同人雑誌評の記録
昭和38年/1963年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19631月号 評者 久保田正文 タイトル 同人雑誌評 総冊数?冊(創刊号7冊)
ベスト5 工藤忠彦 (1) 「告知」 『夕塔』2号(早大国文)
鈴木亨 (4) 「空白の祭壇」 『文学者』12月号(東京)
荒川法勝 (5) 「喪の標識」 『作家』12月号(名古屋)
梅崎光生 (1) 「持ち物展示会」 『ももんが』10月号(高崎市)
表田暁男 (1) 「失われた島」 『文芸首都』11月号(東京)
ベスト5(別格)
佐木隆三 (14) 「ジャンケンポン協定」 『新社会派』2号(八幡市)
小笠原忠 (5) 「未完の火」連載完結 『皿』(東京)
大久保典夫 (2) 「転向文学論ノオト」評論 『現代文学序説』創刊号(東京)
大久保典夫 (2) 「ある転向作家の肖像」評論 『批評』11号
大河内昭爾 (2) 「『他力』的発成の性格」評論 『現代文学序説』
山蔦恒 (1) 「『南小泉村』方言考」評論
岩野薫 (1) 「父泡鳴と私」評論
高橋春雄 (2) 「近代農民文学論年表」
植田佳子 (1) 「闇よに、気をつけろ!」 『華』創刊号(東京、日本女性文学会)
豊田あや子 (1) 「非行少年」
野呂重雄 (1) 「林間学校」 『教育評論』別冊『教師の文芸』2号(日教組)
丘波太郎 (1) 「風」 『流氷』創刊号(船橋市)
峰村雅夫 (1) 「図形」
- - 『羅針』創刊号(名古屋)
- - 『自由像』創刊号(東京)
武井静夫 (1) 「『不在地主』の成立過程」評論 『北海道文学』創刊号(札幌、北海道文学研究会)
藤沢全 (1) 「有島武郎の悲劇」評論
須山静夫 (1) 「かげ」 『月水金』復刊1号(東京)
津村秀介 (1) 「哀れな復讐」 『青銅文学』23号(東京)
佐山亞紀夫 (1) 「創造力の実験」評論 『学園評論』7号(京都大学)
吉岡一彦 (2) 「一冬」 『夕塔』2号(早大国文)
神田滋 (1) 「やって来たもの」 『ごず』7号(鳥取大学医学部)
井手孝彦 (1) 「喇叭」 『文芸法政』30号(法政大学二部)
- 「倦怠」 『Bacchanal』い号
赤木けい子 (4) 「企み」 『真昼』6号(岡山市)
米津きみ (3) 「記憶の部屋」 『北狄』(青森市)
野淵敏 (4) 「石の村」 『秋田文学』16号(秋田市)
福田登 (2) 「友達夫婦」 『作家』12月号(名古屋)
光田稔 (2) 「大阪慕情」 『文脈』26号(松山市)
中条靖男 (1) 「有刺鉄線」 『創造と批評』5号(佐世保市)
田中艸太郎 (9) 「濡れた石」 『城』22号(佐賀市)
林青梧 (10) 「光を背に」 『円卓』10月号(東京)
小台斉 (2) 「テトラ・ポタン」 『円卓』11月号
中原好文 (2) 「トッピョー・シモネフスキーの運命」 『新苑』4号(東京)
金子きみ (2) 「遥かなるピレネー」
油谷緋左子 (2) 「不在」 『花』(東京)
角田秀夫 (1) 「沙門」
別所晨三 (6) 「樽先生グッドバイ」 『集団55』13号(布施市)
松本徹 (1) 「森鴎外論」評論
河村博美 (1) 「からっ風」 『文学ぎふ』13号(岐阜県)
駒田八郎 (1) 「鉄砲とパイ」 『文芸広場』10月号(東京)
19632月号 評者 久保田正文 タイトル 同人雑誌評 総冊数75冊
推薦作
後藤紀一 (1) 「少年の橋」 『山形文学』18号
ベスト5 黒木淳吉 (9) 「僕と俺の場合
―一九六〇年六月十五日前後
『群青派』7号(宮崎市)
梅崎光生 (2) 「山寺」 『ももんが』11月号(高崎市)
中島健成 (1) 「明日のプラン」 『愛生』11・12月合併号(長島愛生園)
ベスト5
(5作目)
荻原三郎太 (1) 「エホバの笑い」 『詩と真実』163号(熊本市)
真苑美岐 (1) 「讃美歌八十番」 『座標』13号(岡崎市)
清水邦行 (4) 「九十九疋の羊」 『文学者』1月号
真壁仁 (2) 「土谷麓君を悼む」追悼文 『山形文学』18号(山形市)
芳賀秀次郎 (2) 「ふるさとの神」
佐々木太道 (1) 「苦行僧・その他」組詩
かむろ・たけし (2) 「十円玉の空」
井川久 (2) 「鬼県令」
小倉俊生 (1) 「維高さんの災難」
鈴木正苗 (5) 「小さな不幸な町」 『座標』13号(岡崎市)
堀尾幸平 (1) 「要注意生徒」
- 「やもめ」 『詩と真実』163号(熊本市)
鈴村満 (2) 「片影」 『盆地』14号(会津若松市)
佐山寿彦 (7) 「浮沈子」
久留正人 (1) 「夏の碑」
吉沢芳太郎 (1) 「梅雨どき」 『橋』8号(飯田市)
