直木賞のすべて
選評の概要
12345.
678910.
1112131415.
16.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/8/21

白井喬二
Shirai Kyoji
生没年月日【注】 明治22年/1889年9月1日~昭和55年/1980年11月9日
在任期間 第1回~第16回(通算8年・16回)
在任年齢 45歳9ヶ月~53歳3ヶ月
経歴 本名=井上義道。
神奈川県生まれ。日本大学政経科卒。
雑誌編集や、堀越嘉太郎商店勤務などを経て、
大正9年/1920年「怪建築十二段返し」で〈白井喬二〉の筆名を使ってデビュー。
代表作に「新撰組」「祖国は何処へ」「盤嶽の一生」など、
また大正13年/1924年~昭和2年/1927年の「富士に立つ影」はその中でも大衆文芸創成期の一大傑作と言われる。
受賞歴・候補歴
  • 紫綬褒章(昭和40年/1965年)
  • 勲四等旭日小綬章(昭和43年/1968年)
  • 第4回長谷川伸賞(昭和44年/1969年)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 2 昭和10年/1935年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数45 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男46歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
33 「人は歴史小説というかも知れないが、七分の創作力を、僕は買いたい。」「直木の錯爛情毅の妙に比べ、雨工はあくまでも統絲円熟の迫真力ではこんで行く。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 3 昭和11年/1936年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数8 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男46歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
3 「濱本浩や、海音寺潮五郎などが、まず順当だと考えられる。」
濱本浩
男45歳
3 「濱本浩や、海音寺潮五郎などが、まず順当だと考えられる。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 4 昭和11年/1936年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数52 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男47歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
13 「コサカイフボクイライノクウセキヲ一ソウキンダイテキニミタスデアロウ」
獅子文六
男43歳
6 「獅子文六、小栗虫太郎、木々高太郎三氏は殆んど伯仲の作技才幹を感じさせ」
小栗虫太郎
男35歳
6 「獅子文六、小栗虫太郎、木々高太郎三氏は殆んど伯仲の作技才幹を感じさせ」
角田喜久雄
男30歳
15 「好かれ悪かれ大衆文学の正攻法、四つ身の角力で行こうとした此の作者の意気と努力を買うに吝でありません。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 5 昭和12年/1937年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数21 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男47歳
候補 評価 行数 評言
  「新進気鋭の士の奮起を促す情勢が醸し出されて来たことは言明できるのである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 6 昭和12年/1937年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数10 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男48歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
10 「とりわけ積極性は無いが、然し乍ら、この燻し銀の描写は、達人ならずしては得易からざる境地である。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 7 昭和13年/1938年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数33 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男48歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
33 「描写の巧拙を超越して驚嘆すべき吸引力だ。その吸引力のためには、なりふり厭わぬ大胆さも大いに買うべきであろう。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 8 昭和13年/1938年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数13 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男49歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
13 「時流におもねらざる堂々の陣を張っている作風が宜しい。戦争の描写も絶妙とは言い難いも手堅くて雄渾だ。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 10 昭和14年/1939年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数87 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男50歳
候補 評価 行数 評言
大庭さち子
女35歳
20 「主材は時局物だが、人間心理の普遍性に透徹している所に、此作のはっきりとした存立価値があると思った。」
岩下俊作
男33歳
12 「鈍重な筆致であり、文学形式としては一種の旧套派であろう。然し強く読む者の魂をゆらいで行く所がある。」
松坂忠則
男38歳
13 「昨日までの戦争文学を無視し、灰汁を抜いて、何の遅滞もなくタイプして行く。」「戦争小説を文学賞とするに当って点が甘過ぎることは、警戒すべきだと思った。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 11 昭和15年/1940年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数12 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男50歳
候補 評価 行数 評言
女22歳
5 「今度は僕も賛成。」「角度は狭けれど、才筆掬すべし。」
男41歳
7 「この人の経歴や努力には敬意を表するも、後半、人情噺に道を急ぎ、落着きなし。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 12 昭和15年/1940年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数57 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男51歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
16 「努力型であるが中々角度の広い人だ。」「作も作だが、村上氏の作家経歴が物を言って今回の栄冠を頂くことになったと云えよう。」
伊地知進
男36歳
11 「何事も弁訴しないという軍人精神で一篇を意義づけている。」「充分に入選の力量を備えた人だ。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 13 昭和16年/1941年上半期   一覧へ
選評の概要 (座談会形式) 総行数62 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男51歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
36 「本格的に時局物をあれだけの規模で書いたというので、「雲南」なんかいい所じゃないかね。」「あれだけに纏めるということはいい腕前だ。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 14 昭和16年/1941年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数105 (1行=15字)
選考委員 白井喬二 男52歳
候補 評価 行数 評言
長谷川幸延
男37歳
45 「どの作品も大阪風俗史とでも云うような、一種の現代史材主義小説といった狙い所に、一つの特点がある」「うまいにはうまいと、皆そこでは一致した。只だ、そのうまさが稀しいものでないと云う不満が、じっと考えてみるとその底に低迷するのを感ずるのだ。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 選考委員の一覧へ