直木賞のすべて
第43回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

43   一覧へ 42前の回へ 後の回へ44
昭和35年/1960年上半期
(昭和35年/1960年7月19日決定発表/『オール讀物』昭和35年/1960年10月号選評掲載)
選考委員  源氏鶏太
男48歳
小島政二郎
男66歳
川口松太郎
男60歳
木々高太郎
男63歳
大佛次郎
男62歳
村上元三
男50歳
吉川英治
男67歳
海音寺潮五郎
男58歳
中山義秀
男59歳
選評総行数  50 55 40 46 48 50 75 49 37
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
池波正太郎 「錯乱」
77
男37歳
4 24 40 10 5 6 24 49 0
木本正次 「刀塚」
132
男47歳
3 7 0 0 0 4 8 0 0
左舘秀之助 「木石抄」
84
男35歳
0 4 0 6 0 0 6 0 0
北川荘平 「企業の伝説」
129
男29歳
11 0 0 0 12 4 2 0 0
水上勉 『海の牙』等
855
男41歳
4 2 0 4 12 14 14 0 3
小泉譲 『小説 天皇裕仁』
688
男47歳
5 0 0 0 0 4 6 0 6
佐野洋 『透明な暗殺』
399
男32歳
6 0 0 4 0 14 3 0 0
葉山修平 「日本いそっぷ噺」
97
男30歳
5 3 0 13 17 4 13 0 0
黒岩重吾 『休日の断崖』
533
男36歳
12 15 0 9 14 13 3 0 3
碧川浩一 『美の盗賊』
267
男(56歳)
0 0 0 4 0 0 0 0 0
                 
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年10月号
1行当たりの文字数:14字


選考委員
源氏鶏太男48歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
黒岩氏を推す 総行数50 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
4 「この人の過去に、もっといい作品があった。一種の努力賞であろう。」
木本正次
男47歳
3 「すこし力み過ぎて、形式的であるところに難がある。」
左舘秀之助
男35歳
0  
北川荘平
男29歳
11 「一種のサラリーマン小説であり、同じくサラリーマン小説を書く私が面白かったのだが、他の選者には面白くなかったようだ。」
水上勉
男41歳
4 「その社会性の扱い方と推理性との間に隙間があるのではなかろうか。」
小泉譲
男47歳
5 「その努力と構成の妙に頭をさげた。しかし、こういう小説を授賞作品とするには、いろいろの問題が残るようだ。」
佐野洋
男32歳
6 「私には面白かったのだ。その面白さとは、推理小説でありながら、すうっと入っていけるところにあったのだが、賛成者がすくなかった。」
葉山修平
男30歳
5 「あるいはいちばんうまかったのかもわからないが、うまいだけに終っているような気がした。」
黒岩重吾
男36歳
12 「いちばんよかったように思う。」「登場人物の一人一人が魅力あるように描かれていて、推理小説でありながら再読に値いする。伏線の張り方も見事だし、殺人の必然性も感じられる。」
碧川浩一
男(56歳)
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
小島政二郎
川口松太郎
木々高太郎
大佛次郎
村上元三
吉川英治
海音寺潮五郎
中山義秀
  ページの先頭へ

選考委員
小島政二郎男66歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
作者の執念 総行数55 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
24 「入れ替り立ち替り真田家に取ッ付いて離れなかったこの作者の執念を私は徒や疎かに思いたくない。」「当然小説以外の物――例えば、戯曲などに手を出さずに、小説ばかりに専念してもらいたい。」
木本正次
男47歳
7 「社長立海壮太郎がよく書けている。」「「刀塚」なんかへ筆がそれた作者の意図が私には分らない。」
左舘秀之助
男35歳
4 「変に佶屈で、人間に血が通ってこず、読みづらかった。最後に至って生彩を生じ、面白かった。」
北川荘平
男29歳
0  
水上勉
男41歳
2 「「海の牙」は、前の「霧と影」と同工異曲で、しかも劣っている。」
小泉譲
男47歳
0  
佐野洋
男32歳
0  
葉山修平
男30歳
3 「最後が惜しい。あすこで、リアルが消し飛んでしまった。」
黒岩重吾
男36歳
15 「この小説は珍しく人間を書こうとしている点、面白かった。」「「休日の断崖」をも推薦したが、二作は許されず、この方は遠慮した。」
碧川浩一
男(56歳)
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
川口松太郎
木々高太郎
大佛次郎
村上元三
吉川英治
海音寺潮五郎
中山義秀
  ページの先頭へ

