同人雑誌評の記録
昭和52年/1977年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19771月号 評者 小松伸六 タイトル 実務批評に徹す 総冊数95冊(創刊号8冊)
推薦作
武田金三郎 (1) 「父の死」 『ぜんりんや』79号(東京)
ベスト5 波佐間義之 (5) 「残れる民」 『九州人』10月号(北九州市)
高野義裕 (6) 「海の影」 『九州文学』10月号(北九州市)
北原路子 (1) 「知的生活」 『群青』9号(東京)
加藤豊秋 (1) 「紫紺花」 『飛翔』6号(東京)
及川文弥 (3) 「牡鹿の海」 『蒼海』1号(石巻市)
- 「硝子の遊歩道」
- 「海峡の北」
- 「ろくどう和讃」 『蟹』1号(豊中市)
今村義裕 (1) 「とんどの部落」
林優 (2) 「在日韓国人を生きる」 『表現新世界』1号(千葉市)
林優 (2) 「ある休日」
笹村弘文 (1) 「怖るべしエゴイスト」エッセイ 『風信』1号(東京)
真賀伊門 (1) 「カラスの告白」 『杣道』1号(枚方市)
鈴木斌 (1) 「大岡昇平論」評論 『虹鱒』1号(東京)[評論誌]
前田広子 (1) 「『くれなゐ』論」評論
清沢洋 (1) 「青野季吉論」評論
- 「後記」 『余人』1号(茅ヶ崎市)
文類雅敏 (1) 「文学と句読点」エッセイ 『凱風』1号(高崎市)
上台格三 (1) 「送り火」
青柳容子 (1) 「眠る湖」 『屋上』37号(松本市)
ふじおか・かいぞう (2) 「ボブ・ディランを殺った!」
鈴木三岬 (1) 「足」
江場秀志 (1) 「旅立ち」
- 澤笙太郎追悼 『徳島作家』26号(徳島市)
睦月和子 (1) 「権兵衛」連載最終回 『さつき』22号(東京)
原誠 (15) 「枝」 『鴉』9号(東京)
星加輝光 (11) 「西日本同人誌時評」 『九州人』10月号(北九州市)
原田種夫 (10) 「“獄中哀歌”の背景」
福島次郎 (8) 「白い水平線」 『九州文学』8月号
須田耕史 (2) 「西日本同人雑誌評」 『日本談義』10月号(熊本市)
上野四郎 (1) 「女子挺身隊」随筆
山下惣一 (5) 「とっくり譚」 『玄海派』15号(唐津市)
山下千絵子 (1) 「歪んだ道」 『虹』10月号(佐世保市)
山田智継 (1) 「ブルーバットのスーパースター」
- 村上龍作品批判 『北方文芸』10月号(札幌市)
勝又光男 (3) 「理想と現実」エッセイ
宮崎望 (4) 「死者を鞭うて」 『新文学』10月号(大阪市)
吉保知佐 (1) 「その児との日」 『AMAZON』9月号(宝塚市)
西山梅生 (1) 「銃殺」 『関西文学』11月号(大阪市)
中尾務 (2) 「宿酔の秋」 『たうろす』34号(神戸市)
小川正己 (2) 「てきすと・アマガサキ」
森銑三 (6) 「何故に西鶴の研究を続けるか」 『ももんが』10月号(前橋市)
片桐幸雄 (9) 「ミュンヘン滞在(五)」
田中隆尚 (14) 「へらすより」ギリシャ旅行記
郷石近和子 (1) 「徒花暮色」 『文芸東北』76号(仙台市)
尾崎實 (1) 「七本の酒」童話集 『飛騨作家』32号(高山市)
虎沢勇治 (1) 「飯盒」
杉原美那子 (1) 「星占い」 『朱鷺』11号(金沢市)
三木アヤ (2) 「澁谷俯瞰図」
司健二、茅章紀、菅野健 評論 『飛翔』6号(東京)
木村幸雄 (9) 「詩と風土―中野重治と伊藤整」 『梨の花』5号(福島市)[評論誌]
藤森司郎 (4) 「臍を抜く」 『機関車文学』56号(東京)
- 「密告者」「錫の盃」 『ぜんりんや』79号(東京)
門脇政市 (1) 「闘病」生活記録
石田利夫 (1) 「祭り笛」 『農民文学』9月号(東京)
伊藤樹夫 (1) 「青きドナウ」 『外語文学』11号(東京)
吉田嘉志雄 (2) 「杏安庄の鳩笛」 『青森文学』25号(青森市)
工藤武雄 (1) 「北の国のバナナ」
屋島源平 (1) 「うどんの粉とバイブレーター」 『香川文学』15号(観音寺市)
大野俊郎 (1) 「独りの情景」 『朔風』5号(横浜市)
- 特集「魯迅を考える」 『流域』11号(下関市)
富田浩史 (1) 「寂寞の揚棄」
- 特集「私の戦後30年」 『新人文学』61号(東京)
鏡味純平 (1) 「長く暗い独りぼっちの時代を経て」
千葉呂邦 (1) 「贖罪」 『ケルビム』19号(神戸市)
- 「沈黙」考連載評論
- 特集・犯罪進化論 『評論』10号(東京)
おかだたかゆき (1) 「詐欺師の笑い」評論
若城希伊子 (1) 「源氏物語小説作法」エッセイ 『小説と詩と評論』10月号(東京)
19772月号 評者 小松伸六 タイトル 鑑賞と創造と 総冊数93冊(創刊号2冊)
推薦作
小沼燦 (13) 「金魚」 『作家』12月号(名古屋市)
ベスト5 奥中勝美 (1) 「蟹」 『九州人』11月号(北九州市)
奥谷孝男 (1) 「白い山の麓で」 『宿』25号(長野県木曽福島町)
佐々木国広 (7) 「繭の中」 『分身』8号(鎌倉市)
平田洋一 (7) 「紐の奇術師」 『塔』61号(大牟田市)
瀬本明羅 (2) 「山峡へ」 『出雲文学』8号(出雲市)
- 「いやな握手」 『風祭』33号(東京)
- 「半鐘」
- 「再会」
近藤武 (1) 「戸倉だより」随筆
木全圓寿 (9) 「北方少年少女形象」 『北斗』9月号(名古屋市)
小林純一 (2) 「墓」 『新文学』11月号(大阪市)
- 「花火箱」
福元早夫 (5) 「労働と表現」エッセイ
坂三吉 (6) 「天下儀士とは」 『房総文学』31号(千葉市)
- 「葬儀」 『高知作家』6号(高知市)
