直木賞のすべて
直木三十五
トップページ 受賞作候補作一覧 受賞作家 候補作家 小研究 大衆選考会 リンク集 マップ Last Update[H13]2001/10/19
直木賞は広く知られているが、では、直木三十五とは、何者か。
著作目録(エッセイ類)
復刻版『直木三十五全集』第21巻および別巻(平成3年/1991年7月・示人社刊)をもとに作成
全集収録巻
作品名 発表紙誌 年月 備考 名義
大正8年(1919年)──
訳、評論「オーガスタア・ジョン」など 『主潮』 大正8年   植村宋一
大正11年(1922年)──
月評 『時事新報』 大正11年   直木三十一
大正12年(1923年)──
路上砂語 『文藝春秋』 大正12年1月号   15 直木三十二
呈言二束 『文藝春秋』 大正12年2月号   15 直木三十二
対手になるな 『文藝春秋』 大正12年3月号   15 直木三十三
喧言騒語 『文藝春秋』 大正12年4月号   15 直木三十三
開店御披露 『文藝春秋』 大正12年5月号   15 直木三十三
温古論新 『文藝春秋』 大正12年6月号   15 直木三十三
商語 『文藝春秋』 大正12年7月号   15 直木三十三
雑八題 『文藝春秋』 大正12年8月号   15 直木三十三
エス語、発見、随筆 『文藝春秋』 大正12年11月号   15 直木三十三
来阪理由 『文藝春秋』 大正12年11月号   15 直木三十三
大正13年(1924年)──
贅沢その他 『文藝春秋』 大正13年2月号   15 直木三十三
馬鹿と錐(落語) 『文藝春秋』 大正13年4月号   15 直木三十三
才子の堕ちる地獄 『文藝春秋』 大正13年4月号   竹林賢七
有用無用の弁 『文藝春秋』 大正13年6月号   15 直木三十三
直木のこと 『文藝春秋』 大正13年7月号   15 直木三十三
貧閑 『文藝春秋』 大正13年10月号   15 直木三十三
或る書の序─春陽堂から出づべき 『文藝春秋』 大正13年11月号   15 直木三十三
大正14年(1925年)──
──よ、汝の名は 『文藝春秋』 大正14年1月号   15 直木三十三
陽の下何の新しき物あらんや 『文藝春秋』 大正14年1月号   15 直木三十三
──に答ふ 『文藝春秋』 大正14年2月号   15 直木三十三
諸事改良の事 『文藝春秋』 大正14年3月号   15 直木三十三
晴雨計外篇 『文藝春秋』 大正14年5月号   15 閑養軒
続晴雨計外篇 『文藝春秋』 大正14年6月号   15 閑養軒
人を救ひたし 『文藝春秋』 大正14年8月号   15 直木三十三
世上近頃 『文藝春秋』 大正14年8月号   15 閑養軒
喧嘩の法─中村武羅夫氏に 『文藝春秋』 大正14年9月号   15 閑養軒
不景気 『文藝春秋』 大正14年10月号   15 直木三十三
不良二種 『文藝春秋』 大正14年11月号   15 直木三十三
印刷芸術行詰り時代 『文藝春秋』 大正14年12月号   15 直木三十三
大正15年(1926年)──
改名披露その他 『文藝春秋』 大正15年1月号   15  
東洋的な 或は老人めいた─ 『文藝春秋』 大正15年2月号   15  
銀座黙晴 『中央公論』 大正15年2月号    
雑音 『大衆文藝』 大正15年2、4、5月号    
映画界泥話 『映画時代』 大正15年3月号~7月号 (映画界泥ばなし) 21  
去来三代記予告話 『大衆文藝』 大正15年3月号    
かくの如く移る? 『文藝春秋』 大正15年4月号   15  
猶未だ、女なら 『大衆文藝』 大正15年5月号    
痛ましき新時代 『文藝春秋』 大正15年6月号   15  
課題に答ふ 『大衆文藝』 大正15年6月号    
具象を尊ぶ 『文藝春秋』 大正15年7月号   15  
