直木賞のすべて
直木三十五
トップページ 受賞作候補作一覧 受賞作家 候補作家 小研究 大衆選考会 リンク集 マップ Last Update[H13]2001/10/19
直木賞は広く知られているが、では、直木三十五とは、何者か。
著書目録
復刻版『直木三十五全集』第21巻および別巻(平成3年/1991年7月・示人社刊)などを中心に作成
種別(N=長篇 E=エッセイ A=アンソロジー C=全集 共=共著 T=翻訳)
書名 巻名 出版社 年月 備考
大正13年(1924年)──
  仇討十種   プラトン社 大正13年9月 直木三十三・名義
短篇集「仇討に就て(序)」「槍の権三重帷子」「鍵屋の辻」「高田の馬場」「鏡山」「崇禅寺馬場」「相馬の仇討」「討入」「黒石の乱闘」「総穏寺の相討」「近藤源太兵衛」
大正14年(1925年)──
  心中きらら阪   春陽堂/読物文芸叢書 大正14年6月 直木三十三・名義
短篇集「勘平切腹」「三怪異」「草賊奇聞」「毛利勝永」「上泉伊勢守」「意地」「伊達秘録」「逢ひに奈良行く」「観音の手」「新釈浮世床」「心中雲母坂」
  新作仇討全集 第1巻 興文社 大正14年12月 直木三十三・名義
短篇集「仇討に就て」「つづれの錦」「巡礼唄」「波の鼓」「岩見重太郎」「新選組挿話」「有田十一口」「浄瑠璃阪物語」「巌流島」「娘巡礼形見笈摺」「六郎語る」「名剣秘話」「稲葉山桜吹雪」「生駒騒動」「疵侍武道鑑」「宮城野信夫」「長沼兄弟復讐の事」「粟谷三至録」「本国寺合戦」「黒石の乱闘」
大正15年(1926年)──
  新作仇討全集 第2巻 興文社 大正15年10月 直木三十三・名義
短篇集「菖蒲刀御堂前」「傾城買虎之巻」「濃紫筑波颪」「喝凡ヶ辻」「信虎暴虐編」「安達元右衛門」「春女報讐記」「醒ヶ井宿」「芥川虚無僧記」「秋篠助太刀」「平維茂郎党被殺話」「少年の智慧」「被討に参る」「黒瀧城の攻囲」「涌谷の寒月」「針ヶ谷悲話」「鏡山」「崇禅寺馬場」「虎蔵忠義」「毛谷村六助記」「高田馬場」「敵討亀山譚」「境橋報讐実記」
昭和2年(1927年)──
  合戦   平凡社 昭和2年7月  
短篇集「正成討死」「べんけい」「川中島」「海戦」「浜松城」「てっぽう」「旗本」「かつたか奮戦録」「夏の陣」「木下藤吉郎」「樫井畷」「富士川」「旗本売買」「関ケ原」「烏組就縛始末」
昭和4年(1929年)──
N 由比根元大殺記─駿府秘史   平凡社 昭和4年11月  
N 仇討浄瑠璃坂   平凡社 昭和4年12月  
昭和5年(1930年)──
N 風流殺法陣   平凡社 昭和5年2月  
N 荒木又右衛門   先進社 昭和5年7月  
改造社/書下し全集 第3巻 昭和8年5月  
春陽堂/日本小説文庫 昭和12年7月  
春陽堂書店/春陽文庫 昭和30年  
昭和6年(1931年)──
  伝八郎の疑問   新潮社 昭和6年3月  
短篇集「伝八郎の疑問」「浅香崩れ」「関ケ原御屏風」「石田三成」
N 南国太平記 前篇
中篇
後篇
誠文堂
誠文堂
番町書房
昭和6年4月
昭和6年6月
昭和6年11月
 
前篇
中篇
後篇
春陽堂/日本小説文庫 昭和7年3月
昭和7年7月
昭和7年7月
 
  改造社/書下し全集 第8巻 昭和8年8月  
第1~第5 春陽堂書店/春陽文庫 昭和28年  
上巻
下巻
同光社 昭和30年  
上篇
中篇
下篇
新潮社/新潮文庫 昭和35年3月
昭和35年5月
昭和35年6月
 
  廣済堂出版 昭和47年  
  河出書房新社 昭和54年7月  
(上)(下) 角川書店/角川文庫 昭和54年7月  
(1)~(4) ノーベル書房 昭和55年11月  
(上)(下) 講談社/大衆文学館 平成9年3月
平成9年4月
 
N 関ヶ原   早稲田大学出版部 昭和6年8月  
