直木賞のすべて
選評の概要
12345.
678910.
1112131415.
1617181920.
2122232425.
2627282930.
3132333435.
3637383940.
4142434445.
4647484950.
5152535455.
5657585960.
6162636465.
666768.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H28]2016/4/28

大佛次郎
Osaragi Jiro
生没年月日【注】 明治30年/1897年10月9日~昭和48年/1973年4月30日
在任期間 第1回~第68回(通算38年・68回)
在任年齢 37歳8ヶ月~75歳2ヶ月
経歴 本名=野尻清彦。
神奈川県生まれ。東京帝大政治学科卒。
教員、外務省勤務を経て、大正13年/1924年~昭和34年/1959年「鞍馬天狗」を連載。
活躍の場は、時代小説、現代小説、ノンフィクションと幅広い。
戦後まもなく東久邇宮内閣の内閣参与。
昭和21年/1946年から雑誌『苦楽』を主宰する。
代表作に、「ごろつき船」「乞食大将」「霧笛」「ドレフュース事件」などの小説や、
「若き日の信長」など戯曲、また未完に終わった「天皇の世紀」がある。
受賞歴・候補歴
  • 第3回渡辺賞(昭和3年/1928年)
  • |候補辞退| 第1回大東亜文学賞(昭和18年/1943年)『阿片戦争』
  • 第6回日本藝術院賞[文芸](昭和24年/1949年度)小説「帰郷」
  • |候補| 第5回岸田演劇賞(昭和33年/1958年)『魔界の道真』《戯曲》
  • 第10回神奈川文化賞[文学](昭和36年/1961年)
  • 文化功労者(昭和39年/1964年)
  • 文化勲章(昭和39年/1964年)
  • 朝日賞(昭和39年/1964年度)"『パリ燃ゆ』の完結と多年にわたる文学上の業績"
  • |候補| 第16回読売文学賞[小説賞](昭和39年/1964年)『パリ燃ゆ』
  • 第17回菊池寛賞(昭和44年/1969年)「三姉妹」
  • 第28回毎日出版文化賞(昭和49年/1974年)『天皇の世紀』全10巻
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 1 昭和10年/1935年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数21 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男37歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
10 「川口君が明治初期を舞台にして大衆文芸に新しい局面を展いた手柄を買うことに成ったわけである。」
濱本浩
男44歳
5 「僕は、誰れも努力しない大衆文芸の畑で多少なり文芸的な努力を示した濱本浩と、川口君とどちらかを迷ったくらいである。」
  「純文芸の人と変って野心のある新人がいないのは淋しい。皆、最初から「くろうと」過ぎ、型にはまることで満足し過ぎるのだ。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 2 昭和10年/1935年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数9 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男38歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
9 「実際に作者の努力を考えても、異議はない。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 3 昭和11年/1936年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数12 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男38歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
5 「よく仕事をしている海音寺氏に落着いたのは自然の帰結であろう。」
  「新しい人が欲しかったが今度の撰択も淋しかった。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 4 昭和11年/1936年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数11 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男39歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
2 「木々高太郎氏では有名過ぎるだけが不服である。」
  「作品を的に見るように成ったことは良いことだと僕は考える。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 5 昭和12年/1937年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数17 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男39歳
候補 評価 行数 評言
  「作り上げられた標準に適うものよりも、僕らを新しく驚かせるようなものが欲しいのである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 6 昭和12年/1937年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数10 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男40歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