渡辺益子 (1) 「白い間隙」
榊原忠彦 (1) 「わが訪中見聞記」
片岡文雄 (1) 「肖像」
入武谷一郎 (1) 「玄義としての透谷」評論
奥明子、鈴木益夫、丸小哲雄、など 橘忠衛追悼特集 『ポイエーシス』2号(東京)
金沢豊 (1) 「フォークナーと初期」評論
ユルク・ヨハンネス・アマン、(訳)本野享一 「カフカという象徴」 『VIKING』310号(神戸市)
中川芳子 (1) 「山君記」
木村貞夫 (1) 「トンネル」 『夢玩具』12号(大阪市)
山下勲 (1) 「海の独白」 『虹』11月号(佐世保市)
力武伊佐夫 (3) 「村上龍とファンレター」
馬場清 (1) 「雨と風」 『電電時代』11月号(東京)
槇村史 (1) 「梁の下」 『京都民主文学』12号(京都市)
- 「ひとりひとりの山」
- 「蒼鳩のなお翔ぶは」
- 「福祉の時代」座談会 『愛生』10月号(岡山県邑久町)
高倉人司 (1) 「ウラミッコなしに」 『九州人』11月号(北九州市)
篠冬子 (1) 「石炭仲仕」
平田洋一 (7) 「風車の河」
- 「愛情は青く澄んでいた」 『土浦文学』14号(土浦市)
青砥一二郎 (4) 「なまめけり」連載
金井かね子 (1) 「海辺の家」
土井敦子 (1) 「喪失」 『らむぷ』3号(福岡市)
深谷くみ子 (1) 「希望の彼方に」
井出口俊子 (2) 「さようなら」
稲垣瑞雄 (4) 「風の鳴る寺」 『双鷲』6号(八王子市)
青木一郎 (1) 「開瞳薬」 『美濃文学』16号(岐阜県北方町)
三宅雅代 (2) 「剥がされたてんとう虫」
堀坂伊勢子 (17) 「不惑」 『文宴』42号(津市)
中井正義 (18) 「大岡昇平論」連載第十三回
金子きみ (8) 「ブラジルの霜」連載完結 『北方文芸』12月号(札幌市)
- 「海峡」
坂本幸四郎 (2) 第六回“北海道文学まつり”スピーチ
浅井京子 (1) 「古井由吉論」評論
木原直彦 (7) 「北海道文学散歩・帯広の巻」 『北方文芸』11月号
平木国夫 (13) 「さい果ての空に生きる」連載完結 『人間像』98号(北海道京極町)
冬城浩 (6) 「奇妙な幕間」 『歯車』29号(広島市)
斉田斉 (1) 「帰らざる川」
大毛寺淳 (2) 「千里江山三色章」
和泉淳介 (1) 「茂吉の破礼歌」エッセイ
川村慶子 (6) 「港町抒情」 『冬濤』44号(旭川市)
- 「離郷記終章」
相模清之 (2) 「いちにいちに」 『文芸山形』19号(山形市)
結城亮一 (4) 「ミネラル・ウォーター」
古川薫 (15) 「リオデオロ半島の砂」 『午後』23号(下関市)
寿円英生 (1) 「描いてごらん海の色で」 『白翔』11号(香川県観音寺市)
- 「ものうさ」 『花』2号(東京)
- 伊藤整論特集 『評言と構想』7号(船橋市)
曾根博義 (1) 「海の捨児」論評論
- 「青春」詩論、「破綻」論
- 神風連百年特集 『日本談義』11月号(熊本市)
森本忠 (7) 「神風連は現代を糺弾する」
- 天皇特集、〈天皇とは何か〉アンケート 『潮流詩派』87号(東京)
19773月号 評者 小松伸六 タイトル しろうとの品格 総冊数129冊(創刊号4冊・終刊号2冊)
推薦作
草間承権 (6) 「騒動」 『乱舞』10号/終刊号(調布市)
ベスト5 篠原貞治 (9) 「雪の壁」 『軌跡』24号(東京)
新関岳雄 (4) 「夕方、墓のほとりで」 『山形文学』31号(山形市)
安達征一郎 (5) 「少年奴隷」 『早稲田文学』1月号(東京)
宇江敏勝 (8) 「ホヤ六・茄子・土菜」 『VIKING』312号(尼崎市)
森田定治 (16) 「同人雑誌の限界と可能性」 『海峡派』11号(門司市)
平光善久 (5) 「戦争と文学」評論 『幻野』12号(岐阜市)
秋山清 (1) 「わが暴力考」連載
永井和雄 (1) 「狭山裁判ノート」連載
大牧富士夫 (1) 「中野鈴子ノート」連載
錦米次郎 (3) 「繋がれた牛」
金山嘉城 (1) 「蝶」 『裸人』4号(高岡市)
伊藤ヤスクニ (2) 「岬」
浜木健作 (1) 「あの声が聞える」 『裸形』51号(名古屋市)
- 「石の花」 『鈍』10号(大阪府寝屋川市)
- 「梅雨」 『文芸東海』4号(名古屋市)
- 「動機」
伊神邦弘 (1) 「ジャクソンの掌」 『作家』1月号(名古屋市)
渡辺凱一 (3) 「晩年の有島武郎」評論・連載
山田広 (2) 「月蝕」 『国鉄・北海道文学』7号(札幌市)
松田静偲 (2) 「ノルマ」
工藤勲 (1) 「定文と侍従の君」評論
太田真男 (1) 「僕たちの夏」 『日本海作家』52号(福井市)
和泉三郎 (4) 「百済王陵」
吉村昭代 (1) 「しぐれ」 『文芸東北』10月号(仙台市)
- 「東京へ!」 『鬼子』3号(神戸市)
- 編集後記
三田地智 (1) 「兄弟」
大津二三夫 (1) 「週番」 『神戸文芸』29号(神戸市)
立花実 (1) 「銅鐸」考証
はしもと従子 (1) 「不作」 『久留米文学』24号(久留米市)
野瀬恵子 (1) 「白い帽子」
杉みき子 (3) 「本とわたし」随想 『たかだ』11月号(高田市)
津川武一 (8) 「一生一代の屈辱の日がはじまった」 『弘前文学』48号(弘前市)
岩藤雪夫 (2) 「うちあけばなし」 『新文化』4号(横浜市)
那珂孝平 (3) 「アンダンテ・カンタービレ」 『星霜』17号(東京)
山田多賀市 (7) 「貧困の譜」随筆 『鵺』8号(甲府市)
悦田喜和雄 (8) 「黄昏の旅出」 『四国文学』56号(徳島市)
坂田八重子 (1) 「キャディ日記」 『樹齢』44号(長野県高森町)