春陽堂/日本小説文庫 昭和7年1月  
N 青春行状記   中央公論社 昭和6年11月  
前篇
後篇
春陽堂/日本小説文庫 昭和7年5月
昭和7年6月
 
昭和7年(1932年)──
  敵討雑記帖 前篇
後篇
春陽堂/日本小説文庫 昭和7年2月
昭和7年3月
 
短篇集
N 徳川地獄図解   改造社 昭和7年5月  
上巻 五色文庫 昭和24年1月  
  榊原書店 昭和30年  
(上)(下) 朝日書房 昭和34年  
N 益満休之助   新潮社 昭和7年6月  
春陽堂/日本小説文庫 昭和10年3月  
都書院 昭和23年  
角川書店/角川文庫 昭和54年11月  
光風社出版 昭和54年12月  
N 日本の戦慄   中央公論社 昭和7年6月  
改造社/書下し全集 第5巻 昭和9年3月  
N 死染血染 前篇
後篇
春陽堂/日本小説文庫 昭和7年8月
昭和7年9月
 
N 明暗三世相 上巻 改造社 昭和7年9月  
  改造社/書下し全集 第9巻 昭和8年7月  
前篇
後篇
春陽堂/日本小説文庫 昭和10年4月
昭和10年5月
 
N 楠木正成   中央公論社 昭和7年11月  
鱒書房/歴史ノベルズ 平成2年12月  
昭和8年(1933年)──
N 光・罪と共に   中央公論社 昭和8年1月  
N 源九郎義経 上巻
中巻
下巻
改造社/書下し全集 第1巻・第2巻・第4巻 昭和8年4月
昭和8年6月
昭和8年10月
 
前篇
後篇
春陽堂/日本小説文庫 昭和11年6月
昭和11年8月
 
上巻
下巻
四季社 昭和26年
昭和27年
 
N 殿堂を砕く   改造社/書下し全集 第10巻 昭和8年9月  
N 黄門廻国記   改造社/書下し全集 第12巻 昭和8年12月  
前篇
中篇
春陽堂/春陽文庫 昭和26年  
(上)(中)(下) 春陽堂文庫出版/春陽文庫 昭和36年  
  春陽堂書店/春陽文庫 昭和44年  
  新編仇討雑記帳   改造社/書下し全集 第11巻 昭和8年12月  
「破れ勤王鍋釜仇討」「乱れ柳女仇討」「ある義士の妻」「仇討酔三昧」「討たず斬り」「重妻討たず譚」「小者まがつみ」「軽輩被斬事」「娘よ婿よ」「貞女」「富貴は討たず」「子は子でも」「大野九郎兵衛の思想」「寺阪吉右衛門の逃亡」「三人の相馬大作」「免許状事件」「金が敵」「おさいの場合」
N 石田三成   改造社/書下し全集 第7巻 昭和8年12月  
昭和9年(1934年)──
  由比根元大殺記・大塩平八郎   改造社/書下し全集 第6巻 昭和9年2月  
長篇集
没後──
E 直木三十五随筆集   中央公論社 昭和9年4月  
「人の事自分の事」「貧乏一期二期三期」「直木益々貧乏の事」「万年筆」「是非行って見たいところ」「暮などなんだ」「甘い晦日」「叩きつぶすぞ!」「生活の打明け」「貧乏解消論」「金持になって不愉快な話」「濫費礼讃」「果物地獄」「現代藝妓論」「阿呆らしい」「僕が女だったら」「人の事、己の事」「近事悲憤之記」「帽子」「僕の秘密室」「文壇棋術行脚」「文藝家分類法案草稿」「文街散歩」「文壇柳暗録」「剣法の起源」「剣法の発達」「剣法雑話」「喧嘩を買ふ」「武勇伝雑話」「宮本武蔵の強さ」「上泉信綱と宮本武蔵」「喧嘩を売る」「大衆文学の弁」「大衆文藝分類法」「大衆文学作家総評」「大衆小説を辻斬る」「俗悪文学退治」「大衆文学二三の俗論を駁す」「大衆文学の歩いた道」「吾が大衆文藝陣」「大阪を歩く」「続大阪を歩く」「秋色漫想」「アッパッパを見て感あり」「地上より安全」「日本モナコ設計図」「銀座縦横記」「旅三、藝者三」「金儲けの秘伝」「炬燵から」「私のロボット硅君」「囲碁のこと」「見るのでない、拝見だ」「昭和の大棋戦観戦記」「日本映画を斬殺す」「哲学乱酔」