10 「史実を素朴に貫きながら、終始、人生に対する作家の瞳が行間に輝いているのである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 7 昭和13年/1938年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数2 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男40歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
2 「会が橘氏を推したのに異議はない。」
  「僕は迷って棄権した。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 8 昭和13年/1938年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数10 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男41歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
10 「作のテエマから外れた余計なことに筆を用い過ぎている遺憾はあるが、この人の誠実な態度には将来を期待するところが多い。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 10 昭和14年/1939年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数80 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男42歳
候補 評価 行数 評言
  「標準も曖昧になって来るので、銓衡の厳密を期する為には、芥川賞と同じく作品本位にしたいと思う。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 12 昭和15年/1940年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数19 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男43歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
19 「淡々と忌味なく書いていながら、書くだけのものを充分に書いている手腕は推賞に値する。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 15 昭和17年/1942年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数29 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男44歳
候補 評価 行数 評言
  「いろいろの制約の関係もあろうが、作品の柄が一様にちいさくなっていると我々は感じた。」「冒険を望みたい。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 16 昭和17年/1942年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数19 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男45歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
13 「田岡君の作品のいじけたところのない、のびのびとした風格」「「強情いちご」だけでは、不満を覚える。」
男36歳
13 「神崎君の質実な作風の裡に自然に現れているユーモラスな味」「「寛容」だけでは、不満を覚える。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 19 昭和19年/1944年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数33 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男46歳
候補 評価 行数 評言
男31歳
33 「全体として見て、こう云う種類の戦争を、いろいろの角度から描いて、実感の籠った渾然とした作品に仕上げた手腕は、報道を了るとともに立消える「記事」の域から見事に脱け出しているのである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和19年/1944年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 21 昭和24年/1949年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数28 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男51歳
候補 評価 行数 評言
徳川夢声
男55歳
16 「一部では徳川氏のは随筆文学であると云う人もあるが、そう云う意味でも僕は却って賛成する。」
男45歳
7 「もっと新らしい人に、この賞が欲しかった。しかし、大多数の主張が富田君のところにいったのだから、勿論、反対ではない。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『文藝讀物』昭和24年/1949年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 22 昭和24年/1949年下半期   一覧へ
選評の概要 山中放浪のこと 総行数27 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男52歳
候補 評価 行数 評言
今日出海
男46歳
9 「戦争を潜って生れた作品として後生に残る小数のものゝ中にも重要な地位を占めると信じ、私はこれを推した。」
男39歳
0  
  「外側の文学でも傑出したものがあったら直木賞を贈るべきだと考えて来た。新聞雑誌に現れる訪問記事、会見記の類いでも優れたものならいゝのである。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『文藝讀物』昭和25年/1950年6月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 23 昭和25年/1950年上半期   一覧へ