田房成雄 (1) 「おくみ落し」 『氷雨』4号(東京)
- 「海岸行き」 『愚婁』2号(東京)
田岡弘夫 (1) 「教え子」
有田昇 (2) 「箱」
佐野義也 (1) 「十八歳」 『天秤』2号(調布市)
- 「心の青空」「掌の涙」「何処へ」 『文団』3号(平塚市)
- 「夢の中の祭り」 『蛮族』2号(松江市)
山本弘 (1) 「再訪の町」
黒田民子 (1) 「峠」 『花盗』2号(神戸市)
大久保早那江 (1) 「或る午後のフリッカー」
- 「真珠の頸飾り」 『紅炉』33号(静岡市)
芦沢伊曽枝 (1) 「道」
加藤宜男 (1) 「税金泥棒」 『未来群』22号(横浜市)
- 「好きな男のブルース」
- 「十八時五分」 『独楽』13号(東京)
武井武三 (4) 「ジュプレ号事件」 『㗊』4号(東京)
雷北斗 (1) 「公安」
- 「日大三高の移転と組合弾圧をめぐって」ドキュメント
石塚昌子 (1) 「或る女の素描」 『海溝』7号(東京)
佐藤睦子 (5) 「黄昏の奥に」 『小説家』22号(東京)
伊庭三千代 (2) 「天翔る」 『新文学』12月号(大阪市)
- 近藤㑆一追悼特集 『山形文学』31号(山形市)
香取俊介 (2) 「奢りの春」 『旅と湯と風』21号(城崎市)
辻ちづ子 (1) 「ナルシスト」 『北都』8号(札幌)
小林羊子 (6) 「白い家」 『青電車』6号(東京)
中村秀朗 (1) 「星のない夜」 『視点』5号(日野市)
岡芳郎 (2) 「お召列車」 『機関車文学』57号(東京)
19774月号 評者 久保田正文 タイトル じんちょうげの季節 総冊数129冊(創刊号4冊・詩誌3冊)
推薦作
小関智弘 (4) 「雀のくる工場」 『塩分』20号(東京都)
ベスト5 小田兵右衛門 (2) 「ばやかしもん」 『文芸広場』1月号(東京都)
津山晋一 (1) 「奥会津南山領」 『新人』7号(東京都)
柴田宗徳 (12) 「ライダーの夏」 『流氷群』14号(鳥取市)
田辺秀穂 (2) 「『屠殺者』ホワン」 『隕石』創刊号(静岡市)
ベスト5以外で抜きがたいもの
蔵本次郎 (7) 「路傍」 『VIKING』313号(神戸市)
- - 『狂呂呑之深幻』4号(仙台市)[詩誌]
岩崎芳生 (1) 「橋の眺め」 『隕石』創刊号(静岡市)
曾根一章 (1) 「夢の淵」
桜井昭夫 (1) 「夏の影」
及川雅史 (1) 「かもめ」評論 『塩分』20号(東京都)
山崎勉 (2) 小関智弘『粋な旋盤工』書評
早川政子 (1) 「空間」
山崎勉 (2) 「星のオー氏」
- 「兼六園有料化問題特集」 『渤海』6号(金沢市)
安宅啓子 (1) 「兼六園有料化をめぐって『管理社会』化への一里塚」
安宅夏夫 (1) 「『抒情小曲集』の初出について」
- 武者小路実篤特集 『信州白樺』24号(名古屋市)
池田錬二 (1) 「『教育県長野』という神話の実態」連載第三回
小沼燦 (14) 「あなご」 『作家』337号(名古屋市)
伊藤沆 (11) 「定年前後」
中山登紀子 (1) 「黒髪を曳く」 『いまじねいしょん』3号(東京都)
小林静子 (4) 「明け鴉」
岸本宏 (1) 「火の鱗」 『青い花』3号(東京都)
早瀬利之 (1) 「沈む夕陽に跪く」
浅井栄泉 (15) 「桜桃の夜」
松尾正光 (4) 「老婆の遺産」
水沼槇 (1) 「白い砂時計」 『円形劇場』4号(東京都)
内田照子 (8) 「二十七歳」 『AMAZON』165号(尼崎市)
船越一二 (1) 「二階につづく坂道」 『夢玩具』13号(大阪市)
友井雪晴 (2) 「魂の冬」 『日通文学』1月号(東京都)
三村悦子 (1) 「鳥の巣」 『裸馬』3号(立川市)
松代達生 (2) 「飛べない天使」 『航路』30号(茨木市)
石上喜一 (3) 「梅里百夜」
金子桂一郎 (2) 「ある盛夏」 『芸文』109号(町田市)
青柳忠夫 (1) 「餃子」 『きたまち』4号(村山市)
桜田喜代子 (1) 「野坂昭如唄三拾番」
今村有成 (3) 「青い性の季節」 『詩と真実』2月号(熊本市)
加賀秀作 (1) 「霜ふくれ」 『分身』9号(鎌倉市)
大洲豊 (5) 「危ない光景」
三国擁子 (1) 「いまひとつの旅」 『国高芸文』48号(国学院高校)
徳島千明 (1) 「死の絆」 『新人』7号(東京都)
筆内孝子 (1) 「赤い硝子の風鈴」 『ラマンチャ』30号(東京都)
豊田一郎 (13) 「方舟は地平の彼方に」 『星座』36号(東京都)
鳥居厚行 (1) 「遊びをせんとや」 『北斗』11月号(名古屋市)
余戸井キミ江 (1) 「ほうきいなば峠ぶし」 『有珠』17号(鳥取市)
石上稔 (1) 「百姓霊歌」 『だん』1月号(東京都)
- - 『銅鑼』31号(東京都)[評論誌]
畑実 (1) 「田山花袋ノート」評論 『文学年誌』2号(東京都)[評論誌]
菊地弘 (1) 「有島武郎覚え書」評論
矢島道弘 (4) 「石上玄一郎の位相」評論
相原和邦 (1) 漱石「夢十夜」論評論 『近代文学試論』15号(広島大学近代文学研究会)[評論誌]
坂根俊英 (1) 中野重治「むらぎも」論評論
大岩鉱 (8) 「正宗白鳥の戯曲」評論 『老人と文学』3号(東京都)[評論誌]
三枝規子 (1) 「ジャック・ルーポー『モノノアワレ』について」評論 『現代文学』16号(東京都)[評論誌]
- 八尋富美追悼特集 『現実と文学』14号(福岡市)[評論誌]
汾浩介 (4) 「藤村ノート」(評論・連載完結)
「『夜明け前』の体質」
『三池文学』31号
以下作品名のみの言及
松原敏夫 (5) 「暖房」 『ふらて』21号(東京都)
藤木明子 (1) 「短い春」 『西播文学』62号(兵庫県)
