文学賞の世界
小説新潮賞
第1回~第14回
昭和29年/1954年~昭和42年/1967年
12345.
678910.
11121314.

小説新潮賞一覧 トップページ
一覧〔小説全般〕
一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕
一覧〔ノンフィクション〕
一覧〔詩〕
一覧〔ライトノベル〕
一覧〔種々〕
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/11/1

主催 新潮社
対象
第1回~第7回 :公募原稿:50枚以内
第8回~第14回 :前年9月~当年8月までに発表された単行本、雑誌掲載の中間小説
創設経緯 新潮社文学賞、同人雑誌賞、岸田演劇賞とともに「新潮社四大文学賞」のひとつとして創設
第8回(昭和36年/1961年)からは岸田演劇賞が中止となり「新潮社三大文学賞」となる
創設発表 『小説新潮』昭和29年/1954年1月号など

1
昭和29年/1954年度
=[ 締切 ] 昭和29年/1954年6月30日
=[ 発表 ] 昭和29年/1954年10月25日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和30年/1955年2月号選評掲載
受賞 上坂高生 「みち潮」  『小説新潮』昭和30年/1955年2月号掲載  昭和47年/1972年9月・栄光出版社刊『聖域の他に求めず』所収
 
候補 小栗 育 「熊」
 
池上信一 「棺の蓋」
 
村上 尋 「筑波嶺」
 
泊 秀三郎 「川明り」  『文芸立川』13号[昭和30年/1955年12月]
 
塩原 衛 「悪夢」
 
第二次審査通過6篇
第一次審査通過32篇
応募総数650余篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

2
昭和30年/1955年度
=[ 締切 ] 昭和30年/1955年6月30日
=[ 決定 ] 昭和30年/1955年12月3日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和31年/1956年2月号選評掲載
受賞 村上 尋 「大川図絵」  『小説新潮』昭和31年/1956年2月号掲載  昭和43年/1968年-月・プレス東京刊『泥の年輪』所収
 
候補 桂木千穂 「爆音」
 
泊 秀三郎 「五分の魂」  『小説新潮』昭和31年/1956年3月号掲載
 
横原 礎 「暮色」
 
二階堂 彰 「老鴉」
 
第二次審査通過5篇
第一次審査通過30篇
応募総数710余篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員
(欠席?)

3
昭和31年/1956年度
=[ 締切 ] 昭和31年/1956年6月30日
=[ 決定 ] 昭和31年/1956年11月22日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和32年/1957年2月号選評掲載
受賞 豊永寿人 「遠い翼」  『小説新潮』昭和32年/1957年2月号掲載
 
次席 近藤季保 「疎開地帯」  『小説新潮』昭和32年/1957年3月号掲載
 
候補 古月 勇 「地肌」
 
三條西亨 「白い杖」
 
湯浅 明 「落盤」
 
鈴木正苗 「鳩」
 
第二次審査通過6篇
第一次審査通過30篇
応募総数712篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

4
昭和32年/1957年度
=[ 締切 ] 昭和32年/1957年6月30日
=[ 決定 ] 昭和32年/1957年11月28日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和33年/1958年2月号選評掲載
受賞 小田武雄 「舟形光背」  『小説新潮』昭和33年/1958年2月号掲載  昭和33年/1958年12月・穂高書房/現代新人傑作選集『うぐいす』所収
 
次席 高原弘吉 「海藻」  『小説新潮』昭和33年/1958年3月号掲載
 
候補 山岸光枝 「凍眠」  平成11年/1999年2月・けやき出版刊『熊坂長範異聞』所収
 
生田直親 「銀尫馬」
 
落合美子 「貧しいロンド」
 
名草良作 「傷痕」
 
音羽七郎 「潜水艦物語」
 
第二次審査通過7篇
第一次審査通過30篇
応募総数620篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

5
昭和33年/1958年度
=[ 締切 ] 昭和33年/1958年6月30日
=[ 決定 ] 昭和33年/1958年11月25日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和34年/1959年2月号選評掲載
受賞 妻屋大助
大隈三好
「焼残反故」  『小説新潮』昭和34年/1959年2月号掲載
 