林俊 (3) 「書いておきたいこと」エッセイ
松井周 (1) 「愛の片橋」 『北方文学』3号(長岡市)
柘植光彦 (3) 「消すための青春」 『新思潮』4号(東京)
三宅二郎 (1) 「万引」
磯田光一 (3) 「転向文学試論」評論
小松左京 (1) 「気楽な稼業」 『宇宙塵』(東京)
川島裕造 (1) 「五〇分の一」
大波一郎 (1) 「エントロピーをこえて」研究 『四国作家』創刊号(高松市)
木川とし子 (1) 「白い血」 『円卓』12月号(東京)
佐藤フミ (1) 「私達の事」 『文学北狄』1号(苫小牧市)
苫小牧高校演劇部 (1) 「その日はなくとも」戯曲・共同作品
田栗奎作 (3) 「足」 『九州文学』11月号(福岡市)
北原文雄 (1) 「山野さん」 『文学街』11月号(東京)
深田俊祐 (3) 「ひのきの髪」 『日曜作家』20号(八幡市)
河村義次郎 (4) 「狩られる者」 『函』4号(広島市)
殿江奈津郎 (1) 「どくだみ」 『彩日』17号(東京)
服部怜子 (2) 「失われたロザリオ」
渡辺義昭 (2) 「海の泡」 『文芸広場』11月号(東京)
山之内朗子 (1) 「運動会の日」 『文藝首都』12月号(東京)
草川八重子 (1) 「“つね”のこと」 『全電通作家』創刊号(東京)
石川洋 (1) 「第三病棟十二号の手記」
大庭元 (1) 「書手の側から」エッセイ
神田貞三 (2) 「労働者文学の形成過程」エッセイ 『全逓文学会会報』34号(東京)
塩見佐恵子 (1) 「ななみの結婚」 『文峰』7号(米子市)
布川四郎 (1) 「青いぶどう」 『福大文学』6号(福島大学)
松崎のぶ子 (3) 「蝶」 『文学生活』53号(東京)
稲垣瑞穂 (1) 「椎山」 『ドン』1号(東京)
渡辺幸次郎 (1) 「老兵」 『どんぐり』32号(東京)
林あづさ (1) 「占い」
19633月号 評者 久保田正文 タイトル 同人雑誌評 総冊数90冊
推薦作
三原誠 (10) 「たたかい」 『季節風』36号(東京)
ベスト5 森たかみち (2) 「髭さびしく」 『祭日』16号(吹田市)
沢田誠一 (5) 「シュナイダー市長の薔薇」 『札幌文学』31号
高津磨古刀 (2) 「港」 『稚内文学』13号(稚内市)
青木浩雲 (1) 「雲影」 『新富山文学』12号(富山市)
ベスト5に対抗しうるもの
豊田有恒 (2) 「パチャカマの夕日」 『白雉』20号(武蔵大学)
脇坂寛 (3) 「黒蛭村にて」 『新富山文学』12号(富山市)
市尾卓 (5) 「湯のなかにいた男」 『季節風』36号(東京)
由利浩 (6) 「他人の家」 『山脈』27号(横須賀市)
千田佳代 (1) 「青い炎」
宮島好 (1) 「黒い絆」 『すばん』29号(名古屋市)
水野アキヨシ (1) 「李珍宇青年のこと」 『現実と文学』1月号(東京)
森啓夫 (2) 「無防衛地帯」 『文学街』12月号(東京)
折山謹也 (3) 「不信の背景」
中沢茂 (7) 「梯子登り」 『札幌文学』31号
中沢茂 (7) 「狐の舌」 『位置』創刊号(札幌市)
大炊絶 (1) 「北海道文学とは何か」評論
今井泰子 (1) 「啄木論の一争点」評論
広津柳浪 (1) 「歌留多会」発掘転載
- 本庄陸男未発表書簡
布野栄一 (1) 小林多喜二論
沢田弘明 (1) 朽葉と拓次についての調査
長崎謙二郎 (1) 「吉川英治と太宰治」 『文芸復興』23号(東京)
細田源吉 (2) 「温床」連載完結
徳田沙穂子 (1) 「蛇性の淫」 『文芸首都』1月号(東京)
亀岡知枝子 (1) 「ツンドラの空」
磯田敏夫 (7) 「水商売」 『文学雑誌』34号(大阪市)
中西源吾 (1) 「有情記」
石浜恒夫 (2) 「むっしゅう・オノレ」
田沼進 (1) 「パスト・ヴィジョン」 『宇宙塵』12月(東京)
伊豆須郎 (1) 「蛭田加奈子の手記」 『航路』(芦屋市)
島一春 (5) 「暗い夜」 『火山』1号(東京)
由利浩 (6) 「誹謗の周辺」 『文学現代』7号(東京)
落合茂 (6) 「小さな隅」
堀江ミナ子 (3) 「波紋」 『北限』8号(札幌)
丹羽正明 (1) 「椅子」 『新文学』11号(東京)
青沢永 (3) 「雨期の歌」 『文芸広場』12月(東京)
おぎわぎ・やすひろ (1) 「ぶっつけ屋」 『文化』30号(東京都職員文化会)
瀬戸由雄 (1) 「茂吉と蔵王」
中林昭子 (1) 「結婚」 『文芸山口』23号
池見澄江 (1) 「どんきゅう」 『遠景』10号(岡山市)
小野東 (5) 「人形姉妹」
右遠俊郎 (6) 「無風の日日」
坂三吉 (3) 「風に乗ろう」 『房総文学』14号(千葉市)