大谷民郎 (2) 「裸木の街」 『わが仲間』9号(西宮市)
阿久津哲明 (1) 「紙風船」 『落葉樹』14号(黒磯市)
南孝子 (1) 「夢のページ」 『新文学』1月号(大阪市)
板谷政典 (1) 「一〇〇号列車」 『作家集団』89号(東京都)
山田とし (10) 「百舌は食わない」 『九州文学』1月号(福岡市)
河口司 (3) 「コーヒーをひく女」 『三池文学』31号(大牟田市)
橋本千佳子 (3) 「軌跡」 『瀬戸内文学』17号(善通寺市)
新山美和 (2) 「稚児車」 『文学造型』27号(東京都)
山川強一 (7) 「更に秋から春へ」 『火山群』18号(岩国市)
19775月号 評者 久保田正文 タイトル 百花撩乱 総冊数100冊(創刊号8冊・詩誌3冊)
推薦作
井口恵之 (5) 「つゆ」 『秋田文学』51号(秋田市)
ベスト5 武田喜美子 (14) 「ボクは目撃者!」 『ビューティフル』14号(香川県多度津町)
鈴木真人 (1) 「猫のいる風景」 『ぱるなす』創刊号(東京)
安井新 (3) 「贋ヒッピー達」 『コロニア文学』30号(サン・パウロ市)
光岡明 (3) 「叔父の手」 『日本談義』2月号(熊本市)
南秀秋 (1) 「ゆめの 先生のけこんしき」 『わんぱくばんざい』(東京)
白垣詔男 (7) 「小さき友よ」 『午前』29号(福岡市)
青海静雄 (6) 「遠賀川」
木山和夫 (2) 「小鳥の家」 『文芸広場』2月号(東京)
東尾嘉之 (4) 「題のない話」
- 「巻頭言」 『第十九次 新思潮』創刊号(東京)
福田玲子 (1) 「冒頓単于」
下條信輔 (1) 「父子」
杉浦里子 (8) 「ファイァプレス」 『立像』38号(浦和市)
金丸とく子 (3) 「もみじの雪」
伊藤和也 (2) 「介山に於ける甲斐国憧憬の濫觴に就いて」評論
伊藤文 (2) 「焔渦」
森田定治 (17) 「冥府」 『九州人』2月号(北九州市)
広野八郎 (2) 「愛と苦悩と窮乏と―葉山嘉樹回想―」連載開始
清水克彦 (1) 「このまま眠り続けたい」 『noah』2号(千歳市)
細木常夫 (6) 「根の国に」 『鶏口』10号(東京)
武田秀岳 (1) 「剃刀」 『あづみ文学』5号(富山県)
堀勇蔵 (7) 「五十万人の孤独」 『九州文学』2月号(福岡市)
藤本恵子 (4) 「裸々のなかで」 『作家』3月号(名古屋市)
鈴木春子 (1) 「闇の中」
海野牛子 (1) 「河は歌う」 『コロニア文学』30号(サン・パウロ市)
川田明 (1) 「風の中」 『階段』18号(館林市)
豊田亮 (2) 「監視人たち」 『米子文学』24号(米子市)
鈴木扶 (1) 「白き谷底のうたごえ」 『黎』2号(札幌市)
服部進 (11) 「郭公」 『北狄』200号記念号(青森市)
長谷川敬 (1) 「模型飛行機」 『関西文学』3月号(大阪市)
矢山剛夕 (1) 「降る雪に」 『座標』3号(沖縄県)
荒川佳洋 (1) 「あの町へ」 『方位』2号(流山市)
滝田要吉 (1) 「花婿さんを間違えたはなし」 『上州路』3月号(高崎市)
石井計記 (1) 「黎明以前―山県大弐―」連載完結 『中部文学』13号(岡谷市)
志茂暁彦 (1) 「冬の街」
豊田一夫 (5) 「りす」 『愛生』1月号(長島愛生園)
檀一雄、下村寅太郎、関泰祐、など 二十周年記念特集号 『ももんが』(前橋市)
大井広介 (1) 「勤労意欲について」
野山嘉正 (2) 「蒲原有明について」 『蝶』6号(東京)
羽田昶 (1) 「立原正秋における能の意味」
脇坂充 (1) 「閉塞と喪失」評論 『あづみ文学』5号
- 松岡俊吉評論特集 『高知作家』臨時号
以下作品名のみの言及
田所植 (1) 「乖離」 『斜光』4号(和光市)
渡辺博之 (1) 「ある翳りの中で」 『盆地』26号(会津若松市)
原田勝史 (2) 「霜枯れの音」 『科野作家』1号(岡谷市)
菊池智恵子 (1) 「水蓮」 『だん』2月号(東京)
亜雁ふゆ (1) 「リップサービス」 『鉱石』8号(川崎市)
平松激人 (2) 「坂の途中で」 『ゴム』20号(浜松市)
19776月号 評者 久保田正文 タイトル 文章の端々から 総冊数114冊(創刊号6冊・詩誌2冊)
ベスト5 大館欣一 (8) 「焦熱の街」 『全電通作家』36号(東京)
萩原博志 (12) 「夕暮抄」 『上州文学』47号(高崎市)
深海秀俊 (2) 「クレージーボックス」 『北方文芸』3月号(札幌市)
小野美和子 (2) 「道」 『作家』4月号(名古屋市)
中田幸作 (1) 「鉄のゲート」 『詩と真実』334号(熊本市)
- - 『くうかん』7号(大津市)
長谷川和一 (5) 「宮田橋」 『宿』26号(長野県)
武居孝男 (3) 「帰心」
小松文木 (8) 「クレパス」 『断絶』53号(東京)
五十嵐崇夫 (4) 「私は駄目な男」
千代佳代 (1) 「私はうたわない」 『半身』6号(東京)
小川悦子 (2) 「男と女のいる風景」
大原恒一 (7) 「こわれたあたまに春がきて」
立石十三生 (1) 「翳の部分」 『全電通作家』36号(東京)
谷口葉子 (2) 「M嬢の冬の薔薇」 『作家』4月号(名古屋市)
森屋耀子 (1) 「ジャポネーズ」 『文芸生活』45号(東京)
藤井弥生 (2) 「風は孤樹に逢う」 『VIKING』314号(神戸市)
有光利平 (2) 「くっさん」
木村真佐幸 (1) 「一葉と久佐賀問題」エッセイ 『北方文芸』3月号(札幌市)
木原直彦 (8) 「寒川光太郎」エッセイ
山川力 (1) 「魯迅と小林多喜二」エッセイ
辻史郎 (21) 「変身プレイ」 『小説家』23号(東京)
