同人雑誌評の記録
昭和33年/1958年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19581月号 評者 久保田正文 タイトル 同人雑誌評 総冊数70余冊
優秀作
原英作 (2) 「迷彩」 『彩日』5号(東京)
吉村敬 (1) 「擴声機」 『秩父文學』8号(秩父市)
国分重男 (1) 「わが歌」 『大阪文藝』13号(布施市)
田中茂雄 (2) 「辞表」
佐野広 (2) 「葡萄と乳房」 『文學北都』4号(新潟県十日町市)
吉村謙三 (1) 「末裔」 『赤門文學』9号(東京)
西方正英 (1) 「パピリオの匂い」
本庄陸男 (1) 「妻におくるの書」遺稿
小松伸六 (3) 井上靖論
新保千代子 (2) 「犀星ききがき抄」
平井光典 (2) 「瓶の子」 『幹』第二期1集(逗子市)
渡部稔 (1) 「暗い道」 『うず』創刊号(横浜市)
岸田和子 (1) 「浮標」 『女流』5号(東京)
朝木文男 (1) 「つば」 『日本海作家』2号(福井県勝山市)
菊池啓泰 (1) 「銀貨」 『南海文學』1号(愛媛県八幡浜市)
宮本周二 (1) 「木の橋」 『象』5号(東京)
玉塚跣 (2) 「可愛い男」 『九州作家』35号(小倉市)
水木秦 (1) 「ミラクル市でベルボフ氏が出逢った不思議な出来事」 『凍檣』4号(札幌市)
司多加志 (1) 「掟の島」 『可能性』5号(東京)
中野久夫 (1) 「退化器官」 『現代文學』1号(東京)
内田保夫 (2) 「断層」 『人間像』47号(北海道喜茂別町)
春山文雄 (2) 「七面鳥と青い鳥」
朽木寒三 (1) 「暗い旅路」
小林実 (2) 「白い太陽」 『瀬戸内海文學』3号(岡山市)
小島直記 (3) 「死角」 『幹』
戸田雅久 (1) 「獅子之島」 『象』
小滝和子 (3) 「河」 『女流』5号(東京)
丹生和夫 (1) 「馬丁塚」 『文學街』11月号(東京)
朝比奈準 (1) 「太鼓のひびき」
久志富士男 (1) 「柩」 『佐大文學』2号(佐賀大学)
- 「歪んだガラス」「ペンギンの群」
高浜洋一 (1) 「なはせみ」 『千里山文學』19号(関西大学)
19582月号 評者 久保田正文 タイトル 同人雑誌評 総冊数110余冊
優秀作
下江巌 (2) 「閉ざされた頭」 『遠景』1号(岡山市)
- 「新樹について」巻頭宣言 『新樹』1号(東京)
中村貘 (1) 「天皇の道」
風巻紘一 (1) 「欅」
畷文兵 (1) 「竹と木と鉄」 『小説會議』5号(東京)
八重樫実 (4) 「雌雄の蟻」 『札幌』8号
橋崎政 (3) 「英雄譚」
日夏光彦 (2) 「海流」 『劇場』2号(東京)
田村みどり (1) 「不在の声」
小笠原淳 (1) 「ある手記」 『奥羽文學』10号(大館市)
須崎俊雄 (1) 「モオノフェオ市物語」 『砂丘街』12号(鳥取大学)
酒匂建四郎 (2) 「象」 『奥羽文學』
鈴木悌男 (2) 「黝い花」 『象形』11号(東北大学)
城井麻生 (1) 「シヴァの舞踏」 『京大文學』7号(京都)
前沢宏光 (1) 「緋色の壺」 『白碑』1号(東京)
荒川尚 (1) 「折れた芽」
杉原嘉之 (1) 「三宝寺池」 『江古田文學』24号(日本大学)
嵓淵尹嗣 (1) 「失踪」 『駒場文學』8号(東大教養学部)
水見寿男 (1) 「享有」 『白門文學』24集(中央大学)
徳永二三男 (1) 「嫂」 『曉星文學』2号(東京)
中園裕 (1) 「核の中から」 『愛生』11月号(長島愛生園)
吉田勉 (1) 「異族結婚」 『Etude』9号(東京)
東野辺薫 (2) 「禁断の芸術」 『文學四季』12月(東京)
斯波四郎 (4) 「黒い森の石」 『立像』12月(東京)
杉圭輔 (1) 「湿疹」 『Viking』88号(神戸)
藤川紙彦 (1) 「六さん」 『日通文學』12月(東京)
渡辺正三郎 (1) 「霧」 『散文』3号(仙台)
三田村正人 (1) 「ドック」 『播種文學』創刊号
三浦顕 (1) 「保護色」
神田貞三 (1) 「ゾーッとする話」 『新日本文學』12月号
