平成30年/2018年
下半期
誰が直木賞を
受賞すると
思いますか?

直木賞第160回期(平成30年/2018年6月1日~11月30日)の期間中に発表された、
新人・中堅作家の大衆小説を独自にラインナップし、
どの作家のどの作品が、今期の直木賞を受賞すると思うか
みなさんに投票していただきました。
Last Update[H31]2019/1/16
投票結果は以下のとおりです。
2019年01月16日 13時51分18秒
推薦人書痴
推薦作品今村翔吾『童の神』
今日の午前に書店に行ってきました。森見登美彦氏『熱帯』と今村翔吾氏『童の神』の二冊が初版本で残っていました。数冊しかない『童の神』のほうにさそわれてしまいました。つちぐもなどの文字が目に入ってしまったのです。未読で投票すみません。
2019年01月16日 10時49分02秒
推薦人ハヴィ
推薦作品真藤順丈『宝島』
なし
2019年01月11日 22時38分23秒
推薦人秋津のドブ
推薦作品信長の原理
作品で選ばれるならベルリン。
そろそろ、なら信長。
おそすぎ、なら熱帯。
受賞後の過去作品も含めての営業面が大きい。
2019年01月09日 22時00分43秒
推薦人読子
推薦作品真藤順丈「宝島」
候補作すべてを読んだ上での感想なんですが、
一番面白かったのが「熱帯」(二度読みしたほど)、
最も心に残ったのが「宝島」。
僅差で宝島に軍配を上げましたが、2作受賞もありかも。
2019年01月07日 21時05分19秒
推薦人k
推薦作品垣根涼介『信長の原理』
なし
2019年01月05日 01時28分10秒
推薦人先斗町
推薦作品森見登美彦『熱帯』
森見ワールドに何回でも浸らせてくださる。
2019年01月05日 00時00分01秒
推薦人えふ
推薦作品森見登美彦『熱帯』
なし
2019年01月03日 21時15分37秒
推薦人七面鳥
推薦作品森見登美彦『熱帯』
森見氏独特の世界観が表現された大作だと思います
2018年12月27日 11時27分11秒
推薦人じゃっこ
推薦作品森見登美彦『熱帯』
まさに怪書!
本を読むとはどういうことなのか、考えさせられる一文がたくさんある。
また、物語の深淵の深淵へと潜り込んでいく感覚が大変面白かった。
他の本とは全く違う新しい魅力を秘めた一冊。
2018年12月22日 13時13分49秒
推薦人丸田
推薦作品今村翔吾『童の神』
候補作全てを読んだ上で、「童の神」が受賞でもおかしくないと思いました。一発受賞された朝井まかてさんのような(タイプは違いますが)勢いを感じます。
何より作品の質がいい。フィクションだと思って読み進めましたが、スマホで登場人物の名前を検索すると人物ごとの逸話を上手く取り入れているのですね。お若いですが、文章も他の候補者と比べても見劣りすることはない。
早い段階での候補者がよく言われる「次が書けるか」も、一年九ヶ月で12作を発表されている今村さんに関しては心配はなさそうです。未読ですがどれも高評価のようです。
若い歴史作家の出現を待望していたところですので、平成の最後に出会えたことを感謝しています。脅威の新星と言っても過言ではないと思います。
2018年12月19日 23時01分53秒
推薦人むら
推薦作品森見登美彦『熱帯』
なし
2018年12月17日 07時52分04秒
推薦人AP
推薦作品転生!太宰治 転生して、すみません。(佐藤友哉、星海社)
転生物と文ストなどのごちゃまぜじゃなく、ちゃんと太宰治が書いている風に読ませる筆力がスゴい。
2018年12月12日 12時25分15秒
推薦人真白
推薦作品町田そのこ『ぎょらん』
芥川賞とのW受賞でもおかしくない快作
2018年12月10日 18時28分58秒
推薦人ゆき枝
推薦作品高見澤俊彦『音叉』
アルフィーの高見沢さんの小説と言う事で読んでみましたが、読み進めるうちにどんどん引き込まれて一気に読み切ってしまいました。良くある芸能人が書いた本とは一線を画する作品だと思います。
2018年12月10日 17時55分10秒
推薦人御前崎京子
推薦作品高見澤俊彦『音叉』
最初から最後まで吸い込まれるように一気に読んでしまいました。70年代の音楽シーンが目に浮かびます!!
