同人雑誌評の記録
昭和63年/1988年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19881月号 評者 松本徹 タイトル 文学の根として 総冊数108冊(創刊号3冊)
ベスト5 吉保知佐 (11) 「手袋」 『AMAZON』9月号(宝塚市)
藤邑藍子 (12) 「サタンの愛」 『まくた』10月号(東京都)
稲垣瑞雄 (17) 「狩野川」 『双鷲』28号(八王子市)
佐藤玲子 (11) 「置き土産」 『北方文芸』10月号(札幌市)
堀巖 (16) 「『明暗』の視点」評論 『AMAZON』
- 創刊満四十年記念「雑記特集」 『VIKING』442号(芦屋市)
庄司肇 (27) - 『きゃらばん』12号(木更津市)
杉浦明平、田宮虎彦、小松伸六、飯島耕一 小島輝正追悼特集 『たうろす』56号(神戸市)
楢信子 (13) 「漁火」 『双鷲』28号(八王子市)
刺賀秀子 (14) 「心のちから」 『小説家』65号(東京都)
門倉実 (1) 「亀の子どっちゃん」 『作家』11月号(名古屋市)
須山ユキエ (3) 「幻指」 『火山地帯』72号(鹿屋市)
宝生房子 (1) 「鏡の中」 『海』創刊号(福岡市)
秋本喜久子 (5) 「手紙」 『婦人文芸』56号(東京都)
有川峰代 (2) 「白い海の中で」
都満州美 (2) 「やせ願望」 『よんかい』82号(東京都)
盛田隆二 (3) 「彼の人生」 『早稲田文学』11月号(東京都)
橋村望奈未 (1) 「魔女」 『間道』13号(札幌市)
根本美代 (1) 「遠い家」 『しゅばる』7号(東京都)
伊藤冬子 (2) 「雪からの天使」 『留萌文学』72号(留萌市)
大畑靖 (5) 「夢一つ」 『時間と空間』20号(町田市)
泉光明 (1) 「山芋」 『雪渓文学』15号(大阪市)
橋本円蔵 (1) 「遺された木」 『蜂』10月号(横浜市)
上部由美子 (3) 「仏花」 『文学機構』創刊号(東京都)
岡田安里 (5) 「川開き」 『婦人文芸』
藤田美佐子 (1) 「ふるさと感傷記」 『文脈』117号(松山市)
上野亨二 (1) 「月浜まで」 『ぎがんてす』14号(川崎市)
神田完 (1) 「アンチ・鎮魂歌」 『蕾』4号(東京都)
東山周珠子 (4) 「水蛭子の葦船」 『文学造形』37号(東京都)
笠原貞子 (4) 「猫的生活」 『河』24号(東京都)
津村鏡子 (3) 「黄色いすみれ」
折田泰子 (1) 「遠い家」 『たきおん』20号(調布市)
申允成 (1) 「I河連れ」 『しましま模様』創刊号(吹田市)
田代茂 (3) 「夏の風に吹かれて」 『海』
北川新治郎 (2) 「上り階段を下りる時」 『帆』5号(茅ヶ崎市)
更沢正子 (1) 「病窓記」 『みずき』16号(大分市)
仲財修司 (4) 「キャラメル」 『留萌文学』
山門壬生 (3) 「虚空鈴慕」 『蘇芳』3号(鳩ヶ谷市)
日高由仁 (2) 「歌と祈りの碑」評論 『VIKING』441号(芦屋市)
以下作品名のみの言及
藤井賢二 (1) 「炎の化石」 『北の感情』3号(福井市)
熊野壮一郎 (1) 「さらばあめりかんジャパニーズ・1」
長尾和香子 (1) 「散り初めの頃に」 『無名群』60号(青森市)
柳生四郎 (1) 「草色ばったと赤とんぼ」 『土浦文学』29号(土浦市)
野平治秀介 (1) 「ある女をめぐる話」 『文学草起』6号(千葉市)
刈谷のぶ子 (2) 「霧の山にて」 『かいだん』5号(東京都)
橋本峻一 (4) 「板前渡世」 『日通文学』10月号(東京都)
岡部有三 (1) 「赤い風船、青い風船」 『文学広場』10月号(東京都)
安彦志津枝 (1) 「土曜の午後」 『時間と空間』
若林亮成 (1) 「星は戯れるが如く」
竹山敏子 (2) 「伴四郎の日記」
坂上祐三 (3) 「冬の轍」 『帆』
津木林洋 (9) 「ナンパ・ストリート」 『作家』
浦野興治 (2) 「他人ごと」
元永晴信 (1) 「空白の期間」 『関西文学』11月号(大阪市)
多井真木子 (2) 「事故のあと」 『鬼子』33号(神戸市)
川島文子 (1) 「ハロウィンの夜」 『豊中文学』16号(豊中市)
秋元潔 (1) 「掌の花」 『飢餓祭』2号(尼崎市)
坂本昭和 (2) 「減反」 『詩と真実』60号(熊本市)
伯川等 (6) 「弁当」 『塔』90号(大牟田市)
神鯨一也 (3) 「食うことの次に好き」
松下武義 (1) 「激しい雨」 『笛』30号(都城市)
19882月号 評者 松本徹 タイトル 書くと言う行為ひとつで 総冊数127冊(創刊号10冊)
推薦作
うつみ宮土理 (1) 「くねり坂」 『まくた』11月号(東京都)
ベスト5 永井孝史 (4) 「朝闇の道」 『碑』49号(岩槻市)
藍崎道子 (3) 「気楽な関係」 『こみゅにてぃ』21号(和光市)
今野靖人 (1) 「感触」 『江古田文学』13号(東京都)
菊村信 (1) 「黒い棒」 『黒い棒』1号(東京都)
杉田欣次 (1) 「石を投げる蟹」 『勃海』19号(金沢市)
菊村信 (1) 「レフェリーの声」 『黒い棒』1号(東京都)[個人誌]
菊村信 (1) 「羊」
魚住陽子 (2) 「花火の前」 『こみゅにてぃ』21号(和光市)
須永圭子 (2) 「空色の葉」 『まくた』11月号(東京都)
