直木賞のすべて
第47回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/7/31

川野彰子
Kawano Shoko
生没年月日【注】 昭和2年/1927年☆月☆日~昭和39年/1964年9月11日
経歴 鹿児島県庵美大島生まれ。立命館大学文学部卒。開業医と結婚後、小説を書き始める。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第47回直木賞(昭和37年/1962年上期)「色模様」
  • |候補| 第6回群像新人文学賞[小説部門](昭和38年/1963年)「凋落」
  • |候補| 第50回直木賞(昭和38年/1963年下期)「廓育ち」
処女作 「色模様」(『VIKING』136号[昭和37年/1962年1月])
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第47回候補  一覧へ

いろもよう
色模様」(『VIKING』136号[昭和37年/1962年1月])
媒体・作品情報
誌名 「VIKING」  別表記表紙 「神戸・東京 VIKING CLUB」併記
巻号 第136号/第16巻 第1号
印刷/発行年月日 発行 昭和37年/1962年1月30日
総ページ数 74 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 35~63
(計29頁)
測定枚数 102
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和39年/1964年3月・文藝春秋新社刊『廓育ち』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 川野彰子 女34歳
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男65歳
7 「短篇をどしどし書かしてみたらどうだろうか。この種の作品についているマンネリズムをうち破れば大いにものになろう。」
海音寺潮五郎
男60歳
0  
源氏鶏太
男50歳
0  
村上元三
男52歳
0  
中山義秀
男61歳
9 「推称したく思ったのは、川野彰子氏の「色模様」である。」「小説らしい小説としてこういう作品こそ、直木賞の本命なのではあるまいか。」
小島政二郎
男68歳
2 「ごく当り前の出来だ。」
大佛次郎
男64歳
7 「達者なのに、今時の若いひとがどうしてこう古めかしい人情を書くのか、と正直、疑った。上手過ぎるのだろうか。」
川口松太郎
男62歳
0  
今日出海
男58歳
0  
松本清張
男52歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和37年/1962年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「8」
時代設定 場所設定
[同時代]  京都
登場人物
小菊(お茶屋「光乃家」の女将、元・芸妓)
吉村千之介(大門筋一の揚屋「吉野屋」の主人)
吉村一郎(千之介の息子)
中村富弥(女形の役者)




直木賞 第50回候補  一覧へ

くるわそだ
廓育ち」(『新潮』昭和38年/1963年7月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO」併記
巻号 第60巻 第7号  別表記7月号/699号
印刷/発行年月日 発行 昭和38年/1963年7月1日
発行者等 編輯者発行者 齋藤十一 印刷者 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 260 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 56~79
(計24頁)
測定枚数 72
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和39年/1964年3月・文藝春秋新社刊『廓育ち』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 川野彰子 女36歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男64歳
0  
海音寺潮五郎
男62歳
0  
大佛次郎
男66歳
0  
木々高太郎
男66歳
5 「もう一つ新しい観点に立てばと思う。」
今日出海
男60歳
0  
小島政二郎
男69歳
4 「こういう小説には飽き飽きした。読んでいるうちに憂鬱になって来た。」
源氏鶏太
男51歳
6 「高く評価した。ちゃんと芯が通っていて立派だと思った。古いという評もあったが、私は、そう思っていない、」
村上元三
男53歳
4 「既成作家のようなうまさがあるが、新鮮なものが感じられない。」
松本清張
男54歳
0  
中山義秀
男63歳
4 「たっしゃな技巧と人物の処理にあたたかさが感じられた。」
選評出典:『オール讀物』昭和39年/1964年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「5」
時代設定 場所設定
[同時代]  京都
登場人物
たみ子(芸妓の私生児、お茶屋「末広」の跡継ぎ娘)
お仙(たみ子の養母、「末広」の女将、寝たきりの病人)
宮子(たみ子の義妹)
茂巳(たみ子の恋人、医師志望)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