直木賞のすべて
第3回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/11/28

海音寺潮五郎
Kaionji Chogoro
生没年月日【注】 明治34年/1901年11月5日(戸籍上では3月13日)~昭和52年/1977年12月1日
受賞年齢 35歳4ヵ月
経歴 本名=末富東作(スエトミ・トウサク)。鹿児島県伊佐郡大口村(現・大口市)生まれ。国学院大学高等師範部国漢科卒。中学教師を務める傍ら、昭和4年/1929年サンデー毎日大衆文芸に「うたかた草紙」が入選。昭和9年/1934年教師を辞し職業作家に。
受賞歴・候補歴
  • 第5回サンデー毎日大衆文芸[甲入選](昭和4年/1929年下期)「うたかた草紙」
  • サンデー毎日創刊十年記念長篇大衆文芸[入選・時代物](昭和7年/1932年)「風雲」
  • |候補| 第1回直木賞(昭和10年/1935年上期)
  • |候補| 第2回直木賞(昭和10年/1935年下期)
  • 第3回直木賞(昭和11年/1936年上期)「天正女合戦」「武道伝来記」その他
  • |候補| 第3回新潮社文芸賞〔第二部〕(昭和15年/1940年)『柳沢騒動』
  • |候補| 第10回読売文学賞[小説賞](昭和33年/1958年)『平将門』
  • 第16回菊池寛賞(昭和43年/1968年)
  • 第4回新風賞(昭和44年/1969年)『天と地と』
  • |候補| 第3回吉川英治文学賞(昭和44年/1969年)『幕末動乱の男たち』その他
  • 第24回NHK放送文化賞(昭和47年/1972年度)
  • 紫綬褒章(昭和47年/1972年)
  • 文化功労者(昭和48年/1973年)
  • 第33回日本藝術院賞[文芸](昭和51年/1976年度)
  • 大口市名誉市民(昭和52年/1977年)
処女作 「うたかた草紙」(『サンデー毎日』昭和4年/1929年9月22日号)
個人全集 『海音寺潮五郎全集』全21巻(昭和44年/1969年10月~昭和46年/1971年6月・朝日新聞社刊)
直木賞
選考委員歴
第39回~第63回(通算12.5年・25回)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第1回候補  一覧へ
昭和10年/1935年上半期 業績全般
該当期までの作品
昭和4年/1929年
「うたかた草紙」(『サンデー毎日』昭和4年/1929年9月22日号)
昭和7年/1932年
「風雲」(『サンデー毎日』昭和7年/1932年8月7日号~昭和8年/1933年2月5日号)
>>昭和11年/1936年11月・東京アトリエ社/新鋭大衆小説全集『風雲』
昭和8年/1933年
「久坂玄瑞の恋」(『話』昭和8年/1933年4月号)
「弥惣左覚書」(『オール讀物』昭和8年/1933年5月号)
>>昭和14年/1939年12月・八紘社杉山書店刊『千石鶉』所収
「河上彦斎の死」(『サンデー毎日』昭和8年/1933年6月4日号)
「生きる道」(『オール讀物』昭和8年/1933年8月号)
「武士といふものは」(『大衆倶楽部』昭和8年/1933年☆月号)
>>昭和14年/1939年12月・八紘社杉山書店刊『千石鶉』所収
昭和9年/1934年
「因州ばなし」(『オール讀物』昭和9年/1934年1月号)
「愛染」(『大衆倶楽部』昭和9年/1934年1月号)
「無法者」(『講談倶楽部』昭和9年/1934年1月号)
>>昭和14年/1939年12月・八紘社杉山書店刊『千石鶉』所収
「闘犬術」(『大衆倶楽部』昭和9年/1934年2月号)
「千石鶉」(『サンデー毎日』昭和9年/1934年春季特別号[3月])
>>昭和14年/1939年12月・八紘社杉山書店刊『千石鶉』所収
「生きていた団右衛門」(『娯楽雑誌』昭和9年/1934年4月号、5月号)
「身分」(『大衆倶楽部』昭和9年/1934年5月号)
>>昭和18年/1943年☆月・聖紀書房刊『大風の歌』所収
「白雲の上」(『サンデー毎日』昭和9年/1934年夏季特別号[6月])
「もつれ」(『東京朝日新聞』昭和9年/1934年6月☆日)
「恋ね槃」(『大衆倶楽部』昭和9年/1934年7月号~9月号)
