同人雑誌評の記録
平成20年/2008年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
20081月号 評者 松本徹 タイトル 古さが新しさとなるには 総冊数68冊(うち創刊号3冊)
ベスト5 井口恵之 (6) 「ねずみ」 『秋田文学』16号(秋田市)
斎藤史子 (25) 「『カフェ・カキ』」 『奇蹟』60号(交野市)
浜崎勢津子 (13) 「お刺身と物置」 『文芸山口』275号(山口市)
明石善之助 (7) 「背後霊」 『午前』82号(福岡市)
岩代明子 (2) 「口笛少年」 『ignea』創刊号(東大阪市)
竹井律生 (1) 「泣いた赤鬼」 『雑記囃子』5号(伊丹市)
秋森実耀子 (1) 「消えない灯」
野元正 (9) 「光の向こうに」 『八月の群れ』48号(明石市)
はぎわらようこ (6) 「夏の終わりに」
有間やす子 (4) 「義弟」 『新松柏』20号(柏市)
青海静雄 (31) 「犬も歩けば棒に当たる」 『午前』82号(福岡市)
塚越淑行 (68) 「カオル」 『まくた』257号(横浜市)
諸山立 (1) 「穴に落ちた男」 『まがね』46号(倉敷市)
三宅陽介 (2) 「八時間の新婚旅行」連載第一回
大森盛和 (2) 「蛙鳥」 『星の広場』2号(金沢市)
衛門せろ (1) 「音の話」 『嵐』6号(千葉市)
秦健一郎 (1) 「海螢」
難波田節子 (48) 「揺れる橋」 『河』142号(東京都)
山本文月 (2) 「林檎の木」
南綾子 (1) 「惑いながら」 『素粒』5号(富山市)
大黒恵子 (10) 「誰そ、彼れ」
片山峰子 (8) 「スカートの思い出」 『岡山文芸』97号(総社市)
定道明 (7) 「別れ」 『青磁』24号(福井市)
名賀雄造 (1) 「昴」 『江別文学』70号(江別市)
水沢葉子 (4) 「『再生国』にて―埴谷雄高へのオマージュ」 『はにや…』創刊号(福島市)
和田信子 (5) 「リナムの花」 『南風』22号(福岡市)
松本文世 (11) 「遺言状」
田中聖海 (2) 「浴衣」 『冥王星』10号(函館市)
以下作品名のみの言及
図子英雄 (18) 「蘇生の旅」 『原点』95号(松山市)
佐々木国広 (27) 「渓(たに)からの声」 『たまゆら』68号(東近江市)
原あやめ (2) 「お喜與の場合―少女時代―」 『峠』53号(名古屋市)
増岡康毅 (5) 「神隠し」 『九州文学』56号(佐賀市)
田部浩二 (1) 「わが桶狭間」
中川芳子 (5) 「蚊帳吊り草」 『VIKING』681号(茨木市)
刀禰喜美子 (11) 「籠り処」 『奇蹟』
畑裕子 (7) 「臍の緒、五つ」
黒川嘉正 (5) 「風ひかる樹」 『詩と眞實』701号(熊本市)
20082月号 評者 松本徹 タイトル 平凡の変質 総冊数70冊
ベスト5 谷口葉子 (13) 「蜘蛛の部屋」 『カプリチオ』26号(東京都)
沢野繭 (5) 「緑葉這う」 『白鴉』21号(八幡市)
遠藤昭己 (3) 「玄造の蛇」 『海』76号(四日市市)
安田ちかよ (4) 「見えないテレビ」 『あしたば』47号(津市)
林さぶろう (3) 「陰男」 『せる』76号(東大阪市)
金相亨 (1) 「河のほとりで」 『白鴉』21号(八幡市)
朝岡明美 (1) 「ハイハイ学校」 『文芸中部』76号(東海市)
津木林洋 (20) 「彼女たち」 『せる』76号(東大阪市)
大野光生 (23) 「突堤にて」 『飃』76号(宇部市)
朝比奈敦 (36) 「伸子」
野田悦基 (10) 「愛しい人」 『獣神』31号(所沢市)
澤田よし子 (1) 「石のある風景」
