平成30年/2018年
上半期
誰が直木賞を
受賞すると
思いますか?

平成29年/2017年12月1日~平成30年/2018年5月31日の期間中に発表された、
新人・中堅作家の大衆小説を独自にラインナップしています。
あなたは、どの作家のどの作品が、今期の直木賞を受賞すると思いますか?
受賞してほしいと思いますか? ご投票ください。
Last Update[H30]2018/6/18
「大衆選考会」投票方法について

入力欄に、あなたのお名前(ハンドル名・仮名も可/入力必須)、メールアドレスをご記入ください。

左のリストにあるチェックボックス(四角)をクリックすると、自動的に「推薦する作品」欄にその作家名・作品名が入ります。もし、自動的に入らないようなら、恐れ入りますが、直接入力してください。

「推薦文」欄に、推薦理由など(その他どんなことでも)を書き込んだのち、「入力完了」ボタンをクリックしてください。確認画面に移ります。

お送りいただいた投票および推薦文は、当サイトにて順次ご紹介していきます。また、左のリストにない場合でも、推薦したい作家・作品を「推薦する作品」欄にご入力のうえ、ぜひご投票ください。大歓迎です。

左のリストの作品ラインナップの基準は、こちらをご覧ください

あなたのお名前(必須)
※ハンドル名などでも可
メールアドレス(任意)
推薦する作品(必須)
推薦文
現在までの投票結果は以下のとおりです。
2018年06月18日 13時34分22秒
推薦人a
推薦作品『選んだ孤独は良い孤独』 山内マリコ 2018年5月 河出書房新社
短編集、なんだけど、これまでの著書と一変しあえて男性の物語を紡いで行き、それまでの作品群にない視点や認識のような物が上手に物語に組み込まれていると思う。
2018年06月18日 13時22分52秒
推薦人nana
推薦作品島本理生『ファーストラヴ』
なし
2018年06月18日 13時22分04秒
推薦人なー
推薦作品『ファーストラヴ』 島本理生 2018年5月・文藝春秋
著者の別作品『夏の裁断』や『匿名者のためのスピカ』よりさらに奥の部分の心理描写の書き方がとても自然で、今まで以上にうまいなぁ、深いなぁ、と思った。
2018年06月18日 08時22分26秒
推薦人Canon
推薦作品湊かなえ『未来』
とても、素晴らしい作品でした
読んでいてとても考えさせられました
深いお話です。
2018年06月14日 18時08分00秒
推薦人MINATOIZUMI
推薦作品梶よう子『父子ゆえ 摺師安次郎人情暦』窪美澄『じっと手を見る』瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』中山七里『悪徳の輪舞曲(ロンド)』原田マハ『スイート・ホーム』薬丸岳『刑事の怒り』吉永南央『花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋こよみ』
なかでも、イチオシは、薬丸岳と梶よう子さん、ぜひ受賞してほしい!
2018年06月05日 21時56分33秒
推薦人P.L.B.
推薦作品深沢潮『海を抱いて月に眠る』
作者の熱い思いが、そのままあふれてきそうな内容なんですけど、抑制された筆の運びが心地よく、正統派で王道な小説だと思います。直木賞が浴びる光を、少しでも分け与えてあげてほしいです。