佃実夫 (1) 「亀井勝一郎への公開状」評論・連載第一回 『四國文學』11月号(徳島)
橋川文三 (1) 「日本浪曼派批判序説」評論 『同時代』
南勝雄 (1) 「漱石の恋人」評論 『創作』1号(東京)
藤本次郎 (1) 「〈春〉の創作方法について」評論 『典型』3号(東京)
- 「海外詩特集」 『未定』5号(東京)
多田智満子(訳) (1) アンリ・ミショオ「首斬り人」
蘭京太郎(訳) (1) シャルル・クロス「燻製にしん」
19583月号 評者 久保田正文 タイトル 同人雑誌評 総冊数158冊
優秀作
田内初義 (1) 「類人猿」 『城』8号(佐賀市)
市尾卓 (3) 「牛の怪我」 『季節風』17号(東京)
宮脇昌三 (1) 「山村風景」 『層』5号(長野市)
東栄蔵 (1) 「“戦争と文学”覚書」評論
石井重衛 (1) 「残燭」 『思潮』1号(東京)
新村助夫 (1) 「財布」 『文艸』9号(東京)
工藤欣彌 (1) 「重い土」 『赤煉瓦』15号(全北海道庁職員組合)
草川俊 (2) 「国境の小さな町」 『下界』10号(東京)
原誠 (4) 「秋の悪戯」
宇留野元一 (3) 「風と砂の町にて」
若山純一 (3) 「意識の外」 『文學街』1月号(東京)
平山城児 (3) 「戦争の片隅で」 『鎌倉文學』1号
清水昭三 (1) 「十四才の軍人」 『文艸』9号
八匠衆一 (2) 「愛の糧」 『作家』2月号(名古屋)
川端康夫 (1) 「佳子の祖父」 『神話』1号(京都大学)
太田明 (3) 「系図の女」 『文學無限』12号(東京)
槇駿太郎 (1) 「シャトウの客」 『潮流』1号(東京)
番匠谷久美 (1) 「沈海(しずみうお)
志田憲 (2) 「松籟」 『北日本文學』新春号(新潟)
林俊 (1) 「残躯」 『橋』2号(飯田市)
山村清 (1) 「S婆さん」
丹羽正 (1) 「砂の家」 『青銅時代』2号(東京)
田中信幸 (4) 「逃亡の愉しみ」 『風貌』10号(東京)
田中信幸 (4) 「渇いた空」 『文藝法政』20号
川辺雁道 (1) 「ドラムカンとコンビーフと僕」 『北斗』1月号(名古屋)
北見禎 (1) 「顔」 『OLYMPUS』10号(東京)
市原健志 (2) 「右手の記憶」 『五人集』1号(東京)
金嶽義宗 (1) 「風宴」
角田朝夫 (1) 「逃亡」 『社會主義文學』8号(東京)
中井正晃 (1) 「葉山嘉樹・回想ノート」
平林たい子 (1) 「ウィット・フォーゲル」
小池多米司 (1) 「陽に翔ける」 『半世界』2号(東京)
小池多米司 (1) 「あの空の顔」 『文藝首都』新年号
饗庭節子 (1) 「花柘榴」 『江古田文學』25号(日大芸術学部)
石田米壮 (1) 「影絵」 『齒車』5号(広島)
町塚昭 (1) 「市井の話」 『同心円』5号(東京)
宝谷叡 (3) 「霧の夜」 『城砦』3号(姫路)
藤崎九州男 (1) 「岐路」 『福岡文藝』5号
宮石栄 (2) 「梅雨くらく」 『前後』3号(東京)
三好邦雄 (1) 「バイロンの母」 『文炎』3号(東京)
橋崎政 (4) 「プラス・エックス」 『凍原』16号(札幌)
久我山迪夫 (1) 「高速度鋼」 『層』
平木国夫 (4) 「青の軌跡」 『人間像』48号(北海道)
19584月号 評者 小松伸六 タイトル 同人雑誌評 総冊数70冊ほど
優秀作
吉田克 (3) 「罪福因果」 『雑踏』13号(大阪)
ベスト5 益子千代 (1) 「きつねめつき」 『胎土』5号(東京)
野田すぎ (1) 「巡業」 『室蘭文學』4号
向山宏 (1) 「どぶの中」 『廣島大文學』7号
小滝和子 (4) 「貞女塚由来」 『春陽』1号(東京)
米沢修 (1) 「赤い手帳」 『火炎』3号(武蔵野市)
田中義男 (1) 「エピローグ」 『樹』6号(東京)
潮津冴子 (1) 「うわ言」 『仲間』6号(横須賀)
片山飄吉 (1) 「風と葉桜と僕と」
安達原満 (1) 「手鈎」 『SWAN』11号(名古屋)
久葉強 (1) 「枯葉」 『内海文學』6号(新居浜)
茂木繁久 (1) 「役場の窓」 『不定芽』3号(埼玉県)