伊藤雄一郎 (2) 「タンポポ」
ささきやすえ (1) 「桜 さくら」 『関西文學』63号(大阪市)
中田重顕 (35) 「友情」 『文宴』108号(松阪市)
橋倉久美子 (2) 「ええんですわ」
本川さとみ (1) 「瘤(こぶ)」 『凾』59号(広島市)
河村義次郎 (19) 「祝いの日に」
春木静哉 (1) 「暗がりの向こうの桜」 『こみゅにてぃ』77号(和光市)
吉保知佐 (35) 「そんな彼女に出来たこと」 『AMAZON』426号(宝塚市)
鈴木重生 (26) 「魔王が呼ぶ」 『小説家』126号(国分寺市)
佐藤良一 (1) 「帰郷」 『宇佐文学』43号(宇佐市)
岩男英俊 (1) 「蛇と注連縄」
松本謙一 (1) 「最期のかけら」 『天気図』6号(花巻市)
正田吉男 (1) 「蔵籠り」 『詩と眞實』702号(熊本市)
以下作品名のみの言及
盛岡久元 (2) 「奥の池のギンヤンマ」 『別冊関学文芸』35号(西宮市)
村野文 (1) 「落下」 『文学街』242号(東京都)
黒羽英二 (3) 「母里」 『文藝軌道』7号(神奈川県大磯町)
各務麗至 (9) 「幻化」 『戞戞』21号(観音寺市)
山口政昭 (4) 「リア」 『日曜作家』10号(北九州市)
永見篤彦 (1) 「架橋」 『山陰文藝』26号(松江市)
吉田洋一 (2) 「在りし日の歌」 『方圓』23号(亀山市)
津田崇 (3) 「横浜大空襲体験記」 『小説芸術』46号(新座市)
なかい多麻 (1) 「二十五年目の約束」 『らんぷ』10号(室蘭市)
井森成一 (1) 「サラリーマン春秋」 『午後』17号(横浜市)
鈴木今日子 (4) 「鎮魂の浜辺」
20083月号 評者 松本徹 タイトル インターネットと同人雑誌 総冊数95冊(うち創刊号2冊)
ベスト5 青木哲夫 (7) 「シコクイワナ」 『アンプレヤブル宣言』13号(今治市)
滝沢玲子 (2) 「コラボレーション」 『あべの文学』6号(大阪市)
万リー (8) 「十年」 『短篇集 そして』5号(鎌倉市)
夏当紀子 (14) 「六月のまるい夜」 『飢餓祭』30号(大和高田市)
米沢朝子 (3) 「東へ」 『蒼空』12号(高知市)
- - 『破壊派』創刊号
吉満昌夫 (13) 「写真」「抜け殻」 『埋火』42号(東京都)
藤沢辰雄 (10) 「絆」 『雑踏』65号(大和郡山市)
三原遙子 (5) 「花野を行く」 『河』143号(東京都)
花島真樹子 (6) 「村にて」 『グループ桂』57号(小山市)
桂城和子 (22) 「里桜」
二階堂英子 (1) 「茅葺の家」 『文邪』7号(函館市)
藤原伸久 (15) 「海の音符」 『教育文芸みえ』25号(津市)
納富泰子 (18) 「水の音」 『胡壷』6号(福岡市)
ひわきゆりこ (17) 「象のテラス」
石原卓 (1) 「月と大黒さん」 『樹林』516号(大阪市)
上田美佐江 (1) 「失格」 『市民文藝』47号(帯広市)
山本憲太郎 (2) 「ネズミ曼荼羅」 『あべの文学』6号(大阪市)
一畑耕 (1) 「掃除屋風情」 『播火』65号(姫路市)
諸井学 (2) 「神南備山のほととぎす」
長井那智子 (2) 「春のゆき」 『火山地帯』153号(鹿屋市)
酒井久志 (9) 「死亡適齢期」
立石富生 (17) 「夜は笑う」
関幸子 (6) 「忘れていった体育着」 『湧水』38号(東京都)
浅田修 (14) 「愁傷の白い花」連載第五回 『鬼子』63号(神戸市)
中原美枝子 (3) 「むすこの結婚」 『海塔』42号(大和市)
秋田しんのすけ (1) 「神乃道」 『シグロビエンテ』創刊号(多摩市)