藤井重夫 (7) 「聖女伝」 『作家』170号(名古屋市)
悦田喜和雄 (2) 「銭」 『農民文学』30号(東京)
岩間秋江 (1) 「続・無医村へ」
仙波強 (1) 「集団赤痢」 『内海文学』17号(新居浜市)
桧垣潔 (1) 「晩菊」
清水昭三 (3) 「戦争と平和と」連載完結 『台風』12号(韮崎市)
- 「天皇制をどう理解すべきか」評論・連載完結
小関智弘 (3) 「汗と水っ洟と」 『塩分』8号(東京)
以下作品名のみの言及
中村文子 (1) 「雨とあじさい」 『人間像』5号(広島市)
古川薫 (1) 「古墳の人」 『午後』4号(下関市)
伊藤文八郎 (1) 「他人の飯」 『新樹』16号(東京)
立木正見 (1) 「小さな支配者」 『白門文学』37号(中央大学)
石一郎 (4) 「死者のめざめ」 『方向』6号(東京)
- - 『カオス』1号(大阪)
先崎金明 (2) 「労働者のなかの市民」評論 『作家集団』6号(東京)
19634月号 評者 小松伸六 タイトル 同人雑誌評
推薦作
亀田由紀夫 (2) 「雪蛇」 『象形』19号(東北大学々友会文芸部)
ベスト5 大月敏正 (2) 「回転台」 『備中文学』2号(岡山県玉島市)
藤田敬治 (2) 「高野紙」 『点』13号(東京)
吉井徹郎 (5) 「師弟」 『文学者』3月号(東京)
小沼燦 (5) 「美しい果て」 『青衿』4号(東京)
津村節子 (9) 「遠い月」 『文学者』3月号(東京)
武田利明 (2) 「暮色の朝」
村松定孝 (5) 「田山花袋、泉鏡花の方法」評論
大河内昭爾 (3) 「文学鑑定覚書」エッセイ
森常治 (5) 「静かに語ろう」エッセイ
小幡治 (1) 「天正の水は流れた」 『備中文学』2号(岡山県玉島市)
山下和子 (1) 「風の眼」
檜川正己 (1) 「煙突」
各務章 (1) 「性モラル確立の課題」評論 『九州文学』1月号(福岡)
鈴木召平 (1) 「濃霧」
五代夏史 (1) 「砂糖きび」
土井博 (1) 「三人関係」 『現代作家』4号(福岡)
久我しん子 (1) 「星くず」
- 「仮面の女」
岩下俊作、など 織田隆一追悼号 『九州作家』14号(小倉市)
緒方栄 (1) 「絵葉書」
今村保 (1) 「こぼれ灯」
西村光代 (5) 「木枯」 『詩と真実』165号(熊本)
大野洸 (1) 「粉雪」 『熊大文学』15号(熊本)
山本直哉 (1) 「白衣の影」 『層』16号(長野)
やまぎし・かきわ (2) 「静かな行進」
飯田正勝 (1) 「否決」 『点』13号(東京)
太田良作 (2) 「二つの時間」
大庭元 (2) 「剥製」 『青衿』4号(東京)
- 「イッちゃんの死」「落葉」
加藤正久 (1) 「敗北」 『芸文』13号(東京)
秋津一郎 (1) 「松露」
相沢晃 (1) 「白い階段」
小沢春雄 (1) 「白い灯台」 『ぼいす』16号(東京)
梅田昌志 (2) 「昨日の栄光」
辻史郎 (4) 「軽自動車」 『北斗』(名古屋)
司多加志 (4) 「旅への序章」 『可能性』16号(東京)
川島路夫 (1) 「代償」
石井雪子 (1) 「森茉莉さんのこと」 『北日本文学』1月号(新潟)
昆道子 (1) 「さようなら」
坂井重遠 (1) 「少年の日々」 『文学地帯』19号(大阪)
津山悌二 (1) 「青い海の彼方」 『層』2号(東京)
小坂部元秀 (2) 「銅版画」
牧原宏郎、宗近慎也
佐山寿彦 (8) 「岩越沿線」 『文芸広場』1月号(東京)
- 「留萌ペンの歩み」 『PEN』27号(留萌市)
柚木衆三 (2) 「遭難」
桑野敏 (1) 「黒い雪」
丸山靖生 (1) 「浮草物語」
風見昂 (1) 「青野季吉」論評論
平川雄介、徳森裕三
中村邦良 (1) 「青い風景画」 『塔』23号(大牟田市)
小池静一 (1) 「鏡酒」 『路地』創刊号(松本市)
田村明智 (1) 「算盤」
千葉稔 (2) 「塵と芥」 『全逓文学』6号(宝塚市)
安部繁雄 (1) 「擬死反射」
砂沼たかし (1) 「人食いの日記」 『顔』3号(東京)
羽賀義雄 (1) 「下町で」 『高原』1月号(群馬県草津町)
多岐一雄 (1) 「喪失」 『文芸首都』2月号(東京)
- 「毬藻」
山岡荘八、杉本苑子、村上元三 随筆 『東京作家』1号(東京)
木本正次 (1) 「パレットナイフの女」
金川太郎 (2) 「左足袋の手紙」
森田雄蔵 (10) 「生かす」 『一座』20号(東京)
- 「オニ」
石田善 (4) 「非攻の論理」評論 『赤門文学』4号(東京)
- 吉村謙三追悼号
吉村謙三 (3) 「滑走路」遺稿
加藤勝代 (4) 「水木国晏君のこと」随想
小田島耕三 (1) 「雪の島」 『弘大文芸』9号(弘前大学文芸部)