「転変」(『オール讀物』昭和9年/1934年7月号)
>>昭和14年/1939年12月・八紘社杉山書店刊『千石鶉』所収
「男の仕事」(『サンデー毎日』昭和9年/1934年秋季特別号[9月])
>>昭和15年/1940年☆月・博文館刊『勤王小説名作集』所収
>>昭和18年/1943年☆月・聖紀書房刊『大風の歌』所収
「渡世仁義」(『雄弁』昭和9年/1934年10月号)
>>昭和11年/1936年8月・新小説社/股旅小説全集『恥を知る者』所収
>>昭和16年/1941年5月・教育社/新歴史文学選書『武道伝来記』所収
「浅茅」(『オール讀物』昭和9年/1934年11月号)
>>昭和14年/1939年12月・八紘社杉山書店刊『千石鶉』所収
「武士道うらおもて」(『日の出』昭和9年/1934年11月号)
>>昭和11年/1936年8月・新小説社/股旅小説全集『恥を知る者』所収
>>昭和16年/1941年5月・教育社/新歴史文学選書『武道伝来記』所収
 
該当期の作品
「一夢物語」(『大衆倶楽部』昭和10年/1935年1月号)
>>昭和13年/1938年☆月・八紘社刊『南風薩摩歌』所収
「幸福」(『サンデー毎日』昭和10年/1935年新春特別号[1月])
>>昭和18年/1943年☆月・聖紀書房刊『大風の歌』所収
>>『読切倶楽部』昭和28年/1953年11月号
「恥を知る者」(『サンデー毎日』昭和10年/1935年1月6日号~2月24日号)
>>昭和11年/1936年8月・新小説社/股旅小説全集『恥を知る者』所収
>>昭和16年/1941年5月・教育社/新歴史文学選書『武道伝来記』所収
「勝敗」(『大衆倶楽部』昭和10年/1935年2月号)
「道中役者」(『講談倶楽部』昭和10年/1935年2月号)
>>昭和11年/1936年8月・新小説社/股旅小説全集『恥を知る者』所収
>>昭和16年/1941年5月・教育社/新歴史文学選書『武道伝来記』所収
「紅蓮」(『大衆倶楽部』昭和10年/1935年3月号)
「生死」(『オール讀物』昭和10年/1935年3月号)
「狐妖太平噺」(『日の出』昭和10年/1935年3月号)
「髭の大膳」(『大阪朝日新聞』昭和10年/1935年3月)
「暁の歌」(『大衆倶楽部』昭和10年/1935年4月号)
「中山忠光の死」(『大衆倶楽部』昭和10年/1935年4月号)
「母子草」(『ホームライン』昭和10年/1935年4月号)
「さびしき人」(『週刊朝日』昭和10年/1935年大衆読物号[5月])
>>昭和11年/1936年8月・新小説社/股旅小説全集『恥を知る者』所収
>>昭和16年/1941年5月・教育社/新歴史文学選書『武道伝来記』所収
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 海音寺潮五郎 男33歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男37歳
0  
吉川英治
男42歳
0  
久米正雄
男43歳
0  
小島政二郎
男41歳
0  
三上於菟吉
男44歳
3 「濱本浩、岡戸武平、海音寺潮五郎、川口松太郎の諸君を候補として種々考慮の結果、」
佐佐木茂索
男40歳
0  
菊池寛
男46歳
   
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第2回候補  一覧へ
昭和10年/1935年下半期 業績全般
該当期の作品
「海の荒鷲」(『オール讀物』昭和10年/1935年6月号~9月号)
>>昭和11年/1936年8月・春秋社刊『天正女合戦』所収
「桜井の白百合」(『少女倶楽部』昭和10年/1935年7月号)
「ままならず」(『サンデー毎日』昭和10年/1935年秋季特別号[9月])
「一枚起誓文」(『講談雑誌』昭和10年/1935年10月号)
「秋夕夢」(『婦人倶楽部』昭和10年/1935年10月号)
「青空街道」(『日の出』昭和10年/1935年10月号~12月号)
「関の戸」(『週刊朝日』昭和10年/1935年大衆読物号[11月])