松本和夫 (4) 「磯笛」 『蜂』11月号(横浜市)
安東晴子 (7) 「魂むすび」
昆道子 (11) 「いびき」 『碑』49号(岩槻市)
桐生久子 (2) 「何かが同じですか」 『文芸中部』18号(愛知・知立市)
武田久子 (4) 「通り過ぎた風景」 『原点』48号(松山市)
岡林稔 (2) 「失踪」 『龍舌蘭』115号(宮崎市)
鶴ヶ野勉 (4) 「思い出さがし」
白石東美 (1) 「葬い」 『柳絮』35号(豊中市)
南柊一 (1) 「日傘」 『海』36号(四日市市)
一見幸次 (4) 「同業仲間」
江口宣 (8) 「懺悔」 『長崎文学』6号(長崎市)
由布州子 (2) 「墓標」 『とろっこ』21号(伊丹市)
荒木太郎 (10) 「あの時の声」 『日暦』82号(東京都)
不二牧駿 (1) 「防空壕」 『中央線』32号(山梨県)
武田典子 (2) 「二六五〇日目」 『目白文学・PART2』4号(茅ヶ崎市)
大里浩代 (1) 「さんだらぼうし」 『作家』12月号(名古屋市)
伊藤静 (1) 「白い母」 『小説ABC』38号(名古屋市)
有田一雄 (3) 「通勤列車」 『九州作家』86号(北九州市)
栗田藤平 (1) 「風狂の茶会」
山下伸一 (2) 「雨と遺骨とシビリアン」 『銚子文学』12号(銚子市)
竹内正一 (1) 「厳凍期」遺稿 『作文』138号(国分寺市)
以下作品名のみの言及
村上利雄 (6) 「息子よ」 『恵庭市民文芸』13号(恵庭市)
乙犬拓夫 (1) 「マリリン・モンロー」
藤田節子 (1) 「蒲のある風景」 『六期』7号(函館市)
木村政子 (1) 「錫杖を持った神様」 『らんふう』10号(室蘭市)
高祖卯佐 (6) 「妻」 『華』1号(町田市)
茂木令子 (1) 「鬼灯」 『河』25号(東京都)
土居龍二 (8) 「うさぎ」 『トンボ』9号(東京都)
谷川清二 (7) 「藤棚」
菊池秀明 (4) 「とかげ」 『吃水線』2号(東京都)
須山哲生 (5) 「マイ・チャイルド」
藤川直 (3) 「雛」 『小説と詩と評論』217号(東京都)
村尾文 (7) 「鱗」 『松柏』60号(市川市)
加藤直子 (1) 「須磨の嵐」 『朱流』10号(千葉市)
戸谷夭一 (5) 「灰色の眼の少女」 『新風土』35号(小平市)
吉田たか子 (1) 「幕間」 『ハマ文芸』7号(横浜市)
北原潦 (1) 「夢二亭始末記」 『未遂』23号(浜松市)
松本容子 (1) 「血のゆがみ」 『樹林』10月号(大阪)
黒田梅子 (5) 「ミシン太平記」 『虹』11月号(佐世保市)
八幡政男 (10) 「ガラスの絆」 『碑』
岡部哲夫 (11) 「坂道」 『龍舌蘭』
城雪穂 (4) 「うつせみ置き文抄」
- 特集「山本有三生誕百年」 『駿河台文芸』5号(東京都)
- 特集「大川宣純の世界」 『江古田文学』
- 特集「現在詩眺望」 『脈』32号(那覇市)
- 特集「西南の役」 『新地方派』3号(熊本県)
19883月号 評者 松本徹 タイトル 別の角度から捉える 総冊数130冊(創刊号4冊)
推薦作
河村義次郎 (8) 「匂い男」 『凾』39号(広島市)
ベスト5 森井潤 (2) 「内部回廊」 『せる』23号(東大阪市)
旭洋子 (2) 「あの橋まで」 『教育文芸みえ』5号(津市)
鳥井綾子 (8) 「坂の向うに」 『市民文芸』27号(帯広市)
ベスト5
(5作目)
水辺早苗 (1) 「姉と男と妹と」 『関西文学』1月号(大阪市)
佐々木国広 (20) 「なんじゃもんじゃ」 『関西文学』1月号(大阪市)
吉野理 (1) 「夢祭り」 『O』創刊号(佐久市)
奥野忠昭 (14) 「河口」 『せる』23号(東大阪市)
森谷今日子 (3) 「唄うように踊るように」 『蟹』7号(札幌市)
村山暁生 (4) 「落葉」 『青銅時代』29号(東京都)
尾関忠雄 (5) 「織物」 『北斗』11月号(名古屋市)
鶴ヶ野勉 (5) 「ヒッチハイカー」 『遍歴』8号(宮崎市)
- 創刊四十年記念特集 『作家』1月号(名古屋市)
石井利秋 (4) 「困った人」
小谷剛 (18) 「西陽の射す窓」
柳光昭 (3) 「机」
佐藤真佐夫 (4) 「帰省」
大河内光明 (2) 「団栗」
佐藤正吾 (1) 「落陽」 『市民文芸』27号(帯広市)
山野寿美枝 (1) 「終わりなき彷徨」
戸川克巳 (1) 「オレンジ色の傘」 『上州文学』78号(高崎市)
レシュニック・チヅ子 (6) 「霧夜」 『旅と湯と風』65号(東京都)
西本多摩子 (1) 「絆」 『文芸生活』86号(東京都)
望月敦子 (14) 「黒い珊瑚」 『蜂』12月号(横浜市)
白石路子 (4) 「母の肖像」 『紅炉』55号(静岡市)
東天満進 (6) 「暗い海」 『午後』68号(横浜市)
川田善男 (1) 「旅の絵」 『文芸生活』
泉紀子 (2) 「光り舞う」 『だりん』15号(船橋市)
田口佳子 (14) 「怪かし」 『点』創刊号(伊丹市)
中道操 (1) 「お栄さんの役者宿」 『青銅時代』
岡田近衛 (1) 「ザ、じいやん」 『文芸淡路』14号(洲本市)
中島治 (4) 「冬の観覧車」 『八月の群れ』13号(枚方市)
立石富男 (8) 「幻影」 『全電通文学』7号(埼玉)
亀山恒子 (5) 「雪の歌」 『文芸復興』82集(東京都)
