文学賞の世界
面白倶楽部賞
第1回~第2回
昭和30年/1955年
12.

面白倶楽部賞一覧 トップページ
一覧〔小説全般〕
一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕
一覧〔ノンフィクション〕
一覧〔詩〕
一覧〔ライトノベル〕
一覧〔種々〕
マップ

ページの最後へ
Last Update[H27]2015/8/22

主催 光文社『面白倶楽部』
対象 公募原稿:現代小説、時代小説を問わず、ユーモア、諷刺の要素を含む、健全にして娯楽性ある読物たること
規定枚数 50枚以内

1
昭和30年/1955年度・上
=[ 締切 ] 昭和30年/1955年1月31日
=[ 決定 ] 昭和30年/1955年3月28日
=[ 媒体 ] 『面白倶楽部』昭和30年/1955年6月号発表・選考座談会掲載
  該当作なし
 
佳作
第一席
松浦幸男 「ブーム昇天」  『面白倶楽部』昭和30年/1955年6月号掲載
 
佳作
第二席
織田正吉 「時計の話」
掲載時「時計物語」に改題
 『面白倶楽部』昭和30年/1955年9月号掲載
 
選外佳作
稲川三郎 「村の眼鏡」
 
選外佳作
稲田八穂 「ちきん・ぱぱ」
 
選外佳作
早崎ゆき子 「猫と狸と女性」
 
最終審査対象5篇
最終予選入選者21篇
応募総数428篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
面白倶楽部賞:賞金10万円
佳作賞:賞金各2万円
佳作第一席:賞金3万円
佳作第二席:賞金3万円
選外佳作:各3000円
選考委員
(欠席)
最終選考会昭和30年/1955年3月28日

2
昭和30年/1955年度・下
=[ 締切 ] 昭和30年/1955年7月31日
=[ 決定 ] 昭和30年/1955年10月5日
=[ 媒体 ] 『面白倶楽部』昭和30年/1955年12月号発表・選考座談会掲載
  該当作なし
 
佳作
第一席
膳 哲之助 「鎖を離れた恋人たち」  『面白倶楽部』昭和30年/1955年12月号掲載
 
佳作
第二席
太田久行
童門冬二
「こやし」
掲載時「こやし馬」に改題
 『面白倶楽部』昭和31年/1956年1月号掲載
 
佳作
第二席
畷 文兵 「あさがおの宿」
 
選外佳作
木下忠博 「壺」
 
選外佳作
赤木三平 「基地の人々」
 
選外佳作
花木 実 「女の標本室」
 
選外佳作
山崎善昭 「とげがとれる迄は」
 
選外佳作
稲川三郎 「ぼろ屑とコスモス」
 
最終審査対象8篇
第一次予選通過作21篇
応募総数---篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
面白倶楽部賞:賞金10万円
佳作賞:賞金各2万円
佳作第一席:賞金3万円
佳作第二席:賞金2万円
選考委員
最終選考会昭和30年/1955年10月5日



ページの先頭へ

面白倶楽部賞 第1回~第2回
トップページ一覧〔小説全般〕小説全般(公募)小説全般(非公募)一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕一覧〔ノンフィクション〕一覧〔詩〕一覧〔ライトノベル〕一覧〔種々〕
マップ