直木賞のすべて
第12回
  • =受賞者=
  • 村上元三
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/8/20

村上元三
Murakami Genzo
生没年月日【注】 明治43年/1910年3月14日~平成18年/2006年4月3日
受賞年齢 30歳10ヵ月
経歴 旧朝鮮元山生まれ。青山学院中等部卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第15回サンデー毎日大衆文芸[選外佳作](昭和9年/1934年下期)「利根の川霧」
  • |候補| 第16回サンデー毎日大衆文芸[選外佳作](昭和10年/1935年上期)「近江くづれ」
  • |候補| 第9回直木賞(昭和14年/1939年上期)「蝦夷日誌」
  • |候補| 第11回直木賞(昭和15年/1940年上期)「算盤」
  • 第12回直木賞(昭和15年/1940年下期)「上総風土記」その他
  • |候補| 第4回新潮社文芸賞〔第二部〕(昭和16年/1941年)『先駆者の旗』
  • 第16回NHK放送文化賞(昭和39年/1964年度)
  • 紫綬褒章(昭和49年/1974年)
  • 勲三等瑞宝章(昭和56年/1981年)
処女作 「利根の川霧」(昭和9年/1934年)
直木賞
選考委員歴
第32回~第102回(通算35.5年・71回)
サイト内リンク 小研究-記録(年少受賞)
備考 ホームページをご覧の方より情報をご提供いただき、
「上総風土記」収録の河出書房市民文庫の刊行年月を追加しました。
貴重な情報ありがとうございます。
(2007.6.16記)
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第9回候補  一覧へ

えぞにっし
蝦夷日誌」(『大衆文藝』昭和14年/1939年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第1巻 第3号  別表記5月号
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和14年/1939年4月20日 発行 昭和14年/1939年5月1日
発行者等 編輯兼印刷発行人 和田英雄 印刷所 常磐印刷所(東京市)
発行所 新小説社(東京市)
総ページ数 104 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×18行
×2段
本文ページ 56~75
(計20頁)
測定枚数 45
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和15年/1940年9月・春陽堂刊『先駆者の旗』所収
>>昭和16年/1941年7月・博文館/名作小説『北海に叫ぶ』所収
>>昭和55年/1980年12月・立風書房刊『北海道文学全集 第12巻 北辺の観照』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 村上元三 男29歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男45歳
9 「文章も苦心して書かれているし、克明に引っ組んでいるし、が、このままでは教室秀才型を一歩も出ていないと思う。」
佐佐木茂索
男44歳
1 「一つ或は二つを抜いて、「これに直木賞を」というものは見当らなかった。」
菊池寛
男50歳
   
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「七」
時代設定 場所設定
江戸中期  蝦夷地絵鞆~厚岸
登場人物
尾形康次郎(厚岸会所の新しい元締)
おきよ(箱館の娘、厚岸への密航者)
野中市左衛門(津軽守備兵隊長)
柴田記内(南部守備兵隊長、野中と反目)




直木賞 第11回候補  一覧へ

そろばん
算盤」(『大衆文藝』昭和15年/1940年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第2巻 第5号  別表記5月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「そろばん」
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和15年/1940年4月20日 発行 昭和15年/1940年5月1日
発行者等 編輯兼印刷発行人 和田英雄 印刷所 常磐印刷所(東京市)
発行所 新小説社(東京市)
装幀/装画等  玉井
総ページ数 128 表記上の枚数 編輯後記 約40枚 基本の文字組
(1ページ当り)
29字
×22行
×2段
本文ページ 8~22
(計15頁)
測定枚数 41
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和17年/1942年3月・湯川弘文社刊『花火』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 村上元三 男30歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男46歳
22 「こっちから大衆小説の型に嵌まって行って描写も、筋の発展も、すべて先人の跡を追い、我とわが筆を窮屈にしている」
白井喬二
男50歳
0  
宇野浩二
男49歳
22 「書き方が窮屈で、『父と子』というものを書き分けたつもりであろうが、それだけの腕がないために作品全体が曖昧になっている。」
佐佐木茂索
男45歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「六」
時代設定 場所設定
幕末  駿府
登場人物
多紀屋彦右衛門(駿府城下の商人)
清太郎(彦右衛門の息子)
伊集院譲(駿府与力、幕府側の彰義隊員)