東謙作 (1) 「女教師」 『新生文學』6号(東京)
小泉雅彦 (1) 「嫌疑」 『原人』4号(盛岡)
田村栄一 (1) 「台風」長篇の一部 『北總文學』4号(千葉県)
池田直 (1) 「豊」長篇の一部
岡本隆 (1) 「夜のサルビア」 『欅』6号(東京)
三上市蔵 (1) 「理解」 『MUSE』1号(東京)
水原康夫 (1) 「酉の市」 『點』5号(東京)
大本邦夫 (1) 「多恵子」 『内海文學』
上原厳 (1) 「銀平の恋」 『點』
津田信 (1) 「日本工作人」第一部・未完 『秋田文學』3号
栗山栄 (1) 「囚人病院」 『かもめ』5号
中山新次郎 (1) 「異郷」 『文學街』9号(東京)
加納愛子 (1) 「虹の断層」 『春陽』1号(東京)
石塚茂子 (1) 「かくれ家」 『文學雑誌』26号
磯田敏夫 (3) 「三種の神器」
武田遙子 (1) 「暗黒星雲」 『可能性』6号(東京)
世越正明 (1) 「検査」
須田繁 (1) 「歪つな家」 『魁』3号(名古屋)
田中戦朗 (1) 「或る屋根の下」 『空知野』2号(北海道)
高橋百代 (1) 「歩行者」 『東九州文學』2号(大分)
塩手静二 (1) 「渦」
江守善三 (1) 「ある死・三題」 『文苑』15号(鹿児島市)
永松定 (1) 「五十五歳の男」 『日本談議』87号(熊本)
坂口䙥子 (1) 「白い貝」
清野静枝 (2) 「傲慢な女」 『詩と眞實』105号(熊本)
木下犬児 (1) 「敗北者」 『展望』6号(福岡)
沢田道彦 (1) 「安漆の仏壇」 『廣島大文學』7号
- 「白い流星」「落日」
山東奎 (1) 「海を越えて」 『慶應文藝』5号(東京)
井田祐弘 (1) 「崩壊以前」
- 「海鳴り」「ラ・ヴァルス」
安藤貞之 (1) 「失われた男」 『新人群』3号(東京)
米倉瑞穂 (1) 「わが日わが歌」
鈴木俊平 (1) 「神経の童画」 『青の會』8号(東京)
荻須裕子 (1) 「青い鮫」
田島康功 (1) 「魔宴」 『ETUDE』10号(東京)
野中堯 (3) 「顔」 『奥羽文學』11号(大館)
及川和男 (1) 「虚構感覚」 『北の文學』
尋樹康之 (1) 「ティラア、ファンタジア」 『創作』2号(東京)
吉成てる子 (2) - 『北の文學』4号(盛岡)
千葉千代子 (1) 「醜女の記」
深田祐介 (2) 「空港」 『ラマンチヤ』17号(東京)
曾志崎信二 (1) 「贋手術」
松浦守 (1) 「義足」 『同人』1号(大阪)
名草良作 (1) 「白い蝙蝠」 『高原』92号(草津)
寺下敏郎 (1) 「女の行方」 『北日本文學』2月号(新潟)
猪股静彌 (1) 「疱瘡地蔵縁起」 『大阪文藝』14号
久保田義夫 (3) 「加賀入集」 『詩と眞實』
渡辺捷夫 (1) 「草衣の曲」 『南北』10号(鎌倉)
松谷文吾 (1) 「気の毒な人」
佐和晋治 (1) 「聖人以前」 『雑踏』13号(大阪)
19585月号 評者 小松伸六 タイトル 同人雑誌評 総冊数68冊
優秀作
對馬俊明 (2) 「鳥」 『弘大文藝』3号(弘前)
ベスト5 梶山季之 (8) 「性欲のある風景」 『新思潮』17号(東京)
浅井美英子 (1) 「小悪魔」 『作家』3月号(名古屋)
藤井千鶴子 (2) 「遺骨箱」 『文藝日本』3月号(東京)
森田雄蔵 (6) 「霊安室」 『文學四季』3月号(東京)
竹島茂 (6) 「光と影」 『新思潮』17号(東京)
村上兵衛 (7) 「青い夏」
伊吹宏 (1) 「赤い爪の、白い光」 『青い花』2号(東京)
白取清次 (1) 「ボンボリの女」 『北狄』16号(青森)
宮下登 (1) 「破顔」 『平原文學』21号(北海道富良野町)
山田輝栄 (1) 「癩病患者」 『文學世代』4号(東京)
津村益児 (1) 「淋しいブイ」 『文藝大阪』3号
大沼勝雄 (1) 「夕焼け」 『弘大文藝』3号(弘前)
江田信 (1) 「ある死」 『核』2号(東京)
多木寛 (1) 「歪んだ青春の記憶」 『反則』1号(静岡)
稲葉昌末 (1) 「汚点」 『砂丘街』13号(鳥取大学芸部)
長佐充 (1) 「城壁(第一部)」 『午前』6号(福岡)
