同人雑誌評の記録
昭和55年/1980年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19801月号 評者 小松伸六 タイトル 面白い現象 総冊数81冊(創刊号4冊)
推薦作
川辺為三 (4) 「島よ、眠れ」 『北方文芸』10月号/141号(札幌市)
ベスト5 上井多可子 (1) 「七月の月曜日」 『関西文学』10月号(大阪市)
山崎カヨ子 (2) 「春も終り」 『文芸45』5号(大阪市)
太田博子 (2) 「沈黙の島」 『群れ』3号(諫早市)
風見治 (4) 「豚と信号機」 『火山地帯』40号(鹿屋市)
長谷川敬 (3) 「通夜」 『創造家』創刊号(岐阜県本巣郡)
高井泉 (1) 「詩の武装」
市道和豊 (1) 「自然居士」 『推敲』創刊号(大阪市)
- 特集「一九三〇年代文学の抵抗」 『政治と文学』創刊号(大阪市)[評論誌]
草津信男 (1) 「『太陽のない街』ノート」評論・未完
堀鉄之助 (1) 「武田麟太郎覚え書」評論
岩田馨 (1) 「島木健作・作品原モデル論」評論
菴とき子 (2) 「狂った歯車」 『作家』11月号(名古屋市)
堀木武 (2) 「部落集会所」
- 戦後三重県俳句集 『芸術三重』20号(津市)
村田治男 (2) 「私の戦後俳句遍歴」
吉岡英子 (1) 「ミュンヘン放浪(五)」旅行記 『ぺんしる』34号(京都市)
小林四良 (1) 「私性活」 『花』第三次4号(東京)
葉山修平 (10) 「文芸時評」
谷尚子 (1) 「洋梨は踊る」
岸本宏 (4) 「あの町夕やみ」 『青い花』10号(東京)
浅井栄泉 (17) 「同人雑誌べからず集」
池内規行 (2) 「山岸外史」評伝・第三回
小林勇 (5) 「講演休暇」 『DELTA』24号(川崎市)
栗原章 (1) 「海の墓」
沢井孝 (1) 「夏のシルエット」 『弘前民主文学』27号(弘前市)
佐藤豊彦 (1) 「青春」
美童春彦 (1) 「その夏、ヴェニスにて」 『未遂』7号(浜松市)
山口政彦 (1) 「桃園(一)」連載
菅沼五十一 (1) 「労働者作家平沢計七と浜松(四)」
北山和希 (1) 「幻の家」 『泉州文学』15号(高石市)
山本三鈴 (4) 「漂蕩」 『まくた』10月号(東京)
福永知視 (1) 「螢火」
山本彩 (1) 「辞表」
木川登美子 (3) 「藍色のリボン」
深川紀子 (1) 「赤い蜘蛛」 『群れ』3号(諫早市)
村しず代 (1) 「砂の積木」
野田行雄 (5) 「残灯」 『九州文学』9月号(福岡市)
原田種夫 (12) 「生田春月の『文芸通報』」随筆
吉保知佐 (4) 「下町ですきゃっと」 『AMAZON』9月号(宝塚市)
丹山晴海 (1) 「破衣の寺」 『直線』37号(伊丹市)
今村実 (18) 「マンダラ図」 『流氷群』17号(鳥取市)
田瀬明子 (3) 「ガラスの部屋」 『風化』10号(福岡市)
山下郁夫 (12) 「老いさぶ友」 『九州人』10月号(北九州市)
川添同 (8) 「爺と婆の旅」 『龍舌蘭』93号(宮崎市)
佐藤光子 (3) 「ある夏の挽歌」 『虹』10月号(佐世保市)
佐藤光子 (3) 「むずかしい人」
宗近真一郎 (1) 「眼差しの構造」評論 『素粒子』2号(東京)
芦野信司 (1) 「跛」
美倉健治 (2) 「怨念の炎」 『小説と詩と評論』10月号(東京)
石塚長雄 (2) 「午後の薔薇」 『鹿火』4号(帯広市)
佐土原台介 (1) 「恥辱のない旅」
小野芳博 (1) 「風靡」 『カラコルム』8号(市川市)
山中康司 (2) 「お産の日」 『下野文学』6号(小山市)
峰村逸足 (3) 「死者は嘘をつかない」 『麦』27号(半田市)
黒田民子 (2) 「親友」 『花盗』13号(神戸市)
藤村三千 (2) 「にえたらく」
当津久美子 (1) 「黒い亡骸」
田ぞの章 (2) 「うるしの宿」 『無名群』50号(弘前市)
加藤道隆 (2) 「螢」 『一宮文学』13号(一宮市)
中沢凡骨 (1) 「竹生島」 『滋賀作家』21号(大津市)
伊豆須郎 (3) 「二グロとユダヤの街」 『航路』33号(茨木市)
清滝栄昌 (1) 「旅立ち」 『層』51号(長野市)
山口才智雄 (1) 「メナムの人」
中里紀元 (1) 「自転車」 『玄海派』19号(唐津市)
田中隆尚 (16) 「福永武彦と中野重治」追悼文 『ももんが』9月号(前橋市)
向田豊作 (3) 「木下杢太郎」連載第十六回
楢信子 (4) 「香」 『双鷲』12号(八王子市)
- 在日朝鮮人文学者金時鐘特集 『文学学校』174号(大阪市)
19802月号 評者 小松伸六 タイトル 修練の場 総冊数86冊(創刊号5冊)
推薦作
高樹のぶ子 (1) 「揺れる髪」 『らむぷ』6号(福岡市)
ベスト5 小郷穆子 (7) 「ゲヘナの火のほとり」 『九州文学』10月号(福岡市)
荒木和子 (1) 「遠回りした道」 『皐月文芸』33号(東京)
花井俊子 (13) 「極楽とんぼ」 『作家』12月号(名古屋)
堀坂伊勢子 (22) 「悲しい緑」 『文宴』49号(津市)
ベスト5
(追加)
佐藤司 (1) 「凍結された空間」 『成蹊文学』1号(東京)
須藤治夫 (1) 「紫いちご」 『日本きゃらばん』42号(木更津市)
阿部道生 (2) 「東京の川」エッセイ 『木綿』10号(東京)
- 「また一度のCORE」
安西宏 (1) 「灯蛾」 『あいなめ』7号(東京)
宇野静子 (1) 「やがて陽が沈む」
市村光 (6) 「箱庭のなか」
- 評伝特集
ストレイチ「エリザベスとエセックス」、スメドレー「偉大なる道」、ヴォルテール「ピョートル大帝統治下のロシア帝国の歴史」、村松剛「評伝アンドレ・マルロオ」などの紹介・批評
