直木賞のすべて
第48回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

邦光史郎
Kunimitsu Shiro
生没年月日【注】 大正11年/1922年2月14日~平成8年/1996年8月11日
経歴 本名=田中美佐雄。東京生まれ。高輪学園卒。京都にて五味康祐たちと『文学地帯』を創刊。のち放送ライターとなる。企業を舞台にしたミステリーで作家として活躍。妻は直木賞候補作家でもある作家の田中阿里子
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第48回直木賞(昭和37年/1962年下期)『社外極秘』
  • |候補| 第19回日本推理作家協会賞(昭和41年/1966年)『海の挑戦』
  • 京都市文化功労者(平成4年/1992年)
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第48回候補  一覧へ

しゃがいごくひ
社外極秘』(昭和37年/1962年9月・三一書房/三一新書)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和37年/1962年9月30日(第1版)
発行者等 発行者 田畑 弘 印刷所 同興印刷株式会社 製本所 本間製本株式会社
発行所 株式会社三一書房(東京都) 形態 新書判 並製
総ページ数 274 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
25字
×20行
×2段
本文ページ 5~272
(計268頁)
測定枚数 670
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和44年/1969年☆月・春陽堂書店/春陽文庫『社外極秘』
>>昭和47年/1972年☆月・実業之日本社刊『社外極秘・青の墓標』所収
>>昭和52年/1977年5月・青樹社/Big books『社外極秘』
>>昭和56年/1981年12月・真樹社刊、新興出版社発売『社外極秘』
>>昭和60年/1985年4月・集英社/集英社文庫『社外極秘』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 邦光史郎 男40歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男50歳
5 「はじめからフィクションと断わってはあるが、それにこだわらずにはいられぬ行き過ぎが感じられた。」
川口松太郎
男63歳
0  
村上元三
男52歳
7 「いかにも構成が脆い。この人も、自分の知っている材料を隅から隅まで書きたがる悪い癖を持っている。」
木々高太郎
男65歳
3 「よく調べてあるのに好感を持った。」
今日出海
男59歳
0  
小島政二郎
男68歳
3 「私には興味索然たるものだった。」
海音寺潮五郎
男61歳
9 「大へんおもしろく読んだ。しかし、人物の書きわけがあざやかに行っていないので、時々前をめくってどの人物であるかをたしかめなければならなかった。」
大佛次郎
男65歳
0  
松本清張
男53歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和38年/1963年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 雨の扉」「第二章 砂の塔」「第三章 枯葉の踊り」「第四章 犯罪の泉」「第五章 巨人の機密室」「第六章 瓶の首」「第七章 夜の潮」「第八章 冬の外套」「第九章 窓のない城」「第十章 風の花」「第十一章 旅の終り」「第十二章 眠りの家」
時代設定 場所設定
[同時代]  京都~大阪~東京
登場人物
日沼隆志(産業調査研究所所長)
磯村尚平(電業新聞社社長、失踪)
磯村暁子(尚平の娘、ラジオアナウンサー)
遠藤宏治(産調研幹部)
柿本繁夫(産調研東京駐在員)
曽我春生(東邦電気社長室次長、磯村尚平の旧友)
水沢優二(電業新聞社の編集長)
町田英俊(エコー社長室付部長待遇)
真杉淳(謎の新聞記者)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