直木賞のすべて
第48回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

山口瞳
Yamaguchi Hitomi
生没年月日【注】 大正15年/1926年11月3日~平成7年/1995年8月30日
受賞年齢 36歳2ヵ月
経歴 東京府生まれ。国学院大学文学部卒。
受賞歴・候補歴
個人全集 『山口瞳大全』全11巻(平成4年/1992年10月~平成5年/1993年9月・新潮社刊)
直木賞
選考委員歴
第83回~第113回(通算15.5年・31回)
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part3
リンク集
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第48受賞  一覧へ

えぶりまんし ゆうが せいかつ
江分利満氏の 優雅な 生活」
(『婦人画報』昭和36年/1961年10月号~昭和37年/1962年8月号)
媒体・作品情報
測定媒体 昭和43年/1968年2月・新潮社/新潮文庫『江分利満氏の優雅な生活』
形態 文庫判 並製
総ページ数 230 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
41字
×17行
×1段
本文ページ 7~220
(計214頁)
測定枚数 346
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和38年/1963年2月・文藝春秋新社刊『江分利満氏の優雅な生活』
>>昭和43年/1968年2月・新潮社/新潮文庫『江分利満氏の優雅な生活』
>>昭和50年/1975年☆月・文藝春秋刊『江分利満氏の優雅な生活』
>>昭和55年/1980年1月・新潮社刊『新潮現代文学58 山口瞳』所収
>>昭和63年/1988年10月・埼玉福祉会/大活字本シリーズ『江分利満氏の優雅な生活』
>>昭和63年/1988年10月・小学館刊『昭和文学全集 第26巻』所収
>>『オール讀物』平成1年/1989年臨時増刊号<直木賞受賞傑作短篇35>[3月]
>>平成4年/1992年10月・新潮社刊『山口瞳大全 第1巻』所収
>>平成21年/2009年11月・筑摩書房/ちくま文庫『江分利満氏の優雅な生活』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 山口瞳 男36歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男50歳
10 「新鮮さを感じた。」「私は、小説というよりも、気の利いた随筆として読んだ。こういう才能が、今後どのように展開していくか興味がある。」
川口松太郎
男63歳
11 「支持者は多かったが私は棄権した。小説の本道から外れた作品だが、外れていても委員諸氏を引きずる新鮮さはあった。」
村上元三
男52歳
10 「家庭向きの品のいい連載漫画のような感じだ、とわたしは選考会の席上で言ったが、悪口ではない。こういう風変りな作品が出たことは喜ぶべきだろう」
木々高太郎
男65歳
8 「私としてはとらなかったが、然し、変った書き方であり、内容もユーモアにとんだよいものであることは認める。」
今日出海
男59歳
32 「既成のオルソドックスという概念を叩き壊してやろうといった野心作である。」「私が面白く思って読んだのは、少し大袈裟に言うとこの作品は小説家の想像力に貫かれているとさえ思ったところにある。」
小島政二郎
男68歳
6 「不幸にして私はこの長い長い読物から小説的興味を読み取ることが出来なかった。」
海音寺潮五郎
男61歳
21 「この作者は新鮮でよいものを持っているから、これからの日本の小説に新しいものを付加するだろうと思った」「単行本にするにあたって、整理して、順序をかえたり、削ったり、新しく書き足したりして、曲折と山をもったものにしたらなおよかったろうと思う。」
大佛次郎
男65歳
9 「もっと、すっきりとした形に、贅肉を落すことが出来る。」「哀しみが出る為には、すこし痩せた方が効果がある。」
松本清張
男53歳
13 「氏の文体の清新さと着想の独得さを評価したい。」「ただこの作品は、小説とは呼べないところに難点があるが、この資性は相当な構成力を持っていると思う。」
選評出典:『オール讀物』昭和38年/1963年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
連作短篇〔11篇〕
章立て
「しぶい結婚」「おもしろい?」「マンハント」「困ってしまう」「おふくろのうた」「ステレオがやってきた」「いろいろ有難う」「東と西」「カーテンの売れる街」「これからどうなる」「昭和の日本人」
時代設定 場所設定
昭和30年代  東京
登場人物
江分利満(サラリーマン)
夏子(満の妻)
庄助(満の息子)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