文学賞の世界
群像新人文学賞
第1回~第61回
昭和33年/1958年~(継続中)
12345.
678910.
1112131415.
1617181920.
2122232425.
2627282930.
3132333435.
3637383940.
4142434445.
4647484950.
5152535455.
5657585960.
61.

群像新人文学賞一覧 トップページ
一覧〔小説全般〕
一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕
一覧〔ノンフィクション〕
一覧〔詩〕
一覧〔ライトノベル〕
一覧〔種々〕
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/5/17

主催 講談社『群像』
対象 公募原稿

1
昭和33年/1958年度
=[ 締切 ] 昭和33年/1958年3月31日
=[ 決定 ] 昭和33年/1958年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和33年/1958年8月号選考座談会掲載
小説部門
  当選作なし
 
候補 井上 郷 「生活保護法」  昭和40年/1965年12月・作文社刊『大連』所収
 
田中艸太郎 「半・真実」  昭和44年/1969年12月・五月書房刊『半・真実』所収
 
三村章子 「人形の歌」
 
最終候補作3篇
予選通過作17篇
応募総数846篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 足立 康 「宝石の文学」  『群像』昭和33年/1958年8月号掲載
 
候補 佐藤三夫 「定型詩と伝統の問題」
 
野島秀勝 「「拒まれた」者の美学
―三島由紀夫論
 『群像』昭和34年/1959年2月号掲載
 
久木 允 「「むらぎも」について」
 
森本和夫 「小説の運命について」
 
最終候補作5篇
予選通過作11篇
応募総数107篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会昭和33年/1958年6月12日

2
昭和34年/1959年度
=[ 締切 ] 昭和33年/1958年11月30日
=[ 決定 ] 昭和34年/1959年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和34年/1959年6月号選考座談会掲載
小説部門
  当選作なし
 
候補 石田耕治 「靴」  『群像』昭和34年/1959年6月号掲載  平成26年/2014年6月・河出書房新社刊『雲の記憶』所収
 
王塚 跣 「機械の中から」
 
梶川敦子 「死者の家」
 
真崎 浩 「夏の死」  『群像』昭和34年/1959年6月号掲載
 
望月一宏 「ガラスの鐘」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作14篇
第一次予選通過作29篇
応募総数863篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 佐野金之助 「活力の造型
―戦後世代の文学的課題
 『群像』昭和34年/1959年6月号掲載
 
候補 片岡啓治 「日本的精神の風土について」
 
中井正義 「文学の栄光を回復する道
―現代短歌の将来について
 
宮井一郎 「漱石と現代文学」
 
守屋陽一 「小林秀雄論」  『三田文学』昭和34年/1959年9月号掲載
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作20篇
応募総数112篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会昭和34年/1959年4月12日

3
昭和35年/1960年度
=[ 締切 ] 昭和34年/1959年11月30日
=[ 決定 ] 昭和35年/1960年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和35年/1960年5月号選考座談会掲載
小説部門
当選作 古賀珠子 「魔笛」  『群像』昭和35年/1960年5月号掲載  昭和36年/1961年6月・講談社刊『魔笛』所収
 
候補 小内原文雄 「浮草」
 
北村鱒夫 「愛と憎しみの夜に」
 
三枝和子 「死のカルテたち」
 
高橋芳亥 「駝鳥」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作30篇
応募総数875篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 秋山 駿 「小林秀雄」  『群像』昭和35年/1960年5月号掲載
 
候補 磯田光一 「三島由紀夫論」  『群像』昭和35年/1960年10月号掲載
 
片岡啓治 「見られる者
―織田作之助について
 
日下野叔子 「戦後文学の基盤」
 
森川達也 「偽装の文学」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作9篇
第一次予選通過作19篇
応募総数122篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会昭和35年/1960年3月14日

4
昭和36年/1961年度
=[ 締切 ] 昭和35年/1960年11月30日
=[ 決定 ] 昭和36年/1961年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和36年/1961年5月号選考座談会掲載
小説部門
  当選作なし
 
最優秀作 成相夏男
上田三四二
「逆縁」  『群像』昭和36年/1961年5月号掲載
 
候補 亀井信由 「顔」
 
平田 敬 「平和の日々」  『群像』昭和36年/1961年6月号掲載  昭和47年/1972年2月・新潮社刊『ダイビング』所収
 
吉武宏司 「過ぎ去る夏に……どうして私は……」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作34篇
応募総数881篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 成相夏男
上田三四二
「斎藤茂吉論」  『群像』昭和36年/1961年5月号掲載
 
候補 小笠原 克 「転向文学への一つの試み」
 
山岸一郎 「小林秀雄の周辺」
 
山本 明 「失われたもの
―「李陵」をめぐって
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作8篇
第一次予選通過作14篇
応募総数121篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
(外遊中欠席)
選考会昭和36年/1961年3月20日

5
昭和37年/1962年度
=[ 締切 ] 昭和36年/1961年11月30日
=[ 決定 ] 昭和37年/1962年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和37年/1962年5月号選考座談会掲載
小説部門
当選作 西原 啓 「日蝕」  『群像』昭和37年/1962年5月号掲載  昭和43年/1968年1月・晶文社刊『日蝕』所収
 
候補 志田暁男 「ニノチカ」  『群像』昭和37年/1962年6月号掲載
 
中川芳子 「減悪山脈」  『群像』昭和38年/1963年1月号掲載
 
宮本信男 「根の国」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作20篇
第一次予選通過作56篇
応募総数897篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 大炊 絶
小笠原克
「私小説論の成立をめぐって」  『群像』昭和37年/1962年5月号掲載
 
候補 宮井一郎 「「明暗」の主題」  『群像』昭和37年/1962年6月号掲載
 
森 常治 「甘い生活
―稚拙な時代について
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作14篇
第一次予選通過作29篇
応募総数125篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会昭和37年/1962年3月15日

6
昭和38年/1963年度
=[ 締切 ] 昭和37年/1962年11月30日
=[ 決定 ] 昭和38年/1963年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和38年/1963年5月号選考座談会掲載
小説部門
当選作 文沢隆一 「重い車」  『群像』昭和38年/1963年5月号掲載  昭和45年/1970年-月・文化評論出版刊『〈八月六日〉を描く』所収  ...
 
候補 川野彰子 「凋落」  昭和39年/1964年3月・文藝春秋新社刊『廓育ち』所収
 
黒須重彦 「蜘蛛と毛糸」
 
「落下」
 
正田 昭 「サハラの水」  『群像』昭和38年/1963年9月号掲載
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作18篇
第一次予選通過作65篇
応募総数722篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 月村敏行 「中野重治論序説
―その詩集の意味するもの
 『群像』昭和38年/1963年5月号掲載
 
候補 松本 徹 「森鴎外ノート」
 
吉村時雄 「嘉村礒多文学私見」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作30篇
応募総数98篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
選考会昭和38年/1963年3月12日

7
昭和39年/1964年度
=[ 締切 ] 昭和38年/1963年11月30日
=[ 決定 ] 昭和39年/1964年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和39年/1964年5月号選評掲載
小説部門
当選作 三好三千子 「どくだみ」  『群像』昭和39年/1964年5月号掲載  平成7年/1995年10月・編集工房ノア刊『青桐の家』所収
 
候補 川村 平 「恋人たち」
 
黒部 亨 「城」
 
福代包男 「雪の檻」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作41篇
応募総数853篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 松原新一 「亀井勝一郎論」  『群像』昭和39年/1964年5月号掲載
 
候補 太田静一 「中原中也「山羊の歌」論」
 
吉村時雄 「嘉村礒多論
―その文学の本質をめぐっての若干の考察
 
渡辺嘉寿満 「現代文学と批評」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作9篇
第一次予選通過作21篇
応募総数92篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
(中国旅行中欠席/書面回答)

8
昭和40年/1965年度
=[ 締切 ] 昭和39年/1964年11月30日
=[ 決定 ] 昭和40年/1965年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和40年/1965年5月号選評掲載
小説部門
当選作 黒部 亨 「砂の関係」  『群像』昭和40年/1965年5月号掲載
 
