文学賞の世界
放送文学賞
第1回~第8回
昭和54年/1979年~昭和60年/1985年
12345.
678.

放送文学賞一覧 トップページ
一覧〔小説全般〕
一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕
一覧〔ノンフィクション〕
一覧〔詩〕
一覧〔ライトノベル〕
一覧〔種々〕
マップ

ページの最後へ
Last Update[H27]2015/4/5

主催 日本放送作家協会、日本放送出版協会
後援 NHK
対象 公募原稿:テレビドラマの原作としてストーリーの発想や展開に新鮮味があり、かつ小説としての完成度の高い作品
賞名 昭和53年/1978年に「テレビジョン放送開始25周年記念」として「テレビドラマ原作小説懸賞募集」の名前で開催。昭和54年/1979年度以降は「放送文学賞」の賞名で引き継がれた。

1 - テレビドラマ原作小説懸賞募集
昭和54年/1979年度
=[ 締切 ] 昭和54年/1979年1月31日
=[ 媒体 ] 『放送文化』昭和54年/1979年5月号発表・選評掲載
  入選 該当作なし
 
佳作 草彅紘一 「旅芸人翔んだ!」  『放送文化』昭和54年/1979年6月号~12月号掲載
 
佳作 勢 九二五 「天なお寒し」  『放送文化』昭和55年/1980年1月号~4月号掲載  平成13年/2001年12月・鳥影社刊
 
候補 松原 緑 「黒潮」
 
遠木路代 「桜花伝説」
 
小松 功 「奈落の底での呟き」
 
最終審査対象作5編
応募総数535編
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
賞金500万円
佳作:賞金各50万円
選考委員
川口幹夫[NHK放送総局]
阿木翁助[日本放送作家協会理事長]
岡本正一[日本放送出版協会編集局長]
最終審査会昭和54年/1979年3月15日
授賞式3月28日17:30~ [会場]東京「帝国ホテル」

2
昭和54年/1979年度
=[ 締切 ] 昭和54年/1979年12月15日
=[ 媒体 ] 『放送文化』昭和55年/1980年5月号発表・選評掲載
  入選 該当作なし
 
佳作 鈴木新吾 「川よ奔れ」  『放送文化』昭和55年/1980年6月号~昭和56年/1981年3月号掲載
 
佳作 榊原直人 「鳴海五郎供述書」
 
候補 - 「空華乱墜」
 
- 「ひとつの季節の終り」
 
- 「山からの声」
 
最終審査対象作5編
応募者総数229名
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
賞金500万円
佳作:賞金各50万円
選考委員
川口幹夫[NHK放送総局]
最終審査会昭和55年/1980年3月12日 [会場]東京・築地「藍亭」
授賞式3月28日夕刻 [会場]東京「帝国ホテル」

3
昭和55年/1980年度
=[ 媒体 ] 『放送文化』昭和56年/1981年5月号発表・選評掲載
入選 湯郷将和
大山一雄
「遠雷と怒濤と」  『放送文化』昭和56年/1981年6月号~10月号掲載  昭和57年/1982年3月・日本放送出版協会刊
 
佳作 冬室 修 「残照の追憶」
 
佳作 佐賀純一 「元年者達」
 
候補 福田恭子 「炎燃えて」
 
鈴木新吾 「さくらが丘」
 
最終審査対象作5編
応募総数151編
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
賞金500万円
佳作:賞金各50万円
選考委員
川口幹夫[NHK放送総局]
最終審査会昭和56年/1981年3月13日 [会場]東京・築地「藍亭」
授賞式3月30日夕刻 [会場]東京「帝国ホテル」

4
昭和56年/1981年度
=[ 締切 ] 昭和56年/1981年11月15日
=[ 媒体 ] 『放送文化』昭和57年/1982年5月号発表・選評掲載
  入選 該当作なし
 
佳作 鈴木新吾 「虫けらたちの夏」
 
佳作 志摩左木男 「冬を待つ季節」  『放送文化』昭和57年/1982年6月号~12月号掲載
 
候補 小西京子 「だんご屋さん」
 
奥田瓶人 「竹崎季長」  『竹崎季長―蒙古合戦の勇将』昭和58年/1983年-月・私家版  ...
 
片岡佑倫 「花簪」
 
最終審査対象作5編
応募総数128編
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
賞金500万円
佳作:賞金各50万円
選考委員
川口幹夫[NHK放送総局]
最終審査会昭和57年/1982年3月12日
授賞式3月30日夕刻 [会場]東京「帝国ホテル」

5
昭和57年/1982年度
=[ 締切 ] 昭和57年/1982年11月10日
=[ 媒体 ] 『放送文化』昭和58年/1983年4月号発表、5月号選評掲載
  入選 該当作なし
 
佳作 笹本 定 「すなぞこの鳥」  『放送文化』昭和58年/1983年5月号~9月号掲載
 
佳作 奥田瓶人 「天使の旗の下に」
 
候補 山咲るい 「光と風の中で」
 
大手眞年 「いつの日か胸に宇宙(コスモス)を」
 
三木一郎 「薬子曼陀羅」
 
最終審査対象作5編
応募総数175編
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
賞金500万円
佳作:賞金各50万円
選考委員
川口幹夫[NHK放送総局]
最終審査会昭和58年/1983年3月4日 [会場]東京・築地「藍亭」
授賞式3月25日 [会場]東京「帝国ホテル」

6
昭和58年/1983年度
=[ 締切 ] 昭和58年/1983年11月10日
=[ 媒体 ] 『放送文化』昭和59年/1984年4月号発表、5月号選評掲載
  入選 該当作なし
 
佳作 三岸あさか 「はるかな町」  『放送文化』昭和59年/1984年5月号~9月号掲載
 
佳作 草部和子 「DJヌバ」
 
候補 服部武四郎 「黒い噂」
 
片岡佑倫 「艶姿(あですがた)女舞衣(おんなまいぎぬ)
 
鈴木新吾 フン立学校長 長坂恭平覚書」
 
最終審査対象作5編
応募総数189編
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
賞金500万円
佳作:賞金各50万円
選考委員
川口幹夫[NHK放送総局]
最終審査会昭和59年/1984年3月2日 [会場]東京・築地「藍亭」
授賞式3月21日夜 [会場]東京「帝国ホテル」

7
昭和59年/1984年度
=[ 締切 ] 昭和59年/1984年11月10日
  入選 該当作なし
 
佳作 川崎九越 「文久三年・海暗島」
 
佳作 圓乗淳一 「鹿の消えた海」  平成16年/2004年1月・ブイツーソリューション刊
 
応募総数177編
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
賞金500万円
佳作:賞金各50万円
選考委員
川口幹夫[NHK放送総局]

8
昭和60年/1985年度
  入選 該当作なし
 
佳作 赤江行夫 「虎が来る」
 
佳作 吉田紗美子 「沢潟(おもだか)の紋章の影に」
 
応募総数276編
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
賞金500万円
佳作:賞金各50万円
選考委員
-
最終審査会昭和61年/1986年3月13日



ページの先頭へ

放送文学賞 第1回~第8回
トップページ一覧〔小説全般〕小説全般(公募)小説全般(非公募)一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕一覧〔ノンフィクション〕一覧〔詩〕一覧〔ライトノベル〕一覧〔種々〕
マップ