同人雑誌評の記録
昭和49年/1974年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19741月号 評者 小松伸六 タイトル 高物価にもめげず 総冊数103冊(創刊号6冊)
ベスト5 図子英雄 (8) 「渦」 『原点』23号(松山市)
名和文彦 (7) 「向日葵」 『文芸山口』86号(山口市)
三田村博史 (5) 「虻」 『東海文学』51号(名古屋市)
草間承権 (5) 「暗い使者」 『乱舞』9号(東京)
浮島あい (1) 「からふるな蜃気楼」 『九州作家』73号(北九州市)
中川静子 (4) 「鬼にもあらで」 『徳島作家』21号(徳島市)
- 編集後記 『原点』23号(松山市)
- 編集後記 『文芸山口』86号(山口市)
- 編集後記 『北方文芸』11月号(札幌市)
- 創刊の弁 『分身』1号(鎌倉市)
大州豊 (1) 「日曜なんて嫌い」
大州豊 (1) 「鬼作の滝」「自殺者」
- あとがき 『連星』1号(船橋市)
- 「夜の唄」
玄川雅生 (1) 「蚘の口笛」
黒田和一郎 (1) 「蜂のいる部屋」 『27281ぶれ』創刊号(神奈川県秦野市)
山高誠 (1) 「瞬」
関信博 (1) 「乾いた花」 『四人』1号(東京)
- 「黄色い服を着た女」「ばらじっと」「十三月の雪」
新城守 (1) 「終戦っ子」 『地上』1号(豊田市)
- - 『蒼穹』1号(尼崎?)
- 尾崎翠特集号 『イデイン』秋季号(東京)
稲垣真美 (1) 「尾崎覚え書き」
尾崎翠 (1) 「歩行」「映画漫想」
山田稔 (5) 尾崎覚え書き
稲垣真美 (1) 「なんじ殺すなかれ」
門ヒロミ (1) 「平凡な出発」 『函』21号(広島市)
米花英子 (2) 「鏡の中に」
宮川光雄 (1) 「沖縄ノート」
則近正義 (1) 「断絶」 『コロニア文学』20号(サンパウロ市)
藤木洋子 (1) 「日が昇る時」
斉藤広志 (1) 「翻訳」エッセイ
- 須田禎一追悼小特集 『北方文芸』11月号(札幌市)
須田禎一 (1) 「シルラアと久保と三好と」エッセイ
鵜川章子 (1) 「もつれ髪」
藤井博吉 (2) 「朴の花」 『日通文学』10月号(東京)
野口存爾 (2) 「空からの視線」 『眼』2号(立川市)
- 牧野信一特集 『風』3号(小田原市)
牧野英二、など 「牧野信一をめぐって」座談会
牧野英二 (1) 「サクラの花びら」
- 中村地平文学碑除幕特集号 『龍舌蘭』46号(宮崎市)
中村地平 (1) 「発端」遺稿
岡林稔 (1) 「中村地平の南方文学について」エッセイ
佐折啓 (2) 「正体見たり」 『九州作家』73号(北九州市)
- 小笠原長寛追悼小特集
小郷穆子 (5) 「遠きにありて想う人」 『詩と真実』11月号(熊本市)
山門壬生 (1) 「早稲田界隈」随筆 『九州人』10月号(北九州市)
喜多尾健司 (3) 「旅立ち」 『文学無限』41号(東京)
原石寛 (3) 「残花哀抄」
小林羊子 (3) 「水いらず」 『青電車』3号(厚木市)
多田幸正 (3) 「彷徨の論理(安部公房に関する覚書)」エッセイ
伊藤正一 (3) 「錦帯橋物語」 『文芸山口』86号(山口市)
- 「明窓」 『福大文学』30号(福岡市)
波多江邦彦 (1) 「灰色の空虚」
木内ヨシオ (2) 「マーちゃんのいる学級」 『青稲』8号(東京)
田中純司 (2) 「聖域物語」
松尾亮 (4) 「日射病」 『AMAZON』10月号(神戸市)
芝春樹 (1) 「ある出来事」 『る・ねあん』3号(市川市)
金子哲 (1) 「後記」
- 「風化」 『人間牧場』秋季号(宇都宮市)
山田多賀市 (5) 「農民」連載開始 『作家』10月号(名古屋市)
吉住侑子 (5) 「転居の理由」 『文学者』11月号(東京)
武田利明 (4) 「敷居」
松崎洋志 (1) 「灯影」 『黒馬』2号(飯田市)
岡田みゆき (7) 「雨滴」 『徳島作家』21号(徳島市)
田中富雄 (3) 「編集後記」
戸田昭子 (4) 「春の蜃気楼」 『紅炉』27号(静岡市)
勝又浩 (1) 「黙示のなかで」評論 『序破』4号(東京)
駒沢喜美 (3) 「現代の英雄」評論
白川正芳、岡松和夫、藤一也 評論 『朱羅』7号(東京)
19742月号 評者 小松伸六 タイトル 生命続く限り 総冊数87冊(創刊号7冊・復刊号1冊)
ベスト5 大江壮 (1) 「敗」 『青騎』1号(倉敷市)
宮崎望 (2) 「うちうちの幸せ」 『新文学』11月号(大阪)
豊田一郎 (8) 「ぼくと彼の愛についてのジョーク」 『日通文学』11月号(東京)
山下智恵子 (4) 「砂色の小さい蛇」 『作家』12月号(名古屋市)
今村実 (15) 「埴輪のいる丘」 『流氷群』9号(鳥取市)
- 編集後記 『反古帖』19号/終刊号(早稲田大学文学研究会)
佐々木紀子 (1) 「夜」
佐々木紀子 (1) 「何故書くか、ということ」エッセイ
黒滝隆夫 (1) 「東京日録」 『奇蹟』1号(青森市?)