- - 『蒼』1号(東京、武蔵工業大学)
- - 『東大文学』4号
- - 『さんさしおん』6号(東北大教養学部文芸部)
- - 『ごす』8号(鳥取大学医学部)
19635月号 評者 小松伸六 タイトル 同人雑誌評
ベスト5 福井馨 (3) 「空」 『文学者』4月(東京)
金子きみ (3) 「うす陽」 『円卓』2月号(東京)
八代千鶴 (1) 「水田地帯」 『四人』5号(東京)
対馬俊明 (6) 「海辺の部屋」 『表現』8号(函館市)
田中章文 (2) 「けものたち」 『未踏』2号(岡山)
上坂高生 (3) 「朔風」 『文学者』4月(東京)
村松定孝 (6) 「泉鏡花の告白」評論
森常治 (6) 「幽霊西へ行く
―日本についての想像的講演エッセイ
望月敦子 (9) 「遁走曲」 『円卓』2月号(東京)
松本真一 (3) 「足」
- 編集後記 『四人』5号(東京)
星川道之助 (8) 「歳月」
永松習次郎 (8) 「白い血」
千葉治平 (5) 「B島見聞記」 『秋田文学』17号
ほんまよしみ (4) 「村を出てゆく」
日沼滉治 (1) 「リルケの周辺」エッセイ 『表現』8号(函館市)
- 特集「中谷宇吉郎先生を偲んで」 『北大季刊』23号(東京)
阿尾蒼 (1) 「暗き海の埋葬」
望月正大 (1) 「不毛」
大沢みせ子 (2) 「産室」 『あすとら』10号(札幌)
梅田寿男 (1) 「産ぶ声」
- 「かくて遠く」 『北狄』50号(青森)
佐藤進 (2) 「雨の日に」
服部進 (7) 「板になった話」
中寒二 (2) 「遍歴」 『北原』1号(八戸市)
左館秀之助 (1) 「風の座」
岡田悦 (1) 「幸町界隈」 『野田文学』4号(野田市)
宗谷真爾 (3) 「子供の城」
日沼倫太郎 (2) 「戦後文学とは何か」講演筆記
悦田喜和雄 (3) 「生きんとする者」 『四国文学』34号(徳島)
佃実夫 (8) 「大麻心中」
宇水健祐 (2) 「相思の墓」
船津祥一郎 (2) 「うつろなる日々」 『未踏』2号(岡山)
新長雄逸 (3) 「血の臭う町」
山田稔 (1) 「グロテスクの世界」エッセイ 『ヴァイキング』146号(神戸)
荻原悠子 (1) 「霧の朝」 『北陸文学』20号(金沢)
牧文枝 (3) 「山の水」
青田二三夫 (1) 「風吹峠」
手崎久美子 (1) 「共稼ぎの苦労」エッセイ
片桐久登 (3) 「壁の絵」 『呉文学』7号(呉市)
高武淳夫 (2) 「ロボット編」
井原咲 (2) 「事故にあう」 『不死鳥』8号(東京)
- 「あるクリスマス・イブ」「杏の匂い」
益子千代 (2) 「堆朱堆黒」連載第四回 『蜂』4号(東京)
松江薙艸 (1) 「無痛禍」随筆 『愛生』291号(岡山県長島愛生園)
熱海正子 (3) 「或る終焉」 『白痴群』7号(東京)
波木里正吉 (5) 「島を探る」 『詩と真実』166号(熊本)
深沢ソノ子 (1) 「習性」 『虹』3月号(佐世保)
仙波輝之 (1) 「突然異変」 『早稲田文芸』15号
- 特集「近代文学へのアプローチ」
井ノ口耕三 (1) 「迷い路」 『新稲門』3号
- 「断層の記憶」「風景」
分条時男 (1) 「空説田の星」 『埼大文芸』7号(埼玉大学文学会)
佐々木信乃 (1) 「北国と野兎」 『福大文学』7号(福島大学)
小平恭子 (1) 「筧の民は物語る」
- - 『未完』12号(高知女子大学文芸部)
- - 『黄塵』11号(東京、芝学園文芸部)
南海良治 (3) 「蛾の哀しみ」 『火山地帯』17号(鹿屋市)
永井守 (2) 「宝暦治水秘聞」 『文宴』19号(名古屋)
小島輝正 (3) 「ダダの時代」 『たうろす』1号(神戸市)
山田幸平 (2) 「ロシヤにおけるモダニズムの挫折」
藤井綏子 (2) 「松岸尼」 『雑踏』26号(大阪)
19636月号 評者 小松伸六 タイトル 同人雑誌評
推薦作
佐藤愛子 (3) 「ソクラテスの妻」 『半世界』16号(東京)
ベスト5 石川幾太郎 (1) 「梅雨の時」 『農民文学』3月号(東京)
不二今日子 (1) 「暗い炎の谷」 『文芸首都』4月(東京)
井上武彦 (6) 「毒ぶどう酒」 『東海文学』13号(名古屋)
桑原恭子 (6) 「告発」 『作家』5月号(名古屋)
吉岡和雄 (1) 文芸時評 『日通文学』3月号(東京)
木全円寿 (4) 「営業雑誌論一」評論 『北斗』4月号(名古屋)
大平芳郎 (1) 「裏の空地で」
辻史郎 (5) 「堤防」
藤井重夫 (8) 「ある日、突然に」 『作家』5月号(名古屋)
井上武彦 (6) 「二人称について」コラム 『東海文学』13号(名古屋)
堀井清 (1) 「参加の文学」評論
早川隆 (3) 「片町で」