『季刊書評』3号(東京)
秋津耿二 (1) 「秋空の五線譜」 『苫小牧市民文芸』21号(苫小牧市)
石川泰輔 (1) 「びんごさんご」
麦謙一郎 (2) 「グッドバイ」 『疎林』13号(東京)
有吉忠行 (2) 「百日紅」
遠山あき (2) 「ちびた下駄」 『槇』2号(市原市)
滝沢よし子 (1) 「ヤソの卒塔婆」
松井安俊 (1) 「ひとり芝居」
- 「モダン様と偽な壺」長篇・未完 『文芸集団』10月号(金沢市)
笠森勇 (3) 「室生犀星と萩原朔太郎」評論・連載
大本邦夫 (5) 「㮶杖の話」 『内海文学』69号(新居浜市)
池田喜美 (1) 「石に刻むもの」 『光彩』5号(広島県安芸郡)
古浦千穂子 (1) 「風は咲きぬけて」
沢井準子 (2) 「蜉蝣のうた」
比毛和美 (1) 「グリーン風景の中へ」 『農民文学』10月号(東京)
重国林 (1) 「地獄杉」
佐藤正夫 (2) 「遙かなる追想」
- 「ブルース」 『十日』22号(大阪市)
- 「女ふたり」
田靡新 (11) 「十八丁は山の上」
森銑三 (8) 「ひとりごと」エッセイ 『ももんが』10月号(東京)
向田豊作 (4) 「木下杢太郎(十七)」
市川勝治 (3) 「みあ伊太利亜(二十六)」
片桐幸雄 (11) 「第二語学としてのドイツ語」エッセイ
相沢源七 (3) 「相馬黒光と中村屋文芸サロン(三)」連載 『文芸東北』10月号(仙台市)
藤居信雄 (1) 「李舜臣のいる日記」エッセイ 『日本談義』11月号(熊本市)
吉田京子 (1) 「流水」 『ふいーばす』22号(東京)
鈴木広江 (1) 「明珠の季節(ころ)」
梓たかこ (1) 「逆光」 『皐月文芸』33号(東京)
高木敏克 (2) 「戦後の幻影」エッセイ 『漿』10号(神戸市)
高木敏克 (2) 「闇に浮ぶ船」
- 「木馬でオルゴールを」
堀谷小夜子 (1) 「南柯の夢」 『えりあ39』9号(東京)
影山隆二 (1) 「津谷木橋」 『郵政』10月号(東京)
斎藤哲史 (1) 「数眠」
古溪比紗子 (1) 「猫の季節」 『作家』12月号(名古屋)
渡辺凱一 (6) 「作家の自殺」(連載最終回)
「川端康成論」
多田正幸 (2) 「ソンチャイ」 『AMAZON』10月号(宝塚市)
山中皓尚 (3) 「転機」 『詩と真実』11月号(熊本市)
小松桂子 (6) 「頭の中の山椒魚」
荒川義清 (8) 「戦い敗れて囚われて」 『北陸文学』40号(金沢市)
中村慎吉 (1) 芦田高子への追悼文
大浜東窓 (2) 「有駄無駄」随想 『松柏』12号(千葉県市川市)
千葉耕作 (1) 「下瀬雅允」
市尾卓 (9) 「帰来の客」 『季節風』69号(東京)
下林益夫 (5) 「手みやげ」
花村明美 (1) 「ランカスター」 『状況』20号(岡崎市)
石坂のぼる (1) 「イルカの季節」 『模索』2号(高槻市)
- 「登校拒否」 『はくぼく』31号(鶴岡市)
松岡国男 (1) 「トロフィー」
長島和太郎 (1) 「雨情童謡がもつユーモアについて」エッセイ 『枯れすすき』6号(武蔵野市)
- 佐多稲子特集 『蟹』2号(札幌市)
佐藤梅子 (1) 「三尺四方の泣き場所『キヤラメル工場から』」 『状況』20号(岡崎市)
荒垣秀雄 (1) 「論説委員柳田国男」 『連峰』17号(東京)[随筆誌]
村田孝子 (1) 「おもちゃのチャチャチャ」 『民衆』6号(大阪市)
光川城男 (1) 「やぐら」 『猿』4号(群馬県山田郡)
戸越永之介 (4) 「椎の木のある家」 『宴』復刊1号(東京)
河内愛子 (1) 「二度目の死」 『北へ』創刊号(山形市)
樽山幽 (1) 「勝利を放棄した女」 『馬阿夢』創刊号(栃木県河内町)
有馬祐人 (5) 「道化」 『個々』創刊号(相模原市)
19803月号 評者 小松伸六 タイトル 文化というもの 総冊数119冊(創刊号5冊・終刊号1冊)
推薦作
佐藤睦子 (10) 「硬い羽音」 『小説家』34号(東京)
ベスト5 北里蓉子 (6) 「環元」 『柳絮』14号(大阪市)
木宮節子 (2) 「後遺症」 『北方文芸』12月号(札幌市)
武田貴久子 (1) 「笑う犬」 『文芸生活』55号(東京)
神沢瑛 (1) 「こだわり」 『燦』5号(西宮市)
- 編集後記 『散文芸術』
渡辺信也 (1) 「闇のなか」 『蒼生』15号(早大文学部文芸科)
森木康一 (1) 「疑問符」
上崎弘子 (1) 「雨の匂い」
野崎加代子 (1) 「隣人」
小幡恵 (1) 「吉行淳之介論」評論
久保素子 (1) 「雲の影」 『目白文学』6号(日本女子大)
- 「おばあさまの家」
八木洋美 (1) 「白い闇」
- 「暗闇なんかこわくない」 『風紋』10号(東京都立大)
- 「平助という人間」
- 「嘘空(ウソック)物語」
丸山幸雄 (1) 「雨もよう」
日野展也 (1) 「消失する三日」 『東大文芸』1号(川崎市)
原克 (1) 「後期ベンヤミンに於ける『経験概念』」評論 『ヴオルト』1号(立教大学)[評論誌]
相原勝 (1) 「パウル・ツェラン詩論」評論
苑部透 (1) 「牡蠣の話」 『展開図』13号(東大文学部)
- 「すずかけの樹」
- 「名なしの話」
菅原洋一 (1) 「魚服記」(太宰治)論 『樹海』1号(鎌倉市)
- 「雪降る町をバスは行く」
内藤薫 (1) 「八重桜」
- 「帰郷」 『吶喊』1号(青森市)
- 「いつまで、夢」
吉田嘉志雄 (3) 「桃源郷に芥子を見た」 『青森文学』29号(青森市)
北沢蕉悟 (1) 「青虫」 『奇蹟』17号(青森市)
谷山越郎 (1) 「冷えた回想」
近江静雄 (1) 「薄明の光景」 『仙台文学』28号(仙台市)
久東鉱一 (10) 「通い路」
