直木賞のすべて
選評の概要
12345.
678910.
1112131415.
1617181920.
27282930.
3132333435.
3637383940.
4142434445.
4647.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H27]2015/11/3

吉川英治
Yoshikawa Eiji
生没年月日【注】 明治25年/1892年8月11日~昭和37年/1962年9月7日
在任期間 第1回~第20回、第27回~第47回(通算20.5年・41回)
在任年齢 42歳10ヶ月~52歳4ヶ月、59歳10ヶ月~69歳10ヶ月
経歴 本名=吉川英次。
神奈川県生まれ。太田尋常高小中退。
船員工など職を転々とし、大正3年/1914年に「講談倶楽部」の懸賞小説に「江の島物語」が一等当選。
大正10年/1921年~12年、東京毎夕新聞社勤務後、専業作家となる。
「鳴門秘帖」「親鸞」「宮本武蔵」「新・平家物語」「私本太平記」など数多くの作品を遺した。
受賞歴・候補歴
  • 第1回菊池寛賞(昭和28年/1953年)『新・平家物語』
  • 第8回文藝春秋読者賞(昭和30年/1955年上期)「忘れ残りの記」
  • 朝日賞(昭和30年/1955年度)小説『新・平家物語』
  • 文化功労者(昭和35年/1960年)
  • 文化勲章(昭和35年/1960年)
  • 第3回毎日芸術賞[大賞][文学部門](昭和36年/1961年度)『私本太平記』
個人全集 『吉川英治全集』全53巻・補5巻(講談社)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 1 昭和10年/1935年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数45 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男42歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
33 「川口君の近作の巧緻な所は充分に感心しているが、早く、小成させたくない気もする。」「人間的修養に多分な薄ッぺらさえも僕は君に正直に感じる、」
  「大衆文学の持つ本質が複雑である、一作を挙げて推賞に足るものを見出すことは甚だ困難であることを知った。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 3 昭和11年/1936年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数28 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男43歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
28 「今度の賞は、同君の過去に対する一種の努力賞でもあり、将来への鞭撻賞ともいえるもので、僕の敢然と挙げた讃手も、多分にその二つの意味になる。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 4 昭和11年/1936年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数82 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男44歳
候補 評価 行数 評言
獅子文六
男43歳
31 「ユーモア文学に於て一家を為すの至難は日本の文壇はわけてもユーモア作家虐遇の傾向があって来たのだから、直木旗をここの陣士に一度は授けたい。」
男39歳
51 「やや専門的なものに偏しているのが、深みに於て特徴でもある代り、欠点ともいえる。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 6 昭和12年/1937年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数30 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男45歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
30 「氏の作品全体を通じて脈流しているものの中には、現在の大衆文学が持たない特殊な大衆文学性がある。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 7 昭和13年/1938年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数17 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男45歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
17 「数え立てれば、幾多の欠点や不満が指摘されるであろう。しかし、氏の特徴的な不逞な面魂はそれらの欠点を充分補っている。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 8 昭和13年/1938年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数62 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男46歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
62 「受賞を機会に文壇的中央へ作品を贈るとなると、材料をこなす手腕は充分に認め得られるが、その史眼なり対大衆層への心がまえに、もっと広義な野望と太い線とをこの作家に持たせたいと私は思うのである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 12 昭和15年/1940年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数144 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男48歳
候補 評価 行数 評言
伊地知進
男36歳
47 「文学であろうとなかろうと、超然たるほどの何かをもっている。一言でいえば作りものでない力といえるかも知れない。」
男30歳
21 「才気といっては四名のうち村上元三氏に及ぶものはない。意識してそう書くのではなく素質にあるものであろう。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 13 昭和16年/1941年上半期   一覧へ
選評の概要 直木賞席外寸言 総行数60 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男48歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
33 「この作家に嘱目する所以は、すでに一度大衆文学の素材域としては古くもなり荒されもして顧みられなくなった所から新しい伝奇小説が単なる伝奇にとどまらず時潮的意義を併せ持って、しかも読者のロマンチシズムの欲求をも充してゆけるであろうという期待にある。」
長谷川幸延
男37歳