次席 長沼皎平 「十勝の女」  『小説新潮』昭和34年/1959年3月号掲載
 
候補 音羽七郎 「高大人」
 
児玉玲子 「青い蜃気楼」
 
竹内 栄 「もつれ」
 
第二次審査通過5篇
第一次審査通過30篇
応募総数608篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

6
昭和34年/1959年度
=[ 締切 ] 昭和34年/1959年6月30日
=[ 決定 ] 昭和34年/1959年11月18日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和35年/1960年2月号選評掲載
  受賞作なし
 
次席 桜井義夫 「田舎妻」  『小説新潮』昭和35年/1960年2月号掲載
 
次席 近藤季保 「ああ祖国」  『小説新潮』昭和35年/1960年3月号掲載
 
候補 朝島靖之助 「虚妄の軍師」
 
八幡政男 「風は知らない」  平成6年/1994年3月・武蔵野書房刊『迷路』所収
 
熊王徳平 「あじさい」
 
長沼皎平 「望遠鏡」
 
第二次審査通過6篇
第一次審査通過30篇
応募総数573篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

7
昭和35年/1960年度
=[ 締切 ] 昭和35年/1960年6月30日
=[ 決定 ] 昭和35年/1960年11月25日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和36年/1961年2月号選評掲載
受賞 名和一男 「自爆」  『小説新潮』昭和36年/1961年2月号掲載
 
次席 藤田澄子 「灰色の町」  『小説新潮』昭和36年/1961年3月号掲載
 
候補 佐藤 浩 「偽善者」
 
酒井あや 「李朝の壺」
 
八幡政男 「萩の宿」
 
音羽七郎 「殴られ役」
 
第二次審査通過6篇
第一次審査通過32篇
応募総数528篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞10万円
選考委員

8
昭和36年/1961年度
=[ 決定 ] 昭和36年/1961年12月4日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和37年/1962年2月号選評掲載
受賞 由起しげ子 『沢夫人の貞節』 昭和36年/1961年11月・新潮社刊
 
候補 多岐川 恭 『異郷の帆』 昭和36年/1961年6月・新潮社刊
 
有吉佐和子 『女弟子』 昭和36年/1961年11月・中央公論社刊
 
司馬遼太郎 『おお、大砲』 昭和36年/1961年10月・中央公論社刊
 
藤原審爾 「愚連隊純情派」 『小説新潮』昭和36年/1961年7月号
 
候補作5篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞30万円
選考委員
(欠席)
※この回より非公募の賞に。

9
昭和37年/1962年度
=[ 決定 ] 昭和37年/1962年11月30日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和38年/1963年2月号選評掲載
受賞 藤原審爾 「殿様と口紅」その他 『小説新潮』昭和37年/1962年3月号
 
参考作品「泥だらけの純情」 『小説新潮』昭和37年/1962年8月号
 
候補 梅崎春生 「井戸と青葉」その他 『小説新潮』昭和37年/1962年8月号
 
参考作品「孫悟空とタコ」 『小説新潮』昭和37年/1962年4月号
 
参考作品「雨女」 『小説新潮』昭和37年/1962年11月号
 
来水明子 『涼月記』 昭和37年/1962年3月・東都書房刊
 
梶山季之 『黒の試走車』 昭和37年/1962年2月・光文社/カッパ・ノベルス
 
笹沢左保 「六本木心中」 『小説中央公論』昭和37年/1962年5月号
 
原田康子 『殺人者』 昭和37年/1962年6月・中央公論社刊
 
木山捷平 『大陸の細道』 昭和37年/1962年7月・新潮社刊
 
城山三郎 「絶叫の街」 『小説新潮』昭和37年/1962年7月号
 
候補作8篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞30万円
選考委員

10
昭和38年/1963年度
=[ 決定 ] 昭和38年/1963年11月29日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和39年/1964年2月号選評掲載
受賞 有吉佐和子 『香華』 昭和37年/1962年12月・中央公論社刊
 
