文学賞の世界
日本ノンフィクション賞
第1回~第13回
昭和49年/1974年~昭和61年/1986年
12345.
678910.
111213.

日本ノンフィクション賞一覧 トップページ
一覧〔小説全般〕
一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕
一覧〔ノンフィクション〕
一覧〔詩〕
一覧〔ライトノベル〕
一覧〔種々〕
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/11/1

主催
第1回~第2回 :角川書店
第3回~第13回 :財団法人角川文化振興財団
対象 単行本・雑誌に発表されたか、投稿原稿によるノンフィクション作品。
対象期間 前年9月~当年8月
創設経緯 角川書店創業30年と『野性時代』創刊を記念して、角川小説賞、野性時代新人文学賞と共に創設

1
昭和49年/1974年度
└[ 対象期間 ]─昭和48年/1973年9月~昭和49年/1974年8月
=[ 決定 ] 昭和49年/1974年10月11日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和50年/1975年1月号
受賞 岡 茂雄 『本屋風情』 昭和49年/1974年7月・平凡社刊
 
受賞 野本三吉 『裸足の原始人たち
―寿地区の子ども
昭和49年/1974年5月・田畑書店刊
 
候補 西田利貞 『精霊の子供たち
―チンパンジーの社会構造を探る
昭和48年/1973年10月・筑摩書房刊
 
田島征三 『土の絵本』 昭和49年/1974年8月・すばる書房盛光社刊
 
中原フク(述)
村上 護(編)
『私の上に降る雪は
―わが子 中原中也を語る
昭和48年/1973年10月・講談社刊
 
最終候補作5作品
応募原稿57篇
アンケートその他による他薦自薦258点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞+副賞20万円
選考委員
選考委員会昭和49年/1974年10月11日16:00~ [会場]東京・四谷「福田家」

2
昭和50年/1975年度
└[ 対象期間 ]─昭和49年/1974年9月~昭和50年/1975年8月
=[ 決定 ] 昭和50年/1975年10月19日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和51年/1976年1月号
受賞 西村 滋 『雨にも負けて風にも負けて
―戦争孤児十三万人の歪められた軌跡
昭和50年/1975年-月・双葉社刊
 
佳作 大西信行 『落語無頼語録』 昭和49年/1974年10月・芸術生活社刊
 
佳作 坂間文子 『雪原にひとり囚われて
―シベリア抑留10年の記録
昭和50年/1975年8月・講談社刊
 
候補 鈴木 明 『リリー・マルレーンを聴いたことがありますか』 昭和50年/1975年5月・文藝春秋刊
 
深作光貞 『海上の道他界への道
―与那国沖縄からマダガスカルまで
昭和50年/1975年5月・世界思想社刊
 
野添憲治 『花岡事件の人たち
―中国人強制連行の記録
昭和50年/1975年7月・評論社/「人間の権利」叢書
 
辺見じゅん 『呪われたシルク・ロード』 昭和50年/1975年4月・角川書店刊
 
寺河俊人 「わが神々のさすらい」 (応募原稿)  昭和54年/1979年10月・角川書店/角川選書『神々のさすらい――「播磨国風土記」の世界』
 
最終候補作8作品
応募原稿68点
アンケートその他による他薦自薦約250点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞30万円
佳作賞:10万円
選考委員
選考委員会昭和50年/1975年10月19日18:00~ [会場]東京・四谷ホテルニューオータニ内「なだ万」

3
昭和51年/1976年度
└[ 対象期間 ]─昭和50年/1975年9月~昭和51年/1976年8月
=[ 決定 ] 昭和51年/1976年10月1日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和52年/1977年1月号
受賞 谷 泰 『牧夫フランチェスコの一日
―イタリア中部山村生活誌
昭和51年/1976年8月・日本放送出版協会/NHKブックス
 
受賞 上前淳一郎 『太平洋の生還者』 昭和51年/1976年7月・文藝春秋刊
 
佳作 森 直樹 「ニッポン遙拝」 (応募書き下ろし作品)
 