選考委員
川口松太郎男60歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
池波君について 総行数40 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
40 「大衆小説の本道にしがみついて喰い下る執拗な態度には消えて行かない作家と思う安心感があった。」「彼に直木賞を与えれば作家的自信を生み、大成する機会を与え、傑作を作り出す機縁になると私は信ずる。」
木本正次
男47歳
0  
左舘秀之助
男35歳
0  
北川荘平
男29歳
0  
水上勉
男41歳
0  
小泉譲
男47歳
0  
佐野洋
男32歳
0  
葉山修平
男30歳
0  
黒岩重吾
男36歳
0  
碧川浩一
男(56歳)
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
小島政二郎
木々高太郎
大佛次郎
村上元三
吉川英治
海音寺潮五郎
中山義秀
  ページの先頭へ

選考委員
木々高太郎男63歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
努力賞では不満 総行数46 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
10 「今回の作品「錯乱」が必ずしもよい作とは思わないので、努力賞の形になったのは不満である。」
木本正次
男47歳
0  
左舘秀之助
男35歳
6 「この作だけだとかなり専門に明るい人々は書けると思うが、この作者の第二作も別のテーマでこの位にゆけば見込み十分である。」
北川荘平
男29歳
0  
水上勉
男41歳
4 「いずれも推理畑であるが、もう一二歩というところ。」
小泉譲
男47歳
0  
佐野洋
男32歳
4 「いずれも推理畑であるが、もう一二歩というところ。」
葉山修平
男30歳
13 「如何にもワイセツである。」「やむなく除外したが、この作者を是非見守り度い。」
黒岩重吾
男36歳
9 「これは探偵小説としても、よみものとしても上乗、源氏鶏太が最後迄この作を主張したことは、僕にとっては新しく源氏君を見直させた。」
碧川浩一
男(56歳)
4 「いずれも推理畑であるが、もう一二歩というところ。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
小島政二郎
川口松太郎
大佛次郎
村上元三
吉川英治
海音寺潮五郎
中山義秀
  ページの先頭へ

選考委員
大佛次郎男62歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
豹変記 総行数48 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
5 「「錯乱」にも不満は残るが、質実な努力を重ねて来たのを買いたい。」
木本正次
男47歳
0  
左舘秀之助
男35歳
0  
北川荘平
男29歳
12 「ドライな面白さを勇ましく直木賞にしたく願った。」「材料の清鮮さである。他の材料を与えたらこの作家がどう書くか見たい。」
水上勉
男41歳
12 「推理小説は作り物だろうが、作ったものと読者が感じないような作品が出来てきたら、私は歓迎したい。」
小泉譲
男47歳
0  
佐野洋
男32歳
0  
葉山修平
男30歳
17 「人間もよく描けているし何よりも生命で充実していた。」「同人雑誌以外には発表され得ない社会的障礙がある、現代では、直木賞のみならず他の賞の場合も失格するだろう。残念だが目をつぶることに成る。」
黒岩重吾
男36歳
14 「推理小説は作り物だろうが、作ったものと読者が感じないような作品が出来てきたら、私は歓迎したい。」
碧川浩一
男(56歳)
0  
  「今度は、ないと私は決めた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
小島政二郎
川口松太郎
木々高太郎
村上元三
吉川英治
海音寺潮五郎
中山義秀
  ページの先頭へ