吉田典子 (2) 「薄い耳」 『青の時代』6号(函館市)
荒川昭子 (1) 「叫ぶ花」
田中純子 (1) 「蒼い朝」
佐藤玲子 (2) 「長い午後」
宇尾房子 (7) 「黒塚」 『蒼古』14号/終刊号(札幌市)
坂寛子 (1) 「終着駅まで」
上谷澄子 (1) 「序曲」 『市民文芸』19号(帯広市)
細江雄 (1) 「妹」 『文芸祭』15号(岐阜市)
広瀬てる子 (1) 「紫色のエスカレーター」
木全圓壽 (13) 「女流作家碑銘」 『北斗』10月号(名古屋)
上野良夫 (7) 「行って来るまで」 『作家』1月号(名古屋市)
花井俊子 (14) 「この夏のコピー」
竹内理定 (3) 「温泉駅長」 『日本海作家』61号(福井市)
- 「鈍色」
戸美あき (3) 「ちち、はは」 『紅炉』39号(静岡市)
木村幸雄、立岡和子、など 中野重治特集 『遡行』78号(長野市)
堀越完 (1) 「北京の夜」 『上州文学』56号(高崎市)
久保田淳子 (1) 「私のPTA始末記」随筆
石塚長雄 (3) 「闇」 『水戸評論』9号(水戸市)
桜井義夫 (5) 「私小説について」エッセイ
東尾嘉之 (6) 「ジョン黒田氏の秘密」 『文芸広場』12月号(東京)
橋本峻一 (1) 「千葉の馬肉屋」 『日通文学』12月号(東京)
田村植 (1) 「母」 『河馬』10号(東京)
岡芳郎 (3) 「教導機関士」 『軌跡』33号(東京)
藤森司郎 (6) 中野重治追悼文
- 荒井照雄追悼文 『機関車文学』69号(東京)
田中あきら (1) 「踏切事故」
永野浩一郎 (3) 「哀犬家」随筆 『文芸生活』55号(東京)
牧村恵美子 (1) 「梅雨の前」
宮井一郎 (10) 「漱石の生涯とその芸術」評論・連載 『作文』114号(東京)
- 「迷路」 『驢馬の泪』3号(東京)
- 「寄り木」
山本リエ (1) 「消えないねずみ花」 『新人文学』64号(東京)
原善 (1) 「川端康成『みづうみ』論」評論 『文藝空間』3号(東京)
野村章恒 (2) エッセイ 『医家芸術』11月号(東京)
中野嘉一 (2) 「太宰治の文学と人間」評論
寺沢正夫 (1) 「無声の詩人」
高橋有恒 (5) 「盆栽の娘」
明田川実 (1) 「遠い花火」 『砂』11号(横浜市)
星野貞治 (3) 「雫」 『新風土』27号
瑞木英子 (1) 「無声映画」 『球体派』1号
宇野明 (1) 「自殺同好会」
松井順子 (1) 「冥い河」 『群狼』14号
粕谷ひろみ (1) 「星砂」
- 「雨」 『ヴァリエテ』16号(吹田市)
- 編集後記
水口洋治 (1) 「荒川洋治の詩」評論 『PO』19号(堺市)
- シンポジウム「なぜ書きはじめるか」特集 『文学学校』10月号、11月号(大阪市)
- 「大阪文学学校運動に欠落するもの」座談会
松本光明 (3) 「夜のアメリカ凧」 『VIKING』347号(箕面市)
松原澄子 (1) 「無事」 『あしあと』63号(大阪市)
高島重子 (1) 「台湾のらい」 『愛生』12月号(岡山県邑久町)
野地慎生 (3) 「暗渠」 『虹』12月号(佐世保市)
片岡繁男 (6) 「まりあ・いまり」 『九州文学』11月号(福岡市)
鶴島正雄 (1) 「評伝・火野葦平」連載 『九州人』12月号(北九州市)
松岡昭彦 (1) 「葦平と校歌」
谷崎旭寿 (7) 「まぼろしの女」
大津文夫 (2) 「狼は来なかった」 『詩と真実』12月号(熊本市)
森本忠 (9) 「小さな学史(九)」 『日本談義』12月号(熊本市)
小嶋静枝 (2) 「蝶のゆくえ」 『柳絮』14号(大阪市)
伊藤光子 (3) 「妻の貌」
丹羽さだ (2) 「ふりかえる」
保田英一 (6) 「雀の逃げた日」 『ばかす』10号(横浜市)
佐藤貴美子 (1) 「女たちの季節」 『全電通作家』43号(東京)
高尾まこと (1) 「乾いた土―アフガニスタンの旅」紀行文
白石路子 (3) 「私の休日」 『散文芸術』30号(東京)
丹羽さだ (2) 「桃原境」 『豊中文学』10号(豊中市)
山田宏 (1) 「“旦那さんの山”界隈」 『北人』12号(札幌市)
田口佳子 (2) 「女の池」 『旅と湯と風』33号(兵庫県城崎)
19804月号 評者 久保田正文 タイトル 偶然の膨張 総冊数157冊(創刊号10冊・詩誌7冊)
ベスト5 吉岡健 (1) 「ひょっとこ」 『風恋洞』3号(秦野市)
白石佳 (1) 「死の領域」 『樹海』3号(横浜市)
中田潤一郎 (15) 「砂の族」 『労働者文学』2号(東京)
蔵本次郎 (9) 「揺曳」 『VIKING』348号(神戸市)
山田ゆき (1) 「忘れ雪」 『新誌』35号(鎌倉市)
小川隆平 (1) 「只野氏の単なる一日」 『風恋洞』3号(秦野市)
永山暎 (1) 「遡行」 『樹海』3号(横浜市)
松木完之 (1) 「すぐそこに見える道の終り」 『讃岐文学』31号(高松市)
神西和 (1) 「逃げる男」 『青潮』6号(上尾市)
影山誠治 (1) 「帯の音」 『セコイア』6号(狭山市)
山田昭彦 (1) 「生きる」 『労働者文学』2号(東京)
藤森司郎 (7) 「火焔のみえぬ『汽車の缶焚き』」評論
橋本世津子 (2) 「ハピィ」 『まくた』1月(東京)
山田美穂子 (3) 「海の匂い」
柴沼ヒロノ (1) 「樽屋三代記」 『新文芸』5号(土浦市)
沢風渉 (1) 「石工無情」 『NAMAZU』1号(船橋市)
岸名節子 (1) 「やぶからし」
安田雅企 (1) 「とくに理由はない」 『個性』9号(横浜市)
猿渡重達(編) (1) 「野村英夫年譜」
吉沢秀明 (1) 「白樺がある風景」 『あむびぎゆいて』1号(福生市)
樋口大成 (3) 「事故」 『作家』2月(名古屋市)