大衆文学分類法 『中央公論』 大正15年7月号   15  
土地について答ふ 『大衆文藝』 大正15年7月号    
犬を殺したい 『文藝春秋』 大正15年8月号   15  
御恵附 『文藝市場』 大正15年8月号   21  
日輪(シナリオ) 『大衆文藝』 大正15年8月号    
浅薄なるもの 『文藝春秋』 大正15年9月号    
苦労、苦労、苦労 『大衆文藝』 大正15年9月号    
新篇映画界泥話 『映画時代』 大正15年9月号~昭和2年4月号   21  
文藝時評(春夫偏見その他) 『文藝春秋』 大正15年10月号   15  
身辺変事 『大衆文藝』 大正15年10月号    
退屈者散歩 『大衆文藝』 大正15年10月号    
不愉快な結論 『文藝春秋』 大正15年11月号    
甘い晦日 『中央公論』 大正15年12月号   15  
何をしてゐるのだ 『大衆文藝』 大正15年12月号    
昭和2年(1927年)──
十一円五十銭 『文藝春秋』 昭和2年1月号    
三十六計浮世話 『苦楽』 昭和2年2月号   21  
現代夫人気質 『女性』 昭和2年3月号   14  
最初の部分 『文藝春秋』 昭和2年3月号   15  
阿呆らしい 『大衆文藝』 昭和2年3月号   15  
吾が大衆文芸陣 『大衆文藝』 昭和2年3月号~5月号、7月号 「青野、相馬両氏に与ふ」「橋爪健君に与へて「人生的意義」を冷笑す」「谷崎精二君に与へて、通俗非通俗を説く」「宇野浩二に与へて文芸の分野を説く」 15  
残念印象記 『大衆文藝』 昭和2年4月号   21  
剣法雑爼 『大衆文藝』 昭和2年5月号    
映画界七花八裂 『映画時代』 昭和2年6、7月号   21  
日本映画及び映画界 『文藝春秋』 昭和2年7月号   21  
秋色漫想 『アサヒグラフ』 昭和2年9月   15  
「人間」貧乏 『創作月刊』 昭和2年9月号    
映画はん監論 『不同調』 昭和2年11月号   21  
エキストラに就て─附排優になる近道 『キネマコーザ』3号 昭和2年11月   21  
先生がっかり 『映画と演芸』 昭和2年11月号    
昭和3年(1928年)──
金持になって不愉快な話 『不同調』 昭和3年1月号   15  
映画人情非人情 陰謀暴露 『週刊朝日』 昭和3年1月   21  
俳優の給金─映街漫歩の1 『映画時代』 昭和3年1月号   21  
プロダクション聯盟成る?─映街漫歩の2 『映画時代』 昭和3年2月号   21  
間違ひ事 『創作月刊』 昭和3年2月号    
濫費礼讃 『女性』 昭和3年3月号   15  
映画儲けか、裏話 『週刊朝日』 昭和3年3月   21  
映画界虚々実録 『大阪朝日新聞』 昭和3年3月   21  
月形の独立─映街漫歩の3 『映画時代』 昭和3年3月号   21  
就中プロ文学は 『不同調』 昭和3年3月号    
映画愚談銷夏 『週刊朝日』 昭和3年4月   21  
月形に対するマキノの暴状─映街漫歩の4 『映画時代』 昭和3年4月号   21  
時運来る─映街漫歩の5 『映画時代』 昭和3年6月号   21  
機運動く 『映画と演芸』 昭和3年6月号    
文壇棋術行脚 『週刊朝日』 昭和3年7月   21  
小路が拓けた 『映画時代』 昭和3年7月号   21  
映画人、映画国 『映画時代』 昭和3年7月号~12月号   21  
剣法の発達 『文藝春秋』 昭和3年9月号、12月号   15  
争は法廷に 『映画時代』 昭和3年9月号   21  
いろはろうとへ 『映画と演芸』 昭和3年9月号    
金がなくてよかった話 不明 昭和3年11月    
昭和4年(1929年)──
映界去来 『映画時代』 昭和4年1月号   21  