候補 伊原みち 「死の領分」
 
岡 正基 「深い霧」
 
太佐 順 「祈りの部屋」  昭和45年/1970年11月・養神書院刊『祈りの部屋』所収
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作52篇
応募総数821篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 渡辺広士 「三島由紀夫と大江健三郎」  『群像』昭和40年/1965年5月号掲載
 
候補 亀井秀雄 「ある「文学史論」のゆくすえ
―小林秀雄と平野謙
 『群像』昭和40年/1965年11月号掲載
 
越川正三 「愛のむなしい探索者
―太宰治論
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作6篇
第一次予選通過作21篇
応募総数83篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

9
昭和41年/1966年度
=[ 締切 ] 昭和40年/1965年11月30日
=[ 決定 ] 昭和41年/1966年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和41年/1966年5月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
最優秀作 畑山 博 「一坪の大陸」  『群像』昭和41年/1966年5月号掲載  昭和47年/1972年12月・講談社刊『母を拭く夜』所収
 
候補 戸田茂美 「鰐」
 
真崎 遙 「明日咲く花」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作16篇
第一次予選通過作53篇
応募総数802篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
最優秀作 曾根博義 「『伊藤整の方法』
―肉体なき生活の思想
 『群像』昭和41年/1966年5月号掲載
 
最優秀作 近藤 功 「吉本隆明」  『群像』昭和41年/1966年5月号掲載
 
候補 小川和佑 「三好達治論ノオト」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作9篇
第一次予選通過作23篇
応募総数71篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

10
昭和42年/1967年度
=[ 締切 ] 昭和41年/1966年11月30日
=[ 決定 ] 昭和42年/1967年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和42年/1967年5月号選評掲載
小説部門
当選作 近藤弘俊 「骨」  『群像』昭和42年/1967年5月号掲載
 
候補 鶉野昭彦 「或る戦後の日常生活」
 
小野 東 「誰だろう」
 
福沢英敏 「退嬰的な日々」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作42篇
応募総数725篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 宮内 豊 「大岡昇平論」  『群像』昭和42年/1967年5月号掲載
 
当選作 利沢行夫 「自己救済のイメージ
―大江健三郎論
 『群像』昭和42年/1967年5月号掲載
 
候補 細川 皓 「川端康成論
―「伊豆の踊子」を手がかりに
 『群像』昭和42年/1967年9月号掲載
 
八橋一郎 「野間宏における性の問題」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作44篇
応募総数83篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

11
昭和43年/1968年度
=[ 締切 ] 昭和42年/1967年11月30日
=[ 決定 ] 昭和43年/1968年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和43年/1968年6月号選評掲載
小説部門
当選作 大庭みな子 「三匹の蟹」  『群像』昭和43年/1968年6月号掲載  昭和43年/1968年10月・講談社刊『三匹の蟹』所収  昭和47年/1972年-月・講談社/講談社文庫『三匹の蟹・青い落葉』所収  ...
 
優秀作 深井富子 「ドン・ペドロ二世ホテル」  『群像』昭和43年/1968年6月号掲載
 
候補 安城栄典 「転びの庭叙景」
 
中上健次 「日本語について」  『文芸首都』昭和43年/1968年9月号掲載  昭和50年/1975年2月・集英社刊『鳩どもの家』所収  昭和55年/1980年6月・集英社/集英社文庫『鳩どもの家』所収  ...
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作19篇
第一次予選通過作39篇
応募総数514篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 小松万佐子 「『現代の神』を索めて」  『群像』昭和43年/1968年6月号掲載
 
候補 岡庭 昇 「ぼろぼろな駝鳥
―高村光太郎と抒情の運命
 
柄谷行人 「〈批評〉の死」
 
八橋一郎 「『抱擁家族』の問題」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作20篇
応募総数52篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

12
昭和44年/1969年度
=[ 締切 ] 昭和43年/1968年11月30日
=[ 決定 ] 昭和44年/1969年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和44年/1969年6月号選評掲載
小説部門
当選作 李 恢成 「またふたたびの道」  『群像』昭和44年/1969年6月号掲載  昭和44年/1969年6月・講談社刊  昭和47年/1972年12月・講談社/講談社文庫  ...
 
候補 田中 清 「ある蠢き」
 
宮崎 東 「夜の水浴」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作14篇
第一次予選通過作54篇
応募総数596篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 柄谷行人 「〈意識〉と〈自然〉
―漱石試論
 『群像』昭和44年/1969年6月号掲載
 
候補 苗村昌義 「吉本隆明私論」
 
松本慎二 「大岡昇平論」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作7篇
第一次予選通過作22篇
応募総数53篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

13
昭和45年/1970年度
=[ 締切 ] 昭和44年/1969年11月30日
=[ 決定 ] 昭和45年/1970年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和45年/1970年7月号選評掲載
小説部門
当選作 勝木康介 「出発の周辺」  『群像』昭和45年/1970年7月号掲載  昭和46年/1971年3月・講談社刊『出発の周辺』所収  ...
 
候補 醍醐麻沙夫 「聖人たちの湾」  昭和56年/1981年5月・冬樹社刊『森の夢――ブラジル日本人移民の記録』所収
 
中川芳郎 「埋葬」  『群像』昭和45年/1970年9月号掲載  昭和45年/1970年11月・講談社刊
 
山下幸夫 「上機嫌」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作33篇
応募総数507篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
候補 大熊 栄 「大江健三郎論
―現代的「ヒーロー」の探求
 
古麻 公 「漱石における「則天去私」の必然性」
 
杉尾玄有 「原点指向の文学
―太宰治における「優しさ」の意味
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作21篇
応募総数48篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

14
昭和46年/1971年度
=[ 締切 ] 昭和45年/1970年11月30日
=[ 決定 ] 昭和46年/1971年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和46年/1971年6月号選評掲載
小説部門
当選作 小林美代子 「髪の花」  『群像』昭和46年/1971年6月号掲載  昭和46年/1971年8月・講談社刊『髪の花』所収  ...
 
当選作 広川禎孝 「チョーク」  『群像』昭和46年/1971年6月号掲載
 
候補 秋山祐二 「遠心」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作7篇
第一次予選通過作26篇
応募総数524篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
候補 植地芳久 「私怨と自虐の系譜
―井上光晴論序説
 
柿島啓一 「ポール・ヴァレリー」
 
塩川 優 「平野謙」
 
和田利夫 「ソルジェニーツィン覚え書き
―「煉獄のなかで」を中心に
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作6篇
第一次予選通過作23篇
応募総数55篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

15
昭和47年/1972年度
=[ 締切 ] 昭和46年/1971年11月30日
=[ 決定 ] 昭和47年/1972年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和47年/1972年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
候補 小川久夫 「アパートの階段」
 
高城勝列 「文鳥」
 
陶堂春介 「ファゴットよ高らかに」
 
水野明英
伊達一行
「葬式」
 
山室吾郎
【山室吾朗】
「幽閉」  『早稲田文学』昭和47年/1972年9月号掲載
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作28篇
応募総数538篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 西村 亘 「ギリシア人の歎き
―悲劇に於ける宿命と
自由との関係の考察
 『群像』昭和47年/1972年6月号掲載
 
候補 菊田 均 「江藤淳論」
 
谷村 光 「中野重治論」
 
鳥羽京四郎 「芥川龍之介
―その少年性について
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作25篇
応募総数51篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

16
昭和48年/1973年度
=[ 締切 ] 昭和47年/1972年11月30日
=[ 決定 ] 昭和48年/1973年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和48年/1973年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
候補 石川 守 「死のメルヘン」
 
小口兼松 「橋の上に」
 
杉浦愛子 「淵」
 
鶴見三喜次 「儀式」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作19篇
第一次予選通過作44篇
応募総数543篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 本村敏雄 「傷痕と回帰
―「月とかがり火」を中心に
 『群像』昭和48年/1973年6月号掲載
 