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 海音寺潮五郎 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
久米正雄
男44歳
0  
小島政二郎
男42歳
0  
佐佐木茂索
男41歳
2 「海音寺潮五郎氏の進境に関心を持つ。」
白井喬二
男46歳
3 「他に濱本、海音寺、湊などの諸君が押された。」
大佛次郎
男38歳
0  
菊池寛
男47歳
  「候補者としては、浜本浩、海音寺潮五郎君などが、有力であった。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第3受賞  一覧へ

てんしょうおんなかっせん
天正女合戦」(『オール讀物』昭和11年/1936年4月号~7月号)その他
媒体・作品情報
分載回数 全4回
誌名 「オール讀物」  別表記(1)~(4)表紙・目次 「文藝春秋」併記
巻号 (1)第6巻 第4号 (2)第6巻 第5号 (3)第6巻 第6号 (4)第6巻 第7号  別表記(1)4月号 (2)5月号 (3)6月号 (4)7月号
作品名 別表記 「天正女合戰」 (1)~(4)本文 ルビ有り「びぢよえんし てんしやうをんなかつせん」
印刷/発行年月日 (1)印刷 昭和11年/1936年3月3日 発行 昭和11年/1936年4月1日 (2)印刷 昭和11年/1936年4月3日 発行 昭和11年/1936年5月1日 (3)印刷 昭和11年/1936年5月3日 発行 昭和11年/1936年6月1日 (4)印刷 昭和11年/1936年6月3日 発行 昭和11年/1936年7月1日
発行者等 発行兼印刷兼編輯人 菊池武憲 印刷所 大日本印刷株式会社榎町工場(東京市)
発行所 株式会社文藝春秋社(東京市)
装幀/装画等 (1) 志村立美 (2)~(4) 富田千秋
総ページ数 (1)506 (2)506 (3)506 (4)506 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
(1)~(4)
27字
×20行
×2段
本文ページ (1)469~490 (2)434~453 (3)96~116 (4)432~449
(計81頁)
測定枚数 145
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和11年/1936年8月・春秋社刊『天正女合戦』所収
>>昭和14年/1939年2月・八紘社大陸版『大奥秘帖』所収
>>昭和15年/1940年4月・春陽堂書店/春陽堂文庫『天正女合戦』
>>昭和26年/1951年9月・同光社刊『天正女合戦』(「茶道太閤記」の改題作)
>>『読切読物倶楽部』昭和28年/1953年新春増刊号<大衆文芸受賞作品選集>[1月]
>>昭和29年/1954年2月・春陽堂書店/春陽文庫『天正女合戦』
>>昭和45年/1970年9月・朝日新聞社刊『海音寺潮五郎全集 第8巻』所収
>>『オール讀物』平成1年/1989年臨時増刊号<直木賞受賞傑作短篇35>[3月]
>>平成16年/2004年7月・メディアファクトリー/ダ・ヴィンチ特別編集7『消えた受賞作 直木賞編』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 海音寺潮五郎 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男43歳
28 「今度の賞は、同君の過去に対する一種の努力賞でもあり、将来への鞭撻賞ともいえるもので、僕の敢然と挙げた讃手も、多分にその二つの意味になる。」
白井喬二
男46歳
3 「濱本浩や、海音寺潮五郎などが、まず順当だと考えられる。」
菊池寛
男47歳
4 「一作一作ジリジリと力量を上げている海音寺君に、贈ることが適当だと思った。」
小島政二郎
男42歳
8 「文章にも艶が出、描写にも生彩が生じて来た。」
大佛次郎
男38歳
5 「よく仕事をしている海音寺氏に落着いたのは自然の帰結であろう。」
佐佐木茂索
男41歳
3 「前回既に言及しておいた。その後立派に流行児の域まで来たと思ったから、今度は獅子文六氏を持出した」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「お茶々殿」「数寄屋」「摘み花供養」「千の宗易」「虚々実々」「僧綱」「なぞ」「権力を持つ者」「天に抛つ」
