直木賞のすべて
第118回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

折原一
Orihara Ichi
生没年月日【注】 昭和26年/1951年11月16日~
経歴 埼玉県久喜市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。日本交通交社に勤務。『旅』副編集長などを務める。退社後、『五つの棺』で作家デビュー。妻は推理作家の新津きよみ。
受賞歴・候補歴
処女作 『五つの棺』(昭和63年/1988年5月・東京創元社刊)
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第118回候補  一覧へ

えんざいしゃ
冤罪者』(平成9年/1997年11月・文藝春秋/文春エンターテインメント)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙 「STALKERS」併記 表紙・背・奥付 「ENZAISHA」併記
印刷/発行年月日 発行 平成9年/1997年11月10日(第1刷)
発行者等 発行者 和田 宏 印刷所 理想社 付物印刷 大日本印刷 製本所 加藤製本
発行所 株式会社文藝春秋(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装丁 藤田新策
総ページ数 414 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
25字
×21行
×2段
本文ページ 5~414
(計410頁)
測定枚数 1066
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成12年/2000年11月・文藝春秋/文春文庫『冤罪者』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 折原一 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
黒岩重吾
男73歳
5 「現代の不安感が存在するが、ストーリーが余りにも作為的で、読後、脱力感を覚えた。」
阿刀田高
男63歳
13 「トリックと謎解きを主眼とする推理小説のものさしで計れば充分にレベルを越えた作品であろう。が、直木賞の候補作として読むとき、文章のあや、人物への目配り、筋運びの整合性などに少しずつ疵があるように感じられた。」
平岩弓枝
女65歳
17 「常習犯が犯行を重ねていて、たまたま立件された犯罪だけが無実であり、支援グループが働いて、牢獄から娑婆へひっぱり出した結果、その支援者が彼の犯罪の目撃者になるという皮肉が面白かった。その反面、もう一つの犯罪にかかわり合う人達、殊に恋人を殺された男と、その男の二度目の妻となる女性の描写に、もう一工夫が欲しい。」
井上ひさし
男63歳
26 「これは力作、ある冤罪事件を軸に、「この瞬間も誰かに見張られているのでは……」という神経症的な強迫観念を的確に言語化し、小説にしている。」「事件を切り刻み、前後を並べ変えて、謎を発生させるのも大事であるが、この作品の場合、その度が過ぎて、かえって感興を殺ぎ、登場人物の彫りを浅くした。」
田辺聖子
女69歳
14 「事件が複雑に入り組んでみえるが、それは狂言廻しの五十嵐友也の扱いによるのではないか。友也の人間が書けていないので読み手が信用してついていけない。」「しかし闇の犯罪を掬う手の、指のまたから〈真実〉はこぼれおちてしまう、その現代の悪の一端を示唆して迫力があった。」
渡辺淳一
男64歳
6 「初めは衝動的な行為に走る人間の闇の部分でも探るのかと期待したが、途中からはただの謎解きだけの小説になって失望した。」
津本陽
男68歳
3 「謎解きゲームで、推理小説の分野で活躍する人材だろう。」
五木寛之
男65歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成10年/1998年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「プロローグ――夜の狩人たち」「第一部 暗闇裁判」【「一 事件」「幕間」「二 暗転」「幕間」】「第二部 だまし絵」【「一 波紋」「幕間」「二 事件」「幕間」「三 反転」】「エピローグ――狩人たちの夜」
時代設定 場所設定
1980年代~[同時代]  東京
登場人物
五十嵐友也(ノンフィクション作家)
河原輝男(殺人事件の被疑者)
水沢舞(五十嵐の婚約者、被害者)
小谷ミカ(五十嵐のメール友達)
五十嵐久美子(旧姓・栃本、五十嵐の妻)
森山郁江(獄中の河原と結婚)
水沢みどり(舞の妹)
村越健一郎(少年時代に放火魔)
高山忠義(元刑事)
瀬戸田光弘(被害者の会代表)
樋口佳代(瀬戸田の同居人)
笹岡良三(河原を支援する会会長)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