広岡明 (2) 「夏の波濤」 『文藝大阪』
小畑真一 (1) 「黎望鎮」 『月水金』8号(東京)
堀川潭 (11) 「空想から科学へ」 『文學生活』40号(東京)
西沢正太郎 (1) 「黄花川」
阿部荘吉 (1) 「余燼」 『山形文學』13号
島木葉子 (2) 「塔のある学校」 『文學生活』
秋葉裕 (1) 「破片」 『月水金』
坂巻整通 (1) 「貞淑な不倫」
折山謹也 (1) 「悪い条件」
桜井健一 (2) 「すきま風」 『東京文藝』31号
泉千年 (1) 「白い狂人」
大沢みせ子 (1) 「山靄」 『北狄』
しろうず・ゆたか (1) 「猿」 『日田文學』4号(日田市)
古賀純 (1) 「黒い雨」 『デルタ』11号(川崎市)
藤村秀治 (1) 「友情復活」
野上志郎 (1) 「異常気圧」
吉田千江子 (1) 「理江子の周囲」
花井章太郎 (3) 「年頭異聞」 『作家』4月号
豊田穣 (4) 「学長」
小林寧 (1) 「温泉町」 『四人』6号(名古屋)
岡本隆 (2) 「川岸」 『欅』7号(東京)
今井玲子 (1) 「安全灯」 『筑豐文學』18号(直方市)
木内信吾 (1) 「雨期」 『同世代』1号(横浜)
正野三郎 (2) 「湯田中」 『雅樂谷』9号(埼玉)
日夏光彦 (3) 「地点」 『劇場』3号
鈴木正苗 (1) 「黒い爪」 『座標』3号(岡崎)
堀井武雄 (1) 「道化芝居」 『文學街』10号(東京)
- 「湯の町」
及川文彌 (1) 「蓬莱峡」 『法政文學』4号(東京)
青木正己 (1) 「ジェラシー」
田中信幸 (5) 「菊と薔薇」
- 「哄笑論」「新中国の旅から」エッセイ
橋本七郎 (1) 「スペース」 『江古田文學』26号(東京)
平山富美子 (3) 「都市の美観」 『九州作家』36号(小倉市)
小島輝正 (2) 「アラゴン覚書」評論 『くろおぺす』28号
北村清吉 (1) 「トラークル覚書」評論
戸田正雄 (1) ヘルダーリン論評論
山岸外史 (1) 「鼻の大きな男(二)」 『青い花』
星加輝光 (3) 小林秀雄論評論・連載 『九州作家』
田中隆尚 (3) 「茂吉随聞」評論 『ももんが』3月号(横浜)
松井睦 (2) 「散文性とその周囲」評論 『文學生活』
19586月号 評者 小松伸六 タイトル 同人雑誌評 総冊数100冊あまり
優秀作
林青梧 (6) 「第七車輛」 『文藝日本』4月号
ベスト5 森田雄蔵 (7) 「岳父書簡撰」 『一座』14号(東京)
右遠俊郎 (1) 「無傷の人」 『遠景』2号(岡山)
草川俊 (3) 「黄色い運河」 『下界』11号(東京)
横川仁三 (1) 「白く乾いた土地」 『斷絶』11号(東京)
永松習次郎 (6) 「夕やけこやけ」 『隊商』23号(東京)
星川道之助 (5) 「四月の歌」
浅石明子 (2) 「無明の歌」
大西雄三 (2) 「剣とペンと」 『表情』10号(札幌)
脇坂寛 (1) 「背中の傷痕」長編第一回 『新富山文學』6号(富山)
相馬繁美 (1) 「森のように」 『潮流』2号(東京)
せき・ゆきお (1) 「ブランコのある広場」 『北國文化』5号(金沢)
小此木葉子 (1) 「とらわれの日」 『文庫』1号(東京)
松原晃 (2) 「メチール」
佐々木徹 (1) 「永い映画」 『群雀』14号(岡山)
中村喜久男 (3) 「おんな絵」 『北國文化』5号(金沢)
小林井津志 (2) 「みず音」
- 「夜の周辺」
丸谷嘉苗 (1) 「性の色彩」 『日本海作家』4月号(福井)
吉井久 (1) 「かつとう」 『創作』3月号(甲府)
杉原丈夫 (1) 「中央文学に対する地方文学」評論・連載 『日本海作家』
沢田瑞穂 (1) 「不毛の眼」 『東北文學』3号(仙台)
- 「囲い」 『文學街』11号(東京)
- 「赤い色」
- 「チンポ喪失」 『可能性』(盛岡)
相楽幸助 (1) 「詩を説明するとはどおいうことか」評論 『創造』3号(東京)
伊藤敬一 (1) 横光利一論評論
吉田栄治 (1) 「くずれてゆく」
田中樹 (1) 「死者にもたんと仕事がある
―私のメルヘン
三原誠 (4) 「母と娘」 『季節風』18号(東京)
