直木賞のすべて
第39回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

水島多樓
Mizushima Taro
生没年月日【注】 明治43年/1910年7月28日~平成20年/2008年5月12日
経歴 本名=水島行衛(ミズシマ・ユキエ)、別名=今日泊亜蘭(キョウドマリ・アラン)、宇良島多浪。東京・下谷根岸生まれ。上智大学外国語学部卒。太平洋戦争後、進駐米軍の通訳を経て、『文芸日本』『文藝首都』『歴程』などに参加、数々のペンネームを使い分ける。その後、科学小説に進出し、昭和37年/1962年に長篇『光の塔』(雑誌掲載時「刈り得ざる種」に加筆改題)を刊行。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第39回直木賞(昭和33年/1958年上期)「河太郎帰化」
  • 第25回児童文化功労者(昭和58年/1983年)今日泊亜蘭名義
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第39回候補  一覧へ

がたろうきか
河太郎帰化」(『文芸日本』昭和33年/1958年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文芸日本」
巻号 通巻116号/第6巻 第6号  別表記6月号
作品名 別表記 「河太郎歸化」
印刷/発行年月日 印刷 昭和33年/1958年5月25日 発行 昭和33年/1958年6月1日
発行者等 編集発行人 榊山 潤 印刷所 株式会社五峰堂(東京都)
発行所 文芸日本社(東京都)
総ページ数 64 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 24~45
(計22頁)
測定枚数 78
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成15年/2003年7月・出版芸術社/ふしぎ文学館『まぼろし綺譚』所収/今日泊亜蘭名義
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 水島多樓 男47歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男64歳
0  
源氏鶏太
男46歳
0  
木々高太郎
男61歳
0  
中山義秀
男57歳
0  
川口松太郎
男58歳
0  
吉川英治
男65歳
4 「川口氏の好みそうなものと思っていたらやはりこれを採っておられた」
村上元三
男48歳
0  
海音寺潮五郎
男56歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和33年/1958年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
昭和20年代  群馬~東京
登場人物
河太郎(板倉沼の河童)
塩田八十八(館林出身のやくざ者)
おリカ(八十八の妹)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