17 「いつも淡味なユーモアと、あかぬけのした素材をばっちりと描く。」「いつでも推薦されるに足るだけの素養はもう十分できている人と観る。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 14 昭和16年/1941年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数73 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男49歳
候補 評価 行数 評言
  「やや問題になった一、二の作品に対して私に問われれば、余りにいま猶小乗的文学味にとらわれていて何の脱殻も見えないことに遺憾を延べざるを得ない。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 16 昭和17年/1942年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数14 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男50歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
10 「土佐人固有な一種の郷土人性がよく描かれている。」「現代の要求している力強い意志とか新鮮さには乏しい憾みがある。」
男36歳
4 「読物の作者としての力倆を十分に認めた上で、この際更に構想にも文章にも一層の精進が希みたい。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 17 昭和18年/1943年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数81 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男50歳
候補 評価 行数 評言
山本周五郎
男40歳
21 「「名婦伝」の真面目な勉強を私は認めたい。決して新鮮なる描破や感激の盛り上るようなものを持っている作品ではないが、手がたいと云えるものである。」
大林清
男35歳
33 「華僑のユダヤ的徑路につぶさで、時局の変革に当ると押流されるまゝになって、それに作家としての精神的解決が与えられていないのは、何といっても欠点である。ただしこの作の筆触はどれよりも優れている。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 18 昭和18年/1943年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数25 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男51歳
候補 評価 行数 評言
男36歳
12 「後味の良さが中々捨て難い。」「少し骨格の細い点が聊か不満である。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和19年/1944年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 27 昭和27年/1952年上半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数79 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男59歳
候補 評価 行数 評言
男31歳
47 「「白い百足虫」「青い眼の猫」「斧の定九郎」など、近来一束の藤原氏の仕事をぼくはちっとも買っていない。」「氏の異才が、元来の天才か鬼才か偽才か、なおこれからの事だと思う。当夜の委員たちをして、こう期待させただけでも、受賞者たる資質は充分にあろう。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和27年/1952年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 28 昭和27年/1952年下半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数68 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男60歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
33 「圧倒的位置にあるものと初めから思った。それでもなお自分だけの買いすぎではと思い、随所を再読したりして確信をもったうえ審査員会に出むいた。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和28年/1953年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 29 昭和28年/1953年上半期   一覧へ
選評の概要 欠席の弁 総行数64 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男60歳
候補 評価 行数 評言
長谷川幸延
男49歳
11 「「遊蕩の果て」は(引用者中略)構成、あや、大阪ニュアンスなどこの型の小説として、上手、巧緻な作である。」
  「該当者なしという翌日の発表は、ぼくには少し惜い気がしました。」「私自身も、どれがといって、つよく推薦する一本を見出しえなかったのも事実であります。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和28年/1953年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 30 昭和28年/1953年下半期   一覧へ
選評の概要 低調だった銓衡 総行数79 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男61歳
候補 評価 行数 評言
白藤茂
男39歳
7 「「亡命記」「都会の樹蔭」「地の塩」ほか数篇にも、多少の愛惜がないではない。」「過去の或る時期の賞だったらこの程度でも当選作となったかもしれないだろう。」
  「直木賞銓衡の席としては、稀れなほど低調で気の揚がらない会合になってしまった。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和29年/1954年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 31 昭和29年/1954年上半期   一覧へ
選評の概要 直木賞寸感 総行数48 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男61歳
候補 評価 行数 評言
長谷川幸延
男50歳
14 「「裏道」などは長谷川氏自体のわびしさを作中の人物に託して書いてあるとも思われ、ほかとは技巧のうまさでかけ離れているので今度推した」
広池秋子
女34歳
4 「一に長谷川幸延氏、二に広池秋子氏、三に南條範夫氏という順に推薦しておいた。」
男36歳