小木曾新 (5) 「雨の道を帰る」
清水昭三 (12) 「抜書雑記」評論
東一秀 (1) 「麻布材木町」 『城』48号(佐賀県)
林俊 (12) 「曇のち曇」 『橋』32号(飯田市)
安川澄江 (1) 「お花はん」 『未遂』8号(浜松市)
乾夏生 (1) 「砂に水を……」 『小説と詩と評論』191号(東京)
野辺慎一 (2) 「おれたちのゴー、そしてゴー」 『鏡の中』5号(東京)
中里柳平 (2) 「俺たちの好日」 『塩分』36号(東京)
小関智弘 (7) 「骨ぎしりの音」大垣肇追悼記
大音行雄 (1) 「134年の家族」 『鬼子』11号(神戸市)
真岸務 (2) 「あめりかん・すめる」 『蟹』5号(豊中市)
五十嵐千恵子 (1) 「わくら葉」 『盆地』27号(会津若松市)
目黒みい子 (2) 「朱の盆」
安斎宗司 (1) 「東野辺薫研究」
通雅彦 (1) 「快船・三重丸」 『獣神』3号(大宮市)
中野智之 (1) 「蜜月」 『青電車』8号(町田市)
吉村康 (2) 「白い帽子」 『法螺』4号(交野市)
根田道代 (1) 「カヴァラドッシと与太郎」 『落葉樹』20号(黒磯市)
芳賀剛 (1) 「斧取り」 『三月兎』1号(高崎市)
原あけみ (1) 「家族」 『オリザ』5号(札幌市)
松本竜太郎 (4) 「印形譚」 『文学無限』50号(東京)
- 「編集後記」 『吽形』創刊号(東京)
塩沢仙 (1) 「いつの日なりと」
花輪莞爾 (3) 「海峡へ」 『現代文学』20号(東京)
郷正文 (11) 「変転する日」
熊谷政江 (2) 「熟れてゆく夏」 『北方文芸』1月(札幌市)
松岡弘一 (1) 「捨犬の声」 『日通文学』1月(東京)
西川忍 (4) 「セルフ・サーヴィス」 『Amazon』197号(宝塚市)
永井美智子 (1) 「海が見える」 『らぐたいむ』8号(大阪市)
- 佃実夫追悼特集号 『四国文学』59号(徳島市)
鏡啄二 (1) 「自由なる国」
清水克悦 (1) 「野麦峠をゆく」エッセイ 『ベルク』22号(海老名市)
吉良敏雄 (6) 「阿蘇宮御田の恋唄」 『詩と真実』367号(熊本市)
小島輝正 (10) 「春山行夫ノート」評論・連載 『たうろす』41号(神戸市)
水上勤 (1) 「宮島資夫ノート」評論
山崎一穎 (2) 連載鴎外論「宮芳平」評論 『評言と構想』17号(東京)
奥田弘 (2) 「宮沢賢治研究周辺資料」研究・連載 『銅鑼』35号(東京)
鈴木一正 (2) 「透谷の蒙軒学舎入学説をめぐって」評論 『水脈』9号(八王子市)
榊原勝 (1) 「高田保」 『土浦文学』20号
- - 『遡行』79号(長野市)[評論誌]
塩浦彰 (6) 石川啄木論 『北方文学』27号(長岡市)
高橋実 (11) 鈴木牧之研究
大星光史 (1) 内藤鋠策に関する調査
- 「改造社文学月報細目」 『ブックエンド通信』4号(市川市)
田沢恭二 (1) 「釣り人としての葉山嘉樹」エッセイ 『海溝』10号(東京)
松江園子 (1) 「点々描々」
以下作品名のみの言及
栗原陽子 (1) 「闇にひびく」 『NAMAZU』1号
奥野忠昭 (9) 「ロードワーク」 『せる』3号(東大阪市)
魚田申 (1) 「病巣」
猿谷瑛子 (2) 「隠された世界」 『旗』8号(草加市)
圭恵夢 (1) 「春向」 『手』8号(高松市)
石黒光治郎 (1) 「岬にて」 『文鳥』8号(札幌市)
大橋英 (1) 「耳と歯」 『流群』14号(千葉市)
政成巧 (1) 「解衣」 『麻』1号(東京)
大屋正明 (1) 「蜘蛛の巣」 『宿』36号(木曾福島町)
赤木春彦 (1) 「悲しみの街角」 『文団』5号(平塚市)
19805月号 評者 久保田正文 タイトル 「みのむし」その他 総冊数120冊(創刊号7冊・詩誌4冊)
推薦作
秋元藍 (4) 「闇の中の語部」 『庠』4号(市川市)
ベスト5 山本三鈴 (5) 「みのむし」 『まくた』2月(東京)
小林英文 (3) 「夜水」 『農民文学』172号(東京)
福元早夫 (10) 「息子の赤い自転車」 『文学学校』2月(大阪市)
中川広 (1) 「或る女の部屋」 『泥舟』1号(大阪市)
ベスト5と互角のもの
波佐間義元 (1) 「応援」 『九州人』2月(北九州市)
丹羽さだ子 (1) 「物質不滅の法則」 『柳絮』15号(大阪市)
- - 『PARARERU WORLD』創刊号(尼崎市)
故馬首子 (1) 「夜の蠅」 『ニセ』1号(東京)
柴崎龍吉 (1) 「かもめ」 『ピエロ』1号(東京)
星野田江 (1) 「背中で泣いている」 『まくた』2月(東京)
上田徳子 (1) 「重兼芳子作『水位』における赤と黒のイメージ」評論
北山邦夫 (1) 「温(あたたか)」 『泥舟』1号(大阪市)
斉木寿夫 (1) 「Black sheep」 『安藝文学』45号(広島市)
梅原勝己 (2) 「幸福の探究」
岩川隆 (1) 「活字にしておきたいこと」エッセイ
亀井宏 (2) 「文豪と師匠」 『関西文学』1月(大阪市)
柴田道司 (7) 「萱の火」 『山形文学』35号(山形市)
小嶋静枝 (3) 「戦いは終らない」 『柳絮』15号(大阪市)
渡辺行夫 (4) 「議会開設事始め」 『文芸復興』66号(東京)
尾崎一雄、飯野農夫也、山田清三郎、など 上野壮夫追悼特集号
- 「編集メモ」
鯉沼晴二 (1) 「赤旗は翻るとも」 『作家集団』103号(東京)
園村昌弘 (5) 「壺の底」 『詩と真実』2月(熊本市)
武田京爾 (1) 「俺はどこへ行く」 『塔』67号(大牟田市)
千田亜紀 (3) 「あなたの背」 『裸人』10号(高岡市)
本出真三 (1) 「実験時代」 『VIKING』349号(箕面市)
岸本宏 (5) 「怪しい痕跡」 『青い花』11号(東京)