山本直哉 (2) 「氷の家―一九四四年二月、横道河子―」 『黒馬』6号(飯田市)
井上寛治 (4) 「ある休日」 『九州文学』3月号(福岡市)
堀井清 (2) 「夢の所在」 『東海文学』63号(名古屋市)
寺田英生 (1) 「霜の矢」 『白翔』12号(観音寺市)
北川春夫 (1) 「恐山の春」 『だん』3月号(東京)
- 小説六篇 『農民文学』2月号(東京)
百合崎迅 (1) 「小説・寂寞」 『原詩人』4号(東京)
川村一 (1) 「ぼく」 『豊中文学』9号(豊中市)
丹羽さだ (1) 「花馬祭り」紀行文
久東鉱一 (8) 「若い記録係」 『仙台文学』25号
梶和英 (2) 「じいさんの初恋」 『れぷぶりか』9号(埼玉県)
ふじおか・かいぞう (3) 「さすらいの思想」 『屋上』38号(松本市)
小島輝正 (6) 「春山行夫ノート・4」評論 『たうろす』35号(神戸市)
高野庸一 (1) 「敗北の意志―石川啄木論―」評論・連載 『阿礼』3号(東京)
田中淳一 (1) 「レオナルド・フジタの墓」評論 『三銃士』1号(東京)
- 宮井一郎『夏目漱石の恋』誌上出版記念会 『作文』104号(東京)
宮井一郎 (8) 「最後の一言」
以下作品名のみの言及
須山佳津子 (2) 「遠い音」 『索』7号(東京)
西田勝 (1) 「あかんべい」 『れぷぶりか』9号
盛田隆二 (1) 「穴のなかの獣」 『積乱雲』6号(川越市)
小林耕蔵 (1) 「サイロ物語」 『風騒』3号(逗子市)
小野悌次郎 (1) 「正月の朝・ある名残」
前野佳代子 (1) 「凧」 『雑記』17号(大阪)
川崎彰彦 (4) 「隠者志願」 『燃える河馬』10号(枚方市)
信沢貢 (4) 「走る書斎」 『上州文学』47号
なかじま・けんじ (4) 「影の群れ」 『機関車文学』58号(東京)
難波田節子 (6) 「風の季節」 『日通文学』3月号(東京)
坂元正子 (1) 「火炎」 『カンナ』85号(鹿児島県)
内田照子 (9) 「穴の家族」 『AMAZON』168号(尼崎市)
吉田武 (1) 「檻の中で」 『郊外文学』22号(大宮市)
大石国行 (1) 「二十周年誌」 『樽』4号(浜松市)
佐々木国広 (8) 「月明りの丘で」 『旅と湯と風』22号(城崎市)
レシュニック・チヅコ (1) 「郷里」
19777月号 評者 林富士馬 タイトル 詩の問題など 総冊数105冊(創刊号7冊・詩誌13冊)
ベスト5 疋田節 (2) 「鴎」 『しまぞう』11集(東京都)
米沢慧 (1) 「ベランダの冬」 『円陣』創刊号(東京都)
伊藤緑郎 (1) 「ブナの木台の今朝太郎」 『北方文芸』4月号(札幌市)
北沢輝明 (3) 「父親参観日」 『室蘭文学』78号(室蘭市)
伊藤勉 (3) 「夜間部時代」 『文芸広場』4月号(公立学校共済組合本部)
松野日佐子 (2) 「宮尾登美子氏の世界」エッセイ 『駱駝』(安城市)[個人誌]
篠田渉 (1) 「めまい」 『青梅文学』創刊号(青梅市)
隅田晴彦 (1) 「男たち」 『まがね』創刊号(日本民主主義文学同盟岡山支部)
柳沢勝輔 (1) 「残暑」 『顔』創刊号(上田市)
保喜友美子 (1) 「砂に描いた絵」 『象形』創刊号(東京都)
- 「長沖一追悼号」 『文学雑誌』55号(大阪市)
- 「女流詩人小特集」 『関西文学』5月号(大阪市)
沢木進 (1) 「現代詩の立場」エッセイ 『内部都市』7号(豊中市)
- - 『鴟尾』20号(茅ヶ崎市)
山本厚子 (1) 「行き止まり」 『第一形態』29号(室蘭市)
山田雄 (1) 「シンバル」
- 「編集後記」 『イブ』2号(枚方市)
中野喜美江 (1) 「春の来ない冬」
- - 『てくらまぐら』10号(寝屋川市)
北里蓉子 (2) 「魔の糸」 『柳絮』4号(羽曳野市)
玉木明 (3) 「鳩時計」 『円陣』創刊号(東京都)
上垣青二 (5) 「運の芸」 『VIKING』316号(尼崎市)
相沢源七 (2) 「大胆小胆」 『文芸東北』165号(仙台市)
井上猛 (1) 「魔術師」 『群狼』5号(東京)
19778月号 評者 林富士馬 タイトル 若さと新しさ 総冊数110冊(創刊号5冊)
推薦作
高野義裕 (7) 「蛙の鳴く家」 『九州人』5月号(北九州市)
ベスト5 三原実敏 (1) 「日輪」 『みなみの手帖』18集(鹿児島市)
槇直哉 (2) 「マゼランの首」 『状況』17集(岡崎市)
滝川笙子 (1) 「水の操」 『時間と空間』6号(東京)
黒住格 (1) 「二上山」 『七曜』4集(西宮市)
- 創刊二十五周年記念特集 『文芸広場』5月号/通巻289号
池田重之 (1) 「墓穴」
伊藤勉 (4) 「猿むかし考一期の歌」
- 創刊二十五周年記念号 『虹』5月号/通巻298号(佐世保市)
なかの・しげはる (2) 「学校の先生」エッセイ・再録
知念栄喜、など 山之口貘特集 『潮流詩派』89集(東京)[詩誌]
- 谷村博武追悼特集 『龍舌蘭』86号(宮崎市)
すがゆうこ (1) 「問津處(わたしば)にて」 『状況』17集(岡崎市)
冨士修子 (1) 「赤まんま」 『人間像』99号(北海道虻田郡)
- 第一回文学シンポジューム「国鉄作家集団の到達点と今後の課題」記録 『作家集団』92号(東京、国鉄作家集団)
広野八郎 (3) 「愛と苦悩と窮乏と(葉山嘉樹回想―四)」
須山哲生 (2) 「娼婦願望(坂口安吾小論)」 『青い花』4集(東京)
浅井栄泉 (16) 「私の出会った人々」
丸地守 (1) 川添一郎詩集「とおい眼」紹介
- 西郷南洲没後百年記念 『みなみの手帖』18集(鹿児島市)