選評の概要 難かしい銓衡 総行数45 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男52歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
11 「ユウモアもあり、明るく愛すべき作品である、」「読者は気楽に作者について行って、風格も品位もある作者の世界に導き入れられる。」
女49歳
16 「掲載誌が中央公論だったのに拘ることもない。」「作者が書こうとしたものが読者に親切な展開の仕方で現れている。」「堅実で、確かすぎる押し方なので、読者の大衆がついて来るかどうかは知らない。」
  「直木賞は芥川賞と違って、その一篇だけでなく、以後の仕事が続き得る人と言うことに成っている。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和25年/1950年11月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 24 昭和25年/1950年下半期   一覧へ
選評の概要 源氏鶏太君を推す 総行数34 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男53歳
候補 評価 行数 評言
源氏鶏太
男38歳
23 「素直でいやなあくがなく、底に在る悲しみもよく描かれている。」「こゝで素人出の作家からとまで主張したが、久米さんの行きとゞいた弁論に降参した。」
男39歳
12 「「長恨歌」の方は、作り過ぎてあるような不満を留めたが、「石川五右衛門」は新大阪で読んで型破りの無法な逞ましさに敬服していた。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和26年/1951年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 25 昭和26年/1951年上半期   一覧へ
選評の概要 源氏鶏太を推す 総行数48 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男53歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
41 「私は文学的で重苦しいものよりも、この種類のフェザー級の文学とでも称すべきものを、もっと世間が市民権を強く認めてよいのだと信じている。」「源氏鶏太君の手柄は、何と言ってもサラリーマンの世界を、小説界に押出したことである。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和26年/1951年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 26 昭和26年/1951年下半期   一覧へ
選評の概要 新旧の新人 総行数36 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男54歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
29 「人気の確立したひとでありながら、その人気を平気で振払って、いつも新らしい顔を見せている。」「読者に目移りさせて了って、完成を感じさせないのだ。その実久生君の過去のどの作品を取上げても直木賞に値していたのである。」
男34歳
7 「新人らしい野心が好感を以て迎えられた。概念が露呈する気配を上手に処理すると、もっと優れた作品を見せてくれるひとに違いない。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和27年/1952年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 27 昭和27年/1952年上半期   一覧へ
選評の概要 日本の小説にプラス 総行数28 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男54歳
候補 評価 行数 評言
男31歳
16 「藤原君の仕事は、独創の世界で、確かに日本の小説にプラスになっていると感じた」「大衆小説と考えたら、藤原君のは、文体が重たいし、読者に与える興趣の範囲が狭く限られていると見ている。」
  「この度は該当作品なしと電報を打って貰った。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和27年/1952年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 28 昭和27年/1952年下半期   一覧へ
選評の概要 立野君の受賞を喜ぶ 総行数38 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男55歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
26 「作者の物を見る目は、位置に狂いがなく、平衡を失わず冷静である。事件に関係した生存者も残っているのだから、書きにくかった仕事に違いないのを、よく成功させたものだと思う。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和28年/1953年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 29 昭和28年/1953年上半期   一覧へ
選評の概要 期待するもの 総行数45 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男55歳
候補 評価 行数 評言
  「今度は受賞作はなし。私はそう考えた。」「型を破って貰いたい、と誰れにも言いたく成るのは、まさか自分の怠慢のせいではなかろう。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和28年/1953年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 30 昭和28年/1953年下半期   一覧へ
