最終候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞時計+副賞20万円
選考委員
選考会平成29年/2017年2月27日18:00~ [会場]神田神保町「學士會館」
授賞式4月17日18:00~ [会場]神楽坂「日本出版クラブ会館」



ページの先頭へ

岸田國士戯曲賞 第1回~第61回
トップページ一覧〔小説全般〕小説全般(公募)小説全般(非公募)一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕一覧〔ノンフィクション〕一覧〔詩〕一覧〔ライトノベル〕一覧〔種々〕
マップ