選考委員
村上元三男50歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
推理小説への疑問 総行数50 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
6 「整理が足りなかったし、真田信之という人物を主人公に書くべきだったと思うが、これまで五回も直木賞候補になった実力は、受賞に値する。」
木本正次
男47歳
4 「材料に頼りすぎている感じがする。小説を書くことを第一に考えてほしい。」
左舘秀之助
男35歳
0  
北川荘平
男29歳
4 「材料が面白いのに、なんとも難解な文章で、やり切れない感じがした。」
水上勉
男41歳
14 「現代小説として正面から取り組むべき材料を扱っていながら、推理小説の形をとった為に、どっちつかずの感じの作品になっている。」
小泉譲
男47歳
4 「天皇を描いている部分が月並だし、ほかの材料でもっとよい作品が書ける人だと思う。」
佐野洋
男32歳
14 「現代小説として正面から取り組むべき材料を扱っていながら、推理小説の形をとった為に、どっちつかずの感じの作品になっている。」
葉山修平
男30歳
4 「うまい、といえるのは葉山修平氏の「日本いそっぷ噺」だが、ほかの材料を扱った作品に期待したい。」
黒岩重吾
男36歳
13 「現代小説として正面から取り組むべき材料を扱っていながら、推理小説の形をとった為に、どっちつかずの感じの作品になっている。」
碧川浩一
男(56歳)
0  
  「わたしは推理小説が好きで、乱読しているほうだが、このごろの推理小説の傾向については、いささか疑問を持っている。(引用者中略)なぜこういう形式をとったのか、と考えさせられる作品がいくつもあった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
小島政二郎
川口松太郎
木々高太郎
大佛次郎
吉川英治
海音寺潮五郎
中山義秀
  ページの先頭へ

選考委員
吉川英治男67歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
自愛を祈る 総行数75 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
24 「このまとめ方の中に無理があり上手過ぎるきらいがありいくらでも短所をあげればあげられる。自重していただきたい。」「せっかくな才を余り才走らず周囲の重宝にばかりならず大切につかってもらいたい。」
木本正次
男47歳
8 「一おう読ませながら何か足りない。この何かは氏自身大いに反省してみる必要があると思う。」
左舘秀之助
男35歳
6 「小説としての構成ではかつての平岩弓枝氏の“鑿師”に遠くおよばないものである。」
北川荘平
男29歳
2 「私にはなぜか読みづらかった。」
水上勉
男41歳
14 「水上氏の挑んでいる社会小説的な作家眼とそのいやみのない筆のタッチに心をひかれる。」
小泉譲
男47歳
6 「そのけなげさをほめてよい。」「けれどとてもこれほどな大材料とはまだ取組めてもいないかたちである。」
佐野洋
男32歳
3 「(引用者注:「透明な暗殺」「海の牙」「耳」「休日の断崖」は)どれともいえない個性をもっている」
葉山修平
男30歳
13 「文章が上手である。構成もいい。」「私はこんどの全作品中の首位に推してもいいほどにこれは高く評価していた。」「作品の可否とはべつに直木賞として挙げ難い危惧があった。」
黒岩重吾
男36歳
3 「(引用者注:「透明な暗殺」「海の牙」「耳」「休日の断崖」は)どれともいえない個性をもっている」
碧川浩一
男(56歳)
0  
  「有力な候補線上に推理小説のどれも若々しい意欲をもった作家たちが肩をならべていたことがこんどの選考ではいちばん目だった特徴であった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
小島政二郎
川口松太郎
木々高太郎
大佛次郎
村上元三
海音寺潮五郎
中山義秀
  ページの先頭へ

選考委員
海音寺潮五郎男58歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「錯乱」について 総行数49 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
49 「作者はリアルに書こうリアルに書こうと努力しているが、この話ではどう力んでもどうにもならないと、ぼくは見た。」「やたらに話の変化をもとめているところに、文章力の弱さ、気魄の不足があると見た。」「今のところ、ぼくはこの人の小説家としての才能を買っていない。」
木本正次
男47歳
0  
左舘秀之助
男35歳
0  
北川荘平
男29歳
0  
水上勉
男41歳
0  
小泉譲
男47歳
0  
佐野洋
男32歳
0  
葉山修平
男30歳
0  
黒岩重吾
男36歳
0  
碧川浩一
男(56歳)
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
小島政二郎
川口松太郎
木々高太郎
大佛次郎
村上元三
吉川英治
中山義秀
  ページの先頭へ