島津久敬 (1) 「西郷さんの顔」
本田親虎 (1) 「丁丑役逸話三題」
肝付武雄 (1) 「天狗おとし」
西俊夫 (1) 「黒川寿太郎の死」
瀬戸山計佐儀 (1) 「都城と西南戦争」
大貫秀樹 (1) 「文体について(創作の秘密 その四)」 『時間と空間』6号(東京)
村田敬次 (1) 「奇妙な幸福」 『風貌』6号(東京)
- 「編集後記」
本庄圭市 (1) 「黒い煙」 『文芸山口』102号(山口市)
運上旦子 (2) 「待つ」 『散文芸術』22号(東京)
衣谷一 (1) 「目醒めるのはいつも正后」 『でれた群』創刊号(三鷹市)
- 「創刊にあたって」
19779月号 評者 林富士馬 タイトル 小説以外の作品も 総冊数103冊(創刊号9冊・詩誌8冊)
推薦作
竹内和夫 (8) 「鳥たちの生態」 『VIKING』318号(尼崎市)
ベスト5 竹中正 (1) 「暗い山系」 『蒼き傍観者』創刊号(神戸市)
久保斉 (4) 「戻り客」 『原点』30号(松山市)
高橋実 (9) 「船頭亀吉」 『北方文学』22号(長岡市)
高橋健次郎 (2) 「会長師走に死す」 『運河』17号(所沢市)
- 「編集雑感」 『蒼き傍観者』創刊号(神戸市)
- 「闘いと逃避の〈青春〉(大江健三郎論)」評論 『飛翔』8号(東京)
- 「認識の方法(フォークナー論)」評論
- 「〈黒猫〉〈なゝもと桜〉にみる鏡花のモチーフ」評論
菅野健 (2) 「戯画化の精神(トーマス・マン「トリスタン」の人物像)」評論
川端柳太郎 (3) 「時間と小説」評論 『たうろす』36号(神戸市)
木内孝 (1) 「新しい批評の成立要件」評論
小島輝正 (7) 「春山行夫ノート」評論・連載5回
梅崎光生 (16) 「インドの旅」連載その四 『ももんが』6月号(前橋市)
田中隆尚 (15) 「へらすより」紀行文・連載その三十五
外山滋比古 (3) 「〈が〉の問題」エッセイ
- 特集「長崎と〈樹影〉」 『くれない』4号(所沢市、佐多稲子研究会)
- 「十周年記念号」 『無頼の文学』7号(横浜市、無頼文学研究会編)
森安理文 (1) 「永井荷風〈地獄の花〉論」評論
五十嵐康夫 (2) 「無頼の作家、緒方隆士」評論
越次倶子 (1) 「三島由紀夫における無頼」評論
斎藤順二 (1) 「吉行淳之介における〈無頼〉の原点」評論
妻木宗太郎、など 特集「〈事故のてんまつ〉をめぐって」 『うつせみ』13号(大阪府茨木市)
久保正典 (1) 「〈秋の日〉川端康成氏の想い出序章」 『塔』62号(大牟田市)
- 本吉進追悼号
山下郁夫 (10) 「無名作家の死」追悼文
とみた・しらぬい (1) 「孤独なモラリスト」追悼文
本吉進 (2) 「日本よ……」遺稿
- 「土師清二先生追悼号」 『大衆文芸』4月号(東京、財団法人新鷹会)
村上元三 (1) 追悼文
楢崎勤、など 「木村不二男追悼特集」 『山音文学』70号(北海道伊勢市)
森巌 (4) 「美人の横顔」 『詩と真実』7月号(熊本市)
久保田義夫、など 森巌追悼
- 中田博追悼 『PEOPLE』5号(埼玉県与野市)
竹森一男、など 特集「作家発掘」 『文芸復興』61集(東京)
赤坂冲也 (1) 「呪われた道」 『運河』17号(所沢市)
北川忍 (1) 「東京慕情」 『文芸生活』46号(東京)
立石正巳 (2) 「紅葉橋」 『鈍愚悧』5号(福岡地方簡易保険局内)
加藤好雄 (1) 「折口信夫、近代文学史」 『源流』復刊1号(東京)
隈部京子 (2) 「扉の前」 『小説家』24号(東京)
石田正子 (1) 「鎮魂歌」 『新思潮』2号(東京大学第十九次新思潮同人会)
- - 『さつき』26号(東京)
- - 『有珠』18号(鳥取市)
- - 『紅炉』34号(静岡市)
197710月号 評者 駒田信二 タイトル 初心の魅力 総冊数121冊(創刊号9冊・詩誌8冊・評論誌5冊)
ベスト5 たかぎ・てつお (3) 「四番目」 『鴉』10号(東京)
福元早夫 (6) 「女」 『AMAZON』171号(宝塚市)
福本武久 (3) 「真夜中の電車ごっこ」 『らぐたいむ』5号(大阪市)
氷川順 (7) 「赤い旗」 『郊外文学』23号(大宮市)
中川静子 (6) 「御陣女郎香が覚え語り」 『徳島作家』27号(徳島市)
橋本福夫 (1) 「時の合間に」 『疎林』創刊号(東京)
斎藤一郎 (1) 「疾走する夜」
南部孝司 (1) 「夢のはて」
藤江郁夫 (1) 「セルロイド人形」 『春楡』創刊号(北海道大学文芸部)
星剛 (1) 「不惑の朝」 『えすぷり』6号(室蘭市)
上丸蛉 (1) 「夜のめだま焼き」 『裸形』53号(名古屋市)
上坂高生 (13) 「海の墓場」 『碑』30号(東京)
- 「細野孝二郎追悼号」
服部洋介 (1) 「黄色い爆弾」 『VIKING』319号(尼崎市)
加藤登隆 (1) 「娼婦」 『全作家』2号(東京、全国同人雑誌作家協会)
伊藤宗男 (1) 「未完」
田中富雄 (5) 「鬼火―皇極女帝の生涯―」連載6回 『徳島作家』27号(徳島市)
小谷章 (5) 「眠り男」 『全電通作家』37号(所沢市、全電通作家集団)
東尾嘉之 (5) 「闖入者」 『文芸広場』7月号(東京、公立学校共済組合本部)
小野美和子 (3) 「路地」 『作家』8月号(名古屋市)
仲遼子 (2) 「冬の光」 『視点』6号(東京)
伊那宏 (1) 「濃霧」 『コロニア文学』31号(サンパウロ市)
大石さい子 (1) 「柏尾川」 『日曜随筆』臨時増刊2号(東京)
佐々木セツ (3) 「信濃川」 『千葉文学』4号(千葉市)
平勢光夫 (4) 「茱萸」 『触手』7号(東京)
