当サイトで扱うまでにはまとまっていない直木賞関連情報を、だいたい週イチでアップする「直木賞のすべて 余聞と余分」を平成19年/2007年5月から始めました。こっちの本サイトの更新を怠らないように、心してやっていきたいものです。
▼昭和55年/1980年、伊藤桂一、講談社フェーマススクールズで小説作法の講師になる。  朝日カルチャーも池袋コミカレも、現在まだ残っています。しかしバブル前夜に登場した「三大小説教室」のもうひとつ、講談社フェーマススクールズの小説教室はもはや、この世に存在しません。  とくに、ここで5年間「エンタテインメント小説作法」の講座を受け持ち、新人賞をとる作家やプロになる作家をぞくぞくと生み出して...
▼昭和54年/1979年、池袋の西武百貨店に池袋コミュニティ・カレッジが設立される。  創作教室が注目されだした1980年前後。いろんな企業が講座をつくりました。すぐに終わったものもあれば長命を保ったものもあります。当然、人気や実績も一様ではなく、それぞれバラツキが出てくるわけですが、とくに花形と目されたのが、下記の「三大小説教室」です。  ブームの発端となった朝日カルチャーセンター。それと...
▼昭和49年/1974年、井上光晴、「文学伝習所」の構想を立ち上げる。  うちのブログもようやく、小説教室と直木賞の縁が強まっていく時代に入りました。長かったです。ここから直木賞がどうカラんでいくのか。無性にわくわくします。しかし1970年代の小説教室ビッグバンにまつわる話題は多種多様です。もう少しこの時代のことに触れないと先に進めません。  1970年代、昭和50年前後に現れた創作講座には...
▼昭和55年/1980年、阿刀田高、直木賞受賞の翌年に「日経文化教室」の講師になる。  今週は珍しく直木賞の話題から行きます。  時代は第81回(昭和54年/1979年・上半期)の直後です。さんざん繰り返してきましたけど、このとき重兼芳子さんが芥川賞をとったことで、小説教室の文化に一気に注目と称賛と批判が集まりました。  しかも同じタイミングで直木賞を受賞した田中小実昌さんが、たまたま朝日...
▼昭和57年/1982年、高橋昌男、「出版不況」が叫ばれるなか小説教室の講師を引き受ける。  文化をビジネスにする、というのが1970年から80年代の経済界のキーワードです。  いや。芸術に人生を喰いつぶされているような、ゴリゴリの文化亡者に言わせると、アノ時代に栄えた文化のうち、ホンモノはごくわずかで、あとはカルチャーのファッションを装ったエセ文化だ、ということになるかと思います。  何...