21 「手ちがいで、ぼくの所へ廻された候補作品のうちに有馬氏の作品がなかった」「思いきって簡潔であり的確な敍事をすすめてゆく筆触は毎回の候補作品をふり返っても近来の異色であるとおもい、」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和29年/1954年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 32 昭和29年/1954年下半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数52 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男62歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
19 「なおどこかに読ませる魅力をもっている。それもこの人の技巧とは読みとれるのだが、才筆たることはまちがいない。」
男42歳
21 「作者自身の才気らしいものをこの作品は少しも筆にひけらかしていない。」「この作品を見出したとき、ぼくは何か期待していた岩盤の露呈に行き会ったという感じがした。」
  「結局前の二篇を推したのであるが、あとの幾つかの作品にもさんざん未練をもった。前回やこれ迄の銓衡だったら選に入るべき作品もその中にはあったと思う。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和30年/1955年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 33 昭和30年/1955年上半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数46 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男62歳
候補 評価 行数 評言
鬼頭恭而
男44歳
28 「全体の構造に、なかなか筆者の雄図が窺われ、その労を多としたい。けれど何分、文章も構成の運び方も晦渋であり、その特長である方言や郷土色の物が、いちいち読者に読みづらい思いをさせよう。」
  「こんどは受賞なしに終るのではないかと予想されていた。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和30年/1955年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 34 昭和30年/1955年下半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数100 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男63歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
24 「私は何かに打たれた。」「作品としてこれは立派な彫塑の一立像を見る如きものがあり、収穫だと私は信じた。」
男31歳
27 「この達筆をじつは私は買っていない。」「ほんとに苦悩しないのに苦悩ぶりする才が作品を浅くするのではないか。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和31年/1956年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 35 昭和31年/1956年上半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数67 (1行=15字)
選考委員 吉川英治 男63歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
24 「私は、前回候補になった「銀簪」の方がもっと好きである。」「余りに多情な詩の陶衣から蝉脱するか、逆にこれを機会に芥川賞作品へ蛙飛びに行ってしまうか、どっちかを迫られたようなものがやがて氏を訪れよう。」
男47歳
22 「あやうげのない作風である。」「私は、もっと成長すべき作家だがと氏を観ている。」「一応は読まされる。文学的要意もなくはない。ということが氏の短所だし私の不足だと失礼だが云わせてもらう。」
  「一賞に二人を推薦するのは、賞の本旨でないし委員間にも多少意見も出た所だが、今回はこうならざるをえなかった。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和31年/1956年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 36 昭和31年/1956年下半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数73 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男64歳
候補 評価 行数 評言
男58歳
41 「三十年近くも文壇外にいて、活字に見なかった人である。私はむしろその事に意味があるとおもった。」「たしかにこの人は何十年も物は書かないでも何かを蓄積していたことが分るのである。」
村松喬
男39歳
6 「私の意にあった候補だった。」「よく整った作品で惜しまれたが、いろんな意味で次期の作品をもういちど見てからということになった。」
男44歳
14 「厳密にいって、この二作(引用者注:「勝烏」と「恩田木工」)は優劣もつけかねるものだが、投票によって「勝烏」ときまった。」
選評出典:『オール讀物』昭和32年/1957年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 37 昭和32年/1957年上半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数54 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男64歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
25 「敗戦行という人間を失った人間群を描きながら、どの人間にも、あいまいさがない。」「何しろ、筆者は非凡である。作中随所の、ほんとなら、かすんでしまっている箇所なども、あざやかな描破を逸していない。」
池波正太郎
男34歳
10 「こんどの「眼」なども私は大いにその苦心のあとをかったが、しかし前の恩田木工の方がよいとする委員の方が多かった。私とは逆なのである。」
有吉佐和子
女26歳
8 「その小説的巧者なのにおどろいた。直木賞の委員なら、反対する理由が何もないほどである。」
村松喬
男40歳
7 「以上三篇(引用者注:「白い扇」「眼」「ONLY・YOU」)は、こんどの候補中ですぐれた作品だったことを今も思っている。」
選評出典:『オール讀物』昭和32年/1957年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 38 昭和32年/1957年下半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数41 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男65歳
候補 評価 行数 評言
  「今度の“該当者なし”は候補作品が低調だったという以前にもっと多種な問題が直木賞そのものの文学域の根底にあるように思われた。」