江夏美子 (7) 「脱走記」連載完結
服部弘 (1) 「興行師」 『裸形』7号(名古屋)
福田祥男 (1) 「名古屋探偵小説史」評論
- 「欲しいものは取れ」 『姫路文学』2月号
- 「鶴見沢家のビーナス」「山に挑む」
太田静一 (3) 中原中也研究 『文芸山口』28号
伊藤正一 (1) 「補衣人」
名木章子 (1) 「末路」
山崎桂子 (1) 「仙次」
中原雅夫 (2) 「下関を訪れた人々」 『午後』5号(下関市)
古川薫 (2) 「砲煙の海
―ある下級武士の攘夷戦記より
橋爪政成 (1) 「春の鳥」 『九州文学』3月号(福岡)
児玉喜代 (1) 「里帰り」 『詩と真実』3月号(熊本)
植木学 (1) 「病歴」 『日本談義』4月号(熊本)
油谷緋佐子 (3) 「果実」 『花』12号(東京)
小林洋志夫 (1) 「キヨの場合」
高樋洋子 (1) 「少年狩り」 『婦人文芸』18号(東京)
風早二葉 (1) 「三代のこと」
森葉子 (2) 「暗い理解」
和田聖子 (2) 「マルジたち」
小西宏子 (1) 「門をすぎて」
神原泰成 (2) 「渇いた月」 『文学街』3月号
杉浦里子 (2) 「初夏」 『立像』新春号(浦和市)
奥野操 (1) 「離反」
- 「白血球」
石川弘 (1) 「安吾覚え書」 『この道』4月号(埼玉県毛呂山町)
耕治人 (1) 「夢と現実」
庄司野々実 (1) 「或る芸術家の生涯」庄司総一追悼 『新表現』復刊1号(東京)
佐藤喜一 (9) 「末葉の宿り」 『荒野』6号(東京)
前田暁 (1) 「空蝉」 『文芸広場』4月号(東京)
西村琢 (1) 「ほととぎす」 『農民文学』3月号(東京)
松岡智 (2) 「牛の群れ」
安芸由夫 (5) 「ナポリの父親」 『新未来』8号(東京)
各務秀雄 (2) 「海、灰色の魚」 『全逓文学』7号(兵庫県宝塚)
清水克二、など 特集「天皇制」
佐藤愛子 (3) 「終りの時」 『文芸首都』4月(東京)
- - 『雙面神』11号(東京)
- - 『近代文学』3月(東京)
19637月号 評者 林富士馬 タイトル 同人雑誌評 総冊数105冊
推薦作
風見治 (1) 「絆影」 『火山地帯』18号(鹿屋市)
ベスト5 相川竜太郎 (2) 「石も無し」 『白門文学』38集(中央大学ペンクラブ)
関水利博 (1) 「生の果て」 『六甲文学』4集(神戸大学文芸研究会)
伊藤沆 (2) 「愛憎記」 『作家』6月(名古屋市)
梅崎光生 (3) 「無人島」 『ももんが』4月号(前橋市)
衣笠五郎 (1) 「療養所文学のもつ役割」評論 『愛生』4月号(長島愛生園)
成島俊司 (3) 「小さな墓穴」 『谺』8集(甲府)
高橋三千男 (2) 「湿原」 『前夜』13集(東京)
大貫芳樹 (3) 「夏の陰翳」
東築史樹 (1) 「失格」 『新作品』23集(大阪)
林敬二 (2) 「一夜」 『第一形態』15集(室蘭市)
武田雄一郎 (3) 「カラス」 『層』17集(長野ペンクラブ)
立岡章平 (1) 「否定的人間像の魅力」評論
福島次郎 (1) 「月光教師」 『九州文学』4月(福岡)
小野一二 (3) 「冷蔵庫のある店」 『文芸秋田』7集
小川元 (1) 「枯れた影」
千田佳代 (2) 「天国」 『山脉』28集(横須賀)
由利浩 (7) 「夫の部屋」
津村節子 (10) 「氷中花」 『文学者』6月
- 後記 『始祖鳥』6集(名古屋市)
白崎昭一郎 (2) 「ヘルマン・ヘッセ
―若い文学の友に
『日本海作家』15集(福井)
- - 『銅鑼』10集(東京)
中野武彦 (1) 「歌謡詩人」 『碑』3集
吉本潤 (1) 「喪失」 『火山』2集(東京)
水谷雅芳 (2) 「黒い太陽の痣」 『創造と批評』7集(佐世保市)
- - 『層』3集(新潟大学医学部文芸部)
磯田光一 (4) 「平野謙論
―ある転向知識人の肖像評論
『新思潮』5集(東京)
三宅二郎 (2) 「E・A・ポオ、怪奇小説の〈視点〉」評論
伴里幸介 (2) 「失題」
佐藤進 (3) 「十九歳の感情」 『北狄』52集(青森市)
小栗一男 (4) 「小栗重吉伝」 『麦』6集(半田市)
近藤精一郎 (2) 「蘇我石川麻呂」 『祭日』17集(吹田市)
幕田耕郎 (1) 「火の宴」 『北陽芸術』5集(福島)
童門冬二 (5) 「すずらん泥棒」 『さ、え、ら』11集(東京)
19638月号 評者 林富士馬 タイトル 同人雑誌評 総冊数97冊(創刊号11冊)
推薦作
広田国臣 (1) 「根無し草」 『断絶』29号(東京)
ベスト5 永井路子 (2) 「いもうと」長篇の一部 『近代説話』11集(東京)
古賀由子 (1) 「炎昼」 『東海文学』14集(名古屋市)