『蒼弓を仰ぐ』を書きつつ 『北海タイムス』 昭和4年1月27日    
金儲けの秘伝 『サンデー毎日』 昭和4年6月   14  
『文藝春秋』 昭和4年9月号   15  
剣法の起源 『改造』 昭和4年9月号   15  
必ずしも 『映画時代』 昭和4年10月号   21  
探偵小説と其作品 『読売新聞』 昭和4年10月29日   21  
検閲問題雑爼 『週刊朝日』 昭和4年11月   14  
屈辱の売文─講談社との絶縁 『文藝春秋』 昭和4年11月号   15  
見るのでない拝見だ 『読売新聞』 昭和4年11月10日~12日   14  
地上より安全 『夕刊大阪』 昭和4年12月   14  
昭和5年(1930年)──
日本映画を斬殺す 『改造』 昭和5年1月号   15  
碁論、愚論 『文藝春秋』 昭和5年1月号   15  
宮本武蔵の強さ 『週刊朝日』 昭和5年1月   15  
木谷実か呉清源か? 『文藝春秋』 昭和5年1月号   15?  
代議士になるなら 『大阪朝日新聞』 昭和5年1月24日   21  
維新剣客の強さ 『週刊朝日』 昭和5年4月    
競馬 『大阪毎日新聞』 昭和5年4月16日   21  
原作料、良介、正次 『映画時代』 昭和5年5月号   21  
吾々の雑誌 『文藝春秋』 昭和5年5月号    
挙兵前の大塩平八郎 『文藝春秋』 昭和5年7月号   14  
何うだ、何うだ 『映画時代』 昭和5年7月号    
納税への不満 『文藝春秋』 昭和5年10月号   15  
大衆文芸への批評 『文藝春秋』 昭和5年10月号   21  
昭和6年(1931年)──
囲碁のこと 『文藝春秋』 昭和6年1月号   14  
大衆文学作家総評 『改造』 昭和6年1月号   15  
見ない「南国太平記」 『大阪朝日新聞』 昭和6年1月   21  
銀座縦横記 『改造』 昭和6年5月号   14  
人の事、自分の事 『朝日新聞』(大阪・東京) 昭和6年5月   15  
キングへ書く 『文藝春秋』 昭和6年5月号   15  
東京を呆れる 不明 昭和6年5月   21  
倶楽部とメムバー 『文藝春秋』 昭和6年5月号    
日本モナコ設計図 『改造』 昭和6年8月号   14  
「南国太平記」を終りて 『東京日日新聞』『大阪毎日新聞』 昭和6年10月   14  
貴族的な大佛君 『文藝春秋』 昭和6年10月号   14  
満州見聞 『中央公論』 昭和6年10月号   14  
休憩と休載 『文藝春秋』 昭和6年10月号   21  
大阪で想ふ 『大阪毎日新聞』 昭和6年11月   14  
大衆文学の弁─正宗白鳥氏に答ふ 『東京日日新聞』『大阪毎日新聞』 昭和6年11月   15  
現代芸者論 『中央公論』 昭和6年12月号   15  
昭和7年(1932年)──
大衆文芸作法 文藝春秋社刊『新文芸思想講座』 昭和7年刊   21  
日本一の剣客は誰か? 『キング』 昭和7年1月号   14  
『婦人公論』 昭和7年1月号   14  
何のための監督局 『文藝春秋』 昭和7年1月号   14  
炉辺剣談 『サンデー毎日』 昭和7年1月   14  
観戦 『読売新聞』 昭和7年1月   14  
文芸時評 『読売新聞』 昭和7年1月   14  
今年こそ是非行って見たいところ 『行楽』 昭和7年1月号   21  
大衆文学の動向 『新潮』 昭和7年1月号   21  
私の顔よ 『サンデー毎日』 昭和7年1月    
続東向きの窓 『国民新聞』 昭和7年1月2日   21  
三月号雑誌展望 『読売新聞』 昭和7年2月   14  
「結婚解消」是か非か?─彼女の態度や悪し 『サンデー毎日』 昭和7年2月 「鳥潟博士令嬢の結婚解消是非」に改題? 14  
ゴシップに答ふ 『読売新聞』 昭和7年2月    