若林亮成 (8) 「ヒガンバナ」 『時間と空間』60号(小金井市)
田口耕平 (2) 「付句」 『ふゆふ』8号(北海道幕別町)
桑原昭 (5) 「菊日和」 『VIKING』684号(茨木市)
以下作品名のみの言及
田中洋 (1) 「あの夏の日」 『教育文芸とやま』13号(富山市)
野上周 (3) 「山河微笑」 『エプシロン』18号(三島市)
井坂ちから (3) 「送る人々」 『じゅん文学』54号(名古屋市)
小森新 (5) 「アンダー・コンストラクション」 『奏』15号(静岡市)
北里美和子 (1) 「月夜の蟹」 『海』65号(福岡市)
野中麻世 (5) 「男同志」 『婦人文芸』84号(東京都)
淘山竜子 (4) 「知っている」
西垣みゆき (1) 「薄日」 『きなり』65号(名古屋市)
木村華奈美 (2) 「桃色自転車」 『青の時代』34号(函館市)
20084月号 評者 大河内昭爾 タイトル 描写の後ろに寝ていられない 総冊数72冊(うち創刊号1冊)
ベスト5 鮒田トト (6) 「犬猫降りの日」 『龍舌蘭』172号(宮崎市)
沖山明徳 (12) 「帰り道」 『回帰』復刊9号(東京都)
森静泉 (13) 「家」 第二次『狼』51号(高崎市)
北村順子 (6) 「影の微笑」 『孤帆』12号(小金井市)
道林はる子 (1) 「姉妹」 『文学草紙』121号(西東京市)
- 「編集後記」 『文学草紙』121号(西東京市)
間宮武 (18) 「狂い咲」
かんばらみさお (4) 「キャンプ日記」
伴田六和 (2) 「或る手紙」 『回帰』復刊9号(東京都)
赤星虎次郎 (2) 「幼年時代」
坂上七郎 (7) 「耳掃除」
広坂隆治 (4) 「メーデー、メーデー、メーデー」 『詩と眞實』2月号(熊本市)
島泉 (1) 「あの日は遠くに」
伊藤伸太朗 (1) 「寂しい町」他二篇 『クレーン』29号(前橋文学伝習所)
岡村弘史 (1) 「ダニーとその仲間たち」
中山茅集子 (5) 「記憶の中の仏たち」
中嶋英二 (13) 「見合い」「みいら」 『江南文学』55号(流山市)
鹿嶋清一郎 (1) 「雲のファイル」
しん・りゅうう (33) 「手貸し屋さん」 『山形文学』94集(山形市)
星合昭 (1) 「やまがた俳諧物語(その二)」
笹沢信 (13) 「夕晴れ」
高橋脩輔、牧野房(聞き書き) 「負傷兵の記録」
久保輝巳 (10) 「カケトイさん」 『龍舌蘭』172号(宮崎市)
大塚滋 (10) 「昭和の子供」 『文学雑誌』83号(大阪市)
枡谷優 (4) 「父と子」
杉山平一 (6) 「敗殘」
竹谷正 (2) 「墓」
牧野誠 (1) 「切腹」 『砂』106号(東京都)
くもくみこ (3) 「熊蝉の鳴く日」 『AMAZON』427号(宝塚市)
- - 『愛生』(瀬戸内市)
淘山竜子 (5) 「わたしのいた時間」 『孤帆』12号(小金井市)
祖川悦人 (2) 「荼毘に付す」 『ペガーダ』7号(川崎市)
村尾文 (12) 「鉄瓶」 『文学街』244号(東京都)
森啓夫 (4) 「窓」随筆
与市園隆三 (1) 「秩父困民党(第一章)」 『小説春秋』20号(鹿児島市)
出水沢藍子 (12) 「世ニ慣レザル(上)」
相星雅子 (22) 「六月灯」連載・第一回
福迫光英 (1) 「長すぎた滞在」
福元早夫 (18) 「神々たちの火祭り」
宮田俊行 (1) 「飛び石踏み」
山之内まつ子 (3) 「ヤドカリ」
森田一政 (2) 「八月の赤い薔薇」
市川一雄 (1) 「登美という歌びと」 『黒馬』35号(岡谷市)
大高みのり (1) 「大久野島」 『翼』32号(宝塚市)
高壱文吾 (1) 「Rアイランド・フーガ」 『VIKING』685号(茨木市)