大西登志 (3) 「枯死」 『東海文学』14集(名古屋市)
渡辺義昭 (3) 「不良少年」 『文芸広場』5月
土岐直邦 (1) 「汽車の窓から」 『文芸沖縄』5集(那覇市)
当山金次 (1) 「薄れゆく影」
北村健一 (1) 「墓標」
比嘉得正 (2) 「路地」
木原直彦 (2) 「北海道文学ノオト」 『北海道文学』5集(札幌市)
岡本翁介 (2) 「浪人」 『現代寓話』1号(東京)
中鯛朗 (1) 「作品A」 『2』創刊(京都)
藤柴健治 (1) 「仮面の中で」 『柩車』2集(千葉)
重富昭雄 (2) 「涙」 『日通文学』6月
小林高寿 (1) 「短躯」 『文芸広場』5月
長谷川佳 (1) 「芒之山」 『文芸首都』6月
- - 『作家』7月・175号
- 評論特集 『文学者』7月・127号
- - 『Viking』149集
- - 『詩と真実』169集(熊本市)
- - 『北斗』88集(名古屋市)
- 後記 『文学草紙』60集(東京)
鬼頭恭而 (7) 「冥福」
谷田達弥、阿部弘子 小説
鎌原正己 (14) 「嵐―春」長篇の一部
土居寛之 (2) 「文学における〈或るもの〉」評論
藤井千鶴子 (4) 「実習人形」 『小説と詩と評論』3集(東京)
伊東亨 (1) 「運命(歴史小説の諸相)」評論
- 「宮部鼎蔵先生殉難百年記念特集」 『日本談義』151号(熊本市)
森本忠 (1) 「尊王攘夷論の行方」
小山寛二 (1) 「松山主水」
平田昭三 (1) 「歴史小説のアホらしさ」エッセイ 『人間像』65集(北海道)
望月襄 (1) 「人罠(マン・トラップ)」 『文学塔』5集(福井)
高道正信 (1) 「加須良の糸江」
駒瀬銑吾 (1) 「歴史小説について(鴎外試論)」評論 『翌檜』12集(名古屋市)
星野富一郎 (6) 「阿久利川事件」 『北狄』54集(青森市)
安田宏史 (4) 「地の塩」 『無名群』25集(青森市)
愛川一美 (1) 「春宵怨」 『新未来』9集(東京)
鶴沢清光 (1) 「始皇帝の父」連載 『現代人』4集
赤峰道子 (1) 「夜と風」 『円卓』6月
庄野英二 (4) 「オートバイ」エッセイ 『文学雑誌』35集(大阪)
石浜恒夫 (3) 「大阪のひと」エッセイ
中石孝 (1) 「舞踏曲、ほか
―夢を紡ぐ
- - 『るなぱあく』創刊号(東京)
安部宙之介 (2) 「飛花」 『文学無限』22集(東京)
山形政夫 (1) 「送り火」 『文脉』27集(松本市)
吉住京子 (1) 「夜の子」 『文芸』15集(東京都)
池田浩士 (1) 「ドイツ教養小説の限界性」評論 『文林』17集(慶応義塾大学文学部)
前川道介 (2) 「ホフマン協会だより」 『架橋』9集(京都市)
本郷義武 (1) 「黒い神話」評論
西村薫 (1) 「エタ」 『新人文学』33集(東京)
19639月号 評者 林富士馬 タイトル 同人雑誌評 総冊数91冊(創刊号10冊)
推薦作
持田美根子 (2) 「別れ、わかれ」 『華』2号(東京)
ベスト5 金子きみ (4) 「青大将」 『円卓』7月
中沢茂 (8) 「太陽叩き」 『位置』2集(札幌)
森志斐子 (4) 「陳述書」 『炎』7集(東京)
木暮克彦 (1) 「鶸の墓」 『北斗』創刊号
ベスト5(別格)
阿部牧郎 (4) 「湖の秩序」 『雑踏』27集(大阪)
- 巻頭言 『白雉』21集(武蔵大学文学部)
豊田有恒 (3) 「S・F―新しい文学」エッセイ
木村逸司 (1) 「討伐者」 『広大文学』19集(広島大学文芸部)
植木紀子 (1) 「煤の中」
田中英道 (3) 「蝕」 『東大文学』5集(東大教養学部)
平野忠雄 (1) 大江健三郎論
登尾豊 (1) 「現代詩の限界(伝統喪失と混沌の間)」評論 『熊大文学』16集(熊本大学文芸部)
白石曠一 (1) 「知った時」 『六甲文学』5集(神戸大学文芸研究会)
折目博子 (1) 「断罪」 『一人』(京都)
荏野清太 (1) 「陽炎」 『円卓』7月
河久弥恵子 (2) 「向う側」 『文芸首都』7月
菊野淑子 (1) 「女のうた」
田中艸太郎 (10) 「砕かれた顔」 『城』23集(佐賀市)
山田敦心 (1) 「音楽教師」
- 「間奏曲」エッセイ欄
大炊絶 (2) 「久保栄の道(現代文学の主体の追跡)」評論 『位置』2集(札幌)
由利浩 (8) 「宣伝」 『山脈』29集(横須賀市)
千田珈代 (1) 「フエルマータ」 『花』13集(東京)
三好文夫 (4) 「山に消える」 『冬濤』20集(旭川市)
山田幸平 (3) 評論 『たうろす』2集(神戸市)
岸本通夫 (1) エッセイ
196310月号 評者 駒田信二 タイトル 同人雑誌評 総冊数106冊
ベスト5 荒川法勝 (6) 「神のわがまま」 『作家』9月号(名古屋市)