N 大阪落城   非凡閣/新選大衆小説全集 第9巻 昭和9年5月  
前篇
後篇
春陽堂/日本小説文庫 昭和13年8月
昭和13年
 
共・N 相馬大作   改造社 昭和9年10月 三上於莵吉・共著(後半)
大日本雄弁会講談社/講談社評判小説全集 昭和26年
N 日本剣豪列伝   大東出版社/大東名著選 昭和16年9月  
鱒書房/歴史新書 昭和30年8月  
鱒書房、ビデオ出版・発売 昭和46年  
鱒書房/歴史ノベルズ 平成2年6月  
大東出版社 新版 平成11年9月  
N 踊子行状記   中川書店 昭和23年2月  
  剣豪伝   同光社 昭和26年6月  
  千鳥屏風   同光社磯部書房 昭和27年  
  舞姫縁起   同光社磯部書房 昭和27年  
  風雲落花城   同光社磯部書房 昭和27年  
  由比正雪   四季社 昭和27年  
E 剣法夜話   鱒書房/歴史新書 昭和30年  
「剣法の起源」「剣法の発達」「武勇伝雑話」「大衆文学落穂集」「剣法夜話」「炉辺剣談」「上泉信綱」「剣法三題」
  仇討千一夜   鱒書房/歴史新書 昭和31年  
短篇集「鍵屋の辻」「高田馬場」「鏡山」「崇禅寺馬場」「相馬の仇討」「討入」「槍の権三重帷子」「黒石の乱闘」「総穏寺の相討」「近藤源太兵衛」「乱れ柳女仇討」「仇討考」
  荒木又右衛門・由比根元大殺記   立風書房/日本伝奇大ロマン・シリーズ第10巻 昭和45年8月  
長篇集
N 斎藤道三殺生伝   地球書館 昭和48年  
  日本剣豪列伝   河出書房新社/河出文庫 昭和61年7月  
「日本剣豪列伝」「剣法の起源」「剣法の発達」
  ある敵討たれ   創作豆本工房 昭和62年3月 特装本・革装・箱入・限定版
  直木三十五作品集   文藝春秋 平成1年2月  
「南国太平記」「三人の相馬大作」「寺坂吉右衛門の逃亡」「寛永武道鑑」「大衆文芸作法」「死までを語る」「大阪を歩く」、「解説」(尾崎秀樹著)「直木三十五年譜」(尾崎秀樹編)
  仇討二十一話   講談社/大衆文学館 平成7年3月  
短篇集「仇討に就て」「鍵屋の辻」「高田馬場」「鏡山」「崇禅寺馬場」「相馬の仇討」「討入」「槍の権三重帷子」「黒石の乱闘」「総穏寺の相討」「近藤源太兵衛」「つづれの錦」「波の鼓」「岩見重太郎」「浄瑠璃阪物語」「巌流島」「娘巡礼形見笈摺」「傾城買虎之巻」「安達元右衛門」「芥川虚無僧記」「敵討亀山譚」
弘法大師物語   スタジオ類 平成8年11月 釈瓢斎・共著、木村武山・絵
  仇討─傑作時代小説集   KSS出版 平成10年10月  
短篇集「稲葉山桜吹雪」「秋篠助太刀」「芥川虚無僧記」「濃紫筑波颪」「名剣秘話」「討入」「醒ヶ井宿の仇討」「黒石の乱闘」「菖蒲刀御堂前」「生駒騒動」、「解説 直木三十五人と作品」(尾崎秀樹)
  巌流島   フロンティアニセン/フロンティア文庫 平成17年3月  
個人全集──
C 直木三十五全集 第1巻 新作仇討全集 改造社 昭和9年5月  
示人社 平成3年7月 復刻版
新作仇討全集「仇討に就て」「つづれの錦」「巡礼唄」「波の鼓」「岩見重太郎」「新選組挿話」「有田十一口」「浄瑠璃阪物語」「巌流島」「娘巡礼形見笈摺─実説石井常右衛門」「六郎語る」「名剣秘話」「稲葉山桜吹雪」「生駒騒動」「疵侍武道鑑」「宮城野信夫」「長沼兄弟復讐の事」「粟谷三至録」「本国寺合戦」「黒石の乱闘」「菖蒲刀御堂前」「傾城買虎之巻」「濃紫筑波颪」「喝凡ヶ辻」「信虎暴虐編」「安達元右衛門」「春女報讐記」「醒ヶ井宿」「芥川虚無僧日記」「秋篠助太刀」「平維茂郎党被殺語」「少年の知慧」「被討に参る」「黒竜城の攻囲」「湧谷の寒月」「針ヶ谷悲話」「鏡山」「崇禅寺馬場」「虎蔵忠義」「毛谷村六助記」「高田馬場」「敵討亀山譚」「境橋報讐実記」