花本圭司 (4) 「HAVE BEENの形で」 『凾』
榎本茂男 (1) 「田村正也のこと」 『一人の文学』3号(東京都)
坂本さち (1) 「ついにゆく道」 『層』67号(長野市)
藤井成之 (1) 「涅槃の図」 『医家芸術』11月号(東京都)
高橋有恒 (6) 「ある地方作家の哀歓―牧之と馬琴」
長井朝男 (1) 「鯨波」 『鉄道林』23号(札幌市)
山中綾 (2) 「週末の銀座」 『教育文芸みえ』
井上義夫 (1) 「青春譜」 『日本海作家』92号(福井市)
丘木静夫 (1) 「メスの裁き」 『文芸海流』5号(大磯町)
観耕二郎 (1) 「ヴァレンタインデー」 『ぽふ』4号(高槻市)
以下作品名のみの言及
谷山清則 (1) 「から梅雨」 『詩と真実』462号(熊本市)
小林弘子 (1) 「赤沢劇場」 『北へ』13号(山形市)
宮沢寿子 (2) 「青い蛾」 『蔵王文学』21号(大宮市)
三浦義之 (2) 「訣別の秋」 『風響樹』8号(山口市)
倉持正夫 (10) 「ひとごろし」 『くらむ』3号(東京都)
伴吾歩 (4) 「幼児の記憶」 『文芸広場』12月号(東京都)
依田茂夫 (2) 「炎暑」 『谺』25号(山梨市)
筒井健二 (2) 「風の音」 『らむぷ』12号(福岡市)
桐山博子 (1) 「猫遊び」 『鳥語』20号(大和郡山市)
やぎよしみ (1) 「じんじんさまの青い旗」 『崖』28号(神戸市)
諏訪豪明 (1) 「さりげなく、ひたすらさりげなく」 『文芸村』16号(東京都)
中間美絵 (1) 「当世翔女気質」 『まくた』12月号(東京都)
小山内洋治 (2) 「孤島」 『よんかい』84号(東京都)
大木ユウ子 (1) 「赤い雪ダルマ」 『洗心』創刊号(東京都)
水上美佐雄 (1) 「山のあなたに空遠く」 『燔祭』32号(新宮市)
金山嘉城 (7) 「鳥のいるエレベーター」 『裸人』17号(高岡市)
三宅美代子 (1) 「米と麦」 『亡羊』31号(浜松市)
竹内和喜 (1) 「江水東流」 『ひのき』31号(神戸市)
寺田文恵 (1) 「鳩、翔ばない」 『北方文芸』12月号(札幌市)
阿万鯱人 (5) 「蟹島」 『遍歴』
野村順一 (1) 「渋柿」 『滋賀作家』44号(大津市)
森英一 (2) 「『黴』―初出と初刊の間」評論 『イミタチオ』7号(金沢市)
高野敏夫 (4) 「宣長の位置―(もののあはれ)を知る」評論 『饗宴』3号(東京都)
- 小島輝正追悼特集 『文脈』6号(大阪市)
- 山田清三郎追悼特集 『りありすと』42号(東京都)
19884月号 評者 松本道介 タイトル 運命の凝視 総冊数118冊(創刊号3冊)
推薦作
福元正實 (5) 「鴉」 『火山地帯』73号(鹿屋市)
ベスト5 島村恭子 (2) 「蜂の巣」 『仙台文学』39号(仙台市)
久鬼高治 (7) 「青春一夢」 『煉瓦』7号(船橋市)
塚田脩二 (19) 「鴉」 『まくた』1月号(東京都)
辰巳由美子 (1) 「風の誘(いざな)い」 『まほろば』43号(奈良市)
菅野俊光 (5) 「絵ろうそく」 『作家』2月号(名古屋市)
永松習次郎 (27) 「飛行機雲」 『四人』42号(東京都)
松尾美恵子 (3) 「目の前の死」 『たうろす』57号(神戸市)
不来方正恒 (4) 「海辺のモラトリアム」 『遊鉛筆』49号(東京都)
對馬勝淑 (2) 「鬼来ぬと」 『されど』5号(大阪市)
花輪莞爾 (14) 「正気」 『現代文学』36号(横浜市)
工藤幸一 (4) 「草の道」 『仙台文学』39号(仙台市)
九島勇 (1) 「桜鳥」 『青の時代』14集II(函館市)
得能御幸 (2) 「洞穴」 『よんかい』85号(東京都)
長井魁一郎 (10) 「五月の戦死者」 『新地方派』9号(熊本県菊池市)
波木里正吉 (27) 「青いリンゴ」
石塚長雄 (13) 「茜色の広い空」 『水戸評論』39号(水戸市)
芳川幸造 (5) 「夕かげの川」 『煉瓦』7号(船橋市)
前之園明良 (3) 「蒼い顔」 『酩酊船』3集(兵庫県山崎町)
森田定治 (25) 「憂鬱な月」 『海峡派』50号(北九州市)
長谷川憲司 (1) 「浪速怒り壽司」 『関西文学』2月号(大阪市)
長堂英吉 (2) 「ナーハイバイの歌」 『北方文藝』1月号(札幌市)
平野温美 (1) 「白い月」 『文芸北見』18号(北見市)
朝川彪 (1) 「渤海の瞳」 『カオス』創刊号(田無市)
河林満 (1) 「月明のなかで」 『えん』3号(東京都)
栗島イサ (3) 「遅い首途」 『文学無限』61号(東京都)
中嶋英二 (3) 「ひかり満ちる果てに」 『江南文学』15号(流山市)
平井杏子 (1) 「帰巣」 『文学空間』6号(東京都)
上野亨二 (2) 「転がる棺」 『ぎがんてす』15号(川崎市)
楠田康 (2) 「アルプスの赤い林檎」 『詩と真実』新年号(熊本市)
益尾幸人 (2) 「エビナ」
杉本利男 (9) 「日々には日々の」 『ヒューマン』16号(八王子市)
山野烔 (3) 「掟」 『狼』12号(高崎市)
射場鐵太郎 (3) 「新制中学校」 『AMAZON』12月号(宝塚市)
浜田紀子 (7) 「舞扇を流すまで」 『VIKING』444号(芦屋市)
千田三四郎 (4) 「手探り寅吉ノート」 『人間像』117号(札幌市)