- 「創刊の言葉」
原市郎 (1) 「かぶとの女」 『こんとん』1号(京都市?)
吉川均 (1) 「護紋オペラ又は誤紋オペラ」
森進一 (1) 「夏に関する二つの断章」
「白い浜辺」「倒立の夏」
『ぷらす』1号(福岡市)
- 「悲しきホラ吹き童子」
葵真三 (1) 「夏の終り」 『あの日たち』1号(福島県梁川町)
平井浩 (1) 「へちま棚」
- 編集後記
安西冬衛 (1) 「空想の水栓」詩・再録 『海峡』復刊号(大阪)
柏原隆 (1) 「まがりかど」
藤滝顕三 (1) 「日時計」
重本利一 (4) 「北アフリカ旅行―若き日のジイドを偲びつつ」
安達芳郎 (1) 「杉の中の道」
井出口俊子 (1) 「母親再来(ムーチンツァライ)」 『九州山脈』1号(北九州市)
谷地政共 (1) 「猟師佐次郎」 『電電時代』11月号(東京)
原田耿太郎 (1) 「雨あがりの少女」 『朱泥』3号(横浜市)
伊臣重蔵 (1) 「不動産取引資格試験」 『芸文』103号(東京)
片岡暁美 (1) 「愛」 『林道』5号(岡山市)
高杉美智子 (1) 「終点に着くまで」生活記録 『愛生』401号(岡山県邑久町)
豊田一雄 (1) 「島」
- 「金大中事件に思う」随想 『10時』2号(下関市)
- 「庖丁を研ぐとき」
- 「仮面」
下村紳子 (1) 「黄蝶」
- 「雨が降る」
- 「ツルシャン物語」
深井美野子 (1) 「ダヒルサヨ」 『文学・現代』23号(横浜市)
落合茂 (12) 「飲食について」エッセイ
- 「棲む」 『層』40号(長野市)
牧村裕 (1) 「闇の中の日」
松本新一 (1) 「軸」 『パピルス』10号(東京)
田靡新 (8) 「夜明けまでの短い時間」 『十日』17号(大阪)
- 「狂気」 『個』3号(東京)
- 「夏の涙」
- 「架橋」 『野路』17号(東京)
菅原多可志 (1) 「三寒四温」 『文芸広場』11月号(東京)
畠山幸男 (2) 「技高生ブルース」
金井未来男 (1) 「バイ・バイ・ジョン」 『作家』12月号(名古屋市)
由木光隆 (1) 「愛の関係」 『蒼生』9号(東京)
山口千秋 (1) 「散歩」
- 「遠い街で」「青少年センター」
坂入公一編 (1) 「井上靖書録」「井上靖文献」 『風』2号(東京)
- 後記
白鳥崇 (2) 「歌を忘れた僕たちは」 『魔族』2号(青森市)
小野誠二 (1) 「血縁」 『北狄』11月号(青森市)
木全円寿 (7) 「雲は遠く流れ」 『北斗』10月号(名古屋市)
土屋祝郎 (2) 「老人物語」ルポルタージュ 『釧路春秋』10号(釧路市)
19743月号 評者 小松伸六 タイトル 紙不足は杞憂? 総冊数141冊(創刊号7冊)
ベスト5 福沢英敏 (5) 「不の思想」 『橋』24号(飯田市)
北島秀明 (5) 「或る男の日常」 『蒼石』6号(東京)
牧川史郎 (3) 「影を踏む」 『半獣神』12号(高槻市)
山崎柳子 (4) 「さよふけて」 『文学者』1月号(東京)
大類秀志 (1) 「仮面の位相」 『視点』2号(東京)
- 編集後記 『アルゴー33』
- - 『文芸生活』
- 「おわりのページ」 『青い花』創刊号(東京)
- 「消尽点」
香取泉香 (1) 「指」
- 後記 『飛翔』1号(大阪府守口市)
檜垣光仁 (1) 「埋火」
南秀石 (1) 「からくりの家人」
宮司孝男 (1) 「組曲『海』」 『序曲』1号(浜松市)
太田孝史 (1) 「アドベンチャー・イン・アラスカ」旅行記
平明子 (1) 「お芳さん」 『千葉文学』1号(千葉市)
布施年恵 (1) 「あじさい」
川田良一 (1) 「戦争イメージ論」エッセイ
酒井真之 (1) 「永六輔論」
二木勝也 (1) 「信一郎の死」 『パトスとロゴス』1号(千葉県船橋市)
- 「ある日常から」
芦原敏夫 (1) 「居直りの論理」エッセイ
藤岡隆晴 (1) 「鼠」 『夢玩具』1号(大阪文学学校)
山本康博 (1) 「白い闇」
山本あき子 (1) 「揺れるトルソー」
杉村七郎 (1) 「ベルタ」 『コロニア文学』21号(サンパウロ市)