第2巻 南国太平記・文珠九助・大槻伝蔵の立場 改造社 昭和10年3月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「南国太平記」「文珠九助」「大槻伝蔵の立場」
第3巻 斎藤道三殺生伝・檜山変化暦・由比根元大殺記 改造社 昭和9年9月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「斎藤道三殺生伝」「檜山変化暦」「由比根元大殺記」
第4巻 青春行状記、光・罪と共に 改造社 昭和9年10月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「青春行状記」「光・罪と共に」
第5巻 益満休之助・流行唄将監崩し 改造社 昭和10年1月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「益満休之助」「流行唄将監崩し」「四谷怪談雨夜話」「日本非人始」「大盗甚内数奇帖」「双鏡水滸伝」
第6巻 大阪物語・五代友厚 改造社 昭和9年7月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「大阪物語─浪花から大阪へ」「五代友厚─大阪物語続編」
第7巻 日本の戦慄・満蒙の戦慄 改造社 昭和9年8月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「日本の戦慄」「満蒙の戦慄」
第8巻 楠木正成・足利尊氏・死までを語る・私 改造社 昭和9年4月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「楠木正成」「足利尊氏」「死までを語る」「私─真木二十八の話」
第9巻 源九郎義経 改造社 昭和9年6月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「源九郎義経」
第10巻 大阪落城・明暦風流陣 改造社 昭和9年12月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「大阪落城」「明暦風流陣」
第11巻 日本剣豪列伝・女心双情記 改造社 昭和10年4月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「日本剣豪列伝」「女心双情記」、中短篇小説「まゝならず物語」「近藤源太兵衛」「伊達秘録」「ある敵討たれ」「槍の権三重帷子」「伊賀越の仇討」
第12巻 中短篇小説集(上) 改造社 昭和9年11月  
示人社 平成3年7月 復刻版
中短篇小説集(上)「鍵屋の辻」「逢ひに奈良行く」「夫人横行」「新釈浮世床」「観音の手」「新訂雲母阪」「細聞雲母阪」「おさいの場合」「乱れ柳女仇討」「三人の相馬大作」「ある義士の妻」「討たず斬り」「破れ勤王鍋釜仇討」「仇討酔三昧」「軽輩被斬事」「富貴は討たず」「小者まがつみ」「娘よ聟よ」「重妻討たず譚」「貞女」「大野九郎兵衛の思想」「寺阪吉右衛門の逃亡」「金が敵」「子は子でも」「免許状事件」「雨」「日本駄右衛門」「近藤勇と科学」
第13巻 中短篇小説集(下) 改造社 昭和10年5月  
示人社 平成3年7月 復刻版
中短篇小説集(下)「新釈四谷怪談」「勘平切腹」「軽輩血笑記」「鳥眼」「贈る血汐」「血笑死笑」「酒徒討たず」「恋が敵」「寛永武道鑑」「涙する鳥眼」「討入」「羅漢を見た為に」「浅香崩れ」「伊右衛門の自裁」「鰻で討つ」「八荒流騎隊」「持て余した仇討」「川中島」「総穏寺の相討」「大阪落ち」「宮本武蔵」「相馬の仇討」「剣□八景」「醒ヶ井宿の仇討」「平六成功奇談」「河合又五郎に聞く」「弁慶と九九九事件」「煙突風景」「常盤の貞操」「戦争と花」「明石とレーニン」「弱い勇士」「ある艦のある日」「夜襲」「二月三日の夢」「パパ・ママ教育」「彼女の哲学」「街の潜航艇」