向井豊昭 (10) 「わたしの過去帳」 『北方文芸』2月(札幌市)
中島文子 (1) 「三本立て」 『有珠』23号(鳥取市)
村中美恵子 (2) 「芝居衣裳」 『たんぽぽ』45号(前橋市)
以下作品名のみの言及
平山泰之 (1) 「展覧会の絵」 『素粒子』3号(武蔵野市)
後藤必 (1) 「良夜」 『渤海』10号(金沢市)
三田薫子 (1) 「僕のモラトリアム謳歌法」
山田あつし (1) 「夏草の譜」 『文芸山口』117号(山口市)
島内一夫 (1) 「年の末に」 『山河』3号(高知市)
小木曾滝男 (1) 「墓地の塀」 『文芸広場』2月(東京)
宗憲園 (1) 「陰史記」 『オデッセイ』1号(高岡市)
谷川憲一 (1) 「少年忌」 『青空』8号(発行所不明)
館浦深 (1) 「ぶな山から」 『どんぐい』12号(函館市)
岡村文雄 (1) 「滝」 『想像力』20号(大阪市)
中江喜美江 (1) 「ひとりで生きる」 『柳絮』15号(大阪市)
海田真生 (2) 「夜の縁で」 『AMAZON』199号(宝塚市)
佐々木徳次 (5) 「春は名のみ」 『人間像』103号(北海道)
19806月号 評者 久保田正文 タイトル 「墓標」その他 総冊数96冊(創刊号4冊・詩誌4冊・短歌誌1冊・俳句誌1冊)
ベスト5 長谷川敬 (4) 「墓標」 『関西文学』3月(大阪)
加藤幸子 (4) 「ミリヤムの王国」 『公園』8号(東京)
佐藤泰志 (8) 「七月溺愛」 『北方文芸』3月(札幌市)
今井泉 (2) 「二等航海士石川達雄」 『国鉄北海道文学』13号(札幌市)
山口茂夫 (2) 「タヱとアキとそしてぼくと」 『虹』3月号(佐世保市)
ベスト5以外で捨てがたいもの
竹中正 (2) 「夕暮れの灯」 『蒼き傍観者』5号(神戸市)
西川忍 (5) 「原山」 『AMAZON』200号(宝塚市)
呉山昌 (1) 「河」 『推敲』2号(大阪市)
平野欽子 (10) 「それ見たことか」 『関西文学』3月(大阪)
射場鉄太郎 (1) 「いんうつな季節」 『AMAZON』200号(宝塚市)
成允植 (1) 「オモニの壺」 『りょんまる』8号(横浜市)
張居正 (1) 「言葉と文学」エッセイ
白玲 (1) 「展望の季節」エッセイ
寺本和馬 (2) 「その頃街はモスグリーン」 『我羅巣』6号(東京)
村田昭一 (1) 「霧が流れる」 『私鉄文学』15号(東京)
藤井徹 (1) 「前途の灯」 『VIKING』350号(箕面市)
稲葉真弓 (1) 「みんな月へ……」 『作家』4月(名古屋市)
山下智恵子 (8) 「錆のにおい」
加地勝美 (4) 「手の後景」 『まくた』3月(東京)
山野玲子 (2) 「業」
横須賀武弘 (2) 「誘導の詩」 『機関車文学』70号(東京)
榊原晴夫 (1) 「不意の発熱」 『灼』11号(半田市)
八重明生 (2) 「秋日」
西田志乃江 (1) 「堤の秋」 『旅と湯と風』34号(城崎市)
朝海タキ (1) 「烏」 『半世界』33号(東京)
吉野ふみ (1) 「梅」 『内海文学』70号(新居浜市)
落合義雄 (1) 「墓の周辺」 『時圏』3号(花巻市)
千葉耕作 (2) 「広島の女」 『松柏』3月(市川市)
高田英太郎 (3) 「画のある家」 『貌』4号(名古屋市)
吉村滋 (8) 「晩秋一景」 『日本談義』3月(熊本市)
熊谷福志 (1) 「かすみ的」 『小説と詩と評論』193号(東京)
江方光三 (1) 「灰釉」 『階段』22号(館林市)
平井信作 (8) 「町会議員選挙」 『弘前文学』52号(弘前市)
宮本徹也 (1) 「滅亡の予感を奏でる多旋律の饗宴」評論 『兆』4号(東京)
赤井恵子 (1) 「藤尾の形象」研究 『近代文学試論』18号(広島大学)
- 「アンケート 中野重治との出合い」 『北斗』2月(名古屋市)
- 追悼岩下俊作特集 『九州人』3月(北九州市)
- 「斎藤栄治先生・柏原兵三追悼号」 『運河』12号(調布市)
以下作品名のみの言及
田中美津子 (1) 「暗い川」 『滋賀作家』22号(大津市)
亀井信由 (3) 「信者たちの家」 『半世界』33号(横浜市)
真砂友子 (1) 「天の斧」 『群れ』4号(諫早市)
渡辺俊夫 (2) 「むぎわら帽子」 『野火』3号(見付市)
大西咲子 (2) 「工場閑話」 『文学学校』3・4号(大阪市)
興津喜四郎 (2) 「二月の風」 『断絶』58号(東京)
斎藤忠志 (1) 「縁日」 『賽』4号(東京)
久保田匡子 (3) 「痕跡」 『原声』1号(堺市)
松浦勝久 (3) 「男の合唱」 『あいなめ』8号(東京)
寒江新介 (1) 「鏡」 『文芸広場』3月(東京)
厳樹 (1) 「星からきた男」 『コブタン』5号(苫小牧市)
太田順三 (9) 「子供の産まれるお祝い記」 『雑記』26号(大阪市)
平山博道 (1) 「絵島流罪考」 『日通文学』3月(東京)
小林松太郎 (2) 「下着陳列」 『九州文学』2月(福岡市)
生田静香 (1) 「残傷」 『詩と真実』4月(熊本市)
忰山紀一 (1) 「風顛」 『模索』3号(高槻市)
吉田豊喜 (1) 「白鷺」 『環状集落』3号(大分市)
田中光子 (4) 「仮りの宿」 『日本海作家』62号(福井市)
19807月号 評者 林富士馬 タイトル 書くということ 総冊数103冊(創刊号7冊・詩誌5冊・俳句誌2冊・詩集1冊)
推薦作
蓑島真澄 (1) 「麦畑のむこうで」 『焔』25号(金沢大学文芸部)
ベスト5 服部瑗子 (1) 「仲間たち」 『芸術三重』21号(津市、三重県教育委員会)
風見治 (5) 「バナナァ」 『火山地帯』42号(鹿屋市)
佐伯恵子 (2) 「もう一人の家族」 『習作』13号(川崎市)