読者層の問題 『読売新聞』 昭和7年3月   14  
ファシストチャンチャン征伐─新作落語 『文藝春秋』 昭和7年3月号   14  
貧乏一期二期三期─わが落魄の記 『婦人公論』 昭和7年3月号   15  
剣道及剣客 『報知新聞』 昭和7年3月8日~5月20日    
上海へ行くから「日本の戦慄」休載に就て 『文藝春秋』 昭和7年4月号   14  
上海雑事 『東京朝日新聞』 昭和7年6月   14  
上海と戦争 『時事新報』 昭和7年6月   14  
和製のファッショとは 『夕刊大阪』 昭和7年6月   14?  
仙台萩の真相 『文藝春秋』 昭和7年7月号   14  
胸襟を開く 『読売新聞』 昭和7年8月    
芸術的立場より見た歌舞伎の将来 『東京日日新聞』 昭和7年9月   21  
書物に見た日米作戦に就て 『サンデー毎日』 昭和7年10月   14  
大衆文学を辻斬る 『時事新報』 昭和7年10月   15  
人の事、己の事 『改造』 昭和7年11月号   14  
大衆文学の定規 『新潮』 昭和7年11月号   14  
上泉信綱と宮本武蔵 『文藝春秋』 昭和7年11月号   15  
続大衆文学を辻斬る 『時事新報』 昭和7年12月   21  
昭和8年(1933年)──
史話二三 『報知新聞』 昭和8年1月   14  
返答その他 『文藝春秋』 昭和8年1月号   14  
一年、十年、其他 『改造』 昭和8年1月号   14  
大衆文学の本質 改造社刊『日本文学講座』 昭和8年1月刊   21  
僕も応じるつもり 『東京朝日新聞』 昭和8年1月    
武勇伝雑話 『東京日日新聞』『大阪毎日新聞』 昭和8年1月14日~21日   15  
自分の臓腑は自分でも分らぬ 『読売新聞』 昭和8年2月   14  
川端康成君に 『文藝春秋』 昭和8年2月号   21  
落合三郎君に与ふ 『時事新報』 昭和8年2月   21  
上泉信綱 『文藝春秋』 昭和8年2、3月号   14  
生活と芸術との問題 『文芸首都』 昭和8年3月号   14  
文芸時評(削除は不快その他) 『東京朝日新聞』 昭和8年3月   14  
果物地獄 『新青年』 昭和8年3月号   15  
愛国的といふこと 『文藝春秋』 昭和8年3月号   21  
遊侠伝損得 『サンデー毎日』 昭和8年3月    
大衆・作家・雑誌 『改造』 昭和8年4月号   14  
新領土の開拓 『文芸首都』 昭和8年4月号   14  
私の友人名簿 『モダン日本』 昭和8年5月号~8月号   21  
新聞小説三論 『報知新聞』 昭和8年6月   21  
文芸時評(七月の小説其の他) 『東京日日新聞』『大阪毎日新聞』 昭和8年6月   21  
大衆文学落穂集 『読売新聞』 昭和8年7月   14  
若し神風吹かざりせば 『雄弁』 昭和8年7月号   14  
税金・著作権 『東京朝日新聞』 昭和8年7月   14  
僕が女だったら 『婦人公論』 昭和8年8月号   15  
税務署のやり方 『文藝春秋』 昭和8年8月号   15  
再び税のこと 『文藝春秋』 昭和8年9月号   15  
直木益々貧乏の事 『オール讀物』 昭和8年9月号   15  
死までを語る 『話』 昭和8年9月号~昭和9年3月号   8  
憐憫を催す 『文藝』 昭和8年10月号   14  
昭和の大棋戦観戦記 『読売新聞』 昭和8年11月   14  
石田三成 『文藝春秋』 昭和8年12月号   14  
遊侠物に就て 『文藝』 昭和8年12月号   14  
昭和9年(1934年)──
近事悲憤の事 『中央公論』 昭和9年1月号   14  
戦争の不思議 『東京日日新聞』『大阪毎日新聞』 昭和9年1月   14  