高須絹代 (1) 「水車のある家」
狭山秀雄 (1) 「黒い針の山々」
中坊浩 (1) 「漫才哲学」 『アルゴー33』3号(枚方市)
小松文木 (7) 「早い夜の訪れ」 『断絶』48号(東京)
久根淑江 (4) 「ナポリで」
田辺明雄 (3) 「ロシア文学史」エッセイ 『半獣神』12号(高槻市)
小林邦光 (1) 「夏の誤解」 『文学栃木』4号(黒磯市)
宮西江一郎 (1) 「Mの自殺」 『作品文学』7号(府中市)
- 「奇妙な植物」
- 「ピノキオ」
立岡洋二 (1) 「雄鳩」 『狼星』4号(東京)
池本道夫 (1) 「中津川」
礒永秀雄 (1) 「青々」 『流域』3号(下関市)
中田潤一郎 (9) 「脱走者」
- 富樫亥五郎追悼号 『留萌文学』49号(北海道増毛町)
仲財けんじ (2) 「聖なる炎」
- 「病む身多感」
柚木衆三 (4) 「山歩き二十五年、戦後の暑寒別岳」随想
- 「水輪」連載 『文芸東北』73号(仙台市)
草地亮 (1) 「浪化」評伝 『氷見文学』22号(富山県氷見町)
清水邦行 (7) 「花笑」 『文学者』1月号(東京)
瀬木友彦 (1) 「珊瑚礁の沈黙」 『異邦人』4号(横浜市)
島守和夫 (1) 「海の底波の夜」
見留匡信 (1) 「三十八度線の南」旅行記
島裕子 (2) 「お上りさん」 『塔』54号(大牟田市)
- 「あの日のように」 『光彩』2号(広島県海田町)
- 「瑠璃の地」
矢和田高彦 (2) 「壕を掘る女」 『文芸山口』87号(山口市)
- 「秋風の歌」
浅井陽子 (1) 「流星たち」 『原色派』11号(鹿児島市)
相星雅子 (1) 「花みょうが」
渡辺正好 (2) 「年ごとの夏」 『北方文学』15号(長岡市)
塩浦彰 (1) 石川節子(啄木の妻)の評伝
青木満 (2) 「仮眠の午後」 『新鋭文学』2号(東京)
岩尾正勝 (3) 「もう一つの嘘」
石亀泰郎 (2) 「造形」 『ポリタイア』19号(東京)
水木清枝 (1) 「ヘチマの花」 『郵政』10月号(東京)
小倉弘子 (1) 「義父」 『文学地帯』42号(堺市)
広島裕子 (1) 「やもりの出る頃」
19744月号 評者 久保田正文 タイトル 春のことぶれ 総冊数131冊(創刊号9冊・詩誌1冊)
ベスト5 赤池昌之 (1) 「マル」 『国鉄文化・第14回文芸年度賞作品集』(国鉄労働組合)
金子きみ (7) 「ザイルの端をつかんで」 『北方文芸』1月号(札幌市)
辻史郎 (16) 「ファンの館」 『小説家』12号(東京)
宮島正洋 (2) 「こがね色の埠頭」 『ETUDES』VI(慶応大学仏文科)
小林勝美 (2) 「鬼の棲む周辺」 『全電通作家』28号
大月敏正 (7) 編集後記 『非非』2号(倉敷市)
- - 『逆行の旗手』廃刊号(豊中市)
坂井吾郎 (1) 遺稿
- 宮城竜一郎追悼号 『木靴』30号(藤沢市)
宮城竜一郎 (1) 「背中」他二編再録
宮城聡 (2) -
村上菊一郎、結城信一、関口良雄、木村時夫、保昌正夫 浅見淵追悼号 『銅鑼』26号(東京)
保昌正夫 (2) 「浅見淵著作目録(追補)」
奥平堯 (1) 「味覚について―子規と光太郎―」エッセイ
森田定治 (13) 「箱の中の群」 『海峡派』創刊号(北九州市門司)
田中和夫 (2) 「忠雄よ、おめえ、なして……」 『国鉄北海道文学』創刊号(札幌市)
望月友如 (1) 「沈黙の葬列」 『蜃気楼』創刊号(武蔵野市)
柴田重宣 (1) 「弟」 『ETUDES』VI(慶応大学仏文科)
辻史郎 (16) 「『ファンの館』註」 『小説家』12号(東京)
竹島彰宏 (2) 「幻の評論家・窪川鶴次郎」
不二今日子 (3) 「マリアの胎」 『城』12号(新潟市)
鈴木喬 (1) 「やさしい家族」
若杉慧 (5) 「評伝・長塚節」 『范』6号(川口市)
須藤宣 (1) 「老人と梅の花―永島孝雄のこと」
米谷実之助 (2) 「週休二日制」
氷川順 (3) 「楽士」 『郊外文学』13号(大宮市)
安田早苗 (5) 「小心」 『貘』2号(町田市)