選評出典:『オール讀物』昭和33年/1958年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 39 昭和33年/1958年上半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数50 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男65歳
候補 評価 行数 評言
北川荘平
男27歳
7 「見送られたのは私にしても心残りだった。」「私たちに印象づけたこの人の才筆はさらに今日の惜みを想起させる二作にきっと接しうる気がしている。」
女33歳
12 「だいたい、うごかない或る位置をもっている。」「前作「のれん」を誰も読んでおり、それに比べての進歩がたいへん信頼をつよめていたのである。」
男45歳
8 「これを跳躍台に、氏が従来の惜まれ惜まれて来たものを一ばい腰をすえて打出してもらえるなら大きな意味をなすものという期待が委員の誰からも言われていた。」
選評出典:『オール讀物』昭和33年/1958年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 40 昭和33年/1958年下半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数81 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男66歳
候補 評価 行数 評言
野口冨士男
男47歳
10 「おもしろさと確かさにおいて、(引用者中略)群を抜いたものといっていい。これが受賞に入らなかったのは入賞三篇は採れないという理由のほかはない。」
男31歳
24 「私はこの作家がその幼稚な無謀さをもって、特異な社会題材を、文学領域にまで持ちこんだ野心と勇とをみとめないでいられない。」
深田祐介
男27歳
4 「深田祐介氏には未来があろう。」「ついに今回はもれたが、その才筆は光っている。」
男39歳
13 「私にはいささか作為のあとにこの種の物としてはこっくりのみ込みきれないものがあった。」「ソツのない構成やタッチの巧さは、この人の仕事ぶりと将来性を保証して余りあるものだが、(引用者中略)もう一つ何か推理の醍醐味らしい陰影と肌理が欲しい。」
選評出典:『オール讀物』昭和34年/1959年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 41 昭和34年/1959年上半期   一覧へ
選評の概要 好対照 総行数53 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男66歳
候補 評価 行数 評言
女45歳
26 「これをかいた筆者の執着をなによりも感じました。」「幾人もの“女の型”が女流ならではとおもわれるほど各々よく描きわけられていました。」「ゆっくりでよいからその異色ある女流作品の一領野を月日をかけて拓いて行かれることを望んでやみません。」
女27歳
18 「筆者は作品の上にはケチリンも所在を見せてないのがこの作品の特長といえばいえましょう。なにしても才筆ですし小説をよくのみこんでいます。」
選評出典:『オール讀物』昭和34年/1959年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 42 昭和34年/1959年下半期   一覧へ
選評の概要 スケールの大きさ 総行数64 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男67歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
25 「私はひとつひとつに敬服した。」「読まされるし、またたんたんとした文脈やさりげない傍証などもまことに確かなタッチである。」
男36歳
39 「私は読みながらこの才筆と浪曼のゆたかな作家にもっと求めたい工夫を随所に感じずにいられなかった。」「このスケールの大きな作家は今後かならず衆望にこたえて新しい領野をみせてくるに違いない。」
選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 43 昭和35年/1960年上半期   一覧へ
選評の概要 自愛を祈る 総行数75 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男67歳
候補 評価 行数 評言
葉山修平
男30歳
13 「文章が上手である。構成もいい。」「私はこんどの全作品中の首位に推してもいいほどにこれは高く評価していた。」「作品の可否とはべつに直木賞として挙げ難い危惧があった。」
水上勉
男41歳
14 「水上氏の挑んでいる社会小説的な作家眼とそのいやみのない筆のタッチに心をひかれる。」
男37歳
24 「このまとめ方の中に無理があり上手過ぎるきらいがありいくらでも短所をあげればあげられる。自重していただきたい。」「せっかくな才を余り才走らず周囲の重宝にばかりならず大切につかってもらいたい。」
  「有力な候補線上に推理小説のどれも若々しい意欲をもった作家たちが肩をならべていたことがこんどの選考ではいちばん目だった特徴であった。」
選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 44 昭和35年/1960年下半期   一覧へ
選評の概要 寺内氏を推す 総行数49 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男68歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
26 「この戯画風な一テーマはなかなか捨て難い現代宗教への皮肉やら社会本能の課題をもふくんでいて、やはりこんどの候補数篇のうちでは嶄然と独自な境地を持っているものといってはばかるまい。」「私はこれを第一に推した。」
男36歳
18 「文学的な意欲と、その野心への勇気をかけて見せている」「難をいえば推理小説でなくてはならない理由がなく、いっそ純然たるどろんこ生態の心理を描きやぶるメスであった方がこの小説を光らせていたのではないかしらとも思われる。」
夏目千代
女(46歳)
3 「かなりの点を私は入れたが衆評に従った。」
選評出典:『オール讀物』昭和36年/1961年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 45 昭和36年/1961年上半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数54 (1行=14字)
選考委員 吉川英治 男68歳
候補 評価 行数 評言
男42歳
8 「推薦理由を、それ(引用者注:欠席のため提出した文書)には極力といっていいほどかなり述べつくした。なにかここでまた書くのはひとつことを二度もくりかえすようで気がのらない。他氏の推薦の辞におまかせしておく。」
杜山悠
男44歳
13 「もし次席をということでもあるなれば、私は躊躇なく(引用者中略)推す。克明で深味のある佳い作品ではあるが、「村」が「人」が描きつくせたとはいわれない。」「一資料によらずほかの資料もよくこな(原文傍点)しえてこれくらいに書ける人であったらゆくゆく至嘱に値しよう。」
  「欠席したので、私は自分の寸見を、当夜の委員会へは文書にしてとどけた。」
選評出典:『オール讀物』昭和36年/1961年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 選考委員の一覧へ