山田稔 (11) 「富士さんとわたし」第37回・最終回
20085月号 評者 大河内昭爾 タイトル 三十有余年 総冊数50冊(うち創刊号1冊)
ベスト5 桐山みち代 (8) 「潮どき」 『河』144号(東京都)
ひわきゆりこ (18) 「象のテラス」 『胡壷』6号(福岡市)
宮田智恵子 (3) 「色なき風」 『桂』5号(さいたま市)
寺元敏胤 (11) 「ホトトギスの谷間」 『文学街』245号別冊(東京都)
西村重夢 (1) 「鬼虫」 『スクランブル』20号(松山市)
難波田節子 (49) 「ハンモックのある庭」 『遠近』33号(東京都)
黄英治 (1) 「睡蓮の祈り」 『架橋』27号(清須市、在日朝鮮人作家を読む会)
立花健 (1) 「愛骨」 『九州作家』123号(北九州市)
羹凪翔 (1) 「花型ちらし」
田口佳子 (35) 「公園で」「激怒」「ロン」「住所姓名年齢不詳」「フリーマーケット」 『翡翠』25号(東久留米市)[個人誌]
菅原治子 (2) 「プレゼント」 『婦人文芸』84号(東京都)
北村順子 (7) 「キャリントンの頃」
野中麻世 (6) 「男同志」
麻井さほ (1) 「夜の足音―パリ、サンドニ通り二四九」
淘山竜子 (6) 「知っている」
野沢薫子 (9) 「白い闇」 『長崎文学』56号(長崎市)
野坂喜美 (7) 「余命」 『米子文学』53号(米子市)
高テレサ (4) 「蜃気楼」 『修羅』56号(桶川市)
山田敦心 (17) 「オレの将来」 『城』93号(佐賀県みやき町)
平井利果 (1) 「あと何日」 『文章工房』7号
佃陽子 (7) 「残り雪」 『桂』5号(さいたま市)
今泉佐知子 (1) 「みんな消えていく」 『果樹園』10号(豊川市)
日下渓子 (2) 「取り憑き体質」 『スクランブル』20号(松山市)
沖田潮 (1) 「鱧と女と棟梁と」
西園春美 (1) 「よにげ」 『詩と眞實』3月号(熊本市)
那村洵吾 (1) 「羽虫」 『VIKING』686号(茨木市)
木下径子 (7) 「夫の逝去」 『街道』12号(武蔵野市)
佐々木欽三 (3) 「逃亡日記」
笹原実穂子 (1) 「窓」 『札幌文学』71号(札幌市)
高井かほる (5) 「愛人にしてください」
20086月号 評者 大河内昭爾 タイトル 最後の同人雑誌評 総冊数74冊(うち創刊号3冊)
上半期
優秀作
鮒田トト (6) 「犬猫降りの日」 『龍舌蘭』172号(宮崎市)
上半期
奨励作
桐山みち代 (8) 「潮どき」 『河』144号(東京都)
上半期
奨励作
谷口葉子 (13) 「蜘蛛の部屋」 『カプリチオ』26号(東京都)
ベスト5 田中冬吉 (2) 「その怒りと静謐」 『アミーゴ』59号(松山市)
西向聡 (12) 「冬立つ日に」 『法螺』58号(交野市)
山口馨 (10) 「風景」 『渤海』55号(富山市)
勝陸子 (5) 「『血と水と』」 『亜熱帯』11号(鹿児島市)
類ちゑ子 (11) 「目が見た目」 『小説家』127号(国分寺市)
清水園 (1) 「ブルーシートの下で」 『星座盤』創刊号(豊中市)
望月廣次郎 (2) 「お見合いゲーム」 『淡路島文学』2号
寺本親平 (7) 「鷲」 『遠州豆本別冊短編小説集13』(浜松市)
馬込太郎 (3) 「バスを待つ」
太田京子 (1) 「上海」
池本朱希 (2) 「キャンドルナイト」
折金紀男 (5) 「野々宮さんの恋」
木辺弘児 (11) 「たたら火」 『森時計』6号(大阪市)
関幸壽 (3) 「潮合い」
上田千之 (10) 「君子豹変」 『渤海』55号(富山市)
三浦瑞子 (6) 「砂の嵐」 『亜熱帯』11号(鹿児島市)