候補 澤野久雄 『受胎告知』 昭和38年/1963年1月・毎日新聞社刊
 
梶山季之 『李朝残影』 昭和38年/1963年8月・文藝春秋新社刊
 
武田芳一 『黒い米』 昭和38年/1963年6月・のじぎく文庫刊
 
候補作4篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞30万円
選考委員
(欠席/書面参加)

11
昭和39年/1964年度
=[ 決定 ] 昭和39年/1964年12月4日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和40年/1965年2月号選評掲載
受賞 野村尚吾 『戦雲の座』 昭和38年/1963年11月・河出書房新社刊
 
候補 司馬遼太郎 『鬼謀の人』 昭和39年/1964年7月・新潮社刊
 
曾野綾子 『二十一歳の父』 昭和38年/1963年11月・新潮社刊
 
江崎誠致 『運慶』 昭和39年/1964年4月・筑摩書房刊
 
最終候補作4篇
候補 桑原恭子 「裸の秒」 『作家』昭和39年/1964年6月号
 
耕 治人 「赤い獄衣」 『自由』昭和39年/1964年4月号
 
候補作6篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞30万円
選考委員

12
昭和40年/1965年度
=[ 決定 ] 昭和40年/1965年11月19日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和41年/1966年2月号選評掲載
受賞 芝木好子 『夜の鶴』 昭和39年/1964年12月・河出書房新社刊
 
候補 榛葉英治 『城壁』 昭和39年/1964年11月・河出書房新社刊
 
澤野久雄 『さまよえる太陽』 昭和40年/1965年9月・河出書房新社刊
 
伊藤桂一 「簪」 『小説新潮』昭和40年/1965年6月号
 
「鷺」 『小説新潮』昭和39年/1964年12月号
 
「兎罠」 『別冊小説新潮』昭和40年/1965年夏季号[7月]
 
「十二単衣」 『別冊小説新潮』昭和40年/1965年新秋号[10月]
 
立原正秋 「情炎」 『新潮』昭和40年/1965年7月号
 
「薔薇屋敷」 『新潮』昭和40年/1965年9月号
 
候補作5作家
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞30万円
選考委員
(欠席/書面参加)

13
昭和41年/1966年度
=[ 決定 ] 昭和41年/1966年12月3日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和42年/1967年2月号選評掲載
受賞 青山光二 『修羅の人』 昭和40年/1965年11月・講談社刊
 
候補 角 圭子 『大正の女』 昭和41年/1966年7月・弘文堂/フロンティア・ブックス
 
森川 譲 『明治十年』 昭和41年/1966年7月・徳間書店刊
 
田中阿里子 『闇の中の対話』 昭和41年/1966年7月・講談社刊
 
候補作4篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞30万円
選考委員
(欠席/書面参加)

14
昭和42年/1967年度
=[ 決定 ] 昭和42年/1967年11月15日
=[ 媒体 ] 『小説新潮』昭和43年/1968年2月号選評掲載
受賞 船山 馨 『石狩平野』 昭和42年/1967年8月・河出書房新社刊
 
候補 伊藤桂一 『淵の底』 昭和42年/1967年8月・新潮社刊
 
島 一春 『燃える蝶』 昭和42年/1967年6月・南北社刊
 
滝口康彦 『拝領妻始末』 昭和42年/1967年6月・光風社書店刊
 
立原正秋 『恋の巣』 昭和42年/1967年4月・新潮社刊
 
野坂昭如 『とむらい師たち』 昭和42年/1967年8月・講談社刊
 
候補作6篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記念品+副賞30万円
選考委員



ページの先頭へ

小説新潮賞 第1回~第14回
トップページ一覧〔小説全般〕小説全般(公募)小説全般(非公募)一覧〔推理・SF〕
一覧〔歴史・時代〕一覧〔ノンフィクション〕一覧〔詩〕一覧〔ライトノベル〕一覧〔種々〕
マップ