候補 森崎和江 『からゆきさん』 昭和51年/1976年5月・朝日新聞社刊
 
岩川 隆 『神を信ぜず
―BC級戦犯の墓碑銘
昭和51年/1976年5月・立風書房刊
 
最終候補作5作品
予選通過候補作10作品
応募原稿74点
アンケートその他による他薦自薦約250点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞30万円
佳作賞:5万円
選考委員
選考委員会昭和51年/1976年10月1日18:00~ [会場]東京・四谷「福田家」

4
昭和52年/1977年度
└[ 対象期間 ]─昭和51年/1976年9月~昭和52年/1977年8月
=[ 決定 ] 昭和52年/1977年10月12日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和53年/1978年1月号
  受賞作なし
 
候補 本田靖春 『サンパウロからアマゾンへ』 昭和51年/1976年12月・北洋社刊
 
白崎昭一郎 『埋もれた王国
―古代を追う人々
昭和52年/1977年7月・大和書房刊
 
松下竜一 『砦に拠る』 昭和52年/1977年7月・筑摩書房刊
 
最終候補作3作品
候補 松山幸雄 『甘い国から来た男
―親米家と反米家へ ナショナル・プレスからのレポート
昭和52年/1977年7月・潮出版社刊
 
予選通過候補作11作品
応募原稿66点
アンケートその他による他薦自薦約200点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞30万円
選考委員
選考委員会昭和52年/1977年10月12日18:00~ [会場]東京・四谷「福田家」

5
昭和53年/1978年度
└[ 対象期間 ]─昭和52年/1977年9月~昭和53年/1978年8月
=[ 決定 ] 昭和53年/1978年10月12日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和54年/1979年1月号
受賞 宮脇俊三 『時刻表2万キロ』 昭和53年/1978年7月・河出書房新社刊
 
受賞 澤地久枝 『火はわが胸中にあり
―忘れられた近衛兵士の叛乱・竹橋事件
昭和53年/1978年7月・角川書店刊
 
佳作 西条 正 『中国人として育った私
―解放後のハルビンで
昭和53年/1978年1月・中央公論社/中公新書
 
候補 吉田慎一 『木村王国の崩壊
―ドキュメント福島県政汚職―
昭和53年/1978年6月・朝日新聞社刊
 
最終候補作4作品
候補 高田 宏 『言葉の海へ』 昭和53年/1978年7月・新潮社刊
 
第一次候補作9作品
応募原稿63点
アンケートその他による他薦自薦約250点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞30万円
佳作賞:10万円
選考委員
選考委員会昭和53年/1978年10月12日18:30~ [会場]東京・四谷「福田家」

6
昭和54年/1979年度
└[ 対象期間 ]─昭和53年/1978年9月~昭和54年/1979年8月
=[ 決定 ] 昭和54年/1979年9月28日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和55年/1980年1月号
受賞 春名 徹 『にっぽん音吉漂流記』 昭和54年/1979年5月・晶文社刊
 
新人賞 大谷 勲 「日系アメリカ人」 (応募原稿)  昭和55年/1980年8月・角川書店刊『他人の国、自分の国――日系アメリカ人オザキ家三代の記録』
 
候補 檜山良昭 『ヒトラーの奇襲
―暗号の名は「バルバロッサ」
昭和54年/1979年5月・講談社刊
 
原ひろ子 『子どもの文化人類学』 昭和54年/1979年2月・晶文社刊
 
川田順造 『サバンナの博物誌』 昭和54年/1979年8月・新潮社/新潮選書
 
斎藤充功 『中国獄中二十五年
―戦後三十三年目の生還者
昭和54年/1979年8月・ダイヤモンド社刊
 
武田百合子 『犬が星見た
―ロシア旅行
昭和54年/1979年2月・中央公論社刊
 
袖井林二郎 『私たちは敵だったのか
―在米ヒバクシャの黙示録
昭和53年/1978年12月・潮出版社刊
 
吉原健一郎 『江戸の情報屋
―幕末庶民史の側面
昭和53年/1978年12月・日本放送出版協会/NHKブックス
 
最終候補作9作品
応募原稿59点
アンケートその他による他薦自薦約150点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞50万円:新人賞正賞金時計+副賞30万円
選考委員
(海外取材のため欠席)
選考委員会昭和54年/1979年9月28日18:00~ [会場]東京・四谷「福田家」