杉本増生 (12) 「樹を植える」 『半獣神』45号(大阪市)
芳川幸造 (5) 「風のひと」 『煉瓦』
19885月号 評者 松本道介 タイトル 小説のつくり 総冊数111冊(創刊号2冊)
ベスト5 原口真智子 (4) 「神(かみよび)婚」 『西域』10号(福岡市)
久葉玄之 (1) 「闇夜の記録」 『内海文学』91号(新居浜市)
江口宣 (9) 「老修道女」 『虹』2月号(佐世保市)
弓透子 (9) 「インディアナの長い影」 『みのお文芸』23号(箕面市)
武井礼二 (2) 「そこに鏡が在るように」 『こみゅにてぃ』22号(和光市)
金子桂子 (4) 「願望」 『河』26号(東京都)
北里蓉子 (19) 「げいら・かいと」 『作家』3月号(名古屋市)
飛鳥ゆう (4) 「梅の香」 『こみゅにてぃ』22号(和光市)
藍崎道子 (4) 「隧道」
うつみ宮土理 (2) 「氷の中の涙」 『まくた』2月号(東京都)
藤邑藍子 (13) 「他人の血」
大本邦夫 (6) 「鵙」 『内海文学』91号(新居浜市)
池田善治郎 (1) 「海の遍歴」
世持二巌 (2) 「帰郷」 『南濤文学』1988年春季号(那覇市)
高勢史郎 (1) 「自由への逃走」 『うりずん』5号(名護市)
中里紀元 (2) 「チャイルド・ロック」 『玄海派』36号(唐津市)
大津文夫 (7) 「秋の一日」 『詩と眞実』2月号(熊本市)
文沢隆一 (4) 「鴎外・最初の妻―別れた理由」 『安藝文学』55号(広島市)
武田繁子 (1) 「いちじく」
中野弘恵 (2) 「漂う夏」
藤原初男 (1) 「裸電球」 『風恋洞』19号(神奈川県秦野市)
林淳一 (1) 「花綵(はなづな)」 『ドン』40号(武蔵野市)
辻村薫 (2) 「風の住処」
西村喜子 (3) 「白い杖」 『文芸広場』2月号(東京都)
小林美枝子 (1) 「水恋鳥」 『盆地』31集(会津若松市)
角田悦哉 (1) 「乱蝶譜」
甲斐ゆみ代 (3) 「わが心くずほるるとき」 『北方文藝』2月号(札幌市)
島田和世 (4) 「髢(かもじ)」 『よんかい』86号(東京都)
中山三津子 (1) 「はなむらさん」 『かづら』創刊号(大宮市)
青木荘輔 (2) 「霧の中」 『積木』4号(神戸市)
くりやま・へいじ (1) 「花の記憶」
松下武義 (2) 「記録/あゝ行軍」 『笛』31号(都城市)
- 梅崎光生「ルソン日記」に対する批評の特集 『ももんが』12月号(東京都)
阿部愛子 (2) 「秋の輪郭」 『蠍』26号(諏訪市)
篠原眞 (1) 「牛鬼」 『杻の木』9号(鳥栖市)
前田暁 (17) 「淀み」 『文宴』66号(津市)
大倉徹也 (2) 「ブレーブスの歌」 『VIKING』445号(芦屋市)
19886月号 評者 松本道介 タイトル 醒めた視線 総冊数101冊(創刊号3冊・終刊号1冊)
ベスト5 片山邦子 (1) 「中三の夏」 『蜂』3月号(横浜市)
川端敦子 (1) 「夏空」 『文学伝習所の人々』「地」の巻
北里蓉子 (20) 「父のスタンド」 『作家』4月号(名古屋市)
福田はるか (7) 「よこてんまり」 『じくうち』14号(東京都)
篠貴一郎 (2) 「夜の果ての駅」 『ひのき』32号(神戸市)
金南一夫 (1) 「水の音」 『四国作家』12号(香川県琴平町)
渡辺実千恵 (1) 「堤防の見える窓」 『北方文藝』3月号(札幌市)
松本弘 (2) 「或る崩壊」 『詩と眞実』3月号(熊本市)
柏木佐知子 (1) 「贖罪」 『孤帆』8号(浦和市)
北條文枝 (1) 「彼らとの日日」 『朱羅』15号・終刊号(小金井市)
戸田鎮子 (4) 「旅の匂い」 『作家』4月号(名古屋市)
工藤正広 (2) 「父相聞」 『オリザ』10号(札幌市)
川辺為三 (6) 「肋材の間で」
谷山越郎 (2) 「燃える空気」 『彗星』4号(青森市)
橋木凡 (1) 「改築アルバム」 『短篇アルバム』1号(横浜市)
安藤正男 (1) 「四十八日」 『北方文学』37号(長岡市)
高橋実 (15) 「貧民を絞り上げること見るに腹わたたつばかり也」論考
塚田脩二 (20) 「箕輪の心中」 『まくた』3月号(東京都)
中川芳子 (2) 「雛供養」 『VIKING』446号(芦屋市)
新昌良 (4) 「父の大時計」 『文学季節』33号(久留米市)
宮崎郁子 (1) 「午後の翳り」 『文芸生活』87号(東京都)
武南まさ子 (1) 「みわ」
児玉洋子 (2) 「闇を通って」 『未然形』創刊号(広島県廿日市町)
元木冬 (4) 「楝(おうち)幻影」 『詩と眞実』
遠矢徹彦 (2) 「十八号棟」 『文学伝習所の人々』「地」の巻
西村しず代 (1) 「鋏」 『文学伝習所の人々』「風」の巻
河内愛子 (2) 「放つ」 『文学伝習所の人々』「火」の巻
19887月号 評者 近藤信行 タイトル 発想の根底にあるもの 総冊数114冊(創刊号7冊)
ベスト5 弓透子 (10) 「北の国」 『とぽす』7号(茨木市)
山川禎彦 (2) 「ぼくだけの“ニッキ”」 『山河』15号(南国市)
黒野敬三 (2) 「牛か豚か」 『AMAZON』285号(宝塚市)
宇田本次郎 (2) 「夏の鳥」 『砂』44号(東京都)
奥平堯 (5) 「歳月」 『銅鑼』46号(東京都)