優秀作 原口昭夫 「大江健三郎論
―精神の位相というその顔立
 『群像』昭和48年/1973年6月号掲載
 
候補 岡嶋冨士男 「もう一つの〈現実〉」
 
密中 忍 「誤算
―岩野泡鳴の場合
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作15篇
第一次予選通過作30篇
応募総数62篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

17
昭和49年/1974年度
=[ 締切 ] 昭和48年/1973年11月30日
=[ 決定 ] 昭和49年/1974年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和49年/1974年6月号選評掲載
小説部門
当選作 飯田 章 「迪子とその夫」  『群像』昭和49年/1974年6月号掲載  平成18年/2006年4月・草場書房刊『迪子とその夫』所収
 
当選作 高橋三千綱 「退屈しのぎ」  『群像』昭和49年/1974年6月号掲載  昭和50年/1975年7月・講談社刊『退屈しのぎ』所収  昭和53年/1978年12月・講談社/講談社文庫『退屈しのぎ』所収
 
当選作 森本 等 「或る回復」  『群像』昭和49年/1974年6月号掲載  昭和52年/1977年7月・講談社刊『或る回復』所収
 
候補 青山 登 「しょうすい」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作15篇
第一次予選通過作46篇
応募総数523篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 勝又 浩 「我を求めて
―中島敦による私小説論の試み
 『群像』昭和49年/1974年6月号掲載
 
候補 佐々木 徹 「『沈黙』から『死海のほとり』へ」
 
中田昭栄 「李〈火+日+立〉詞論」
 
中村健之介 「『貧しき人々』
―ヂェーヴシキンのこと
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作27篇
応募総数62篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

18
昭和50年/1975年度
=[ 締切 ] 昭和49年/1974年11月30日
=[ 決定 ] 昭和50年/1975年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和50年/1975年6月号選評掲載
小説部門
当選作 林 京子 「祭りの場」  『群像』昭和50年/1975年6月号掲載  昭和50年/1975年8月・講談社刊『祭りの場』所収  昭和53年/1978年7月・講談社/講談社文庫『祭りの場』所収  ...
 
優秀作 小松紀夫 「隠された声」  『群像』昭和50年/1975年6月号掲載
 
候補 加藤彦治郎 「壁」
 
林 泰子 「街」
 
速水洋子 「長い夜には顔をぬって」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作46篇
応募総数591篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 藤林靖晃 「文学に於ける自己と所有」  『群像』昭和50年/1975年6月号掲載
 
候補 有馬 周 「『豊饒の海』論」
 
岡嶋冨士男 「横光利一論
―言葉の復権と敗北
 
金山 誠 「小林秀雄原論
―その批評の源泉と頂点について
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作29篇
応募総数82篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
(欠席/書面回答)

19
昭和51年/1976年度
=[ 締切 ] 昭和50年/1975年11月30日
=[ 決定 ] 昭和51年/1976年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和51年/1976年6月号選評掲載
小説部門
当選作 村上 龍 「限りなく透明に近いブルー」  『群像』昭和51年/1976年6月号掲載  昭和51年/1976年7月・講談社刊  昭和53年/1978年12月・講談社/講談社文庫  ...
 
優秀作 来島潤子
海野 碧
「海の幸」  『群像』昭和51年/1976年6月号掲載
 
候補 日置葉志夫 「遊動円木」
 
山田和夫 「受胎」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作15篇
第一次予選通過作48篇
応募総数664篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 羽原 譲 「蟻地獄の研究
―平野謙論
 『群像』昭和51年/1976年6月号掲載
 
候補 有馬 周 「三島由紀夫」
 
小浜逸郎 「太宰治の場所」
 
広田雅計 「伊東静雄ノート」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作26篇
応募総数73篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

20
昭和52年/1977年度
=[ 締切 ] 昭和51年/1976年11月30日
=[ 決定 ] 昭和52年/1977年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和52年/1977年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
優秀作 山川健一 「鏡の中のガラスの船」  『群像』昭和52年/1977年6月号掲載  昭和56年/1981年3月・講談社刊『鏡の中のガラスの船』所収  昭和62年/1987年3月・講談社/講談社文庫『鏡の中のガラスの船』所収
 
優秀作 倉内保子 「とても自然な、怯え方」  『群像』昭和52年/1977年6月号掲載
 
候補 北沢耕平 「旅行記」
 
黒川 元 「裂けた海」
 
林 俊 「たたかいの日常」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作17篇
第一次予選通過作52篇
応募総数803篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 中島 梓
栗本 薫
「文学の輪郭」  『群像』昭和52年/1977年6月号掲載
 
候補 阿久 伸 「サンチョ・パンザの歌
―花田清輝論
 
佐藤文郎 「三島由紀夫の方法
―成熟なき超克
 
富岡幸一郎 「『死霊』論
―五章『夢魔の世界』を中心として
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作25篇
応募総数95篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

21
昭和53年/1978年度
=[ 締切 ] 昭和52年/1977年11月30日
=[ 決定 ] 昭和53年/1978年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和53年/1978年6月号選評掲載
小説部門
当選作 小幡亮介 「永遠に一日」  『群像』昭和53年/1978年6月号掲載
 
当選作 中沢けい 「海を感じる時」  『群像』昭和53年/1978年6月号掲載  昭和53年/1978年6月・講談社刊『海を感じる時』所収  昭和59年/1984年6月・講談社/講談社文庫『海を感じる時』所収  ...
 
候補 山本 徹 「十月、あたしの村へ」
 
渡辺 宣 「Sへの手紙」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作48篇
応募総数1024篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
候補 阿久 伸 「ユダの接吻
―花田清輝論
 
富岡幸一郎 「『死』の交響
―戦後文学の基底
 
星野光徳 「無故郷者の実験
―『砂の女』以前の安部公房
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作6篇
第一次予選通過作22篇
応募総数108篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

22
昭和54年/1979年度
=[ 締切 ] 昭和53年/1978年11月30日
=[ 決定 ] 昭和54年/1979年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和54年/1979年6月号選評掲載
小説部門
当選作 村上春樹 「風の歌を聴け」  『群像』昭和54年/1979年6月号掲載  昭和54年/1979年7月・講談社刊  昭和57年/1982年7月・講談社/講談社文庫  ...
 
候補 山本径夫 「手のひらの駒」
 
渡辺のり子 「繭」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作16篇
第一次予選通過作63篇
応募総数1148篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 宇野邦一 「文学の終末について」  『群像』昭和54年/1979年6月号掲載
 
優秀作 富岡幸一郎 「意識の暗室
―埴谷雄高と三島由紀夫
 『群像』昭和54年/1979年6月号掲載
 
候補 野崎六助 「プロレタリア文学の旗のもとに
―所謂『花田・吉本論争』について
 
広津 崇 「内面の解析試論」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作31篇
応募総数115篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

23
昭和55年/1980年度
=[ 締切 ] 昭和54年/1979年11月30日
=[ 決定 ] 昭和55年/1980年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和55年/1980年6月号選評掲載
小説部門
当選作 長谷川 卓 「昼と夜」  『群像』昭和55年/1980年6月号掲載
 
候補 大島 薫 「鍵の城」
 
北山道子 「フリージヤの花」
 
柴田淑子 「ひるなおくらき」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作14篇
第一次予選通過作53篇
応募総数1288篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 川村 湊 「異様(ことやう)なるものをめぐって
―徒然草論
 『群像』昭和55年/1980年6月号掲載
 
候補 谷川たまゑ 「精霊の文学」
 
東 俊郎 「西行をめぐって」
 
和田正信 「幻想喪失の時代の文学」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作30篇
応募総数94篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

24
昭和56年/1981年度
=[ 締切 ] 昭和55年/1980年11月30日
=[ 決定 ] 昭和56年/1981年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和56年/1981年6月号選評掲載
小説部門
当選作 笙野頼子 「極楽」  『群像』昭和56年/1981年6月号掲載  平成6年/1994年11月・河出書房新社刊『極楽 笙野頼子・初期作品集1』所収  平成13年/2001年3月・講談社/講談社文芸文庫『極楽』所収  ...
 