第14巻 随筆 改造社 昭和10年2月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「新年の感想」「文学の地位と国家施設」「美人あちこち」「返答其他」「大衆文芸の歴史」「顔」「ファシストチャンチャン征伐─新作落語」「插絵」「東向の窓」「愚問賢答─徳永君に」「涙の始末」「反射塔」「三月号雑誌展望」「読者層の問題」「文学は生活を書くものだ」「観戦」「航空郵便の遅さ」「答二三」「史話二三」「近頃は」「平沼騏一郎男」「貴下の思想と芸術との間に矛盾なきか豊島与志雄」「自分の臓腑は自分でも判らぬ」「簡牛氏の仕事」「憐憫を催す」「大衆文学の定規」「大阪で想ふ」「『南国太平記』を終りて」「ゴシップ風の」「生活と芸術の問題」「通俗軽蔑の幣」「鳥潟博士令嬢の結婚解消是非」「検閲問題雑爼」「社会展望」「税金、著作権」「何の為の監督局」「イット」「貴族的な大佛君」「長谷川時雨が卅歳若かったら」「横光利一」「ゴシップの弁─佐藤春夫氏を主として」「文芸時評」「荒木陸相との会見序論」「軍部との会見」「何故に軍部の旗を担ぐか?」「石田三成」「仙台萩の真相」「大衆文学落穂集」「遊侠物に就て」「大大阪小唄」「強い剣客」「日本一の剣客は誰か?」「炉辺剣談」「剣道修業」「上泉信綱」「挙兵前の大塩平八郎」「もし神風吹かざりせば」「私の興味に就て」「痴言早々」「科学小説に就て」「昔の科学戦物語」「一年、十年、其他」「文芸時評(昭和8年3月東朝)」「菊池寛全集」「書物に見た日米の作戦に就て」「上海雑事」「上海と戦争」「満州見聞」「戦争の不思議」「『日本の戦慄』休載に就て」「新領土の開拓」「現代夫人気質」「大衆、作家、雑誌」「日曜夕語」「回顧と近事」「人の事己の事」「近事悲憤之記」「帽子」「アッパッパを見て感あり」「地上より安全」「日本モナコ設計図」「銀座縦横記」「旅三、芸者三」「金儲けの秘伝」「炬燵から」「私のロボット硅君」「囲碁のこと」「見るのでない拝見だ」「昭和の大棋戦観戦記」「文芸家分類法案草稿」「文街散歩」「文壇柳暗録」「久米正雄」「遊〓論」
第15巻 続随筆 改造社 昭和10年6月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「人の事自分の事」「貧乏一期二期三期─わが落魄の記」「直木益々貧乏の事」「暮などなんだ」「甘い晦日」「叩きつぶすぞ」「生活の打明け」「貧乏解消論」「金持になって不愉快な話」「濫費礼讃」「果物地獄」「現代芸者論」「阿呆らしい」「僕が女だったら」「僕の秘密室」「剣法雑話」「剣法の起源」「剣法の発達」「武勇伝雑話」「宮本武蔵の強さ」「上泉信綱と宮本武蔵」「大阪を歩く」「大大阪小唄」「続大阪を歩く」「吾が大衆文芸陣」「大衆文学の弁─正宗白鳥氏に答ふ」「大衆文芸分類法」「大衆文学作家総評」「大衆小説を辻斬る」「俗悪文学退治」「大衆文学二三の俗論を駁す─猿芝居と犬芝居」「大衆文学の歩いた道─一九三二年」「秋色漫想」「日本映画を斬殺す」「哲学乱酔」「路上砂語」「呈言二束」「対手になるな」「喧言騒語」「『鼠小僧』に就て」「開店御披露」「温古論新」「商語」「雑八題」「来阪理由」「エス語、発見、随筆」「贅沢その他」「馬鹿と錐(落語)」「有用無用の弁」「直木のこと」「人を救いたし」「喧嘩の法─中村武羅夫氏に」「貧閑」「或る書の序─春陽堂から出づべき」「陽の下何の新らしき物あらんや」「─よ、汝の名は」「─に答ふ」「諸事改良の事」「晴雨計外篇」「続晴雨計外篇」「不景気」「不良二種」「印刷芸術行詰り時代」「改名披露その他」「東洋的な─或は老人めいた」「かくの如く移る?」「痛ましき新時代よ」「具象を尊ぶ」「犬を殺したい」「春夫偏見」「最初の部分」「旅」「屈辱の売文─講談社との絶縁」「碁論、愚論」「納税への不満」「キングへ書く」「税務署のやり方」「再び税の事」