選考委員
中山義秀男59歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
直木賞の性格 総行数37 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
池波正太郎
男37歳
0  
木本正次
男47歳
0  
左舘秀之助
男35歳
0  
北川荘平
男29歳
0  
水上勉
男41歳
3 「面白かった。しかし、それだけのことであった。」
小泉譲
男47歳
6 「まじめさには、好意がもてた。傀儡とされた権威者の悲劇、これは興味ある題材であり、追及されてよい問題だと思うが、荷がかちすぎるとよろめくことになる。」
佐野洋
男32歳
0  
葉山修平
男30歳
0  
黒岩重吾
男36歳
3 「面白かった。しかし、それだけのことであった。」
碧川浩一
男(56歳)
0  
  「読んでとくした作品はなかったし、すがすがしい感じもえられなかった。混濁した読後感や不自然な印象をあたえるのは、作品の罪悪だと思う。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
小島政二郎
川口松太郎
木々高太郎
大佛次郎
村上元三
吉川英治
海音寺潮五郎
  ページの先頭へ


受賞者・作品
池波正太郎男37歳×各選考委員 
「錯乱」
短篇 77
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
4 「この人の過去に、もっといい作品があった。一種の努力賞であろう。」
小島政二郎
男66歳
24 「入れ替り立ち替り真田家に取ッ付いて離れなかったこの作者の執念を私は徒や疎かに思いたくない。」「当然小説以外の物――例えば、戯曲などに手を出さずに、小説ばかりに専念してもらいたい。」
川口松太郎
男60歳
40 「大衆小説の本道にしがみついて喰い下る執拗な態度には消えて行かない作家と思う安心感があった。」「彼に直木賞を与えれば作家的自信を生み、大成する機会を与え、傑作を作り出す機縁になると私は信ずる。」
木々高太郎
男63歳
10 「今回の作品「錯乱」が必ずしもよい作とは思わないので、努力賞の形になったのは不満である。」
大佛次郎
男62歳
5 「「錯乱」にも不満は残るが、質実な努力を重ねて来たのを買いたい。」
村上元三
男50歳
6 「整理が足りなかったし、真田信之という人物を主人公に書くべきだったと思うが、これまで五回も直木賞候補になった実力は、受賞に値する。」
吉川英治
男67歳
24 「このまとめ方の中に無理があり上手過ぎるきらいがありいくらでも短所をあげればあげられる。自重していただきたい。」「せっかくな才を余り才走らず周囲の重宝にばかりならず大切につかってもらいたい。」
海音寺潮五郎
男58歳
49 「作者はリアルに書こうリアルに書こうと努力しているが、この話ではどう力んでもどうにもならないと、ぼくは見た。」「やたらに話の変化をもとめているところに、文章力の弱さ、気魄の不足があると見た。」「今のところ、ぼくはこの人の小説家としての才能を買っていない。」
中山義秀
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
木本正次
「刀塚」
左舘秀之助
「木石抄」
北川荘平
「企業の伝説」
水上勉
『海の牙』等
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
佐野洋
『透明な暗殺』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
黒岩重吾
『休日の断崖』
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
木本正次男47歳×各選考委員 
「刀塚」
短篇 132
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
3 「すこし力み過ぎて、形式的であるところに難がある。」
小島政二郎
男66歳
7 「社長立海壮太郎がよく書けている。」「「刀塚」なんかへ筆がそれた作者の意図が私には分らない。」
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
0  
大佛次郎
男62歳
0  
村上元三
男50歳
4 「材料に頼りすぎている感じがする。小説を書くことを第一に考えてほしい。」
吉川英治
男67歳
8 「一おう読ませながら何か足りない。この何かは氏自身大いに反省してみる必要があると思う。」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
左舘秀之助
「木石抄」
北川荘平
「企業の伝説」
水上勉
『海の牙』等
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
佐野洋
『透明な暗殺』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
黒岩重吾
『休日の断崖』
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
左舘秀之助男35歳×各選考委員 
「木石抄」
短篇 84
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
0  
小島政二郎
男66歳
4 「変に佶屈で、人間に血が通ってこず、読みづらかった。最後に至って生彩を生じ、面白かった。」
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
6 「この作だけだとかなり専門に明るい人々は書けると思うが、この作者の第二作も別のテーマでこの位にゆけば見込み十分である。」
大佛次郎
男62歳
0  
村上元三
男50歳
0  
吉川英治
男67歳