候補 高橋源一郎 「すばらしい日本の戦争」
 
森 辰寛 「夏の日」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作15篇
第一次予選通過作53篇
応募総数1278篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 小林広一 「斎藤緑雨論」  『群像』昭和56年/1981年6月号掲載
 
候補 柿島啓一 「向こう側の言葉
―小林秀雄の初期作品について
 
原田健一 「南方熊楠のドラゴン」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作31篇
応募総数93篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

25
昭和57年/1982年度
=[ 締切 ] 昭和56年/1981年11月30日
=[ 決定 ] 昭和57年/1982年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和57年/1982年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
優秀作 池田基津夫 「うさぎ」  『群像』昭和57年/1982年6月号掲載
 
候補 宇野葉子 「ネガティヴ・ダイアリイ」
 
萬年俊明 「ぼくのモンスタラス・フレンズ」
 
村岡康平 「家庭の恐怖」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作49篇
応募総数1262篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 加藤弘一 「コスモスの知慧」  『群像』昭和57年/1982年6月号掲載
 
候補 岸野昭彦 「『桃太郎』の宇宙誌」
 
福島みみ子 「サインズ・オブ・ザ・タイムズ」
 
吉田三陸 「時間と空間の構造
―『豊饒の海』について
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作34篇
応募総数121篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

26
昭和58年/1983年度
=[ 締切 ] 昭和57年/1982年11月30日
=[ 決定 ] 昭和58年/1983年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和58年/1983年6月号選評掲載
小説部門
当選作 伊井直行 「草のかんむり」  『群像』昭和58年/1983年6月号掲載  昭和58年/1983年7月・講談社刊  平成2年/1990年7月・講談社/講談社文庫
 
候補 伊藤勝明 「宮川・町」
 
今井建基 「螺旋の旅」
 
三沼沢夫 「ポランスキーは謳わない」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作14篇
第一次予選通過作46篇
応募総数1248篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 井口時男 「物語の身体
―中上健次論
 『群像』昭和58年/1983年6月号掲載
 
当選作 千石英世
=応募時
【板倉洋】
「ファルスの複層
―小島信夫論
 『群像』昭和58年/1983年6月号掲載
 
候補 雄谷 徹 「物語はグロテスクを携えて」
 
原 善 「鬱血の美学
―川端文学の魔界
 『文藝空間』5号[昭和58年/1983年8月]掲載
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作29篇
応募総数81篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

27
昭和59年/1984年度
=[ 締切 ] 昭和58年/1983年11月30日
=[ 決定 ] 昭和59年/1984年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和59年/1984年6月号選評掲載
小説部門
当選作 華城文子 「ダミアンズ、私の獲物」  『群像』昭和59年/1984年6月号掲載  昭和59年/1984年8月・講談社刊
 
候補 長尾由多香 「葡萄畑のゴールキーパー」
 
生原 勇 「自白」
 
三沼沢夫 「愛のテオレマ
―パゾリーニ伝説より
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作16篇
第一次予選通過作47篇
応募総数1276篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 松下千里 「生成する『非在』
―古井由吉をめぐって
 『群像』昭和59年/1984年6月号掲載
 
優秀作 山内由紀人 「生きられた自我
―高橋たか子論
 『群像』昭和59年/1984年6月号掲載
 
候補 佐久悠二 「村上春樹あるいは新しい虚構」
 
横田雅明 「内田百間論」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作31篇
応募総数116篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
(病気欠席)

28
昭和60年/1985年度
=[ 締切 ] 昭和59年/1984年11月30日
=[ 決定 ] 昭和60年/1985年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和60年/1985年6月号選評掲載
小説部門
当選作 李 起昇 「ゼロはん」  『群像』昭和60年/1985年6月号掲載  昭和60年/1985年9月・講談社刊  ...
 
優秀作 吉目木晴彦 「ジパング」  『群像』昭和60年/1985年6月号掲載  昭和63年/1988年9月・講談社刊『ルイジアナ杭打ち』所収  平成5年/1993年12月・講談社/講談社文庫『ルイジアナ杭打ち』所収
 
候補 神野達矢 「アコースティック・レイン」
 
政岡風太郎 「跳び上がる魚」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作15篇
第一次予選通過作46篇
応募総数1174篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
候補 雄谷 徹 「忘れられたアヴァンギャルド
―夢野久作の言語パラドクス
 
室井光広 「物語のなかの文学
―ドン・キホーテにはじまる
 
横田雅明 「物語の再生
―村上春樹論
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作30篇
応募総数106篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

29
昭和61年/1986年度
=[ 締切 ] 昭和60年/1985年11月30日
=[ 決定 ] 昭和61年/1986年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和61年/1986年6月号選評掲載
小説部門
当選作 新井千裕 「復活祭のためのレクイエム」  『群像』昭和61年/1986年6月号掲載  昭和61年/1986年8月・講談社刊  平成2年/1990年7月・講談社/講談社文庫
 
候補 小南真申 「揺らぎ函数」
 
斎藤正弘 「地震」
 
山川 哲 「夜の国のプレリュード」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作14篇
第一次予選通過作48篇
応募総数1208篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 清水良典 「記述の国家
―谷崎潤一郎原論
 『群像』昭和61年/1986年6月号掲載
 
優秀作 島 弘之 「小林秀雄への共感的反逆
―後発者柄谷行人の“場所”
 『群像』昭和61年/1986年6月号掲載
 
候補 川畑克行 「晩年感覚」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作30篇
応募総数117篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

30
昭和62年/1987年度
=[ 締切 ] 昭和61年/1986年11月30日
=[ 決定 ] 昭和62年/1987年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和62年/1987年6月号選評掲載
小説部門
当選作 下井葉子 「あなたについて わたしについて」  『群像』昭和62年/1987年6月号掲載
 
当選作 鈴木隆之 「ポートレイト・イン・ナンバー」  『群像』昭和62年/1987年6月号掲載  昭和63年/1988年11月・現代企画室刊『ポートレイト・イン・ナンバー』所収
 
候補 松浦 淳 「国務省のテラス」
 
横川 静 「JOHNの目録」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作16篇
第一次予選通過作47篇
応募総数1286篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 高橋勇夫 「帰属と彷徨
―芥川龍之介論
 『群像』昭和62年/1987年6月号掲載
 
候補 青海 健 「表層への回帰
―三島由紀夫論
 
西石垣見治 「神話的なるものについて
―小林秀雄の『本居宣長』考
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作33篇
応募総数106篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

31
昭和63年/1988年度
=[ 締切 ] 昭和62年/1987年11月30日
=[ 決定 ] 昭和63年/1988年
=[ 媒体 ] 『群像』昭和63年/1988年6月号選評掲載
小説部門
当選作 石田郁男 「アルチュール・エリソンの素描」  『群像』昭和63年/1988年6月号掲載
 
候補 天野香織 「僕はとても風の中に揺れる」
 
河内山夏樹 「窓辺の子供たち」
 
田村志津枝 「振り向くと、お前は」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作19篇
第一次予選通過作61篇
応募総数1594篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 室井光広 「零(ゼロ)の力
―J.L.ボルヘスをめぐる断章
 『群像』昭和63年/1988年6月号掲載
 
優秀作 青海 健 「三島由紀夫とニーチェ
―悲劇的文化とイロニー
 『群像』昭和63年/1988年6月号掲載
 
候補 茨木鷹志 「中島敦論」
 
多羽田敏夫 「楕円幻想の変容
―後藤明生論
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作25篇
応募総数98篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

32
平成1年/1989年度
=[ 締切 ] 昭和63年/1988年11月30日
=[ 決定 ] 平成1年/1989年
=[ 媒体 ] 『群像』平成1年/1989年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
優秀作 上原秀樹 「走る男」  『群像』平成1年/1989年6月号掲載
 
