直木賞のすべて
第48回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H27]2015/5/2

稲垣一城
Inagaki Kazuki
生没年月日【注】 明治45年/1912年5月12日~平成8年/1996年2月27日
経歴 本名=稲垣秀忠(イナガキ・ヒデタダ)、筆名=稲垣史生(イナガキ・シセイ)。富山県砺波市生まれ。早稲田大学文学部国文科卒。戦前は、東京新聞記者、海軍省嘱託、戦後に『サンニュースフォト』記者、雑誌編集長を経験したのち、テレビ・映画の時代考証を務める。
受賞歴・候補歴
  • 第30回サンデー毎日大衆文芸[入選](昭和17年/1942年上期)「京包線にて」稲垣史生名義
  • 第32回サンデー毎日大衆文芸[選外佳作](昭和18年/1943年上期)稲垣史生名義
  • 第19回オール讀物新人賞[佳作](昭和36年/1961年下期)「雪の匂い」
  • 第20回オール讀物新人賞(昭和37年/1962年上期)「花の御所」
  • |候補| 第1回宝石中篇賞(昭和37年/1962年度)「折焚く柴の記」
  • |候補| 第48回直木賞(昭和37年/1962年下期)「花の御所」
  • 第1回放送文化基金賞(昭和50年/1975年)
  • 第30回埼玉文化賞[芸術部門](昭和62年/1987年)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第48回候補  一覧へ

はな ごしょ
花の 御所」(『オール讀物』昭和37年/1962年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」  別表記表紙 「文藝春秋」併記
巻号 第17巻 第6号  別表記6月特別号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「はな」「ごしょ」
印刷/発行年月日 印刷 昭和37年/1962年5月20日 発行 昭和37年/1962年6月1日
発行者等 編集兼発行人 樫原雅春 印刷人 柳川太郎 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 文藝春秋新社(東京都)
装幀/装画等  村上 豊
総ページ数 358 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 206~229
(計24頁)
測定枚数 78
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和38年/1963年2月・光風社刊『花の御所』所収
>>昭和54年/1979年10月・光風社出版刊『花の御所』所収/稲垣史生名義
>>平成4年/1992年4月・講談社刊『歴史小説名作館3 暁闇にうごめく 南北朝・室町』所収/稲垣史生名義
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 稲垣一城 男50歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男50歳
4 「一通りの面白さはあるが、それを突き抜けるモノの不足を感じ、」
川口松太郎
男63歳
5 「史実に詳しい欠点が前へ出て調べの面白さが先に立ち作者の目が不足して痩せた作品になった。」
村上元三
男52歳
6 「いささか考証に淫した傾きがある。部分々々は面白いが、もっと新鮮なねらいがほしかった。」
木々高太郎
男65歳
0  
今日出海
男59歳
0  
小島政二郎
男68歳
3 「どこにも作者の燃焼が感じられず、ひどく退屈だった。」
海音寺潮五郎
男61歳
9 「説明に費された部分が多く、かんじんの話が少なすぎるのが欠点である。」
大佛次郎
男65歳
10 「このひとの作品は、こくがあり、光沢がある。」「辞典や調査の煩わしい仕事をすこしお休みなさい。」
松本清張
男53歳
7 「侍女たちが敵兵の首を化粧するくだりは、谷崎潤一郎氏の「武州公秘話」にもっと官能的な描写があるので損をしている。」
選評出典:『オール讀物』昭和38年/1963年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「六」
時代設定 場所設定
室町中期[応仁年間] 
登場人物
紋阿弥(同朋の一人)
志貴の命婦(錺師・榊原直衛の妻)
惣阿弥(紋阿弥の同朋仲間、のち山名宗全側の足軽)
足利義政(将軍)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