平勢光夫 (4) 「雪の中」 『學院文學』2号(東京、文化学院)
倉持正夫 (7) 「闇の彼方へ」連載
わだこうぞう (1) 「香山曹長の結婚」 『高麗峠』13号(飯能市)
阿久津哲明 (2) 「ミヤコタナゴ」 『落葉樹』15号(黒磯市)
- 佐々木謙次・伊藤栄二追悼号 『河』57号(郡山市)
- 武田麟太郎特集 『関西文学』8月号(大阪市)
武田麟太郎 (1) 「友人知人」
長沖一 (1) 「若い頃」
藤沢桓夫 (1) 「武田麟太郎のこと」
上林猷夫 (1) 「今中の先輩武田麟太郎」
吉村正一郎 (1) 「ある回想」
渋川暁 (1) 「武田の『井原西鶴』」
大谷藤子 (2) 「武田さん」
八橋一郎 (1) 「五十人の作家」(連載14回)
「野間宏」
以下作品名のみの言及
市尾卓 (8) 「往いきつもどりつ」 『季節風』65号(東京)
中村英雄 (9) 「握手のように」
石塚長雄 (1) 「青い時間」 『立像』39号(浦和市)
杉浦里子 (9) 「写真」
福原諒 (3) 「幼い贈物」
武谷宏三 (2) 「国際会議」 『たね』18号(東京、プロテスタント文学集団たねの会)
池田重之 (2) 「自由研究」 『文芸広場』
広部直之 (2) 「北岸の海」 『日通文学』7月号(東京)
市村光 (2) 「私の新劇考」(連載第11回)
「福祉不在への警鐘―民芸『わが家は楽園』が語りかける現代人への課題―」
椙山綾彦 (2) 「泉のある帝国(テイルス・エムピラー)」 『ぎがんてす』6号(川崎市)
小林明雄 (1) 「永遠の瞬間」 『闇市』21号(横浜市、横浜市立大学日本文学研究部)
坂三吉 (7) 「おせん」 『房総文学』32号(千葉市)
東海林昌宏 (4) 「幾山河」
河口司 (4) 「春」 『三池文学』32号(大牟田市)
秋山清 (2) 「過失」「赤とブルー」
奥野忠昭 (5) 「蒼い部屋」 『新文学』7月号(大阪市)
高村三郎 (6) 「泥の青空」連載50回
西川忍 (2) 「残雪のとき」 『AMAZON』7月号
日野善太郎 (8) 「限りなく六月」連載73回
折目博子、小島輝正、など 松原真理子「トルコ石の女たち」小特集
砂山昇 (1) 「出発」 『城』2号(新潟市)
石地嘉之 (1) 「レール」
玉貫寛 (3) 「名号」 『文脈』110号(松山市)
豊田一郎 (14) 「洪水の前の静かな一日」 『星座』22号(東京)
八橋一郎、小山耕二路、など 宮林太郎「卵巣の市街電車」特集号
前田暁 (11) 「有の縁起」 『二角獣』15号(津市)
藤田明 (2) 「『青空』と中谷孝雄」連載3回
岡正基 (8) 「武田泰淳論」連載8回
堀勇蔵 (8) 「黄昏どきの噂」 『九州人』7月号(北九州市)
広野八郎 (4) 「葉山嘉樹回想」連載8回
今村修 (2) 「火野葦平の思想体験―作家以前について―」
197711月号 評者 駒田信二 タイトル 秋深まりて 総冊数120冊(創刊号11冊・詩誌12冊・評論誌3冊・個人雑誌3冊)
ベスト5 沖山金一 (1) 「スターリンのいれずみ」 『外語文学』12号(東京)
歌野博 (3) 「猿」 『蘖』3号(東京工業大学)
柴田道司 (5) 「唐人伝説」 『山形文学』32号(山形市)
山田広 (3) 「倉田公三雪の日の憂鬱」 『北人』10号(国鉄労働組合札幌地方本部)
飯尾憲士 (16) 「饐えた川」 『詩と真実』8月号(熊本市)
岡村亮 (1) 「部屋」 『反復』創刊号(東京)
河口一平 (1) 「四六時中、働く」 『作家集団』93号(東京、国鉄作家集団)
大西咲子 (1) 「青い部屋」 『新文学』8月号(大阪市)
徳喜栄 (1) 「分身願望」 『関西文学』9月号(大阪市)
きだたかし (7) 「贖罪の土」 『詩と真実』9月号
吉田佳子 (1) 「足音」 『わが仲間』10号(西宮市)
渡辺一雄 (2) 「漫才みたいな男」
松本竜太郎 (3) 「赤い靴」 『文学無限』46号(東京)
福岡早苗 (1) 「三角の爪」 『北斗』7月号(名古屋市)
二堂敏 (1) 「この未知の国は」 『冬濤』45号(旭川市)
谷口謙 (3) 「無名歌人」 『西播文学』64号(竜野市)
城雪穂 (3) 「雪の道」 『九州文学』8月号(福岡市)
萩元洸 (4) 「せんきょ風邪」
関屋邦広 (3) 「おどもん」
谷崎旭寿 (5) 「罌粟の花」 『九州人』8月号(北九州市)
榊貞実 (1) 「ある終末」 『製鉄文化』134号(北九州市、新日本製鉄八幡製鉄所労働部厚生課)
池野高 (2) 「女の業」
信沢貢 (5) 「過ち」 『上州文学』48号(前橋市)
松井健一 (1) 「検尿室」 『未来群』24号(横浜市)
前島かがよ (1) 「風のオラショ」 『虹』8月号(佐世保市)
向坂唯雄 (4) 「関係のない町」 『軌跡』26号(動力車文芸連盟東京支部)
和田聖子 (4) 「かたちちの記」 『小説と詩と評論』165号(東京)
池田重之 (3) 「徒党」 『文芸広場』8月号(東京、公立学校共済組合本部)
- 五十号記念特集号 『北海文学』50号(釧路市)
- 曾根博義著「伝記伊藤整」誌上出版記念会 『評言と構想』10輯(東京)
- 宮本勇追悼 『直線』32号(高槻市)
197712月号 評者 駒田信二 タイトル 今年の収穫 総冊数108冊(創刊号8冊・評論誌7冊・詩誌8冊・単行本2冊)
ベスト5 稲垣伸二 (1) 「修二の夏」 『風狂』6号(東京)
金山嘉城 (2) 「ソウル踊れる?」 『裸人』5号(高岡市)
佐藤睦子 (6) 「水の中の涙」 『小説家』25号(東京)
山中須恵美 (1) 「明日」 『文芸生活』47号(東京)
川端要寿 (6) 「落日へのいざない」 『北斗』8月号(名古屋市)