岡村知鶴子 (7) 「森を渡る」
武山博 (2) 「羽化」 『断絶』102号(東京都)
吉田善穂 (1) 「『速読』と『遅読』」一頁コラム
大野光生 (24) 「花香橋(はながばし)にて」 『飃』77号(宇部市)
衣斐弘行、伊藤伸司、青井奈津、磯崎仮名子 - 『火涼』58号(鈴鹿市)
高畠寛 (16) 「紅い螢」 『あるかいど』36号(大阪市)
小西九嶺 (3) 「純子先生」
楠本燿子 (1) 「手亡」 『葉風』5号(東京都)
井上武彦 (39) 「いやしの書―親鸞からイエスへ―」 『文芸中部』77号(東海市)
刺賀秀子 (29) 「杜夫の秋」 『小説家』127号(国分寺市)
澤辺幸雄 (1) 「心残り」 『13時』
芹沢亮輔 (1) 「お袋さんよぅ」 『青稲』80号(松戸市)
- 「ラブソング」 『戞戞』22号[個人誌]
木村暢男 (1) 「吉村昭を後世に伝えるために」 『吉村昭研究』創刊号(西条市)
桑原文明 (1) 「吉村昭試論」
20087月号 評者 勝又浩 タイトル 同人雑誌ネットワーク 総冊数70冊(うち創刊号1冊)
ベスト5 江口宣 (15) 「イエスよ涙をぬぐいたまえ」 『九州文学』523号(中間市)
羽黒英二 (1) 「子生(こなじ)―私鉄廃線跡探索奇談」 『文藝軌道』4月号(神奈川県大磯町)
中山直美 (2) 「侵入者」 『日田文學』56号(日田市)
吉田啓子 (13) 「私の恋は」 『勢陽』20号(伊勢市)
秦斗志三 (1) 「最終バス」 『南風』23号(福岡市)
名村和実 (8) 「同人雑誌全国会議意見交換会」エッセイ 『KANSO』86号(鈴鹿市)[個人誌]
渡辺勝彦 (1) 「聖母子と廃本」 『R&W』4号(愛知県愛知郡)
谷澤弘昭 (1) 「旅先の界隈」
- 五木寛之特集
森田ちゑ (1) 「華麗なる金鯱物語」随想
片山峰子 (9) 「五女」 『岡山文芸』98号(総社市)
原口登志子 (3) 「青空と軽便鉄道と」 『群青』72号(武蔵野市)
高橋光子 (25) 「母との旅」
山之内朗子 (22) 「葡萄の枝」 『まくた』259号(横浜市)
塚越淑行 (69) 「アイリス」
城田彩香 (2) 「般若の道」
山口道子 (1) 「陽炎」 『南風』23号(福岡市)
山人海人 (1) 「路地裏の温泉バナナ」 『日田文學』56号(日田市)
大石國行 (3) 「星が見えない」 『彩雲』創刊号(浜松市)
坂本良介 (1) 「宝の/はこ」 『文藝軌道』4月号(神奈川県大磯町)
高橋ひとみ (1) 「虫達への挽歌」
さとう裕 (1) 「骨かじる」 『グループ いかなご』4号(明石市)
宮崎眞弓 (1) 「十三夜月」
関幸子 (7) 「兄の番」 『湧水』39号(東京都)
飛田一歩 (9) 「私だけの赤」
宮本誠一 (6) 「伝言」 『詩と眞實』707号(熊本市)
古木信子 (5) 「蝶の帰り道」 『季刊午前』38号(福岡市)
以下作品名のみの言及
稲垣瑞雄 (41) 「朱光院」 『双鷲』69号(八王子市)
楢信子 (23) 「白鷺の女」
岡山和男 (5) 「『突貫小僧』の末っ子実」 『七十代』16号(東京都)
豊田一郎 (51) 「漂白」 『孤愁』3号(横浜市)
中尾務 (5) 「VIKING(一)」 『VIKING』688号(茨木市)
谷口浩 (1) 「ランナウェイ」 『文学地帯』105号(堺市)
中村建夫 (1) 「眺望レストラン」
矢内久子 (3) 「ステンカ・ラージン―凍土の恋―」 『風姿』3号(上尾市)
小野誠二 (27) 「家の繕い」 『北狄』342号(青森市)
服部進 (37) 「蜘蛛男」
伊吹萌 (2) 「神々の涙と微笑みの満ちるところ」 『私人』62号(東京都)