横須賀武弘 (3) 「赤と緑の誘導旗」 『軌跡』34号(動力車文芸連盟東京支部)
ベスト5以外で特別に挙げられたもの
大泉康雄 (2) 「吉野雅邦ノート」 『とらんす』4号(東京)
- - 『製鉄文化』(北九州市、新日鉄八幡製鉄所)
- - 『わが仲間』12号(堺市)
山本顕樹 (1) 『或る状況から』 (金沢市)
前田常作、寺田政明、井上長三郎、針生一郎、など 鶴岡政男追想特集 『潮流詩派』4月号(東京)
- 岩下俊作追悼 『九州文學』4月号/422号(福岡市)
森下節 (2) 「不屈の作家魂」桜田常久追悼 『藝文』114号(東京)
- - 『新潟文学』創刊号(新潟市)
衣斐弘行 (1) 「斎藤緑雨論(そのアフォリズムを中心に)」評論 『芸術三重』21号(津市、三重県教育委員会)
星野田江 (2) 「薄明り」 『まくた』28号(東京、朝日カルチャーセンター)
藤村藍子 (2) 「川は病んでいる」
中山みどり (1) 「通過」 『小説、ABC』5集(名古屋市、朝日文化センター)
本庄圭市 (3) 「春の足音」 『詩と眞實』5月号/371号(熊本市)
奥中勝美 (4) 「教師の分際」 『九州人』4月/147号(北九州市)
遠山あき (3) 「鷺谷」 『農民文學』173号(東京、日本農民文学会)
湊令子 (2) 「箱庭」 『くうかん』10号(大津市)
磯野宏至 (3) 「賞与」 『青稲』24号(与野市)
森銑三 (9) 「〈涙〉の文字の使い方」エッセイ 『ももんが』3月(前橋市)
梅崎光生 (17) 「ニューデリー今昔」エッセイ
河底尚吾 (1) 「ギリシヤ国民劇場の公演」エッセイ
太田曾我男 (1) 「〈木曾路〉考(その二十四)」エッセイ 『遡行』81号(長野市)
菊池美和子 (1) 「森鴎外覚え書」エッセイ
- - 『ブックエンド通信』5号(市川市)
妹尾源市 (1) 「伝記研究への疑問」エッセイ 『あしあと』65号(大阪市)
A・とらしこ (1) 「原光景」 『焔』25号(金沢大学文芸部)
向井陵 (1) 「化粧」
島比呂志 (9) 「書くということ」 『火山地帯』42号(鹿屋市)
- 「二〇〇号記念雑記特集」 『AMAZON』202号(宝塚市)
北野洸 (4) 「セピア色の写真」 『北方文芸』4月(札幌市)
平山春夫 (2) 「師弟」 『日通文学』4月(東京、日通ペンクラブ)
19808月号 評者 林富士馬 タイトル ポエジーの役割 総冊数76冊(創刊号6冊)
ベスト5 新山美和 (3) 「零れ萩」 『文學造型』31号(東京)
吉田有志 (1) 「見えない橋」 『禺婁』12号(東京)
杉原不二夫 (1) 「源作じいさん」 『瀬戸内海文学』39号(倉敷市)
井上寛治 (5) 「アルバイト・ジプシー」 『九州人』5月号(北九州市)
郷間清 (1) 「孔子(あなご)の霜ふり」 『まくた』5月号(東京、朝日カルチャーセンター)
谷口謙 (6) 「蕪村の母」 『浮標』137号(宝塚市)[詩誌]
- - 『河』44号(諫早市)
高木正助 (1) 「正法眼蔵心不可得」エッセイ 『小説だけ』6号(東京)
妻木宗太郎 (1) 「眠られぬ夜のために」
尾崎光憲 (5) 「《GOOD-BY》序章」 『東海文学』74号(名古屋市)
最匠展子 (1) 「光に捉われて」 『禺婁』12号(東京)
- 「後記」 『季節風』70号(東京)
花村守隆 (8) 「檜葉湯」
三原誠 (19) 「ぎしねらみ」
三谷博俊 (1) 「中野重治の〈別れ〉」評論
小林実 (7) 「創刊の頃」エッセイ 『瀬戸内海文学』39号(倉敷市)
礼応仁 (3) 「瀬戸内海文学の思い出」エッセイ
吉田大作 (1) 「虫の家」
浜村裕介 (5) 「ローマの朝」 『文芸広場』5月号(東京)
比良明太 (1) 「教師を描いた文学作品―現代世界文学に見る(一)」
溝口明代 (1) 「マジック・ミラー」 『おんなふみ』創刊号(東京)
渋川驍 (11) 「卓上の懐中時計」 『日暦』75号(東京)
中澤千磨夫 (1) 「ユウ・キルド・ミイ」 『啖』創刊号(札幌市)
巌川正樹 (1) 「〈灰燼〉と鴎外の影」評論
- - 『未遂』9号(浜松市)
高橋幸次 (1) 「形態論」連載 『座標』創刊号(横浜市)
赤坂憲雄 (1) 「異人、あるいは〈内なる他者〉の構造」連載
小浜逸郎 (1) 「時の黙示」連載
(作者不明) (1) 「市井の女」 『ろまん』9号(発行所不明)
(作者不明) (1) 「日本の大衆娯楽―底辺から見た日本」評論
- - 『日曜随筆』43号(横浜市)
庭冬明 (2) 「鳩笛」 『火樹』6号(千葉市)
倉林洋子 (2) 「覗穴のむこうがわ」 『まくた』5月号(東京、朝日カルチャーセンター)
桜井昭雄 (1) 「天の赦すところ」 『きたまち』5号(山形県村山市)
津山晋一 (4) 「錯誤」 『新人』13号(東京)
19809月号 評者 林富士馬 タイトル 素朴な問いかけ 総冊数116冊(創刊号9冊・詩誌5冊・俳句誌2冊・短歌誌1冊)
推薦作
北山和希 (2) 「絵本の周辺」 『せる』4号(東大阪市)
ベスト5 松浦治郎 (1) 「手紙」 『獣神』4号(大宮市)
林久治郎 (1) 「祭り舟」 『新早稲田派』復刊2号(東京)
津木林洋 (3) 「夏の終り」 『せる』4号(東大阪市)
立石富男 (1) 「父」 『全電通作家』44号(全電通東京電信分会)
- 「ソルジェニーツィン〈煉獄のなかで〉」評論 『PO』21号(大阪市)[詩誌]
- 特集「私にとって詩とは」
- 「アミーゴ宣言」 『amigo』創刊号(松山市)
高橋丈雄 (1) 「裸なるものと死にゆくもの」評論
多岐祐介 (1) 「不可能の美学」エッセイ 『駱駝』創刊号(東京)