柴清三 (1) 「皮膚にしみる」 『文学世紀』25号(東京)
山下和子 (7) 「夏へ」 『非非』2号
川崎修二 (3) 「亜流の果て」 『青灯』5号(名古屋市)
井川久 (7) 「李君の帰国」 『米沢文化』6号
羽中田誠 (2) 「シーボルトの帰国」 『小説と詩と評論』124号(東京)
黒田馬造 (2) 「土の宴」 『だん』1月(東京)
久東鉱一 (5) 「地方作家」 『仙台文学』21号
刈場均一 (1) 「遊牧の人」
- 編集後記
関義 (1) 「マダムらりるれろの独白」 『飛騨作家』24号(高山市)
猪俣勝人 (1) 「荒廃」 『凧』7号(東京)
小松桂子 (4) 「乾いた季節」 『詩と真実』2月(熊本市)
内山幸夫 (3) 「山を下りてから」 『言葉』9号(枚方市)
以下作品名のみの言及
西野章子 (1) 「白木綿花」 『岡山文芸』43号
大貫芳樹 (7) 「幻の巷」 『時間と空間』2号(東京)
志野田薫 (1) 「風の匂い」 『日本海作家』43号(福井市)
田中光子 (3) 「海鳴り」
石塚茂子 (6) 「すきごころ」 『作家』2月(名古屋)
蔵原惟治 (1) 「操り三番」 『YOH』6号(東京)
金谷一郎 (1) 「蚤の啓示」 『うーぶる』2号(東京)
安達征一郎 (3) 「種族の歌」 『文学者』2月(東京)
山垣恒雄 (1) 「擬人」 『Virgo』2号(大阪)
岡田秋豊 (2) 「窓」 『安芸文学』35号(広島市)
二宮桂子 (2) 「白砂の道」 『関西文学』1月(大阪市)
大草和子 (1) 「かみそり」 『みなみの手帖』8号(鹿児島市)
原田夏生 (1) 「鳥の果て」 『北斗』12月(名古屋市)
四手井淑子 (1) 「サンゴ虫」 『ぺんしる』17号(京都市)
内田照子 (2) 「鬼哭啾啾」 『AMAZON』132号(尼崎市)
橋本碧 (2) 「消えた果」 『VIKING』277号(神戸市)
19745月号 評者 久保田正文 タイトル 帰った人、帰らぬ人 総冊数98冊(創刊号7冊・詩誌6冊)
推薦作
高見堯 (1) 「貼り絵の街」 『新文学』3月号(大阪市)
ベスト5 李炳注(作)、牧瀬暁子(訳) 「弁明」 『朝鮮文学』11号(東京)
村山暁生 (2) 「池のほとり」 『青銅時代』16号(東京)
志田憲 (4) 「慶讃法要」 『県民文芸』6集(新潟県)
御遠肇 (1) 「贋作探索」 『三田文学』3月号(東京)
池田一秀 (1) 「無明」 『運河』11号(所沢市)
長井魁一郎 (5) 「夏砦日記」 『九州文学』2月号(福岡市)
村上義人 (2) 「地獄(ゲヘナ)の辺(ほとり) 『早稲田文学』3月号
- 編集後記 『時計台』3号(札幌市)
宮崎芝士 (1) 「第七師団歩兵第二十六聯隊物語」
田村正一 (1) 「K」 『県民文芸』6集(新潟県)
高橋健次郎 (1) 「狂介は死んだ」 『運河』
葉村高 (2) 「世に棲むの記」 『立像』33号(浦和市)
土方静江 (3) 「冬子の墓」 『日通文学』2月号(東京)
石川信 (2) 「夏の周り」 『文学者』3月号(東京)
寺門孝徳 (6) 「C2H5OH(エタノール)」 『文芸広場』2月号(東京)
渡辺妙子 (1) 「山茶花」 『文学静岡』1号(静岡市)
松田宏 (1) 「旅の潜み」
福本武久 (2) 「線路」 『構図』5号(大阪市)
関沢紀 (1) 「名のないものの記録」 『だん』3月号(東京)
島京子 (6) 「深いわけ」 『VIKING』278号(神戸市)
宇江敏勝 (6) 「カシャンボの山」
本庄圭一 (1) 「渦」 『詩と真実』3月号(熊本市)
名和文彦 (8) 「アリサの里」 『文芸山口』88号
伊藤勉 (1) 「屯田兵の末裔」 『文芸広場』
西沢正太郎 (3) 「雨ときりの信号」
山本恭生 (3) 「相似の関係」 『日本談義』280号(熊本市)
野本俊夫 (1) 「野兎」 『北方文芸』3月号(札幌市)
加茂儀一 (1) 「『モナ・リザ』異説」エッセイ
- 金喆佑博士救援特集
古川洋三 (3) 「丸茂正治健在なり」 『散文芸術』13号(東京)