仙波進太郎 (1) 「歌姫が去った日」
野上周 (4) 「ZEAMI」 『YPSILON』春増刊号(三島市)
20088月号 評者 勝又浩 タイトル たくさんの虎たち 総冊数88冊(うち創刊号なし)
ベスト5 米沢朝子 (4) 「香花(こうばな) 『高知文学』34号(高知市)
浅田厚美 (8) 「青空の嘘」 『別冊關學文藝』36号(西宮市)
池田純子 (6) 「フラミンゴグレイ」 『火山地帯』154号(鹿屋市)
安田ちかよ (5) 「出口のない部屋」 『あしたば』48号(津市)
稲葉祥子 (1) 「贋夢譚 百夜」 『てくる』3号(大阪市)
- 河林満追悼特集 『文芸思潮』23号(東京都)
- 八幡政男追悼特集 『碑』90号(横浜市)
石崎宏矩 (1) 「虫のこと、学問のこと、絵のこと」エッセイ 『零』17号(奈良市)
田中貞夫 (1) 「日々に新たなり」
堀川佳 (1) 「最後のホームワーク」 『四国作家』40号(香川県琴平町)
大森捷二 (1) 「『ポンパ』考」評論
森岡久元 (16) 「栃錦が飛んだ、あの九月」 『別冊關學文藝』36号(西宮市)
立石富生 (18) 「鬼火」 『火山地帯』154号(鹿屋市)
西山慶尚 (1) 「知覧―六月三日の邂逅―」 『海峡』20号(今治市)
梶川洋一郎 (1) 「慎ましやかな虫たち」 『新松柏』21号(柏市)
十八鳴浜鴎 (7) 「満開の桜の下で」
柳原忠行 (1) 「私は忘れない」 『佐賀文学』25号(神埼市)
山川文 (1) 「乱雲」
松原栄 (5) 「クリスマスの記憶」 『南涛文学』23号(浦添市)
下地芳子 (8) 「父の自画像」
ナカムラマゼランタロウ (1) 「ブラジル・ジョーク」 『樹林』520号(大阪市)
塩崎勝彦 (1) 「金色の虹」
三澤章子 (2) 「いつか金色の馬車に乗って」 『橡』9号(伊勢崎市)
谷沢信憙 (2) 「父の居た街」 『風』79号(岡谷市)
ほりきせいこ (4) 「まくらのとが」 『河108』24号(江別市)
新村苑子 (6) 「雪」 『文芸驢馬』55号(東京都)
南奈乃 (1) 「ボンと歩けば」 『てくる』3号(大阪市)
北川佑 (2) 「三毛猫三毛子」 『木曜日』24号(東京都)
よこい隆 (2) 「冬女夏草」
十河順一郎 (3) 「転落」
以下作品名のみの言及
渡辺光昭 (1) 「ゆうどうえんぼく」 『仙台文学』72号(仙台市)
佐佐木邦子 (5) 「髷」
野沢薫子 (10) 「移ろうとき」 『長崎文学』57号(長崎市)
高木國雄 (7) 「師弟」 『海』77号(四日市市)
青海静雄 (32) 「心をこめて賽を振れ」 『午前』83号(福岡市)
K・ドリー (1) 「遅い雪」 『原点』96号(松山市)
20089月号 評者 勝又浩 タイトル 文学無言館 総冊数76冊(うち創刊号1冊)
ベスト5 森口透 (2) 「白檀色のトーラス」 『あべの文学』7号(大阪市)
青木哲夫 (8) 「ルバング島のおじさん」 『アンプレヤブル宣言』14号(今治市)
池田みな美 (1) 「月と雨と」 『法政文芸』4号(東京都)
寺村茂 (7) 「矢車の花」 『こみゅにてぃ』78号(和光市)
乾夏生 (11) 「母親」 『槐』26号(佐倉市)
- - 『KANSO』88号(鈴鹿市)
- 「編集後記」 『こみゅにてぃ』78号(和光市)
- 「街」欄 『文学街』116号(東京都)
青木哲夫 (8) 「編集後記」 『アンプレヤブル宣言』14号(今治市)
青木倫子 (9) 「往来記」
高月治朗 (1) 「遠泳―消えた海―」 『八月の群れ』49号(明石市)
泉紀子 (9) 「のれんの陰」 『風の道』2号(東京都)