宮崎宏 (1) 「愚父、愚息」 『文学横浜』創刊号(横浜市)
萱純平 (1) 「発端」
- 「奈良線にて」 『よんかい』創刊号(東京、朝日カルチャーセンター・小説作法教室)
刺賀秀子 (2) 「達夫の木」
近藤昭子 (1) 「夢彩色の地図から」 『樹林』創刊号(東京、西武コミュニティカレッジ・小説創作講座)
右遠俊郎 (9) 「〈省エネ作家〉と同人誌」エッセイ 『独楽』3号(東京)
林純子 (3) 「じょんがら節・大作」 『草原』12号(岡山市)
広瀬一人 (1) 「弱気」 『全電通作家』44号(全電通東京電信分会)
久山彩 (1) 「神護景雲」 『新早稲田派』復刊2号(東京)
堀坂伊勢子 (23) 「叙情詩のように」 『文宴』50号(津市)
小川幸洋 (1) 「名将」
高橋明 (1) 「赤色燈」 『飃』9号(宇部市)
柿沼果英 (1) 「腕」 『小説と詩と評論』196号(東京)
高杉東一 (1) 「彼岸の人」 『関西文学』5月号(大阪市)
歌光一 (1) 「山のある風景」 『荒牧文学』3号(群馬大学文芸部)
- 特集「一九二〇年代の芸術」 『鋒鋩』10号(東京)
- 「宮崎康平追悼特集」 『九州文学』5月号(福岡市)
- 野呂邦暢追悼 『九州人』6月号(北九州市)
- 野呂邦暢追悼 『虹』335号(佐世保市)
198010月号 評者 駒田信二 タイトル 作品の深み 総冊数128冊(創刊号12冊・詩誌9冊・評論誌5冊)
推薦作
伊藤光子 (4) 「籠の中」 『奇蹟』創刊号(羽曳野市)
ベスト5 なかじまけんじ (7) 「反射鏡」 『機関車文学』71号(東京)
田中りえ (1) 「『アルファ』を読んで」 『蒼生』16号(東京)
星野田江 (3) 「うしろ姿と黒猫と」 『まくた』7月号(東京)
喜田説治 (1) 「颱風」 『外語文学』14号(東京)
- - 『金羊毛』創刊号(東京)
出雲左子 (1) 「祝祷の泉―喜劇についての一考察―」評論 『イシス』創刊号(東京)
小森陽一 (1) 「『浮雲』の主人公―文体としての自己意識」評論 『異徒』創刊号(札幌)[評論誌]
松本博 (1) 「架橋としての『即興詩人』」評論
中澤千磨夫 (2) 「竹内好の誕生(上)―方法としての魯迅」評論
宮坂康夫 (1) 「リアリズムの再生―中野重治の小説表現をめぐって」評論
- 「病める夢」 『イシス』
東海林昌宏 (5) 「わかれ道」 『房総文学』36号(千葉市)
宇尾房子 (8) 「もどり道」 『日本きゃらばん』43号(木更津市)
庄司肇 (22) 「一本の白い道」 『関西文学』6月号(大阪市)
高野義裕 (8) 「野球少年」 『九州人』7月号(北九州市)
堀勇蔵 (10) 「マラソンの笛」
松尾亮 (6) 「夏草」 『AMAZON』204号(宝塚市)
三樹青生 (2) 「アッケラカン」 『外語文学』14号(東京)
なかじまけんじ (7) 「根なし草」 『労働者文学』3号(東京)
内海隆一郎 (2) 「那覇国際通り」 『街』10号(一関市)
朝倉賢 (5) 「点晴」 『北方文芸』150号(札幌市)
中沢茂 (20) 「指相撲」
- 竹森一男、埴原一亟追悼特集 『文芸復興』67集(東京)
田辺明雄 (9) 「真山美保論」エッセイ 『鳥語』10号(大和郡山市)
以下作品名のみの言及
上部由美子 (1) 「夢幻」 『作家』8月号(名古屋)
難波田節子 (7) 「父の娘」 『日通文学』7月号(東京)
松本重真 (1) 「モノローグ」 『四人』27号(東京)
山本三鈴 (6) 「オルゴール」 『まくた』
波佐間義之 (8) 「叫びのシルエット」 『労働者文学』
牧川史郎 (6) 「泥の夏」 『半獣神』30号(大阪)
丹羽正光 (4) 「軍医チェブトィキン」 『関西文学』
伊藤樹夫 (2) 「慶良間の波のそこに」 『外語文学』
森田定治 (21) 「甦った時間」 『九州文学』6月号(福岡市)
198011月号 評者 駒田信二 タイトル 小説の文章 総冊数104冊(創刊号8冊・詩誌5冊・評論誌4冊・俳句誌1冊)
ベスト5 九鬼亮康 (7) 「腕、その後」 『小説家』36号(東京)
佐伯ひろ子 (1) 「無関係」 『朔風』11号(横浜市)
麦謙一郎 (3) 「鴉の子」 『疎林』14号(東京)
北里蓉子 (7) 「毀れる夏」 『作家』9月号(名古屋市)
高橋実 (12) 「墓を建てる」 『北方文学』28号(長岡市)
新美守弘 (1) 「花と大工」 『虹』創刊号(船橋市)
太田浩 (5) 「花と鎖」
吉田祥一 (1) 「いなりがわ近辺」
武蔵義弘 (1) 「『日和下駄』の思想」エッセイ
かたやまみのり (1) 「文壇裏面秘帖(中)―土曜会時代の想い出」 『旗』9号(草加市)
猿谷瑛子 (3) 「都会の迷路の中で」
菊地佐紀 (1) 「喪章のある魚」 『原点』34号(松山市)
佐藤睦子 (11) 「北枕」 『小説家』36号(東京)
泉宏 (1) 「答えない海」 『蛮族』7号(松江市)
西山安雄 (11) 「大山詣で」 『散文芸術』32号(東京)
ていほう・しょうり (1) 「弱吟」 『虹』8月号(佐世保市)
花輪莞爾 (4) 「沙漠」 『現代文学』21号(横浜市)
饗庭孝男 (4) 「萩原朔太郎」評論
朝比奈誼 (4) 「大杉栄と賀川豊彦」評論
日高昭二 (3) 「『雪明りの路』紀行―詩人伊藤整の自然と地理」評論 『評言と構想』18号(東京)
笠井秋生 (1) 「遠藤周作『沈黙』の世界―の父の宗教から母の宗教への転換」評論
榊原勝 (2) 「高田保―土浦の生んだ作家」(評伝)
「四/東京時代の高田保」
『土浦文学』21号(土浦市)
曽谷正宏 (2) 「小林秀雄の出発―母と故郷について」評論・未完 『西播文学』72号(龍野市)
木下健一 (2) 「地下鉄」
