直木賞のすべて
第23回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

吉井栄治
Yoshii Eiji
生没年月日【注】 大正2年/1913年☆月☆日~平成2年/1990年☆月☆日
経歴 大阪府大阪市生まれ。東京大学文学部卒。作家・織田作之助とは中学時代からの友人で、のち朝日新聞記者となり将棋観戦記者として名を馳せる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第23回直木賞(昭和25年/1950年上期)「微笑」「北風」
サイト内リンク 将棋・オダサク・直木賞~吉井栄治メモリアル
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第23回候補  一覧へ

びしょう
微笑」(『日輪』昭和25年/1950年春季号[2月])
媒体・作品情報
誌名 「日輪」  別表記表紙・目次・奥付 「文學季刊」併記
巻号 第2輯  別表記春季号
印刷/発行年月日 印刷 昭和25年/1950年1月15日 発行 昭和25年/1950年2月1日
発行者等 編輯兼発行人 中野繁雄 印刷人 若葉孝一 印刷所 丸和出版印刷株式会社(神戸市)
発行所 日輪編輯部(芦屋市)
総ページ数 40 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 22~39
(計18頁)
測定枚数 51
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 吉井栄治 男(37歳)
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男52歳
0  
木々高太郎
男53歳
13 「もう一歩と言うところだが、本人が私小説が文学の一層いゝものだと考えるのをやめると、大衆文学の書ける人であるが、仲々これはやめまいと言う感じだ。」
久米正雄
男58歳
0  
小島政二郎
男56歳
4 「読んで行くに従って、私に訴えて来ない作品は消して行くことにした。」
獅子文六
男57歳
0  
井伏鱒二
男52歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和25年/1950年11月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「4」
時代設定 場所設定
[明治]~同時代  大阪~東京
登場人物
金田秀也(画家志望)
お芳(小料理屋のおかみ、秀也の伯母)
眞泉園子(秀也が思いを寄せる女学生)




直木賞 第23回候補  一覧へ

きたかぜ
北風」(『日輪』昭和24年/1949年秋季号[10月])
媒体・作品情報
誌名 「日輪」  別表記表紙 「文學季刊」併記 奥付 「文学季刊」併記
巻号   別表記秋季号
印刷/発行年月日 印刷 昭和24年/1949年10月20日 発行 昭和24年/1949年10月25日
発行者等 編輯兼発行人 中野繁雄 印刷人 田治一三 印刷所 尼崎出版株式会社(尼崎市)
発行所 日輪編輯部(芦屋市)
総ページ数 22 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
18字
×32行
×4段
本文ページ 16~22
(計7頁)
測定枚数 37
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 吉井栄治 男(37歳)
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男52歳
0  
木々高太郎
男53歳
13 「もう一歩と言うところだが、本人が私小説が文学の一層いゝものだと考えるのをやめると、大衆文学の書ける人であるが、仲々これはやめまいと言う感じだ。」
久米正雄
男58歳
0  
小島政二郎
男56歳
4 「読んで行くに従って、私に訴えて来ない作品は消して行くことにした。」
獅子文六
男57歳
0  
井伏鱒二
男52歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和25年/1950年11月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
昭和初期~同時代  大阪
登場人物
彦沢銀六(棋士、四段)
初枝(煙草屋の看板娘)
辻(関西棋界の第一人者、八段、銀六の師匠)
竹田(銀六と同年代の兄弟子)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