6 「小説としての構成ではかつての平岩弓枝氏の“鑿師”に遠くおよばないものである。」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
木本正次
「刀塚」
北川荘平
「企業の伝説」
水上勉
『海の牙』等
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
佐野洋
『透明な暗殺』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
黒岩重吾
『休日の断崖』
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
北川荘平男29歳×各選考委員 
「企業の伝説」
短篇 129
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
11 「一種のサラリーマン小説であり、同じくサラリーマン小説を書く私が面白かったのだが、他の選者には面白くなかったようだ。」
小島政二郎
男66歳
0  
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
0  
大佛次郎
男62歳
12 「ドライな面白さを勇ましく直木賞にしたく願った。」「材料の清鮮さである。他の材料を与えたらこの作家がどう書くか見たい。」
村上元三
男50歳
4 「材料が面白いのに、なんとも難解な文章で、やり切れない感じがした。」
吉川英治
男67歳
2 「私にはなぜか読みづらかった。」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
木本正次
「刀塚」
左舘秀之助
「木石抄」
水上勉
『海の牙』等
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
佐野洋
『透明な暗殺』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
黒岩重吾
『休日の断崖』
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
水上勉男41歳×各選考委員 
『海の牙』等
長篇2篇 855
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
4 「その社会性の扱い方と推理性との間に隙間があるのではなかろうか。」
小島政二郎
男66歳
2 「「海の牙」は、前の「霧と影」と同工異曲で、しかも劣っている。」
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
4 「いずれも推理畑であるが、もう一二歩というところ。」
大佛次郎
男62歳
12 「推理小説は作り物だろうが、作ったものと読者が感じないような作品が出来てきたら、私は歓迎したい。」
村上元三
男50歳
14 「現代小説として正面から取り組むべき材料を扱っていながら、推理小説の形をとった為に、どっちつかずの感じの作品になっている。」
吉川英治
男67歳
14 「水上氏の挑んでいる社会小説的な作家眼とそのいやみのない筆のタッチに心をひかれる。」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
3 「面白かった。しかし、それだけのことであった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
木本正次
「刀塚」
左舘秀之助
「木石抄」
北川荘平
「企業の伝説」
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
佐野洋
『透明な暗殺』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
黒岩重吾
『休日の断崖』
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
小泉譲男47歳×各選考委員 
『小説 天皇裕仁』
長篇 688
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
5 「その努力と構成の妙に頭をさげた。しかし、こういう小説を授賞作品とするには、いろいろの問題が残るようだ。」
小島政二郎
男66歳
0  
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
0  
大佛次郎
男62歳
0  
村上元三
男50歳
4 「天皇を描いている部分が月並だし、ほかの材料でもっとよい作品が書ける人だと思う。」
吉川英治
男67歳
6 「そのけなげさをほめてよい。」「けれどとてもこれほどな大材料とはまだ取組めてもいないかたちである。」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
6 「まじめさには、好意がもてた。傀儡とされた権威者の悲劇、これは興味ある題材であり、追及されてよい問題だと思うが、荷がかちすぎるとよろめくことになる。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
木本正次
「刀塚」
左舘秀之助
「木石抄」
北川荘平
「企業の伝説」
水上勉
『海の牙』等
佐野洋
『透明な暗殺』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
黒岩重吾
『休日の断崖』
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
佐野洋男32歳×各選考委員 
『透明な暗殺』
中篇集3篇 399
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
6 「私には面白かったのだ。その面白さとは、推理小説でありながら、すうっと入っていけるところにあったのだが、賛成者がすくなかった。」
小島政二郎