候補 日下 敬 「漂流家族」
 
庄村悦子 「そらあるき」
 
高木敏光 「ル・ボーズ」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作24篇
第一次予選通過作64篇
応募総数1492篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 石川忠司 「修行者の言語
―中原中也試論
 『群像』平成1年/1989年6月号掲載
 
候補 青木純一 「法と終局
―鴎外と歴史について
 
加島真樹 「表現の生命力」
 
和田正信 「「時間」の中の「私」」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作31篇
応募総数83篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

33
平成2年/1990年度
=[ 締切 ] 平成1年/1989年11月30日
=[ 決定 ] 平成2年/1990年
=[ 媒体 ] 『群像』平成2年/1990年6月号選評掲載
小説部門
当選作 高野 亘 「コンビニエンス ロゴス」  『群像』平成2年/1990年6月号掲載  平成2年/1990年7月・講談社刊
 
候補 木村光理 「吉川氏の夏」
 
立木 彩 「天使のフリーク」
 
辻元秀夫 「青い川」
 
藤原トモミ 「ゴールデン・エイジ」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作19篇
第一次予選通過作65篇
応募総数1622篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 森 孝雅
三輪太郎
「『豊饒の海』
あるいは夢の折り返し点」
 『群像』平成2年/1990年6月号掲載
 
優秀作 風丸良彦 「カーヴァーが死んだことなんて
だあれも知らなかった
―極小主義者たちの午後
 『群像』平成2年/1990年6月号掲載
 
候補 小林正明 「塔と海の彼方に
―村上春樹論
 
多羽田敏夫 「田中小実昌の「位置」」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作32篇
応募総数115篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

34
平成3年/1991年度
=[ 締切 ] 平成2年/1990年11月30日
=[ 決定 ] 平成3年/1991年
=[ 媒体 ] 『群像』平成3年/1991年6月号選評掲載
小説部門
当選作 多和田葉子 「かかとを失くして」  『群像』平成3年/1991年6月号掲載  平成4年/1992年3月・講談社刊『三人関係』所収  平成26年/2014年4月・講談社/講談社文芸文庫『かかとを失くして/三人関係/文字移植』所収  ...
 
候補 白石顕一郎 「ひまわり」
 
高野俊平 「マスクマンのためのイントロダクション」
 
原 修二 「ファミリー・キャンプ」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作21篇
第一次予選通過作61篇
応募総数1497篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 渡辺 諒 「異邦の友への手紙
―ロラン・バルト『記号の帝国』再考
 『群像』平成3年/1991年6月号掲載
 
優秀作 佐飛通俊 「静かなるシステム」  『群像』平成3年/1991年6月号掲載
 
候補 松島 周 「実朝と後鳥羽院」
 
水谷真人 「孤独という制度」  『群像』平成11年/1999年12月号掲載
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作30篇
応募総数103篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

35
平成4年/1992年度
=[ 締切 ] 平成3年/1991年11月30日
=[ 決定 ] 平成4年/1992年
=[ 媒体 ] 『群像』平成4年/1992年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
優秀作 中野 勝 「鳩を食う」
「鳩を食べる」を改題
 『群像』平成4年/1992年6月号掲載
 
候補 大貫智弘 「Bang!kok」
 
杉浦 泉 「アメリカへの旅の追憶」
 
武谷泰雄 「川の道」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作22篇
第一次予選通過作62篇
応募総数1613篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 武田信明 「二つの「鏡地獄」
―乱歩と牧野信一における複数の「私」
「乱歩というレンズ―二つの「鏡地獄」」を改題
 『群像』平成4年/1992年6月号掲載
 
当選作 山城むつみ 「小林批評のクリティカル・ポイント」  『群像』平成4年/1992年6月号掲載
 
候補 高沢公信 「語りのパースペクティブ
―古井由吉の語りの構造
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作26篇
応募総数109篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

36
平成5年/1993年度
=[ 締切 ] 平成4年/1992年10月31日
=[ 決定 ] 平成5年/1993年
=[ 媒体 ] 『群像』平成5年/1993年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
優秀作 足立浩二 「暗い森を抜けるための方法」  『群像』平成5年/1993年6月号掲載
 
優秀作 木地雅映子 「氷の海のガレオン」  『群像』平成5年/1993年6月号掲載  平成6年/1994年9月・講談社刊『氷の海のガレオン』所収  平成18年/2006年11月・ジャイブ/ピュアフル文庫『氷の海のガレオン/オルタ』所収  ...
 
候補 すずきけいこ 「光へのレッスン」
 
丹沢 秦 「オフ・ロード」
 
松房敦夫 「問題の行方/あるいは六つの読書感想文
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作23篇
第一次予選通過作88篇
応募総数1337篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 大杉重男 「『あらくれ』論」  『群像』平成5年/1993年6月号掲載
 
候補 阿部公彦 「『私の死』のリズムにむけて
―古井由吉の文章と時間
 
佐藤清文 「気分と批評
―『なんとなく、クリスタル』をめぐって
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作21篇
応募総数98篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

37
平成6年/1994年度
=[ 締切 ] 平成5年/1993年10月31日
=[ 決定 ] 平成6年/1994年
=[ 媒体 ] 『群像』平成6年/1994年6月号選評掲載
小説部門
当選作 阿部和重 「アメリカの夜」
「生ける屍の夜」を改題
 『群像』平成6年/1994年6月号掲載  平成6年/1994年7月・講談社刊  平成13年/2001年1月・講談社/講談社文庫
 
候補 川田拓矢 「五百野(イオノ)  平成6年/1994年11月・近代文芸社刊
 
宅間与志彦 「豊饒記」
 
丹沢 秦 「崩れるかもしれない」
 
堀 篤史 「深海魚の悲哀」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作32篇
第一次予選通過作92篇
応募総数1890篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 池田雄一 「原形式に抗して」  『群像』平成6年/1994年6月号掲載
 
当選作 紺野 馨 「哀しき主(ヘル)
―小林秀雄と歴史
 『群像』平成6年/1994年6月号掲載
 
候補 吉野春彦 「梶井基次郎論
―越境と死
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作8篇
第一次予選通過作17篇
応募総数88篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員
(欠席)

38
平成7年/1995年度
=[ 締切 ] 平成6年/1994年10月31日
=[ 決定 ] 平成7年/1995年
=[ 媒体 ] 『群像』平成7年/1995年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
優秀作 団野文丈 「離人たち」  『群像』平成7年/1995年6月号掲載
 
優秀作 萩山綾音 「影をめくるとき」  『群像』平成7年/1995年6月号掲載
 
候補 伊藤ワタル 「奇妙な箱」
 
浦澤一正 「アフリカン・コーリング」
 
平山 渉 「おいしい水」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作27篇
第一次予選通過作88篇
応募総数2050篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
候補 佐藤僚太郎 「観察と問題
―シェイクスピア試論
 
立花 涼 「『ものがたり』の物語」
 
中島 岳 「三島由紀夫のトピカ」
 
樋口拓哉 「様々なる近代・様々なる戦後」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作20篇
応募総数127篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

39
平成8年/1996年度
=[ 締切 ] 平成7年/1995年10月31日
=[ 決定 ] 平成8年/1996年
=[ 媒体 ] 『群像』平成8年/1996年6月号選評掲載
小説部門
当選作 鈴木景子
=応募時
【鈴木けい子】
「やさしい光」  『群像』平成8年/1996年6月号掲載
 
優秀作 堂垣園江 「足下の土」  『群像』平成8年/1996年6月号掲載
 
候補 池田貫次 「見えない声」
 
笹生陽子 「湿度≒50(%)
―市街地にて」
 『早稲田文学』平成12年/2000年7月号、9月号
 
森田 隆 「零度のヌウド」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作23篇
第一次予選通過作91篇
応募総数1754篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 川田宇一郎 「由美ちゃんとユミヨシさん
―庄司薫と村上春樹の「小さき母」
 『群像』平成8年/1996年6月号掲載
 
