直木賞のすべて
他文学賞-候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

Last Update[H27]2015/4/22

月村了衛 Tsukimura Ryoe
生没年月日 昭和38年/1963年~
経歴 早稲田大学第一文学部文芸学科卒。
予備校講師を経て、昭和63年/1988年にテレビアニメ『ミスター味っ子』で脚本家デビュー。
平成22年/2010年に『機龍警察』で作家デビュー。
受賞歴・候補歴



きりゅうけいさつ あんこくしじょう
機龍警察  暗黒市場』
(平成24年/2012年9月・早川書房/ハヤカワ・ミステリワールド)
他文学賞 吉川英治文学新人賞 34受賞 一覧へ
候補者 月村了衛 男49歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男61歳
14 「これだけ話を拡げてしまって、はたしてうまく畳めるかどうかはいささか不安であったが、緊張感を長く維持したまま大団円を迎えた。実にタフな作家である。この人間描写と強靭さを、限定されたシリーズの中に閉じこめてほしくはない。」
伊集院静
男63歳
12 「最初読んでいてよくわからなかった。シリーズ物のひとつとわかり、四苦八苦していた時間に舌打ちした。それでも知らぬ間にこの世界に引き込まれたのは“幻想はリアリティである”という言葉のとおりだと認識させられたのだからたいした才能と実力なのだ。」
大沢在昌
男56歳
18 「これは近未来SFの鎧をまとった冒険小説の傑作である。『機龍警察』シリーズの評価が高いのも納得した。作者の月村さんは、真に好きな世界、好きな人物を描いて、縦横に筆をふるっている。ときにご都合主義的な展開もあるが、物語にからめとられている間は、それすらが心地よかった。」
恩田陸
女48歳
16 「何より素晴らしいと思ったのは、やりたいことがはっきりしていて、それをやり遂げる強い意志があるのと同時に、それを徹底したエンターテインメントとして読者に提供する覚悟が明確であるところだ。これを同時になし遂げるのはエンターテインメント作家の理想だが、非常にむずかしいことなのに、見事にやり遂げている。」
京極夏彦
男49歳
45 「(引用者注:「国を蹴った男」とともに)一見「読者を選ぶ」と思われがちな作風であるにも拘らず、両作共にその壁は破られている。」「SFや警察小説に魅力を感じない読者や作中リアリティを保証するために敢えて明文化されない設定に付いて行けない読者までもを小説に引き込んでしまうドライブ感と物語性がある。」「特殊な方向性に特化する形で一般性を獲得するというのは、生半な技量では成し遂げられないことである。」
高橋克彦
男65歳
7 「私は伊東さんの『国を蹴った男』に票を投じたが、月村さんの圧倒的な筆力にも驚いていて、この結果(引用者注:二作授賞)にもちろん異存はない。」
選評出典:『小説現代』平成25年/2013年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要小研究大衆選考会マップ