白木良夫 (1) 「致死量」 『現象』24号(埼玉県蕨市)
三木ふみ (4) 「ある異国人の記録」 『屋上』6号(松本市)
島京子 (3) 「殉教者」 『VIKING』152号(和泉市)
田辺聖子 (3) 「感傷旅行」 『航路』7号(芦屋市)
- 「創作ノート―文芸雑誌の同人雑誌担当者へ―」 『創作』1号(東京)
- 「だ行四段」雑記欄 『作家』9月号(名古屋市)
田辺聖子 (3) 「神々のしっぽ」 『大阪文学』10号(吹田市)
橋本哲二 (5) 「命の全けむ人は」 『航路』7号(芦屋市)
笹谷洋一 (1) 「恐怖」
伊豆須郎 (2) 「乙骨沼太郎の裁判」
三浦隆蔵 (5) 「罪の記録」 『城砦』14号(東京)
青砥一二郎 (1) 「納豆記」 『芸文』16号(東京)
中田美智子 (1) 「残り火」 『北限』9号(札幌市)
細窪孝 (1) 「寄宿寮三十一番」 『狼』2号(東京)
犬飼和雄 (1) 「頌徳碑文」
稲田武彦 (1) 「乱反射」
大島良行 (1) 「灰色の方程式」
高橋春雄 (3) 「農民文学論史ノート―一九三一年の論争をめぐって」研究 『現代文学序説』2号(東京)
芦田孝昭 (1) 「魯迅ノート―彷徨中の無聊(上)」エッセイ
大久保典夫 (3) 「思想と実生活―岩野泡鳴の場合」評論
中石孝 (2) 「〈青物〉をめぐる断層」評論
宮原昭夫 (1) 「第三象限の男・早く来すぎた青年―大江健三郎小論」評論 『疎開派』2号(東京)
中原雅夫 (3) 「下関を訪れた人々」連載第四回 『午後』6号(下関市)
松本寛 (1) 「安岡章太郎の世界」評論 『歯車』13号(広島市)
尾下欣一 (4) 「同人雑誌交友録」エッセイ 『文学地帯』20号(大阪府守口市)
亀山玲子 (4) 「惜別の記」
林青梧 (11) 「われらの父」 『円卓』8月号(東京)
鈴木正苗 (6) 「夜の疑わしき部屋」 『座標』14号(岡崎市)
- - 『青炎』創刊号(東京)
- - 『風景』創刊号(東京)
- - 『SEC』創刊号(東京)
- - 『場』創刊号(東京)
- - 『新文学』創刊号(大阪)
- - 『直線』創刊号(逗子市)
- - 『仮像』創刊号(鈴鹿市)
- - 『神話』創刊号(宮城県松山町)
以下作品名のみの言及
木原隆二 (2) 「裸の赤提灯」 『文学探究』(東京)
宗谷真爾 (4) 「鼡浮土」 『野田文学』5号(野田市)
桂英澄 (2) 「暗い流れのなか」 『立像』15号(浦和市)
稲延豁 (1) 「かね焼き」 『労働北九州』8月号(北九州市)
八坂唱 (1) 「中山地帯」 『文芸首都』8月号(東京)
中山泰 (1) 「傷ついた煙突」 『蒼馬』創刊号(大阪)
工藤芳子 (1) 「輪廻」 『蔵王文学』5号(山形市)
196311月号 評者 駒田信二 タイトル 同人雑誌評 総冊数83冊(創刊号10冊)
推薦作
清水寥人 (2) 「機関士ナポレオンの退職」 『上州文学』5号(高崎市)
ベスト5 吉村昭 (7) 「電気機関車」 『宝島』夏季号(日本大学芸術学部文芸科研究室)
早川隆 (4) 「キリストだった男」 『東海文学』15号(名古屋市)
坊城俊民 (1) 「御子左高家」 『知己』創刊号(東京)
浅川圭一郎 (1) 「都塵」 『黒陶』創刊号(東京)
氷川順 (1) 「変質者」 『郊外文学』創刊号(大宮市)
- - 『群葉』創刊号(東京)
- - 『巡礼』創刊号(東京)
- - 『銘煌』創刊号(東京)
- - 『劇』創刊号(東京)
- - 『うらん』創刊号(茨木市)
中川清 (3) 「雪の中のピロカ」 『文学DARA』創刊号(富山市)
相馬繁美 (3) 「春の水」 『群』創刊号(東京)
田口公郎 (1) 「落ちた日」 『群青派』8号(宮崎市)
土村伸 (8) 「朝やけ」 『九州文学』8月号(福岡市)
佐田計 (1) 「樹氷」 『翰墨』18号(東京)
小林勇 (2) 「なければなくても別にかまいません」 『DELTA』15号(川崎市役所職員文化会文芸部)
采女其郎 (1) 「空の推移」 『木靴』12号(東京)
もりたなるお (1) 「哀れと思え」
八幡政男 (4) 「萩の宿」 『碑』4集(東京)
埴原一亟 (3) 「つゆどき」 『文芸復興』25集(東京)
伊藤沆 (3) 「幽囚記」 『作家』10月号(名古屋市)
小野才八郎 (6) 「残される人」 『詩と真実』22号(東京)
深田俊祐 (4) 「分娩代用」 『労働北九州』9月号(北九州市八幡区)
以下作品名のみの言及
南石武 (2) 「焼香煙の中で」 『筑豊文学』26号(福岡県篠栗町)
坂三吉 (4) 「女」 『房総文学』15号(千葉市)