直木賞 第12受賞  一覧へ

かずさふどき
上総風土記」(『大衆文藝』昭和15年/1940年10月号)その他
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第2巻 第10号  別表記10月号
作品名 別表記 「上總風土記」
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和15年/1940年9月20日 発行 昭和15年/1940年10月1日
発行者等 編輯兼印刷発行人 和田英雄 印刷所 常磐印刷所(東京市)
発行所 新小説社(東京市)
装幀/装画等  鳥居 信
総ページ数 120 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
29字
×22行
×2段
本文ページ 8~26
(計19頁)
測定枚数 54
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和16年/1941年5月・新小説社刊『上総風土記』所収
>>昭和21年/1946年8月・凡人社/小説文庫『花の絵便り』所収
>>昭和26年/1951年8月・河出書房/市民文庫『上総風土記』所収
>>『読切読物倶楽部』昭和28年/1953年新春増刊号<大衆文芸受賞作品選集>[1月]
>>昭和32年/1957年8月・角川書店刊『現代国民文学全集7巻 村上元三集』所収
>>昭和37年/1962年12月・春陽堂書店/春陽文庫『上総風土記』所収
>>昭和53年/1978年12月・東京文芸社刊『利根の川霧・上総風土記 村上元三自選作品集』所収
>>昭和58年/1983年1月・六興出版刊『上総風土記』所収
>>『オール讀物』平成1年/1989年臨時増刊号<直木賞受賞傑作短篇35>[3月]
>>平成6年/1994年11月・ぎょうせい刊『ふるさと文学館 第一三巻 千葉』所収
>>平成14年/2002年6月・光文社/光文社文庫『侍たちの歳月 新鷹会・傑作時代小説選』所収
>>平成19年/2007年12月・集英社/集英社文庫『江戸の鈍感力 時代小説傑作選』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
該当期の他の作品
「流れ雲の唄」(『講談倶楽部』昭和15年/1940年8月号)
>>昭和16年/1941年5月・新小説社刊『上総風土記』所収
「高砂舟」(『新青年』昭和15年/1940年8月号)
>>昭和16年/1941年7月・博文館/名作小説『北海に叫ぶ』所収
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 村上元三 男30歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男48歳
21 「才気といっては四名のうち村上元三氏に及ぶものはない。意識してそう書くのではなく素質にあるものであろう。」
白井喬二
男51歳
16 「努力型であるが中々角度の広い人だ。」「作も作だが、村上氏の作家経歴が物を言って今回の栄冠を頂くことになったと云えよう。」
大佛次郎
男43歳
19 「淡々と忌味なく書いていながら、書くだけのものを充分に書いている手腕は推賞に値する。」
小島政二郎
男46歳
39 「旨くなったものだと思う。」「冬の裸木のように葉と云う葉を揮い落して、インデスペンサブルなものだけを携げて人間性に迫ろうとした意欲は壮とすべきだろう。」
宇野浩二
男49歳
19 「描写も簡潔であり、そのために窮屈なところもあるが、筋の運び方に割りに無理がないし、終りの方が幾らか呆気ないけれど、全体から見て、面白い。」
佐佐木茂索
男46歳
5 「候補作(引用者中略)中では「廟行鎮再び」「上総風土記」「法善寺横町」を採る。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「別れ」「鬼の顔」「土間の寝床」「蜜柑と繭」「肌の匂い」「雪の朝」「十一年目」
時代設定 場所設定
江戸中期  上総国市原郡
登場人物
市兵衛(名主家の下男)
おのぶ(市兵衛の妻)
次郎兵衛(姉ヶ崎村名主)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