優秀作 高原英理 「語りの事故現場」  『群像』平成8年/1996年6月号掲載
 
候補 早川道雄 「ロシアのナポレオン」
 
最終候補作3篇
第二次予選通過作6篇
第一次予選通過作19篇
応募総数112篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

40
平成9年/1997年度
=[ 締切 ] 平成8年/1996年10月31日
=[ 決定 ] 平成9年/1997年
=[ 媒体 ] 『群像』平成9年/1997年6月号選評掲載
小説部門
当選作 岡崎祥久 「秒速10センチの越冬」  『群像』平成9年/1997年6月号掲載  平成9年/1997年11月・講談社刊
 
候補 有明もとい 「家の児ら」
 
長田朔人 「水のジェネシス」
 
森 哲 「むっつ数える」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作25篇
第一次予選通過作90篇
応募総数1383篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 齋藤礎英 「逆説について」  『群像』平成9年/1997年6月号掲載
 
優秀作 丸川哲史 「『細雪』試論」  『群像』平成9年/1997年6月号掲載
 
候補 川島正平 「時枝誠記と『国語』の時代」
 
脇坂幸雄 「言葉・自己・現実
―横光利一論
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作9篇
第一次予選通過作21篇
応募総数93篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

41
平成10年/1998年度
=[ 締切 ] 平成9年/1997年10月31日
=[ 決定 ] 平成10年/1998年
=[ 媒体 ] 『群像』平成10年/1998年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
優秀作 長田 司
=応募時
【長田敦司】
「水のはじまり」  『群像』平成10年/1998年6月号掲載
 
候補 片山秀紀 「遠い光」
 
川上亜紀 「グリーン・カルテ」  『早稲田文学』平成11年/1999年3月号~7月号  平成21年/2009年10月・作品社刊『グリーン・カルテ』所収
 
巻渕寛濃 「タイムレスピース」
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作27篇
第一次予選通過作87篇
応募総数1762篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 鎌田哲哉 「丸山真男論」  『群像』平成10年/1998年6月号掲載
 
当選作 千葉一幹 「文学の位置
―森鴎外試論
 『群像』平成10年/1998年6月号掲載
 
当選作 日比勝敏 「物語の外部・構造化の軌跡
―武田泰淳論序説
 『群像』平成10年/1998年6月号掲載
 
候補 城殿智行 「吐き怒る天使
―大岡昇平と『現在形』の歴史
 『早稲田文学』平成11年/1999年11月号
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作20篇
応募総数120篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

42
平成11年/1999年度
=[ 締切 ] 平成10年/1998年10月31日
=[ 決定 ] 平成11年/1999年
=[ 媒体 ] 『群像』平成11年/1999年6月号選評掲載
小説部門
  当選作なし
 
候補 粟飯原匡伸 「プラスチック・ケース」
 
阿部 悟 「メール的祈り」
 
柴田亜希子 「Chaos」
 
仲村龍太 「8月、冷蔵庫、その他のこと」
 
藤村昌代 「チョコレート色のほおずき」  平成15年/2003年9月・作品社刊
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作26篇
第一次予選通過作83篇
応募総数1694篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 山岡頼弘 「中原中也の「履歴」」  『群像』平成11年/1999年6月号掲載
 
優秀作 水谷真人 「批評と文芸批評と」  『群像』平成11年/1999年6月号掲載
 
候補 安達 洋 「転位の宿命
―磯田光一私論
 
松浦雄介 「距離の思考
―村上春樹論
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作9篇
第一次予選通過作20篇
応募総数116篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

43
平成12年/2000年度
=[ 締切 ] 平成11年/1999年10月31日
=[ 決定 ] 平成12年/2000年
=[ 媒体 ] 『群像』平成12年/2000年6月号選評掲載
小説部門
当選作 横田 創 「(世界記録)」  『群像』平成12年/2000年6月号掲載  平成12年/2000年8月・講談社刊
 
優秀作 中井佑治 「フリースタイルのいろんな話」  『群像』平成12年/2000年6月号掲載
 
候補 近藤 薫 「月齢」
 
萩原とおる 「チアキの鍋料理に入れる手紙」
 
宮村直樹 「監獄ビーチ」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作29篇
第一次予選通過作86篇
応募総数1336篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 生田武志 「つぎ合わせの器は、ナイフで
切られた果物となりえるか?」
 『群像』平成12年/2000年6月号掲載
 
候補 石橋正孝 「国会議員中野重治
―第七回国会参議院在外同胞引揚問題に関する特別委員会会議録第一号~第十九号を通して
 
恩田伊津夫 「思考を行動する形式
―福田恒存の文学的存在論について
 
倉数 茂 「美と死
―『草枕』における漱石のモダニティー
 
長岡陽子 「中也の彼方
―書くことの純粋性
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作20篇
応募総数91篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

44
平成13年/2001年度
=[ 締切 ] 平成12年/2000年10月31日
=[ 決定 ] 平成13年/2001年
=[ 媒体 ] 『群像』平成13年/2001年6月号選評掲載
小説部門
当選作 萩原 亨 「蚤の心臓ファンクラブ」  『群像』平成13年/2001年6月号掲載  平成13年/2001年8月・講談社刊
 
優秀作 島本理生 「シルエット」  『群像』平成13年/2001年6月号掲載  平成13年/2001年10月・講談社刊『シルエット』所収  平成16年/2004年11月・講談社/講談社文庫『シルエット』所収
 
候補 川崎四郎 「父乳」
 
辻元秀夫 「花水木」
 
早川大介 「ペーパークラフト」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作21篇
第一次予選通過作74篇
応募総数1328篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 青木純一 「法の執行停止
―森鴎外の歴史小説
 『群像』平成13年/2001年6月号掲載
 
候補 安藤礼二 「野生の領土
―南方熊楠の「性」をめぐって
 
倉数 茂 「小林秀雄の「昭和」」
 
前田健三 「法と文学の可能性を巡って」
 
水溜真由美 「太宰治
―復讐の文学
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作10篇
第一次予選通過作16篇
応募総数93篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

45
平成14年/2002年度
=[ 締切 ] 平成13年/2001年10月31日
=[ 決定 ] 平成14年/2002年
=[ 媒体 ] 『群像』平成14年/2002年6月号選評掲載
小説部門
当選作 早川大介 「ジャイロ!」  『群像』平成14年/2002年6月号掲載  平成14年/2002年12月・講談社刊
 
当選作 寺村朋輝 「死せる魂の幻想」  『群像』平成14年/2002年6月号掲載  平成14年/2002年12月・講談社刊
 
候補 石留卓哉 「ロールオーバー」
 
氏家正人 「生クリームに胡椒をかけて、」
 
平山 渉 「秋声」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作25篇
第一次予選通過作81篇
応募総数1560篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 伊藤氏貴 「他者の在処
―芥川の言語論
 『群像』平成14年/2002年6月号掲載
 
優秀作 安藤礼二 「神々の闘争
―折口信夫論
 『群像』平成14年/2002年6月号掲載
 
候補 谷川元秀 「日本文化私感
―坂口安吾試論
 
西野淳一 「優雅で感傷的な高橋源一郎」
 
吉田朋正 「意味の意味」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作11篇
第一次予選通過作21篇
応募総数106篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

46
平成15年/2003年度
=[ 締切 ] 平成14年/2002年10月31日
=[ 決定 ] 平成15年/2003年
=[ 媒体 ] 『群像』平成15年/2003年6月号選評掲載
小説部門
当選作 森 健 「火薬と愛の星」  『群像』平成15年/2003年6月号掲載  平成15年/2003年9月・講談社刊
 
優秀作 村田沙耶香 「授乳」  『群像』平成15年/2003年6月号掲載  平成17年/2005年2月・講談社刊『授乳』所収  平成22年/2010年4月・講談社/講談社文庫『授乳』所収
 