選評の概要 読後 総行数43 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男56歳
候補 評価 行数 評言
和田芳恵
男47歳
3 「筆の確かなのに心を惹かれた。だが「老猿」は直木賞のものでない。」
  「私は直木賞の作品に、嘘は求めていないが、何かの意味で飛躍が欲しいと思っている。明るく抽象された画であってもよい。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和29年/1954年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 31 昭和29年/1954年上半期   一覧へ
選評の概要 選後評 総行数42 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男56歳
候補 評価 行数 評言
男36歳
27 「失敬な挨拶かも知れぬが、仕事を続けているとうまくなるものだ、と言うのが最初の感銘であった。」「この作家は落着いた坐り方をしている。文章にも無駄がない。材料の扱い方にも屈折自在の才能が見えている。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和29年/1954年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 32 昭和29年/1954年下半期   一覧へ
選評の概要 型破りのものを 総行数25 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男57歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
6 「この作品は優れているし、ふたりの作家は、将来をいよいよ楽しみに期待出来る。」
男42歳
6 「この作品は優れているし、ふたりの作家は、将来をいよいよ楽しみに期待出来る。」
  「候補作品の中からこれと思うもの一つを採る決断がつかなかった。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和30年/1955年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 33 昭和30年/1955年上半期   一覧へ
選評の概要 型破りを 総行数27 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男57歳
候補 評価 行数 評言
三ノ瀬溪男
男37歳
5 「僕には面白かった。近頃あまり他に見ない熱情が感じられたからである。しかし、平凡な取扱い方とも言えるだろう。」
  「直木賞に当る作品は、読者を考えるべきものと思う。演劇学で言うエコノミイ・オブ・アテンションがどうしても必要である。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和30年/1955年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 34 昭和30年/1955年下半期   一覧へ
選評の概要 読みごたえあり 総行数27 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男58歳
候補 評価 行数 評言
男31歳
13 「日本の小説にはない神経の太い人間ばかり出て来るのが興味があった。」「島国の民、半島の人間が持たぬ伸々とした素質があるように感じ、向後の作品に期待したい、と思った。」
男43歳
1 「授賞には異議なし。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和31年/1956年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 35 昭和31年/1956年上半期   一覧へ
選評の概要 向後に期待 総行数43 (1行=15字)
選考委員 大佛次郎 男58歳
候補 評価 行数 評言
西口克己
男43歳
14 「第一部だけでよいのならと思って推したが、やはり、これが、ひっかかって選に漏れたのは已むを得ない。」
男47歳
7 「独立独歩で、確実な作風を立てゝ来たひとである。」「ずっと厚味もあり落着いた作風が重んぜられてよい。「燈台鬼」は氏のものとして極上の作品ではない。」
男46歳
15 「ハイブロウで、大衆のものではない。」「今氏の文体は直木賞のものでない。もっと平易に、エッサンスだけ書いて読者に読み易くして下さい。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和31年/1956年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 36 昭和31年/1956年下半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数52 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男59歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
3 「「勝烏」は私も推した。地味ながら腰の強い作品である。」
男58歳
10 「精踈のむらがあるのは連載物だったせいだろうが、老熟した作家のものと称せざるを得ぬ。」「この作品にしても群を抜いて肉が厚い。」
村松喬
男39歳
9 「素直で明るく、また新人らしい新鮮さが感じよく受取れた。一番、好意を持たれたせいで次を見て、と言う話になった。」
選評出典:『オール讀物』昭和32年/1957年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 37 昭和32年/1957年上半期   一覧へ
選評の概要 「ルソンの谷間」 総行数46 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男59歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
38 「せいさんなことを扱っていて素直で平静である。ごまかしや、弁解がない。」「センチメントなんて失われてしまったところに、非情の心理が生れ出て、そのまゝ読者を感動させる。」