第16巻 黄門廻国記 改造社 昭和10年10月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「黄門廻国記」
第17巻 本朝野士縁起 改造社 昭和10年11月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「本朝野士縁起」、中短篇小説「ロボットとベッドの重量」「高野山詣で」「山中鹿之助幸盛」「反逆行」
第18巻 踊子行状記・太平洋戦争 改造社 昭和10年7月 作品名の〓は共に、獣扁に非
示人社 平成3年7月 復刻版
「踊子行状記」「太平洋戦争」、中短篇小説「身売りで討ったが」「重太郎〓々退治」「二度目の〓々退治」「堀河夜討の宵」「喰はされた伴太郎」「女侍貞侠評判記」
第19巻 風流殺法陣・大塩平八郎 改造社 昭和10年9月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「風流殺法陣」「大塩平八郎」
第20巻 続中短篇集 改造社 昭和10年8月  
示人社 平成3年7月 復刻版
「君不見此義民伝」「金毛織数奇事件」「武道流転」「戸越村傷害事件」「相馬大作事件」「御場段切れ異変」「義経の立場」「明智光秀会見記」「べんけい」「川中島」「伊賀の水月」「水野の武士道」「熊谷次郎直実」「大岡越前の独立」「増上寺起原一説」「伊達染血染」「縊った殿様」「失望した平八郎」「迷ひ道親子烏」「禍神浪々記」
第21巻 続随筆集・書簡・年譜 改造社 昭和10年12月  
示人社 平成3年7月 復刻版
随筆「大衆文芸作法」、文芸論評「大衆文学の本質」「続大衆文学を辻斬る」「大衆文学の動向」「大衆文芸への批評」「探偵小説と其作品」「文学と政治との接触」「広津に競作を提案する」「芸術的立場から見た歌舞伎劇の将来」「川端康成君に」「落合三郎君に与ふ」「焚書への抗議を嗤ふ」「新聞小説三論」「文芸時評─作家でない人の作品他(昭和8年6月日日新聞)」、文壇是々非々「文壇棋術行脚」「続東向きの窓」「残念印象記」「東京を呆れる」「動静・華楚」「御恵附」「編輯も又疲る?」「欣一羨むべし」「競馬」「奇談ノート」「休憩と休載」「愛国的といふこと」「李下に正す」「代議士になるなら」「書け、書け、書く」「喧嘩を買ふ」「喧嘩を売る」「万年筆」「今年こそ是非行って見たいところ」「大楠公のえらさ」「私の友人名簿」「生活、収入、支出」、映画四方山譚「日本映画及び映画界」「映画去来」「映画人、映画国」「エキストラに就て─附排優になる近道」「映画はん監論」「見ない『南国太平記』」「立廻りいろいろ話」「必ずしも」「キネマ界児戯に類す」「原作料、良介、正次」「争は法廷に」「小路が拓けた」「反感を買ふべき数項」「三十六計浮世話」「チョコレート女優─夏川静江の話」「映画愚談銷夏」「映画儲けか裏話」「映画界虚々実録」「映画人情非人情─陰謀暴露」「映画漫歩」「映画界泥話」「新篇映画界泥話」「映画界七花八裂(一)~(三)」、「書簡 自大正元年十一月至昭和八年秋」「著作年表」「著書年表」「著者小伝」
別巻 示人社 平成3年7月  
「資料篇」「評伝」「年譜」
C 直木三十五代表作選集 第1巻 風流殺法陣 同光社磯部書房 昭和27年  
第2巻 関ヶ原 同光社磯部書房 昭和27年  
第3巻 黄門廻国記 上巻 同光社磯部書房 昭和27年  
第4巻 黄門廻国記 下巻 同光社磯部書房 昭和27年  
第5巻 踊子行状記 同光社磯部書房 昭和28年  