広津に競作を提案する 『文藝』 昭和9年1月号   21  
文学と政治との接触 『読売新聞』 昭和9年1月   21  
日曜夕話 『報知新聞』 昭和9年2月   14  
税金問題の終末 『文藝春秋』 昭和9年3月号    
塚原卜伝 『文藝春秋』 昭和9年4月号    
歴史小説に就いて 『東京朝日新聞』 昭和9年5月 遺稿  
全盛の我等 『話』 昭和9年5月号 遺稿  
生活・収入・支出 『実話雑誌』   遺稿 21  
以下、初出誌不明
「日本の戦慄」休載に就て       14  
アッパッパを見て感あり       14  
イット       14  
ゴシップの弁─佐藤春夫氏を主として       14  
ゴシップ風の       14  
横光利一       14  
何故に軍部の旗を擔ぐか?       14  
科学小説に就て       14  
回顧と近事       14  
簡牛氏の仕事       14  
貴下の思想と芸術との間に矛盾なきか豊島与志雄       14  
菊池寛全集       14  
久米正雄       14  
強い剣客       14  
近頃は       14  
愚問賢答─徳永君に       14  
軍部との会見       14  
剣道修業       14  
航空郵便の遅さ       14  
荒木陸相との会見序論       14  
私のロボット硅君       14  
私の興味に就て       14  
社会展望       14  
新年の感想       14  
昔の科学戦物語       14  
大衆文芸の歴史       14  
大大阪小唄       14  
痴言早々       14  
長谷川時雨が卅歳若かったら       14  
通俗軽蔑の幣       14  
東向の窓       14  
答二三       14  
反射塔       14  
美人あちこち       14  
文街散歩       14  
文学の地位と国家施設       14  
文学は生活を書くものだ       14  
文芸家分類法案草稿       14  
文壇柳暗録       14  
平沼騏一郎男       14  
帽子       14  
遊〓論       14  
旅三、芸者三       14  
涙の始末       14  
插絵       14  
炬燵から       14  
「鼠小僧」に就て       15  
剣法雑話       15  
生活の打明け       15  
俗悪文学退治       15  
続大阪を歩く       15  
大阪を歩く       15  
大衆文学の歩いた道─一九三二年       15  
大衆文学二三の俗論を駁す─猿芝居と犬芝居       15  
大大阪小唄       15  
叩きつぶすぞ       15  
哲学乱酔       15  
貧乏解消論       15  
暮などなんだ       15  
僕の秘密室       15  
キネマ界児戯に類す       21  
チョコレート女優─夏川静江の話       21  
奇談ノート 『アサヒグラフ』     21  
欣一羨むべし 『関西文芸』     21  
喧嘩を買ふ       21  
喧嘩を売る       21  
書け、書け、書く       21  
大楠公のえらさ 『東日マガジン』     21  
動静・華楚       21  
反感を買ふべき数項 『映画時代』     21  
焚書への抗議を嗤ふ       21  
編輯も又疲る?       21  
万年筆       21  
李下に正す       21  
立廻りいろいろ話 『演劇映画』     21  


ページの先頭へ