佐藤明子
女25歳
10 「骨格もしっかりしているし石田三成をこれまでになかった新らしい見方をしていて面白かった。」「しかし、まことに直木賞的に過ぎるのである。」
選評出典:『オール讀物』昭和32年/1957年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 38 昭和32年/1957年下半期   一覧へ
選評の概要 孤立した意見 総行数38 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男60歳
候補 評価 行数 評言
小田武雄
男44歳
10 「余計なことの描写に筆を使い過ぎているようだが、それがねっとりと濁った味になっていて、この山奥の原始的な人間生活を、新鮮に感じさせた。私はこの作品を撰びたかった。」
城山三郎
男30歳
7 「こうした変った題材や世界を続けて書く支度があったら、一家をなし得るだろう。文学的感銘とは別のものだが、こうした乾いた作品もあってよいのだ。」
選評出典:『オール讀物』昭和33年/1958年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 40 昭和33年/1958年下半期   一覧へ
選評の概要 新しい時代小説出でよ 総行数38 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男61歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
10 「真実さはなく明瞭な作り物として終始している。文学はない。それが私には面白かった。新らしく未来もある行き方だと思う。」
野口冨士男
男47歳
11 「きめのこまかい筆致で、内容にも真実が感じられ、候補作品の中で一番文学的だったと言えよう。」
津田信
男33歳
1 「「日本工作人」も力作であり、」
草川俊
男44歳
2 「「長城線」も面白かったが、」
男31歳
7 「私は皆さんが言うほどいいと思わなかった。」「手腕のある作家に違いない。将来の活躍を期待したい。」
選評出典:『オール讀物』昭和34年/1959年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 41 昭和34年/1959年上半期   一覧へ
選評の概要 馬淵川 総行数46 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男61歳
候補 評価 行数 評言
女45歳
34 「迷ったが、やはり出て来る人物を、それぞれよく描いていることと言い、軽く片付けてない純根さが、才気で振り廻しがちの直木賞作品の中で、いつかは欲しいと思った性質に近いと思った。」
女27歳
9 「バランスが取れた快よさが注意をひいた。」「おとなびたことを書いていて、若いひとの魅力を失くしてない。その比例のよさが、楽しく思われた。」
選評出典:『オール讀物』昭和34年/1959年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 42 昭和34年/1959年下半期   一覧へ
選評の概要 欠席の弁 総行数6 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男62歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
0  
男36歳
0  
  「候補作品の悉くに目をとおす時間がなかった」「今度は私は欠席するし、発言しません。」
選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 43 昭和35年/1960年上半期   一覧へ
選評の概要 豹変記 総行数48 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男62歳
候補 評価 行数 評言
北川荘平
男29歳
12 「ドライな面白さを勇ましく直木賞にしたく願った。」「材料の清鮮さである。他の材料を与えたらこの作家がどう書くか見たい。」
葉山修平
男30歳
17 「人間もよく描けているし何よりも生命で充実していた。」「同人雑誌以外には発表され得ない社会的障礙がある、現代では、直木賞のみならず他の賞の場合も失格するだろう。残念だが目をつぶることに成る。」
男37歳
5 「「錯乱」にも不満は残るが、質実な努力を重ねて来たのを買いたい。」
  「今度は、ないと私は決めた。」
選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 44 昭和35年/1960年下半期   一覧へ
選評の概要 質実で素朴な筆を 総行数40 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男63歳
候補 評価 行数 評言
津田信
男35歳
17 「私は最後まで「忍ケ丘」を支持した。」「質実で素朴な筆を私は愛した。」「この作、前半がややくどい、もっと墨をおしんで、短く、主題に入ったら、平明に人を惹付けたろうと思う。」
男36歳
16 「私が好む作品でない。その私の好悪にかかわらず、この小説は力を持っていた。人間の描出も的確である。」「同じことを書いても別の言い方、書き方が、もっと表現を深くする、と信じる。」
男39歳
6 「批評もあって面白かった。ただ、平明を狙ったのか、安易な書き方になっているので、腰が浮いて、読んで抵抗がないのが、欠点である。」
選評出典:『オール讀物』昭和36年/1961年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 45 昭和36年/1961年上半期   一覧へ
選評の概要 技術の名品 総行数48 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男63歳
候補 評価 行数 評言
男42歳
5 「すぐれていた。用意も周到で渾然として特殊の味のある作品になっている。」「技術の名品だ」
杜山悠
男44歳
15 「感心した。暗い話だが、よく截り込んで書いてあるし、ひょっとしてこれが日本で自然主義の時代に発表せられたものなら、どんなに人を驚かしたろうかとまで考えて見た。それと、この作品には、稀薄にしか大衆文学にないしっかりした立場がある。」「技術以外のものを持っている。」