7
昭和55年/1980年度
└[ 対象期間 ]─昭和54年/1979年9月~昭和55年/1980年8月
=[ 決定 ] 昭和55年/1980年9月27日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和56年/1981年1月号
受賞 吉野孝雄 『宮武外骨』 昭和55年/1980年7月・河出書房新社刊
 
新人賞 西木正明 『オホーツク諜報船』 昭和55年/1980年7月・角川書店刊
 
候補 山本祐司 『東京地検特捜部
―日本最強の捜査機関・その光と影
昭和55年/1980年5月・現代評論社刊
 
水谷慶一 『知られざる古代
―謎の北緯三四度三二分をゆく
昭和55年/1980年2月・日本放送出版協会刊
 
西江雅之 『旅人からの便り』 昭和55年/1980年7月・リブロポート刊
 
手塚正己 「ワッターヤー ウチナンチュ」 (応募原稿)
 
最終候補作6作品
応募原稿67点
アンケートその他による他薦自薦200余点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞50万円:新人賞正賞金時計+副賞30万円
選考委員
(欠席/書面参加)
(欠席/書面参加)
選考委員会昭和55年/1980年9月27日夕 [会場]東京・紀尾井町「福田家」

8
昭和56年/1981年度
└[ 対象期間 ]─昭和55年/1980年9月~昭和56年/1981年8月
=[ 決定 ] 昭和56年/1981年10月10日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和57年/1982年1月号
受賞 小関智弘 『大森界隈職人往来』 昭和56年/1981年4月・朝日新聞社刊
 
受賞 山際淳司 『スローカーブを、もう一球』 昭和56年/1981年8月・角川書店刊
 
新人賞 受賞作なし
 
候補 岡田恵美子 『イラン人の心』 昭和56年/1981年6月・日本放送出版協会/NHKブックス
 
佐藤 健 『マンダラ探険
―チベット仏教踏査
昭和56年/1981年6月・人文書院刊
 
合田一道 「白い神の家」 (応募原稿)
 
最終候補作5作品
応募原稿56点
アンケートその他による他薦自薦約190点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞50万円:新人賞正賞金時計+副賞30万円
選考委員
選考委員会昭和56年/1981年10月10日夕 [会場]東京・紀尾井町ホテルニューオータニ内「なだ万」

9
昭和57年/1982年度
└[ 対象期間 ]─昭和56年/1981年9月~昭和57年/1982年8月
=[ 決定 ] 昭和57年/1982年9月28日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和58年/1983年1月号
受賞 和田 誠 『ビギン・ザ・ビギン
―日本ショウビジネス楽屋口
昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊
 
受賞 生江有二 『無冠の疾走者たち』 昭和57年/1982年8月・角川書店刊
 
新人賞 野田知佑 『日本の川を旅する
―カヌー単独行
昭和57年/1982年4月・日本交通公社出版事業局刊
 
候補 三輪和雄 『総理の病室』 昭和57年/1982年6月・新潮社刊
 
工藤美代子
スーザン・フィリップス
『晩香坡の愛
―田村俊子と鈴木悦
昭和57年/1982年7月・ドメス出版刊
 
最終候補作5作品
応募原稿63点
アンケートその他による他薦自薦140点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞50万円:新人賞正賞金時計+副賞30万円
選考委員
(欠席)
選考委員会昭和57年/1982年9月28日夕 [会場]東京・紀尾井町「福田家」

10
昭和58年/1983年度
└[ 対象期間 ]─昭和57年/1982年9月~昭和58年/1983年8月
=[ 決定 ] 昭和58年/1983年10月17日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和59年/1984年1月号
受賞 工藤久代 『ワルシャワ猫物語』 昭和58年/1983年5月・文藝春秋刊
 