優秀作 脇坂 綾 「鼠と肋骨」  『群像』平成15年/2003年6月号掲載
 
候補 木戸好信 「京都少年」
 
平山 渉 「田舎教師」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作22篇
第一次予選通過作61篇
応募総数1284篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 佐藤康智 「『奇跡』の一角(おか)  『群像』平成15年/2003年6月号掲載
 
候補 瀬戸口 隆 「野蛮な詩」
 
寺島秀敏 「表現の読壊
―可能性としての啄木
 
成瀬雅也 「ファルスと自然
―坂口安吾に就いて
 
最終候補作4篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作22篇
応募総数80篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

47
平成16年/2004年度
=[ 締切 ] 平成15年/2003年10月31日
=[ 決定 ] 平成16年/2004年
=[ 媒体 ] 『群像』平成16年/2004年6月号選評掲載
小説部門
当選作 十文字実香 「狐寝入夢虜
(きつねねいりゆめのとりこ)
 『群像』平成16年/2004年6月号掲載  平成17年/2005年5月・講談社刊『狐寝入夢虜』所収
 
優秀作 佐藤憲胤
犬胤 究
「サージウスの死神」  『群像』平成16年/2004年6月号掲載  平成17年/2005年5月・講談社刊
 
候補 安藤彰泰 「太陽を見つめる犬」
 
小里直哉 「地上の蛍」
 
山越すすむ 「P-MAN」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作16篇
第一次予選通過作29篇
応募総数1771篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 中井秀明 「変な気持」  『群像』平成16年/2004年6月号掲載
 
優秀作 和田茂俊 「汽車に乗る中野重治」  『群像』平成16年/2004年6月号掲載
 
候補 氏家正人 「交換と認識
―谷崎潤一郎試論
 
内山正純 「二人の女/二つの闘争
―古井由吉「杳子」「聖」論
 
橋本勝也 「「編集」から「併置」へ」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作12篇
第一次予選通過作20篇
応募総数131篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

48
平成17年/2005年度
=[ 締切 ] 平成16年/2004年10月31日
=[ 決定 ] 平成17年/2005年
=[ 媒体 ] 『群像』平成17年/2005年6月号選評掲載
小説部門
当選作 樋口直哉 「さよなら アメリカ」  『群像』平成17年/2005年6月号掲載  平成17年/2005年7月・講談社刊
 
優秀作 望月あんね 「グルメな女と優しい男」  『群像』平成17年/2005年6月号掲載  平成17年/2005年7月・講談社刊
 
候補 澁谷禎之 「手賀沼サマーランド」
 
杉野シカ 「あとから消えるよりはましさ」
 
中山智幸 「位置について」
 
最終候補作5篇
応募総数1681篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 水牛健太郎 「過去 メタファー 中国
―ある『アフターダーク』論
 『群像』平成17年/2005年6月号掲載
 
優秀作 山田 茂 「赤坂真理」  『群像』平成17年/2005年6月号掲載
 
候補 中嶋哲訓 「三島由紀夫試論」
 
中西 潤 「「深読み」
―マルクスという人、みる・かんがえるということ
 
野村幸一郎 「小林秀雄
―美的モデルネの行方
 
最終候補作5篇
応募総数102篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

49
平成18年/2006年度
=[ 締切 ] 平成17年/2005年10月31日
=[ 決定 ] 平成18年/2006年
=[ 媒体 ] 『群像』平成18年/2006年6月号選評掲載
小説部門
当選作 木下古栗 「無限のしもべ」  『群像』平成18年/2006年6月号掲載
 
当選作 朝比奈あすか
=応募時
【久保田凜香】
「憂鬱なハスビーン」  『群像』平成18年/2006年6月号掲載  平成18年/2006年8月・講談社刊  平成22年/2010年10月・講談社/講談社文庫
 
優秀作 深津 望 「煙幕」  『群像』平成18年/2006年6月号掲載
 
候補 浅川佳秀 「60点の男」
 
天野惣太 「みんなの旅行」
 
寺西直樹 「わたしたち、彗星」
 
最終候補作6篇
応募総数1823篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 田中弥生 「乖離する私
―中村文則
 『群像』平成18年/2006年6月号掲載
 
候補 木下 守 「〈内在的傍観者〉
―森鴎外
 
寺島秀敏 「起爆するVoice
―梶井基次郎『檸檬』を読みなおす
 
藤崎凛呼 「巫女S
―笙野頼子という現象(アウラ)
 
冬木 俊 「アンチノミーについて
―『カラマーゾフの兄弟』の形式
 
最終候補作5篇
応募総数103篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

50
平成19年/2007年度
=[ 締切 ] 平成18年/2006年10月31日
=[ 決定 ] 平成19年/2007年
=[ 媒体 ] 『群像』平成19年/2007年6月号選評掲載
小説部門
当選作 諏訪哲史 「アサッテの人」  『群像』平成19年/2007年6月号掲載  平成19年/2007年7月・講談社刊  平成22年/2010年7月・講談社/講談社文庫
 
優秀作 広小路尚祈 「だだだな町、ぐぐぐなおれ」  『群像』平成19年/2007年6月号掲載
 
候補 岸本真希 「アルキメデス」
 
草野 來 「秘密のこども」
 
芹澤健介 「鯨のさえずり」
 
牧野ヤエ 「カラス」
 
最終候補作6篇
応募総数1889篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 岩月 悟 「《無限》の地平の《彼方》へ
~チェーホフのリアリズム
 『群像』平成19年/2007年6月号掲載
 
優秀作 橋本勝也 「具体的(デジタル)な指触り(キータッチ)  『群像』平成19年/2007年6月号掲載
 
候補 河合 修 「過去の手ざわり
―柴崎友香『その街の今は』
 
最終候補作3篇
応募総数119篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

51
平成20年/2008年度
=[ 締切 ] 平成19年/2007年10月31日
=[ 決定 ] 平成20年/2008年
=[ 媒体 ] 『群像』平成20年/2008年6月号選評掲載
小説部門
当選作 松尾依子 「子守唄しか聞こえない」  『群像』平成20年/2008年6月号掲載  平成20年/2008年8月・講談社刊
 
候補 坂上秋成 「結ばれた時間、引き裂かれたスグモトハルオ」
 
西山 瞳 「breadian ブレディアン」
 
宮原さと子 「紺色」
 
村瀬玄悟 「アトムの思想」
 
最終候補作5篇
応募総数2062篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 武田将明 「囲われない批評
―東浩紀と中原昌也
 『群像』平成20年/2008年6月号掲載
 
候補 井上 正 「内破する意志
―中上健次論
 
大貫 徹 「松浦理英子論
―魅惑する鈍感さ
 
岡和田晃 「「生政治」と破滅(カタストロフィー)
 
最終候補作4篇
応募総数128篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

52
平成21年/2009年度
=[ 締切 ] 平成20年/2008年10月31日
=[ 決定 ] 平成21年/2009年
=[ 媒体 ] 『群像』平成21年/2009年6月号選評掲載
小説部門
当選作 丸岡大介 「カメレオン狂のための戦争学習帳」  『群像』平成21年/2009年6月号掲載  平成21年/2009年7月・講談社刊
 
候補 荒井真紀 「MJ」
 
奥原洋平 「キスアンドライド」
 
中納直子 「ミステリィ・ツアー」
 
平澤祥嗣 「同心外円は内円の腫れに相応して形を変える」
 
最終候補作5篇
応募総数1994篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 永岡杜人 「言語についての小説
―リービ英雄論
 『群像』平成21年/2009年6月号掲載
 
優秀作 伊東祐吏 「批評論事始」  『群像』平成21年/2009年6月号掲載
 
候補 岡和田晃 「真空の開拓者
―大江健三郎の「後期の仕事(レイト・ワーク)
 
最終候補作3篇
応募総数142篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

53
平成22年/2010年度
=[ 締切 ] 平成21年/2009年10月31日
=[ 決定 ] 平成22年/2010年
=[ 媒体 ] 『群像』平成22年/2010年6月号選評掲載
小説部門
当選作 淺川継太 「朝が止まる」  『群像』平成22年/2010年6月号掲載  平成26年/2014年4月・講談社刊『ある日の結婚』所収
 
