直木賞のすべて
第49回
  • =受賞者=
  • 佐藤得二
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/1/22

佐藤得二
Sato Tokuji
生没年月日【注】 明治32年/1899年1月30日~昭和45年/1970年2月5日
受賞年齢 64歳5ヵ月
経歴 岩手県生まれ。東京帝大哲学科卒。
受賞歴・候補歴
  • 第49回直木賞(昭和38年/1963年上期)『女のいくさ』
処女作 「仏教の日本的展開」(昭和11年/1936年)
サイト内リンク 小研究-記録(高齢受賞)
小研究-記録(高齢候補)
直木賞受賞作全作読破への道Part6
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第49受賞  一覧へ

おんな
女のいくさ』(昭和38年/1963年4月・二見書房刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和38年/1963年4月12日(初版)
測定媒体発行年月日 発行 昭和38年/1963年8月24日(八版)
発行者等 印刷 株式会社堀内印刷所 製本 株式会社徳住製本所
発行所 株式会社二見書房(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 鳥居雅隆
総ページ数 350 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×24行
×2段
本文ページ 9~346
(計338頁)
測定枚数 1066
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>(上)=昭和39年/1964年5月、(下)=昭和39年/1964年6月・二見書房刊『女のいくさ』
>>昭和40年/1965年☆月・二見書房刊『女のいくさ』[新装版]
>>昭和43年/1968年7月・二見書房刊『女のいくさ』[新書版]
>>昭和51年/1976年☆月・二見書房/サラ・ブックス『女のいくさ』
>>昭和52年/1977年8月・二見書房刊『女のいくさ』[新装版]
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 佐藤得二 男64歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男63歳
12 「私の推薦した候補作なのだが委員全部が賛成し、満点であった事は近年に珍しい。」
村上元三
男53歳
19 「佐藤得二氏の「女のいくさ」だけが傑出していた。」「いささか年代記じみるが、その時代々々の説明が親切に書き入れてあるし、全平という人物がことによく描かれている。」
源氏鶏太
男51歳
20 「私は、この作者が今後職業作家として、かりに立っていけなくても、この一作のために、そして、この作品の名を残しておくためにも直木賞をあげたいと思った。」「長い間、この人生をじっくり眺めて来た人だけが書き得る小説であろう。」
大佛次郎
男65歳
14 「素人らしく単純に押通していて、長い話を倦きさせずに読ます。」「今の時代からはもう失われて来た根気とあくの強い、しかも自己の存分のものである庶民の生活の根性の深さを面白しとする。」
木々高太郎
男66歳
18 「作風はまだ泥くさいが、時代の描写もはっきりしているし、何しろ書こうとするものがよくきまっていて、それを一直線にかいている。」
海音寺潮五郎
男61歳
22 「小説というものの始原的おもしろさの頂点から頂点をわたって行く書き方だ。」「これほどの作品に授賞しなければおかしいではないかと思いながら出席した。」
中山義秀
男62歳
16 「年季をいれた人の文章には、照りと湿りとが感じられる。」「文章は簡潔、達意なものではあるが、なんとなく埃っぽい。しかしこれには、人生がぎっしりと詰っている。」
松本清張
男53歳
16 「いわば古臭さが取得だが、これは近ごろ芸術づいてかえってテーマのひ弱い小説の多いなかで、見失われた直木賞的なものを輓回しているといえる。人から聞いた身上話を材料にしてこれだけまとめるのは凡庸でない。」
今日出海
男59歳
34 「読んでいる間は少しも退屈せず、疲れを覚えたのは読後のことである。闘病生活のかたわら、書いたのだから、作者はどんなに骨を折ったか、多くの応募作品を圧してこれが入賞したのも無理はない。」
小島政二郎
男69歳
8 「素人らしい小説で、何も彼も書きすぎている」「本当の話の持っている押して来る力に圧倒的なものがあった。」
選評出典:『オール讀物』昭和38年/1963年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「1 バリカン床」「2 初めての恋」「3 北上川の青春」「4 神罰」「5 吹雪」「6 修業時代」「7 結婚」「8 背信の夫」「9 情痴のあと」「10 冷たい炉端」「11 死の十字」
時代設定 場所設定
明治~昭和中期  福島~東京など
登場人物
酒井清(髪結い「つたや」店主)
酒井全平(清の父、理髪手)
さわ(清の母)
鶴子(清の妹)
加藤景隆(清の夫、のち離婚、新派芝居の脚本家)
立子(清の養子)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