第6巻 本朝野士縁起 同光社磯部書房 昭和27年  
第7巻 明暗三世相 同光社磯部書房 昭和28年  
第8巻 日本剣豪列伝 同光社磯部書房 昭和28年  
全集──
C 現代大衆文学全集 第31巻 直木三十五集 平凡社 昭和2年11月  
「相馬の仇討」「黒石の乱闘」「近藤源太兵衛」「討入」「浄瑠璃阪物語」「夫人横行」「逢ひに奈良行く」「虎蔵忠義」「新訳浮世床」「岩見重太郎」「観音の手」「伊達秘録」「勘平切腹」「槍の権三重帷子」「鍵屋の辻」「高田の馬場」「宮城野信夫」「厳流島」「まゝならず物語」「新釈四谷怪談」「ある敵討たれ」「安達元右衛門」「涙する鳥眼」「川中島」「新訂雲母阪」「細聞雲母阪」「明暦風流陣」
C 現代大衆文学全集 続第8巻 直木三十五集 平凡社 昭和6年3月  
「本朝野士縁起」「踊子行状記」「私の略歴」
C 明治大正昭和文学全集 第59巻 佐々木味津三・直木三十五 春陽堂 上製本 昭和6年9月  
「仇討浄瑠璃坂」
C 明治大正昭和文学全集 第59巻 佐々木味津三・直木三十五 春陽堂 装飾本 昭和6年9月  
「仇討浄瑠璃坂」
C 現代大衆文学全集 6 南国太平記 春陽堂 昭和25年  
「南国太平記」
C 時代小説名作全集 第12 仇討十種 他 同光社磯部書房 昭和28年  
「仇討十種」「仇討雑記帳」
C 大衆文学代表作全集 18 直木三十五集 河出書房 昭和30年8月 白井喬二・ほか編集
「明暗三世相」「踊子行状記」
C 現代国民文学全集 第28巻 直木三十五集 角川書店 昭和33年  
「南国太平記」「仇討夜話」「鍵屋の辻」、「解説」(小松伸六)「年譜」
C 現代長編小説全集 40 三上於菟吉・直木三十五集 講談社 昭和34年9月 三上於菟吉・共著
 
C 少年倶楽部名作選 3 短編・少年詩ほか 講談社 昭和41年 加藤謙一・編
「可愛岳突破(えのたけとっぱ)」
C 国民の文学 カラー版 第3 直木三十五 河出書房新社 昭和44年 大仏次郎等・監修
「南国太平記」、「年譜」(大衆文学研究会)「解説」(多田道太郎)
C 全集・現代文学の発見 第16巻 物語の饗宴 學藝書林 昭和44年 大岡昇平等・編
「鍵屋の辻」、「解説 「物語の女」があらわれるとき」(いいだもも)
C 世界SF全集 第34巻 日本のSF短篇集 古典篇 早川書房 昭和46年 石川喬司・編
「ロボットとベッドの重量」、「解説」(石川喬司)
C 大衆文学大系 9 白井喬二・直木三十五 講談社 昭和46年12月 大仏次郎、川口松太郎、木村毅・監修、尾崎秀樹、中島河太郎、和田芳恵・編集
「南国太平記」、「解説」「解題」「年譜」
C 昭和国民文学全集 3 直木三十五集 筑摩書房 昭和49年  
「南国太平記」、「年譜」(田辺貞夫)「解説」(駒田信二)
C 昭和国民文学全集 5 筑摩書房 増補新版 昭和53年1月  
C 昭和批評大系 第1巻 番町書房 新装版 昭和53年3月 村松剛、佐伯彰一、大久保典夫・編者代表
C 長野県文学全集 第1期(小説編)第3巻 大正編2 郷土出版社 昭和63年7月 荒井武美・ほか編
「川中島」、「解説」(宮脇昌三)「略年表」
C くらしっく時代小説 第4巻 直木三十五集 リブリオ出版/大きな活字で読みやすい本 平成10年3月  
「浄瑠璃阪物語」「稲葉山櫻吹雪」「生駒騒動」「濃紫筑波颪」、「解説」(尾崎秀樹著)
C 新編大衆文学名作全集 第12巻 南国太平記 河出書房 平成10年 白井喬二・等編
「南国太平記」
アンソロジー──
A 大衆文藝傑作選集   至玄社 大正15年6月 二十一日会同人・選
A 大衆文学集 第1集 昭和3年版 新潮社 昭和3年5月 文藝家協会・編
A 児童教室文庫 文芸編 日本児童研究学会 昭和3年12月  
「荒木又右衛門」