選評出典:『オール讀物』昭和36年/1961年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 46 昭和36年/1961年下半期   一覧へ
選評の概要 背教者 総行数43 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男64歳
候補 評価 行数 評言
来水明子
女29歳
19 「「背教者」の内容に一番感心した。女のひとだから繊細すぎて読者を疲れさせる欠点はあるが、コンポジションがしっかりして面白いし、とにかく調べたもので、月並に物を書く努力ではない。」
男44歳
19 「「螢の河」の作者の戦争ものは、明るくて淡々としていて、素直なのが感じがよい。」「久振りで素直にヒュウマンな作品を得た。」
選評出典:『オール讀物』昭和37年/1962年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 47 昭和37年/1962年上半期   一覧へ
選評の概要 涼月記 総行数50 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男64歳
候補 評価 行数 評言
来水明子
女30歳
25 「最初の予選通知に来水氏の「涼月記」が入っていなかったので、私から推して入れて貰った。他の作品に劣るものとは信じなかった。」「しかし、(引用者中略)他人に語らせて重ねて話を進めて行く展開の技法が、込み入り過ぎて読みづらくするのである。」
男50歳
6 「面白かったし、直木賞になってよかった。小説だと考えなくともよい。(引用者中略)なまはんかに小説に作られたものは危険である。」
野村尚吾
男50歳
6 「「乱世詩人伝」も佳しとした。」「常套の文学語をなるべく避けた方がよいとは感じた。」
選評出典:『オール讀物』昭和37年/1962年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 48 昭和37年/1962年下半期   一覧へ
選評の概要 おかめ八目 総行数42 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男65歳
候補 評価 行数 評言
前田とみ子
女36歳
6 「私は好きで良い作品と見たが賛成がすくなかった。」「続く作品に期待する。」
女37歳
17 「その努力に深く敬意を表する。」「やはり、この話は材料からして暗い。(引用者中略)この暗さが黒い光となって人を動かすまで昂められるのには、もう一歩と言うところではないか?」
男36歳
9 「もっと、すっきりとした形に、贅肉を落すことが出来る。」「哀しみが出る為には、すこし痩せた方が効果がある。」
選評出典:『オール讀物』昭和38年/1963年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 49 昭和38年/1963年上半期   一覧へ
選評の概要 各人各説 総行数50 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男65歳
候補 評価 行数 評言
来水明子
女31歳
36 「来水氏の短篇を、「短夜物語」より上に出ていると信じ贔屓にした。」「このひとの一皮も二皮も脱いでから後が楽しみである。才能が豊か過ぎるのではないか。」
男64歳
14 「素人らしく単純に押通していて、長い話を倦きさせずに読ます。」「今の時代からはもう失われて来た根気とあくの強い、しかも自己の存分のものである庶民の生活の根性の深さを面白しとする。」
選評出典:『オール讀物』昭和38年/1963年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 50 昭和38年/1963年下半期   一覧へ
選評の概要 私見 総行数51 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男66歳
候補 評価 行数 評言
男55歳
19 「フランスだけで愛読されて外国の読者では消化困難の町の匂いがついた作家がパリにあるように、「本牧亭」はひとりで自ら、匂う。」「私は前から安藤氏を新人だと思って見ていた。これからも新人であろう。」
男57歳
15 「心のこもった質実な作風で、直木賞のものに予想される表面華やかな過剰な垢がない。」「しっかりした建前で出て来る人間がそれぞれ、見えるようである。」
野村尚吾
男52歳
11 「少数の差で破れたのを残念に思った。」「今日もてはやされている意欲などない大衆小説とは比較にならず正しく誠実な心を打込んだ力作だからである。」
  「都合悪しく出席できなかったので、これならば異存なしとする作品を列挙して送っておいた。」
選評出典:『オール讀物』昭和39年/1964年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 51 昭和39年/1964年上半期   一覧へ
選評の概要 地殻を穿って 総行数55 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男66歳
候補 評価 行数 評言
宮地佐一郎
男39歳
13 「世界は狭いが、私はこの充実した力量に感心した。詩情も豊かであった。」
林青梧
男34歳
14 「時間的な、こくめいな展開が、やや常套さを覚えさせるが力作で、特に朝鮮の人たちのミゼールをよく描いてある。」「ただ出て来る軍人が一様に悪玉の臭気を出すのが彫りが浅いと思われた。」
選評出典:『オール讀物』昭和39年/1964年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 52 昭和39年/1964年下半期   一覧へ
選評の概要 私見 総行数51 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男67歳
候補 評価 行数 評言
女37歳
10 「流水の如く透明で、まことに気持よかった。」「小篇ながら直木賞の世界に、純粋な水脈のあるのを感じさせて貰ったのを多とし、私は推賞した。」
佐藤愛子
女41歳
17 「デッサン骨格がしっかりして、正しい文体のある作品である。」「この作者の確実な筆は充分に推賞に値する。」「も少し、遊ぶことを覚えたら、とも思った。」