安田健介 (1) 「二重秩序」 『奔馬』創刊号(京都市)
旭洋子 (3) 「波の柩」 『海牛』創刊号(津市)
田口佳子 (15) 「迷路の声」 『旅と湯と風』66号(東京都)
菊池佐紀 (9) 「青葉木兎」 『アミーゴ』16号(北条市)
昆道子 (12) 「天女の飛翔」 『碑』50号(岩槻市)
渡辺千鶴子 (1) 「里村さんの死」 『カイエ』26号(藤沢市)
やまぐちけい (6) 「雪あかり」 『白夜』創刊号(鎌倉市)
村野民子 (3) 「二枚貝」 『よんかい』87号(東京都)
伊藤礼 (6) 「犬のいる風景」 『遡河』23号(川崎市)
岡田親義 (3) 「猫の街」 『蜂』4月号(東京都)
島田和世 (5) 「冬柏」 『かいだん』6号(東京都)
橋井静江 (1) 「沙羅の花」 『蕾』5号(東京都)
檜垣幹雄 (1) 「繋がれた葡萄たち」 『河』27号(東京都)
小方柊 (1) 「終の栖」 『グループ桂』9号(鎌倉市)
小笠原克、吉田司雄、西沢正樹、金井景子、倉西聡、紅野謙介、など 「特集・野間宏」 『媒』4号(東京都)
大井田義彰 (1) 「『新生』における“花”と“雨”」研究
大橋毅彦 (2) 「踊りつつ坂を上る人―室生犀星の小曲集時代についての一考察」研究
栗坪良樹 (6) 「私を語れ、だが語るな―わが文学研究解体」研究
- 「追悼 耕治人」 『羽鳥通信』創刊号(藤沢市)
- 「追悼・富士正晴(一)」 『VIKING』448号(芦屋市)
- 「特集・源氏鶏太の世界」 『とやま文学』6号(富山市)
岸田幸四郎 (6) 「覚え書・檀一雄」 『成蹊論叢』26号(東京都)
以下作品名のみの言及
高橋光子 (12) 「雪の朝」 『群青』32号(東京都)
米田檀 (1) 「勇太の絵」
麻野秀子 (1) 「まぼろしの発信人」 『青灯』3号(東京都)
渡辺早苗 (1) 「春・三夜」
服部洋介 (4) 「やさしく愛して」 『VIKING』447号
山本悟郎 (1) 「でんでん虫」 『小説家』67号(東京都)
渡部智子 (5) 「壜の仏」
岡田忠彦 (2) 「雪の下」 『雪渓文学』16号(大阪市)
中井あつ子 (1) 「母への手紙」
奥野渉 (6) 「ガラスの家」 『遡河』
うつみ宮土理 (3) 「温泉町の音」 『まくた』4月号(東京都)
押元裕子 (2) 「曼陀羅のある部屋」
橋本裕 (7) 「蓮華」 『作家』5月号(名古屋市)
豊田一郎 (30) 「それぞれの日」 『日通文学』4月号(東京都)
石塚長雄 (14) 「水流るる果てに」 『水戸評論』40号(水戸市)
19888月号 評者 近藤信行 タイトル 不作の夏 総冊数110冊(創刊号4冊)
推薦作
葉山由季 (2) 「声」 『奇蹟』24号(大阪市)
ベスト5 杉村暎子 (2) 「白地図」 『北方文芸』5月号(札幌市)
村岡嘉子 (1) 「金の向日葵(ひぐるま)(第二部)」 『麹町文学』59号(東京都)
千田三四郎 (5) 「歌ふことなき人々」 『人間像』118号(札幌市)
あべなおこ (2) 「佐枝の周辺」 『此花』創刊号(市川市)
吉田典子 (10) 「土曜日」 『森林鉄道』4号(函館市)
楢信子 (14) 「花を育てる人」 『双鷲』29号(八王子市)
潮田征一郎 (1) 「相思樹」 『午前』45号(福岡市)
定来文彬 (5) 「鴉」 『西九州文学』9号(長崎県時津町)
大河内光明 (3) 「血縁」 『作家』473号(名古屋市)
名塚多香子 (3) 「狂気」 『上州文学』79号(高崎市)
北見康子 (2) 「異国のなかの演歌」 『蜂』5月号(横浜市)
東尾嘉之 (14) 「尾行」 『文芸広場』5月号(東京都)
窪木千景 (1) 「二輪花」 『北』5号(東京都)
坪倉亜矢 (1) 「満潮」 『木曜日』4号(東京都)
石波晃 (1) 「しゅもくの町」 『龍舌蘭』116号(宮崎市)
伯川等 (7) 「覗かれた日記」 『長崎文学』7号(長崎市)
畠中佳子 (3) 「トランプ占い」 『文芸驢馬』15号(東京都)
田子直道 (1) 「木山捷平と吉備の国」エッセイ 『雎鳩』創刊号(岡山県笠岡市)
谷口靖彦 (1) 「森田思軒とV・ユゴーをめぐって」エッセイ
栗谷川虹 (1) 「宮沢賢治の最初の歌について」エッセイ
森通博 (1) 「無化という揚棄―吉本隆明・親鸞論ノート」エッセイ 『暗河』43号(熊本市)
清田之長 (1) 「渡来人ならびに渡来人と係りのある神社」エッセイ
井上清一 (1) 「サンカその他―矢部夜ばなし(二)」エッセイ
田辺恭一 (1) 「加久忠越―私の小さな戦争体験」
星加輝光 (18) 「『九州作家』の回顧」エッセイ 『九州作家』90号(北九州市)
以下作品名のみの言及
森井潤 (3) 「ティン・タール」 『せる』24号(東大阪市)
山本孝夫 (3) 「無農薬」
吉岡健 (8) 「蒼い雪」 『那須文芸』4号(栃木県大田原市)
丹山晴海 (7) 「石心」 『直線』59号(大阪市)
小野田恭二 (1) 「プレパラートのきらめき」 『関西文学』6月号(大阪市)
不来方正恒 (5) 「四十六歳」 『遊鉛筆』51号(東京都)
高畠寛 (8) 「潮騒が聞こえる」 『アルカイド』11号(大阪市)
長谷部精 (2) 「阿武隈挽歌」 『日通文学』5月号(東京都)
潮正三 (1) 「辛夷」 『個性』20号(横浜市)