竹田洋香 (1) 「紅子の肖像」 『よんかい』3号(東京)
中沢滋 (1) 「海祭り」 『リゾーム』2号(東京)
高川正人 (2) 「波間の声」戯曲 『接点』14号(伊勢市)
- 「創刊二十八周年記念号」 『貘』第四次10集(東京)[詩誌]
- 「二十五周年記念号」 『潮流詩派』102号(東京)
- 中野重治追悼 『詩』18号(東京)
- 田中冬二追悼 『詩』20号(東京)
- 高谷一郎追悼特別号 『村山文学』13号(村山市)
- 「特集・尾形邦彦を偲ぶ」 『恵庭市民文芸』6号(恵庭市)
- 柚木衆三追悼号 『留萌文学』61号(留萌市)
- 尾崎徳追悼号 『連弾』44号(徳島市)
- 小出拾也追悼号 『碑』35号(東京)
以下作品名のみの言及
木宮節子 (3) 「異臭」 『北方文芸』8月号(札幌市)
一條宗生 (1) 「インカルシペ山から」
三田地智 (2) 「優しい他人」 『鬼子』13号(神戸市)
政成功 (1) 「調書」 『麻』2号(埼玉県幸手町)
依田隆 (1) 「かつて夜の街より現われ出て」
吉岡健 (2) 「外泊の日」 『青馬』7号(秦野市)
中村伸夫 (1) 「祈りの果てに」 『顔』7号(上田市)
安西宏 (2) 「幻の寝台」 『あいなめ』9号(東京)
宮崎鉄郎 (4) 「笹岡小舟の死」 『修羅』17号(埼玉県児玉町)
198012月号 評者 駒田信二 タイトル 二十三回目の総括 総冊数103冊(創刊号8冊・詩誌8冊・評論誌6冊・随筆誌2冊・俳句誌1冊・個人誌2冊・単行本2冊)
ベスト5 刺賀秀子 (3) 「乳房抄」 『北方文芸』9月号(札幌市)
佐藤玲子 (3) 「S町行き」 『晨』3号(函館市)
広重聡 (8) 「暗渠のある町かどで」 『VIKING』356号(芦屋市)
米倉佐紀子 (1) 「波のむた」 『マスト』創刊号(尼崎市)
武田雄一郎 (12) 「夕焼け空」 『層』53号(長野市)
細川正義 (1) 「『新生』の構造」評論 『方位』創刊号(東京)[評論誌]
三木サニア (1) 「『縊死詩篇』論―朔太郎詩の宗教性をめぐって―」評論
中村青史 (2) 「大正期熊本の文学的状況―高群逸枝と徳永直―」評論
古閑章 (1) 「梶井基次郎『冬の蠅』論」評論
古江研也 (1) 「中野重治『街あるき』論」評論
木村一信 (1) 「中島敦研究史稿(二)―昭和二十年代―」評論
伊藤博子 (1) 「武田泰淳論―『ひかりごけ』を中心に―」評論
今村潤子 (1) 「川端康成の三部作―千羽鶴・山の音・波千鳥―」評論
和田勉 (1) 「梅崎春生『ボロ家の春秋』の周辺」評論
隈本マリ子 (1) 「安部公房―『飢餓同盟』について―」評論
首藤基澄 (1) 「『廃市』の愛の構図」評論
和田裕介 (1) 「影の中に」 『視線』創刊号(函館市)
松代周平 (1) 「鴎外『舞姫』における悲劇の実相」評論
北里蓉子 (8) 「使者」 『柳絮』17号(大阪市)
北里蓉子 (8) 「影たちの柩」 『作家』10月号(名古屋市)
今井泉 (3) 「イルカの日」 『晨』3号(函館市)
越中谷浩子 (1) 「元町風景」
西山静子 (1) 「金魚」
轟龍造 (7) 「おかしな隣人」 『九州文学』8月号(福岡市)
浜葉子 (1) 「ガラスの水槽」 『仙台文学』29号(仙台市)
興津美和子 (1) 「柿の木の向こう」 『よんかい』4号(東京)
以下作品名のみの言及
橋本世津子 (3) 「巣」 『まくた』8月号(東京)
倉坂葉子 (3) 「文化祭まで」 『非非』6号(倉敷市)
今村実 (19) 「クマソの母」 『流氷群』18号(鳥取市)
立名富男 (1) 「優しさの周辺」 『みなみの手帖』29・30合併号(鹿児島市)
安宅みち子 (1) 「硝子のなか」 『非非』
山野玲子 (3) 「同生同名」 『まくた』
加藤秀造 (6) 「鷲ヶ鼻」 『仙台文学』
山縣熙 (1) 「坂」 『マスト』
向井豊昭 (11) 「寛文蝦夷の島」 『北方文芸』
谷まさ子 (6) 「牡丹の寺」 『九州文学』
小嶋静枝 (4) 「有刺鉄線の青虫」 『柳絮』
伊豆須郎 (4) 「ルーム・メイト」 『航路』34号(茨木市)
赤坂沖也 (1) 「あるアンバランスな男」 『運河』21号(富士見市)
松本竜太郎 (5) 「箱の中」 『日通文学』9月号(東京)
佐伯葉子 (2) 「影絵」 『瘤』2号(富山県立山町)
高橋光子 (5) 「母の倖せ」 『群青』17号(東京)
東尾嘉之 (7) 「小さな離別」 『文芸広場』9月号(東京)
佐々木国広 (11) 「雪の音」 『旅と湯と風』36号(兵庫県城崎温泉)
金山嘉城 (5) 「銀杏の臭い」 『裸人』11号(高岡市)
三好悦生 (1) 「白いコオロギ」 『土筆』20号(枚方市)
大月常靖 (1) 「流浪劇団」 『松柏』17号(市川市)
今年度の振り返り(各月で触れられたもの以外)
磯崎仮名子 (1) 「母胎」 『海』(四日市市)
星加輝光 (14) 「小林秀雄『本居宣長』考」評論 『九州文学』(福岡市)
庄司肇 (23) 「河野多恵子論」評論 『日本きゃらばん』(木更津市)
上田徳子 (2) 「『髪』にみられる弱者の論理」評論 『まくた』(東京)
小谷剛 (13) 「自伝的戦後史」連載 『作家』(名古屋市)
八橋一郎 (4) 「五十人の作家」評論・連載 『関西文学』(大阪市)
折目博子 (5) 「稲垣足穂の形而上性」評論 『白描』(東京)
高山亮二 (3) 「有島武郎とクロポトキン」評論 『北方文芸』(札幌市)
- 筒井康隆特集 『関西文学』8月号(大阪市)
- 田所義章追悼号 『索』9号(東京)


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1979年へ翌 1981年へ