女39歳
12 「自分が源実朝を書き鎌倉に年古く住み鎌倉の歴史に多少の興味を持っているので、平明だが淡いなと感じたところがあったとしても失礼ではなかろう。」
選評出典:『オール讀物』昭和40年/1965年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 53 昭和40年/1965年上半期   一覧へ
選評の概要 記憶を辿って 総行数67 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男67歳
候補 評価 行数 評言
柴田道司
男(54歳)
29 「この一篇に感心した。」「描かれている人間に素朴な厚味があって、手ごたえが重かった。」「幾度か繰返して読んでも出ている人間たちの人間臭さにその度に深い微笑を味わい得ると思う。」「私は好きだった、優れた作品である。」
男49歳
15 「貧困な子供たちを書いていて明るくのびのびとしている。」「あまり軽らかに上手に出来ているから、私はこれは現実を見ずに、作者が空想で想像したのかと疑った。あとで作者の経歴を見て新聞記者として、足を使っていたのを知り、よくここまで蒸溜して軽らかに透明にしたな、と感じた。」
  「今度はいつもになく佳いものが多く、下読みの方針が変ったのかと質問が出たくらいである。」
選評出典:『オール讀物』昭和40年/1965年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 54 昭和40年/1965年下半期   一覧へ
選評の概要 妄評独語 総行数51 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男68歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
11 「読むのに努力が要ったが、読み進んで見ると、爽やかで、きめもこまかく、好い気持であった。」「直木賞に選べばこれと思った。」
古川洋三
男55歳
8 「ドライな叙述に文学の真実を感じた。人間悪のうとましさについては、もとよりである。私はこの作の良さを認める。」
粂川光樹
男33歳
9 「私の知らぬ不思議な新らしさがあり、こう言うソサイエティの日本人はこう言うものかと教えられ面白かった。」
男44歳
10 「まだ省略をほどこして磨きがかかると信じた。」「やや微温な、ひとりよがり(作中人物)の甘さを感じた。」
選評出典:『オール讀物』昭和41年/1966年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 55 昭和41年/1966年上半期   一覧へ
選評の概要 最後の攘夷党 総行数49 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男68歳
候補 評価 行数 評言
谷川健一
男44歳
48 「私は「最後の攘夷党」を最後まで推した。」「主人公は、大楽源太郎のようであるが、これは真珠母のごときものであって、大楽を囲む多勢の人々、その時世に依る変質、つまり時代そのものが背景としてではなく主人公なのであって、この作品では、それがよく描けている」
男40歳
4 「選ばれたのに不服はない。当然と見るが、私は「最後の攘夷党」を最後まで推した。」
  「過去に直木も私も、ある程度(加減をしながら)歴史物を新しくした。その上を行く新しい形の時代小説が出てよい時期と見ているのである。」
選評出典:『オール讀物』昭和41年/1966年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 58 昭和42年/1967年下半期   一覧へ
選評の概要 読んだ後に 総行数45 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男70歳
候補 評価 行数 評言
筒井康隆
男33歳
8 「面白いと思い推したが、味方してくれる者がなかった。これも垢のつかない透明な気品を持った小篇で成功している。」
男37歳
24 「この装飾の多い文体で、裸の現実を襞深くつつんで、むごたらしさや、いやらしいものから決して目を背向けていない。」「作りごとでない力が、底に横たわって手強い。この作家の将来が楽しみである。」
男37歳
13 「不道徳なことも、こう純粋に透明に書くと美しく見えるのだ。」「やはり私には書けないものだと気づき、新鮮な風に吹かれる思いであった。」
選評出典:『オール讀物』昭和43年/1968年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 59 昭和43年/1968年上半期   一覧へ
選評の概要 プラス・アルファが欲しい 総行数47 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男70歳
候補 評価 行数 評言
梶野豊三
男48歳
10 「私はこれを当選させてよいと思った。とにかく、とぼけていて面白いし、調節してないピアノのように混乱した現代を感じさせ、それが面白かったのである。」
  「作者は芥川賞の系列を考えていたのではないかと思われる地味な作品が多かった。直木賞には、プラス・アルファと言った未知の何かが欲しいのである。」
選評出典:『オール讀物』昭和43年/1968年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 60 昭和43年/1968年下半期   一覧へ
選評の概要 わが町 総行数49 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男71歳
候補 評価 行数 評言
阪田寛夫
男43歳
19 「私には面白かった。」「現代風で明るく微笑を誘うエスプリを持っている。」「淡々と描いてあるが、こうまとまったのを読むと小説の肉体を持ったものと考えてよかった。」「小説に書かなかったところに、逆しまに素直に小説の効果を出したのである。直木賞にしてよいと私は思った。」
男44歳
12 「政治的変動に揉まれながら流転する人間の姿が面白く、また変転を続ける時代そのものもよく生かしてあると思った。日本の作家が容易に持ち得ないのびのびと大まかな風格を、このひとは持っている。」
男43歳