牧之島純 (1) 「日雇いの二人」
三沢充男 (7) 「花びらの行方」 『こみゅにてぃ』78号(和光市)
笹原実穂子 (2) 「拍子木」 『山音文学』113号(札幌市)
伊藤千佳子 (1) 「雛子」 『樹林』521号(大阪市)
山本直哉 (11) 「シルクロードの黒い風(カラブラン) 『文芸誌O』42号(佐久市)
堀坂伊勢子 (38) 「幸子二題」 『文宴』109号(松阪市)
もりたなるお (15) 「呼ばわり山」 『回転寿司考』156号(武蔵野市)[個人誌]
北大井卓午 (1) 「高齢者は剛いぞ」 『遠近』34号(東京都)
安西昌原 (9) 「花の寺」
難波田節子 (50) 「傾いた明日」
柚かおり (2) 「密葬」
の木よしみ (1) 「円空仏の微笑み」
由比和子 (1) 「納屋の上」 『海』66号(福岡市)
大池文雄 (1) 「OJI NOTE」 『丁卯』23号(静岡県駿東郡長泉町)
栗原陽子 (2) 「湯ヶ島にて」
園城弘 (1) 「西陣と南陣」 『滋賀作家』105号(大津市)
山崎文男 (21) 「やなさんの快挙に」 『顔』65号(上田市)
山崎文男 (21) 「そんなことは」 『文学街』116号(東京都)
長倉茉利 (3) 「ころがる石」 『河』146号(東京都)
本多明子 (1) 「トワイライト・デイ」 『法政文芸』4号(東京都)
- 「特集・家族小説の現在」長嶋有インタビュー
うえのそら初 (1) 「ガラスに映る」 『カム』3号(桜井市)
阪井智一 (2) 「無題」
あびる諒 (1) 「天竺川」 『白鴉』22号(八幡市)
大西亮 (1) 「カプセル・タイム」 『北斗』548号(名古屋市)
中島妙子 (5) 「かまきり」 『安藝文學』76号(広島市)
長浜要悟 (1) 「ボランティアガイド エレジー」
福永タミ子 (2) 「月光」
200810月号 評者 松本道介 タイトル “生活の無為性” 総冊数79冊(うち創刊号1冊)
ベスト5 吉田典子 (42) 「ミゼット」 『サボテン通り』8号(函館市)
出岡絢巳 (1) 「富蔵の骨」 『文学SOS』5号(鈴鹿市)
北原深雪 (1) 「冬のゆりかご」 『じゅん文学』56号(名古屋市)
田中純子 (14) 「海老カツバーガー」 『森林鉄道』24号(函館市)
後藤みな子 (1) 「藤棚」 『燭台』4号(下関市)
塚越淑行 (70) 「風にのって」 『まくた』260号(横浜市)
豊田一郎 (52) 「虚飾」 『孤愁』4号(横浜市)
吉田静代 (1) 「燭台・常夏・下関(後篇)」回想 『燭台』4号(下関市)
岡山和男 (6) 「それぞれの闘い(亀戸天神うらの少年 9)」 『七十代』17号(東京都)
坂本美智子 (16) 「鳥雲に」 『森林鉄道』24号(函館市)
津木林洋 (21) 「チョコレート」 『せる』78号(東大阪市)
しん・りゅうう (34) 「如去(にょこ) 『山形文学』95集(山形市)
藤山伸子 (2) 「冬の蜂」 『飃』78号(宇部市)
市尾卓 (19) 「離別の譜」 『季節風』106号(国分寺市)
中里秋光 (4) 「ブラックホール」遺稿
岩崎豊市 (2) 「小川国夫と故郷」 『燔』15号(焼津市)
200811月号 評者 松本道介 タイトル “私だけの景色” 総冊数52冊(うち創刊号2冊)
ベスト5 亜木康子 (3) 「教室はやり唄」 『湧水』40号(東京都)
篠原しのぶ (4) 「山葡萄のねじれ」 『修羅』57号(桶川市)
高崎綏子 (14) 「不惑」 『海峡派』113号(北九州市)
楠本耀子 (1) 「母の頼みごと」 『葉風』7号(東京都)
鈴木比嵯子 (4) 「卯の花腐し」 『ガランス』16号(福岡市)