羽田令子 (2) 「熱帯のるつぼ」
善野烺 (1) 「百年のチークダンス」 『革』10号(尼崎市)
津坂治男 (1) 『津坂東陽伝』評論その他 単行書
川部九一 (1) 「ベケット『ゴドーを待ちながら』そしてあるいはブレヒトをめぐる断章」評論その他 『AMAZON』286号(宝塚市)
森脇義明 (1) 「小林秀雄覚書」評論その他・連載
吉田郁子 (2) 「十七世紀フランスの軍隊」評論その他・連載 『竪琴』21号(東京都)
19889月号 評者 近藤信行 タイトル 語るべきもの、語られるもの 総冊数116冊(創刊号6冊)
ベスト5 レシュニック・チヅ子 (7) 「疏水のほとり」 『旅と湯と風』67号(東京都)
伊藤光子 (7) 「無菌室」 『旅と湯と風』67号(東京都)
日高由仁 (3) 「歌の絵本」 『VIKING』449号(芦屋市)
三神ふさ子 (9) 「踊りましょう、ワルツで」 『甲府文学』5号(甲府市)
掛川理恵 (1) 「肥った種子、痩せた種子」 『江古田文学』14号(東京都)
原田憲雄 (1) 「誤流先生伝・贋注」 『VIKING』448号(芦屋市)
竹之内静雄 (1) 「富士正晴の手紙」
北川荘平 (6) 「春霞園第十三病棟―富士正晴の手紙」
林富士馬 (3) 「富士正晴追悼」 『VIKING』449号(芦屋市)
庄野潤三 (2) 「ボタンとリボン」
松田道雄 (1) 「富士さんのこと」 『VIKING』450号(芦屋市)
鶴見俊輔 (1) 「写真を前にして」
広重聰子 (1) 「走り書報告―富士資料のこと」
由宮顯 (1) 「風少年の歌」 『飛行キ』創刊号(神戸市)
大畑靖 (6) 「ある少年の哀しみ」 『時間と空間』21号(町田市)
鈴木耀子 (1) 「風の花」 『ラマンチャ』45号(府中市)
涸沢純平 (2) 「海の人」 『夢幻』20号(大阪市)
城千枝 (1) 「ナターリア・ビシネーフスカヤ」 『黄色い潜水艦』9号(奈良市)
木村美恵子 (2) 「アカシアの花散る窓」 『高知文学』14号(高知市)
うつみ宮土理 (4) 「双眼鏡のかぐや姫」 『まくた』6月号(東京都)
おかだとしかず (1) 「秋祭り」 『芹』9号(大阪市)
高橋由紀子 (3) 「悲しみのうた」連載 『文芸東北』265号~(仙台市)
葉山修平 (13) 「藁の中の七面鳥」連載 『花粉期』(市川市)
以下作品名のみの言及
菴とき子 (8) 「旅立ちのハーモニー」 『作家』7月号(名古屋市)
秋野彰夫 (2) 「月山異聞」
今井建基 (1) 「切岸の鳩」 『グループ桂』10号(鎌倉市)
木辺弘児 (6) 「釘」 『せる』25号(東大阪市)
桜田㐂代子 (2) 「住みか」 『山形文学』50号(山形市)
長堂英吉 (3) 「海鳴り」 『南濤文学』夏季号(那覇市)
畑俊子 (2) 「ワインはいかが」 『まくた』5月号
菅原元之 (3) 「残りの時間」 『原点』49号(松山市)
遠野明子 (1) 「熱空間」 『槐』3号(佐倉市)
今井盛章 (2) 「菜種梅雨」 『讃岐文学』41号(高松市)
吉保知佐 (12) 「桃」 『AMAZON』287号(宝塚市)
永井明雄 (5) 「地より得しもの」 『日通文学』6月号(東京都)
いぬゐじゅん (5) 「終りの雪」 『よんかい』89号(東京都)
細木常夫 (12) 「窓際から」 『鶏口』24号(東京都)
阿部愛子 (3) 「秋の輪郭」 『信州文芸』10集(飯田市)
鴛海裕 (1) 「もの想いの森」 『風』93号(岡谷市)
渕井恵子 (1) 「奥信濃便り」
塩野実 (4) 「小説のなかの夫」エッセイ 『西域』11号(福岡市)
久保田義夫 (7) 「耕治人の文学」エッセイ 『詩と真実』6月号(熊本市)
- - 『八木義徳を読む』創刊号(室蘭市)
198810月号 評者 大河内昭爾 タイトル モチーフ不足の話づくり 総冊数149冊(創刊号5冊)
ベスト5 永松習次郎 (28) 「少年」 『四人』43号(東京都)
井関淑子 (1) 「壺」 『全作家』23号(東京都)
名塚多香子 (4) 「かすれた刻」 『上州文学』80号(高崎市)
高橋里江子 (3) 「裏通り」 『よんかい』91号(東京都)
園田紅 (1) 「逆光」 『蜂』7月号(横浜市)
渡野玖美 (2) 「毀つ」 『金沢文学』4号(金沢市)
渡野玖美 (2) 「南京虫のうた」 『架橋』8号(愛知県)
宮下洋二 (1) 「母と土と」 『上州文学』80号(高崎市)
福元正實 (6) 「梅が散る」 『火山地帯』75号(鹿屋市)
高橋光子 (13) 「雪の朝(「おだやかな死」第一部)」 『群青』32号(武蔵野市)
岡田親義 (4) 「扉」 『蜂』7月号(横浜市)
丸岡通子 (1) 「はじかれて」 『まくた』7月号(東京都)
平野みすず (1) 「帰巣」
竹中たま江 (1) 「霧の中に」
中森涼子 (1) 「アカ」
石川はつえ (1) 「老犬」 『クレーン』10号(前橋市)
落合健一 (1) 「北国の春」
奈良迫ミチ (3) 「ダリは美しい光の外へ」 『原色派』33号(鹿児島市)
山野烔 (4) 「報われしもの」 『狼』13号(高崎市)
萩原有記 (1) 「ミツ子の夏休み」
しん・りゅうう (3) 「暗寝川」 『るる』3号(山形市)
佐藤睦子 (19) 「追い風」 『小説家』68号(東京都)