花村守隆 (2) 「屋根で犬を飼う女」
臼井国雄 (3) 「風俗」 『白痴群』13号(東京)
加藤欽介 (3) 「日本の醜い岩」 『VIKING』9号(神戸)
峰一 (1) 「花札」 『潮想』34号(釧路)
山下郁夫 (2) 「雨」 『塔』4号(福岡県)
鹿野正伍 (1) 「黒潮」 『芦別文學』2号(北海道芦別)
泉貴志三 (2) 「木の実芸人会」 『シグマ』6号(東京)
田中小実昌 (2) 「その十日間のこと」
木部行一 (1) 「犬宅訪問」 『文藝立川』17号
和田聖子 (1) 「夜道」 『婦人文藝』4号(東京)
武居叡子 (1) 「愛」
山村錦子 (1) 「司令官更迭」
古川洋三 (1) 「月琴の村」 『一座』14号(東京)
鬼頭恭而 (4) 「人情噺」
菊谷啓介 (1) 「拳銃」 『北薩文藝』2号(阿久根市)
田代十剛 (1) 「小刀」
香川寛光 (1) 「露天」 『大いなる美』9号(呉)
流河生水 (1) 「跫音」 『可不可』3号(東京)
和田義一 (1) 「夏虫の冒険」 『野火』12号(福井大学文学研究会)
井上寿 (1) 「松倉米吉覚書」研究
北村達人 (1) 「分裂者」 『人群』4号(東京)
おな・しろう (1) 「まっぴらごめん・おことわり」巻頭論文 『函館勤勞者文學』1号
井関徹 (1) 「中野重治ノート」評論 『現代批評』2号(東京)
入瀬文紘 (1) 「芥川龍之介試論」評論
法橋和彩 (1) 「アンナ・カレニーナ論」評論
薄路深 (1) 「岩野泡鳴研究」評論
かわだ・りょうじ (1) 「野間宏論」評論 『現代文藝』6号(東京)
竹田助雄 (2) 「岐れじ」
鈴木俊平 (2) 「足輪」 『亞』1号(東京)
津村節子 (4) 「風紋」
山原慶子 (1) 「虚無の舞踏」 『パピルス』2号(東京)
日野麗 (1) 「生命」
松本真一 (1) 「不完全履行」
石川清 (2) 「堕胎温泉」 『作家』117号(名古屋)
八匠衆一 (3) 「地宴」長編第一回
杜規久子 (1) 「蘇芳内侍日記」 『海燕』2号(大阪)
杜規久子 (1) 「才女小説への疑問」エッセイ
添田紀三郎 (1) 「狂蛾」 『晝夜』4号(高知)
吉村速夫 (2) 「コメディアン」
堂本万里 (1) 「天ありて」 『文藝日本』4月号(東京)
19587月号 評者 林富士馬 タイトル 同人雑誌評 総冊数119冊
優秀作
竹内和子 (3) 「織女」 『素直』5集
- 長谷健追悼 『九州文學』
- - 『文學草紙』
- - 『文炎』
高木良男 (1) 「朝鮮の少年」 『状況』
平井照敏 (1) 「金子光晴論」評論
亀井俊介 (1) 「戸隠山の詩人」評論
浅古和良 (2) 「贋金つくり」論評論 『季節』
清水昭三 (2) 「フォークナー論」評論 『文草』
白鳥昇朗 (2) 「アルベール・カミュ」評論 『人間像』
雨宮正衛 (1) 「フランソワ・ビヨン論」評論 『秋田文學』
武田隆 (1) 「原民喜論」評論 『捩子』
磯貝英夫 (1) 「自我の復権」評論 『齒車』
一条明 (1) 「もっと批評を」巻頭文 『新樹』
- 「実作者としての自己作品批判」座談会
佐久積 (1) 「壁の記憶」 『城』9集(佐賀)
- 「今日出海氏との十五分」談話筆記
井原淳子 (1) 「黒い月」
嵓淵尹嗣 (2) 「寮生」 『駒場文學』9集(東京大学教養学部文学研究会)
高沢伶一郎 (1) 「断章」
唐戸誠 (1) 「想像の問題(素材とムード)」
元松直和 (1) 「呈楽」 『昧爽』創刊
藤井千鶴子 (3) 「ケースワーカーの手記」 『文學四季』4・5月合併
田崎峰子 (1) 「すだま」 『東九州文學』21集
古田義一 (2) 「鞄師」 『文學地帶』11集(大阪)
岡田みゆき (1) 「淵瀬」 『四國文學』満五年記念号
鹿島龍男 (1) 「夜の柱」 『かゞり火』
加藤あき (1) 「濁流」 『木馬』2集(大阪)
大熊隆三 (1) 「愛の探求」 『法政文學』5号
清水一朗 (1) 「絃」 『世紀兒』1号
- 「同人雑誌評」 『人間像』49集(北海道)
北海青 (3) 「走狗」連載完結 『文草』10集