A 大衆文学集 第2集 昭和4年版 新潮社 昭和4年5月 文藝家協会・編
A 大衆文学集 第3集 昭和5年版 新潮社 昭和5年6月 文藝家協会・編
A 大衆文学集 第4集 新潮社 昭和6年7月 文藝家協会・編
「近藤勇と科学」他
A 日本少国民文庫 第16巻 日本名作選 新潮社 昭和11年7月 山本有三・編
「上泉信綱」
A 人傑小説名作集   博文館 昭和15年12月 大橋進一・編
A 忠臣蔵傑作コレクション 列伝篇(上) 河出書房新社 平成1年12月 縄田一男・編
「寺阪吉右衛門の逃亡」、「解説」(縄田一男)
A 時代小説の楽しみ 1 秘剣、豪剣、魔剣 新潮社 平成2年3月 池波正太郎・ほか著
「鍵屋の辻」
A 新選組傑作コレクション 興亡の巻 河出書房新社 平成2年5月 縄田一男・編
「近藤勇と科学」
A 時代小説の楽しみ 別巻 時代小説・十二人のヒーロー 新潮社 平成2年11月 縄田一男・編
民谷伊右衛門「新釈四谷怪談」、「編者解説」(縄田一男)
A 時代小説の楽しみ 8 戦国英雄伝 新潮社 平成2年12月 新田次郎・ほか著
「関ヶ原」
A 時代小説の楽しみ 10 仇討騒動異聞 新潮社 平成3年2月 海音寺潮五郎・ほか著
「原田甲斐」、「編者解説」(縄田一男)
A 極め付き時代小説選 1 約束 日本経済新聞社 平成3年5月 縄田一男・編
中央公論新社/中公文庫 平成16年9月
「宮本武蔵」、「解説対談」(安部龍太郎、縄田一男)
A 歴史小説名作館 3 暁闇にうごめく 南北朝・室町 講談社 平成4年4月 大衆文学研究会・編、池波正太郎・ほか著
「湊川合戦」、「解説」(清原康正)
A 歴史小説名作館 7 忠臣たちの哀歌 江戸2 講談社 平成4年6月 大衆文学研究会・編、村上元三・ほか著
「勘平切腹」、「解説」(清原康正)
A 時代小説ベスト・セレクション 8 天下に挑む 反逆者小説集 講談社 平成6年10月 海音寺潮五郎・ほか著
「失望した平八郎」
A 懐かしい未来─甦る明治・大正・昭和の未来小説   中央公論新社 平成13年6月 長山靖生・編著
「ロボットとベッドの重量」
A 傑作捕物ワールド 名奉行篇 リブリオ出版/大きな活字で読みやすい本 平成14年10月 縄田一男・監修
「大岡越前の独立」
A 時代小説セレクション 赤穂浪士伝奇   勉誠出版/べんせいライブラリー 平成14年12月 志村有弘・編
「討入」
A 時代小説セレクション 宮本武蔵伝奇   勉誠出版/べんせいライブラリー 平成14年12月 志村有弘・編
「日本剣豪列伝 宮本武蔵の巻」
A 新選組興亡録   角川書店/角川文庫 平成15年10月 縄田一男・編
「近藤勇と科学」
A 源義経の時代 短篇小説集   作品社 平成16年10月 末國善己・編
「弁慶と九九九事件」、「解説」(末國善己)
A 剣聖─乱世に生きた五人の兵法者   新潮社/新潮文庫 平成18年10月  
「宮本武蔵」
エッセイ・アンソロジー──
E・A 「新潮」作家論集 下巻 日本近代文学館/近代文学研究資料叢書 昭和46年  
「新婚以後の彼」
E・A 日本随筆紀行 第17巻 作品社 昭和62年1月  
E・A 「文藝春秋」にみる昭和史 第1巻 文藝春秋 昭和63年2月 文藝春秋・編
E・A 日本の名随筆 85 貧 作品社 平成1年11月 小沢昭一・編
「貧乏一期、二期、三期」
E・A もの食う話   文藝春秋/文春文庫 平成2年10月 文藝春秋・編
「果物地獄」
翻訳──
T 世界探偵小説全集 9 ブラウン奇譚 平凡社 昭和5年3月 チェスタートン・著
T 世界探偵小説全集 影の人 平凡社 昭和5年10月 ウオーレス・著
T 世界大衆文学全集 56 クオ・ヴァヂス 改造社 昭和5年11月 センキウヰツチ・著


ページの先頭へ