類ちゑ子 (3) 「Sのカプセル」
坂本幸四郎 (4) 「時実新子覚書」評論 『北方文芸』7月号(札幌市)
木村尚白 (2) 「除夜の送り火」 『弦』43号(名古屋市)
山岡千枝子 (1) 「壁際の花」 『白色音』4号(高知市)
佐々木国広 (21) 「鮠」 『半獣神』46号(大阪市)
島本征彦 (3) 「冒険の日」
針山和美 (5) 「嫁こいらんかね」 『人間像』119号(札幌市)
若杉志郎 (1) 「梅井食堂の人びと」 『北の文学』16号(盛岡市)
平澤信一 (1) 「零への運動」評論
野地慎生 (13) 「柔媚の人」 『虹』7月号(佐世保市)
伊之上健 (4) 「冬の風」 『文学無限』62号(東京都)
落合茂 (16) 「詩人菅原克己の思い出」エッセイ 『文芸復興』83集(東京都)
福島保夫 (4) 「残影」
小坂多喜子 (4) 「曠野の夕陽」
和田聖子 (9) 「遠い湖」 『小説と詩と評論』278号(東京都)
中野隆夫 (1) 「山鳩の歌」 『文学地帯』74号(堺市)
飛鳥次郎 (1) 「『櫻島』と私」 『記録者』3号(横浜市)
以下作品名のみの言及
高橋秀紀 (6) 「からすの森」 『日通文学』7月号(東京都)
五十嵐勉 (1) 「耳の印象」 『中央文学』7月号(東京都)
弓田弓子 (2) 「誤診」 『鰐組』51号(川崎市)
矢樹今日子 (1) 「マハ・ラーバ」 『たね』52号(東京都)
吉田江美 (1) 「冬の列車」 『八月の群れ』14号(枚方市)
大里浩代 (2) 「湾上の虹」 『作家』8月号(名古屋市)
きだたかし (10) 「リヴェンジ」 『詩と真実』8月号(熊本市)
今村有成 (9) 「夏の名残り」
あべなおこ (3) 「道程」 『此花』2号(市川市)
木村和 (3) 「銀河」 『トンボ』10号(東京都)
佐奈田欣也 (6) 「家に杖つく」 『AMAZON』288号(宝塚市)
鶴ヶ野勉 (6) 「乳母車」 『遍歴』9号(宮崎市)
198811月号 評者 大河内昭爾 タイトル 同人雑誌の変質 総冊数116冊(創刊号5冊)
ベスト5 堀江光男 (1) 「『X』と『ぼく』」 『文芸中部』20号(知立市)
射場鐵太郎 (4) 「自然秔(じねんご)」 『AMAZON』289号(宝塚市)
夏川龍一郎 (1) 「風舞い」 『VIKING』451号(芦屋市)
岡田親義 (5) 「ハンドバッグ」 『蜂』8月号(横浜市)
北口ますえ (1) 「揺れる川面」 『現実と文学』26号(福岡市)
服部進 (20) 「本の話」 『北狄』251号(青森市)
加藤すみ子 (1) 「壺」 『新現実』4号(所沢市)
石毛春人 (5) 「晦冥の海原」
茨木晃嗣 (2) 「白い天井」
三池新 (2) 「猫の爪(三)」
藤沢辰雄 (8) 「白い花」 『雑踏』48号(河内長野市)
村山暁生 (5) 「闇の淵」 『青鹿』1号(鎌倉市)[個人誌]
田口佳子 (16) 「朱の橋」 『翡翠』3号(伊丹市)[個人誌]
庄司肇 (28) 「空に舞う花」 『きゃらばん』13号(木更津市)[個人誌]
黒木清次 (5) 「出版記念会のあとさき(下)」 『龍舌蘭』117号(宮崎市)
吉川成仁 (1) 「誰か『ゴースト』を聴かないか」
川添同 (15) 「紅葉」
大河内光廣 (1) 「ままごと」
大河内光廣 (1) 「櫛」 『笛』32号(都城市)
藤沢祐人 (1) 「儀式」 『関西文学』9月号(大阪市)
松村あずさ (1) 「島の父娘」 『蜂』8月号(横浜市)
桜井加奈子 (1) 「海霧」 『まくた』8月号(東京都)
小田麻喜 (1) 「あぶな絵の女」
野島千恵子 (6) 「鋏」
倉島久子 (1) 「鼾」 『河』29号(東京都)
笠原貞子 (5) 「石鹸工場」
今村裕子 (2) 「絆」
森田定治 (26) 「魚眼の女」 『文芸広場』8月号(東京都)
坂田玲子 (5) 「なまこ壁の家」 『AMAZON』289号(宝塚市)
井石誠一 (1) 「夜の声」 『静岡近代文学』3号(静岡市)
西田勝、小林保則、吉田達志 「『大菩薩峠』を読む」論稿
野村順一 (2) 「悔恨」 『滋賀文学』46号(大津市)
川渕依子 (1) 「むらさきつゆ草」
久保田暁一 (3) 「遠藤文学の主題とその視点」評論
平田穂積 (1) 「憐憫」 『現実と文学』26号(福岡市)
久間一秋 (2) 「私の文学彷徨(2)」エッセイ
久間一秋 (2) 「少年期断章」
石井利明 (1) 「偶然、電車で」 『作家』9月号(名古屋市)
橋本裕 (8) 「崖上の花」
祐岡えつこ (3) 「鏡の部屋」
北村洪史 (1) 「アパート」 『北方文藝』8月号(札幌市)
田中恭三 (2) 「まる字」 『河床』12号(久留米市)
須山哲夫 (1) 「秋の記」 『青い花』2号(東村山市)
朝比奈敦 (2) 「小文字山」 『飄』23号(宇部市)
中井正義 (22) 「秀歌逍遥」評釈 『文章』67号(津市)
村山節 (3) 「初めからの外側」
前田暁 (18) 「新道」
田中艸太郎 (23) 「森鴎外と荒木博臣」 『城』59号(佐賀郡大和町)
田子直道 (2) 「評伝木山捷平」 『雎鳩』2号(笠岡市)
谷口晴彦 (1) 「森田思軒の生涯」連載その一
以下作品名のみの言及
原口千枝子 (1) 「雲海のはてに」 『佐賀文学』4号(佐賀市)
津山修 (1) 「夏の虫」
