直木賞のすべて
選評の概要
12345.
678910.
1112131415.
16.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H26]2014/6/20

佐佐木茂索
Sasaki Mosaku
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「選考委員の群像 佐佐木茂索」と同じものです。
生没年月日【注】 明治27年/1894年11月11日~昭和41年/1966年12月1日
在任期間 第1回~第16回(通算8年・16回)
在任年齢 40歳7ヶ月~48歳1ヶ月
経歴 京都府生まれ。京都一中中退。新潮社、中央美術社、時事新報社勤務の間、
「ある死・次の死」「選挙立合人」「曠日」などを発表。
その後も「春の外套」「夢の話」「困った人達」などの小説を書くが、
昭和4年/1929年文藝春秋社に入社し総編集長となり、創作を絶つ。昭和21年/1946年、文藝春秋新社の社長に就任。
芥川賞・直木賞の創設以来、長い間、運営実務面でのトップを務めた。
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 1 昭和10年/1935年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数22 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男40歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
13 「川口君に気の毒でもあったのは、(引用者中略)その生活態度まで論ぜられた点である。」「とは云え同君も三省すべき点あるは首肯しよう。」
  「大衆文芸は、「習うよりは慣れ」のアアチザン的何物かが可なり必須のものとして存在するようである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 2 昭和10年/1935年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数2 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男41歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 3 昭和11年/1936年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数7 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男41歳
候補 評価 行数 評言
獅子文六
男43歳
5 「獅子文六氏を持出したが賛成者がなかった。」
男34歳
3 「前回既に言及しておいた。その後立派に流行児の域まで来たと思ったから、今度は獅子文六氏を持出した」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 4 昭和11年/1936年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数11 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男42歳
候補 評価 行数 評言
橘外男
男42歳
2 「思い切って橘外男である。」
獅子文六
男43歳
2 「獅子文六氏は既に推せんの要がなくなったとならば、」
男39歳
8 「既に幾冊かの著書を持ち立派に「売出し」てしまった氏を今更、という気持は相当濃い。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 5 昭和12年/1937年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数14 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男42歳
候補 評価 行数 評言
『新喜劇』同人
団体1歳
14 「この機に「新喜劇」同人の才智に敬意を表し、同好の士の注意を喚起出来れば幸いである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 6 昭和12年/1937年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数8 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男43歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
8 「味のある作家井伏君は、今後大衆作家に何事かを教えるかも知れない。少くも文章の点に於てでも。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 8 昭和13年/1938年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数13 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男44歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
6 「第一回の川口松太郎以来、直木賞は半既成作家のあとを追っている傾向を此新人によって払拭したい。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 9 昭和14年/1939年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数40 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男44歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 11 昭和15年/1940年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数18 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男45歳
候補 評価 行数 評言
男41歳
11 「日記と手紙で首尾を整えた形式が、寧ろ窮屈である。」「この欠点は書き慣れれば当然何処かへ消えて行く性質のものと信じる故に、敢て同氏を推したのである。」
女22歳
8 「最大傑作は「小指」である。「雛妓」の如きは凡庸に過ぎる。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 12 昭和15年/1940年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数17 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男46歳
候補 評価 行数 評言
伊地知進
男36歳
8 「最も高く評価する。」「しかし此作者のものは他に何も知らないので、この一つを以て直ちに直木賞だと主張する強さを私は持ち得なかった。」
男30歳
5 「候補作(引用者中略)中では「廟行鎮再び」「上総風土記」「法善寺横町」を採る。」
長谷川幸延
男36歳
7 「実に達者で、此の種の作品なら、此の作者は次ぎ次ぎに書きそうである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 13 昭和16年/1941年上半期   一覧へ
選評の概要 (座談会形式) 総行数35 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男46歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
3 「ぜひこれに限るというようなことはないのですがね。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 15 昭和17年/1942年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数29 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男47歳
候補 評価 行数 評言
  「なかには退屈で堪らないものがあった。」「妙に「文学」がらずに、「大衆」がって欲しい。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 16 昭和17年/1942年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数14 (1行=15字)
選考委員 佐佐木茂索 男48歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
9 「調べた素材に武者振りついて行くのは賛成だが、それを少くも「強情いちご」ぐらいにほぐして書かなくては、と思う。」
男36歳
5 「「寛容」そのものは、後味がも一つすっきりしない憾みあり。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 選考委員の一覧へ