千葉治平 (3) 「小天地にて」 『秋田文學』
以下作品名のみの言及
服部文男 (1) 「不毛の罰」 『塔』11集(前橋)
中村太郎 (1) 「片輪車」 『姫路文學』
- 「異邦の友」 『文學草子』54集
金照寺貘 (1) 「黒い町」 『日通文學』
19588月号 評者 林富士馬 タイトル 同人雑誌評 総冊数100冊以上
優秀作
北川荘平 (1) 「水の壁」 『状況』1号(大阪)
- 宮地嘉六特集 『文藝復興』9集
- - 『ペン』12集(北海道留萠市)
- - 『讃岐文學』6集
- 「山陰文芸懇談会」成立の報告 『山陰文學』7集
吉村光二郎 (1) 「吹雪になる夜」
渡辺雅遠 (1) 「密林地帯」 『道東文學』2集(北海道)
佐藤喜一 (5) 「小熊秀雄探索」 『北海道文藝』10集
田川賢義 (1) 歌人角田弟彦について
清水玄透 (1) 「甲斐の徳本と甲斐の祖暁」 『中央線』2集(甲府)
亀山英夫 (1) 「政治と文学(政治を喰う文学を)」巻頭文
八木幹雄 (1) 「納骨の行く風景」 『心象』21集(伊勢市)
石坂洋次郎、和木清三郎、佐藤春夫、平松幹夫、柴田錬三郎、など 回想 『三田文學』復刊号
桂芳久 (3) 「産土」
高橋昌男 (1) 「水」
坂上弘 (2) 「似たものどうし」
小滝和子 (5) 「宿根草の風土」 『春陽』2集
竹内寛子 (1) 論文 『文學者』月刊
吉村昭 (4) 「鉄橋」
海谷寛 (1) 「挫折と光り」評論 『再現』13集(大阪)
田島文夫 (1) 「小林多喜二」評論 『葛飾文學』7集
三宅徳嘉 (1) 「スタンダード仏和、の発音に対する疑問に答えて」評論 『形成』10号
古見日嘉 (2) 「美学入門(十)」評論
西義之 (3) 「シュテファン・ツヴァイクはなぜ自殺したか」評論
田中隆尚 (4) 「茂吉随聞」評論・連載 『ももんが』月刊
田中隆尚 (4) 「独りもの」
- 「私小説をめぐって」座談会 『典型』4集(東京)
阿部文彌 (3) 「多美の話」 『對話』4集(東京)
- 後記 『ラマンチヤ』18集(東京)
三浦久子 (1) 「ジャスミン」
生田直親 (1) 「杣」 『さ・え・ら』創刊号
三島清 (1) 「六号室」 『日通文學』121集
- - 『關學文藝』
- - 『秋大文學』
- - 『白門文學』
青山克彌 (1) 「青春の柩」 『焔』(金沢大学文芸部)
大井袈裟春 (1) 「花に背く少年」 『St.Paul's文學』4集(立教大学文芸部)
- - 『信大文學』
土田春夫 (1) 「芥川賞作品〈裸の王様〉を否定的に批評する」評論 『城砦』4集
田畑麦彦 (3) 「父は玉をつき、私は」 『半世界』5集
原子朗 (1) 「麻姑の手」
19589月号 評者 林富士馬 タイトル 同人雑誌評
- 後記 『灰』7集(東京)
福原邦明 (1) 「証人控室」未完
奥住綱男 (1) 「墜ちた旗」
古屋統 (1) 「野島多平」 『北大季刊』14集
- - 『九大文學』27集
小野今雄 (1) 「マルクス追放」 『千里山文學』20集(関西大学文芸部)
藤井忠 (1) 「ゴルゴタの丘」 『ロマネスク』2集(京都)
戸田雅久 (2) 「デュエット」 『象』6集
戸田雅久 (2) 「接吻」 『三田文學』8月号
伊藤陽一 (1) 「愛の躓き」 『象形』12号(東北大学文芸部)
山本光風 (2) 「人夫の歌」 『駒澤文學』10号
山本雄一 (1) 「綜合精神の確立のために」評論 『不凍港』2集
齊藤章子 (1) 「丘陵」
白井勝己 (2) 「湿った土地」 『慶應文藝』6集
井上明子 (1) 「東へ向かえ」 『木靴』5集
- 後記 『文學生活』41号
松本壮二 (2) 「河と記憶と雪と」 『木靴』
松永繁実 (1) 「ひかげの青春」 『文藝ジム』創刊
寺尾尖 (1) 「甌穴」 『季刊文學』4集
鳴海峰 (1) 「歯車」 『釧路ペン』4集
安田宏史 (2) 「絹の道の終点」 『無名群』16集(弘前市)
小林実 (3) 「情死未遂」 『瀬戸内海文學』4集・臨時増刊(岡山市)
中村青史 (1) 「友人の自殺」 『新群童』(熊本)