塚越淑行 (71) 「アトランティックウエザー」 『まくた』261号(横浜市)
冬樹美緒 (1) 「砂漠の雨」 『湧水』40号(東京都)
田瀬明子 (7) 「秋の気配」 『ガランス』16号(福岡市)
木村和彦 (4) 「皇紀二六〇四年の中学生日記」 『海峡派』113号(北九州市)
佐伯敏光 (10) 「大気圏外への孤独」 『VIKING』691号(茨木市)
高田恵子 (1) 「妖精の庭」 『だりん』57号(船橋市)
出雲真奈夫 (1) 「四月十八日の午後」
水野平三 (1) 「高校卒業まで」
酒井敏子 (1) 「残された本」 『私人』63号(東京都)
大重道子 (1) 「クローズィング・ツゥナイト」
田中信子 (1) 「かたすみの向日葵」 『樹林』523号(大阪市)
西澤建義 (3) 「地裏より―藪睨み能舞台―(五)」 『文芸復興』19号(船橋市)
松元眞 (1) 「平林彪吾とその仲間たち(十)―私抄『文学・昭和十年前後』―」
上原アイ (1) 「幼院(すてごやくしょ)―十八世紀末ロシアの『ゆりかご』―」
山川浩介 (1) 「成人男子のための『赤毛のアン』入門」エッセイ 『砂』108号(東京都)
竹原素子 (3) 「こよなく愛すインターナショナル」 『シリウス』18号(水戸市)
島永嘉子 (10) 「彼岸桜の家」 『まくた』261号(横浜市)
200812月号 評者 松本道介 タイトル 根生いの言葉を 総冊数93冊(うち創刊号2冊)
下半期
優秀作
江口宣 (15) 「イエスよ涙をぬぐいたまえ」 『九州文学』523号(中間市)
下半期
奨励作
米沢朝子 (4) 「香花(こうばな) 『高知文学』34号(高知市)
下半期
奨励作
亜木康子 (3) 「教室はやり唄」 『湧水』40号(東京都)
下半期
優秀作
候補
吉田典子 (42) 「ミゼット」 『サボテン通り』8号(函館市)
ひわきゆりこ (19) 「JUST」 『胡壷』7号(福岡市)
井藤藍 (2) 「うさぎ」 『法螺』59号(交野市)
ベスト5 井藤藍 (2) 「うさぎ」 『法螺』59号(交野市)
難波田節子 (51) 「坂の町の家族」 『遠近』35号(東京都)
須崎隆志 (7) 「暗い部屋にたどり着くまで」 『札幌文学』72号(札幌市)
河合愀三 (1) 「川の匂い」 『龍舌蘭』174号(宮崎市)
フランクリン水脈子 (1) 「存在価値」 『北門文学』10号(秋田市)
清水信 (19) - 『火涼』59号(鈴鹿市)
ひわきゆりこ (19) 「JUST」 『胡壷』7号(福岡市)
青木創 (1) 「たまゆれ」 『蠍』48号(諏訪市)
中津川良一 (2) 「幻の鳥」 『ん』第10集(広島市)
山口馨 (11) 「風景―山の家―」 『渤海』56号(富山市)
宮原敏博 (1) 「会津の女(後編)」 『龍舌蘭』174号(宮崎市)
鷹宮さより (4) 「ママの細道」 『りりっく』18号(川口市)
山名恒子 (4) 「恋ひめやも」 『游』19号(東京都)
石垣貴千代 (1) 「戦時の作品を顧みるということ」
岩崎芳秋 (2) 「ベルタ・フォン・サイコンハイム」 『文芸事始』26号(所沢市)
藍崎道子 (13) 「猫の耳」 『こみゅにてぃ』79号(和光市)
葉山弥世 (20) 「明日もまた」 『広島文藝派』23号(廿日市市)
長尾美知子 (1) 「『放浪記』を創る 放浪の女 林芙美子」
天瀬裕康 (2) 「戯曲 軍縮の人」
服部進 (38) 「夏の修羅」 『北狄』344号(青森市)


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 2007年へ