横山史郎 (1) 「ひととせの季節」 『新沖縄文学』25号
宮城聡 (3) 「文学と私」
橋本千代子 (1) 「豪雨の季節」 『農民文学』2月号(東京)
楠見千鶴子 (1) 「無花果よ私を貫け」 『作家』3月号(名古屋市)
入江春行(編) (1) - 『与謝野晶子研究』5号(奈良市)
- 古宇伸太郎追悼 『人間像』92号(北海道)
- 藍原乾一追悼特集 『青銅時代』
19746月号 評者 久保田正文 タイトル 高騰の諸相 総冊数107冊(創刊号4冊・詩誌7冊)
推薦作
小沼燦 (9) 「雀」 『作家』4月号(名古屋市)
ベスト5 愛知哲 (1) 「ペリーの巣」 『夢玩具』2号(大阪文学学校)
北原志緒 (1) 「閨の扇」 『群青』4号(東京)
祖田浩一 (2) 「海豚」 『群青』4号(東京)
稲山倫子 (3) 「あじさいの家」 『原点』24号(松山市)
- 終刊記念号 『文学者』4月号/256号
丹羽文雄 (1) 「終止符の感慨」
小泉譲、など 「『文学者』と私」
- 「編集後記」 『原点』24号(松山市)
堂本万里子 (9) 「或る結婚の話」 『洞』7号(東京)
白鳥崇 (3) 「朽ちた日」 『魔族』3号(青森市)
吉田秋生 (1) 「舞踏会の冒険」 『学習院輔仁会雑誌』197号
石橋政和 (1) 「闇へ」 『試行』1号(船橋市)
安光奎祐 (6) 「菖蒲園のそとで」 『VIKING』279号(神戸市)
亜倉正輔 (1) 「ぼく達の行く道は何処なの?」 『文宴』36号(津市)
堀坂伊勢子 (12) 「無の重み」
佐藤進 (10) 「おれは揉み屋の宮太郎」 『北狄』178号(青森市)
山口公也 (3) 「夷の境」 『索』4号(東京)
中田潤一郎 (10) 「今日を明日へ」 『流域』4号(山口市)
松原保孝 (1) 「或る出発」
川村慶子 (4) 「洞爺湖の秋」 『冬濤』39号(旭川市)
内田照子 (3) 「揺らぐ日々」 『AMAZON』135号(尼崎市)
佐々木国広 (5) 「苦い日曜日」 『鳥語』1号(大和郡山市)
佐々木国広 (5) 「黄金風景」 『関西文学』3月号(大阪市)
武居孝男 (1) 「駅までの道」 『宿』17号(木曾)
長谷川和一 (1) 「乗務員休養管理室」
芦田節男 (1) 「銭太鼓」 『国労文化』3月号
以下作品名のみの言及
工藤与志男 (1) 「内務班日記」 『別冊青森文学』23号
吉田嘉志雄 (1) 「十一月二十六日夜の抒情」
佐藤礼子 (1) 「秀蘭」 『茨城文学』1号(水戸市)
川口豊秋 (1) 「寂情」 『芸文』104号(東京)
笠原健 (1) 「切断」 『星雲』12号(狭山市)
林純子 (2) 「冬の花」 『安芸文芸』36号(広島市)
萩元洸 (2) 「かんぢゃくごろ」 『九州文学』3月号(福岡市)
浅井栄泉 (12) 「月の沙漠」 『ポリタイア』20号(東京)
梅本育子 (5) 「翁草」 『早稲田文学』4月号(東京)
19747月号 評者 林富士馬 タイトル 基礎訓練を 総冊数97冊(創刊号5冊・詩誌7冊)
ベスト5 野川哲子 (1) 「女友達」 『新誌』27号(鎌倉市)
佐藤泰志 (4) 「少年譜」 『立待』9号(府中市)
手庭由里夫 (1) 「蜜の味」 『新鋭文学』3号(東京)
飯田章 (2) 「調書をたずさえて」 『散文芸術』14号(東京)
轟竜造 (4) 「日課」 『九州文学』4月号/350号(北九州市)
- 「欧州旅行記」 『出水文化』創刊第30号記念号(鹿児島県出水市)
- 「シルクロード感傷旅行」 『文芸たかだ』90号(上越市)
- - 『那須文学』19号(栃木県西那須野)
もりた・なるお (8) 「釣師」 『木靴』31号(藤沢市)
波木里正吉 (14) 「北陸の雪と水と」 『詩と真実』299号(熊本市)
田中麗子 (1) 「文通」
峰村雅夫 (3) 「菊次」 『新誌』27号(鎌倉市)
河本勝昭 (1) 「丘の上」 『横浜文学』66号(横浜市)
醍醐麻沙夫 (2) - 『コロニア文学』22号(サンパウロ市)