橋本岩男 (1) 「北里商会」
中島速雄 (1) 「文学者の戦争責任」評論
- 臼島正毅追悼号 『西播文學』7集(龍野市)
臼島正毅 (1) 「駅前人種」遺稿
高萩粂雄 (1) 「父と子」 『北方の灯』23集
新野新 (2) 「白い蛾」 『木馬』創刊号(東京)
井坂喜平 (1) 「澱み」 『文學街』7月号
杉圭輔 (2) 「華々しき旅行」 『VIKING』95集
沖中燻子 (1) 「白楊」
千葉昌邦 (1) 「神に『照れる』文学」 『ケルビム』8集
堂本万里子 (1) 「ママの子」
星新一 (1) 「ミラー・ボール」 『劇場』4集
小野善弘 (1) 「米の音」 『墓標』3集(神奈川)
195810月号 評者 駒田信二 タイトル 同人雑誌評 総冊数100冊あまり(創刊号10数冊)
優秀作
竹内和夫 (1) 「孤独な水鳥」 『姫路文学』70号
黒部一夫 (1) 「深夜の吐息」 『生活と文學』創刊号(彦根市)
神山圭介 (1) 「盗賊論」エッセイ 『現代叢書』創刊号(東京)
小久保均 (2) 「還って来た兵士」
秋山駿 (1) 「イッポリートの告白」評論 『れあありて』創刊号(東京)
高田規子 (1) 「整形外科病院」
- - 『若木文學』11号(國學院大學)
- - 『文學法政』21号(法政大学二号)
- - 『關學文藝』28号(関西学院大学)
- - 『廣小路文學』15号(立命館大学)
本池陸郎 (1) 「夏の客」 『島大文學』8号(島根大学)
武田秀明 (1) 「瀕死」
松本醇 (1) 「警報器」 『新人』4号
飯牟礼一臣 (2) 「アンペラの上の氷像たち」
矢島輝夫 (1) 「彩色」 『創作』10号
田島康功 (2) 「ゼスチャア・クイズ」 『白都』11号(東京)
鈴木亨 (3) 「磨滅」 『文學者』9月号(東京)
大森倖二 (2) 「蔵」 『文藝日本』8月号(東京)
水原章作 (1) 「壁」 『河』3号(高松市)
土村伸 (5) 「姉の手紙」 『日本談義』8月号(熊本)
水原康夫 (2) 「百度石」 『點』6号(東京)
太田朝男 (1) 「鳴沢の蛇とりどの」 『現代文學』2号(東京)
小先良三 (1) 「野いちご」 『製鐵文化』48号(八幡製鉄)
菊住朔朗 (1) 「橋」 『立川文藝』18号(立川)
泊秀三郎 (2) 「生きものの目」
淵先毅 (1) 「アデイユ」 『姫路文學』70号
稲葉幸子 (1) 「絆」 『詩と眞實』15号(川崎)
田靡新 (1) 「白い壁」 『雑踏』14号(大阪)
岡田久子 (1) 「崖」 『山形文學』14集
阿部貢 (1) 「窯は熱して」 『立標』5号(東京)
高橋佑吉 (1) 「高台農家」 『室蘭文學』27号
石川郁夫 (1) 「トンボ」 『文藝北國』3号(旭川市)
中村浩治 (1) 「きりぎりす」 『ペン』21号(東京)
以下作品名のみの言及
世越正明 (2) 「廃墟の印」 『可能性』7号(東京)
武田遙子 (2) 「時の墳墓」
都築達郎 (1) 「助教授と石油コンロ」 『群』5号
稲本泰子 (1) 「貧乏選手」 『白都』
田島康子 (1) 「夜の起伏」 『多摩文學』2号(多摩全生園)
日下典子 (1) 「ある空白」 『婦人文藝』5号(東京)
津島青 (2) 「ピアニシモ」 『半世界』6号(東京)
195811月号 評者 駒田信二 タイトル 同人雑誌評
優秀作
庵原高子 (1) 「降誕祭の手紙」 『三田文學』9月号
- 編集後記 『文學集團』2号(東京大学)
山岸嵩 (1) 「六月の野火」
幸淳介 (1) 「夜のアーケード」
渡辺昇 (1) 「透明の花々」
久良岐宏 (1) 「黄色い空」
平野栄久 (1) 「毀れた万華鏡」
奥泉高一 (1) 「巷食堂」 『弘大文藝』4号
久志富士男 (2) 「誕生」 『佐大文藝』3号
藤崎智彦 (1) 「父と母の出てくる日記」 『etre.』創刊号(名古屋)
丸茂正治 (2) 「皮〓(かわばい)
鈴村穆 (1) 「遺書と私」 『顔』創刊号(東京)
梅田波夫 (1) 「秋風も吹けない」
東陽一 (1) 「蛙の眼」 『吉田文學』創刊号(神戸)
平井みゆき (1) 「灯」 『豐中文學』創刊号(豊中市)
