直木賞のすべて
第39回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

草川俊
Kusakawa Shun
生没年月日【注】 大正3年/1914年8月13日~平成12年/2000年3月6日
経歴 本名=高橋善三郎。宮城県石巻市生まれ。宇都宮高等農林(現・宇都宮大学農学部)卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第39回直木賞(昭和33年/1958年上期)「黄色い運河」
  • |候補| 第40回直木賞(昭和33年/1958年下期)『長城線』
  • |候補| 第51回直木賞(昭和39年/1964年上期)「赤い運河」
個人全集 『草川俊作品集』全10巻(平成2年/1990年3月~平成3年/1991年11月・桐原書店刊)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第39回候補  一覧へ

きいろ うんが
黄色い 運河」(『下界』11号[昭和33年/1958年4月])
媒体・作品情報
誌名 「下界」
巻号 第11号
作品名 別表記 色い河」
印刷/発行年月日 印刷 昭和33年/1958年3月27日 発行 昭和33年/1958年4月1日
発行者等 下界委員会 池田岬、宇留野元一、大竹新助、草川俊、榊原慶明、志田京一郎、庄司義治、榛葉英治、竹内良夫、中山義一、原誠、湯本聰一郎、吉富利通、和田芳恵
発行所 下界の会(東京都)
総ページ数 48 表記上の枚数 表紙 156枚 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 4~48
(計45頁)
測定枚数 159
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和33年/1958年11月・光風社刊『黄色い運河』/単行本化にあたり加筆
>>平成3年/1991年11月・桐原書店刊『草川俊作品集 中国大陸編10 黄色い運河』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 草川俊 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男64歳
0  
源氏鶏太
男46歳
9 「構成その他に、多少の難があるが、重厚な味があって、しかも、登場人物が描きわけられていて、面白かった。」
木々高太郎
男61歳
0  
中山義秀
男57歳
0  
川口松太郎
男58歳
2 「選外作品では「水の壁」と「黄色い運河」が面白く、」
吉川英治
男65歳
3 「黄色い運河」と「K7高地」いずれかなどの議論もかなり熱しておもしろかった。」
村上元三
男48歳
0  
海音寺潮五郎
男56歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和33年/1958年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第40回候補  一覧へ

ちょうじょうせん
長城線』(昭和33年/1958年12月・光風社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 印刷 昭和33年/1958年12月25日 発行 昭和33年/1958年12月31日
発行者等 発行者 豐島清史 印刷者 菅生定祥
発行所 株式会社光風社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 永田 力
総ページ数 290 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
49字
×19行
×1段
本文ページ 5~290
(計286頁)
測定枚数 581
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 草川俊 男44歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男46歳
7 「前回の候補作品「黄色い運河」よりも、格段にうまくなっている。」「全体をもっと省略すべきだとの声もあり、同感せざるを得なかった。」
海音寺潮五郎
男57歳
10 「第二部の出来がわるく、(引用者中略)この部なからましかばの感があった。」「実力は入賞した人達におとらないと思う。」
中山義秀
男58歳
0  
小島政二郎
男64歳
0  
大佛次郎
男61歳
2 「「長城線」も面白かったが、」
木々高太郎
男61歳
7 「曾つてその一部をみたときはよいと思ったが、こうして全部を出してからよんでみると、うなずけない感じがする」
吉川英治
男66歳
2 「すこしあまい。」
川口松太郎
男59歳
0  
村上元三
男48歳
3 「ここからべつな材料で次の作品が生れるのを期待したい。」
選評出典:『オール讀物』昭和34年/1959年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一部」【「楊柳の谷間の町」「退屈な人々」「銃眼からの眺め」「檻」「長城のふもと」「素娟」】「第二部」【「濁流」「鹿砦の外」「孤立」「望楼の中で」「火の中の枯葉」】
時代設定 場所設定
[昭和初期]  中国・熱河
登場人物
私(語り手、水原、県公署職員)
梅芳(町の地元民、一児の母)
生方(元・県公署農業技術員、失踪中)
大野(満軍中尉)
宗方(警士、生方の友人)
美鈴(羅文谷の税関分所長の妻)
佐田(副県長、私の上司)
矢崎(無免許の老医師)




直木賞 第51回候補  一覧へ

あか うんが
赤い 運河」(『無頼』6集[昭和39年/1964年☆月])
媒体・作品情報
測定媒体 平成2年/1990年4月・桐原書店刊『草川俊作品集 中国大陸編2 夕映え運河』
総ページ数 215 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
38字
×14行
×1段
本文ページ 111~212
(計102頁)
測定枚数 124
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成2年/1990年4月・桐原書店刊『草川俊作品集 中国大陸編2 夕映え運河』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 草川俊 男49歳
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男67歳
17 「筆力もよく、物語も面白い。然し、その物語のうちに、何か偶然の救いが多すぎはしないか。この作者はむしろ、そのどちらかを生かすつもりでやればよい。」
大佛次郎
男66歳
0  
今日出海
男60歳
0  
海音寺潮五郎
男62歳
0  
小島政二郎
男70歳
7 「出来は悪いが、「赤い運河」などは直木賞系の作品だと思う。」「これじゃ、お伽噺でどうにもならない。」
中山義秀
男63歳
0  
源氏鶏太
男52歳
0  
川口松太郎
男64歳
8 「「赤い運河」に惹かれたが、同君が同一素材をひねくりまわし、マンネリズムに落ちたという非難が強く、賛成者が少かった。筆力を持っているのだから、他の材料と取り組んで再起することを望みたい。」
村上元三
男54歳
0  
松本清張
男54歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和39年/1964年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「九」
時代設定 場所設定
[昭和10年代]  中国・天津~津浦線沿線
登場人物
私(語り手、鉄道会社調査員)
磯田(津浦線沿線で商売をする謎の男)
米良恵以子(磯田の協力者)
早瀬(日本軍G機関の大尉)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