- 「編集後記」 『AALA』5集(西宮市、アジア・アフリカ・ラテン―アメリカ文学)
外山滋比古 (2) 「比喩の梯子」エッセイ 『ももんが』18巻2号(前橋市)
梅崎光生 (14) 「恩師」エッセイ
小出昌洋 (1) 「露伴」エッセイ
- 特集「わたしのヨーロッパ」 『地球』57号(浦和市)[詩誌]
竹川弘太郎 (1) 「おお アポリネール!」
尾形秀彰 (1) 「混血児トミー」 『未来群』15号(横浜市)
増水迪男 (1) 「三日連休」 『日本海作家』44号(福井市)
伊藤桂一 (5) 「創作指導」 『文芸生活』35号(東京)
松山春雄 (2) 「棈(あべまき)日記」 『作家』304号/5月号(名古屋市)
19748月号 評者 林富士馬 タイトル 刈り込み不足 総冊数89冊(創刊号4冊・詩誌3冊・個人詩集2冊・個人作品集1冊)
推薦作
林田二郎 (1) 「依願免職」 『四人』18号(東京)
ベスト5 久保輝己 (3) 「秋雨秋陽」 『朱羅』8号(東京)
蔵本次郎 (6) 「暮村」 『VIKING』281号(神戸、東京)
田瀬明子 (1) 「甦生」 『西南文学』創刊号(福岡市、西南学院大学同窓会)
野口存弥 (3) 「囚われて」 『眼』3号(立川市)
山田多賀市 (6) 「農民(第十一章 農民の崩壊)」連載完結 『作家』305号/6月(名古屋市)
山田多賀市 (6) 「完結にあたって」
小谷剛 (8) -
山田剛 (1) 「鳥」 『農民文学』130号(東京)
山室静 (2) 「農本主義者の生涯の発掘など」
滝口康彦 (6) 「遺恨の譜」 『狼群』4号(下関市)
古川薫 (10) 「塞翁の虹」
片岡繁男 (4) 「うずくまる―若き日の佐野常民」連載完結 『九州文学』4月号(福岡市)
- 葛西善蔵、秋田雨雀特集 『弘前文学』45号(弘前市)
- 「椎名麟三小特集」 『探求』36号(東京)
菊田義孝 (3) 「彼は何を書かなかったか」評論 『眼』3号(立川市)
豊田一郎 (9) 「夜明けまでのシニカルな対話」 『日通文学』4月(東京)
蛭子可於巣 (2) 「詩人の斜影」 『人間像』93号(北海道虻田郡)
平木国夫 (11) 「亀勇という女」エッセイ
萩原博志 (11) 「じゃがいもの潤平」 『上州文学』38号(高崎市)
- 後記 『四人』18号(東京)
池田昌一郎 (3) 「N温泉」 『龍舌蘭』48号(宮崎市)
工藤喜美子 (4) 「夕映え」 『眼』7号(京都市)
吉田逍児 (1) 「胡蝶さながら」連載第8回 『野路』19号(東京)
野溝久夫 (1) 「長い夜」 『風』18号(岡谷市)
田中盛二 (1) 「あとがきにかえて」 『CHAOS』4号(東京)
19749月号 評者 林富士馬 タイトル 悪文とは…… 総冊数111冊(創刊号10冊・詩誌11冊・単行本4冊)
推薦作
井上寿彦 (1) 「星の街」 『教育評論』5月臨時増刊号/306号(日本教職員組合)
ベスト5 郷正文 (6) 「はてしなく闇にむかって」 『現代文学』11集(横浜市)
杉浦里子 (5) 「朝のアトリエ」 『立像』34号(浦和市)
夏礼子 (1) 「あした吹く風」 『白翔』4集(香川県観音寺市)
名本栄一 (1) 「自転車泥棒」 『文脈』87号(松山市)
立岡章平 (9) 単行本『「つきかげ」論』 長野市
田中英一 (1) 「信州人と日本人」エッセイ 『遡行』37集/6月号(長野市吉田)
菊地喬 (1) 「遠い詩(うた) 『国鉄北海道文学』2集(札幌市)
- - 『北都』6号(札幌市)
- 通巻三百号記念特集 『詩と真実』300号(熊本市)
永松定 (7) 「阿部知二追悼」
杉山龍丸 (1) 「父、夢野久作の思い出」 『九州文学』6月号(北九州市)
高野義裕 (1) 「流れる日々のなかで」
山下郁夫 (9) 「歴史書は嘘八百か」エッセイ 『九州人』6月号(北九州市)
野呂邦暢 (1) 講演内容要約
畠山幸男 (3) 「中津川断章」 『文芸広場』6月号(公立学校共済組合)
福井音吉 (1) 「職員会議」 『再出発』14号(中津市)
- - 『どんぐり』64号(東京)