野淵敏 (1) 「黒い兎」 『秋田文學』5号
野中堯 (4) 「偸盗」 『北の文學』5号(盛岡市)
新村助夫 (2) 「黒い森」 『文艸』12号(東京)
西村光代 (1) 「僻地」 『詩と眞實』112号(熊本)
飯田和雄 (1) 「ズボンの売れた夏」 『岐阜文學』12集
北川玲三 (1) 「不評記」 『潮想』35号(釧路)
渡辺道治 (1) 「芝居小屋のある町」 『海燕』3号(大阪)
尾田光明 (1) 「火葬場」
名原皓一 (1) 「康子の筆跡」
吉田紗美子 (1) 「ゆがんだ夫婦」 『素直』6集(東京)
西山光夫 (1) 「甦える季節」 『とうわ』10号(東京)
佐藤道輔 (1) 「激流」 『標的』13号(仙台)
山田道保 (4) 「黒い誘惑」 『隊商』24号(東京)
大橋幸人 (4) 「不惑の情事」 『文學生活』42号(東京)
荒木太郎 (5) 「女櫛」 『文學者』10月号(東京)
北杜夫 (4) 「浮標」 『文藝首都』9月号(東京)
長沼皎平 (1) 「抵抗のうた」
丹羽正 (2) 「海の遺産」 『青銅時代』3号(東京)
原誠 (5) 「虎の舞台」 『下界』12号(東京)
以下作品名のみの言及
大谷蚊之助 (1) 「二反百姓」 『隊商』
小川国夫 (1) 「ユニアの旅と六つの短篇」 『青銅時代』
藤原作彌 (1) 「石を砕く」 『標的』
八十島元 (1) 「錆びた舌」 『劇場』
195812月号 評者 駒田信二 タイトル 同人雑誌評
優秀作
日秋七美 (2) 「容疑者」 『作家』10月号(名古屋)
- 「編集後記・女の小説」 『α』1号(東京)
村岡倫子 (1) 「飼犬」 『女人文藝』6号(鳥取)
中山あい子 (2) 「虚しい人々」 『女流』8号(東京)
中山あい子 (2) 「夏休み」 『春陽』3号(東京)
小滝和子 (6) 「奇蹟の娘」
吉田タキノ (1) 「頌歌」 『投影』5号(市川)
- - 『婦人文藝』
奥田美穂 (1) 「歌の系譜」 『前後』5号(東京)
和田昇介 (1) 「岡野倉助の死」 『廣島文學』14号
中川国雄 (1) 「魚獲り」
岩崎清一郎 (1) 「稲」
石山滋夫 (8) 「虹」 『九州作家』38号(小倉)
中村光至 (4) 「脱出」 『藝術季刊』4号(福岡)
中村光至 (4) 「漁業法違反」 『文學者』11月号(東京)
三村雅水 (1) 「法の名にかけて」 『東北山脈』21号(仙台)
宮本徳蔵 (1) 「飛鳥に消える花」 『XXX』1号(東京)
篠田浩一郎 (1) 「近代的自我とは何か」評論
渋沢孝輔 (1) 「沙漠」
馬場一郎 (2) 「知られざる遺産」 『斷絶』13号(東京)
崎本牧夫 (1) 「戦争と少年と犬」 『荒野』3号(東京)
林一夫 (1) 「ゼロの抗議」 『文炎』5号(東京)
小林井津志 (3) 「連盃」 『北國文化』7号(金沢)
吉田昌夫 (1) 「一粒の海」 『ばおっく』2号(東京)
黒須重彦 (2) 「遠い花火」 『軌道』1号(東京)
以下作品名のみの言及
別所晨三 (4) 「夏二題」 『集團55』9号(大阪)
町塚昭 (2) 「暮しの中」 『同心圓』6号(東京)
追分直二 (1) 「風」 『新作品』19号(西宮)
武田竹平 (2) 「火箭」 『文脈』18号(松山)
増岡康毅 (1) 「遠い道」 『製鐵文化』49号(福岡八幡製鉄)
平山喜好 (1) 「蟷螂」 『濱工文學』17号(浜松国鉄工場)
中村健二 (2) 「歌のおわり」 『斷絶』
山本儀一 (3) 「蒸氣の洩れる部屋」 『作家群』13号(東京)
森本俊正 (2) 「蝶の翅」
藤野克己 (1) 「霧と波」 『半どん』10号(神戸)
由利浩 (2) 「贈物」 『月水金』10号(東京)
井田裕弘 (1) 「距離と時間」 『文炎』
深井道夫 (1) 「異端の祈り」
真杉盛雄 (1) 「果皮」 『潮流』3号(東京)
相馬繁美 (2) 「あだかがみ」
平尾修 (1) 「樹影地帯」 『砂丘街』14号(鳥取大学)


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1957年へ翌 1959年へ