時代設定 場所設定
天正年間[桃山時代]  京周辺
登場人物
秀吉(天下人)
千の宗易(茶人)
お吟(千の宗易の娘)
北の政所(秀吉の正室)
お茶々殿(のちの淀君、秀吉の側室)




直木賞 第3受賞  一覧へ

ぶどうでんらいき
武道伝来記」(『日の出』昭和11年/1936年3月号)その他
媒体・作品情報
誌名 「日の出」
巻号 第5巻 第3号  別表記3月号
作品名 別表記 「武傳來記」 本文 ルビ有り「ぶだうでんらいき」
印刷/発行年月日 印刷 昭和11年/1936年1月28日 発行 昭和11年/1936年3月1日
発行者等 編輯兼発行者 佐藤義夫 印刷者 佐々木俊一 印刷所 富士印刷株式会社(東京市)
発行所 新潮社(東京市)
装幀/装画等  小田富彌
総ページ数 604 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
28字
×20行
×2段
本文ページ 352~376
(計25頁)
測定枚数 53
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和11年/1936年8月・新小説社/股旅小説全集『恥を知る者』所収
>>昭和16年/1941年5月・教育社/新歴史文学選書『武道伝来記』所収
>>平成2年/1990年11月・光文社/光文社文庫『武道伝来記』所収
>>平成16年/2004年6月・ベストセラーズ/ベスト時代文庫『武士の本懐 武士道小説傑作選』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
該当期の他の作品
「大老堀田正俊」(『改造』昭和11年/1936年1月号)
>>昭和53年/1978年4月・講談社/講談社文庫『海音寺潮五郎短篇総集1』所収
>>平成8年/1996年1月・青樹社/青樹社文庫『江戸城事件史1 徳川武家騒動記』所収
「寛永ばなし」(『サンデー毎日』昭和11年/1936年新春特別号[1月])
>>昭和11年/1936年8月・新小説社/股旅小説全集『恥を知る者』所収
>>昭和16年/1941年5月・教育社/新歴史文学選書『武道伝来記』所収
「愛憎」(『サンデー毎日』昭和11年/1936年2月16日号)
「薩摩歌」(『サンデー毎日』昭和11年/1936年春季特別号[3月])
「仇討人と恋」(『週刊朝日』昭和11年/1936年春季特別号[4月])
「双燕譜」(『日曜報知』昭和10年/1935年10月20号~昭和11年/1936年3月15日号)
>>昭和11年/1936年8月・春秋社刊『天正女合戦』所収
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 海音寺潮五郎 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男43歳
28 「今度の賞は、同君の過去に対する一種の努力賞でもあり、将来への鞭撻賞ともいえるもので、僕の敢然と挙げた讃手も、多分にその二つの意味になる。」
白井喬二
男46歳
3 「濱本浩や、海音寺潮五郎などが、まず順当だと考えられる。」
菊池寛
男47歳
4 「一作一作ジリジリと力量を上げている海音寺君に、贈ることが適当だと思った。」
小島政二郎
男42歳
8 「文章にも艶が出、描写にも生彩が生じて来た。」
大佛次郎
男38歳
5 「よく仕事をしている海音寺氏に落着いたのは自然の帰結であろう。」
佐佐木茂索
男41歳
3 「前回既に言及しておいた。その後立派に流行児の域まで来たと思ったから、今度は獅子文六氏を持出した」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「十二」
時代設定 場所設定
江戸  小藩
登場人物
間宮和三郎(松平石見守の家臣)
間宮織部(和三郎の父)
的場仙太郎(勘定奉行の次男、和三郎の敵)
鈴木美代(間宮家の隣家の娘)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