海崎章子 (5) 「天井への階段」 『日本談義』9月号(熊本市)
堂本万里子 (2) 「犠牲者」 『文芸都市』2号(東京)
瀬戸崎始 (1) 「渦」 『内海文学』18号(新居浜市)
福田忠雄 (1) 「士道不覚悟至極」 『文芸北国』12号(旭川市)
日向野豊司 (1) 「機首」 『北斗』2号(東京)
きむら・かおる (1) 「中野重治論―民衆志向について」評論 『クロノス』4号(東京)
満田郁夫 (1) 「夜明け前試論―木曽山林事件をめぐって」評論
赤塚行雄 (6) 「大熊弁玉論」評論 『宝島』
竹西寛子 (5) 「往還の記(四)」評論 『文学者』10月号(東京)
高橋渡 (1) 「伊東静雄(一)」評論 『知己』
秋田豪雄 (1) 「堀田辰雄論ノート」評論 『房総文学』
196312月号 評者 駒田信二 タイトル 同人雑誌評 総冊数93冊(創刊号7冊)
推薦作
山下和子 (2) 「雪崩」 『備中文学』3号
ベスト5 蛭田一男 (2) 「白き驕りに」 『円卓』9月号
小野東 (6) 「この足場は危い」 『遠景』11号(岡山市)
辻史郎 (6) 「ファンの城」 『北斗』9月号(名古屋市)
山本英樹 (1) 「帰省」 『象形』20号(東北大学学友会文芸部)
- - 『新誌』創刊号(東京)
- - 『海岸線』創刊号(原町市)
- - 『ゴム』創刊号(浜松市)
中井正義 (1) 「大岡昇平論」エッセイ 『文宴』創刊号(津市)
木崎弘一郎 (1) 「『狼疾』と武田泰淳」エッセイ 『第二次日曜作家』創刊号(北九州市八幡区)
矢島秀生 (1) 「立別れ」 『潮』創刊号(福岡県大宰府町)
和田正太郎 (1) 「白昼夢」 『貌』創刊号(東京)
芦雁堂主人 (1) 「芦雁堂日記」エッセイ 『どんぐり』34号(東京)
- 特集「労働組合は誰のものか」 『労働北九州』10月号(北九州市八幡区)
深田俊祐 (5) 「労働組合に関する私的雑感」エッセイ
中村節生 (1) 「民主主義のいろは」エッセイ
深田俊祐 (5) 「雨の旅」 『第二次日曜作家』
中村節生 (1) 「流転」
- 特集「労働者文学」 『全逓文学』8号(兵庫県宝塚郵便局内全逓文学会)
上村盛雄 (1) 「抽象小説と島尾敏雄」評論 『文学匪賊』5号(鹿児島市)
赤木由子 (1) 「焚刑」 『日通文学』10月号(東京)
志田暁男 (1) 「小さな抹殺者」 『文芸首都』10月号(東京)
三枝和子 (7) 「喪服の街」 『無神派文学』7号(東京)
- - 『BACCHANAL』13号(関西大学文芸部)
- - 『関学文芸』38号(関西学院大学文学部)
- - 『ゆんげん』7号(東京教育大学ゆんげん会)
- - 『二松文学』5号(二松学舎大学文芸部)
- - 『CALAMVS』4号(慶応大学通信教育部文学愛好会)
- - 『にさたな』2号(北海道大学芸術研究会)
小山賢治 (1) 「吊橋」 『象形』20号(東北大学学友会文芸部)
遠藤忠正 (1) 「白い夜」
清水一嘉 (2) 「虚空から」
結城康正 (1) 「トラ」
相川竜太郎 (3) 「赤い梅」 『白門文学』39号(中央大学ペンクラブ)
菅野康 (1) 「古い靴」 『西播文学』27号(龍野市)
宮敏彦 (1) 「鎮魂曲」 『文学造型』7号(東京)
島無津彦 (2) 「水溜りの墓地」 『丘』9号(東京)
今村実 (4) 「開拓者」 『鳥取文学』32号(鳥取市)
佐木隆三 (15) 「同室三人」 『労働北九州』
各務秀雄 (3) 「昂揚と挫折と」 『全逓文学』
以下作品名のみの言及
大月敏正 (3) 「傷痕」 『備中文学』
うつみたかし (1) 「樽の歌」 『西播文学』
宮林太郎 (1) 「女・百の首」 『文学街』9月号(東京)
下林益夫 (1) 「縮んだ手」 『季節風』39号(東京)
花村守隆 (6) 「夜風」
久井俊子 (2) 「石の花」 『文学匪賊』
磯貝治良 (2) 「見えない影を掴め」 『北斗』
井上道治 (1) 「採石場」 『文芸山口』31号(山口市)
原誠 (9) 「冬の絵」 『下界』27号(東京)
厳木黎 (1) 「不在」 『踊れ』5号(東京)
落合弘光 (2) 「昭和金鯱事件始末記」 『麦』7号(半田市)
今年度の振り返り(各月で触れられたもの以外)
田辺聖子 (4) 「私の大阪八景」連載中 『大阪文学』(吹田市)
萩原葉子 (2) 「木馬館」連載中 『円卓』
島比呂志 (5) 「不生地獄」連載中 『火山地帯』
草川俊 (8) 「中国放浪記」連載中 『下界』(東京)
田野辺薫 (3) 「芸術の原型論」エッセイ・連載中 『円卓』


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1962年へ翌 1964年へ