直木賞のすべて
第38回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H27]2015/5/2

金川太郎
Kanagawa Taro
生没年月日【注】 大正4年/1915年5月20日~平成5年/1993年2月27日
経歴 福岡県生まれ。慶応義塾大学文学部卒。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第38回候補  一覧へ

じせきけんじ
次席検事」(『小説会議』5号[昭和32年/1957年11月])
媒体・作品情報
誌名 「小説会議」
巻号 第5号
印刷/発行年月日 発行 昭和32年/1957年11月
発行者等 編集兼発行人 池上信一 印刷所 精文堂印刷KK
発行所 泉の会(東京都)
総ページ数 48 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 2~21
(計20頁)
測定枚数 72
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和34年/1959年☆月・和同出版社刊『次席検事』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 金川太郎 男42歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男65歳
3 「一応の佳作といってよい。」
井伏鱒二
男59歳
0  
木々高太郎
男60歳
0  
永井龍男
男53歳
7 「一番素直に読めた」「血の通った人間を描いて、ほのぼのとしたものを感じさせるのだが、残念なことに結末が計算されていない。」
小島政二郎
男63歳
0  
大佛次郎
男60歳
0  
村上元三
男47歳
3 「もう充分に実力を持っている人なので、次作を期待したい。」
川口松太郎
男58歳
6 「「次席検事」を推したが、賛成者が少なかった。筆力はあるのだが構成力が不足でラストなぞも腰くだけに終り、全体のバランスがとれないのを残念に思う。」
選評出典:『オール讀物』昭和33年/1958年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「八」
時代設定 場所設定
[同時代]  G県
登場人物
及川剛(G地方検察庁次席検事)
潤子(及川の妻)
玉尾宏(無職、白井博士夫人殺人の被疑者)
久保(白井博士夫人殺人の担当検事)




直木賞 第54回候補  一覧へ

きんぎん
金銀にまみれて」(『小説会議』23号[昭和40年/1965年7月])
媒体・作品情報
誌名 「小説会議」
巻号 第23号
印刷/発行年月日 発行 昭和40年/1965年7月1日
発行者等 発行人 池上信一 編集人 田島啓二郎 印刷所 新津東洋館
発行所 小説会議(東京都)
総ページ数 78 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×26行
×3段
本文ページ 37~75
(計39頁)
測定枚数 147
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 金川太郎 男50歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男68歳
0  
海音寺潮五郎
男64歳
0  
小島政二郎
男71歳
4 「主人公の性格が分裂しているのが失敗だと思う。分裂の間隙を塗りつぶすのが小説家だろう。」
源氏鶏太
男53歳
5 「いい味を持ちながら今一歩突き抜けたところに欠けているような気がした。」
村上元三
男55歳
11 「むしろ荻原彦次郎が勘定奉行の荻原近江守になってからのほうに、もっとスペースを費したほうが、作品が分厚くなり、幅がひろくなったのではなかろうか。」
中山義秀
男65歳
7 「面白く読まれたが、結末が痩せている。」
木々高太郎
男68歳
0  
松本清張
男56歳
0  
今日出海
男62歳
0  
川口松太郎
男66歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和41年/1966年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「二十」
時代設定 場所設定
江戸[明暦年間~正徳年間]  江戸~羽前
登場人物
荻原彦次郎重秀(勘定所軽輩の次男、のち勘定奉行)
妻女(彦次郎の妻)
長井半六(彦次郎の家従)
新井白石(新将軍の親臣)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