直木賞のすべて
第47回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/8/5

杉森久英
Sugimori Hisahide
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「候補作家の群像 杉森久英」と同じものです。
生没年月日【注】 明治45年/1912年3月23日~平成9年/1997年1月20日
受賞年齢 50歳4ヵ月
経歴 石川県生まれ。東京帝国大学文学部卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第29回芥川賞(昭和28年/1953年上期)「猿」
  • |候補| 第42回直木賞(昭和34年/1959年下期)『黄色のバット』
  • 第47回直木賞(昭和37年/1962年上期)『天才と狂人の間』
  • 第24回文藝春秋読者賞(昭和38年/1963年上期)「昭和の謎『辻政信』伝」
  • 第13回平林たい子文学賞[小説部門](昭和60年/1985年)『能登』
  • 第41回毎日出版文化賞(昭和62年/1987年)『近衛文麿』
  • 勲三等瑞宝章(平成1年/1989年)
  • 第46回中日文化賞(平成5年/1993年)「伝記文学に新生面を開く作家活動」
  • 第41回菊池寛賞(平成5年/1993年)
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part3
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



さる
猿」(『中央公論』昭和28年/1953年2月号)
媒体・作品情報
誌名 「中央公論」  別表記表紙 「CHUO-KORON」併記
巻号 第68年 第2号  別表記2月号
印刷/発行年月日 発行 昭和28年/1953年2月1日
発行所 中央公論社(東京都)
総ページ数 312 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×25行
×2段
本文ページ 222~238
(計17頁)
測定枚数 61
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和37年/1962年11月・河出書房新社/Kawade paperbacks『早稲田の虎・猿』所収
>>平成1年/1989年8月・小学館刊『昭和文学全集 第32巻 中短編小説集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 29回候補 一覧へ
候補者 杉森久英 男41歳
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男48歳
0  
宇野浩二
男61歳
8 「「困りもの」だ。」「読むのに、ほとほと持て余した。」
石川達三
男48歳
0  
佐藤春夫
男61歳
0  
岸田國士
男62歳
2 「野心的とはいえるが説得力が足りない。」
瀧井孝作
男59歳
2 「筆に精彩がないのがものたりなかった。」
舟橋聖一
男48歳
5 「興味を持った。」「月評では、問題作だったのに、芥川賞の委員には、三文の価値なしとされたのは、意外である。最後の章では、いかにも無理無残な話になるが、前半はよく精密に書いている。」
坂口安吾
男46歳
0  
川端康成
男54歳
6 「主観の勝った、主観による構成のいちじるしい作品で、その力は感じられる。しかし、構成する主観の動きに、乾燥した無理が見えるように思う。作者は感動していても、読者はちょっと後に取り残される。」「少し強過ぎるようだ。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和28年/1953年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第42回候補  一覧へ

きいろ
黄色のバット』(昭和34年/1959年11月・角川書店刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 印刷 昭和34年/1959年11月5日(初版) 発行 昭和34年/1959年11月10日(初版)
発行者等 発行者 角川源義 印刷者 菅生定祥 製本者 鈴木俊一   三協美術印刷・鈴木製本
発行所 株式会社角川書店(東京都) 形態 四六判 上製 函入り
総ページ数 242 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
50字
×19行
×1段
本文ページ 7~242
(計236頁)
測定枚数 494
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『毎日新聞 夕刊』昭和34年/1959年2月14日~9月6日
>>昭和51年/1976年☆月・朝日ソノラマ/ソノラマ文庫『黄色のバット』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 杉森久英 男47歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
11 「今も佳作と信じている。この作品は、もっと重く書いてあれば、もっと点を得たかもわからない。しかし、この軽さが貴重なのだ、と思っている。」
木々高太郎
男62歳
25 「よみ易い明るい文章であり、またユーモア小説としても、将来のある作家だと考えた」「何しろ主題として「野球」である。(引用者中略)その主題をとったのが不幸で、全く別のもっと珍しい生活でのユーモアならよかったと思う。」
中山義秀
男59歳
4 「面白かったが、選考の対象にはならなかった。作者としても恐らく、本意するところではあるまい。」
小島政二郎
男65歳
0  
村上元三
男49歳
8 「わたしも二番目に推したほどだが、この人の将来には期待が持てる。こんどは読みやすくて、おとなの小説を見せてほしい。」
吉川英治
男67歳
0  
海音寺潮五郎
男58歳
9 「これは少年小説として書かれたものだが、作者の教養とユーモアの才能は、高く評価されてよいものである。」
川口松太郎
男60歳
0  
大佛次郎
男62歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「いねむり」「旧友」「長髪騒動」「別れ道」「日本海」「読書会」「太平洋」「ひろわれた手紙」「市長選挙」「白鳥の湖」「送別会」「危険な道」「投手の父」「賢夫人」「とまった歯車」「せまき門」「文化のために」「海に沿った旅」「誤解のはて」「雨のち晴れ」「勇ましき人々」「暗雲低迷」「晴れの甲子園」「帰り来て」
時代設定 場所設定
[同時代]  埼玉~新潟~富山~千葉~東京~兵庫
登場人物
岩崎善太(魚谷高校野球部監督、愛称「ロング」、英語教師、かつての名投手)
荻原要太(魚谷高校野球部のエース投手)
堀田浅二(魚谷高校野球部の一塁手)
若山(魚谷高校校長、愛称「プラトン」)
鈴木レイ子(若山校長の秘書、荻原の幼馴染み)
若山ミドリ子(若山校長の娘、高校三年生、バレリーナ志望)
新村竹雄(高校二年生、新村病院長の息子)
北村兼吉(ツクバ食堂店主、野球部施設応援団員、愛称「コブやん」)
ニガムシの鉄(八木、街のヤクザ)




