文学賞の世界
宝石評論賞
第1回~第3回
昭和35年/1960年~昭和38年/1963年
123.

宝石評論賞一覧 トップページ
一覧〔小説全般〕
一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕
一覧〔ノンフィクション〕
一覧〔詩〕
一覧〔ライトノベル〕
一覧〔種々〕
マップ

ページの最後へ
Last Update[H27]2015/6/6

主催 宝石社
対象 公募原稿:推理小説に関する評論
規定枚数
第1回 :20枚
第2回~第3回 :40枚以内
賞名 はじめての募集時には「懸賞「評論」募集」として原稿を募ったが、発表のさいに「宝石評論賞」と表記された。
以降は「宝石評論賞」として募集。

1
昭和35年/1960年度
=[ 締切 ] 昭和35年/1960年1月20日
=[ 媒体 ] 『宝石』昭和35年/1960年6月号発表・選考座談会掲載
  入選作なし
 
選外
佳作
権田万治
権田萬治
「感傷の効用
―レイモンド・チャンドラー論
 『宝石』昭和35年/1960年8月号掲載
 
選外
佳作
佐藤東洋麿 「ポアロの微笑
―A・クリスティについて
 『宝石』昭和35年/1960年6月号掲載
 
候補 扇野聖史 「推理小説への想望」
 
辻 五郎 「日常の中のスリラー」
 
最終予選通過作4篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
一席:5千円
佳作:1千円
選考委員
(欠席)
選考会昭和35年/1960年4月25日 [会場]日比谷・山水楼

2
昭和37年/1962年度
=[ 締切 ] 昭和36年/1961年10月10日
=[ 媒体 ] 『宝石』昭和37年/1962年2月号発表
  入選作なし
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
一席:1万円
次席:5千円
佳作:2千円
選考委員

3
昭和38年/1963年度
=[ 締切 ] 昭和37年/1962年10月10日
=[ 媒体 ] 『宝石』昭和38年/1963年2月号発表(予定)
  入選発表なし。
つづいて『宝石』では、昭和38年/1963年2月15日締切・枚数40枚以内・入選作賞金1万円+『宝石』1ヵ年分の規定で「作家論原稿募集」が行われた。これは毎月掲載されていた「或る作家の周囲」というシリーズ企画のための募集で、対象の作家は、有馬頼義・松本清張・日影丈吉・山村正夫・南條範夫・飛鳥高・水谷準・角田喜久雄。
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
一席:1万円
次席:5千円
佳作:2千円
選考委員



ページの先頭へ

宝石評論賞 第1回~第3回
トップページ一覧〔小説全般〕小説全般(公募)小説全般(非公募)一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕一覧〔ノンフィクション〕一覧〔詩〕一覧〔ライトノベル〕一覧〔種々〕
マップ