林あづさ (2) 「舞茸」 『独楽』10号(東京)
山中孤鳥児 (1) 「失踪」 『PARADE』2集(東京)
- 「後記」 『ルプレザンテ』創刊号(岐阜市)
桂英澄、湯浅隆宗、など 森敦受賞記念号 『立像』34号(浦和市)
西勉 (1) 「火の女」 『作品』2集(静岡市)
197410月号 評者 駒田信二 タイトル 時勢の反映 総冊数138冊(創刊号7冊・詩歌誌8冊・詩集1冊、短篇小説集1冊)
推薦作
鬼島礼 (4) 「夏の事件」 『狼』19号(前橋市)
ベスト5 倉永洋 (1) 「漂う」 『文学地帯』43号(堺市)
望月博 (1) 「非情の考察」 『場』10号(東京)
松倉隆清 (3) 「汽笛」 『小説家』13号(東京)
由武妙子 (3) 「昼と夜の間に」 『たね』15号(東京)
小沢正義 (3) 「鯉」 『季節風』60号(東京)
川野登 (1) 「部屋」 『蒼い太陽』3号(徳島市)
武田楊太郎 (1) 「雁行してゆく―深い谷間を」 『海峡派』2号(北九州市)
三原誠 (15) 「愛は光うすく」 『季節風』60号(東京)
中村英雄 (7) 「このふたり」
下林益夫 (3) 「食出者」
成清良孝 (3) 「ある日田美人の話」
小野一二 (12) 「遠い電話の声」 『文芸秋田』23号(秋田市)
吉本宣子 (1) 「異土への旅立ち」 『まほろば』23号(奈良市)
佐藤睦子 (2) 「斜めの季節」 『小説家』13号(東京)
岬敏次 (3) 「冬の終りに」 『全電通作家』29号(東京)
錦米次郎 (2) 「神のわかれ―或る家族史―」 『幻野』7号(岐阜市)
玉貫寛 (1) 「残存」 『文脈』88号(松山市)
図子英雄 (9) 「眼帯の譜」 『原点』25号(松山市)
平丘耕一郎 (2) 「眼」 『凱』8号(東京)
岡浩一郎 (1) 「帰らざる故旧」 『内海文学』53号(新居浜市)
中田潤一郎 (11) 「柵は続きぬ(「柵のある風景」その六)」 『流域』5号(山口市)
野本昭 (3) 「黄河」 『作家』8月号(名古屋市)
堀坂伊勢子 (13) 「縁」 『文宴』37号(津市)
東築史樹 (6) 「改革譚」 『関西文学』6月号(大阪市)
井上寛治 (1) 「蝶と陸橋」 『九州文学』7月号(福岡市)
汾浩介 (2) 「中野重治ノート」(連載完結)
「『甲乙丙丁』の根底にむけて」
『三池文学』27号(大牟田市)
飯島健夫 (1) 「評伝・掌中の月影―貫之の晩年―」 『小説と詩と評論』129号(東京)
遠藤久美江 (1) 「芥川龍之介論」 『北方文芸』7月号(札幌市)
門玲子 (1) 「江馬細香―化政期の女流人―」未完 『朱鷺』9号(金沢市)
- - 『有珠』12号(鳥取市)
以下作品名のみの言及
古川薫 (11) 「夕顔怪死」 『午後』21号(下関市)
武部忠夫 (1) 「コラージュ喜劇・月に啼いたかホトトギス」
木村不二男 (7) 「百年の墓」 『山音文学』63号(北海道豊浦町)
工藤治子 (2) 「あらぬ夜」 『北方文芸』
尾形界而 (1) 「カンド・モシリ伝の叙事詩」 『野田文学』20号(野田市)
柴田宗徳 (11) 「仮象の庭」 『流氷群』10号(鳥取市)
高野実 (4) 「母の転落死」
内田照子 (4) 「静かな生活」
関荘一郎 (5) 「修羅逢魔が刻」 『文学地帯』
大森彬正 (3) 「遙かなり山河」 『骨壺』9輯(池田市)
197411月号 評者 駒田信二 タイトル 沈滞の気味 総冊数92冊(創刊号5冊・終刊号1冊・詩歌誌8冊・随筆誌3冊・単行本形式3冊)
ベスト5 岡山駿吉 (1) 「見物席」 『詩と真実』8月号(熊本市)
中尾哲也 (1) 「新しい秋」 『鳥語』2号(大和郡山市)
北島秀明 (6) 「春のスケッチ」 『蒼石』7号(東京)
伊勢本陽子 (1) 「りょう子の死に方」 『創像』創刊号(東京)
寺久保友哉 (4) 「停留所前の家」 『北方文芸』8月号(札幌市)
岡村嘉作 (5) 「海の陰翳」 『秋田文学』47号(秋田市)
- 「編集後記」 『環』8号/終刊号(東京)