直木賞 第47受賞  一覧へ

てんさい きょうじん あいだ
天才と 狂人の 間』(昭和37年/1962年2月・河出書房新社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和37年/1962年2月28日(初版)
測定媒体発行年月日 発行 昭和37年/1962年3月31日(三版)
発行者等 発行者 河出孝雄 印刷者 山根正男 印刷 三秀舎 製本 小高製本所
発行所 株式会社河出書房新社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 御正 伸
総ページ数 249 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×16行
×1段
本文ページ 5~238
(計234頁)
測定枚数 360
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『自由』昭和35年/1960年11月号~昭和36年/1961年7月号/隔月連載
>>昭和37年/1962年8月・河出書房新社/Kawade Paperbacks『天才と狂人の間』
>>昭和44年/1969年11月・角川書店/角川文庫『天才と狂人の間』
>>平成6年/1994年2月・河出書房新社/河出文庫『天才と狂人の間 島田清次郎の生涯』
>>平成7年/1995年8月・石川近代文学館刊『石川近代文学全集 杉森久英』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 杉森久英 男50歳
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男65歳
35 「杉森は伝記を書いたのではなく、一つの小説を書いたのであり、而も、今までの人が試みなかった小説のジャンルをつくったとも言える。」「もてはやされると九天の高さ、おちると奈落の底という、われ等共通の文学に生きるものの運命を感ぜしめるスリルは、むしろ快いばかりである。」
海音寺潮五郎
男60歳
24 「この前の「黄色いバット」の方がはるかによかったと思う。」「事実をふまえながら人間をしっかりと浮き立たせるというのは、なまなかな技倆では出来ることではない。」「ぼくは今期はなしにするか、授賞するならこの人と、最初からきめて出た。」
源氏鶏太
男50歳
11 「島田清次郎を刻明に調べた努力には敬服した。」「伝記としては上等であっても、小説としては、どうであろうか。」
村上元三
男52歳
16 「これは島田清次郎を知らない読者にも面白く読めるに違いない。」「島田清次郎の没落してゆく過程が、やや浅すぎて、実録小説のような弱さを感じさせた。」
中山義秀
男61歳
7 「「伝記と小説の間」で問題になったが、身にひきくらべて考えさせられるようなところがあって、私は切実な興趣をおぼえた。」
小島政二郎
男68歳
14 「この題は小説の題ではない。」「もし小説のつもりで書いたのなら、より実録的だ。それが小説的盛り上りを弱くしていると思う。」
大佛次郎
男64歳
6 「面白かったし、直木賞になってよかった。小説だと考えなくともよい。(引用者中略)なまはんかに小説に作られたものは危険である。」
川口松太郎
男62歳
14 「反対意見も多数あったが、「黄色いバット」等の前作も候補に上げられ、力量に信頼があるという意味を含め、此の一作が決定打になったという雰囲気ではなかった。」
今日出海
男58歳
15 「直木賞はフィクションに限ると狭く限定することもあるまいし、小説的手腕がなければ、書けぬ作品であることは確かである。」
松本清張
男52歳
20 「いずれも物足りなくて、積極的に推せなかった。」「伝記とするには読みものに過ぎているし、人間像を書いたつもりなら、作者の特別な眼が感じられない。」
選評出典:『オール讀物』昭和37年/1962年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章」~「第五章」
時代設定 場所設定
明治末期~昭和初期  金沢~京都~東京
登場人物
島田清次郎(作家)
豊子(清次郎の妻、素封家の娘)
砂木良枝(海軍少将令嬢)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