直木賞のすべて
第16回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/8/20

神崎武雄
Kanzaki Takeo
生没年月日【注】 明治39年/1906年6月18日~昭和19年/1944年9月17日
受賞年齢 36歳7ヵ月
経歴 福岡県門司市生まれ。早稲田大学文科中退。昭和15年/1940年に新鷹会に参加。海軍報道班員として南方従軍中に戦死。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第12回直木賞(昭和15年/1940年下期)「ノート・ブック」
  • |予選候補| 第14回直木賞(昭和16年/1941年下期)「揚子江」
  • |予選候補| 第15回直木賞(昭和17年/1942年上期)「信義」
  • 第16回直木賞(昭和17年/1942年下期)「寛容」その他
サイト内リンク 作品ダウンロード
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第12回候補  一覧へ
「ノート・ブック」(『大衆文藝』昭和15年/1940年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第2巻 第9号  別表記9月号
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和15年/1940年8月20日 発行 昭和15年/1940年9月1日
発行者等 編輯兼印刷発行人 和田英雄 印刷所 常磐印刷所(東京市) 本誌広告取扱所 八弘社(東京市)
発行所 新小説社(東京市)
装幀/装画等  水三重三
総ページ数 108 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
29字
×22行
×2段
本文ページ 63~77
(計15頁)
測定枚数 43
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 神崎武雄 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男48歳
0  
白井喬二
男51歳
0  
大佛次郎
男43歳
0  
小島政二郎
男46歳
5 「イージーゴーイングである。」
宇野浩二
男49歳
0  
佐佐木茂索
男46歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
同時代  東京
登場人物
あたし(語り手、染次、元・芸者)
お母さん(芸者屋「分里村家」のおかみ、あたしの元雇い主)
お父さん(お母さんの御主人筋、石材商)
花子(静岡の芸者、父さんの贔屓)




直木賞 第14回予選候補  一覧へ

ようすこう
揚子江」(『オール讀物』昭和16年/1941年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」
巻号 第11巻 第9号  別表記9月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「やうすかう」
印刷/発行年月日 印刷 昭和16年/1941年8月3日 発行 昭和16年/1941年9月1日
発行者等 発行兼印刷兼編輯人 香西 昇 印刷所 大日本印刷株式会社榎町工場(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市)
発行所 株式会社文藝春秋社(東京市)
装幀/装画等  嶺田 弘
総ページ数 310 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×22行
×2段
本文ページ 160~178
(計19頁)
測定枚数 40
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 神崎武雄 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男49歳
0  
久米正雄
男50歳
0  
白井喬二
男52歳
0  
小島政二郎
男48歳
2  
片岡鐵兵
男48歳
0  
菊池寛
男53歳
   
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「五」
時代設定 場所設定
同時代  上海南市~崇明島など
登場人物
坂本(潜水夫)
周(苦力、元神戸在)
劉(苦力、抗日教育をうけた青年)




直木賞 第15回推薦候補  一覧へ

しんぎ
信義」(『オール讀物』昭和17年/1942年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」
巻号 第12巻 第5号  別表記5月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「しんぎ」
印刷/発行年月日 印刷 昭和17年/1942年4月18日 発行 昭和17年/1942年5月1日
発行者等 発行兼印刷兼編輯人 香西 昇 印刷所 大日本印刷株式会社榎町工場(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市)
発行所 株式会社文藝春秋社(東京市)
装幀/装画等  松野一夫
総ページ数 198 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×22行
×2段
本文ページ 170~188
(計19頁)
測定枚数 56
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和18年/1943年1月・飛鳥書店刊『誓ひの港』所収「誓ひの港」に改題
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 神崎武雄 男36歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男48歳
27 「「信義」の作者に期待している。」「このテーマを生かし切る奔放にして新鮮な空想のより多き神来があってこそ、文学の雲に駕し得るのだと思う。」
佐佐木茂索
男47歳
5 「「信義」を最も採るが、これとても、此作者なら常に書きこなしている程度の出来である。」
大佛次郎
男44歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「七」
時代設定 場所設定
昭和15年/1940年前後  神奈川県横浜
登場人物
隆三(居酒屋の亭主)
ツル(隆三の妻)
ゴミス(インド人、船のコック)
ペナレス(インド人、船のボーイ)
泉(洋画家)




直木賞 第16受賞  一覧へ

かんよう
寛容」(『オール讀物』昭和17年/1942年11月号)その他
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」
巻号 第12巻 第11号  別表記11月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「くわんよう」
印刷/発行年月日 印刷 昭和17年/1942年10月18日 発行 昭和17年/1942年11月1日
発行者等 発行兼印刷兼編輯人 香西 昇 印刷所 大日本印刷株式会社榎町工場(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市)
発行所 株式会社文藝春秋社(東京市)
装幀/装画等  松野一夫
総ページ数 198 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×22行
×2段
本文ページ 156~171
(計16頁)
測定枚数 46
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和19年/1944年4月・大川屋書店刊『寛容』所収
>>昭和48年/1973年10月・講談社刊『大衆文学大系30 短篇(下)』所収
>>『オール讀物』平成1年/1989年臨時増刊号<直木賞受賞傑作短篇35>[3月]
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
該当期の他の作品
「同行二人」(『大衆文藝』昭和17年/1942年8月号)
「博多安行寺前」(『日の出』昭和17年/1942年8月号)
「嘘」(『大衆文藝』昭和17年/1942年10月号)
「まごころ帖」(『日の出』昭和17年/1942年10月号)
「声」(『大衆文藝』昭和17年/1942年11月号)
「新太郎乗り出す」(『日の出』昭和17年/1942年11月号)
『桜の旗』(昭和17年/1942年7月・杉山書店刊)
『南風』(昭和17年/1942年7月・泰光堂刊)
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 神崎武雄 男36歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男49歳
16 「神崎君の世界は現代小説ゆえ、筋の上にどうしても妥協を免れない。そこに無理が大きな穴をあけている。」
吉川英治
男50歳
4 「読物の作者としての力倆を十分に認めた上で、この際更に構想にも文章にも一層の精進が希みたい。」
佐佐木茂索
男48歳
5 「「寛容」そのものは、後味がも一つすっきりしない憾みあり。」
久米正雄
男51歳
6 「現代ものに苦労している神崎武雄君の作品に、近来の業績をも籠めて、授賞に決定したが、私も双手を挙げて賛成した。」
大佛次郎
男45歳
13 「神崎君の質実な作風の裡に自然に現れているユーモラスな味」「「寛容」だけでは、不満を覚える。」
菊池寛
男54歳
  「可なり難しい大衆文芸の現代物の創作に努力している点を認めたのである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「六」
時代設定 場所設定
大正~昭和初期  東京~上海
登場人物
ドミイ(印度人の露天商)
宮村(やくざの親分)
平野(柔道の先生)
おさき(露天商)
お時(おさきの娘、のちドミイの妻)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