直木賞のすべて
他文学賞-候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

Last Update[H25]2013/11/22

永倉万治 Nagakura Manji
生没年月日 昭和23年/1948年1月27日~平成12年/2000年10月5日
経歴 本名=長倉恭一。埼玉県志木市生まれ。立教大学経済学部中退。在学中より劇団・東京キッドブラザースに参加。その後、出版社勤務を経て、昭和59年/1984年から執筆活動に専念。雑誌コラム、エッセイなどで人気を博した。
受賞歴・候補歴


『みんなアフリカ』(平成1年/1989年3月・講談社刊)
書誌
>>平成4年/1992年9月・講談社/講談社文庫『みんなアフリカ』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品
「みんなアフリカ」「ホセ、故郷へ」「黄金海岸にようこそ」
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 山本周五郎賞 2回候補 一覧へ
候補者 永倉万治 男41歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男54歳
30 4点「作者は、恩讐を超えてというか、いろんな利害を背負った人間たちが同じ夢を見て、そっちへ歩き出す瞬間をよくつかまえています。」「三篇ともほのぼのとしていてとてもいいんですが、最後に読者の心臓をピンで止める、なにか強いものがほしいところです。」
田辺聖子
女61歳
26 5点「読んでいて、思わず笑ってしまいました。」「このごろ、大人の読める小説が殊に少ない気がしますから、この人は大事にして上げたいと思います。」「あんまり出来すぎているから魅力が薄れていくんじゃないですか。誰かが前に書いてる感じもあるし。」
野坂昭如
男58歳
16 4点「コントの延長みたいなもので、人物もずいぶんご都合主義で、かくあるだろうと思われる連中が、思ったとおりに動いているだけの話だけれども、少なくともこの一冊だけは、読みやすく読んだんです。」「だけど僕、これも積極的には推さないですよ。」
藤沢周平
男61歳
34 4点「二回目に読んでみますと、意外や意外、人間の体温みたいなものがこの「みんなアフリカ」という短篇にはあるようなんですね。」「現代風俗をちりばめた、軽い文章で書かれたものですが、ユーモアもありますしね。」「隠れている何か、たとえば可能性とか資質とか、そういうものがあまり感じられないんですね。」
山口瞳
男62歳
21 3点「腕力のある、達者な作家だと思います。」「中間小説雑誌によく出てくる小説のなかでは、上物という感じがします。守備範囲もなかなか広い。しかし、ではこれが山本周五郎賞かというと、話は別です。」「僕は読めるのなかったな。こんなもんなんですかね。ジーンとこないよ、どれも。」
最終投票      
選評出典:『小説新潮』平成1年/1989年7月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




ひざ かんけい
陽差しの 関係』(平成2年/1990年9月・講談社刊)
書誌
>>平成5年/1993年10月・講談社/講談社文庫『陽差しの関係』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 吉川英治文学新人賞 12回候補 一覧へ
候補者 永倉万治 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男56歳
0  
尾崎秀樹
男62歳
0  
佐野洋
男62歳
3 「(引用者注:恋愛もの候補作グループから)『陽差しの関係』を選び出して選考会に臨んだ。」
野坂昭如
男60歳
2 「短篇に向いている、」
半村良
男57歳
0  
選評出典:『群像』平成3年/1991年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




けっこん
結婚しよう』(平成5年/1993年1月・新潮社刊)
書誌
>>平成8年/1996年1月・新潮社/新潮文庫『結婚しよう』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 吉川英治文学新人賞 15回候補 一覧へ
候補者 永倉万治 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男59歳
0  
尾崎秀樹
男65歳
6 「大学時代のフォークの仲間三人のそれぞれの生き方を描いた連作だが、構成に不自然さが感じられた。」
佐野洋
男65歳
0  
野坂昭如
男63歳
0  
半村良
男60歳
6 「薄井氏の作品の評価がはじめから高すぎて、『結婚しよう』は損をしてしまいました。英雄の登場とぶつかった人の災難にはじめて立ち会った思いがしました。次の周回で追抜いてください。」
選評出典:『群像』平成6年/1994年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




おうごん
黄金バット』(平成7年/1995年3月・講談社刊)
書誌
>>平成11年/1999年1月・講談社/講談社文庫『黄金バット』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 吉川英治文学新人賞 17回候補 一覧へ
候補者 永倉万治 男48歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男61歳
7 「青春が持つ熱い火照りがある。」「劇団主宰者との喧嘩まで行き着いておらず、(引用者中略)他の四作の重量におされてしまった感がある。」
尾崎秀樹
男67歳
6 「劇団東京キッドブラザーズに所属していた著者の自伝的青春記だ。その活気のようなものを伝えているが、小説としてはその光と影の両面を掘りこんでほしかった。」
佐野洋
男67歳
0  
野坂昭如
男65歳
0  
半村良
男62歳
0  
選評出典:『群像』平成8年/1996年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要小研究大衆選考会マップ