直木賞のすべて
選評の概要
12345.
678910.
1112131415.
162122232425.
26.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H26]2014/6/20

久米正雄
Kume Masao
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「選考委員の群像 久米正雄」と同じものです。
生没年月日【注】 明治24年/1891年11月23日~昭和27年/1952年3月1日
在任期間 第1回~第16回、第21回~第26回(通算11年・22回)
在任年齢 43歳7ヶ月~51歳1ヶ月、57歳7ヶ月~60歳1ヶ月
経歴 長野県生まれ。東京帝大英文科卒。
第三次『新思潮』に参加、大正4年/1915年に漱石の門下生になる。
次第に新聞、婦人雑誌に多くの通俗的な作品を連載、流行作家となる。
戦後、川端康成たちと鎌倉文庫をはじめ、社長就任。
代表作に小説では「受験生の手記」「螢草」「破船」、戯曲に「牛乳屋の兄弟」などがある。
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 1 昭和10年/1935年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数15 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男43歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
15 「翻案が多いという説には僕も同感ではあるが、然しそれを換骨脱胎する才気は充分推奨に値すると思う。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 2 昭和10年/1935年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数19 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男44歳
候補 評価 行数 評言
獅子文六
男42歳
10 「こうした方面に乏しい吾がジャーナリズムでは、大いに推賞したいものだと今でも思っている。
男43歳
9 「此の人にして此の努力、作品の出来に就いては云う迄もない。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 4 昭和11年/1936年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数5 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男45歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
5 「卒先して木々高太郎の「人生の阿呆」を推薦する。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 6 昭和12年/1937年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数107 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男46歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
51 「時代小説としての興味も、大衆性を含んでいるばかりでなく、此の位の名文は、当然此の大衆文学の世界に、持ち込まれなくてはならぬものである。」
  「因みに、此の井伏君の「ジョン万次郎」を発見して、推薦したのは大佛次郎。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 7 昭和13年/1938年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数35 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男46歳
候補 評価 行数 評言
久保栄
男37歳
12 「此の日本には珍らしく、胆汁質の重厚な作家を、何時かは何かの機会に、世に出したいと思うものは、あながち新劇愛好者ばかりではないと信ずる。」
男43歳
23 「ひょっとすると牧逸馬以上の怪才人であるかも知れない。加うるに、文壇垣外にいる此人の地位も、面白く、且つ意義があると思う。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 8 昭和13年/1938年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数46 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男47歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
23 「是とて異論なき大衆文学ではない。が、尠くとも此際、立直った直木賞の、直木賞たる本来の面目に還って、意義を改めて確立するとすれば、寧ろこう云う作品に与えて、将来の方向を示したい。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 14 昭和16年/1941年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数36 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男50歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 16 昭和17年/1942年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数24 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男51歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
6 「時代物として最も本格な、勉強の跡の歴然たる、田岡典夫君の作品(引用者中略)に、近来の業績をも籠めて、授賞に決定したが、私も双手を挙げて賛成した。」
男36歳
6 「現代ものに苦労している神崎武雄君の作品に、近来の業績をも籠めて、授賞に決定したが、私も双手を挙げて賛成した。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 21 昭和24年/1949年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数99 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男57歳
候補 評価 行数 評言
男45歳
23 「幾分肉体的な戦後派なのも、適当な色気だと思った。」「戦時中に映画で当った「姿三四郎」のために、却って損をしたと考えられる此の作家の、現代物を再認識して欲しい。」
  「一作のみの成果ではなく、長きに亘った業績を残した作家に、授賞しようと云う事になった。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『文藝讀物』昭和24年/1949年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 22 昭和24年/1949年下半期   一覧へ
選評の概要 苦節十年の技倆 総行数30 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男58歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
30 「海の神秘と、多分のロマンチシズムと、抒情味を備えたこれらの作品は、大衆文学として、特殊の高位を持つばかりでなく純文学としても、その彫琢を誇りうるものだ。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『文藝讀物』昭和25年/1950年6月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 23 昭和25年/1950年上半期   一覧へ
選評の概要 屋上更に大屋を 総行数38 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男58歳
候補 評価 行数 評言
女49歳
21 「大変感心した。」「その成り上り振りの所が、幾多説明でカラ渡りして了ったのが難だが、其他の急所々々をよくおさえて、殊に女流として、よく是だけ書いたと思う。」
男46歳
20 「もう少し「泣き笑い」の情味と、作品に苦労の痕、――コクがあったら、猶よかったと思うが、発表当時から既に定評のあったもので、今君の作者としての名声を確定的にするに足りる。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和25年/1950年11月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 24 昭和25年/1950年下半期   一覧へ
選評の概要 檀一雄君を推す 総行数66 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男59歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
27 「満腔の野心を溢らして、よくあれだけの仮構を、仕上げた事に対して、私は敬服した。」「異色あってしかも本筋な描写力は、将来をハッキリ保証させる。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和26年/1951年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 25 昭和26年/1951年上半期   一覧へ
選評の概要 十年努力の一線 総行数76 (1行=15字)
選考委員 久米正雄 男59歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
59 「凡作を敢て推奨するようだが、此辺が直木賞たる所以で、此の十年勤続と精進の後を改めて読者と作家とに、噛みしめて貰って、大衆文学の今後に、一ト先ず一線を劃して置くことに、意義があると思う。」「一年先を見て、期を待とうと吾々が感じて、その期待通りに平凡だが素直に努力したのは、私が経験した限りでは氏が初めて」
  「今期の直木賞の候補には、私は敢て異を立てて、村松梢風君の文学者の伝記小説に、並々でない敬意を感じ、(引用者中略)其ジャーナリズムに仕えた労だけでも、謝したいと思った、」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和26年/1951年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