2018年12月10日 03時36分42秒
推薦人マヒル
推薦作品舞城王太郎『私はあなたの瞳の林檎』
面白いです。
2018年12月10日 03時29分46秒
推薦人夕力
推薦作品古市憲寿『平成くん、さようなら』町田そのこ『ぎょらん』
際立つ個性と見過ごせない感性。
2018年12月10日 01時42分36秒
推薦人グミコ
推薦作品渡辺浩弐『吐田家のレシピ』
シングルファーザーと娘。父子それぞれの成長物語が三つの小さな物語で綴られます。その一つはネットでも読めますね。→ https://sai-zen-sen.jp/works/calendar/sunnysideup0401/01/01.html 直木賞がこの小説を拾い上げてくれたら拍手喝采です。
2018年12月09日 23時45分52秒
推薦人桃太郎
推薦作品童の神
間違いなく今年1番の作品です!

童の神は今年の角川春樹小説賞を受賞した作品ですが
これが初めての単行本だそうで驚きを隠せませんでした。
この推薦文を見た方に一言言いたい。
「読めばわかる」と。
2018年12月09日 19時24分02秒
推薦人金盥綱子
推薦作品彩瀬まる『不在』須賀しのぶ『夏空白花』森見登美彦『熱帯』
彩瀬さんがイチオシ、森見さんが二押し
2018年12月09日 02時34分08秒
推薦人大阪ラバーズ
推薦作品古処誠二『生き残り』
この人 じゃないと
2018年12月08日 16時33分07秒
推薦人海東正晴
推薦作品童の神
偏見・差別を歴史小説に盛り込みながらも、ノンストップで展開する活劇に圧倒的な心理描写を織り込んだ、感動のエンタメ歴史小説です。くどすぎない歴史蘊蓄も読んで愉しめる要素の一つです。
2018年12月08日 11時26分47秒
推薦人いしかりの星
推薦作品深緑野分『ベルリンは晴れているか』
前候補作「戦場のコックたち」に対して「なぜアメリカ軍の兵士の物語を書かなければならないのか」と批判した選考委員がいましたが、それは間違っていると思います。創作というのは時空を超えて創られていくものではないでしょうか。戦争の愚かさ、残酷さを考えるためにもぜひ読んでほしいと思います。
2018年12月07日 22時12分09秒
推薦人ありのわ
推薦作品高見澤俊彦『音叉』
人生って生まれた時から決まっているのでしょうか…努力や運だけではなく、もって生まれたものなんでしょうね!アーティスト・作詞・作曲・編曲、そして小説と「才能の宝石箱や!」凄すぎる!!!
2018年12月07日 21時45分39秒
推薦人まなみ
推薦作品高見澤俊彦『音叉』
ミュージシャンが小説?と思いましたが、なかなか読みがいがある本でした。
2018年12月07日 20時52分06秒
推薦人のり
推薦作品高見澤俊彦『音叉』
世界観に引き込まれます
2018年12月07日 19時25分30秒
推薦人chibimame
推薦作品高見澤俊彦『音叉』
70年代後半の学生運動とか、親世代の人がどんな時代を過ごしたのか…
自分たちの世代と一緒だなと思ったり、羨ましく思うところもあったり、読みやすくて面白かった。
2018年12月07日 03時54分22秒
推薦人サイカチ
推薦作品森見登美彦『熱帯』
現実と空想の境界が曖昧になる構成が見事。
テンポも良く著者独特の文体も控えめなため、非常に読みやすかった。
2018年12月03日 08時32分22秒
推薦人スミエ
推薦作品町田そのこ『ぎょらん』
前作に引き続き、読ませる内容。評価されてほしい
2018年12月02日 15時18分52秒
推薦人井堀 達広
推薦作品久保寺健彦『青少年のための小説入門』
小説の楽しさや可能性を純粋に味わえる傑作です。
普遍的に面白い小説は子供にも、そして大人になった子供にも楽しみをくれることを思い出しました。