16 「力作として第一等であった。」「空想でない後半の部分との間に、急な断層があって、異質の物をつないだような欠点はある」「事件よりも人間を書くのに成功している」
浅田晃彦
男53歳
3 「こう言う世界もあるかと面白く、筆致も鋭いのに感心した。」
選評出典:『オール讀物』昭和44年/1969年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 61 昭和44年/1969年上半期   一覧へ
選評の概要 悠々閑々たる 総行数47 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男71歳
候補 評価 行数 評言
女45歳
30 「無神経なほどに大々としていて、所謂「文学」の埒を越えて、いのちのある文章、――あるいは文学に成っている。」「見ように依っては大ざっぱで浅いとも言えよう。」「ふとい奴と云うよりほかない。それで、書いた人が女性だと知るに及んで、私は生きていることが甚だ愉快になった。」「とにかく地平線に穴をあけて明るい眺望をあけて見せてくれた。」
選評出典:『オール讀物』昭和44年/1969年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 62 昭和44年/1969年下半期   一覧へ
選評の概要 「藤田嗣治」 総行数44 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男72歳
候補 評価 行数 評言
田中穣
男44歳
44 「私は田中氏の「藤田嗣治」を推した。」「いつも小説らしい小説ばかりが当選するのは、段段と小説が袋路地へ落込むことである。」「伝記には違いないが、画家の伝記と云うよりも高級インチキ師の生涯を描いてあるのが人間臭く面白く、小説と見ることさえ出来そうに思った。」
選評出典:『オール讀物』昭和45年/1970年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 64 昭和45年/1970年下半期   一覧へ
選評の概要 宮地家三代日記 総行数51 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男73歳
候補 評価 行数 評言
男50歳
13 「私小説に近いものとして惹きつけられていると、飛行機の墜落や満洲の悲惨な事件が不意に出て来た。筆者の経験だったとしても最初の一篇とはひどく調子が違って、嘘が出て来たような感銘を受けた。」「しかし力作でもあり、筆力ゆたかで、推薦を憚らなかった。」
宮地佐一郎
男46歳
23 「思いつきだけのものや書きなぐりの多い当世にこうした努力した作品こそ直木賞に値するものではないか、と思った。しかし、真面目過ぎて、ついて読むのに根気を要し、疲労を感じた。」「この作品は、直木賞には漏れても他のものよりも後まで残って、幸福なる少数の読者を見つけて行くだろう。作者はそれに安んずべきだし、もっと外の仕事、「小説」を書く気になっては、どうだろうか?」
選評出典:『オール讀物』昭和46年/1971年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 65 昭和46年/1971年上半期   一覧へ
選評の概要 「ツィス」について 総行数49 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男73歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『オール讀物』昭和46年/1971年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 66 昭和46年/1971年下半期   一覧へ
選評の概要 楽しませる性格を 総行数74 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男74歳
候補 評価 行数 評言
宮地佐一郎
男47歳
16 「一番文章がよく(古いと言う声があった。私はそう信じない。いきいきとして的確で美しい性質を認めるべきである)、仕事の間口も広く、懸命すぎる硬いところが除かれれば、優れたものを幾らでも書けそうである。」
  「今度は低調だと言うような声が耳に入ったが、私はそうは信じなかった。以前の直木賞の候補作品と言うと、読者を意識に置いて書いたもののような手ぬるさ、甘さがあった。最近になってその傾向が逆転して、読者を構わぬような作品が目立つ。」「粒の揃った候補作品が集まりながら、賞に該当するものなしとなった結果は、その故である。」
選評出典:『オール讀物』昭和47年/1972年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 67 昭和47年/1972年上半期   一覧へ
選評の概要 「斬」 総行数50 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男74歳
候補 評価 行数 評言
男47歳
50 「稀れに見る優れた大作だと、敬意を覚えた。」「古代の流血劇ではなく、それから蝉脱したシェクスピアの作中の諸性格の重苦しい運命さえ感じさせる綿密で極めて自然な運びである。」
男37歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和47年/1972年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 68 昭和47年/1972年下半期   一覧へ
選評の概要 思うままに 総行数74 (1行=14字)
選考委員 大佛次郎 男75歳
候補 評価 行数 評言
滝口康彦
男48歳
24 「文章がよく洗い出されて、整った結晶を見るように感ぜられるものでも――私は最後まで熱心にこの作者の一群の作品に授賞を主張したのだが――形が整い過ぎて、ある弱さがあるのを否定出来なかった。しかし、このひとは自分が固めて来た道を進むより他はないようである。」
  「これはと、目を輝かすような新しいものがなかった。」「七十六歳で老弱で、今回限りで直木賞の委員を辞退する決心を固めた。」
選評出典:『オール讀物』昭和48年/1973年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