直木賞のすべて
第54回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/8/27

古川洋三
Furukawa Yozo
生没年月日【注】 明治43年/1910年1月26日~平成9年/1997年☆月☆日
経歴 岡山県生まれ。法政大学仏文科中退。国民新聞記者となる。戦後には『一座』同人。日本商工会議所に嘱託として勤める。
受賞歴・候補歴
  • 『文藝春秋』廿周年記念原稿[当選](昭和17年/1942年)「守輝」
  • |候補| 第54回直木賞(昭和40年/1965年下期)「大佐日記」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第54回候補  一覧へ

たいさにっき
大佐日記」(『文学街』昭和40年/1965年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文学街」
巻号 第9巻 第6号  別表記6月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和40年/1965年6月1日 発行 昭和40年/1965年6月5日
発行者等 編集兼発行人 美馬志朗
発行所 文学街社(東京都)
総ページ数 77 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 1~44
(計44頁)
測定枚数 128
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『新潮』昭和40年/1965年10月号
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 古川洋三 男55歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男68歳
8 「ドライな叙述に文学の真実を感じた。人間悪のうとましさについては、もとよりである。私はこの作の良さを認める。」
海音寺潮五郎
男64歳
15 「比較的よいと思った。」「憤りは十分に同感出来るが、作者は何に憤っているのだろう。」「これほどの材料をあつかいながら、人を打つこと浅く、単なるルポルタージュでしかなくなったと思う」
小島政二郎
男71歳
3 「失礼だが、こういうものは幾ら書いても仕方がないと思う。」
源氏鶏太
男53歳
5 「いい味を持ちながら今一歩突き抜けたところに欠けているような気がした。」
村上元三
男55歳
5 「もう珍しくもない材料だし、(引用者中略)わたしにはどうしても、こういう傾向の作品が好きにはなれない。」
中山義秀
男65歳
8 「候補作品中人物の性格が描かれ、作品として体裁のととのっているのは、「大佐日記」が一番であろう。入選を逸したのは作品の底流に感情の暢びを欠いているためかと想われる。」
木々高太郎
男68歳
0  
松本清張
男56歳
0  
今日出海
男62歳
0  
川口松太郎
男66歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和41年/1966年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
「一」~「三」
時代設定 場所設定
1945年  ルソン島
登場人物
X大佐(日記の書き手、海軍の軍属部隊の部隊長)
奈良(大佐、マニラ海軍部隊の臨時指揮官)
広瀬(少佐、陸軍特別工作隊長、キャバレーのダンサーと同棲中)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