- 北狄作品集「異郷・その他」 (青森市)
- 単行本「'77香川創作選集」 (善通寺市)
- 「文芸特集」号 『医家芸術』9月号/241号(東京、日本医家芸術クラブ)
山蔦正躬 (2) 「弁慶の死」コント選
中西靖忠 (1) 「村山籌子童話の世界」 『讃岐文学』28号(高松市)
中西靖忠 (1) 「籌子の夫・村山知義」
- 山岸外史追悼号 『青い花』5号(東京)
山岸外史 (3) 「槍と角」遺稿
山岸外史 (3) 「おれの十字架」
- 「山岸外史略年譜」
林富士馬、木原孝一、江頭彦造、山田野理夫、萩原葉子、川添一郎、丸地守、須山哲生 追悼文
岸本宏 (2) 「穴の中の青空」
須山哲生 (3) 「吉行淳之介論」評論
吉本隆明 (1) 「宮沢賢治の世界」講演 『而』7号(京都市)
大月健 (2) 「虚無思想雑誌探訪(四)」
森安理文 (2) 「折口学と近代」 『折口学と近代』3号(千葉県長生郡睦沢村、折口信夫講読会)
伊馬春部 (1) 「折口信夫と太宰治」
竹内清己 (1) 「折口信夫と永井荷風―小説『すみだ川』をめぐって―」
森磐根 (1) 「折口信夫と保田与重郎」
石内徹 (1) 「折口信夫と神西清―試論・その交渉史と文学的接点を求めて―」
鈴木国郭 (1) 「折口信夫と宮武外骨」
石内徹 (1) 「折口信夫資料―『歌像』七号に現われた折口信夫の昭和二十三年四国講演の足跡について―」
- - 『枯れすすき』2号(東京)
青野修治 (1) 「反措定としての女章―高群逸枝と夫憲三との愛の軌跡―」 『表現・一九七七・郷愁への別離』(大宮市)
門田秀雄 (1) 「藤田嗣治―その戦争画制作まで―」評論 『斑』4号(横浜市)
門田秀雄 (1) 「『戦争絵画』を隠蔽するもの―東京国立近代美術館を批判する―」評論
松井宏文 (1) 「構図の“破綻”―『鏡子の家』の三島由紀夫―」評論 『風狂』6号(東京)
山内修 (1) 「宮沢賢治ノート(2)―存在の悪と自己犠牲―」評論
武田喜美子 (15) 「夏の予告」 『ビューティフル』15号(香川県多度津町)
与儀清安 (1) 「夕暮」 『関西文学』10月号(大阪市)
肝付高夫 (2) 「素晴らしい高校野球」 『みなみの手帖』19号(鹿児島市)
- 「西南戦争特集」
川野清治 (1) 「西南戦争の薩軍の医療班」
奥信子 (1) 「挫折」 『文芸山口』104号(山口市)
太田静一 (14) 「中也詩『黄昏』考」評論
堀川潭 (23) 「伊藤整氏との三十年」(連載20回)
「ある事故のてんまつと『変容』」
『文芸生活』47号(東京)
以下作品名のみの言及
中沢茂 (15) 「軍手」 『札幌文学』49号(札幌市)
宇尾房子 (4) 「花冷え」 『日本きゃらばん』36号(木更津市)
小林純一 (3) 「都会の芽」 『新文学』9月号(大阪市)
- 「かわのさとこを悼む」
山本梧郎 (6) 「自分の場所」 『小説家』
工藤哲夫 (1) 「唾棄」 『関西文学』
船知慧 (8) 「死にぞこないの記」 『旅と湯と風』24号(兵庫県城崎温泉)
野地慎生 (2) 「係累」 『九州人』9月号(北九州市)
堀木武 (1) 「秘戯図」 『作家』10月号(名古屋市)
久保田浩 (1) 「情炎寝暁闇虚無(もゆるゆめさめてくやしき)戯曲 『北方文芸』9月号(札幌市)
堀坂伊勢子 (18) 「知っている町」未完 『文宴』44号(津市)
福島次郎 (9) 「黒い時計」 『九州文学』9月号(福岡市)
稲岡健治 (1) 「葦席の旗―私説土龍山事件―」 『AMAZON』173号(宝塚市)
今年度の振り返り(各月で触れられたもの以外)
境忠一 (3) 「消えた広っぱ」 『九州人』
宇尾房子 (4) 「光る部屋」 『日本きゃらばん』(木更津市)
大洲豊 (6) 「午睡の悪夢」 『分身』(鎌倉市)
日野善太郎 (9) 「限りなく六月」連載完結 『AMAZON』
土村伸 (10) 「木犀の花」連載完結 『九州文学』
黒木淳吉 (16) 「夕映えの村」連載完結 『九州文学』
津本陽 (4) 「深重の海」連載中 『VIKING』
田中富雄 (6) 「鬼火」連載中 『徳島作家』
庄司肇 (20) 「幻の街」連載中 『日本きゃらばん』
水田敏彦 (2) 「血の花」連載中 『作家』
西世古柳平 (1) 「会津八一と三好達治」評論 『銅鑼』(東京)
佐木隆三 (19) 「パリの売絵」評論 『九州人』
田中艸太郎 (19) 「『長無相忘』の記―陶芸作家訪中団に同行して」随想 『城』(佐賀市)
足立巻一 (6) 「虹滅記」評論・連載中 『天秤』(神戸市)
阿部道生 (1) 「石上玄一郎論」評論・連載中 『木綿』(東京)
中島真二 (6) 「私の宣長」評論・連載中 『文宴』(津市)
和田利男 (9) 「杜詩春秋」評論・連載中 『ももんが』(東京)
谷沢永一 (3) 「署名のある紙礫」評論・連載中 『評言と構想』(東京)
雨宮雅子 (2) 「モーリヤックと私」評論・連載中 『鴟尾』(茅ヶ崎市)
- 特集「北川冬彦氏の祝喜寿の会」 『時間』9月号(東京)[詩誌]
- 西南役百周年特集 『九州人』3月号
- 沢笙太郎追悼号 『徳島作家』26号
- 沢笙太郎追悼号 『連弾』31号(徳島市)
- 砂原彪追悼号 『日暦』70号(東京)
- 「悼谷村博武君」 『九州文学』3月号
- 鎌原正巳追悼号 『文学草紙』71号(東京)
- 畔柳基次郎追悼 『日通文学』2月号(東京)
- 吉崎隆文追悼 『うーぶる』6号(東京)


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1976年へ翌 1978年へ