- 「編集後記」 『創像』創刊号(東京)
中川清治 (1) 「挾蟲挾まれ蟲」
- 「北狄通信」編集後記 『秋田文学』47号(秋田市)
大久保智弘 (3) 「距離」 『蒼石』7号(東京)
一戸恵多 (1) 「花明り」 『泥』7号(弘前市)
植木学 (5) 「幻の花―小野小町―」エッセイ・連載完結 『日本談義』9月号(熊本市)
太田静一 (12) 「明石海人と北条民雄」エッセイ 『文芸山口』90号(山口市)
菅井和子 (1) 「久保栄『林檎園日記』私論―主人公・道子に添って―」評論 『北方文芸』
- 「長谷川濬追悼号」 『作文』96集(東京)
平岩米吉 (1) 「長谷川しゅん氏の想い出」
岩本修蔵 (2) 「長谷川濬の思い出」
長谷川四郎 (2) 「兄の思い出」
- 「略年譜」「作品目録」長谷川濬
以下作品名のみの言及
福島次郎 (6) 「火」 『九州文学』8月号(福岡市)
大柴実 (1) 「結婚」 『ヴァリエテ』2号(伊丹市)
内藤司 (1) 「乱調北斎伝」 『北斗』8月号(名古屋市)
武田喜美子 (10) 「額たちの魂」 『日通文学』8月号(東京)
日比野和子 (3) 「露路の奥」 『VIKING』8月号(尼崎市)
田中耕作 (1) 「告発」 『作家』9月号(名古屋市)
197412月号 評者 駒田信二 タイトル 数は減らぬが…… 総冊数96冊(創刊号7冊・評論誌6冊・詩誌4冊・随筆誌2冊・単行本冊子2冊)
ベスト5 氷川順 (4) 「窓硝子」 『郊外文学』15号(大宮市)
福元早夫 (1) 「ソフトボール」 『AMAZON』9月号
冬城浩 (4) 「遠い夜明け」 『歯車』26号(広島市)
仲財けんじ (3) 「炎の海」 『留萌文学』50号(北海道留萌市)
福田螢二 (1) 「東京韋駄天譚」 『古河の文学』文協文芸特集号(茨城県古河市)
松原新一 (2) 「ひとつの青春―岸上大作試論―」エッセイ 『屋根』創刊号(茨木市)
日沼滉治 (3) 「呪文とメロディ―文学形象論―」エッセイ 『表現』15号(函館市)
川田良一 (2) 「昭和恐慌と文学表現」エッセイ 『千葉文学』2号(千葉市)
吉田恵美子 (1) 「『ひかりごけ』をめぐって」エッセイ 『近代文学研究』8号(東京)
北原志緒 (2) 「眠りの愉しみ」 『群青』5号(東京)
寺田重雄 (1) 「肩通し 
甲州魚風土記
『鵺』2号(甲府市)
小林一平 (3) 「お勝」 『貌』3号(東京)
出口フミ (1) 「私たちのこと」 『表現』15号(函館市)
- 「編集後記」 『留萌文学』50号(北海道留萌市)
以下作品名のみの言及
広田国臣 (2) 「虫づくり」 『断絶』49号(東京)
青海静雄 (4) 「色」 『午前』24号(福岡市)
中島秋男 (4) 「眼の群れたち」 『海馬』3号(神戸市)
久保全 (1) 「言わば……亡命者」 『うーぶる』3号(東京)
雨田茂二 (1) 「人生相談」 『九州文学』9月号(福岡市)
今年度の振り返り(各月で触れられたもの以外)
日野善太郎 (5) 「限りなく六月」連載中 『AMAZON』(神戸市)
柴田芳見 (3) 「少年志願兵」連載中 『凱』(東京)
西山安雄 (9) 「みんな後から」連載中・連作 『散文芸術』(東京)
森銑三 (4) 「諸艶大鑑私見」評論・連載中 『ももんが』(東京)
和田利男 (5) 「子規と漱石」評論・連載中
中井正義 (15) 「大岡昇平論」評論・連載中 『文宴』
中島真二 (4) 「石川淳の世界」評論・連載中
清水昭三 (10) 「文芸時評」評論・連載中 『作家』
堀川潭 (19) 「伊藤整氏との三十年」評論・連載中 『文学生活』(東京)
大釜卓美 (1) 「太宰治・作品論」評論・連載中 『探究』(東京)
小笠原克 (1) 「武田泰淳論への試み」評論・連載中 『北方文芸』
- 立岡章平追悼 『層』40号(長野市)
- 稲葉宗生追悼 『散文芸術』15号(東京)


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1973年へ翌 1975年へ