男66歳
0  
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
4 「いずれも推理畑であるが、もう一二歩というところ。」
大佛次郎
男62歳
0  
村上元三
男50歳
14 「現代小説として正面から取り組むべき材料を扱っていながら、推理小説の形をとった為に、どっちつかずの感じの作品になっている。」
吉川英治
男67歳
3 「(引用者注:「透明な暗殺」「海の牙」「耳」「休日の断崖」は)どれともいえない個性をもっている」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
木本正次
「刀塚」
左舘秀之助
「木石抄」
北川荘平
「企業の伝説」
水上勉
『海の牙』等
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
黒岩重吾
『休日の断崖』
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
葉山修平男30歳×各選考委員 
「日本いそっぷ噺」
短篇 97
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
5 「あるいはいちばんうまかったのかもわからないが、うまいだけに終っているような気がした。」
小島政二郎
男66歳
3 「最後が惜しい。あすこで、リアルが消し飛んでしまった。」
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
13 「如何にもワイセツである。」「やむなく除外したが、この作者を是非見守り度い。」
大佛次郎
男62歳
17 「人間もよく描けているし何よりも生命で充実していた。」「同人雑誌以外には発表され得ない社会的障礙がある、現代では、直木賞のみならず他の賞の場合も失格するだろう。残念だが目をつぶることに成る。」
村上元三
男50歳
4 「うまい、といえるのは葉山修平氏の「日本いそっぷ噺」だが、ほかの材料を扱った作品に期待したい。」
吉川英治
男67歳
13 「文章が上手である。構成もいい。」「私はこんどの全作品中の首位に推してもいいほどにこれは高く評価していた。」「作品の可否とはべつに直木賞として挙げ難い危惧があった。」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
木本正次
「刀塚」
左舘秀之助
「木石抄」
北川荘平
「企業の伝説」
水上勉
『海の牙』等
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
佐野洋
『透明な暗殺』
黒岩重吾
『休日の断崖』
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
黒岩重吾男36歳×各選考委員 
『休日の断崖』
長篇 533
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
12 「いちばんよかったように思う。」「登場人物の一人一人が魅力あるように描かれていて、推理小説でありながら再読に値いする。伏線の張り方も見事だし、殺人の必然性も感じられる。」
小島政二郎
男66歳
15 「この小説は珍しく人間を書こうとしている点、面白かった。」「「休日の断崖」をも推薦したが、二作は許されず、この方は遠慮した。」
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
9 「これは探偵小説としても、よみものとしても上乗、源氏鶏太が最後迄この作を主張したことは、僕にとっては新しく源氏君を見直させた。」
大佛次郎
男62歳
14 「推理小説は作り物だろうが、作ったものと読者が感じないような作品が出来てきたら、私は歓迎したい。」
村上元三
男50歳
13 「現代小説として正面から取り組むべき材料を扱っていながら、推理小説の形をとった為に、どっちつかずの感じの作品になっている。」
吉川英治
男67歳
3 「(引用者注:「透明な暗殺」「海の牙」「耳」「休日の断崖」は)どれともいえない個性をもっている」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
3 「面白かった。しかし、それだけのことであった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
木本正次
「刀塚」
左舘秀之助
「木石抄」
北川荘平
「企業の伝説」
水上勉
『海の牙』等
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
佐野洋
『透明な暗殺』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
碧川浩一
『美の盗賊』
  ページの先頭へ

候補者・作品
碧川浩一男(56歳)×各選考委員 
『美の盗賊』
短篇集3篇 267
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
0  
小島政二郎
男66歳
0  
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
4 「いずれも推理畑であるが、もう一二歩というところ。」
大佛次郎
男62歳
0  
村上元三
男50歳
0  
吉川英治
男67歳
0  
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
池波正太郎
「錯乱」
木本正次
「刀塚」
左舘秀之助
「木石抄」
北川荘平
「企業の伝説」
水上勉
『海の牙』等
小泉譲
『小説 天皇裕仁』
佐野洋
『透明な暗殺』
葉山修平
「日本いそっぷ噺」
黒岩重吾
『休日の断崖』
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会リンク集マップ