新人賞 舟越健之輔 『箱族の街』 昭和58年/1983年7月・新潮社刊
 
候補 橋本克彦 『線路工手の唄が聞えた』 昭和58年/1983年6月・JICC出版局刊
 
最終候補作3作品
応募原稿57点
アンケートその他による他薦自薦約200点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞50万円:新人賞正賞金時計+副賞30万円
選考委員
(欠席/書面参加)
(欠席/書面参加)
選考委員会昭和58年/1983年10月17日夕 [会場]東京・紀尾井町「福田家」

11
昭和59年/1984年度
└[ 対象期間 ]─昭和58年/1983年9月~昭和59年/1984年8月
=[ 決定 ] 昭和59年/1984年10月5日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和60年/1985年1月号
受賞 中野不二男 『カウラの突撃ラッパ
―零戦パイロットはなぜ死んだか
昭和59年/1984年7月・文藝春秋刊
 
受賞 読売新聞
大阪社会部
(編)
『警官汚職』 昭和59年/1984年8月・角川書店刊
 
新人賞 受賞作なし
 
候補 関川夏央 『ソウルの練習問題
―異文化への透視ノート
昭和59年/1984年1月・情報センター出版局刊
 
柳川喜郎 『桜島噴火記
―住民ハ理論ニ信頼セズ…
昭和59年/1984年6月・日本放送出版協会刊
 
最終候補作4作品
応募原稿51点
アンケートその他による他薦自薦200余点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞50万円:新人賞正賞金時計+副賞30万円
選考委員
選考委員会昭和59年/1984年10月5日夕 [会場]東京・紀尾井町「福田家」

12
昭和60年/1985年度
└[ 対象期間 ]─昭和59年/1984年9月~昭和60年/1985年8月
=[ 決定 ] 昭和60年/1985年10月8日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和61年/1986年1月号
  受賞作なし
 
新人賞 天野洋一 「ダバオ国の末裔たち」 (応募原稿)  平成2年/1990年12月・風媒社刊『ダバオ国の末裔たち――フィリピン日系棄民』
 
候補 目黒考二 『本の雑誌風雲録』 昭和60年/1985年5月・本の雑誌社刊
 
足立倫行 『日本海のイカ
―海からだけ見えるニンゲン社会の動悸
昭和60年/1985年5月・情報センター出版局刊
 
梁 石日 『タクシードライバー日誌』 昭和59年/1984年9月・筑摩書房刊
 
金森敦子 参考作品「石工・丹波佐吉の旅」 (応募原稿)  昭和63年/1988年9月・法政大学出版局刊『旅の石工――丹波佐吉の生涯』
 
最終候補作4作品+参考作品1作品
応募原稿50点
アンケートその他による他薦自薦約200点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞50万円:新人賞正賞金時計+副賞30万円
選考委員
(欠席/書面参加)
選考委員会昭和60年/1985年10月8日夕 [会場]東京・紀尾井町「福田家」

13
昭和61年/1986年度
└[ 対象期間 ]─昭和60年/1985年9月~昭和61年/1986年8月
=[ 決定 ] 昭和61年/1986年10月17日
=[ 媒体 ] 『野性時代』昭和62年/1987年1月号
  受賞作なし
 
新人賞 受賞作なし
 
候補 高田 宏 『海上の王国』 昭和61年/1986年6月・潮出版社刊
 
秋葉忠利 『真珠と桜
―「ヒロシマ」から見たアメリカの心
昭和61年/1986年7月・朝日新聞社刊
 
吉岡 忍 『墜落の夏
―日航123便事故全記録
昭和61年/1986年8月・新潮社刊
 
最終候補作3作品
応募原稿75点
アンケートその他による他薦自薦約120点
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞ブロンズ像一基+副賞50万円:新人賞正賞金時計+副賞30万円
選考委員
(欠席/書面参加)
選考委員会昭和61年/1986年10月17日夕 [会場]東京・紀尾井町「福田家」



ページの先頭へ

日本ノンフィクション賞 第1回~第13回
トップページ一覧〔小説全般〕小説全般(公募)小説全般(非公募)一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕一覧〔ノンフィクション〕一覧〔詩〕一覧〔ライトノベル〕一覧〔種々〕
マップ