定道明 (3) 「結納」 『青磁』5号(福井市)
伊藤裕子 (1) 「お兄ちゃん」 『あめんすい』創刊号(西宮市)
青木禎 (1) 「みずおと」 『されど』6号(大阪市)
重森直樹 (2) 「ひとでを食った男たち」 『鉄道林』24号(札幌市)
金森敦子 (2) 「極楽の霧」 『軌点』16号(東京都)
198812月号 評者 大河内昭爾 タイトル 回顧と展望 総冊数145冊(創刊号2冊)
推薦作
尾川裕子 (1) 「光子」 『八尾文学』17号(八尾市)
ベスト5 上山智子 (1) 「フランソワ神父の教会堂」 『文芸シャトル』6号(名古屋市)
藤本仁 (9) 「五月の出会い」 『湾』11号(呉市)
愛川弘 (1) 「雪の宿」 『飢餓祭』3集(尼崎市)
桂城和子 (3) 「風洞」 『グループ桂』11号(鎌倉市)
- 三十周年記念号 『火山地帯』76号(鹿屋市)
山室静、林富士馬、星加輝光、江国滋、など 特集「三十周年への谺(エコー)
西本多摩子 (2) 「恩賜の煙草」 『文芸生活』89号(東京都)
得能御幸 (3) 「砂の山」
倉坂葉子 (6) 「黄昏」
三宅千代 (3) 「のこりて字あり」 『文芸シャトル』6号(名古屋市)
仲原りつ子 (1) 「骨肉」 『亜熱帯』2号
山里禎子 (1) 「ザ・ゲーム」
竹崎清子 (4) 「しらさぎ学園」 『湾』11号(呉市)
堀巖 (17) 「漣」 『AMAZON』290号(宝塚市)
福元早夫 (14) 「配転」 『AMAZON』291号
田口佳子 (17) 「塔の見える町」 『旅と湯と風』68号(東京都)
吉井よう子 (2) 「雨後」 『白雲木』2号(札幌市)
藤本尚子 (3) 「海から」
足立妙子 (3) 「風の名残り」
桜井薫 (1) 「喘息妻とサンデーパパ」 『半身』18号(東京都)
小松文木 (9) 「久作のこと」 『断絶』67号(東久留米市)
千葉耕作 (7) 「ウソは売切れ申候」 『松柏』65号(市川市)
麻生武 (1) 「雌蝶」
佐々木邦子 (6) 「秋」 『仙台文学』40号(仙台市)
工藤幸一 (5) 「少年作家の記」
一條宗生 (2) 「はるかな夏へ」 『北方文芸』9月号(札幌市)
光田弘美 (1) 「ガールフレンド」
八幡政男 (11) 「暗い風景」 『文芸広場』9月号(東京都)
福元正實 (7) 「送り梅雨」 『みなみの手帖』55号(鹿児島市)
伊藤礼 (7) 「旅は老母とともに」 『遡河』24号(川崎市)
小山耕二路 (8) 「ロマン追い風」
岡本芳雄 (7) 「山襞」
曾根博義 (3) 「伝記伊藤整」第二部ノート・七
長篠康一郎 (3) 「太宰治と西播文学」 『西播文学』追補3号(竜野市)
尾端三郎 (1) 「作家田宮虎彦氏の死」
山崎行雄 (3) 「私的・田宮虎彦論(5)」 『新人』26号(東京都)
深井了 (3) 「白い白い風が吹いて」 『裸人』18号(高岡市)
深井了 (3) 「鏡の中に晴天は映っていたろうか」 『渤海』20号(金沢市)
杉田欣次 (2) 「幽霊殺人事件」
松田邦彦 (2) 「結婚式前後」
谷口葉子 (6) 「窓のない部屋」 『作家』10月号(名古屋市)
戸田鎮子 (5) 「時の隠れ家」
大河内光明 (4) 「曇り空」
以下作品名のみの言及
藤島瞬 (1) 「あほうどりの海」 『信天翁』10号(綾瀬市)
岸田淳子 (6) 「曳き舟」 『海牛』2号(津市)
旭洋子 (4) 「たまゆら」
田靡新 (14) 「カトマンドゥ詣」 『十日』28号(大阪市)
美島能 (1) 「トラブル」 『まくた』9月号(東京都)
塚田脩二 (21) 「夜明け」
河合泰子 (3) 「スクランブル・ゲーム」 『海塔』22号(大和市)
中根重昭 (5) 「夢の中の私」
源哲麿 (6) 「フランツ・カフカと中島敦(1)」
友井雪晴 (4) 「無明」 『日通文学』9月号(東京都)
柳井悦子 (1) 「球磨川」 『崖』29号(神戸市)
柏木薫 (3) 「夏に―」
田木静枝 (2) 「声」 『ぽふ』5号(神戸市)
観耕二郎 (2) 「マネキン」
和田聖子 (10) 「遠い湖(2)」 『小説と詩と評論』9月号(東京都)
三田村順次郎 (6) 「畦湖ブロック」 『日本海作家』95号(武生市)
森英津子 (1) 「月は中空に」 『藝文』145号(座間市)
高橋光子 (14) 「今年の花」 『群青』33号(武蔵野市)
吉村滋 (9) 「白い焔」 『詩と眞實』9月号(熊本市)
吉岡妙子 (3) 「美根子」 『ひのき』34号
駒井妙子 (4) 「風が生まれる」
今年度の振り返り(各月で触れられたもの以外)
中津原徹雄 (1) 『悠久』 (単行本)
須山ユキヱ (7) 『九十九しゃんの店』 青弓社
大久保督子 (5) 『空っぽの家』 沖積舎
杉本利男 (10) 『錆びた十字架』 永田書房
島比呂志 (15) 『来者のこえ』 社会評論社
谷田達彌 (9) 『在りし日』 武蔵野書房
西亀滋子 (1) 『移郷』 沖積舎
田辺明雄 (13) 『再説真山青果』 関西書院
永松習次郎 (29) 『残酷日記』 成瀬書房
津山晋一 (8) 『無聊庵兼好』 甲陽書房
岡本芳雄 (7) 『流亡』 遡河誌社


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1987年へ翌 1989年へ