当選作 野水陽介
=応募時
【大海原大地】
「後悔さきにたたず」  『群像』平成22年/2010年6月号掲載
 
候補 古谷田奈月 「テイク・マイ・セックス」
 
中谷摩耶 「不可視のイゾラ」
 
匡木遙馬 「オウムごっこ」
 
最終候補作5篇
応募総数1884篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 飯塚数人 「福田恆存 VS 武智鉄二
―西洋か伝統か、それが問題だ!
 『群像』平成22年/2010年6月号掲載
 
候補 小峰隆広 「同一性への懐疑
―フランツ・カフカの戒律性をめぐって
 
近本洋一 「よみがえる魂
―大江健三郎の「戦後」、または恢復期の生
 
最終候補作3篇
応募総数152篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

54
平成23年/2011年度
=[ 締切 ] 平成22年/2010年10月31日
=[ 決定 ] 平成23年/2011年
=[ 媒体 ] 『群像』平成23年/2011年6月号選評掲載
小説部門
当選作 中納直子 「美しい私の顔」  『群像』平成23年/2011年6月号掲載
 
候補 一戸 学 「チャンドリカ」
 
奥原洋平 「ステップフォワード」
 
菊田藍子 「つぎはぎの船」
 
夏井美佳 「嘔吐」
 
匡木遙馬 「ホワイトプリント」
 
最終候補作6篇
応募総数1721篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
当選作 彌榮浩樹 「1%の俳句
―一挙性・露呈性・写生
 『群像』平成23年/2011年6月号掲載
 
候補 友並一史 「H・G・ウェルズ
―ダーウィニズムの詩学
 
藤崎ひろ 「古代史におけるシンボル性」
 
最終候補作3篇
応募総数129篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

55
平成24年/2012年度
=[ 締切 ] 平成23年/2011年10月31日
=[ 決定 ] 平成24年/2012年
=[ 媒体 ] 『群像』平成24年/2012年6月号選評掲載
小説部門
当選作 岡本 学 「架空列車」
「失った架空」を改題
 『群像』平成24年/2012年6月号掲載  平成24年/2012年7月・講談社刊
 
優秀作 片瀬チヲル 「泡をたたき割る人魚は」  『群像』平成24年/2012年6月号掲載  平成24年/2012年7月・講談社刊
 
優秀作 藤崎和男 「グッバイ、こおろぎ君。」  『群像』平成24年/2012年6月号掲載  平成24年/2012年7月・講談社刊
 
候補 川上陽子 「キャンパス・イズム Campus Isms」
 
菱田啓太 「犬のヒト」
 
松井十四季 「ファンズワース邸の埴輪」
 
最終候補作6篇
応募総数1618篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
候補 石黒秀昌 「オタクたちの同性愛
―萌えて、男になるということ
 
鍬屋明久 「阿部和重試論
―視聴覚的なものを巡って
 
小峰隆広 「弱さについて
―林達夫論
 
最終候補作3篇
応募総数116篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

56
平成25年/2013年度
=[ 締切 ] 平成24年/2012年10月31日
=[ 決定 ] 平成25年/2013年
=[ 媒体 ] 『群像』平成25年/2013年6月号選評掲載
小説部門
当選作 波多野 陸
=応募時
【秦 六男】
「鶏が鳴く」  『群像』平成25年/2013年6月号掲載  平成25年/2013年8月・講談社刊
 
候補 佐山基己 「Kinishinai」
 
山本浩貴 「Puffer Train」
 
最終候補作3篇
応募総数1851篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 木村友彦 「不可能性としての〈批評〉
―批評家 中村光夫の位置
 『群像』平成25年/2013年6月号掲載
 
優秀作 多羽田敏夫 「〈普遍倫理〉を求めて
―吉本隆明「人間の『存在の倫理』」論註
 『群像』平成25年/2013年6月号掲載
 
候補 松本和也 「“書くこと”をめぐる小説の冒険
―多和田葉子『雪の練習生』
 
最終候補作3篇
応募総数153篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

57
平成26年/2014年度
=[ 締切 ] 平成25年/2013年10月31日
=[ 決定 ] 平成26年/2014年
=[ 媒体 ] 『群像』平成26年/2014年6月号選評掲載
小説部門
当選作 横山悠太 「吾輩ハ猫ニナル」  『群像』平成26年/2014年6月号掲載  平成26年/2014年7月・講談社刊
 
候補 西野文明 「アンドロイドたちの惑星」
 
濱野ともみ 「睡魔はおうど色の空に沈む」
 
松葉将生 「青の彼岸」
 
山崎 健 「デモ行進」
 
最終候補作5篇
応募総数1746篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
評論部門
  当選作なし
 
優秀作 坂口 周 「運動する写生
―映画の時代の子規
 『群像』平成26年/2014年6月号掲載
 
優秀作 矢野利裕 「自分ならざる者を精一杯に生きる
―町田康論
 『群像』平成26年/2014年6月号掲載
 
候補 佐野正人 「『帝国』に抗して
―中島敦論
 
最終候補作3篇
応募総数132篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

58
平成27年/2015年度
=[ 締切 ] 平成26年/2014年10月31日
=[ 決定 ] 平成27年/2015年
=[ 媒体 ] 『群像』平成27年/2015年6月号選評掲載
当選作 乗代雄介 「十七八より」  『群像』平成27年/2015年6月号掲載  平成27年/2015年8月・講談社刊
 
候補 坂本四郎 「ティアドロップのサングラス」
 
谷内一美 「イソヒヨドリ」
 
水國里美 「雨をたぐる」
 
幸村ゆずる 「反抗的人間」
 
最終候補作5篇
第二次予選通過作13篇
第一次予選通過作96篇
応募総数1762篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
選考委員

59
平成28年/2016年度
=[ 締切 ] 平成27年/2015年10月31日
=[ 決定 ] 平成28年/2016年
=[ 媒体 ] 『群像』平成28年/2016年6月号選評掲載
当選作 崔 実
=応募時
【チェシル】
「ジニのパズル」  『群像』平成28年/2016年6月号掲載  平成28年/2016年7月・講談社刊
 
候補 新ともゆり 「ソフト・シーグラス」
 
魚谷綾央 「失踪日和」
 
空木庸介 「ビザールプランツ、山へ」
 
金沢ウタ 「太腿の白いうらがわ」
 
森 泰成 「幽霊たち」
 
最終候補作6篇
第四次予選通過作11篇
第三次予選通過作30篇
第二次予選通過作71篇
第一次予選通過作163篇
応募総数1864篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
当選作:賞状+賞金50万円
選考委員

60
平成29年/2017年度
=[ 締切 ] 平成28年/2016年10月31日
=[ 決定 ] 平成29年/2017年
=[ 媒体 ] 『群像』平成29年/2017年6月号選評掲載
  当選作なし
 
優秀作 上原智美 「天袋」  『群像』平成29年/2017年6月号掲載
 
優秀作 李 琴峰
=応募時
【高峰琴風】
「独舞」  『群像』平成29年/2017年6月号掲載
 
候補 斉藤紳士 「デーゲーム」
 
正月 瑛 「フロム・ベルリン/東京」
 
最終候補作4篇
第四次予選通過作9篇
第三次予選通過作28篇
第二次予選通過作83篇
第一次予選通過作163篇
応募総数2016篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
当選作:賞状+賞金50万円
選考委員

61
平成30年/2018年度
=[ 締切 ] 平成29年/2017年10月31日
=[ 決定 ] 平成30年/2018年
応募総数---篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
当選作:賞状+賞金50万円
選考委員



ページの先頭へ

群像新人文学賞 第1回~第61回
トップページ一覧〔小説全般〕小説全般(公募)小説全般(非公募)一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕一覧〔ノンフィクション〕一覧〔詩〕一覧〔ライトノベル〕一覧〔種々〕
マップ